超次元サッカーさせてくれ(懇願) (勝機を零した、掴み取れん)
しおりを挟む

第1話

 ──ネット小説を見てれば何十、何百と飽きるほどある異世界転生。俺もその1人になってしまった。

 

 何で死んでしまったとかは覚えてない、気がついたら死んだと言われた。それだけだった。

 

 そして、小説のテンプレのように好きな特典やるからさっさと行けと目の前のおっさんに言われる。

 その人に聞いたところ別によくある剣と魔法の殺伐として世界ではないということなので、ちゃんと努力すれば確実に身につく体と頭をお願いして転生した。努力を裏切られるのは辛いからね。

 

 

 

 転生してしばらくしてからわかったが、ここは某超次元サッカーとして有名なイナズマイレブンの世界らしい。

 家でテレビを見てたら明らかにサッカーだけほかのスポーツより人間離れしていたので多分そうだろう。

 

 俺は折角前とは違う世界に来てしまったのだから、その世界の中で1番関わりの深い事をしようとサッカーを始めた。

 一応、特典でもらった身体のおかげかこの世界のサッカーに適応するのは難しく感じられなかった。

 

 身体が未発達の幼少期からサッカーを始めても毎日2時間、3時間の練習をサボらずにこなせばボールから火は吹くし、ゴールネットは破れるし、地面には何処ぞのグラップラーのようなクレーターを生み出せる。

 

 これでも周りから普通と思われるのがこの超次元サッカーの世界だ。……え? 流石にドン引きされる? 

 

 

 ────

 

 

 それから数年、中学二年生となった時だった。家の事情で東京に引っ越すことになり、俺は雷門中に転校することになった。

 

 雷門中といえば原作主人公である円堂守が通っている学校だ。しかも、時期的には全国大会であるフットボールフロンティアに優勝している時だ。まだ学校が崩壊していないのは宇宙人が来るまで時間があるからだろうか。

 

 とはいえ、あの雷門に来れたというのは自分にとっても大きい。原作キャラと触れるというポイントもあるし、自分が今まで頑張って練習してきた事がどこまで通用するのかもとても気になる。俺は意気揚々とサッカー部への入部手続きを行った記憶がある。

 

「──ああ、サッカー部なら今は休部になってるよ」

 

「──は?」

 

 ──俺は、全く違う世界に来てしまったようだ。

 

 

 

 ────

 

 

 それから約半年、本来のサッカー部員はまだ戻ってこない。俺にとっては理解できない状況だった。

 

 あの後聞いた話だと雷門のサッカー部は全国の中学サッカー部をレベルアップさせるために強化委員制度というもので全国に派遣されてしまったらしい。そんな時代、ゲームやアニメでも聞いた事なかったぞ。まさか、俺というイレギュラーな存在が現れてしまったせいで原作の流れが歪んでしまった? いや、それは流石に無いと思いたい。人ひとり違うのが生まれたくらいで歴史が変わるような世界でもないだろうから。

 

 サッカー部は事実上の休部を言い渡されてしまっているためにサッカー部に入部する事は出来ないし、そんな1人の練習のためにグラウンドを貸してくれる事なんてもちろん無い。

 なので、この半年間俺はずっと孤独に練習をしていた。出来ることも限られているし、ここ最近はリフティングとドリブルしかやってない。

 

 最初の頃は腹いせに校舎の壁に向けてシュートなんて撃ってた時もあったが壁にヒビとか穴開けてしまったのでやめた。まさか、あれくらいであんな風になる脆い校舎とは思っていなかったし、バレたら絶対に謹慎みたいなの食らうと思ったので逃げた。まだ先生達には見つかってない。全校集会でそのことを言及された時は少し焦ったけど。

 

「──あっ、優くん〜」

 

 放課後、サッカー部の部室の前でリフティングをしていた時、こちらにジャージを着た女子生徒が駆け寄ってきた。

 

「──大谷さん」

 

 短めに整えた髪に、可愛らしく、それでいて元気な笑顔を見せる彼女──大谷つくしさんは自分一人しかいない現サッカー部を支えてくれるマネージャーである。とはいえ、サッカー部というのは自分が勝手にそう思ってるだけで実際は非公式な部活動であり、それなのに彼女の方からマネージャーをしてくれている。

 

 1人でやると準備などで色々時間がかかってしまうのだが彼女がいるおかげで本当に助かっている。

 

 ──ただ。

 

「──二人っきりの時はつくしって呼んでって言ったはずだよね……?」

 

「──悪い……つくし」

 

 ──彼女は俺に対して異常なものを抱いている。それは今の言葉からでもはっきりわかる。

 

 さっきまでの彼女の優しい声はどこへ行ってしまったのか。今の彼女はまるで夫が違う女に浮気していたに気づいた時のように、低く、それでいて重圧のかかった声色だった。まあ、その例えが合っているかはわからない。大体こんなもんだろうというあくまでも予想だ。

 

「ならよろしい。今日もあれ、やろう?」

 

「──別にいいけどさ」

 

 さっきとは打って変わって優しい顔に戻るつくし。俺も2人でいる時と同じように話すようにする。そうしないとまた怒られるからな。

 

 彼女は笑顔を見せながらサッカー部の部室の鍵を開けて中に入っていく。彼女の言う練習って中々やばいんだよなぁ……。

 

 俺は部室の外観を眺める。一言で言ってしまうとボロい。アニメでもよく部室のシーンはあってそれなりにボロいんだろうなとは思っていたけど想像以上だ。元々はサッカー部は無いと言われていたし、当時は弱小サッカー部とも呼ばれていたのだからそういった所にお金を入れてもらえなかったのだろう。これだと中々人は寄ってこないよな……それが今回のやばさを促しているんだが。

 

「早く早く!」

 

 部室の外観を語っていた所をつくしの急かす声で遮られてしまい、俺は大人しく部室に入る。中も大分汚れている。掃除しているとは思うが所々埃が溜まっている所もある。今度彼女と一緒に部室の掃除でもするか。

 

 そう考えているとガチャっと、重みのある金属音がなる。毎度のように鍵を閉めたな。

 

「──じゃあ、練習……しよ?」

 

「──はい」

 

 

 

 彼女が言う練習……それは別に隠語ではなく、ちゃんとしたトレーニングという意味合いである。

 

 腕立て伏せに腹筋といっあ基礎トレーニングを行うだけ。基礎とはいえそれはどんなスポーツでも支柱となる筋肉を付けるために必要だ。

 

 それが無ければ力強いプレーも、試合いっぱいまで戦う体力も生まれない。

 

 それを技術で補うなどという人間も少なく無いとは思う。だけど、基礎がなっていなければ技術を身につけるための長い期間を耐え抜くための体力も続かないし、さらにそれを洗練させるための筋肉も無い。

 

 全てに置いて筋肉、体力といった基礎は必ず必要なのだ。俺もこれだけは決して怠らない。前の世界ではそんな事を思わなかっただろうがこの世界では考え方が変わった。

 

 今の俺には努力をすれば必ず結果がついてくるという事実がある。それを実感した時がとても気持ち良いのだ。もっとこの気持ち良さを味わいたい、もっと成長したい。あの特典の選択は今の俺にとって正解だった。

 

 ──話が脱線してしまった。

 

 このトレーニングでの疑問はなぜ、部室で行うのだろうか、だ。

 基礎トレーニングくらいならわざわざ室内でなくても出来る。外は土や草で手を痛めるから、滑るから? いや違う。

 

「──いいよ、優くん……もっと近づいてきてもいいんだよ?」

 

「──これ以上はごめんだ……!」

 

 ──これの本当の問題はその内容だ。

 

 現在、俺は床で仰向けとなっている彼女の顔の間を跨ぐように両手を置き、足も同じように広げて床ドンのような形で腕立て伏せを行っている。

 

 腕を畳んで身体を下げていき、彼女の顔ギリギリまで自身の顔面を落とす。その間わずか数センチ。互いの息が触れ合い、少しでも力が抜ければ息ではなく、唇が重なりあってしまうのだろうという、官能的な雰囲気を漂わせていく。それもあってか、別な意味での汗が俺の背中を擽らせ、腕の力を失わせてくる。

 

 俺はそれでもしっかり腕に力を込め、なんとか身体を持ち上げ、腕立て伏せを1回、終わらせた。

 

「──むぅ。もう少しでキス出来そうだったのに……早く楽になっちゃえばいいのに」

 

「──そういう訳にもいかないだろ。あと、4回だ」

 

 あの状況なら彼女が少しだけでも顔を上げるだけでキス自体は出来たはず。それを彼女がしなかったのはきっと、事故とはいえ俺の方からしてもらいたいのだろう。彼女はそういう人だ。あえて自分から誘うような真似をする。だからこそ、俺はそれに耐えてみせる。

 

 ──本音はJCとやれるなら本望です。

 

 ただ、見た目は中学生とはいえ単純な精神年齢は三十を超えてしまっている。合法とはいえ謎の背徳感が襲ってくるのでなるべくそうはなりたくない。けど、彼女はそれを望んでいる……難しい所だ。

 

 俺はなんとか残りの4回もギリギリではあったが耐え、腕立て伏せを終える。

 

 ──これがあと、何ヶ月続いてしまうんだろうな。

 

 この他にも彼女の誘惑ともいえる練習は続くがその話はまた今度にしよう。流石に……時間が足りなくなってきた。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第2話

 ──大谷つくし。現在、たった一人しかいないサッカー部のマネージャーを務めている女子生徒。その見た目と誰にでも優しく接することのできる性格もあり、クラスの男子からは人気のある生徒だという噂を聞いた事がある。

 

 サッカーが好きなのかどうかはわからないがマネージャーとしての仕事は彼女にとって適任と言っても良かった。彼女の世話好きともいえる部分に本当に助かっている。

 

 ユニフォームやジャージの洗濯、ドリンク等の用意、部室の管理など自分一人では中々こなせない仕事を引き受けてくれた。

 

 だが、俺にとってそれは理解し難いものだった。

 

 現在、たった一人のサッカー部員。しかも、約半年前に転校してきたばかりの人間に対してここまでするだろうか。彼女が優しい人間だから? だとしてもここまでの事をするはずはないだろう。

 

 でも、いつもやっている彼女との練習や、いつもの言動を見る限りは……。彼女は俺に好意……それ以上のえげつない感情を俺に向けているのだろう。

 

 そうでなければあんな肉体関係を思わせる誘惑はしてこないだろうし、よくわからない彼女面をしてくるわけもない。

 気になるのいつもクラスのみんなに対しても明るく振る舞う彼女がどうして俺のような人間にそこまでのものを抱くようになってしまったのだという事だ。

 

 まあ、感情や好意なんてものは本人以外にはわからないものだ。もしかすれば今俺が考えてた事も違うという可能性も充分ある。

 

 俺からすればそれが本当だとすれば……少し嬉しい。

 

 彼女が可愛いということもあるが前世の俺はここまで異性に好意を向けられたことがない。例えそれが歪んだものだったしてもそれを受け入れれば青春間違いないだろう。下手をすれば真っ赤な青春になってしまうがな。

 

 だが、見た目は中学生でも中身は高校生からおっさんになってしまった。

 前も言ったがいくら合法とはいえ背徳感が迫ってきてしまうのだ。同じ精神年齢だったのなら平気で毎日やっていただろう。

 

 だから、まだ時間が欲しかったのだ。俺が本当にこの決断をしてしまっても良いのだろうかと。

 

 今はその答えが見つかるまでは彼女の誘惑に耐える日々だ。

 

「──はあ、はあ……やっぱりスクワットってきついね……」

 

 そう言って彼女は腰を上下に振る。

 

 今日の練習は俺ではなく、彼女のだった。

 

 俺が床に対して仰向けになって寝て、彼女は俺の腰あたりに両足を跨いでスクワットを行う。

 

 うん、これはあれだ……あまり見られてはいけないやつだ。

 

 一言で表すなら騎乗位スクワット。それを彼女が行い、俺はそれを眺めるしかない。とても下半身に悪い。色んな意味でな。

 

「──4……5……あっ……!」

 

 腰を上げ下げする度に彼女は甘い声を漏らす。あまり身体は鍛えていないのだろう。もう足腰がプルプルと震えている。

 

「──なあ、きついならもうやめた方がいいんじゃあ」

 

「大丈夫! 大丈夫だからぁ……!」

 

 そうは言っているが身体を下げた時にもう下半身が支えきれず、膝を90度近くで保つのが出来なくなっていてどんどん腰が下がっていってしまっている。

 

 そして、ついに彼女の股が俺の腰あたり……丁度股間の部分に触れた。

 

「──ふぁ……!?」

 

 それを彼女が狙っていたのかはわからないがその瞬間彼女は俺の腹部に両手を添える形で崩れ落ちる。絵面がとても酷い。

 

「──だから言っただろう。あまり無理はしない方がいい」

 

「──あ、待って! 優くん動かないで……あっ!」

 

 やばい、勃ってきた例のアレが彼女のアレにグリグリといった形で触れてしまった。結果彼女は顔を真っ赤にして喘ぐ。

 

「悪い! つくし、大丈夫か?」

 

 俺は上体を起こして彼女の両肩を掴んで支える。

 

「だ、だいじょうぶ……ゆうくん、わたしなんかでこんなふうになってくれたんだね」

 

 最早彼女は疲れとさっきので顔がぐしゃぐしゃになっていた。絵面が本当に事案です。

 

 俺は部室に掛けられた時計を見る。やばい、そろそろ時間だ。

 

「つくし、今日はこの辺にしよう。俺も向こうに行かないといけない」

 

「え……? 優くんまた生徒会の方に行っちゃうの?」

 

 つくしはそれを聞いて泣きそうになっていた。その顔はやめてくれ。自分がクズ人間のように見えて仕方がない。

 

 俺は生徒会の手伝いをしている。サッカー部がつくし含めて2人しか居ないので、現在の正式な部としては認められていない。それでいて活動は行っているのだからそれを管理する生徒会に目立つ行為しかしていない事になる。

 

 しかも何故か雷門中の生徒会は男が全くいない。それもあって男手が必要な力仕事になると必ずといって呼び出されてしまうのだ。部として認められたい、追い出されたくなかったら生徒会の指示に従い、手伝いを行えという脅しも含まれていたりするのだろう。生徒会というのは大体そんなもんだ。

 

「──だから今日は部活は終わりにしよう」

 

「──嫌だ……嫌だよ……。もっと、一緒にいたいよ……!」

 

 彼女は両腕を俺の首、足を背中に回してホールドをしてくる。だからそういうことはするなっての。本当にやってるとか、事後とかに見えてしょうがないだろう。

 

 先ほどの疲れがあるのかあまり力が入っていないのでそれを俺は無理矢理解いて立ち上がり、部室の扉の方へと向かう。

 

 しかし、扉に手をかけようとしたら後ろから抱き止められる。本当に生徒会に向かわせたくないようだ。

 

「──つくし、あまり俺を困らせないでくれ。そういう所、俺は嫌いだ」

 

 ──嫌い。そう言葉にした瞬間、彼女は離してくれた。やっぱり……そういうことなんだろう。

 

「──ごめん。明日は生徒会の仕事は無いから、また明日、練習しような」

 

 彼女はどんな顔をしていただろう。俺にはそれを考えるだけで苦しさを感じてしまったので、振り返らずに部室をあとにした。

 

「──本当に、このままだと俺はクズ男みたいに思われてしまうな」

 

 後で生徒会の人間に、これからは仕事を減らしてもらうように後で相談しよう。流石に彼女を困らせるのは良くない。

 

 

 

 ──だが、この時の俺はまだ知らなかった。これから頭が痛くなりそうな修羅場の数々が待っていることに。




読んだことある方はお分かりだとは思いますが自分の過去作の再投稿になってます。
マジで続きかけるように頑張りますのでよろしくお願いいたします。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。