今井さん家の今日のご飯 (ジャンヌ・オルタ)
しおりを挟む

第1話 友希那さんとリサ姉と中華料理

 

 

トントントンッ

 

小刻みに一定のリズムを刻む音の正体を私、湊友希那は見つめる。私の大切な幼なじみの1人である双子の妹《今井明日香》は私と姉のリサとは別に隣町の調理師学校に通っている。

 

「今日は何を作ってるのかしら?」

 

香辛料の香ばしい香りからして中華系と私は推測しながら明日香に尋ねる。

 

「ゆきちゃんはなんだと思う〜?」

 

「……そうね、中華系かとは思ってるわ」

 

「うーん、大雑把だね。他の推測はないの?」

 

いわれてみて私はキッチンから漂う匂いで判断しようと胸いっぱいに空気を吸い込んだが、まだ火を使っていないことから料理に関しては素人の私には分からなかった。

 

「わからないわ」

 

「ありゃ、それじゃあ出来るまで楽しみにしてて」

 

カチッと火をつける音とともに明日香は大きな中華鍋を取り出して油をその上に垂らして調理を始めた。

数分もせずに食欲をそそるような香りが部屋中を満たし始めた

 

今、この今井家の両親は仕事の為に家を空けている。

幼馴染で彼女の姉であるリサももうじき帰って来る頃なので彼女が帰ってきたらすぐにご飯を食べられるように出来上がるのだろうと私は音楽雑誌を読みながら思った。

 

「ゆきちゃんなにか食べたいものある?」

 

「明日香の作るご飯ならなんでも美味しいから特にリクエストはないのだけど」

 

「褒めてもご飯しか出てこないよ〜」

 

「私はそれで十分よ?」

 

戯けたように笑う明日香に私も微笑みながら返す。

昔のように3人で音楽をやることはなくなったけれど今も変わらずこうして笑えるだけで私は幸せな気分になれた。

 

「そういえばRoselia の方は順調?」

 

明日香の方からは滅多にしてこない音楽関係の話に私は一瞬、ドキッとしたがすぐに持ち直して答えを返す。

 

「ええ、みんな本気で練習に打ち込んでくれるおかげで最初の頃とは比べ物にならないほど成長してるわ。来週の土曜日CircleでLIVEをするからもしよかったら来て」

 

「来週?うん、わかった。予定空けとくね」

 

話しているうちに料理が全て完成したようで食卓へ料理が並べられる。

 

並んだ料理を見れば『青椒肉絲』『かに玉』『春雨のスープ』『酢豚』『中華風の筑前煮』が所狭しと並べられていた。

 

「あとはリサを待つだけだけど……」

 

「あー、お姉ちゃんなら問題ないと思う」

 

「……?」

 

明日香の言葉に首をかしげると玄関の方からバタンッと大きな扉の閉まる音がして、バタバタと走ってくる音と共にバンッとリビングの扉が開かれた

 

「ただいまー!」

 

「ん、お帰りお姉ちゃん。今できたとこだから手洗ってきて」

 

「お帰りなさい、リサ」

 

「ただいま〜友希那〜」

 

バイト用のカバンを私の座っているソファのあたりに置いて手を洗いにいったリサを見送って私は食卓の椅子へと座る。

 

「ゆきちゃんご飯はいつも通りくらい?」

 

「ええ、“大盛り”でお願い」

 

普段あまりご飯を多く食べない私だが、週に一回の明日香が作るご飯の時は話が別だった。

一週間、この時のために頑張ったとも思えるくらいの私の密かな楽しみなのだから。

 

「お、友希那は今日も大盛りか〜。明日香ー私も友希那と同くらいで!」

 

「わかったよー」

 

リサも普段はあまり食べない方だが、この日だけは別だった。

私たち2人の前に普段から見れば多すぎるくらいのごはんがもられたお茶碗が置かれる。

 

「うわあ〜今日も美味しそう〜」

 

「そうね、本当に美味しそう」

 

すぐにでも目の前に置かれた箸を持って食べたいところだが、最後の一品が出てくるのを私とリサは待った。

 

この鼻を突く刺激的な辛味の匂いは明日香が中華系を作る時は必ずといっていいほど最後に出てくる料理の香りだ。

 

ゴトッと鈍い音を立ててテーブルに置かれた深皿の中には真紅の液体の中に挽き肉や豆腐といった食材が浮いている。

 

そう、麻婆豆腐である。

それに明日香がレンゲを入れ、私たちの前に数枚の小皿とレンゲが用意され、明日香が自分の席に座ったところで

 

「「「いただきます」」」

 

私は真っ先に麻婆豆腐を取り、次にかに玉、青椒肉絲、酢豚と小皿の上に乗せていく。

 

そして、かに玉を一口、口の中に含む

目の前ではリサもかに玉を口に含んでいた。

 

「「おいしい……」」

 

「それは良かった♪どんどん食べてね!」

 

その一言が私とリサの背中を押した。

酢豚を口に含み、甘酢タレと絡む肉と共に白米を口の中に押し込む。

 

麻婆豆腐をレンゲで掬い、口に運ぶ。

瞬間、辛味が口の中で暴れ出し額に汗が浮かぶが咀嚼して飲み干し、次は白米と共に口の中に含む。

 

青椒肉絲を箸で摘み、白米の上に乗せて一緒に口の中へ運ぶ。

 

少し落ち着いたところで春雨のスープに口をつければ海老で出汁を取っていたようでエビの旨味が口の中で広がりその余韻に浸りながら、再び酢豚へと箸を伸ばす。

 

 

 

 

 

 

気がついた時には目の前に広がっていた料理の数々は無くなっていた。

 

「ふぅ……ご馳走さま、明日香」

 

「ご馳走さまでした」

 

私とリサが同時に手を合わせて食後の礼をすれば明日香は笑って私とリサをみた

 

「はい、お粗末様でした。本当、毎週いい食べっぷりで作り甲斐があるよ」

 

「普段はこんなに食べないのよ」

 

「そうそう!明日香のご飯食べるために抑えてるんだから!」

 

普段からこんな量を食べていれば私は今の体型を維持できそうにない。明日香のご飯を食べ始めてから軽くランニングを始めたのは今のところリサしか知らない。

 

「また、来週も楽しみにしてるわ」

 

「今食べ終わったばっかりなのにもう来週の話〜?ゆきちゃんも食いしん坊さんになったね?」

 

「……それは誰のせいだと思ってるのかしら?」

 

全くこの子は……!

ニコニコと笑って後片付けを始める明日香を手伝うリサを見て私も手伝おうとキッチンへ向かったが

 

「あ、ゆきちゃんは座ってていいよ」

 

「……わかったわ」

 

私がキッチンへ立たせてもらったことは今のところ一度もない

 




唐突に思い浮かんだネタでした。
はい、早く他の作品投稿しろってところですね。

この作品、元は絶対音感持ちのリサ姉の明日香が一度音楽から離れて調理学校へ通っていながらもRoseliaに影響されてRoseliaのサポートをしていくって内容だったんです。

まぁ、書ける気がしなかったからこうなったんですけどね!


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第2話 燐子ちゃんとあこちゃんとミートパスタ

一応、あとがきに使う食材書いておきますね。



「ミートパスタが食べたいです!」

 

あこちゃんのそんな一言がお昼時の私、明日香と燐子ちゃんとの3人の中で響き渡った。

 

「ミートパスタ?えと、いきなりどうしたの?」

 

「このメニュー表にあるのを見てたら急に食べたくなってきたの〜」

 

あこちゃんが広げて私たちに見せてくるカラオケのメニュー表にはたしかに美味しそうなスパゲティ……もといパスタの写真が少し高めのお値段とともに堂々と掲載されている。

 

「確かに、言われてみれば少し食べたくなってきました」

 

「燐子ちゃんもか〜確かにお昼時だしお腹は減ってきたよね」

 

時刻は13時を超えていて、私たちがゲーム《ネオ・ファンタシー・オンライン》の身内のみのオフ会を始めてから既に4時間が経過している。こういうところで食べるのも美味しいことは美味しいんだけど

 

「もしよかったら、お昼は私が作ろうか?ここからだと家の方が近いしあこちゃんと燐子ちゃんも友達だから一度は私の料理を食べて欲しいし」

 

「え!?いいんですか!?明日香さんの料理って仲良くならないと食べさせてくれないってリサ姉言ってたのに!?」

 

「えと、お姉ちゃんやゆきちゃんがなんて言ってるかわかんないけど友達のためなら全然作るよ?」

 

そもそも、仲良くない相手にご飯なんて作るだろうか?

いや、お店を持てばそんなことは言ってられないけどさ

それに、お姉ちゃんとゆきちゃんには私のことなんて言ってるのかきっちり話してもらわなければ……

 

「とにかく、行こうか?」

 

「は、はい!」

 

「はーい!」

 

カラオケ4時間分の料金を払って近くのスーパーへと買い出しに行く。足りないものを買うだけなので大した量にはならないのでそれ自体はさっくりと終わった。

 

家について家に入ろうとすると鍵がかかっていることから今日はお姉ちゃんはバイトだということだろうか。

まぁ、休日のこの時間にいない時ってゆきちゃんの家かバイトかショッピングモールにいるんだけど

 

鍵を開けて2人を家の中へと招き入れる。

 

「「お邪魔します」」

 

「はーい。誰もいないからくつろいでて〜」

 

2人がリビングのソファに座って話し始めたのを横目で見て私はキッチンへと立つ。

買ってきた食材と家にちょうど余っていた食材をまな板の付近に並べて包丁を取り出す。

 

普段から使うエプロンを身につけ、キッチリと液体石鹸で手を洗い、包丁を握る。

 

「よし……それじゃあ始めようか!」

 

まず最初に玉ねぎをみじん切りにし挽肉は塩•コショウを振っておく。

次にフライパンにサラダ油をひきニンニクを入れて炒める。ニンニクの香りが強くなってきたら玉ねぎを入れてしんなりするまで炒める。

玉ねぎがしんなりしてきたらひき肉を入れてキチンと火が通るまで炒めていく。

挽肉が炒まったらホールトマト、水、コンソメの順番で入れ沸騰するまでトマトを木ベラで潰しながら混ぜ合わせる。

沸騰したら砂糖、ケチャップ、中濃ソース、ウスターソースを入れ蓋をせずに20〜30分弱火〜中火ぐらいで煮込み完成。

この時、時折水分を飛ばすために混ぜるのが大切。

30分経ったところで一度火を止めて少し冷ましておく。

味見程度に一口舐めたが、我ながらよくできていると思う。

 

「うん、ソースはいい感じだね」

 

次にパスタを茹でるために大きな鍋に水を3リットル入れてその中に食塩を30g入れてキッチリ沸騰するで火にかける。

水が沸騰したら3人分のパスタを両手で持って軽く捻るのと同時に手を離して鍋の中へと落とす。

 

箸でお湯の中に沈めてパスタが少ししんなりし始めたら箸で混ぜてくっつかないように茹で上げていく。

あとは、火加減を少し弱めたりしてお湯が少し沸騰した状態を維持しつつ、それぞれのパスタの規定時間を目安にお好みの硬さで茹で上げる。

 

パスタの硬さはそれぞれの好みもあるが、必ずお湯からあげる前に1本掬って食べて硬さを確認しておくこと、これを忘れるといざソースと絡ませた時に硬かったりしたら始めからやり直しになるので気をつけること。

 

「麺も大丈夫そう」

 

先ほどのソースを再び温めるために火にかけ、麺を茹でているお湯の火を止めてザルにあけてしっかりとお湯を飛ばす。

 

水気を飛ばしたパスタをお皿に盛り付けてその上から温めたミートソースをかけて、飾りにイタリアンパセリを乗せれば出来上がり。

 

「おまたせー!明日香特製ミートソースパスタ完成だよ!」

 

食卓に3人分のパスタを置いて、少し遅めのお昼ご飯の時間だ

 

「うわぁー!美味しそうだね!りんりん!」

 

「うん、そうだね。あこちゃん」

 

「お好みでパルメザンチーズをかけて食べてね」

 

2人にフォークを渡して私も食卓に座る。

 

「「いただきます」」

 

「はい、召し上がれ」

 

手を合わせて食前の挨拶をする2人にそう返した。

フォークを手に持ち、ソースとパスタを絡ませてクルクルと巻いて口の中に運ぶ。

 

「どう?」

 

もぐもぐと噛みしめるように味わってくれる2人に私は聞いてみた。

 

「……おいしい、です。本当に今まで食べたパスタの中で一番」

 

「うん!あこもこのパスタが一番おいしいかも!」

 

「そっか♪それじゃあ、どんどん召し上がれ♪」

 

2人が美味しそうに食べ始めるのを見て、私も自分のパスタを食べ始める。うん、これは私もなかなか悪くないと思う。

 

 

 

 

 

食事を終えて、燐子ちゃんが食器を片付けるのを手伝ってくれた。

 

「明日香さんの家のキッチンっていろんな調理器具があるんですね」

 

「うん、うちはお母さんと私とお姉ちゃんが料理するからね。お姉ちゃんはお菓子の方が作るの得意だけど、私はお菓子はからっきしでさ……」

 

毎年誕生日とかクリスマスはお姉ちゃんがケーキを作ってくれたりするし、私とお母さんはその日は一層気合を入れてご馳走を作ってゆきちゃんの家のみんなと一緒にクリスマスパーティをするのだ。

 

……ちなみにゆきちゃんのお母さんはすごく料理上手です。

 

「今井さんの作ってくれるクッキー、美味しいですよね」

 

「ね〜!私もあれ大好きなんだ〜」

 

「明日香さんの作ってくれるご飯もとっても美味しかったです」

 

「あはは〜、また今度作ってあげるね」

 

「楽しみにしてます」

 

うーん、今度は何をご馳走してあげようかな〜

今度作る時には燐子ちゃんのリクエストを聞いてみよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日の夕方。

 

「えー!今日は明日香がお昼作ったの!?」

 

「うん、そうだよー。あこちゃんと燐子ちゃんにミートパスタ作ってあげたんだー」

 

「うーらーやーまーしーいー!明日香のミートパスタ食べたかったー!」

 

「……今日は家にいたのだけど、なんで私を誘ってくれなかったのかしら?」

 

「お母さんも食べたかったなぁ」

 

「お父さんも……」

 

「おばさんも明日香ちゃんのパスタ食べたいわぁ」

 

「おじさんも食べたいなぁ」

 

どういうわけか、お姉ちゃんを筆頭に一気にお父さんとお母さん、ゆきちゃんの家のお父さんとお母さんがやってきてその話をしたら全員に揃ってそんなことを言われた。

 

「ああもう!わかったよ!作ればいいんでしょ!?」

 

「「「「その一言を待ってました(たわ)」」」」

 

この日、私は二食ミートパスタになった。

でも、みんな美味しいって食べてくれたから全然オッケー♪

 




今回のミートパスタの材料です。
パスタ 人数分
牛•豚合挽き肉 400g
玉ねぎ 半玉〜1個
オリーブオイルorサラダ油 適量
ニンニク(チューブ) 3〜5cm
塩•コショウ 適量
砂糖 小さじ1
水 200ml
ホールトマト 1缶(400g)
固形コンソメ 2個
トマトケチャップ 100ml
中濃ソース 50ml
ウスターソース 50ml

あとはお好みでイタリアンパセリやパルメザンチーズをかけたら添えたりしたください!


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。