チート特典エロ同人のおっさん(サンプル版) (SSランク)
しおりを挟む

チート特典エロ同人のおっさん(サンプル版)

「あの…何を言っているのか分からない」

「ですから俺が貴方のチート特典としてサポートする、エロ同人のおっさんです」

 

 俺の目の前にはデップリとしたお腹に油っぽく出来物のある顔をしたおっさんが立っていた。

 

「読んだことありません?エロ同人」

「いやあるけど……」

「それです」

「どれだよ」

 

 なぜ俺はなぜこんなチート特典なのか。普通に魔力が高いとかじゃだめなのだろうか。

 

「幸い町スタートなので急いで行きますよ、佐藤さん」

「何で俺の名字を……」

「エロ同人のおっさんですよ?そんなのどうとでもなります。さあ早く」

「何でそんなに急いでるんだ?」

「エロ同人ですからあまり長いページ書くことができないのです」

 

 どういう理論だ。

 

「ここはファンタジーな世界なのでさっさと小金を稼いでまずは拠点をつくりましょう」

「ファンタジー?ってことは魔法何かも使えるようになってたり……」

「いえ、佐藤さんは魔力が無いので使えません。おっさん以外のチートを持っていないので当たり前ですが」

「じゃあおっさんは使えたり……?」

「おっさんは基本物理型なので魔法は催眠以外は使えません」

「催眠は使えるんだ」

「流行りですからね。特に東の方何かでは特に」

 

 東の方……極東や日本って意味ではなさそうだ。

 

「とはいえ、基本女やナヨナヨした男には物理で勝てますが、動物には特に補正がないのでよくある冒険者ギルドとかで稼ぐのは無理ですね。なのでお金ですが……おっさんは薬を持ってるのでそれを売りましょう」

「持ってるんだ。科学者だったりするの?」

「エロ同人のおっさんなので、依存性がない快楽を得る薬から、依存性がある快楽を得る薬までありますよ」

「薬以外で稼ごう」

 

 ヤバい薬しかねえ。

 

「じゃあここは商売何ていかがでしょう?」

「商売って何を売るんだよ……」

「あなたのスマホや腕時計、ハンカチなんかです。好事家に売れると思いますよ?」

 

 けっこうまともな案だ……ここは任せてみよう。

 

「じゃあこれを売ってきてくれ」

 

 腕時計を渡すと、おっさんは少し離れて近くの商店に入って言った。

 暇なので周りを見ると、普通に文字は読めるし言葉もわかることに気がつく。……なぜだろう。

 

「売ってきましたよ」

「うわっ!早いな!」

 

 手のなかには重たそうな袋が吊り下げられている。

 

「エロ同人のおっさんは仕事が凄くできるか凄くできないかの二極ですからね。俺は有能タイプのおっさんです」

 

 お金は有るしとりあえず今日は疲れたから宿でもとろう。

 

「おや、すみませんサンプル版なので今日のところは失礼します。次回製品版でお会いしましょう、それでは」

 

 サンプルって何だよ。

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む



 ベッドで目が覚めると直ぐにおっさんが目に写った。

 

「……サンプルはもう終わりじゃなかったのか?」

「メタ発言は萎えるって意見の人がいるので避けた方が良いですぜ」

 

 また訳のわからないことを

 

「さて今日はどうしますか?」

「どうするって……昨日の腕時計のお金が思ったより大金だったし、まずはゆっくりこの世界のことを知ってから……」

「そんな寝とられナヨナヨ男のようなことを言ってはいけないですぜ。お金が有るうちに動くべきですぜ」

 

 確かに一理有るかもしれない……だが、ひとつ気になることが

 

「お前そんな口調だったっけ?」

「頭悪い系エロ同人のおっさんですから設定なんて簡単に変わりますぜ」

「ワケわからん」

「まあまあ、細かいことは気にせずに。まずはどうやって金を儲けるかですぜ」

「儲ける……か」

 

 金を得るなら仕事をするけどファンタジーでの仕事って何があるんだ?

 

「手っ取り早いのは女をエロ同人することですが、まともな稼ぎ方も持っておいた方が良いでしょう」

 

 エロ同人するって何だよ

 

「例えば肉体労働ですが、佐藤さんは……あまり向いてなさそうですね」

「否定はしない。後思い付くのは……職人とか農家とかだけど、どちらも難しそうだな」

「……ここは商売なんていかがでしょうか」

「俺商売なんてしたことないし簿記とかも知らないぞ」

「昨日腕時計を売るときに聞いたのですが、この町ではギルドが合って其処でお互いに助け合う制度が有るらしいですぜ。

 それに、今から職人や農家になるよりはずっと可能性有ると思いませんか?」

 

 ギルドか……そうだな。考えたら俺ってこの世界で役立つスキル持ってる訳じゃないし、まだ商売の方が可能性有るかもしれないな。

 

「じゃあ、ギルドとか言うところに行ってみるか」

「わかりやした。じゃあ場面転換ですぜ」

 

 xxxx

 ~~商人ギルド~~

 

 

「何をしたんだ?」

「場面転換ですぜ」

 

 辺りにはワイワイ話している人たちがいる。泊まっていた宿とはまるで異なり、TVで見るホテルとかのような空間だ。人もどことなくインテリでブルジョワジーな空気をまとっている人が多い。

 

「受け付けに行って加入しましょうぜ」

「なんかこういうの緊張するな」

「そんなこんなことで緊張なんて、おっさんはいつもアーサー王をエロ同人してるんですぜ?こんなの簡単ですぜ」

 

 受け付けに行くと、目付きの鋭い男性がいた。何か受け付けって女の人のイメージが有ったから新鮮だ。

 

「商売始めたいのでギルドに加入したいんですが、どのような手続きをしたら良いんですぜ?」

「加入ですか。……我々のギルドでは2つの条件を満たすことで仲間として受け入れています。1つ目は金、十万Uをギルドに納めること。そして2つの目は信頼です」

 

(おっさん、お金今いくら持ってるっけ?後Uってなに?)

(三十万U有るので大丈夫ですね、払ってしまいましょう。後Uはお金の単位でウスイと読みますぜ)

 

「これで良いか?」

 

 どのくらいで十万Uなのかわからないため、袋ごと出して渡すと、受付の人にほんの少し驚きの表情が出たのが見えた。

 

「……少々そちらの部屋で座ってお待ちください」

 

 部屋の中に入ると、低めのテーブルに大きめの椅子、果物が木の皿に入っておいてある。

 

「椅子も机も彫刻や装飾が有るし、かなり高いレベルですぜ。そして果物も……うん、旨い。佐藤さんに分かりやすく言うと、デパートでちょっと背伸びしたくらいの味ですぜ」

「……何か文明レベル低そうな世界だと思ってたけど、やっぱ金があるところは違うというか凄いんだな」

 

 恐る恐る果物に手を伸ばして食べる。俺の貧困な語彙力ではうまく表現できないが、普段食べてたものより豊かな味わいだ。

 

「そんなに緊張しないで、いざとなったらおっさんが催眠を……?これは」

「どうしたんだおっさん」

「いえ、人が来たようですぜ」

 

 扉を開かれる。目を向けるとそこにはモノクルのようなものを付けた小柄な獣耳を女の子がいた。足が悪いのか少し違和感が有る歩き方で椅子に迎い、席に座ると何枚かの紙をテーブルに広げる。

 

「どうも、今回のギルド加入について担当させていただくケモミミーです。お名前を伺ってもよろしいでしょうか」

「佐藤です」

「おっさんです」

 

「ではギルドに加入するということですが、推薦状など何か信頼するに足る何かを示していただけますか?」

 

 信頼か。ここに来たばかりの俺には推薦どころか知り合いもいない。

 

(おっさん、どうしようか)

(ここはおっさんに任せてください)

 

「推薦も紹介も有りませんぜ」

「…………では、商人ギルドに入るのですから商売をするんでしょうが、どのような計画を立てていますか?」

「入ってから立てる予定ですぜ」

「…………」

 

(おっさん、もうちょっと誤魔化すとか)

(この部屋には嘘を見抜くためのマジックアイテムが置いてありやした。ここは正直に話すべきですぜ)

(そんなのが……というかこの世界に来て初めて魔法要素が嘘発見器か)

 

 その後も幾つかの質問をされるが、どう考えても信頼を得られないような答えばかりをおっさんは返す。

 

(おっさん!何を考えてるのかわからないけどこのままじゃ……)

(いえ、大丈夫ですぜ。そろそろ効果が出る頃で……ほら)

 

 カランとペンが落ちた音が響く。さっきまで質問をしていたケモミミーさんの方を見ると、顔を赤くして息が荒くなっていた。

 

「おっさん、何をしたんだ薬でも盛ったの!?」

「いえ、薬なんて持ってないですぜ。」

「じゃあ催眠……」

「このギルドでは魔法が制限されてるので、私は催眠になんてかかってませんよ♥」

「へ?」

 

 ケモミミーさんはうっとりとした表情でペンを拾っておっさんを見つめた。

 

「おっさんの無限に有るエロ技のひとつ……雄臭ですぜ。作者によりやすが、今回は股間の雄臭に特化して使いやした」

「うわ、何か汚くてやだ!」

「犬みたいな見た目だったので使ってみやしたが効果抜群のようで」

「あぁ、こんなにたくましい雄の臭いを嗅いだら、女はこうなりますよ♥」

「あ、何か寝とり、寝とられ系エロ同人で見たこと有る台詞を」

 

「じゃあギルド加入のための信頼はどうなりやす?ケモミミー」

「勿論大丈夫です♥」

 

 ケモミミーはサラサラと書類にペンを走らせる。

 

「加入の手続きはお仕舞いです♥それと今後お店を開きたい時や取り扱う商品等について聞きたいことが有ったら何でも聴いてください♥」

 

「……まあ今の状況は置いといておっさん、どんな商売するかは今のうちに決めといた方が良くないか?」

「それもそうですね。ケモミミー、何か狙い目は無いのか」

「へ?狙い目ですか……最近町の近くのダンジョンが活性化してるので冒険者向けの商品とかいかがでしょう♥」

 

「冒険者向けか……ポーションとか銅の剣とか?」

「糸とかテントとかあのね系かもしれませんぜ?……まあそういう詳しい話は次回で良いでしょう。それじゃあそろそろおっさん一旦消えますね」

 

「えぇっ!?そんな、私のこの状態を解消してくださいよ♥」

「残念ながらここは全年齢対象の時空なので次回までに佐藤さんに慰めて貰いなさい」

「そんなぁ♥」

 

 ……全年齢対象って何だよ



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む



「おや、なんの準備で?」

 

 おっさんが目の前に現れた。相変わらず訳のわからんおっさんだ。

 

「これから冒険者需用を調べるために一度ダンジョンに潜ってみるところ何ですよ」

「一応おっさんの分も用意しといたけど」

「有りがたく貰いますぜ。……剣ですか、細いですね」

 

「ケモミミーさんが元冒険者とのことで少し指導してもらったんだ」

「一応浅い所なら一人でもダンジョン潜れるくらいにはやれますよ」

 

 元冒険者だけど足に怪我をして引退したとのことだが、魔法も剣も使えるとのことだ。

 

「ふむ……じゃあ場面転換ですかね。よっこいしょ」

 

 

 XXXX

 

 ~~ダンジョン~~

 

「あれ、ここはどこです!?」

 

 周りを見るとダンジョン、また場面転換とかやらを使われたらしい。

 

「ケモミミー、微妙に口調が被るからこれからはワンと付けるかハートを付けて話すんだぜ」

「はい♥」

 

 ハートをつけて話せってなんだ

 

「それにしてもここがダンジョンですか……けっこう広いんですぜ」

「はい、所謂自然現象的に作られた物では無いですから♥」

 

 地面が土だ……洞窟って岩で狭くて暗いみたいなイメージが有るけど何か広いし土だし明るいし……なんなんだ?

 

「魔力はわずかに光る性質を持ちますから、魔力の濃いダンジョンは光源が要らないんですよ♥魔法とか使うときにぽわって明るくなるあれですね♥」

 

「エロ同人に細かい設定は要らないから早く行きましょうぜ」

「ここはエロ同人じゃねえよ」

「そうでしたハーメルンでしたね」

 

 ハーメルンって何だよ笛吹?

 

 

 暫くダンジョンを歩く。

 

「人とすれ違ったりって無いんだな」

「玉に他のパーティーと合いますよ♥ダンジョンの中って基本ダンジョンと特殊ダンジョンって言うのがあって、特殊ダンジョン……」

「細かい設定何て誰も読まないから聞かなくて良いですぜ。どうせ使わないですし」

「そんなぁ♥」

 

 雑談をしていると、ふと嫌な臭いがしてきた。

 

「なんの臭いだ?獣臭のようなトイレのような……」

「あれ、ほんとだ♥オッサンさんの香りに夢中で気づきませんでした」

「ふむ、これはもしや……って、危ないですよ」

 

 おっさんが飛んできたなにかを盾で受ける。これは……弓矢?

 

「やはりこれはゴブリンですね」

「いや、違うと思いますよ♥ゴブリンってもっと馬鹿で突撃してくるような……」

 

 と話していると奥からゴブリン逹が現れた。地獄の餓鬼を思い出させる細い四肢にボッコリと出た腹、よだれをたらし不潔な見た目で、持っているのは粗末な武器だがそのギョロリとした目は現代人である俺に恐怖を与えるのに十分だった。

 

「ちょっと任せてください♥【p_ket.is2.GXmzi】」

 

 ケモミミーさんが訳のわからないことを呪文?を唱えると僅かに光った後、光球がゴブリンに当たり体を弾き飛ばした。だが、後ろからどんどんとゴブリンがやって来る。

 

「え嘘。数多いし何かいつもと違う♥」

「ふむ……たぶんおっさんがいるからですね危惧していたことが起こったようですぜ」

「何が起きたんだ?」

「簡単に言うと……おっさんのエロ同人パワーによる補正がかかっているようですね。恐らく流行りのゴブリンをスレイする同人によりパワーアップしているようですぜ」

 

 ゴブリンをスレイするやつか……あれのゴブリンはかなり厄介だったはず。

 

「今回はおっさんが悪いですから、ちょっと本気を出しますぜ」

 

 おっさんは懐から吹き矢を取り出すと的確にゴブリンに当てていく。

 

 ゴブリン逹の動きが止まり、メキメキという音と共に大きくなっていく。四肢はすらりとして今まで生えてなかった髪の毛が生えて、口は小さくちょこんと赤く、目は大きいがギョロリという物からパッチリという擬音が似合うものになり……

 

「これがおっさんの無限に有るエロ技、美少女化ですぜ」

「技って言うか、なに使ったんだ?」

「ん?エロ同人の妖精さんを使っただけですよ。今の時代戦艦が美少女に成るんですからゴブリン位容易いものですよ。というかもう確かいましたし」

「もういるんだ」

「オッサンさん凄いですね♥」

 

 凄いで済ませて良いのか?

 

「所詮ファンタジー世界でしか出番がない弱者、ファンタジー現代男女問わずに活躍しているおっさんの相手をするには格が足りませんね。せめて触手やスライムと手を組めばわかりませんでしたが」

 

 美少女ゴブリンと残されたゴブリンが困惑している。そらそうなるか。

 

「奥に進みましょうか」

「ゴブリンはどうするんです?♥」

「勝手によろしくやるでしょうからほっときましょう」

 

 ほっといていいのか

 

 

 さらに奥へと行くと、聞いたことのない音が響いてきた。

 

「何だ?このキィンって感じの音」

「魔法の発動ですね♥たぶん冒険者のかたでしょう」

「おっさんのエロ同人がエルフとオークが戦っていると言ってやすぜ」

「エロ同人って付ければなにやっても良い訳じゃねーぞ」

 

 それにしてもエルフか……少し気になるな見てみたい。

 

「エルフとオークですか♥不味いですね……オークはかなりタフなのですが、エルフは魔法ばっか使いますからかすぐガス欠になるんですよね♥こんな浅い所なら新米でしょうし全滅も見えますね♥」

「ケモミミーさんなら勝てるのか?」

「私なら5、6匹位なら勝てますよ♥」

 

 ケモミミーさん意外と強キャラなのか。それならせっかくだし……

 

「おっさん、助けにいってみないか?」

「大丈夫だと思いますけどねぇ……まあ行きますか」

 

 音のする方へ行くと、悲鳴が聞こえてきた。

 

「たっ助けてくれー!!痴女が!痴女が!」

「まてまてー♪」

 

 ……これは

 

「おっさんのエロ同人により痴女エルフによる逆レイプがされようとしていますね」

「えぇ……」

 

 エロ同人さっきから変なことしかしてないな。

 

「ちょっとおっさんは次回までエロ同人抑えるのでその間に敵を倒しといてくださいね」

 

 ……エロ同人ってそもそもなんだよ



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。