ホモ(?)が男が好きすぎてTS転生したが、ハーレムアニメの世界で姉にレズられる (風早 海月)
しおりを挟む

ホモ(?)が男が好きすぎてTS転生したが、ハーレムアニメの世界で姉にレズられる

「ほら、口元にケチャップがついてるわ。」

 

ペロリと舐めとられたケチャップ。

それに顔を真っ赤にする私。

 

だが、《俺》はこんなの求めていなかった。

 

 

私の口元を舐めた相手は私が通う高校の生徒会長にして……

 

 

………絶世の美少女と呼ばれる高嶺の百合で…………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…………私の姉である。

 

 

 

 

☆☆☆☆☆

 

 

 

 

俺はそもそもホモやゲイという人種……いや、どちらかと言うとトランスジェンダーか?よく分からないが、男が好きな男だった。

多分性同一性障害だと思う。女として男に見て欲しかったからだ。

 

だから、トラックに突っ込まれて神に転生させてもらえると聞いてどうしても頼んだのは女として産まれたいということだった。

 

そして、生まれてからこのかた15年。

とても充実した女子ライフを送ってきた。買い物して映画見てファミレスでだべってカラオケ行って……

もちろん小さい時もそれはそれで楽しかった。

 

 

 

だが、ひとつだけ今の世界に疑問を呈するとすれば、女尊男卑が酷いことである。

 

インフィニット・ストラトス、通称IS。かの有名な天災《篠ノ之束》博士が作ったマルチフォーマルスーツである。

宇宙空間作業用でありながら現代では兵器1歩手前な扱いである。

 

そのISを使えるのはなんと女性だけである。だからこそその戦略上無視出来ない能力を有するISを動かせる女性を各国政府が優遇したことが始まりだった。

 

最初はレディースデーとかそんな割引とかみたいな感覚だったそれは、いつしか法律上ですら男性が不利になっていった。

今の世の中の男性は大変である。なぜなら、強い男としての側面を持って女性との恋愛をしなければ一般的な女性は落とせないことが多いだろう。だが、普段の生活では端を肩を丸めて歩くような社会である

 

世知辛いですな。

 

おかげで逆ナンしても難癖付けられると思ってるのか悲鳴を上げて逃げられてしまう。

 

俺はちょっと乱暴にしてくれるくらいがいいんだけど。あ、ハードなプレイもいいよ?前戯なしに濡れてない所に大きいやつぶち込んで貰うのも痛そうで想像しただけで濡れる。あ、それで濡れたら出来ないか。

 

そう思っていた中学生時代。中学生に上がるか上がらないかの位に、姉から『無能でいろ』と言われたのをいいことに中学生時代は好き勝手生きた。

 

とうとう処女を捨てられずに(まあそれはそれで取っておけるからいいんだけど)高校に進学することとなった。

 

なんで中学生時代に処女を捨てたかったかと言うと…………

 

 

 

 

 

 

俺…私が進学するのはIS学園という女子高だからである。

 

 

 

女子高はそれはそれで楽しそうだが、性欲を持て余している私(具体的には幼稚園の年中さん頃位からオナニーしてた)にとって、高校3年間をセックスに使えないのは悲しいことである。オナニーしようにも全寮制だからそうそう出来ない。

ムラムラしない女の子には分からないかもしれないが、性欲の強い女の子と若い男の人ならわかると思う。私からすると、元気になる薬を毎日飲んで、貞操帯を付けられているようなものだ。

あー、でも女の子用の貞操帯ってオナニー出来なくもなかった。この間やってみたけど、サイズ合ってないだけ?それとも私手が小さいから入っただけ?

 

 

 

長々と説明してきたが、私が言いたいのは『どうしてこうなった』というやつである。

 

高校に入ると、普通は同じ学年の人と同室になるはずだが、ひとつ上の姉が同室だった。

 

「おかえりなさい。お風呂にする?ごはんにする?それとも…わ・た・し?」

 

初日以来この調子である。

 

生まれた家が少し特殊で、武術なんかも多少嗜んでいるが、姉にはかなわず、ベッド・インした。

 

「お姉ちゃ…んっ………初めては男の人が……」

「ダメよ、かわいいかわいい簪ちゃんを男になんてワタサナイワ。」

 

ああ……シスコンでレズで近親相姦でヤンデレな姉。私が肉棒を咥えれるのはいつになるのでしょう?もちろん下の口で。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

楯無(刀奈)side

変態思考の内側です。正直R-18ギリギリ


 

 

 

ウフフフフ。

 

 

ウフフフフフフ。

 

 

 

 

 

ウフフフフフフフフフフフフフ。

 

 

 

 

 

あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~

 

 

 

そして、

あそこがびしょびしょになるんじゃぁ^~

簪ちゃんでくちゃくちゃシたくなるんじゃぁ^~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ?なにあの男?何許可もなく私の簪ちゃんに話しかけられてるの?シニタイノ?

 

 

あははっ、簪ちゃんに逆ナンされてるのに逃げるなんて……コロスワ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハァハァハァハァ……簪ちゃん、気持ちいい……あんっ………はぁはぁ、っ!

 

ふぅ……やっぱり私簪ちゃんじゃないとイケないわ。いっその事押し倒したい…………でも嫌われちゃうかも………

 

でも、蔑まれた眼で見られたい………あんっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簪ちゃん……こんなに淫乱なのね…………はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ…………もう押しかけていいかな?あ、隠しカメラのことバレちゃうから…………隠しカメラバレたら簪ちゃんのオナニー見れないじゃない。

乱暴したいけど、しても欲しい。どうすればいいかしら……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふたなりってどうやったらできるのかしら?更識の総力で私におち〇ちんを生やすわ!

 

…………ダメ?お父様?何故ですか!?

 

…………ウフフフフフフフフフフフフフ。お父様?覚悟はよろシクテ?現役を退いてうでがなまってまセンカ?

まぁ、怪我で引退ですものね。勝ったら生やさせてもらいます!

 

 

…………なんでこういう時ばかりは強いのですか?父よ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簪ちゃんが大人のおもちゃを買った。

ベッドの下に隠しているのをカメラで見ていたので、受験勉強で休みな私は部屋に侵入して使わせてもらう。んっう…ちょっと大きいかな?でも、簪ちゃんと一緒になってるみたいでいつもの10倍気持ちいいっ!何回果てても満足できない!簪ちゃんの部屋で、簪ちゃんが使ったおもちゃを中に入れて、簪ちゃんの昨日のパンツの匂いを嗅ぎながらしたオナニー…………さいっっっっっっこうに気持ちいいいいいいいイイいい!!??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、従者やお父様の私を見る目が冷たいけど…なんでかしら?

まぁいいわ。今日は簪ちゃんの卒業式の翌日。クリーニングに出した簪ちゃんの中学の制服と昨日の下着を私の部下に持ってこさせたんだけど……なんでそんなに呆れた顔してるの?

 

んっ、ちょっと小さいかしら?ブラはストラップズラせば入るわね。ショーツも……まずは匂いを嗅いで先に1回イッてからの方がいいわね。

 

んっっっ!私のおさがりのオーバーパンツのおかげで汗かいたのね。いい匂い♡

 

はあぁぁん♡

 

次に、簪ちゃんの汗の染み込んだキャミを着て…靴下履いて、制服も着て……ちょっと胸周り小さいけど全然入るわ。

 

 

ああ……簪ちゃんに、包まれてる………………………あっ、…………イ……ク…………っ!




アンケは「セーフ+ギリセーフ」「アウト」「R-18化」で集計します


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

女の子でもセックスしたくてたまらない人もいるんだよ?

IS学園に入学して分かったこと。

 

 

 

 

 

 

 

同級生に男がいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、まあまあのイケメン(好みではないが…)だった。そして、かのブリュンヒルデ《織斑千冬》の弟であり、今どき珍しい古い(女尊男卑への汚染が少ない)男である。

 

 

 

 

 

 

ああ、完璧…ではないが、悪くない。

 

 

これで粗チンで早漏だったら萎える。その分前戯で満足させてくれるならいいが……まあ、女性が満足するまでピストンできる男はそうそういないことは当たり前だ。生物的に考えれば、外敵に襲われやすい性行為時間を少なくすることは生存へのリスクを小さくできる。

要は女が濡れて、男が射精出来れば、生命としての性行為は完璧であると言える。子供さえ出来れば次世代に繋げられるのだから。

 

 

だが、それが快楽を求める現代では宜しくない。

 

だからこそ古来から色々なことが試されてきた。

女性を早く満足させるための媚薬。男性を早くイカせないための厚手のコンドーム。男性がイッても直ぐに戻れるようにする精力剤。女性を楽しませながら男性はピストンしなくて済むおもちゃ。

実に様々な方法が試されてきて、その延長線上に現代があるが、それでも早漏は減らない。まあ遅漏よりはいいけど、私が満足しても1度もイケない位の遅漏はもはやEDだと思う。

 

それもそのはずである。先程も言ったが、男は早ければ早いほど生命活動としては正解なのだから。

 

まあ可哀想な生き物だとは思う。セックスしたくてしたくてたまらないように遺伝子が組まれているのに、女性は選り好みしてほとんどセックス出来ない。そして、ようやくセックスしても直ぐにイッてしまう。男は出してしまえばあとは何も無い。子供を産む喜びも分かることが出来ない。共感能力も低いし。人によるが、1発で使い物にならなくなるダメ男もいるらしい。前世で聞きたくもない友人のエロ談義と、現世での女子の笑い話からの情報だけど。

 

まあ、そんな男だが、それでも私は肉棒が欲しい。

話は戻るが、おもちゃは所詮おもちゃなのだ。肉体と肉体のコントラスト……それこそを求めるのだー!(ターニャ・デグレチャフ風)

 

まあそれともかく、織斑一夏に接触しよう。

セックスしたくてたまらない男なんて直ぐにその気にさせられる。前世でも男だった私…俺でさえヤレたのだ。一般性癖に引っかかる今のこの体ならもっと簡単だ。多分今のからだでもゲイも犯せると思う。

 

あ、織斑一夏君じゃなイカ!あいさつしに行ってくるね。

 

 

 

 

 

 

 

セックスしたくてたまらない生き物は男……ブーメラン?ブーメランパンツっていいよね。デカチンの人に履いて欲しい。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

初めてはお風呂場で

アンケートありがとうございました。

R-18化が多かったので、変更致しました。




ゴールデンウィーク。

 

初めての長い休みはIS学園では初めて。

 

 

 

 

ココロオドル逆ナンの時期である………と言いたいところだが、私と姉の刀奈…楯無は父から呼び出されていた。

 

まあ?欲望に忠実な私だから無視してもいいんだけど、次帰った時に絶対にボコられる。

女の子として育ててもらった恩もあるし、両親の指示にはなるべく従っている。

 

私は実家への道すがら、私と腕を組んでハイライトの消えた姉をため息を吐きつつ横目で見やる。

 

「簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃん簪ちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんかんざしちゃんカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャンカンザシチャン―――――」

 

 

 

 

ゲシュタルト崩壊しそうなほど私の名前呟かないで!?

寒気する。

 

 

車が家の前に着いた。

 

 

「ただいま。」

「たっだいまー!」

 

 

少しだけ微笑みながら言うと、門の前で待っていたお父様は少しだけ目を見開くが、直ぐに微笑み返して言う。

 

 

「おかえり。」

 

 

なんだかんだ言いつつも、帰る家はここである。

 

 

 

 

☆☆☆☆☆

 

 

 

「さて、2人とも学校はどうかな?」

「問題…ない。」

「私もよ。」

 

なぜかお姉ちゃんが答えた時だけ目が鋭くなったのは気のせいだろうか?

 

「まあいい。たまには道場に顔を出してけ。」

「うん。…じゃあ早速行ってくる。」

「わ、私も―――」

「現当主殿…お話がございます。前当主として、父親として。」

「わ、わ、私には心当たりはないですよ〜?」

 

「織斑一夏の事だ。」

「何かわかったのですか?」

「ああ。実はな……………ホモォだったらしい。」

「……知ってます。」

「なんだと!?」

「私の情報源のひとつです。」

 

 

何を言ってるのか分からないが、ほっといて道場行こう。決して人たらしな一族である更識の闇に恐れたからではない。決して。

 

 

 

☆☆☆☆☆

 

 

 

 

稽古を終えて、道場のではなく家のお風呂で身体を洗おうとシャワーに手をかけた瞬間だった。

 

「あら、簪ちゃん。稽古は終わったの?」

「うん。」

「それは上々。」

 

脱衣所から入ってきたお姉ちゃんが私の腰に手を回した。

 

「ひゃあ!?」

 

ペロペロと音がしそうなほどかわいらしくでもしっかりと首筋から耳周りを舐め回される。

 

「お姉ちゃん、私そんな趣味ないっ!?んっ…」

 

いきなり双丘の頂上を舐められて、電気が走るように感じる。

小三の頃からのオナニーで磨きに磨きあげられた全身の性感帯はなぜかピンポイントで探られることも無く愛撫される。

 

(……盗撮が役に立ったわね。)

 

「ひぁ……」

 

私は相当変態なのは自覚しているし、色んな場所の性感帯を開発したのは事実だ。だが、それがこうも当てられるのはおかしい。

首・耳・乳首・乳房・脇・二の腕・手・お腹・脇腹・お尻・内股・脛・足裏……さすがに全てがそうとは言わないが1番感じる触り方をしてくる。背中はさすがに自分では開発できなかった。が、それでもいい感度をしている。

 

「――っっ!!!!」

 

―ピュッと少しだけ漏れ出た愛液がイッたことを示していた。

 

 

「力抜いて。」

 

お姉ちゃんが私の秘部に触れる。

 

 

―――ア タ マ ガ マ ッ シ ロ ニ ナ ッ タ。

 

 

 

嫌…っ!初めてはもっと…違う…!

 

この世界になって、初めて他の人に身体をまさぐられて軽く4~5回ほどイッてる。

 

 

 

ん?

 

 

 

あ、ああ…こんなに嫌なのに、女の子よりも男の肉棒が欲しいのに……嫌なのに気持ちイイっ!……でも、頭ん中でも『お姉ちゃん』とか呼んでるのって……あれ?もしかして私ってホモでもゲイでもなくて第三の性別だったのか!?

男も女も食えるっていうあれ?

 

 

ち、ちがう!お姉ちゃんが上手いだけっ…んっ!

 

その時、痺れたような、熱をもったようなそんな感覚の割れ目からプシャー!と透明なサラサラした液体が噴射された。

 

 

あ…お姉ちゃんに潮吹きさせられちゃっった……

 

 

 

私の目元からも一筋の雫がたれていった。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

楯無(刀奈)side 2

やっほー!最高だぜぇー!(某パンツァー少女風)

 

……え?何してるのか?もちろん簪ちゃんが寝てるベッドにすっぽんぽんで入り込んで、簪ちゃんのおててを借りてオナってるだけよ。

 

……今着てるもの?簪ちゃんがこの間学園の実習で使った時のISスーツを身につけてるわ。

 

……何を簪ちゃんに着せてるかって?見たまんまよ。私のISスーツ。ちょっとサイズ合わないけど、そこはISスーツの伸縮性のおかげかな♪

ちょっと小さくて食い込む感じがまたいいわ…

 

 

うふふ、さっき飲み物に混ぜて睡眠薬飲ませてたからもう少ししても起きないわ。

まずはお尻の穴にチオペンタールナトリウムを注入する。

 

チオペンタールナトリウムって言うのは、一種の麻酔薬ね。本当は麻酔科医が必要なんだけど。

 

直腸内に10%溶液で0.2〜0.4mL/kgを注入する。分かりやすく言うと、体重1kgに対して0.2~0.4mL注入するの。

 

……簪ちゃんの体重知りたい?ふーん………シニタイノカシラ?

 

まぁ、強いて言うなら私がお姫様抱っこして軽いと思えるくらいよ♪

 

……ええ?いつお姫様抱っこしたのか?しょっちゅうよ。逆にしたくないの?したいわよね?

 

 

 

………………へぇ、簪ちゃんのことお姫様抱っこしたいんだ。チョットウゴカナイデネ。イマクビオトシニイクワ。

 

 

 

よし、これで1時間は起きない。

 

………何をするのか?

 

 

ウフフフフフフ。簪ちゃんにおちんちん生やすの。

 

この間知った方法なんだけど、クリちゃんに直接お注射するとペニスみたいになるんだって。更識秘伝のおくすり。さすが人たらしの一族よね。ナニでアンアン言わせればポロポロ情報を落とすって書いてあったわ(なんでか対象の欄が女の子だけじゃなかったんだけど……男に挿入って……)。しかも、女の子に生やすことが肝で、男がそれやっちゃうと精液から証拠が残ってしまうからよろしくない。

 

まぁそんな事いいからまずは1回イッてからにしましょう。

 

 

 

ウフフフフフフ………あれ、お父様!?何故ここに!?イヤー!簪ちゃんにおちんちん生やすまでは…ぐへっ…

 

 

……最近当主の座を戻してもいいくらい父が強い気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、家のお風呂で簪ちゃんと初めてシた。

 

後悔はしてないけど、反省はしてる。

 

お父様に最近の私の性癖についてお説教をくらって、その鬱憤をぶつけてしまった。私とて、簪ちゃんに手を出すならもっと特別な雰囲気が欲しかった。でも、最近は生徒会としての仕事もあるし、国家代表としても仕事がある。



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
一言
0文字 5~500文字
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。