オリウマ娘~ウイポ味~ (ゆっくり霊沙)
しおりを挟む

サンデーギバラ

「初めまして、サンデーギバラです!!今日からよろしくお願いします!!」

 

府中にあるトレセン学園にて1人のウマ娘が入学した・・・サンデーギバラ・・・サンデーサイレンスの血(通称Sの因子)を少しだけ含むウマ娘である

 

このウマ娘、他の生徒より半年遅れての入学で、12月終わりと微妙な時期のスタートだった

 

というのもこのウマ娘、入学までに2回の軽度の骨折と病気で約1ヶ月入院というトレーニングどころではない感じだったため、ここまで遅れたのだ

 

(まぁ期待はされてないよね・・・)

 

同期にはサイレンススズカ、メジロドーベル、シーキングザパール、キンイロリョテイ(ステゴ)、マチカネマックス、マチカネフクキタル、サニーブライト・・・下にも怪物って呼ばれている子も居るため完全に周りからは1勝できれば良いね~程度にしか思われていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハァ・・・またチームの選考レースで下位かぁ・・・これじゃあクラシックレースどころか別路線のクラシック(牝馬クラシック)に出れないよぉ・・・」

 

入学して翌日から遅れを取り戻すべく、チームに参加するため選考レースに出まくっていたが・・・

 

「リギル選考レースはスズカさんやリョテイに置いていかれたし、別のチームではサニーに捻られたし、フクキタルに捲られたし・・・一個下の子達(グラスワンダー、セイウンスカイ、ファレノプシス)との併せでも千切られたし・・・」

 

結果は散々

 

スピードはそこそこ有るがなにぶん柔軟性が全くないサンデーギバラは適正距離でないと本当によく負ける。

 

デビューできない焦りとそもそもレースをしたことがないので適正距離がわかっていない彼女は完全に負のスパイラルにハマってしまった。

 

「ハァ・・・」

 

「・・・飲むかい?」

 

テクテク歩いて自分の寮に戻っていると原と書かれた名札を着けたオジさんがベンチに座っていた

 

「・・・頂いても良いですか?」

 

「あぁ、アタリが出て2本出たけどそんなに飲めないから困ってたんだ。もって帰る頃にはぬるくなるし、家には別の飲み物が有るからね」

 

「ありがとうございます・・・」

 

缶ジュースを受け取り銘柄を見る

 

【抹茶&豆乳ミックス アルコール8%】

 

「酒じゃねーか!!酒の自販機当たり有るの初めて知ったわ!!」

 

「黙ってればバレる事はないから」

 

「・・・あぁ、自棄じゃ!!せーの!!」

 

グビグビグビ・・・

 

 

 

 

 

 

~20分後~

 

「ういー、ヒック、ヒック・・・だから私の~夢は人気者になりたいの!!だからレースに出たいの~」

 

「おお、そうかそうか。」

 

人気がないオンボロな旧校舎の事務員室でサンデーギバラはベロベロに酔っぱらっていた

 

「お前さんの走りは前から見させてもらったが・・・走り方綺麗な割には柔軟性が全くないな。適正な距離以外全くダメだろ」

 

「ダメじゃないも~ん。勝つもん。」

 

「じゃあお前さんのわかる限りの戦歴だ」

 

芝良バ場1200m・・・16人中14位

芝良バ場1400m・・・12人中12位

芝稍重バ場1200m・・・14人中10位

芝稍重バ場2000m・・・18人中5位 リギル選考レース

ダート重バ場1600m・・・10人中9位

ダート重バ場1800m・・・10人中10位転倒

 

「ちゃんとしたレースじゃないから分かりづらいが比較的2000mの芝だったらスピード出るんじゃないか?ダートは論外だがな」

 

「でも~リギル選考レースはサイレンススズカが圧勝で2位から4位まで団子で更に離されて私だよ」

 

徐々に酔いが覚めてきたサンデーギバラは不安そうな顔でブツブツと呟く

 

「私のチームに入れ、どこにも参加出来てないんだろ。と言っても数年前にレオダーバンが引退してから誰もこのチームに入ってくれないからな。」

 

「え?」

 

そのまま勢いで参加することになったサンデーギバラ

 

夢の三冠はどうなるのか・・・続く



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。