きくうしって…マジ? (わら味噌)
しおりを挟む

目を開けたらそこはザンクティンゼルでした

グラブル歴浅すぎですが書きたくなってしまった。
続けられたら続けますっ。


 流れる汗を服の裾で拭いながら目の前にある機械を弄る。こんなことができるの日本じゃあ犯罪だなと遠い故郷を考えながら。

 そうして銃のメンテナンスを終えて、倉庫の大半を占拠しているであろう機体を触りながら異常がないか、一つ一つ確認していく。

こういったまめな作業が好きなのは前世からの癖のような気がする。まぁ前世なんてこっちで生活を始めてから思い出すのも難しくなってきたけど

ふと作業を中断し、倉庫を見渡す。埃っぽい空気の中で俺がここで生まれてから集めたガラクタや飛空挺のパーツが乱雑に置いてある。

 いい加減ここも手狭になってきたと考え、中を見渡していると 

「おーい、フルトォ!機械弄ってねぇで畑の手伝いきてくれー!」

親父の声がどこからか聞こえてくる。もう少しだけ弄っていたかったんだけどなぁ。無論、純日本人の自覚というか記憶がある俺がこんな名前で呼ばれているのには深〜い理由がある。嘘ですそんな大した理由じゃないです。はい、転生しちゃいました(テヘペロ。

なんだかんだもうここ17年くらいこっちの世界で過ごしちゃってる自分が怖い。人間って慣れる生き物なんだなぁ。

「違うぞ!親父ー!先っちょだけ触れてただけだよっ」

とりあえず言い訳として返事をすると遠くから俺を呼んでいた親父はそれを弄っているって言うんだろとか呟きながら家の持つ畑に向かっていく。

俺もこのオイルと金属臭が充満した倉庫から出て、手伝いの準備をするために家に向かうことにした。

ほんとにここは良いところだ。気候も温暖、住民も気さく、産まれてから不自由なんてしたことない。 まぁ自販機やらコンビニやらがないがそんなのはなれちまえばどうってことないし。下手したらここは日本より住みやすいとさえ思っている。そう思いながら太陽の日差しを感じて歩いてるとなんだかスキップしたくなるな。

 「うわっ、兄貴くっさ!なんで毎回倉庫に行くのよ!バカっ信じらんない!」

 おっと道すがらでいきなり暴言を吐いてくる不届きものがいると思ったら俺の愛しの妹じゃないか。こいつ反抗期か? 

 「そんなに怒んなよ、我が妹よ。お前にはロマンってもんがわかんねーのか?それと最近あたりきつくね?」

 「洗う労力に比べたらロマンなんかクソくらえよ。それにこの島で二人しかいない大馬鹿野郎たちに優しくしたらきっとつけあがるからこのくらいが十分なんですぅ」

 まったく最近になって態度がきつくなってきて困るぜほんと。俺は知ってんだぞ、自分の下着と親父と俺の下着を分けて洗うために自分から洗濯を進んで受けてることをなっ。まぁ俺は千葉のお兄ちゃんじゃあないからとやかくは言わねーけど(偏見)

 「はいはい、すんませんねー。これからは善処しますよっと」

 「まったく兄貴がそういってやめたことないじゃない。もういいから早く手伝いに行ってよね」

 手のひらをひらひらと振りながら応答したら、もうっと怒りながらすれ違っていく。

 「そうだ、兄貴」

   妹が顔だけ振り向きながら付け加えた

 「家によるついでにこの島一のお空馬鹿に余った野菜届けておいて」

 「はぁ、ついでねぇ・・・りょーかい」

 ほんと素直じゃないねぇこの妹は。まぁ可愛げと言えば可愛げなんだろうけど。走り去る妹を眺めてから家のある方向に向き直る。

 気持ちのいい風がふき、身体に流れる汗を乾かしてくれる感覚に浸りながら空を見上げる。今日もお空は快晴、見事なまでの群青だ。

 ただ一点、問題があるとすれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

       ここザンクティンゼルなんだよなぁ泣



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

お野菜届けにきましたー!あれ?いないじゃん!

も、物語が進まない汗。とりあえず旅立ちまではやってみます


さて我が家自慢の野菜たちを届けにきました。

 今日もいつも通りおうちにはいない模様。いっつも剣の修行してんもんなー、あいつ。

 グランを呼びにいかなきゃいけないんだろうなぁ、嫌だなー行きたくないなー、はぁ帰りたい。

 それにしても籠いっぱいの野菜はこれ食いきれんのか?あの一人と一匹じゃあ一週間くらい野菜尽くしになりそうだわ。

 うちの母ちゃんは食べ盛りだからとか言ってるけど、この量は明らかにグランをベジタリアンにしたいのかってレベルだ。

 よっこらせっと荷物をグランの家の脇におき、グランがいそうな所に向かうことにした。

 しばらく探していると林を抜けたひらけた草原に二人を見つけた。というか一人と一匹だな

 

「おーい!グラーン!それとビィ!野菜を持ってきたぞー」

 

 先にビィが気づいたらしく、こっちに飛んできてくれた。

 

「おーう、あんがとなぁフルト~。いっつも助かるぜぇ~親父さんたちにありがとうって伝えといてくれよな」

 

「気にすんなよビィ。俺たちじゃあ食べきれないから野菜を譲ってるだけだしな。お前も見てるだけとはいえ疲れたろ?ほいっ、差し入れ」

 

 嘘は言っていない。母さんは百パー善意だしな、ということで食いきれない量ということは黙っとこ。

 

「へへっあんがとなってこれトマトじゃねぇか!これもうまいからいいけどよ、差し入れはリンゴにしてくれよなっ」

 やれやれ、困ったトカゲだぜこいつは。今年のうちのトマトは流石にリンゴには劣るが程よい甘さとみずみずしさがあるというのに。

 

「ビィよ~く味わってみろ?野菜本来の甘さを感じられるだろ、どうだ?」

 

「ハグッ、、まぁ感じられるぜ」

 

「それはリンゴより確かに甘くないかもしれねぇ、だけどな?そのトマトにはリンゴにはない甘さがある。これは野菜ならではだぞ、ビィ。そう思うと段々リンゴより美味しいと思わないか?」

 

「た、確かにリンゴよりうまいかも・・・ってそんなわけねぇだろ!」

残念、洗脳するにはうちの野菜ではまだ不十分らしい。そんなふうにビィと戯れてると後ろから聞き慣れた声がかけられた。どうやら今日の修練は終了らしい。

「フルト久しぶり!最近めっきり会えなかったから心配だったんだ。まさかとは思うけど調子でも崩してたの?」

 

「おうグラン、3日ぶりが久しぶりの範疇なら久しぶりだな。ちげぇよ家の手伝いとかで忙しかったんだよ、悪いな」

 

「機械バカなフルトが手伝い?今回もサボりにこっち来たんじゃないの?」

 

「そんなことも多少はしてきたが今回は違うんだなぁこれが。お前の家にお裾分けだ、ありがたく受け取れ」

おいそこの赤いトカゲ、多少?みたいな目で見てくるんじゃない

 

「おじさんとおばさんには頭が上がらないなぁ。ならせっかくもらったものだからフルトも一緒に食べないか?」

 

「そうしたいのも山々なんだが、これから用事があるんで戻らせてもらうわ」

 

 確かにあの量をこいつらで食べるのは無理がある。うちの親父の畑仕事をしなくて済むという利点を考慮したらやぶさかじゃあない。以前の俺なら一も二もなく乗っていただろうな。

 しかしだ、冒頭でも思った通りおれは最近のグランとはあまり長くいたくないのだ。というか避けているまである。

 なぜなら

 

「そっか、うーん仕方ないか。この前の話についてもう少し話し合いたかったんだけど」

 

「話し合いの余地なんざないね。俺はここを出るつもりはないからな」

 

「フルトが一緒に来てくれると嬉しいんだけどなぁ。ちょっと行ってみない?イスタルシア」

 

「お遣い行くノリで言うんじゃねぇ・・」

 

 なんかすげぇ誘われるんだよなぁ泣

 

 




グランってどんな感じなのかわかんねぇ


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

俺の身上話、聞きたい人ー、はーい!

 なんで俺がグランの誘いを断るのか、これには理由がある。前世の記憶があるなら乗るべきだと思うだろう。グランサイファーで美女たちとのウハウハ騎空士生活、想像しただけで心躍ってタップダンスしちゃうレベルなのはわかる。本当にそれだけなら誰だって乗るさ、俺だってそうする。だが落とし穴はどこにだって存在するって話だ。

 

 前にも言ったが俺は転生者だ。前世の記憶を引き継いでる。でも生まれてからすぐに意識があったわけでなく、ちっちゃいころはふつーのそこら辺のガキと一緒だったと思う。

 

 ここで確定的じゃないのが難しいんだが、俺はだんだんと前世の知識から思いだしていった。それも断片的に。

 例えば教わってもいないのに食器の持ち方がわかっていたり、無意識のうちにこちらの言語を日本語の文法と照らし合わせながら習っていた。おかげで言語の習得は早くできちまったけど、でももちろん弊害があった。

 それは自分の存在としての違和感だ。生半可に知識が先に思い出されたせいで、周りよりも一番自分自身が知らないことを知っている自分に恐怖してた。

 

 そんで5歳の時に、一気に前世の記憶を取り戻した。すごい熱出して家族には心配させたけど、そのあとは大半の記憶を取り戻してすくすくと成長したってわけだ。

 そこでだ、問題となってくるのは俺が現時点で思い出している記憶にある。そう、俺はグラブルを途中までしか知らない。当たり前だ、前世のゲームではまだルリアもビィの正体もわかっていない旅の途中である。

 

 しかも俺は帝国編途中までしか進んでなくてうろ覚え。しょうがないよね、こっちで生活してたら忘れちゃうもん(白目

 そんな状態でグランと一緒にお空に出てみろ、これから加わるメンバーは大丈夫かもしれんが俺は間違いなく無理だ。記憶を取り戻した時に思ったよ?俺には転生特典があるに違いないって。俺なんかしちゃいました?みたいな感じを無双ならぬ夢想してましたよ。

 

 そんなものは夢物語でした。剣もだめ、弓もだめ、斧は逆に振り回される始末。元騎空士の親父からも武器の扱いが絶望的に下手だと太鼓判をいただいてしまった。まさか特典ならぬペナルティを課してくるとは・・・俺なんかしました?

まぁ銃の扱いだけは人並みだと言われたけど。幼馴染のグランと比較してみろ、泣きたくなったわ。

 

 そんなわけで俺は決めたんだ、ザンクティンゼルで平和にいきていくことを。さらば、まだ見ぬ美女たち、星晶獣よ、アデゅー。

 

 「というわけで、お断りだグラン」

 

 「何がというわけなのかさっぱりなんだけど。フルト」

 

 こいつ聞いてなかったのか?俺の独白を。いや率直に聞かれてたら聞かれてたで怖いけど。

 

 「俺には空で生き抜いていく実力が足りねぇって言いたいんだよ。知ってるだろ?武器全般扱いがへたくそなのをよ」

 

 「確かにフルトは剣も槍も使えないけど、銃だけは人並みに使えるしなにより操舵技術と機械修理ができるじゃないか。僕とビィだけじゃ船は飛ばせないからフルトがいてくれたらかなり助かるんだ」

 

 「安心しろよ、そんなもんお前なら旅立ったら操舵士なんてすぐ見つかるしなんなら船だって手に入っちゃうぞ」

 

 「何言ってんだよフルト。そんなに簡単に騎空挺が手に入るわけないだろ」

 

 手に入っちゃうんだよなぁ、これが。まぁ原作を変えたくないんで言わねーけど。

 

 「フルトはグランとおんなじくらい楽観的だよなー、あと修理つかオイラは改造しているように思うんだけどよ」

 

 「口を慎みたまえ、トカゲ君」

 

 「なんだとう!オイラはトカゲじゃねぇ!」

 

 「ドラゴンとか寝言をほざいてはいけないよ?ビィ君」

 

 「空も飛べるし翼もあるじゃねぇか!」

 

 「その程度の類似点でお前がドラゴンなら、トマトがリンゴと一緒と言われても信じるね!俺は」

 

 「さっきのこと地味に根に持ってんじゃねぇか!今度いう今度はゆるさねぇぞフルト!」

 

 「まぁまぁ二人とも落ち着いて。というかフルト、野菜多すぎじゃないか手伝ってくれよ」

 

 三人で話しながら歩いてたらもう着いちまったか。だいぶゆっくり歩いてたからもうちょいかかると思ったんだが、別にこの後の農作業がめんどくさいわけじゃないぞ断じて。

 

 「んあ?んー、いやさっきも言ったがほんとに親父たちの手伝いの前に来ただけなんだ」

 

 こら、やめろビィ。頬を引っ張るな頬を。

 

 「だからここでとりあえず今日はお別れだわな。またなー」

 

 「ああ!おじさんたちによろしく!また!」

 

 「次来たときはオイラをドラゴンだって認めさせてやるからなっ」

 

  はいはいと返事をしながら帰りをなるべくのんびり歩いていくことを決心した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  グランはフルトを見送った後、ビィと共に家に帰ることにした。ふと隣にいる相棒が声をかけてきた。

 「なぁ、グランよぉなんでお前はフルトをあんなに誘うんだ?」

 

 「どうしたんだよ、藪から棒にいきなり聞いてくるじゃないか」

 

 「まーな、フルトの奴はむかつくけど悪いやつじゃないからわからなくもねーけどな。それでもお前が嫌だと言うやつに何度も誘うのは珍しいことだと思ってよ」

 

 ビィも素直じゃないなと苦笑いしながらグランは先ほど別れた幼馴染を思う。

 

 「ビィはさ、俺がイスタルシアに行くって言ったとき率直にどう思った?」

 

 「まぁ眉唾ものだと思ったぜ、それでもオイラはついていくけどなっ」

 

 「そうだよ、大抵笑い飛ばされるのが当たり前だ。実際父さんからの手紙がなきゃ僕だってそうだと思う。それがさ、この話を初めてフルトにしたらあいつなんて言ったと思う?」

 

 うーんと首をかしげならビィは考えたが、肩をさげわからないと首を振った。

 

 「『お前ならいけんだろ』って言われたのさ。こともなげにさ、その時フルトは僕よりもイスタルシアがあると信じていたんだよ。そしてそれ以上にそこに僕が辿り着けると信じてくれたのが僕にとってはたまらなくうれしかったんだ」

 

 「ほんとグランは恥ずかしことを恥ずかしげもなく言うよなぁ。それにしてもいかにもあいつが言いそうな言葉だとオイラも思っちまうけどよ、でもよこのままじゃあいつはいかなそうだぜ?」

 

 「そうなんだ、どうにかしてフルトの空にでない理由を聞かないと意味がないよ」

 ビィはまたしても首を傾げる。

 

 「ん?空に出ない理由は実力がないって言ってたじゃねぇか、他になんかあんのか」

 

 「フルトは本当にそんな理由で断るもんか。あんなにあこがれてる空よりも優先される理由があるんだよ」

 

 「そういわれるとそうかもなぁ」

 

 二人はそのまま不思議な幼馴染のことを話しながら歩いていくのだった。

 

 




フルトの容姿をを書くことができていない自分に絶望しました。のであとがきで軽くだけ設定いいますね。

フルト
種族:人間
髪:暗い緑のボサボサ頭
顔つき:目つきすこしきつい
背丈:172㎝
好きなもの:トマト、機械


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

衝撃は唐突に

アニメやってるし頑張って投稿していくっ


  思い通りにいくことなんてほとんどない。自分で予想をたてたってそれを上回ることが起きるのが人生大半である。そんなこと思いながらグランたちと会ってからまた数日経ちましたがこちらは元気にやっています。フルトです。機械のメンテナンスをしたり、魔獣狩りに行く村人に俺の特製銃(未完成)を渡して脱臼させたりとしてしまったが概ね平和にできている。最近思ったのがそろそろルリアが落ちてくる時期なのではと感じていることだ。だけどまったくそんな気配も感じない。

 俺個人としてはこんなに安全な暮らしが脅かされずにすんでるし万々歳なんだがな。そんなわけで親父と一緒に今日も畑仕事だ!やったね!

「おーい、フルト。今日は畑の手伝いちゃんとやるんだぞ。じゃないとお前のガラクタ1つずつ壊していくからな」

 今日はとはなんだ、色々野暮用があって手伝えないのが多いだけだわい。

「どこがガラクタだよ、親父。威力抜群でどんな魔物もイチコロの一品ばかりだろうが。ほめてほしいね」

「おうおう、魔物狩りのたびに魔物よりお前のおかげでけが人が出るって評判のな」

 使い方が悪いんだ、使い方が。グランはふつーに使ってたし(目逸らし

 親父と歩きながらくだらない話をしてみる。親父も最近愛しの娘に反発されてへこんでるだろうしここは長男が微笑ましい親子の会話とやらをしてみようじゃないの。

「でもよ親父なら俺の作ったやつうまく扱えんじゃねーの?」

「使えなくはねぇが癖が強すぎる。お前のは一発に重きを置き過ぎなんだよ」

「まぁそっちの方がロマンがあるからなー」

 かっこいいもん、しょうがないね。

 親父はまったくといいながら呆れたように笑いながら隣を歩いた。

「親父、ふと思ったんだけどさ。昔騎空士だったってのは本当なのか?」

「・・・まぁな、って信じてなかったのか?」

「そりゃあ親父が空の話をすんのは決まって酔っぱらってる時だけだかんな。空を旅した行商人とかってオチだと思ってたよ」

「あー、確かにな。それはうちの母さんが俺が騎空士だったころの話が嫌いだからだよ。酔っているときは大目に見てくれるけどな」

「母さんが?意外だなぁ、吟遊詩人の話とか一緒に聞いてくれたりするのに」

「当時幼馴染だった母さんの反対を押し切ってなったからな。いい顔しねーんだ。帰ってきたときも大けがしてきたもんだから、もう行かないでって泣きながら頼まれて仕方がなく今に至ってるというわけよ」

 おっと~仕方ないとかいう人がそんなデレデレした表情をしないでほしいな。自分の親だと認めたくなくなるわ。

「へーそうなんだ、それはよかったね。うんうん」

「いきなり返事がおざなりになりやがったなこの野郎」

 素敵な嫁さんがいるから息子との交流は必要ないなって思っただけですよー。

「お前にも素敵なお嬢さんの一人や二人いればいいんだがなぁ」

「お、俺だって作ろうと思えば?ちゅ、ちゅくれるし。趣味に時間が欲しいだけなんだからねっ」

「いやー無理だろ、なにせグラン君がいるもんなぁ。お前らが並んで歩いてるとき村の娘の目線はみんなグランの方に集中してるし、最近グラン君より男前になった感じするからな」

 ・・・嘘だと言ってくれお父様、俺はそんなことも気づかずにとうとうモテ期来たかとか思ってしまっていた自分を殴りたくなっているよ。

「ま、まぁほらグラン君は騎空士になるって言ってるからそうゆう憧れみたいなもんがあるんだろうよ」

 下手なフォローはより傷をえぐるんだなぁ(泣

「そういうお前はないのか?騎空士になりたいってことは俺の息子なんだから一度は思うだろ」

「・・・まったくないな。今聞いた話でも危険と隣あわせだろ騎空士なんて」

 そうだ、そんなものになりたいだなんて思っちゃいない。俺は転生者だ。だから知っている、どうしようもない死の感覚を。そして置いていってしまった家族のことを、どれだけ望んでももう会えない。それは転生した今でも記憶が風化しても大切なものだと頭じゃなくて心が知っている。

 だから俺はこう続けるんだ

「平和が一番だよ、親父」

「ま、そりゃあそうだわな」

そんなこと話してたらもう仕事場にとうちゃーく。さてそれじゃあそろそろ今日もお仕事やるぞう

 

 

「おい、フルト」

いい感じに今年のも育ってきてんなーこのままいけば例年通りとれそうだなこりゃ。

「おい、フルト無視すんな。あれ見ろあれ」

「親父-指示語だけじゃあうまく人に伝わらないんだぞ?あれってなんだよ」

 そして俺は親父の指が指しているものを見て、理解した。そうだ、都合のいいことなんてそうそうない。そんなこと前世から知っていた。

 そしてそれは前世も今世も変わらないんだなと空に停泊している帝国の船を見ながらぼんやりと思った。

 




衝動で書いてるこの作品をお気に入りしてくれる方々ありがとうございます!数字として増えてくれるのは純粋にモチベーションがあがります。期待に応えられるようなるべく毎週あげれるようにしていきたいです(するとは言っていない)


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。