この世に何を成すか、者共よ。 (B・R)
しおりを挟む

Chapter1:夜に出会う。

新規、読者参加型作品。更新頻度は低め。


・3月25日 深夜、夜明け前 東京都・新宿区

 

 

日付を跨いで、小さな月明かりとまばらな街灯に照らされた暗い大通りを走る。人通りはあまりない。車も片手で数えるくらいしか見ていない。

時折、スーツに身を包んだ社会人らしき人や、私服の集団などとすれ違い奇異の視線を受けるが、気にする余裕なんてなかった。

人の往来も車の往来も少ないから、ちょっと罪悪感を抱きながらも信号を無視して突っ切る。

 

 

「はぁ⋯⋯はぁ⋯⋯」

 

 

素早く後ろを振り返る。そこには、依然として私を追い掛けてくる妙な――具体的には黒い服に紫色の仮面を付けた――格好をした男性の姿があった。今のこの状態の元凶だ。

どうして、私、追い掛けられてるんだろう。そんなことを考えている間も、男性は距離を少しずつ詰めてきていている。

 

 

「はぁっ、くっ⋯⋯はぁ、はぁ」

「⋯⋯エストリッジの鍵、ご同行を願おうか」

 

 

さっきから、エストリッジの鍵だのなんだの⋯⋯本当に何なんですか。そんなもの知らないし、私は持っていないのに⋯⋯。

そもそも、私は昨日の朝方に東京に着いたばっかりで、右も左も分からないような状態なのに、そんな鍵の事なんて知りませんよ!

 

 

「まだ逃げ続けると言うなら、多少手荒な真似をさせてもらう」

「⋯⋯へ?」

 

 

男性がそう言った瞬間⋯⋯目の前のアスファルトが抉られるように砕け散った(・・・・・・・・・・・・)

気が付いた時には、破片に躓いてひんやりとした地面に正面から転んでしまう。少し痛い。

 

 

「⋯⋯これ以上、無駄な抵抗をするな」

「⋯⋯っ!?」

 

 

コツコツとアスファルトにブーツを鳴らしながら、男性は近付いてくる。その手には、月明かりを受けて煌めく銀の鋭さ⋯⋯刃物が握られていた。

顔から血の気が引いていくのがわかる。

⋯⋯殺される。絶対に、逃げなきゃ行けない。だけど、身体が動かない。

 

 

「眠っていれば恐ろしい思いもすまい。しばしの間、気を絶たせてもらう」

 

 

そう言って男性はその手に持ったナイフを振り上げた。咄嗟に目を瞑り、襲ってくるはずの痛みに耐えようとする。

しかし、いつまで経っても痛みは襲ってこない。私はゆっくりと目を開けた。

 

 

「⋯⋯?」

「⋯⋯来るか」

「来る⋯⋯?」

 

 

何が来るというのだろう。男性の顔には、緊張の色が滲んでいた。

私には何が何だかわからないがこの人は何かを警戒しているらしい。しばらくの間、何も出来ずにいると唐突に地面を揺れが伝ってきた。

 

 

「地響き?」

「⋯⋯」

 

 

一体なんの振動なのだろうか。思案していると、今度は地響きだけでなく何かが唸りをあげる音が聞こえてくるようになった。

男性が、ゆっくりとナイフを構える。

 

大通りの向こうから、ひとつのライトを点灯させた何かがこちらへと、それはすごいスピードでやって来ていた。

 

 

「バイ⋯⋯ク?」

 

 

────それは真っ白なバイク(・・・・・・・)だった。

流線型で、全体的にスリムな印象のバイク。オートバイ、モーターサイクルなどと呼ばれる類だろう。

風を受けて白のコートをバタバタとはためかせながら、バイクに乗ったその人物は右手に細長い銀の棒、ロングソード(・・・・・・)を携えてこちらへと直進してきていた。顔は白いライダーヘルメットに覆われていてその表情を見ることは出来ないが、それでも臆してはいないということだけは分かった。

もう訳が分からない。

 

 

「そう来るかっ!」

「⋯⋯ッ!」

 

 

混乱する私を他所に、全身白づくめの男性は突っ込んでくる。

そのバイクを足蹴にして(・・・・・)、彼は飛びかかってきた。両手で上段に構えたロングソードの刃が月明かりを受けて輝いた。

 

 

「はぁっ!!」

「⋯⋯くっ!?」

 

 

男性はなんとか横に跳んで避ける。だが、元男性が居た場所は、剣で出来たとは思えないような抉られた跡が出来ていた。砕けたアスファルト片やら小さな煙が舞う。

え、というか⋯⋯なんで、剣を振っただけでそんなに風が巻き起こるの?

 

 

「逃げ惑うだけの女性に手荒な真似をするのは感心致しません」

「⋯⋯」

 

 

全身白づくめのヘルメットの下から聞こえてきた声は、とても優しげなものだった。ロングソードをひと振りすると、切っ先を男性に向ける。向けられていないのに、こちらにまで殺気が伝わってきた。

 

 

「去りなさい、シグナル。貴方達の出る幕ではありません」

「⋯⋯ちっ。⋯⋯今宵は去ろう。だが、次はその鍵を頂くぞ」

「ふっ⋯⋯何度来ても同じことですが。⋯⋯次は、その首を切り落とします。お覚悟を」

 

 

男性は、ナイフを腰のホルスターにしまうと、その場を走り去っていった。その後ろ姿は、すぐに闇に紛れて消えてしまう。

⋯⋯終わった、のかな?

そう思った瞬間、どっと体に疲れが襲ってきた。転んだ時の傷もヒリヒリと痛む。痛むけど、頑張って身体を立たせる。命の恩人の前でいつまでも座り続けるのは流石に駄目だ。

道路の上に転がるバイクを立ち上がらせて、こちらまで引いてくる白づくめの人を見つめながら、このあとについて考える。そう言えば、あのロングソードはどこに行ったんだろう。

 

 

「お怪我はありませんか?」

「い、いえ、大丈夫です。そちらこそ⋯⋯」

「それこそ、ご心配には及びません。これでも私はそれなりに鍛えているので」

 

 

そういう彼は、確かに傷なんて負っていなさそうだし、なんなら疲れてすらいなさそうだ。やっぱり、鍛えているだけあるのだろうか。

ここで、私はこの人の名前をまだ聞いていないことに気がついた。さっきから、白づくめの人だの、彼だのと名前を知らないのは不便だし失礼だ。

 

 

「わ、私は(みなと)夜恵(やえ)っていいます。貴方のお名前を伺っても⋯⋯」

「ああ、失礼しました」

 

 

彼は、ライダーヘルメットを取り外しながら言葉を続ける。

 

 

 

「私は、キャリバー。レイガントールの王に仕える三騎士が一人、刃を担当する者です」

「キャリバー⋯⋯さん⋯⋯」

 

 

ヘルメットの下から現れたのは、汚れ一つない真っ白な髪の毛に、吸い込まれるような紫色の眼を持った綺麗な顔だった。顔の造形なんかは勿論、雰囲気から高貴さといったものが滲み出ていると言うべきか。少なくとも、今まで見たこともないような、そんな浮世離れした容姿の人。

レイガントールとか、王とか、三騎士の刃とか⋯⋯気になる言葉はたくさんあったけど、そんなことも吹き飛ぶような⋯⋯。

 

 

有り体に言えば見惚れてしまった。

 

 

 

「⋯⋯大丈夫ですか?」

「⋯⋯だ、大丈夫です!」

 

 

怪訝そうな顔でのぞき込まれ、上擦った声が出てしまった。近い近い近い近い。

キャリバーさんは、もう一度ライダーヘルメットを被り直すとバイクに跨った。もう行ってしまうのだろうか。

少しの寂寥感を覚えながら、彼を見ていると、キャリバーさんは徐にこちらに振り返る。

 

 

「家までお送り致しましょう。さあ、後ろにどうぞ」

「あ、ありがとうございます⋯⋯」

 

 

その姿は、まるで白馬に跨る王子様のようであった。

私は、彼に促されるままにバイクに股がった。両脇に鞘に入った日本刀が取り付けられていて少し怖かったけど、乗ってみたら全然気にならない。

 

彼は、小さな白いヘルメットを取り出すと私に手渡す。さすがに被らないと駄目だよね。

 

 

 

「案内、よろしくお願い致しますね」

「⋯⋯はい!」

 

 

落ちないようにと抱き着いたその背中は、とても大きかった。




感想、誤字脱字報告お待ちしてます。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

Chapter2:王さま

二話目です。特に調子が良かったわけでもないのに二時間半で書けてしまった。書こうと思えば書けるものなんですね。後程推敲します。


・3月25日 昼 東京都・杉並区

 

窓から差し込む朝日に照らされて、目が覚めた。ベッドの隣に置いたテーブルの上にある眼鏡を手探りで掴む。少し痛む体に耐えてゆっくりと起き上がりながら、眼鏡をかけた。

辺りを見回せば、そこは東京に借り受けたアパートの自室。越してきてまだ一日しか経っていない故に、家具などを揃えられていない閑散とした我が家。中で唯一時間を示す目覚まし時計が指すのは、今が昼下がりであるということ。

⋯⋯今日の説明会は欠席。どう足掻いても、ここから文京区にある大学まで行くには一時間はかかります。初日から遅刻とは⋯⋯。とはいえ、あのような体験をしたのだから致し方ないことだと思いたいです。

床に倒して置いたトランクケースから衣服の類を取り出してお風呂場に向かう。このアパート、値段の割に広くトイレやお風呂場なども完備してある為、とても好物件だと勧められて借りたのですが、お風呂があるというのはやっぱり良いことですね。

それにしても⋯⋯。

 

 

「あれは、夢⋯⋯だったのでしょうか」

 

 

お風呂を貯める気分でも無かったのでシャワーを浴びることに。暖かなお湯が、傷ついた身体に染みます。

そんな中で思い出すのは、私を追いかけてきた男性と、白づくめのキャリバーと名乗ったあの人。

 

 

「夢だったら⋯⋯」

 

 

夢であって欲しいとは思うのに、心のどこかでは、夢であって欲しくない、一種の寂しさのようなものがあるのも事実。

⋯⋯また、何を考えているのでしょうね。ああいうことは、そうそうに起きるものじゃない。起きていいものじゃないと、直感的に分かる。

被りを振って、ハンドルをひねりお湯を止める。髪の毛をゆっくりと絞りながら、私は今日の予定を考えることにした。

 

 

「日用品でも買いに行きましょうか」

 

 

まあ、あと約半日ある。昨日と同様、散策次いでに日用品を買い揃えるのも良いだろう。昨日ほど遠くまで行くつもりは無いが。

取り敢えず、今日の予定は決まった。講義の進行速度に遅れたくないから、帰ってきてからは予習もしておこう。

小一時間かけて替えの服に着替えた私は、早速、お財布を肩掛けカバンに入れて靴を履き替え、玄関の扉を開けた。

 

 

「おはようございます。よく眠れましたか?」

「⋯⋯おはよう、ございます、キャリバー(・・・・・)さん⋯⋯よく眠れました⋯⋯」

 

 

玄関の扉を開けたそこに居たのは、白のライダーヘルメットを被ったパッと見では不審者のような出で立ちの男性。赤いネクタイ以外全てが白色なので、大分目立ちます。だからこそ間違えるはずもない、私の命の恩人であるキャリバーさんがそこには居ました。

 

 

「早速で申し訳ないのですが、エストリッジの鍵よ。ご同行願えますか?」

「⋯⋯はい」

 

 

有無を言わさないような雰囲気で迫られ、私は頷く他ありませんでした。

 

 

「それでは失礼して」

「ひゃっ!?」

 

 

徐に肩を抱かれて困惑する私を他所に、キャリバーさんが何事かを口ずさむ。

すると、私の視界いっぱいに光が舞い込み、次の瞬間には─────

 

 

 

「え⋯⋯」

 

「さあ、どうぞこちらへ」

 

 

─────そこは私の家の前などではなく、お伽噺などに出てくるような豪勢なお城(・・・・・)の中でした。

 

 

 

・3月25日 不明 亜空間『虚無の域』・レイガントールの城

 

 

 

「⋯⋯ここ、何処ですか?」

「ここは、私達レイガントールの居城です」

「⋯⋯お城⋯⋯」

 

 

何となく現状は飲み込めてきましたが、それでも根本的に分からないことばかりなので困惑することは終わりません。

ですが、この状況に対して冷静な人が近くに居るだけで、普通よりはずっと安心感がある。

 

 

「では、行きましょうか」

「⋯⋯はい」

 

 

厳かな気持ちになるのは致し方ないことだろう。何せ、城というからにはその持ち主がいる。キャリバーさんは、レイガントールの三騎士の一人と言っていました。つまり、彼がこれから私を連れていくのは、キャリバーさんが仕える()の所なのでしょう。

考え事に耽りながらキャリバーさんの後ろを着いて行くと、私達の目の前に、一つの豪勢で巨大な扉が現れました。

 

 

「これから先は我が王が鎮座する間です。くれぐれも粗相のないように」

「⋯⋯はい」

「とはいえ、あの方は別にそのようなことを気にする人でもありません。ですから、貴女なら自然体でも構いませんよ」

 

 

キャリバーさんの安心させるような雰囲気に、このヘルメットの下では微笑んでいるんだろうな⋯⋯などと余計なことを考える余裕が生まれる。この人は、嘘は付かないだろう。そんな気がする。

私が心構えしたのを見計らったかのように、その扉はひとりでに開き始めた。

 

 

「我が王よ。エストリッジの鍵を連れて参りました」

「⋯⋯?」

「ほう⋯⋯そちらの女性がエストリッジの鍵、ということで相違ないな?」

「左様です」

 

 

彼が王と呼びかけた玉座に座っていたのは、威厳ある王冠を被った宙に浮く球体(・・・・・・)でした。赤色で、光を反射しない不思議なナニカ。どう考えても王は愚か、人にすら見えません。

今日一番の困惑に頭がついていかない私。そんな私などいないかのように、キャリバーさんと王と呼ばれた人⋯⋯?⋯⋯王と呼ばれた人は会話を続けます。

 

 

「でかしたぞ、刃よ」

「⋯⋯王のお役に立てたこと、至極恐悦にございます」

「鎧にも探させていたが、成程。お主の方が早かったな」

「鎧は⋯⋯そういうのは得意分野でしょうが、脱線する質ですから」

「かも知れぬな」

 

 

鎧だとか新しい単語が出てきましたが、恐らくはキャリバーさんの仲間なのでしょう。刃と鎧だから、レイガントールの三騎士の二人目、とかでしょうか。

 

 

「それで? 鍵よ」

「は、はい!」

「⋯⋯そう畏まらなくても良い。無傷ということは、刃が品行に問題無しと判断したと、そういうことなのだろうからな」

 

 

上擦った声に顔を赤くする私を宥めるように、彼は話しかけてきます。

品行方正じゃなかったら、私、斬られていたんでしょうか?

 

 

「鍵よ、名は何と言う?」

「⋯⋯湊、湊夜恵です」

「そうか。して、我はもう分かるだろうが王である。そこに居る刃を含めたレイガントールの三騎士の主にして、このレイガントールの王だ。特に決まった名は無い故に、お主の呼びたいように呼ぶと良い」

「で、では、王さま⋯⋯で」

「良かろう」

 

 

王さまは、身体?を揺らして頷くような仕草をすると、その雰囲気を少しだけ引締めた。釣られて、私も姿勢を正してしまう。

これが、王さまのカリスマ、というものなのでしょうか。

 

 

「して、鍵。お主は、どれだけ()について知っている?」

「⋯⋯裏?」

「⋯⋯そうか、何も知らないのだな。では、しばらくの間は刃を付ける。そなたはもう、裏とは無関係には居られぬのだ。危険も相応に訪れよう」

 

 

無関係には居られない。何か、とても壮大なことに足を踏み入れてしまったかのような口振りですが、昨日の時点で何となく分かっていました。

裏というものが何かは知りませんが、多分、昨日襲ってきた男性や、キャリバーさんや王さまみたいな人達のこと、彼らが関わることなのでしょう。信じたくはないですが、私もそこに足を踏み入れてしまった。だからこそ、ここに居る。

 

 

「察しが良い類か。成程、良い」

「⋯⋯あの、一つだけ聞いても良いでしょうか?」

「許す」

「⋯⋯鍵、とは何なのでしょうか? ⋯⋯私は、そのようなものを持っていません」

 

 

鍵、エストリッジの鍵と呼ばれる私だが、そんな鍵については欠片も知らない。エストリッジというものは愚か、裏という世界自体全く分からないのですから仕方ないと思います。

王さまは、しばらくの間、沈黙するとゆっくりと話し始めました。

 

 

「エストリッジと呼ばれる男が居てな。その男が作った何かの鍵がエストリッジの鍵なのだ。そして、我々はその何かを求めている」

「⋯⋯はあ」

「東京は、遥か昔から魑魅魍魎、悪鬼羅刹、英雄修羅神仏が集まる異端の園でな。恐らくは、エストリッジも東京に辿り着いたのだろう。そして、そこで消息を絶った。だから、近い内の鍵の出現を予測した我々は東京で鍵を探していたのだ」

 

 

成程。私は、人間でありながら、その何かを開く為の鍵になった。大雑把に言うとそういうことなのでしょう。

 

 

「お主の人生を狂わせるようで申し訳なく思う。最大限、普段通りの暮らしができるよう、こちらでも援助はさせてもらおう。それくらいしなくてはレイガントールとしての矜恃が許さぬ」

「⋯⋯ありがとう、ございます」

 

 

王さまの気遣いは、本心からの物だと何となく分かります。王さまは、レイガントールの王であることに強い誇りを持っているのでしょう。普通に暮らしていれば、絶対に会うことのないタイプの人、ですね。

 

 

「細かなことについては、刃に尋ねると良い。お主の身辺を警護させる故、普段通りに生活せよ。来る時に、もう一度呼ばせてもらう。安心せよ、その男は切れる。人一人を守るくらい容易いことだろう」

「⋯⋯はい」

「刃よ、送ってやれ」

「御意に。それでは、鍵よ。行きましょう」

 

 

私は、キャリバーさんに促されて王の間を後にした。

 

 

 

・3月25日 夕方 東京都・杉並区

 

 

 

レイガントールの城から帰ってくると、空はもう既に茜色に染まっていました。今日の予定は達成出来そうにありませんね。

 

 

「それでは、鍵よ。私はこれで」

「⋯⋯え⋯⋯」

「大丈夫。貴女が呼べば、直ぐに駆け付けます」

「きゃ、キャリバーさん!」

「⋯⋯?」

 

 

立ち去ろうとするキャリバーさんを呼び止める。どうしてかは分からないけど、呼び止めてしまった。

気まずいが、呼び止めたのに何も言わないというのもアレです。

 

 

「また明日⋯⋯!」

「ええ。また明日、お会いしましょう」

 

 

キャリバーさんはそれだけ言うと、今度こそアパートに備え付けられた駐車場を横切って去っていってしまった。

 

 

「⋯⋯ちょっとだけ、楽しみです」

 

 

何故か、これから始まるであろうこと、非日常に何かを期待している自分が居ることに私は気が付かない振りをした。

自分は、普通に生きていきたいと考えて生きてきたけれど、いざ、こんな事態に直面すれば、誰でも高揚するものなのかもしれない。

今日は勉強して、直ぐに寝よう。だらだらと過ごしたくはない。

私は、晴れやかな気持ちを抱えて、玄関の扉を開けた。




とてもではないですが、胃が痛い⋯⋯。薬を服用し始めてから、気がついたかのように痛みが訴えてきます。まあ、主治医も大丈夫だと言っていたので大丈夫でしょうが。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
一言
0文字 ~500文字
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。