【RTA】IS/一夏撃破ルート【習作】 (青いカンテラ)
しおりを挟む

ISRTA/一夏撃破ルート【part2】

【ご視聴にあたってのご注意。】

●雑編集
●ガバチャート
●ガバ語録
●(淫夢要素は)ないです。


 はーい、よーいスタート。(棒読み)

 

 入学前の行動partは先駆者兄貴のチャートチラ見して(はぁと)なRTA、はっじまっるよー!

 

 もう始まってる!(裏声)

 

 

 

 はい。

 というわけで諸事情からお蔵入りしたpart1をすっ飛ばして、part2始めていきとうございます。

 ……えっ、いま別システムのRTA中だろって? こまけぇこたぁいいんだよ! ……冗談です唐突にリア充ワンサマーくんを爆(さつ)したくなったんです許してください! 何度でも許してください!

 

 ……よし。これで許してくれるやろ。(慢心)

 

 入学前のpartでは操作ガバで山田てんてーにボコボコのボコにされた『八月一日(ほづみ)智也(ともや)』こと『ほも』くんでしたが、結果的に千冬てんてー絡みのイベントを1つスキップできたので問題ありません。ここからガバ無しで一夏くんを爆☆札できれば私が最速ですからね。(ガバが無いとは言ってない)

 

 そんなわけで無事IS学園に入学したほもくんですが、早速の運ゲーリセットポイントが彼を襲います。そう、クラス分けです。本RTAでは一夏くんと戦えなければお話にならないため、1組以外を引いたら即リセットです。1組以外のクラスはフヨウラ!(334敗)

 

 さて、運命のクラス分けは……? 1年……1組! や っ た ぜ !(野太い歓喜の声)

 

 席は一夏くんの後ろ、中央列の2番目ですね。世界に二人しかいないIS適性を持つ男子ということで、クラスメイトたちがチラチラ見てきますがタイムに影響はないので担任の先生が来るのを待ちましょう。前の席の一夏くんが何やらもぞもぞしていますが、トイレに行きたくなったのかな?(すっとぼけ)

 

 初日はスキップ不可の激長イベント、自己紹介イベントが発生します。こちらは順番が回ってくるまでに一クラスの約半分、実に20人分もの自己紹介を聞かなければいけないというハイパーイライラタイムとなっており、さらに一夏くんの番では唐突に始まる千冬てんてーとの姉弟コントを見せつけられます。そんなの見せなくていいから。(良心)

 

 まあIS学園ではコマ限界までIS関連授業をするために初日から授業があるんですけどね、初見さん。まさに隙を生じぬ二段構えのハイパーイライラタイム。

 授業の内容自体は参考書をしっかりと読み込んでおけば大丈夫ですが、事前知識Zeroの場合は放課後の特別補習という強制イベントが発生します。なので入学前にしっかりと内容を頭に叩き込んでおきましょうね。(1敗)

 

 たまに一夏くんが「俺にも勉強を教えてくれよ~」と言ってきますが、彼の勉強に割く時間など皆無なので断わりましょう。間違えて「勉強を教える」方の選択肢を選ぶとロス確定かつ一夏くん強化に繋がってしまうのでリセです。(2敗)

 

 あとは特にこれといったイベントもないので、3時間目まで4倍速で加速します。金髪縦ロールの女子(セシリア)は一夏くんがいい感じに|ヘイト稼ぎをしてくれるので、適当に受け答えしていれば時間切れでさっさと退いてくれます。

 

 ―――クラス対抗戦に出る代表者を決めないといけないな。

 

 1組所属になった場合初日に発生する確定イベント、クラス代表者決めが始まりましたね。千冬てんてーの説明が終わったタイミングで挙手し、クラス代表者の候補として一夏くんの名前を出しておきます。こうすることで一夏くんからの推薦を得ることができ、クラスメイト数人が一夏くんを推薦後に立候補するよりも話が速く進みます。

 

 ―――待ってください、納得がいきませんわ!

 

 男子二人の名前が挙がると先ほどの休み時間に一夏くん(とほもくん)に絡んでいた金髪縦ロールのチョロインセシリア・オルコットが不満をあらわにします。彼女はイギリスの代表候補性であり、男を毛嫌いしているホモの敵です。彼女が男を毛嫌いしている理由は両親にあったりなかったりしますがタイムには関係ないので……いいか、どうでも。

 セシリアは放っておくと長台詞を喋った挙句一夏くんとひと悶着起こすので、一つ目の台詞が終わったあたりですかさずISバトォを申し込みます。ちなみに言うに任せていると極東のサルだのなんだのというトンデモ発言が飛び出します。候補生とはいえ、一国の代表が人種差別発言はマズいですよ! この発言を録音して本国に送り付けたら愉快なことになりそうですが、今回はほもくんが事前に阻止したので何も問題ありませんね。

 

 ホモを見下しているセシリアは当然挑発してきますが、相手をするだけ無駄無駄無駄ァッ! なので一切取り合わずに一夏くんと千冬てんてーにも話を振って同意を得ます。こうすることで普通にイベントを消化するよりも2分半近くも短縮できます。(タイム短縮できて)Foo↑気持ちぃ~。

 

 ―――ハンデはどれくらいつける?

 

 は?(困惑)

 

 ちょっと待って。一夏くんいきなり何言ってんの?

 

 ―――いや、俺たちがどのくらいハンデつけたらいいのかなーと。

 

 あのさあ……。せっかく話がまとまってたのに余計なこと言ってんじゃねえよ、リア充ワンサマーのくせによぉ! あーもうめちゃくちゃだよ。

 

 最後にちょっとしたハプニング(ガバ)がありましたが、ここまでいいタイムで来ているので続行します。

 放課後になったら訓練所に向かいます。机でうなだれている一夏くんが何か言ってきても無視しましょう。余計なことをしくさる人間の屑と交わす言葉など無いのでね。途中でモブの妨害に逢いますが、出現位置は決まっているので精神的動揺による操作ミスがない限りはキャンディーを舐めながらだって抜けられます。(抜けられるとは言ってない)

 

 訓練所につきましたら千冬てんてー名義の使用許可証を使い訓練機を借ります。期間は来週のクラス代表決定戦に合わせて1週間ほどあれば十分ですが、念のため2週間ほど借りておきます。ここで選ぶのは積載量に余裕のあるラファール一択です。

 

 ラファールことラファール・リヴァイヴはフランス産の第二世代型ISで、同じく学園で訓練機として使われている打鉄(うちがね)よりも機動性、運動性に優れ、多種多様な武装を搭載できる傑作汎用機です。ラファールの特に優れているところは、機体各部にハードポイントや汎用銃架が設けられているという点です。これによりIS用武器や既存兵器を外付けで搭載できるだけでなく、拡張領域(バススロット)に予備弾薬や武装を追加することで大火力を運用することができます。飛翔する武器庫の名は伊達じゃない。

 

 通常プレイでもその積載量にものを言わせての引き撃ちが非常に強力で、シャルロット&ラウラの金銀コンビ以外の代表候補性相手なら完封も可能です。弾幕ゲーでシャルロット=サンに勝てるわけないだろ! いい加減にしろ!

 

 一方打鉄は高い防御力と接近戦向けに組まれた専用OSがウリですが、IS用の武装しか装備できず拡張領域(バススロット)もラファールの半分以下なので、本RTAにおいて防御力しか取り柄のないただの案山子打鉄を優先する理由はないです。

 

 さて訓練機を借りたら早速訓練に打ち込みましょう。来週に控えたクラス代表決定戦までとにかく時間が無いので、1秒も無駄にはできません。対一夏くん戦を想定しての近距離訓練と射撃訓練をスタミナが切れるまでみっちりと行います。

 たまに千冬てんてーか山田先生が様子を見にきますが訓練中は応対してる暇はないので流しましょう。休憩中にやってきた場合は軽く雑談をしておきます。特に山田先生は同じラファール使いのよしみでアドバイスをくれます。山田先生にアドバイスを貰うと射撃と回避のステータスに若干の補正が掛かるのでうま味です。

 

 訓練所の時間が来たら寮に移動します。男子ルートを選ぶともう一人のIS適性を持つ男子である一夏くんと相部屋に……はなりません。一夏くんは女子との相部屋、ほもくんには一人部屋があてがわれます。普通男は男同士、女は女同士で部屋割りをすると思うのですが……一夏くんとほもくんが同じ部屋だと何か不都合があるんですかね?(すっとぼけ)

 

 まあ、RTA的にはルームメイト絡みのイベントが回避できるので一人部屋はありがたいのですが。

 ちなみに男子ルートの場合、初日に限り裸エプロン(水着着用)の更識楯無が部屋で待ち構えていることがあります。健全なノンケ兄貴にとってはドキドキワクワクなイベントだと思いますが、ほもくんはホモなのでメスの色仕掛けは通用しません。むしろ楯無が部屋にいると時間を取られるのでタイム的にもまず味です。本RTAでは楯無の好感度を稼ぐ意味が皆無なので、完全におジャマキャラでしかありません。

 

 男子ルート初日に楯無がほもくんの部屋に不法侵入してくる可能性は約70%と高めですが、運命力が足りていれば十分回避可能な数値です。祈りましょう。

 

 さて今回は……ほっ、楯無は侵入していませんでしたね。侵入していたら千冬てんてーを召喚して撃退しようかと考えていましたが、その必要もありませんでした。へっ、甘ちゃんが。

 というわけで初日最後のイベントも無事回避したので、あとはクラス代表決定戦まで先駆者兄貴のチャートに倣い早寝早起きを心掛けます。規則正しい生活を送るホモの鑑がこの野郎……。二日目以降はクラス代表決定戦までトレーニングと放課後訓練漬けの日々を過ごすだけなので、17倍速で飛ばしていきましょう。

 

 

 

 (ホモ、猶予期間(モラトリアム)を17倍速で垂れ流し中)

 

 

 

 ん?

 

 なぜ等倍に戻す必要があるんですか。

 

 ―――ほづみん、今日もお弁当~?

 

 おっと、ほもくんに話しかけてきたのは通称『のほほんさん』こと布仏本音ちゃんですね。彼女はそのほんわかとした性格からサブヒロインの中でもとりわけ人気が高く、その人気っぷりはメインヒロイン以外で唯一専用ルートが作られるほどです。

 

 ―――おぉ~、今日のお弁当も美味しそう~。ねえねえ、一つもらってもいーい?

 

 ―――あー、んむ……。んん~! タコさんウインナー美味しい~。

 

 ―――私からお返しのアンパンだよ~。はーい、ほづみん、あーん。

 

 ……。

 

 なにやってんだほもぉぉぉ!(走者魂の叫び)

 

 失礼、まさかの青春イベントに取り乱してしまいました。のほほんさんはKA☆WA☆I☆Iって、はっきりわかんだね。あ゛ぁ゛~、のほほんさんに浄化されてノンケになる~。

 

 

 

 やってまいりましたクラス代表決定戦当日。いよいよ本RTAも終盤。まさに大詰めでございます。早速一夏くんと戦いたいところですが、彼の専用機は遅れているためまだ到着していません。一試合した後でなければ永遠に到着しないので先にイギリスのチョロインセシリアと戦うことになります。

 

 セシリアは専用機『ブルー・ティアーズ』を持っており、中~遠距離の射撃戦を得意としています。逆に近接戦闘は苦手なので、懐に飛び込んでしまえば一方的な試合運びをすることも難しくはありません。

 とはいえ今回のチャートでは彼女に勝つ必要はないです。むしろ負けた方が結果的には早いので、積極的に負けに行きます。こちらの使用機体は安心と信頼のラファール。武器は何でもいいですが、カーソルを動かす手間が無いので一番上のアサルトライフルを選びます。

 

 第一試合、セシリア・オルコット戦。おっすおねがいしまーす。

 

 試合開始のブザーがなると同時にセシリアがブルー・ティアーズのメイン武装である『スターライトMkⅢ』による先制攻撃をしてきます。

 最初の一発はわざと肩や脚といった部位を狙ってくるので、ロックオンアラートが鳴ると同時に機体を動かし絶対防御が発動する部位に攻撃が当たるようにします。この時、突然のアラートに驚いて操作ガバをしたように見せかけましょう。

 

 あとはアサルトライフルで適度に反撃しつつ、スラスター狙いの攻撃以外は絶対防御で受けるように動いて自機のエネルギーをガンガン減らしていきます。セシリアは早々に決着をつけないとタイムもISもボロボロにしてくる人間の屑なので、絶対防御が発動する頭や胴体で積極的に攻撃を受けに行きましょう。

 

 最後の一撃は、切ない。というわけでセシリア戦に掛かったタイムは3分45秒。ちょっと長引いたんとちゃう? まま、ええわ。ほもくんが負けたことでセシリアに嫌味を言われますが、タイムには全く影響しないので聞き流します。本命は次の試合で戦う一夏くんだからね、しょうがないね。

 

 ほもくんがピットに戻ると一夏くんの専用機『白式』が到着し、初期化(フォーマット)最適化(フィッティング)の真っ最中であることが知らされます。これらの処理が終わるまでは時間が掛かるので、すぐにピットを移動し待ち時間を利用して対一夏くん戦用に武装を変更しておきましょう。

 

 ラファールには前述したとおり、機体各部に武装を外付けできるハードポイントが設けられているので、そこにミサイルランチャー、連動ミサイル、多連装ロケット砲、カウンターガンなどの武装を載せていきます。拡張領域(バススロット)には予備の弾薬を忘れずに詰めておきましょう。(1敗)

 

 散弾バズーカを両手に持ったら……準備、完了です。あとはセシリア戦で消耗したエネルギーをねっとりと充填しながら次の試合が始まるのを待ちます。

 

 ……。

 

 すいませ~ん、八月一日ですけど~。まーだ時間かかり

 

 あ、向こうの準備も整ったようですね。それでは本RTA最後の戦い、イクゾー。(デッデッデデデデ、カーン)

 

 さて、一夏くんとの試合ですが彼はセシリアとは逆に接近戦を得意とします。というか彼の専用機『白式』が近接ブレード1本縛りという頭のおかしい漢気溢れる超特化仕様なので、結果として接近戦しか選択肢がない状態です。

 とはいえ白式の機体性能は訓練機よりもかなり高く、ISシロウトだと思ってうっかりしていると性能の差にものを言わせてボコボコにされます。世の中には通常仕様の打鉄で真正面から切り捨てゴーメンする猛者もいるようですが、私には無理なので安定を取って爆札することにしました。そのためのミサイル、あとそのためのロケット砲。

 

 まず試合開始と同時に全力で後退。接近戦一択の一夏くんは当然開幕凸ってくるのでその顔面に散弾をたっぷりお見舞いしてやりましょう。これが代表候補生なら「散弾ではなあ!」と気にせず突っ込んでくるのですが、一夏くんはISに乗りたてほやほやのシロウトなので正面から攻撃すると怯んで動きが鈍ります。動きが鈍ったらすかさずミサイルとロケット砲を全弾叩きこんでやりましょう。連動ミサイルもおまけしてやるわ!

 

 訓練機程度ならエネルギー全損か物理ダメージによる動作不良で戦闘続行不能まで持っていけるのですが、専用機だと耐久値(シールドエネルギー)の半分を削れればいい方です。専用機堅すぎぃ! 相手の動きがないうちに撃ち切ったミサイルとロケットを再装填して煙が晴れるのを待ちましょう。距離を取っておくのもお忘れなく。その場でぼけっとしていると一気に近づかれて氏にます。(1敗)

 

 煙が晴れて一夏くんが何やらキリッとした表情をしていると耐久値(シールドエネルギー)が50%を切っている証です。ここからは白式の単一仕様能力(ワンオフアビリティー)である『零落白夜』通称ホモコロリを使ってきます。

 この能力は簡単に言いますと『攻撃時に相手の絶対防御が発動した場合、エネルギー消費量を通常の3倍にする』というインチキ能力です。ふざけんな!(迫真) 当然訓練機では一撃貰っただけで即氏なので先っちょだろうと受けるわけにはいきません。零落白夜(ホモコロリ)を使う動作が見えたら全力でかわしましょう。かわせなければ氏ゾ。(5敗)

 

 一応零落白夜(ホモコロリ)には発動中常に自分のエネルギーを消耗するというデメリットがあるのですが、基本的に発動=即氏の危険性があるので心臓がいくつあっても足りません。

 

 というわけで一夏くん戦後半の戦い方ですが、徹底的に引き撃ちします。接近戦は向こうの独壇場なので、とにかく距離を置いてミサイルやロケットで耐久値(シールドエネルギー)を削ることだけを考えます。ミサイルはたまに切り払いをしてきますが、その時に一瞬動きが止まるのでロケット砲かバズーカを叩きこみます。カウンターガンは接近された時の保険です。

 

 ……。

 

 ………。

 

 最後の一撃くれてやるよほら!

 

 工事、完了です……。途中まさかの瞬時加速(イグニッション・ブースト)で距離を詰められたときは心臓が爆散しましたが、一夏くんのSE(シールドエネルギー)をゼロにできたので問題ありません。ほもくんの勝利を告げるアナウンスが流れた瞬間にタイマーストップ。

 

 さて完走した感想ですが。(激ウマギャグ)

 

 ちょくちょくガバはありましたが、のほほんさんがかわいかったので良しとします。

 それでは本RTAはこれにて終了となります。よければ皆さんも走ってみてください。俺もやったんだからさ。




私は一夏くんのことは好きです。それだけは最後に伝えたかった。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

【再】ISRTA/一夏撃破ルート【走】

マギアレコード第2部が始まったので再走です。

【ご視聴にあたってのご注意。】

●雑編集
●ガバチャート
●ガバ口調


 ―――出茶番

 

「ほな、再走しよか」

 

「で、できません! 私の仕事は、ゼロ魔RTAを完走することだから……!」

 

「ちゃうで? あんたの仕事は、RTAを通してウチのかわいさを布教することや」

 

「うわぁぁぁ!」(アカネチャンカワイイ.netに接続)

 

 

 

「はーい、よーいスタート(棒読み)」

 

「一人目の男子を炎のにおいでむせさせるRTA、再走編はーじまーるよー!」

 

「もう始まってる!」(葵ちゃんの声真似)

 

 

 

「はい。というわけで……アカネチャンカワイイ単発RTA動画を見ていたら再走したくなったので再走するで。

 ゼロ魔RTAの続きはもうちょっと待っててな? アカネちゃんのかわいさに免じて堪忍してや」

 

「さて今回のレギュレーションやけど、再走ということで前回のレギュレーションと大体同じやけどいくつか変更点があるよ。

 まずはキャラメイク。男の娘キャラやのーて、陰のあるイケメンキャラを作るで。男の娘でもええねんけど、最初のリセマラはイケメンの方が気持ち楽やからね。

 次に特撮知識の詰め込みはやめます。今回のチャートやと簪ちゃんとのフラグを立てへんから、特撮知識を詰め込んでも無駄になってしまうからな。別レギュで走るならチャートもちゃーんと変えておかんとな。みんなも気を付けてな」

 

「計測区間は『はじめから』を選んだ瞬間にタイマースタート。クラス代表決定戦でワンサマとの試合で『YOU WIN』の文字が表示されたと同時にタイマーストップ。

 本レギュでの禁止事項は『転生による経験値の持ち越し』と『専用機の持ち込み』の二つ。転生で強くてニューゲームはやり始めるとキリ無いから、本RTAでは基本的に縛らせてもらうで」

 

「ルートは男子と女子の二つがあるけど、それぞれタイムを取るなら女子、安定を取るなら男子ルートという違いがあるで。男子ルートを走るメリットは、ステータスを強化できるトレーニングが入学前に解禁されることと、恋愛クソ雑魚脳筋女千冬せんせとの接点ができることや。

 千冬せんせの好感度を稼ぐことで、入学後に訓練機貸し出しの難易度がぐぐーんと下がるのもうま(あじ)やな。入学前のアレコレがある分だけ女子ルートよりは遅くなるけど、ウチは安定を取って男子ルートを選ぶで」

 

「前置きはこのくらいにして走ろか。タイトル画面で『はじめから』を選ぶと同時にタイマースタート。

 性別は男、名前は入力速度を考慮して……『八月一日(ほづみ)智也(ともや)』のままでええか。次にキャラメイクやけど、今回は初期値でいいのを引けたから外見にポイントを少し振ったら後はスタミナに全ツッパや。他のステータス? そんなものトレーニングで上げるから無問題やで」

 

「出生は本RTAでも『一般家庭』がいいと思てたけど……独自な調査の結果、『大企業の息子(娘)』か『政治家の息子(娘)』の方がクラス分けで1年1組を引きやすいことが判明したで。具体的には10回に1回くらいの割合で1組を引けます。……事前の調査は面倒くさがらずにしっかりとせんとあかんな。要反省や」

 

「気を取り直して、今回は『政治家の息子』を選びます。誤差レヴェルやけど、こっちの方が1組を引ける確率が上がるからな。ほんまに誤差レヴェルやけど」

 

「キャラメイクが終わったら前日譚(プロローグ)の始まりや。ちなみにこ↑こ↓に短縮要素は……ないです。はぁー、つっかえ! やめたら? このプロローグ」

 

「いや、まあ、ほんまに無くされると困るんやけどな……。画面では「俺はどこにでもいるごく普通の政治家の息子……」とか八月一日(ほも)くんがモノローグしてるけど、どこにでもいる政治家の息子ってなんやねん。政治家の息子の時点でごく普通やないわ」

 

「ツッコミどころ満載のモノローグが終わったら、いよいよ千冬せんせとの初顔合わせや。

 政治家の息子とはいえ……いや、政治家の息子だからこそ、IS適性を持つ二人目の男子という事実にマスコミは猛烈な食いつきを見せる。

 そんなわけで、千冬せんせとの会話イベントでは疲れ切っている風を装いつつしっかりと好感度を稼いでいくで。外見補正も含めればこの会話イベントだけでも好感度をかなり稼げるけど、慢心は綻びを生むから言葉選びには気を遣おうな」(3敗)

 

「会話イベントが終わったら早速行動開始や。といってもやることはスタミナが切れるまでトレーニングして、休憩しつつ勉強を繰り返すだけやからな。見所さんもいないから入学まで19倍速で飛ばそうか」

 

 

 

 ―――琴葉姉疾走中―――

 

 

 

「ほい! というわけで、入学式当日や。入学試験では山田先生にボコボコのボコにされたけど、結果的にイベントを1つスキップできたから無問題やな。あのおっぱいメガネさん強すぎるねん」

 

「まま、入学試験に負けても入学自体はできるから死に物狂いで勝ちに行く必要がないのはええけどな。……とはいえ、運ゲーの魔物は入学後に待ち構えとる。……そう、運命のクラス分け確認の時間や! 狙うは1年1組ただ一つ。それ以外は全てリセットの闇に呑まれて消えていくで」(17敗)

 

「頼むで、クラス分け……! 1組以外はイヤや、1組以外はイヤや、1組以外はイヤや、1組以外は……お? おお、1年1組! や っ た ぜ !

 

「ま、アカネちゃんにかかればざっとこんなもんやな。本RTA最大の運ゲーにも勝ったし、後はさくっとワンサマを倒すだけやな(慢心)」

 

「席はワンサマの後ろで固定やから迷わずまっすぐ行こうな。軽くでいいから挨拶をしておくと、副担任の山田先生が来るのが少し早くなるで」

 

「山田先生が来たら自己紹介イベントが起こるで。実はこのイベント、長らくスキップ不可のハイパーイライラタイムだと思うとった。でもな、独自の調査の結果特殊コマンドの『居眠り』を使うことで丸々スキップできるんよ。この世紀の大発見により、かなりのタイム短縮が見込めるようになったんやで。……もっと早くに見つけていればと悔やまれるけど、言うてもしゃーないから切り替えていこか」

 

「山田先生が「自己紹介をしましょう」と言い終わると同時に居眠り開始。するとイベントがスキップされてワンサマと千冬せんせの姉弟コントが始まるで。そんなの見せなくていいから(良心)」

 

「さて、コントを見終えたら早速授業に入るで。さすがに居眠りでやり過ごすことはできんから授業は真面目に受けるで。千冬せんせが教室の後ろで出席簿片手に目を光らせてるからな。怖いな」

 

「授業の合間の休憩時間は昼休憩を除いて全部寝て過ごすで。前回のRTAでは予習復習の時間に充ててた。せやけど思ったような効果が得られんかったし、何よりワンサマや他のクラスメイトに絡まれるリスクもあった。そこで熟考に熟考を重ねた結果……思い切ってタイムを取って寝て過ごすことにしたで。どうせクラス代表決定戦までの付き合いやしな……まま、ええやろ」

 

「三時間目の始めに千冬せんせがクラス代表の話をするから、説明が終わったタイミングで挙手してワンサマの名を出しておくで。この方がクラスメイトたちがワンサマを推薦するよりも早いからな。仕方ないな」

 

 ―――待ってください、納得がいきませんわ!

 

「やられたらやり返す、倍返しだ! とワンサマから推薦を受けるとチョロインの一人セシリア・オルコットが立ち上がるで。実力的には自分がクラス代表になるのが当然だのなんだの言うてるけど、千冬せんせは自薦他薦は問わない言うてたし、実力に自信ネキなら立候補すればよかったのにな」

 

「とりあえずセシリアは放っておくと話が長くなるから、さっさと割り込んでISバトルを申し込んどこか。挑発されても相手するだけ無駄やからワンサマと千冬せんせに話を振って同意を得ます。……はい。千冬せんせがちゃちゃっと締めてくれました。ワンサマも余計なこと言わんかったし、いい流れが来てるみたいやな」

 

「放課後になったら訓練所に向かうで。出現位置の決まってるモブの妨害なんて、アカネちゃんなら目をつむってても超余裕で回避でき「お姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃんお姉ちゃん」(ポチ)」

 

「訓練所に着いたら千冬せんせに名前借りた使用許可証を使うで。借りる訓練機はラファール一択。借りる期間は余裕をもって2週間くらいやな。ラファールと打鉄(うちがね)の違いは前回を見てや」

 

「訓練内容やけど、近距離訓練はせずに射撃訓練だけをみっちりやり込むで。前回は対ワンサマを想定して近距離訓練もしてたけど、実はあまり意味なかったんや。近距離捨ててるのに近距離訓練するとかいう、意味わからん行動してたってことやな」

 

「訓練中に山田先生が来たらアドバイスが貰えてうま味やで。まあほとんど来るのは千冬せんせやから、来たのが山田先生ならラッキー! くらいに思うとったほうがええよ。トキワの森でピ〇チュウを探すくらいにはレアやからな」

 

「みっちり訓練をしたら寮に移動するで。男子ルートだと初日に生徒会長である更識(さらしき)楯無(たてなし)が部屋で待ち構えていることがあるけど、実は出生が『政治家の息子』の場合は出てこないんや。なーんで、出てこんのやろな?(すっとぼけ)」

 

「夕食を取ったら明日の予習と就寝前のストレッチをしておやすみなさいや。あとはクラス代表決定戦まで規則正しい学生生活を繰り返すだけやから、19倍速で試合当日まで飛ばすで」

 

 

 

 ―――琴葉姉猶予期間(モラトリアム)を19倍速で疾走中―――

 

 

 

「……と思うたけど、倍速画面だけやと見ている人も暇やと思う。なーのーでー、みなさまのために~……」(ねっとりヴォイス)

 

「こんな動画をご用意しました~」

 

 (お好きな琴葉姉妹動画をご視聴ください。)

 

 

 

「アカネチャンカワイイって言って?」

 

「ほいほい。というわけで試合当日や。ここまでいい感じに来れてるから大ポカをやらかさん限りは記録更できるな(慢心)」

 

「そんなわけでまず一戦目の相手はセシリアやな。戦い方は前回と同じ。絶対防御を発動させてがんがんSE(シールドエネルギー)を消耗していくで。勝ちを狙いに行くこともできないことはないけど、本命でない以上は負けた方が早いからな」

 

「試合開始と同時に飛んでくる先制攻撃を絶対防御(ライフ)で受ける。あとはアサルトライフルをばら撒きながら、スラスター狙いの攻撃以外は絶対防御で受けるように動くで」

 

「……」

 

「……」

 

「……」

 

「スラスター狙いの攻撃を止めろ! 繰り返す、スラスター狙いの攻撃を止めろ! だからスラスターを執拗に狙いにくるのやめーや!」

 

「ハァ……ハァ……。きょ、今日はこのくらいで勘弁しとこうか。結局前回の倍以上時間かかったけど、ワンサマ戦をさくっと終わらせればまだまだ巻き返せるから続行や」

 

「ピットに戻ってワンサマの専用機『白式』が到着しているのを確認したらすぐに反対側のピットに移動するで。

 ワンサマとの試合で使う武器は前回と同じくミサイルランチャー、連動ミサイル、多連装ロケット砲、カウンターガン、散弾バズーカ等々。ただしロケット弾だけは普通のやつじゃなくて焼夷ロケット弾に変えておくで。焼夷弾は炎上ダメージを与えることでより効率的にSE(シールドエネルギー)を削れるんや」

 

拡張領域(バススロット)に予備の弾薬を詰めたら……準備完了やな。セシリア戦で消耗したエネルギーを充填しながら、ワンサマの準備が整うのを待つだけや」

 

「……」

 

「……」

 

「……」

 

「待つだけなんも暇やなあ。せっかくやし上映会でも……。お、向こうの準備も終わったみたいやな。ほないこか」

 

「デッデッデデデデ、カーン!」(葵ちゃんの声真似)

 

「ワンサマ戦はとにかく引き撃ちを徹底。近づかれたらズンバラリンされて一巻の終わりやからな。あと一応瞬時加速(イグニッション・ブースト)を警戒して直線状に居続けないように気を付けるで。距離詰められたら氏ぬからな」

 

「試合開始と同時に全力で後退しつつバズーカを発射。ワンサマが怯んで動きを止めたらすかさず全弾発射。このコンビネーションでワンサマのSE(シールドエネルギー)をごっそり削る。先制攻撃で大ダメージを与えとかんとジリープアー(徐々に不利)になるからな」

 

「距離を取りつつ、今のうちにミサイルとロケット弾を再装填しておくで。耐久値(シールドエネルギー)が50%を切るとワンサマは覚悟完了して散弾ぐらいじゃ怯まんようになるからな。怖いな」

 

「煙が晴れてワンサマがキリッとした顔をしてたら第二ラウンド。後半戦の開始やで。試合始まって1分も経ってないのに後半戦っていうのもおかしいと思うかもしれんけど、後半戦は後半戦やからな。考えるな、感じるんや」

 

「そんなわけで後半戦やけど前回も言った通りオワタ式の即氏ゲーや。ワンサマの専用機である白式が持つ単一仕様能力(ワンオフアビリティー)零落白夜(れいらくびゃくや)』。これを一回でも受けたら即リセット。最悪再走まであるRTA頃しの恐ろしい能力や」

 

「これがある以上、白式に接近戦を挑むのは難易度が高い。だから引き撃ちに徹する必要があったんやな。もちろんRTA的には打鉄で削り合いした方が早いねんけどな。ウチには無理やわ」

 

「何はともあれここまで来たらあともうちょっとや。零落白夜で斬られる前にワンサマのSE(シールドエネルギー)をZeroにすればウチの勝ちやからな。気を引き締めていくで」

 

「……」

 

「どうや、カウンターガンの味は。お代わりもあるから遠慮せんでええで」

 

「……」

 

「ちょっと待って、何やねんその機動!? あ、ちょ、やめてこっちこないで! あああぁぁぁ……! へっ、甘ちゃんが……(震え声)」

 

「……」

 

「このタイミングで瞬時加速(イグニッション・ブースト)!? やばいやばいやばいやばい……零落白夜はやめろー! あかんてそれはあかんから! あー! あー! やめてやめてやめて……追い詰められたアカネちゃんはライオンより狂暴やぞ!」

 

「ハァ、ハァ……。『YOU WIN』の文字が表示されたと同時にタイマーストップ」

 

「最後ほぼ自爆やったな。零落白夜使われた時は心臓が9個潰れたけど、勝ちは勝ちやから無問題やな」

 

「完走した感想ですが(激ウマギャグ)」

 

「も う 二 度 と や る か こ ん な R T A」

 

「です。これでも前回の記録を更新できたし、まあええかな」

 

「みんなも興味持ったらRTA走ってみてな。ウチもやったんだからさ」

 

「ウチもやったんだからさ」

 

「 ウ チ も や っ た ん だ か ら さ 」




アカネチャンカワイイって言って?


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。