ポピパinゾンビシティ (作者アアアア)
しおりを挟む

プロローグ

ジュマンジ、地上波で放送しないかな……


 質屋の流星堂、そこの蔵では一人の少女がいた。

「はぁ~、相変わらずよく分かんねー物ばっかだな……」

 金髪のツインテールを揺らし愚痴をこぼしながら、段ボールの箱を運んでいる。

「最近、練習ばっかで整理してなかったからな。溜まりに溜まってるな……」

 独り言を漏らしつつ作業を進めていたが、床に置かれた段ボール箱に足が当たりそれが原因で足がもつれてしまう。

「うおっ⁉」

 箱から手を離して、前に豪快に倒れてしまい。更に、箱が開かれ中身も飛び散ってしまった。

「いてて……」

 服に付いた埃を払いつつ立ち上がり、飛び散ってしまった中身を拾おうと何かのディスクを手に取る。

「ん? これは……」

 

 

 

「有咲、これ何?」

「ゲームソフト、蔵の整理をしていたら見つかったんだよ」

 後日、ポッピンパーティの拠点である蔵の地下で一つのゲームソフトが置かれたテーブルを中心に五人の少女が取り囲んでいた。

「分かった! 有咲、皆と遊びたいんだ!」

「ちげーよ!」

「またまた~、素直じゃないんだから」

「ちげーつってんだろ!」

 その内の一人、本人は星を模したと自称するが、ツノにしか見えない髪型の少女、香澄がツインテールの有咲をからかい彼女はそれにツッコむ。

「それで、皆このゲームについて何か知らないか?」

 有咲は話を切り替えてこの謎のゲームについて聞き出す。

「うーん……ゲームはちょっと……」

「私も、あまり詳しくないかな」

 茶髪ポニーテール少女の沙綾、黒く艶めくロングヘアの少女、たえの順番で答えるも成果は出ない。

「ねえ、有咲ちゃん」

「りみ、どうした?」

 その中で一人の黒髪の少女、りみが有咲に質問をぶつける。

「このゲームの対応機種って何?」

「機種……? ああ、遊べる機器って事か……そこなんだよ分からないのは」

「分からない?」

 りみは、有咲の回答に疑問を浮かべる。

「ああ、まずこれはディスクの形をしてるだろ」

 言いつつ有咲はテーブルに手を伸ばし、問題のゲームソフトを持ち皆に見せつける。

「だから、ディスクで反応するゲーム機全部に入れてみたんだ」

「それで、どうだったの?」

「……全部に反応した」

「全部?」

「えっと、有咲りみりん、話がよく分からないけど……」

 有咲とりみの会話に置いてかれている三人。香澄が二人の間に入り聞き出す。

「えっとね、香澄ちゃん。ゲームソフトっていうのは○○専用って動かせるものが決まってるの」

「うん」

「けれどこれは、どれに入れても動いたから、怪しいって有咲ちゃんが言ってるの」

「お、おう、りみ、説明ありがとな」

 りみの分かりやすい説明に納得した三人を見て有咲は感謝の言葉を言う。

「とにかく、遊んでみようよ!」

「おまっ! 話聞いてたのかよ!」

 だが香澄はそんな事よりと、言わんばかりに危険な提案を出す。

「香澄……ゲーム機ぶっ壊れたら、マジで弁償させるからな……!」

 有咲は言いだしっぺの香澄に恨み節を放ちつつ立ち上がり、ゲーム機を取りに行こうとした。

「私も手伝うよ」

「ああ、ありがとな」

 彼女の後を追って沙綾も立ち上がり、二人は地下から出て行った。

 数分後、ブラウン管テレビと旧型のゲーム機を持って地下に戻ってくる。

 電源コードを挿す、機器とテレビをつなげる、ソフトを入れる、必要な動作を終え、テレビ前に座る有咲が後ろを振り向て四人に聞く。

「じゃあ、動かすぞ」

 機器の起動ボタンを押すと、ブォンと一回鳴ると、テレビ画面に五つの絵が表示された。それを見たりみは早速聞き出す。

「ここから先はやった事ないの?」

「ああ」

 有咲はりみの質問を答え、一行は五つの絵をまじまじと見つめる。

「にしても色々あるな」

 有咲は十字キーを押して、カーソルが指したものを音読していく。

「刃ISSEN、アニマルファンタジー、喧道、バイオパニック……」

「え!? バイパニがあるの!?」

「え……あれあるの……」

 うち一つのゲームに目の色を変えるりみに対して顔を引きつらせる香澄。

「めっちゃいい! 有咲ちゃん、先にこれやっていい⁉」

「お、おう……」

 りみの豹変に若干引きつつ、有咲はりみにコントローラーを渡した。

「ありがとう! それじゃあ最初は私が遊ぶね!」

 コントローラーを手にしたりみは早速、決定ボタンを押し、画面を進める。

『参加人数を選んで下さい』

「皆も遊ぶ?」

 画面の指示に対し、りみは皆に声を掛ける。

「私は見てるだけでいいかな」

「ゴメンりみりん、私はパス!」

「私も、最初は見てるだけ」

 沙綾、香澄、たえの反応を見て、りみは有咲に声を掛ける。

「有咲ちゃんは?」

「私もパス、プレステの様子を見ないといけないからな……」

「そっか……」

 りみは少し寂しそうに一人を選んだ。

『ジョブを選んでください』

 画面には次の指示と、その文章の下には八人の人影が並んでいる。

「ジョブ?」

「職業の事だよ」

「それでりみ、ジョブはどれにするんだ?」

「うーん……この一般人にしようかな?」

 りみの思わぬ選択に三人が、それぞれ意見を出す。 

「一般人? 警察官が絶対に頼もしいよ!」

「災害が起きた場所が舞台でしょ? だったら、医師がいいじゃないかな?」

「りみ、配管工だよ配管工」

「でも、ここに書かれている特性っていうのが気になって……」

「けれど、性能がね……」

 沙綾が不安そうにしているが、りみは一般人を選んだ。

『これで、よろしいですか?』

 だが、たえはある事に納得がいかず食い下がる。

「りみ、やっぱり今から配管工に選び直したほうが……」

「おめーはどんだけ配管工を推すんだよ!」

 たえの熱い配管工推しについに叫ぶ有咲。

「あはは……配管工は今度にしようかな……」

 りみは笑いながら、やんわり断り決定ボタンを押した。

「うわぁ!」

 次の瞬間、テレビから閃光が放たれ、思わず五人は目を伏せる。

「え⁉」

 その時、りみの体が指先から粒子化し始めていた。

「な、何これ⁉ 皆!」

「りみりん!」

「た、助け……」

 最後の一文字が出る前に頭から足までが粒子となってテレビの中へと吸い込まれていった。



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。