安全に出世したいサイコロステーキ先輩 (けろかろ)
しおりを挟む

安全に出世したいサイコロステーキ先輩

「こんなガキの鬼なら俺でも殺れるぜ」

 

俺は鬼殺隊の隊士。鬼狩りを生業とする剣士だ。今は度々鬼が出ると近隣住民の間で噂になっていた那田蜘蛛山で、鬼狩りの任務の最中だ。

俺の予感ではこの山にはヤバい鬼がいると確信している。そんな中でこんなに大したことのなさそうな鬼を見つけることが出来たのは幸運だったぜ。

 

「誰だ!」

 

お? どうやら俺以外にもこの目の前の弱そうな鬼に目を付けた隊士がいるようだ。だがこの獲物は渡さないぜ。

 

「お前は引っ込んでろ。俺は安全に出世したいんだよ」

 

目の前の小さな鬼からは一切視線を逸らさずに抗議の声を上げようとする若い隊士を牽制する。いくら弱そうとは言っても油断は禁物だからな。危機感のない奴から先に死ぬのは鬼狩りの常識だ。

 

チャキリ、と刀を鞘からゆっくりと抜き構える。

 

「出世すりゃあ上から支給される金も多くなるからな」

 

抜き身の刀は鈍い枯茶色。黒い網目模様が施されたこの刀身は俺の呼吸に呼応した美しい配色だ。

 

「隊はほとんど全滅状態だが、とりあえず俺はそこそこの鬼を一匹倒して下山するぜ」

 

何かしらの手柄を建てずに逃げ帰ったとなれば他の奴等に馬鹿にされるからな。そんな風に侮られると出世への道は遠のいちまう。

言い終えると同時に、呼吸を調え鬼に向けて突進する。

 

「だめだ、よせ! 君では…」

 

そんなに手柄が欲しいか、卑しい奴だぜ。こいつを倒すのは俺だ。お前はそこで黙って見ていれば良いんだ。

 

鬼の手元が微かに動いたのが見えた。その指先に見えたのは極細の糸だ。なるほどな、だから蜘蛛山か。お洒落な奴だぜ。だがそんな曲芸の見せ場なんて無いぜ。

 

「賽子の呼吸 壱の型 弱火出実苦鯉」

 

全ての基本であり、極めた奥義である壱の型からこの程度の雑魚鬼が逃れる術なんて存在しない。昇進は確定だ。

突進の勢いで鬼の側を通り抜けると同時に縦横無尽に切り刻んでやった。

 

細切れに切り刻んだ鬼は間も無く消滅するだろう。

残心する俺。だがまだまだ緊張を解くことはない。何故なら鬼の中には頸を斬っても死なない奴が居ることを俺は知っているからだ。

 

だが今回のこの子供鬼はそんな面倒臭い奴では無さそうだ。完全に消えて無くなった鬼を一瞥し、刀を納める。本当に運が良い。

 

「あ、あなたは一体」

 

手柄を奪われた後輩が抗議の声を上げようとしているのを感じたがそんな無駄な時間を過ごすつもりはないぜ。

 

「俺はもう下山するぜ! こんなに危ない山にいつまでもいたら命が幾つあっても足りねえ。この山には十二鬼月が居るかも知れねえからな。御前も命が惜しいなら早く離れた方がいい」

 

後ろから引き留める声が聞こえたが俺はもうこの山に用はない。とっとと安全地帯まで引き下がる。鬼一匹倒したんだから誰にも文句は言わせねえし十分な手柄だろう。

 

俺は安全に出世したいんだ。わざわざ強い鬼と戦う危険は侵さないぜ。




彼の名前がわからない


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

安全は臆病に

蜘蛛山よりも時系列は前です


「楽な相手だったぜ」

 

抜き身の日輪刀を鞘に納めつつ1人そう嘯く。つい先日に最終選別を終え、選んだ自分だけの鋼で打った刀の切れ味は素晴らしいの一言だ。己の呼吸を吸収した証である深い枯茶色は狙った鬼の頸を豆腐のように一刀両断だ。

 

先程遭遇した鬼は、今までで1番弱かったぜ。

鬼殺隊の哨戒の任務の最中に会敵したのは鬼に成り立てだったようで動きは緩慢で頭も弱かった。

 

もしかするとまだ近くに、今の奴を鬼に変えた元凶である鬼舞辻無惨が近くにいるかも知れない。

 

「なんてな、そんな奴柱でも会ったことが無いぜ。ん?」

 

先程まで誰も居なかった筈なのに、なにやら気配が現れたぜ。俺がその気配の方に視線を向けるとそこには、西洋の着物を着た男が立っていた。

 

「人間っぽい見た目をしてるが俺の目は誤魔化せないぜ。お前鬼だろ」

「ほう、私の気配に気付くか鬼狩り。折角人間を1人鬼に変えたと思ったらこんなにも早くに討伐されてしまうとはな」

「今日はついてるぜ。ただの哨戒任務で1日に2匹も鬼を狩ったとなると昇進間違い無しだぜ。お前みたいな青白い顔をした今にも死にそうな優男なんて俺1人でも倒せそうだ」

 

チャキリ

 

油断無く刀を抜いた俺は呼吸を調えて目の前の敵に向けて突進する。

 

「賽子の呼吸 壱の型 弱火出実苦鯉」

 

何度も何度も繰り返し練習したこの奥義をこの病弱鬼が耐えられる訳がないぜ。すれ違い様に何度も何度も細切れにしようと切り刻んでやったぜ。

 

「お?」

 

そう思ったが何も手応えが無かった。避けられたみたいだぜ。

 

「私が今にも死にそうな病弱な男に見えるだと?」

 

優男鬼の手が醜く肥大化し、振り払って来たので賽子の呼吸で切り刻んでやったぜ。

 

「ああ、やっぱり訂正するぜ。ゴキブリみたいに素早しっこくてしぶとそうだ」

 

どうやら見た目よりもちょこまかと動いて鬱陶しいようだから、速さに重点を置いた技を使う必要があるぜ。

呼吸を再度調えて、目の前のゴキブリ鬼に向けて突進するぜ。

 

「賽子の呼吸 弐の型 強火出黒焦訝」

 

弐の型は最速の一閃だ。いくらゴキブリと言えど、この剣は狙った鬼の頸を絶対に逃がさない。

一刀両断した感触が手元に確りと残っている。大した鬼じゃなくて助かったぜ。残心していた俺は振り返って鬼の死体を確認することにした。

 

「どういうことだぜ?」

「貴様程度の剣士がこの私を殺せたと本気で思ったのか」

 

振り返った俺の目の前にはゴキブリ鬼の醜い巨大化した腕が迫っていたのでまた切り刻んでやったぜ。

確かに頸を切ったと思ったが生きていたのでもう一度弐の型で頸を両断してやったぜ。

すると残った胴体からまた頸が生えてきた。

 

「本当にゴキブリ並のしぶとさかよ」

 

弱い癖に面倒臭い鬼も居たものだぜ。俺はもっと楽に出世して給金を貰いたかったのだが仕方がない。

 

「この鬼舞っ!!」

 

生えた頸をまた弐の型で跳ねてやった。何か喋ろうとしてたが関係ない。安全に迅速に鬼は倒したいからな。

頸を跳ねた後は残った胴体も壱の型で微塵切りにしてやったぜ。それでもまた再生し始めたようなのでまた刻んでやるぜ。

 

「何で再生するのかはよく分からんから朝になるまで続けるぜ」

 

鬼が太陽に弱いことは確かなので日の光を浴びせてやれば倒せるだろう。鬼1匹倒すのに割に合わん労力だぜ。

 

とりあえず斬って斬って切り捲っていたらどれ程時間が経ったのか。もうそろそろ日の出の時間だぜ。やっと終わるぜと思ったその時だった。

 

「がぁっ!」

 

突然気配が現れて攻撃を仕掛けられたので慌てて飛び退く。

 

「これはとびきりに強そうな鬼だぜ」

 

全長3メートルはありそうな巨大な獣のような異形の鬼が目の前に立ち塞がっていたぜ。

 

「なっ、臆病者が!」

 

俺が攻撃の手を止めたのを見計らってゴキブリ鬼が全速力で走って逃げて行くのが見えた。これじゃあ出世が遠退いちまう。慌てて追い掛けようにも目の前のでかくて強そうな鬼が許してくれなそうだ。あっという間にゴキブリ鬼の姿は豆粒みたいになって見えなくなったぜ。

ふざけるな。らくな獲物を逃がしてなんかいたら他の隊士に舐められて出世の道が遠退いちまう。絶対にバレないようにしてやる。

 

それにしても。

 

「こいつは十二鬼月に違いないぜ。勝てる訳がねえ」

 

俺も目の前の異形鬼からは逃げたほうが良さそうだ。異形の鬼の迫力は桁違いだぜ。こんなにヤバい危機は生まれて初めてだぜ。

幸い朝が近いから死ぬ気で逃げればなんとかなりそうかもしれない。

俺が必死の覚悟で決意を固めると、突然目の前の異形鬼の頸が跳ねて行った。

 

「無事か?!」

 

その声の持ち主はいつか遠目に見た柱の姿だった。どうやら俺は救われたようだぜ。登った朝日を背にする凛々しい姿は男であるけど憧れるぜ。

 

つい腰を抜かして尻餅を着いたのは許して欲しいぜ。

あんな強い鬼と戦うつもりなんてなかったんだからな。

 

手を差し伸ばしてくれた柱に応えながら1人ごちる。

俺は安全に出世したいんだ。弱い鬼だけを狙って確実に。




先輩が弱そうな鬼だけを狙う切っ掛け的な話だと思う


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。