ナツミ・シュバルツ嬢は友達が欲しい (ら・ま・ミュウ)
しおりを挟む

ナツミ・シュバルツ嬢は友達が欲しい

―――俺の名はナツキ・スバル。天下一の無一文!

 

…だったんだが、コンビニ行く途中でトラックに跳ねられ目が覚めたらあら不思議!

 

「お喜びください!可愛い女の子です!」

 

最近流行りの?

異世界転生ってやつで、女の子になっちゃったわけよ(貴族)

 

名前はナツミ・シュバルツ。何で異世界に“シュバルツ()”ってドイツ語名がある理由は分からんが、兎に角アレだ。

…………無茶苦茶孤立した(現在三歳)

 

親御さんの集まりみたいな茶会に参加して、小さい子は近くで遊んできなさ~いって、きゃっきゃっきゃっと戯れる中、俺だけがマザーの膝上でふんぞり返ってお菓子を頬張っている。

 

「まぁナツミ様はお母さんっ子なのね!」

 

「うちの子は、中々かまってくれなくて羨ましいわ」

 

あー、はいはい。お世辞ですね(わかりマス)

前世引きこもりな社会不適合者は、こんな歳になっても友達一人作らず親のすね齧って生きているんですよ。

性の戸惑いってやつもあるけど、同世代の奴と話すのがトラウマって……今はよくても後五、六年もしたら絶対陰口案件だわ。

 

最低でも……一人ぐらい友達作らねぇとヤバイな(フラグ)

 

マザーの豊満な胸に頭を預けてお菓子を食べるナツミ・シュバルツは焦りを覚えた。

 

 

 

 

 

 

 

「レディ、よろしければ散歩などどうでしょう」

 

あぁん?誰だ、この後頭部に伝わるパイ乙の感触を妨害せんとする不届き者は……て、ユリウスやん。

 

「――行く!」

 

お菓子をパクっと飲み込んだ俺は手をとった。

他の奴なら付いていかねぇけど、こいつ七歳の子供の癖して魔法使えるめっちゃすごい奴なんだよ。

キラキラして手のひらから炎出したり氷を作ったり、見ているだけで飽きないわ、一度ねだってみたら俺にも教えてくれる普通に良い奴だし、異世界に来て『魔法』とか我慢出来る訳なくね?

 

「ゆりうす!きょうは、なにをみせてくれるんだ!」

 

「そうですね、イア」

 

ユリウスの回りをクルクルと動く微精霊がナツミの前で止まり、首を傾げるナツミに彼は離れた場所にある石を指差して一言。

 

「ナツミ様あれに人差し指をお向け下さい。」

 

「おおう?」

 

言われるがまま指を向ける。するとイアと呼ばれる微精霊がナツミの人差し指にくっついた。

 

「はぅ!?ゆりうす!こ、これって!?」

 

「――ええ、ご想像の通りかと」

 

前世オタクな俺は直感する。

――絶対『霊丸』的な奴やないかコレ(超好き)!

 

「れい…がん!」

 

勢いよくナツミの人差し指から射出するイア(微精霊)

石に突撃してドカンッと派手に爆発しやがった。

 

「ふわあああ!!!」

 

オタク死す(イアは死んでなかった)。胸の高鳴りを抑えられないナツミはその日、熱を出した。

 

「ゆりうす……まじお前やべぇわ……さいこうだわ」

 

 

 

――てか、よくよく考えたら友達いたわ。(ユリウスだけだけど)



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

プライドを捨てたナツミお嬢様

「素晴らしい!この歳で語学を修めてしまうとは、ナツミ様は天性の才能をお持ちなのですね!」

 

家庭教師のおば様が、誉めちぎる。

……そりゃー、3歳で字が書けるようになれば凄いと思うわな。俺的には一年近く丁寧に教えてもらってやっと覚えられたって言う……喜びよりも、ほっとした気持ちが強いんだが、一年近く赤ん坊やってると結構忘れてる事が多くて微妙に恐いんですわ。

 

「つぎ、をおねがいします」

 

せめて、この世界の基礎知識ぐらいは修めて安心しておきたい……ん?

別にボッチで、することがないとかじゃないから。

……おば様?何黙っているんです。そんな悲しい物を見る目を向けないで……いや、本当に違うから!ボッチじゃないんです!

 

コンコン

 

「お嬢様、ユリウス様が――」

 

おしっ!良いところに来たマイフレンド!

やっぱ小さいお子さまは部屋で勉強せず、お外で遊ぶべきだよな!……と言うわけで、おば様?……あ、いいんですね!

――スバル行っきます!

 

 

 

「あらあら、ユリウス様が来た途端に」

 

「ナツミ様ったらおませさんね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ナツミ様、今日は何を披露致しましょうか」

 

我がシュバルツ家の保有する未開拓の森の広場で、切り株に腰かけたナツミと舞台役者のように振る舞うユリウス。

 

テレビやゲームもない異世界で、下手なマジックの百倍は面白い“コレ(魔法ショー)”を独占してて良いもんなんですかね~奥さん(愉悦)

 

「イアのあれやりたい!」

 

「それはいい、彼女も貴女の事を好いているようですから」

 

ナツミの前にポッと現れるイア(微精霊)

子猫のようにナツミにじゃれつく彼女は可愛いらしく

そこで、ナツミはふと思う。

 

「ゆりうす、こんなところで、うったら火事になるんじゃねぇか?」

 

ナツミの疑問にイアが震える。ちょっと可愛いと思ったのは俺とユリウスだけの内緒だ。彼は顎に手を当てて、七歳児の頭脳を振り絞り上空に打てば問題ないのでは?と結論を出す。

 

流石だ。ユリウス!(七歳児に頭脳で負けた瞬間である)

 

「れい……がん!」

 

ナツミは上空へ指を向け、漫画の主人公が必殺技を放つが如くたっぷりと時間を溜め……イアを射出した。

そしてお預けを食らうと思っていたイアさんはテンション高めに、いつもより高めに昇っております。

3……2……1

 

ドカン

 

「えくすぷろーじょん」

 

……綺麗な花火だ。

前髪をかきあげたナツミ嬢はクールに呟く。

 

 

ガルルル ガルルル ウォーン

 

 

……何か、狼の遠吠えみたいなのが聞こえた気がするが気のせいだよな?



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ユリウスとナツミお嬢様

ユリウスにとってそれは偶然の連続だった。

 

最近何かと噂の種となる令嬢ナツミ・シュバルツ。

少々目付きが鋭いのが難点だが、万人が振り替えるような愛らしい容姿に、3歳という幼い年齢ながら趣味は読書だという、勉学にも積極的な彼女。

家柄やその幼くして光る才覚からみても近い未来、国の重要な役職を任される事は間違いないだろうと話題になっている。

 

将来有望な騎士として頭角を顕しつつあるユリウスが、一度会っておいて損はないと親族同士の顔合わせで会話をすることになった。

 

「…こんにちは」

 

「紹介に預りました。ユリウスと申します」

 

「……そうか……いえ、そうですか。ご丁寧にどうも」

 

「はぁ……」

 

微妙な空気が流れる。

このユリウス、自慢ではないが持ち前の美貌が災いし、ひと(たび)女児の視界に入れば黄色い悲鳴を上げられてきた。

……つまり、自身にこれっぽっちも興味がない相手と会話したことがない。

 

「とりあえず、これたべます?」

 

「…有り難く頂戴いたします」

 

初の顔合わせは、殆どを無言で過ごし、ナツミ嬢(3歳)の気遣いにこれ以上ないほどプライドをズタズタに傷つけられたユリウス。

 

そんな彼が、頻繁にシュバルツ邸を訪れるようになったのは自然な事だった。

 

「ナツミ様、バラ園に興味はございますか?

私の知り合いの庭師が――「ごめんなさい、きょうみないです」」

 

「――そうですか」

 

「ナツミ様、巷で評判のお菓子を頂いたのですが「甘いものはちょっと」」

 

若さ故、あまり物事を深く考えず、思い付いたまますぐ行動に移してしまうユリウスとそれを冷たくあしらうナツミ嬢。

初めのうちは、「女性に気を使わせてしまうなど騎士の恥だ。恩を受けたならば返さなければ」そんな気持ちで動いていたユリウスだが、あんまりにもナツミ嬢が振り向かないので、だんだんと意地になってきた。

 

花やお菓子、あの騎士は女性に人気だの、女性の好む騎士と姫の禁断の恋物語など、少しでもピンっとくればそれらをもってナツミの元に訪れる。

 

ナツミ・シュバルツは冷たくあしらった。

 

何故だ。ユリウスは嘆く。

 

魂が男だから、花やら菓子やらで喜ばないのだろう。

微精霊は思った。面白そうだから黙っていよう。微精霊達は話し合った。

ところが、世話焼きのイアさんがある日、ユリウスに語りかける。

魔法をみせてみたらいいんじゃない?

 

ユリウスは女性がそんなものをみても何も喜ぶことはないだろう。一瞬そう思ったが、ナツミ嬢はまだ3歳児だ。中性的な年齢だし、もしかして……

 

ダメ元でナツミの前にやって来たユリウス。

 

 

「…精霊よ」

 

「ふあああああ!!!!!!」

 

ナツミが目をキラキラと輝かせ、満更でもない微笑を浮かべるユリウス。

 

 

 

ユリナツ最高!

 

 

イアさんは腐っていた。




次回『ナツミお嬢様、ガブガブされる』


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

魔獣

魔獣。

それは人々の平和を無下に脅かす悪しき存在『魔女』の眷属であり、魔女教と呼ばれる魔女に魅入られたカルト集団を除けば、魔女の恐怖を最も象徴する化け物だ。

 

ユリウスは現在、歴史などを中心に勉学に励んでいるが、古い文献を漁れば漁るほど、度々現れる奴ら。

犬や水性生物など、自然動物を邪悪に歪めたような外見を持ち、人を憎悪をもって貪るような相容れない生物。その強さは多岐あれど、時に国すらも滅ぼす事がある。

 

「ガルルル」「ガルル…」「ガルルルル」

 

「ゆりうす…これ、やばくね?」

 

「ナツミ様。私から決して離れないで下さい」

 

気づいた時にはもう遅い、ユリウスとナツミ嬢は魔獣の群れに囲まれていた。

恐らく森の結界が緩んでいたのだろう。運が悪かったといえる。しかし、奴らをここまで呼び寄せたのはイアの爆発だ。

ユリウスはナツミ嬢を背にして歯噛みする。

 

何と浅はかな!

 

おまけに、今のユリウスに武器らしい物はない。

微精霊達はいるが、騎士として修行を始めたばかりのユリウスは精霊術士として未だ未熟だった。

精々、火をおこし水を出す程度。この数にそれを放っても焼け石に水である。

 

「――こいっ!」

 

「なっナツミ様!?」

 

ジリジリと距離をつめる犬科の魔獣達。

冷や汗をたらしながら、打開策を模索するユリウスであったが、突如ナツミ嬢はその腕を引っ張り、大きな樹木に向け走り出す。

 

「しってか!ゆりうす!犬のつめは丸いから木登り“へたくそ”なんだぜ!」

 

「そうか!ナツミ様失礼!」

 

「この、木登りスバちゃんと言われた俺の実りょ…うひゃ!?」

 

意図を察したユリウスはナツミ嬢を両手に抱え、一般的な貴族の屋敷よりも1.5倍ほど高い木の頂点まで跳び上がった。

 

「うへぇ…やっぱ“いせかい“のちょうやくりょくばくってるわ…」

 

ナツミ嬢が恐る恐る下をみれば、木にしがみつくも滑って落ちる魔獣達が。

 

「何とかなりましたね」

 

「そうだな…よし、おろせ」

 

「なりません」「おーし、ゆっくり……は?」

 

「下ろしたら落ちてしまうでしょう?」

 

「……は?」

 

ナツミ嬢は、真顔になる。

 

「おまっマジでおろせよ」「なりません」

 

「おろせよ!おーろーせーよ!」

 

「なりません」

 

「おろせぇ!!!こどもあつかいすんなー!」

 

ガロオオオオ!!!!!!

 

ナツミ嬢の言葉に被せるように、

地面が揺れる。ユリウスが何事かと下を注視すれば魔獣の一体が膨れ上がり…ユリウス達の眼前まで大きくなった。

 

「「ふぁ!?」」

 

その瞬間……俺たちは思い出した。壁の中に捕らわれていた屈辱を。

 

「いちなんさってまたいちなん…どころじゃねぇ、にげろー!ゆりうすぅぅぅ!」「了解しました!」

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

好意とは

あれから何とか逃げ延びた俺たち。

ユリウスも俺も傷だらけで、お互い良く生き残れたもんだと笑いあった。

 

 

しかし、

……俺の手首、魔獣に噛まれたのはユリウスも同じだが、“呪い”を掛けられていたとか何とかで、治癒術士の姉ちゃんが気づかなければ今頃ポッくり逝っていたらしい。

 

ユリウスの家柄は地位的な意味で俺よりだいぶ低かったらしくユリウスの家の本家(?)の奴らはそれにカンカンで、ユリウスは怒号を浴びせられ殴られていた。

 

「まてよ!ゆりうすにたのんだのはおれッ…わたしの責任だから!ゆりうすは何もッ!」

 

元はと言えば、俺も悪いんだし弁解ぐらいさせて欲しかった。いや、するべきだったし俺は声を上げたんだ。

だけど、あの野郎……

 

 

「…何で、あそこで微精霊使って黙らすのかねぇ~」

 

「うひゃー、フェリちゃんこれにはユリウスに同情せざるおえないにゃ」

 

「あぁん?どういうことだよ」

 

十五年の月日が経ち、俺もアイツもすっかり大人の仲間入りを果たした頃

言葉使いやマナーがなんだと五月蝿い連中とは違い、素の状態で話せる数少ない友人の一人フェリスは呆れたように首をふる。

 

ちなみに、言葉使いどころか見た目、仕草共に完璧な美少女であるこいつは男である。前世でいう男の娘という奴だ。

 

ユリウスと同じく、親戚同士の顔合わせで出会い、すぐに打ち解けた俺達だが、彼方には騎士という立場があるため、いくら訂正しようと変えようとしない堅苦しい話口調に、少しムカムカしていた。

まぁクルシュさんの騎士様に選ばれて…気づいたら今みたいになったんだが、こいつがユリウスに同情?何の冗談だ?

 

「いいですかナツミ様、ユリウスは貴方の事を」

 

「おいっ止めろ。お前にまで堅苦しくいられたら痒すぎて死ねる」

 

「……何か、二人の仲が進展しない理由が分かった気がするにゃ」

 

フェリスは一人納得し、冷えきった紅茶を飲む。

 

「ナっちゃんって、ユリウスが未だに敬語使っているのはどう思ってる?」

 

「――嫌がらせ?」

 

 

 

「(うにゃ……コレは脈なしにゃ。第一ナツミ様がユリウスに好意を寄せるイベントなんて欠片もないのに、あのバカは何一人勝手に納得してるんだか)」

 

ナツミ様はユリウスの事を完全に友人と割りきっているのだろう。

しかし……あのバカはナツミ様が未だにフリーな事をいいことに完全に脈ありだと思い込んでいる。

 

『騎士として仕える事が出来なくなった以上、私はナツミを娶るべきなのでは?』

 

真顔であんな事を言ってきた時は必死に堪えたものだが、今度あったらぶん殴ってやろうかな?

フェリスは思った。




ユリウス(21歳)
ナツミ嬢を傷物にした責任もあるし、騎士として支える事が出来なくなった以上、最終的には娶るしかないと思っている。
別に下心があるわけではない。
騎士として支えることが出来ないのは原作同様アナスタシアの騎士になったから

ナツミ嬢(17歳)
男と結婚とかあり得ねぇ。一生独身であり続ける。
ユリウスはずっ友。
こう見えて公務員


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

過ち

――夜分遅く、机に積まれた大量の書類から目を反らしたナツミ・シュバルツは背もたれに体重を掛けて息を吐いた。

 

「はぁ……やっと終わった」

 

この世界に転移……いや、転生してから十七年。

 

元引きこもりの俺が言うのも何だが、公務員ってブラックすぎね?

この世界は労働基準法やら定時とかの概念がないから余計にそう感じるだけかもしれねぇけどよ、俺……裁判官だぜ?

何で、騎士様方の武具の購入金、設備等の補修代、予算を細かく計算して赤字・脱税防止などに勤めなければならんのだ。出来る出来ないは兎も角、専門外だぞ。

 

「……いくら、深刻な人手不足だからって……このままじゃやってらんねー!」

 

「それは仕方のない事だよ、()()()

 

ふわりと肩に手が置かれる。

突然の事にビクリと震え、そして紅茶の芳しい匂いが鼻腔をくすぐり、久しく呼ばれていなかったその名に気分が高揚していくのをナツミは感じていた。

 

「女性の部屋にノックもなしに訪れるのは無作法だったかな?」

 

振り返ると赤毛の青年が二組のティーカップとクッキーの乗せられたお盆を片手に持ち、悪戯が成功した子供のような無邪気な笑みを浮かべている。

 

「ハッハッハ……やりやがったなぁ~ラインハルト君。いっくら懐の広いナツミ様と言えど今日という今日は許さないぞ?

お菓子でもつまみながら、お説教といこうか!」

 

「それは困ったな。騎士として断る訳にはいかないじゃないか」

 

「ひゅー!今夜は飲むぜ、酒持ってこいー!」

 

髪紐をほどき、自分で言いつつ戸棚からワインボトルを取り出すナツミ嬢。ラインハルトと呼ばれた青年は紅茶が冷めないよう細工をして……小さな宴が開かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

「――――ハッ!?」

 

目が覚めた時、ナツミ・シュバルツは自宅のベッドの上であった。

 

――昨夜の記憶が全くない。

二日酔いのような頭痛と酷い渇きを覚えてナツミ嬢は水を呷る。

 

「女に産まれて十七年。己の危機管理能力の無さには一周回って誇りすらもっちゃいるが、記憶がないのは不味いだろ……俺。」

 

ため息。

女に産まれてから男に興味など一切抱いた事はなく、男としての感覚が根強く残っているナツミ嬢だが、男の前で記憶を失くすほど酔っ払う事が、どれ程危機感が足りていないと言われるかは理解している。

 

これが、聖人騎士のラインハルトだから良かったものを、残念イケメンのユリウスなら魔がさして…流石にねぇな。

 

 

ナツミ嬢は、今日が休日であることを思いだしパジャマに着替えてもう一眠りしようとベットに手をかける。

枕元には真っ黒な本が添えられており、寝ぼけて仕事場から持ち出してしまったのかと表紙を見て「…傲慢?」数枚捲ってみたがよくある宗教本みたいな文章が書きなぐられており、重要そうには見えず明日返しに行けばよいだろうと、テーブルの上に放置した。



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
一言
0文字 ~500文字
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。