のび太転生〜もしも俺が野比のび太になったら〜 (オロロギス)
しおりを挟む

退屈な世界からはるばると

※作者は言うほど『ドラえもん』に詳しくないです。面白いひみつ道具が他にありましたら感想欄なので教えていただけるとありがたいです。


皆さんは『ドラえもん』という作品をご存知だろうか

 運動も勉強も何もかもダメダメな主人公、野比のび太が、未来からやってきた猫型ロボット、ドラえもんと出会い、自身のお先真っ暗な未来を打開すべく、ひみつ道具というのび太のいる世界では絶対に存在し得ない、未来の世界で作られたとても夢のある超便利な道具を使ったりして、コミカルな日常を過ごす物語だ。

 最終的にはどうやら、ドラえもんのおかげでのび太は源静香という意中のお相手と結ばれることができ、幸せを手にすることができたようなのだが……俺は正直「物足りなさ」を感じてならない。

 作中では、様々なひみつ道具が出てくるのだが、のび太は勿論のこと、その道具を提供するドラえもんもネジが一本抜けているためか、使い方が「幼稚」なのである。そもそも『ドラえもん』は小学生向けの漫画、このようなことを考えるのはご法度である。しかし、それでも俺は登場するひみつ道具を見ては限りない妄想を膨らませてしまう。

 例えば、もしもボックスだ、「もしも○○な世界になったら」と、電話することで、願った世界に行くことができるものなのだが、もしもの世界にずっといる事は特に問題無く、もしもボックスが破壊されてもその世界に留まり続けることは可能なため、「もしも全て自分に都合の良い世界になったら」と願うことで、理想世界を何の苦労もせずに手に入れられるはずなのだ。そんな世界を作ってしまえばもう後は自由だ、金が欲しければ都合良く手元に金が入るだろう、女が欲しければ都合良く良い女と出会うだろう、世界征服を願えばもちろんそれも実現するだろうし、アニメ・漫画の世界のキャラ達と会いたければ会えるし、その世界に行くこともできる。

 ……とまぁ、このようなことを考えてしまうわけだ。他人には恥ずかしくて絶対には話せまい…。

 

 そんな俺は、退屈な高校生活を送るただの凡人だ、のび太ほど馬鹿ではないが、出来杉ほど天才では無い、そんなつまらない人間だ。

 俺の名前なんて紹介したところで、みんなには何のメリットも無い。のらりくらりとひたすら日々を浪費し続けるような男だからだ。

 

「はぁ、暇だ」

 

 俺の口癖のようなものだ、暇で暇で仕方ない。超常現象の一つや二つ起こってくれたって、俺は構わないのだがなぁ。

 

「早く帰って録画してあるアニメの続きでも見るか……。」

 

 気怠い体を引きずるように、青信号を横断する俺、その時俺は周りの環境に全く関心がいかなかった、異常に気がついたのは、事が終わってからであった。

 

「(え……?)」

 

 俺の体はいつの間にか宙を待っていた、よく分からない、だが、感覚がとてもスローに感じ始めた。ゆっくりと動く世界の中、俺は初めて自分が置かれてた状況に気がついた。居眠りトラック野郎だった。

 

「(轢かれた……?俺が………?)」

 

 痛みは不思議と感じてない、いや、おそらくはもうすぐ伝わって来るのだろう、そして、その痛みが伝わる前に、俺の意識は無くなる……。

 

「(熱い……ぼーっとしてきやがった……)」

 

 そこで、俺の現実での記憶は「終わった。」

 

****

 

「!?」

 

 時間がいつもの再生速度に戻った。覚醒するも、不思議な感覚に捉われた。

 

「体が、怠い……」

 

 気怠さを感じるのはいつものことなのだが……この怠さはいつも以上だな……まぁ、交通事故から覚めた後というのは、こんなもんなんだろうな……?

 

「……いや、ここ、病院じゃないな」

 

 違和感を抱いた。普通、轢かれた人間は病院に搬送されるもんじゃないのか……?ここは……家、なのか?知らない人の家に俺は今、横になっている……。

 

「……知らない……?」

 

 いや、俺は今目の前に広がる風景に、見覚えがあった。

 

「……痛くない、十分に動ける…」

 

 轢かれたのにも関わらず、痛みも包帯も一つも無い体を起こしてみる。

 

「な、なんだこれ……」

 

 違和感のオンパレードだ、自分が想定していた目線よりも低い位置に起き上がった。まるで、自分の背が縮んでしまったように感じられた……。

 

「……いや、いや、感じられたではない……縮んでるんだ………!!」

 

 俺は咄嗟に、今自分がいる部屋の扉を開け、階段を駆け下りた。初めて通る道なはずなのに、やはり俺は見覚えがあった。

 すぐに洗面台へと向かい、鏡の前へ立った。

 

「!!!!!!」

 

 そこには………。

 

 

 

 

 野比のび太がいた。




流れるようなテンプレ展開でした。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

バックトゥザフューチャー

前準備、のび太無双は次辺りからちゃんとやりますのでご了承を


 鏡の前で手を動かすと、目の前ののび太もまた、同じ動きをする。瞬時に理解した。目の前に映っている野比のび太の姿は十中八九、自分の姿なのだろう……。

 

 

「……これは、所謂、「転生」というやつだな」

 

 転生など、そういったものに関しては一応それなりに素養はある。一応軽く説明しておくと、ここで言う転生というのは、自分が異なる世界の住民として生まれ変わる、といったものだ。今回の場合、自分は『ドラえもん』の世界の野比のび太という人間として転生したわけだ。転生にも色々あって、赤ん坊から自我が生まれる場合もあれば、今回のように途中段階から自我が生まれる場合もあるが……そこらへんの説明をしていくと長くなるため、ここらへんでやめておこう。

 

「しかし、本当にこんなことって、あるんだな」

 

 目が輝いていく。退屈だった日々に、鮮やかな色が彩り始めたような想いだ。転生者はほとんどが困惑を覚えるのだが、俺は一切無い、喜び十割だ、なんせ俺が転生してのはあの「野比のび太」だぞ。となると、当然ドラえもんもいて、四次元ポケットもあり、ひみつ道具もある。自分がこれまでに夢見てきた妄想が全て実現できるんだ。そう思うと、体の中心から震えが止まらなくなった。

 

「……さて、まずやることは……周囲の状況把握だな……」

 

 途中段階から転生したとなると、そこまでの過程の記憶は当然無いため、「野比のび太」という人物として違和感無く過ごすためには、十分な情報を得ることが先決だ。

 

 この洗面台に来るまでの過程を思い出す。自分の部屋、リビング、台所には誰一人いなかった。ドラえもんも、父親も母親も都合良く出かけているのだろう。怪しまれずに詮索できるな。

 

 ……っと、詮索パートの過程はぶっちゃけ見ててもつまらんだろうから省くぞ。

 

 

****

 

 

「今日は日曜日、昨日の土曜日にあった野球の試合で、のび太のエラー連発のせいで大敗、ジャイアンは酷く激怒しているようだ、さらにはその前の水木金で全科目のテストが返ってきて、全て0点だったとのこと、散々だな、野比のび太よ……。」

 

 この男のツケを、赤の他人である俺が全て払わないとならんというのは、ちと頭に来るが……夢のためなら、この程度の弊害甘んじて受けてやろうじゃないか。

 

…………

 

…………

 

………いや待てよ、俺は何を言ってるんだ?何故俺は現実の感覚で以ってジャイアンや母親である玉子に絞られようとしてるんだ?そうだ、俺は『ドラえもん』の登場人物なんだ、過去改変なぞお手の物じゃないか

 

 俺は目を自分の勉強机の方へ移した。

 

「テストがあったのは1週間前、そこから遡れば良いのだな」

 

 早速、転生物らしく現代知識を使った無双が始まるわけだ。我ながら大人げないな、小学生のテストを受けるだなんて。まぁ、ともかくこの問題は先に解決しておいた方がいい、ドラえもんは、ジャイアンにボコられてる時はともかく、0点を取って親に怒られてしまった際にはしばらく、あまり助け船を出してくれない、そうなると便利な道具の応用をする段階にすらいけないだろう。

 

「さて、行くか」

 

 引き出しを開けタイムマシンに乗ると、近くに説明書のようなものがあるのを確認した。動かし方が分からないなんていうストレス展開はこんなところではやらぬよ、オールストレスフリー展開でやっていく。(タイムパトロールも、歴史を覆してしまう程の過去改変でないと動かないはずだ、ここも大丈夫。)

 

「さぁ、1週間前へ向かって小防のテストだ!」

 

 そして俺は1週間前へ無事到着し、過去の野比のび太と無事交渉を終え、代わりにテストを受けることになった。過去のび太のバカみたいな満面の笑顔、お前……1週間後には自我が無くなるんだぞ……。

 

 さて、最初は算数のテストか……ん?……小学生の段階で分数?なんか、結構進んでるな……。次の問題はと……「テレビの上にみかんが1つありました。さて、テレビの上にりんごはいくつあるでしょうか?」

 

…………

 

…………

 

…………

 

…………は??????

 

 

****

 

 

 なんとか全教科のテストを終えた、タイムマシンで未来へ戻ると、テスト結果は50~70点台であった、大体平均点付近らしい。

 

……いや、そりゃそうだろ!解けない問題ばっかだったじゃねぇか!フェルマーの最終定理の証明とか小学生にやらせるな!

 

 視線を横に移すと、成績上位者発表の紙があった。野比のび太は真ん中くらいだ。………真ん中?高校生の俺が、あのクラスの半分以上の小学生に知能で負けた……?てか出木杉よ、お前全教科100点て………。

 

 と、とりあえず、玉子の叱責は何とか免れることに成功した。残るはジャイアンの暴行だ……。これは流石に、ドラえもんの手を借りることはできるだろう……多分。




出木杉って何者だよ


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ジャイアン死んじゃいやん

転生物定番の無双回

……無双…?


 さて、ジャイアン対策としてひみつ道具を使うことになる予定なのだが、ここで少し考えてみよう。俺はドラえもんの出した道具で、めちゃくちゃヤバイ道具は一通り覚えてる……はず、例えば、「ソノウソホント」というひみつ道具がある、この道具は、口に装着する道具で、喋った嘘が全て本当の出来事になるという、神羅万象を覆してしまうほどのチート道具なのだ、ドラえもんと出会って、ソノウソホントが欲しいといえば、おそらくは出してくれるはず……しかし、それだけでジャイアンの脅威を乗り越え、この世界を支配し、さらには全ての次元をも支配することすらも容易になってしまう。そうなると、俺が期待した彩のある夢の世界は、徐々に曇りがかっていき、最後にはまた灰色の世界に戻ってしまうかもしれない……全知全能の最強の存在でい続けることは、きっと俺に、別の意味で退屈な日々を送らせることになってしまうはずだ、そうなってしまっては俺がこの世界に転生してきた意味は無い。俺が欲しいのは何だ?きっとそれは、「刺激」だ、そして「冒険」だ!夢のある楽しい世界を維持し続けるためには……「縛りプレイ」のようなものをする必要があるな。

 例えばだ、上に例として挙げた「ソノウソホント」など、あまりにもチートすぎる道具はなるべく使わないことにしよう、あと、俺は予定としては他のアニメや漫画の世界へ冒険するというのがあるが、その際、その世界にある特殊能力などは自分には一切付加させないようにしよう、あくまでひみつ道具のみで全ての壁を越えていくという形にした方がスリリングも期待できるはずだ……多分。

 

「ただまぁ……。」

 

 自分の体を見下ろす。

 

 貧弱な体、これはさすがに縛り過ぎだ、昔の俺でももう少し軽やかに動けたはずだぞ……?もう疲れを感じる。さすがは野比のび太の体だな……こんなハンディキャップを背負ってあの男はよくもまぁ劇場版などで大冒険が出来たものだ……全くもって感心してしまうよ。

 

「とりあえず、身体能力の向上は目指そう。ランニングや筋トレせずに身体能力を上げる道具、何かあったかな……?」

 

 よし、ドラえもんに会ったらそういった事ができる道具を出してくれるように頼もう。大冒険するうえでは、素でジャイアンに余裕で勝てるくらいの力が無いと他世界に行った時に不安が残る。例えば、ひみつ道具が何らかの形で全て剥奪され、手ぶらで行動しなくてはいけなくなった時、素手でもそれなりに出来る事が無くては、俺ののび太人生はジ・エンドだ。

 

 その時、すぐ後ろにある窓の開く音が聞こえた。

 

 瞬時に理解した。今、俺の後ろに来たのは、ドラえもんだ!絶対そうだ。そう思った途端、心臓の鼓動が一段と速くなった。俺は、これからあのドラえもんと会話することができるんだ。ワクワクが止まらない。早く会いに行こう。生のドラえもん、生のひみつ道具!

 ……おっと、その前に、俺は野比のび太であるということをちゃんと自覚しなければなるまい。いくら見た目が100%純粋な野比のび太であっても、中身は全く別人だからな。もしそれがドラえもんに感づかれてしまった場合、俺は一体どうなるだろうか……正直、想像できない。少なくとも、俺の夢あるライフは実現できなくなるであろう。中身を何らかの方法で、強制的に元の野比のび太になり、良くて俺の自我は元の自分の体に戻る、最悪の場合は……その場で消滅だな。どの道、そんな結末だけは避けたい。

 

「……緊張してくるな」

 

 さっきまでドラえもんに会うことに興奮していたはずなのに、今となってはもう恐怖の対象でしかない。この場を凌ぐためには、今は野比のび太に徹するしかない。俺はのび太だ、野比のび太……ダメダメな野比のび太なんだ……!そうだ、うまいことドラえもんを煽てれば、便利で不思議なひみつ道具を色々と出してくれる。その中には、ドラえもんを永久に俺の思い通りにすることのできる道具だってあるだろう……。その後は、もう野比のび太を演じなくても済むようになるはずだ。今だけの辛抱だ。

 ………四次元ポケットだけを奪うルートも想像してみたが、確かひみつ道具は消耗品で、定期的にメンテナンスに出さなければいけないと原作で言ってた気がする……未来の世界でスムーズにひみつ道具のメンテナンスを受けることができるのは、その道具の保有者たるドラえもんしかおるまい。やはり、ドラえもん自身を俺の手駒にするほか、夢のあるやりたい放題な世界を作り上げることは不可能だ。

 

 よし………やるか。

 

「ど……ドラえも~~~~~~~~~ん!!」

 

 間抜けそうな声で、そう叫んだ。

 

「もぉ~、早々にどうしたんだいのび太くん」

 

 正解だ、やはりドラえもんだった。そして、やっぱり心の中で感動を抱かずにはいられなかった。だが……今はそんな場合じゃない。

 

「実は、かくかくしかじかで……」

 

「え~!?のび太くんのせいで試合に負けて、ジャイアンにまたギッタギタのボッコボコにされかねないから、何か道具を出してくれだってぇ!?それはのび太くんが悪いんだろう?もーしょうがないなぁのび太くんは……」

 

 そう言い、四次元ポケットに手を突っ込むドラえもん。

 

 愚痴愚痴言いながらも、予想通り、こういう時はちゃんと助けてくれるんだなドラえもんは……。というか、のび太らしく振舞おうと意識しすぎてしまったせいか、体を鍛える道具じゃなく、ジャイアンに勝てる道具をせがんでしまった。まぁ……最初は小手調べというやつだ。なんせひみつ道具を始めて触るわけだからな、まずは原作通りっぽい感じの頼み方で臨んだ方が失敗はしないはずだ……。

 

「スーパー手ぶくろ~~!」

 

 その名の通り、手袋の形状をしたひみつ道具を出すドラえもん。これは知ってるぞ、これは当たりひみつ道具だ。

 

「この手袋をはめると───」

 

 ドラえもんの解説が始まったが、聞かなくてもいい。簡単に言えば、この手袋をはめるだけで、馬を一頭丸々持ち上げることができてしまうほど肉体が強化される道具だ。手にはめるから効果は手だけに及ぶのかと思うかもしれないが、そうではなく、装着者の肉体全身を強化するものなのだ。これは、他作品の世界に行く際には絶対に持っていきたい道具の内の一つだな……。

 

「───という道具なんだ、でものび太くん、くれぐれも道具の悪用はしないようにしてくれよぅ?」

 

 ちょうど説明が終わったようだ。早速着けてみようか……。

 

「うわぁっ、すごい!」

 

 こ、これは驚いた、さっきまで貧弱だった体が一気にオリンピック選手くらいの体に……いや、もっとそれ以上の肉体に変わったような感覚だ。これが、ひみつ道具……恐るべし、だな。

 

「ありがとうドラえもん!行ってくるよ!」

 

 

****

 

 

 さぁ実践だ。ジャイアンってのはどこにいるんだか───

 

「おいのび太ぁ!」

 

 おっ、幸先良いな、タイミングも。ジャイアンの登場だ。おまけに後ろには、にっくたらしい顔したスネ夫まで揃って。なんていうか、こいつらもなぁ、中々学習しないよな。のび太にはドラえもんがいるんだぞ?ドラえもんがいるってことは色んなひみつ道具が揃ってるわけだ、もうこの時点で力の差は歴然のようなものなんだが……。まぁ、本物ののび太くんは、マジもんのバカだもんな……そりゃ舐められるか。

 

「やぁジャイアン、この間は悪かったね」

 

 挑発するように、お道化た感じで言ってみた。

 

「悪いもクソもあるか!お前のせいでうちはボロ負けだ!」

 

 毎度毎度思うが、ジャイアン達は何で運動音痴なのび太を野球に誘うんだろうな、絶対へまやらかすのなんて火を見るよりも明らかなのに。

 

「この間の試合が終わったらすぐ逃げやがって、覚悟しやがれ!」

 

 ケンシロウの如く、手をポキポキと鳴らすジャイアン、そして、またもやうざったい顔でニタニタとこっちを見るスネ夫。いやぁ、漫画で見てる時はなんとも思わなかったが、実際にこの2人に因縁吹っ掛けられると、すっげぇ腹立つな……。

 

 そうこう考えてる間に、ジャイアンの拳が俺の顔ド真ん中に放たれる。

 

 コイツ……ジャイアンもさ……小学生だとしてもよ、眼鏡かけてる相手の顔面殴るか普通?殴る方も痛いだろ。とりあえず、俺はこの「スーパー手ぶくろ」の効果がきちんと働いていることを確認できた、確かに、ジャイアンの一発は、痛くも痒くも無いな。

 

 さて、転生後の初めての「無双」だな。………いや、これに関しては、原作でもよくある流れだし、新鮮味もクソもないけどな……。

 

 ジャイアンの腕を払い、こちらも鳩尾あたりに一発入れてみる。

 

「うぐおぉっ!?!」

 

 うわ、鈍い音がした。ま、まぁ……骨は折れてない……はずだよな……?小学生相手に、高校生がこんなことをするってのは、何ともまぁ罪悪感というか……どーにもスッキリしねぇな……。

 

 俺の一発がよほど効いたのか、ばたりと倒れるジャイアン。………ん?これ、死んでないよな?な??

 

「う、うわぁ!ジャイアンがやられたぁ~~~~!ママァ~~~~~~~~~!!!」

 

 お馴染みのセリフと共に逃げ去るスネ夫。うん、今はそれどころじゃないんだわ。

 

「……ジャ、ジャイアン……?お~~い……?生きてる~?」

 

 脈を測ってみる。うん、大丈夫だ。呼吸は……うん、こっちも大丈夫だ。良かった良かった。逆に冷や汗かいちまったよ……。

 

「………しかし、これがひみつ道具の力、か……。」

 

 このウェイト差を、こうも簡単に覆せてしまうのは、本当に驚きだ……。

 

 …………しかしこの手ぶくろ、ずっとはめてないとこの力は発揮できないんだよな……何とかして、手ぶくろを取ってもこの力を発揮し続ける方法は無いだろうか……。ここからだな、機転の利かせ方は……。ドラえもんに連続して二つ目の道具をねだるのは、原作でも見たことないし、出してくれるのかどうか分からないから……ドラえもんを俺の眷属にする方法も考えねば。

 

「まだまだ山場は乗り越えそうにないな……ここからが正念場だ」

 

 これほど、気を緩められないドラえもんワールドがあっただろうか。

 

 俺は絶対に達成してやる、この世界の掌握を……!




私の文章力の無さのために、困惑している読者の方々もいらっしゃるかもしれませんので、ここで主人公の目的を簡単に書いておきます。

・主人公は、他作品の世界へ行ってみたい。

・それなりに上位の存在にはなりたいけど、全知全能絶対最強にはなりたくない。(最強すぎると退屈になるかもしれないから。)

・ドラえもんワールドでは、何不自由無く暮らせるくらいにはなっておきたい。
→「野比のび太」という身体の強化とドラえもんの眷属化をとりあえずは達成したい。

……こんな感じです、もし他にもよく分からないことがあれば、感想欄でお願いします……。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
一言
0文字 ~500文字
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。