居候している幼馴染が神様になるというので人生計画を見直すことになりました (公序良俗。)
しおりを挟む

就職活動


オリジナル初投稿です。
半年くらい前から温めていたネタがあります。

「何してるのよ」
「ダンス」
「ダンス?それが?」
「ソーシャルディスダンス」
「はい?」
SOCIALDISDANCE(社会をディスる踊り)

最近似たようなフレーズを公式に使った企業CMを見たので供養しておきます。



とある街の一角の人気のないところで、なにやらこそこそとしている二つの影があった。

 

「準備はいいわね?」

「うむ」

「よし!」

 

 八百万の神と言われるほど多くの神が存在しているこの国ではあるが、新しいモノが増え続ける現代、その新しいモノの宿り手が不足していた。古来から力を持つ神々による議論の末、新しく誕生したモノに宿る新しい神を募ることになった。当然、そんじょそこらに何も担当していない神がいるわけではない。神もそれなりに忙しいのだ。そこで一般から広く集められた者を神見習いとして各地を巡らせ、その者が神たるにふさわしいかを試す。厳正なる審査の結果、めでたく合格した神見習いが新しい神としての役を与えられる。また神にはそれに仕える巫女が必要となる。巫女となる者も巫女見習いとして神見習いとともに各地を巡る。今日はその試練が始まる日である。

 

「しっかし全国一周旅行をするだけで神様になれるなんてねえ」

「気楽だな」

「そりゃそうでしょ。おいしいものを食べて、温泉に浸かって、きれいな景色を見て…帰ってきたら私はもう神様なのよ?そしてトヒは私に仕える巫女になるの」

「ミワ、お前試練の意味わかってるのか?」

「まあなんとかなるんじゃない?」

「こいつは……」

 

 緊張感のないミワに深いため息をつくトヒ。今回の試練に参加する二人である。そもそもミワは同年代の者が働き出すようになっても働き口を探すわけでもなく、家で一日中ゴロゴロしているようなやつなのである。俗に言うニートであった。そんなミワも遂に家を追い出されてしまい、今は幼馴染みのトヒのところに厄介になっている。勿論そこで反省して働くわけがなく、ゴロゴロする場所がただ替わっただけのことである。ミワは地元では有名な家の出なのである。伝手をあたればそれなりにいい働き口はごまんとあったハズなのだが、それら全てを蹴って今に至る。トヒは既に定職に就いて一人暮らしをしているのだが、いつまでもミワの相手をしてやるわけにもいかないので、休みの日には毎回ミワを引っ張り出して職探しをしていた。当の本人にやる気がないので半ば諦めているのだが。

 そんなある日、トヒが仕事から帰ってくると玄関で待ち伏せていたミワが嬉々として一枚の紙を見せつけてきた。

 

「私、働くわ!」

「おう頑張って自分の食費くらいはせめて自分で稼いでくれ」

「ちょっ…真面目に言ってるのよ!」

「こっちも大真面目だ」

「いいからコレ見なさい!」

「なんだよ……」

 

『神、募集』

 

「お前大丈夫か?」

「ちゃんと読みなさいよ!」

「詐欺だよ。お前騙されてるよ」

「この国でこんな馬鹿げた詐欺をする馬鹿も引っかかる馬鹿もいないでしょ」

「馬鹿ねえ」

「こっち見んな!」

「お前が見ろと言ったんだろう。そこから視線かえてないぞ」

「そもそもバレたら一発アウトなことをこんな堂々とするわけないじゃない。神を冒涜したとして天罰ものよ」

「わかったよ。わかったから大きく3歩離れろ」

「(むふー!!)」

 

 興奮した猫みたいなミワを横目に、手洗いうがい着替えを済まして明日の用意をする。普段は寝る前に次の日の用意をするようなことはしないのだが、明日の朝は余裕がない気がする。長い付き合いなのだ。

 

「取り敢えず明日でもいいか?今日は何故かすごく疲れた気がするんだ」

「ダメよ。締め切り今日の23時59分までだもん」

「…今何時だと?」

「ええっと…23時回ったところね」

「お前…巫山戯てるのか?」

「巫山戯てないわよ。トヒが帰ってくるのが遅いんじゃない」

「やかまっしゃい!この後に及んで人の所為にするのか?悪いのはこの口か!」

「やめて!私のぷにぷになほっぺを引っ張らないで!」

「ぷにぷになほっぺやぽよぽよな腹を育てている覚えはない!」

「誰の腹がぽよぽよか!」

「お前が来てから食費が3倍になってこっちも生活がギリギリなんだぞ!帰りが遅いのも無理言って夜の仕事もさせてもらってるからだ!」

「夜の仕事ってアンタ…」

「……違うからな?お前分かって言ってるな?」

「ゴメンナサイワカッテイッテマシタ」

 

 トヒのまとう怒りのオーラに気付いたミワ。即座に発言を撤回する。ヤバそうなのがなんとなく伝わったのだろう。こちらが長い付き合いならあちらもまた長い付き合いなのだ。

 

「はあ…取り敢えず見せてみな」

「ほい」

「神、募集。この度新たに神になる方を募集致します。ピンときたら以下のサイトにご訪問下さい。詳細はそちらに記載しております」

「そのサイトがこちら」

「参加費無料の説明会は随時開催中。詳細は説明会に申し込まれた方にのみお伝えしております」

「自動返信されたメールがこちら」

「お申し込みを受け付けました。詳細は説明会にてご説明させて頂きます。昼食は食べないでお越し下さい。こちらは自動返信となっておりますので、こちらに返信されてもお答えできません」

「というわけなんだけど」

「つまり何も分からないじゃないか」

「逆に信憑性ない?」

「ねえよ。どこでこんなの拾ってきたんだ」

「郵便受けに入ってた」

 

 立ち上がり布団に潜り込む。付き合ってられない。出所がわからないようなものにホイホイと個人情報を流すようなことをして。それこそ詐欺に利用されるだけだ。ミワがそこまで馬鹿だとは思わなかったが自業自得というものだ。明日も早いし早く寝よう。

 

「勿論、ミワの分も申し込みしておいたわよ。出発は明日の朝ね」

「てめえ何てことを!」

 

 布団から飛び出しミワの肩を前後に思いっきり揺さぶる。こいつ自分だけでなく他人も道連れにしやがった。明日も仕事があるってのに。個人情報保護の観点から見ても許されざる行為だ。

 

「あ゛ー脳がー脳みそがー」

「お前ってやつは…お前ってやつは!」

「あ、待って、やばい。何か出る!やめて!それ以上やるとホントに何か出ちゃいけないものが出ちゃう!」

 

 放してやるとしばらく目を回していた。少しやり過ぎたような気もするがこいつが悪い。

 

「説明してもらおうか」

「説明も何も…ただ私と一緒に説明会に行くだけよ。お昼も出るし交通費も出るんだから、増えるものはあっても減るものはないじゃない?」

「そこだよ。なんで一緒に行かなきゃならん」

「なんでって…説明会の参加は二人以上って書いてあったんだもん」

「だもんじゃない。それで勝手に他人の名前使ったってのか」

「心配ないわ。万事OKよ」

「万事休すだよ」

 

 何もかもが滅茶苦茶である。

 

「こっちは明日も仕事あるんだぞ」

「安心しなさい。手は打ってあるわ」

「あー…つまりアレだ。明日は行くしかないんだな」

「理解が早くて助かるわ」

「理解したんじゃない。諦めたんだ」

「じゃあ問題ないわね!明日は早いわ。もう寝ましょう」

 

 そう言い残してさっさと布団に潜り込んでしまったミワ。一日中ゴロゴロしているとはいえ生活リズムはしっかりと守っているので、結構健康的な時間サイクルで生きているらしい。そのままスウスウ寝息を立て始めた。

 

「人の気も知らないで…相変わらず寝付きはいいな」

 

 一人残されたのでミワが残したものからあれこれ探ってみたものの何の成果も得られない。日付も変わったのでミワの隣に潜り込む…そういえば締切が迫ってるからと言っていたくせに既に申し込み済みじゃないか。寝ているミワの鼻を軽くはじくと電気を消して眠りに就いた。

 

 翌朝、目を覚ますと珍しくミワが先に起きていた。いつもなら仕事に出る直前まで布団の中でウダウダしているのに。

 

「おはよう、ミワ。早いな」

「あら、おはよう。今日はお寝坊さんね?」

「いつも通りだと思うが…ミワは随分と早いんだな」

「そりゃあ、今日は久しぶりのお出かけだからね」

「お出かけ?」

「昨日言ったじゃない。説明会に行くのよ」

「あー……」

 

 寝ている間に頭の奥深くにしまい込んだはずの記憶が蘇ってきた。昨晩の問答が再び脳を駆け巡る。

 

「最悪の目覚めだ…」

「何よ…せっかく朝ご飯作ったげてるのに」

「そういえば焦げ臭いな」

「えっ!嘘!ピザから火が出てる!」

「すまんが炭を食べる趣味はないんだ。遠慮しておくよ」

「”すみ”だけに?」

「何もかかってないぞ。火事になる前に早よ片せ」

「あ゛っつい!!」

 

 年頃の女の子とは思えないような声を上げながらかつてピザだったそれと格闘するミワを放っておいて、昨日買っておいた菓子パンを頬張る。生きて腸まで届きそうな乳飲料で流し込むといつも通りの出かける支度をする。

 

「あっトヒ!まさか仕事に行こうとなんてしてないわよね?」

「してないさ。お堅い服はこれしかないんだ」

「ふーん…まあ、いいんじゃない」

「ミワは何着てくんだ?」

「こんなこともあろうかと用意しておいた勝負服よ!」

「ああ、結局一度も着ることの無かったやつか。持ってきてたんだな」

「別に太ったわけじゃないし…まだ着れるし…ってそんなことはいいのよ!昨日こっそり実家に戻って取ってきたの」

「自分家なんだから堂々と入りゃいいのに」

「そうは問屋が卸さないのよ」

「まあそんなもんなくなってたらすぐにわかるだろうし、運んでるときも人目につくこと間違いなしだけどな」

「もしかして:バレてる」

「田舎の有名人は辛いな」

「あちゃー」

 

 あちゃーと言いながらもさして気にしていない様子のミワの着替えを手伝いつつ自分の荷物もまとめていく。

 

「何か持ってくものないのか?」

「さあ」

「さあって…」

「何も書いてないんだしいいんじゃない?私もあんまり荷物大きくしたくないし」

「ええ…」

「これ着て歩くのどんだけ疲れると思ってるのよ。軽い登山よ」

「毎日着て歩いたら腹も少しはへっこむんじゃないか」

「かもしれないわね…」

「語るに落ちたな」

「なっ!太ってない!太ってないわよ!女の子なんだから体型くらい気にするわよ!」

「ついでに人として世間体も気にしてくれ」

「それは言わない約束でしょ!!」

 

 些か暴投気味の言葉のキャッチボールでウォーミングアップをしながら用意を進めていく。

 

「じゃあ行きましょうか」

「うむ」

「出発!!」

 

「到着!!」

 

 歩いて数分のところにある街の転移装置に到着した。この転移装置、一度使ったことがある筐体にならば瞬時に移動ができる優れものなのである。まあ、一度は実際に行かなければならないのが不便なところなのであるが。

 

「神都まで、二人、お願いね」

 

 転移装置の係員に告げるミワ。

 

「お?ミワじゃねえか。その服、昨日の噂は本当だったんだな」

 

 係員のおっちゃんが多少驚いたような顔でこちらを見る。そこまで大きくない街なのでだいたいは顔見知りなのである。特にミワに関しては実家の都合で方々に面が割れている。

 

「え?噂?」

「ほれ、地元の掲示板に目撃者多数だ」

「掲示板?『さっきミワが一人で実家に帰ってた』『マジか』『ミワ、動きます[画像]』『金に困って遂に実家のもん売りに出す気だ』『あれで変装のつもりか』『変装がバレなかったら不法侵入でオワリだが』『トヒも可哀想だよな』『俺が養ってやる』『はい不敬』『通報した』……何よこれ?すごい言われようね」

「この辺り一帯の奴らの匿名掲示板だな。通称『ジモちゃんねる』だ」

「色々とスレスレな気がするわ…」

「やっぱりバレてたんだな」

「ん?トヒも居たのか。気付かんかった」

「最初から居たさ」

「いやあ、ミワのこんな姿なんて滅多に見れんからな!つい目を奪われちまった」

「幻覚じゃくて本物だぞ」

「二人して失礼ね…そろそろいいかしら?」

「おっと、わりぃ。今向こうの空きを確認するからよ、ちょっと待ってくれや」

 

 ここの係員の仕事は転移先の座標の設定である。もし適当に転移してしまうと、同じタイミングで転移してきた者と盛大にやらかしてしまうので結構大事な仕事である…給料も割といい。

 

「よし、15秒後だ。早く乗れ!」

「えらい急ね…行くわよ、トヒ!」

「はいはい」

「5秒前!4!3!」

「行ってきまーす!」

 

 神都は各機関の頭が連なっていて、いわゆるところ政治の中心である。また、各地からヒトやモノが集まる経済の中心でもある。ミワやトヒの住む街は昔は結構栄えていたのだが、今はひっそりとして都会の喧噪とはかけ離れたところであった。

 

「久しぶりねぇ…」

「いつ来てもやかま…賑やかだなあ…酔いそう」

 

 神都に転移してきた二人が目にしたのは右に左に人々が行き交う姿だった。

 

「そういえばトヒ」

「ん?」

「どうして私の行動がみんなの噂になるのかしら?」

「どうしてって…そりゃまあ、ミワは街じゃ有名人だからな。噂くらいするだろ」

「そりゃちょっとは顔が売れてるかもしれないけど…父様や兄様もいるのだからそっちの噂すればいいのに」

「そこの娘が家追い出されて人ん家に居候してるんだ。噂にならないでどうする」

「うっ…」

「それにミワ、お前に自覚はないかもしれないがな、結構お前は人気がある」

「えっ…」

「顔もいい、スタイルもいい、人当たりもいい。ついでにそこまで高嶺の花感がない。かなりの優良物件だ」

「何か急に恥ずかしくなってきたわ…」

 

 適当に返したものの、本当はミワの将来をみんな気にしているのだ。今は居候の身に成り果ててはいるが、ミワの実家もいつまでもこのままでいいと思っているわけではないだろう…まあ、実際人気があるのは確かなのだが。

 

「じゃあ、取り敢えず観光しましょう!昨日ちょっと調べて行きたいところがあるのよ。説明会には昼までに行けば良さそうだし。それまでは都会を楽しむわよ!」

「田舎者って感じだ」

「五月蠅い!行くわよ!」

「はしゃぐとすぐ疲れるぞ」

 

 久しぶりの神都に最初からフルスロットルのミワ。が、それも束の間。ミワの体力が尽きた。

 

「マジ無理…椅子…」

「言わんこっちゃない」

「仕方ないじゃない!この格好でこの人ごみなんだから」

「好きで着てきたんだろう」

「じゃあ何よ。パジャマ兼部屋着でも着てろって言うの?」

「別にいいが常に斜め後方3mをキープさせてもらうぞ」

「酷い!」

「にしても座るところが全くないな…」

 

 そう、都会には少し休憩と言って座れるようなところがない。どうしても座って一息つきたいというのであれば、喫茶店のようなところに入る必要がある。

 

「ゆっくりしてる時間もないし、お昼前にお店に入るのもあれだし、もう会場に向かいましょうか…」

「そうだな」

「ああ…お家帰りたい…」

「はあ…」

 

 久しぶりに外に出たと思ったらこれである。引き籠もりにいきなり都会の喧噪は厳しかったようだ。

 神都の更にその中心部に一際目立つ場所がある。地図も見ずに適当に歩くミワの後を黙って着いていくと、まさにそこで足を止めた。

 

「着いたわ」

「ここって…おいまじか」

 

 入り口には大きな鳥居。そして神都のどこからでも見ることの出来る程の高さを誇る建物。この国の最高機関、高天原である。





誤字脱字、変な言い回し等あればお知らせください。
感想等もお待ちしています。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

説明会壱

急に寒くなりましたね。



「高天原じゃないか」

「今日の説明会の会場よ」

「会場って高天原なのか…」

「そりゃ神様関連のプロジェクトなんだから当然じゃない」

「でも、まさかなあ…」

「取り敢えず入りましょ。中に椅子くらいは置いてあるでしょう」

「休憩所じゃないんだぞ?」

 

 脇には警備員の詰め所のようなものがあったが、特に止められることもなく建物の中に入る。まっすぐ進んで受付のおねーさんに会釈をする。

 

「こんにちは。どのようなご用件でしょうか」

 

 いきなりやって来た小娘二人にも丁寧に対応してくれる。こんなところに用もなく来る輩など殆ど居ないのだから当然と言えば当然である。

 

「今日ここで行われる説明会にお伺いしました、ミワです。こっちはトヒ」

「どうも」

「少々お待ち下さい…ミワ様とトヒ様ですね。担当の者が参りますのであちらでお掛けになってお待ち下さい」

「ありがとうございます」

 

 壁際に設置されてある椅子にミワが崩れるように座り込む。足を上げ空中でバタバタさせるミワの前に立ち受付のおねーさんに見られないようにする。

 

「はーっ!つっかれたあ…」

「みっともない…」

「靴も脱いで横になりたい衝動が抑えられないわ」

「流石にやめてくれ」

 

 しばらくすると担当の者らしき人が現れ会議室のような小さな部屋に通された。そしてまた担当の者が来るのを待たされる。業務が細分化され過ぎやしないだろうか。案内してくれた人が部屋を出やいなや、ミワが少し服を崩してパタパタと仰ぐ。

 

「いやーここはクーラーも効いてていいわねえ」

「だらしない…」

「トヒぃ~飲み物持ってなあい?」

「家から持ってきたのならあるが…ミワも持ってたろ?」

「んなものとっくに空っぽよ」

「なら全部やるよ。まだ一口も飲んでないし」

「ありがと。相変わらず水分摂らないわねえ…」

「自分でも不思議だよ」

 

 コンコンコン…軽いノックが聞こえた。

 

「入りまあす」

「え」

「え」

「いやあ!待たせたね!」

 

 ここまで意味のないノックもなかなかないだろう。返事をする間もなく扉が勢いよく開けられ、一人の子どもが入ってきた。ミワが急いで服を着直す。

 

「ミワ君とトヒ君だね?」

「あ、はい」

「そうです」

「まあ楽にして。さっさと済ましてお昼にしよう」

「はあ…」

「おっと、自己紹介がまだだったね。今回の新神募集の発案者にして責任者にして担当者のアメノ…げふげふアマノです。どうぞ宜しく」

「ミワです」

「トヒです」

「ふむふむ、じゃあ早速だけど少し話をさせてもらうよ」

 

 アマノと名乗ったその子どもはミワとトヒの向かいにちょこんと座った。

 

「まず、今日は来てくれてありがとう。今回このような募集をしているのは深刻な神不足によるものなんだ。技術の発展に伴い次々と新しいモノが生み出される。もちろんそれはいいことだ。しかしそれはその生み出されたモノを使う側の話だ。全く、管理するこちら側の立場にもなって欲しいものだよ。いや、別に技術の発展を疎んでるわけではないんだけど。それで毎回新しいモノができる度にそれに宿る神を今居る神の中から決めているんだけどもう皆手一杯でね。それに『最近のもんは難しすぎる!』って言って拒否する神も出て来る始末で困ったのなんの…まあわからないまま担当されるよりかはいいんだけどさ。というわけで新しいモノには若い神に担当させようということになったんだけど、力や経験の少ない若い神に複数のモノを担当させることも出来なくてね。若い神もそんなに居るわけじゃない。なら新しい若い神を集めればいいんじゃないか、という結論に至ったんだよ」

「なるほどぉ…」

 

 恐らく半分程しか理解出来ていないミワの生返事。宿り神のことは義務教育で習っている。それ以前に全てのモノは大切に扱いなさいと小さな頃から教えられている。まあ実際には一つ一つのモノに神が宿っているのではなく、加護が与えられているだけだということは分かっている。神様もそんなに暇じゃない。だからといってぞんざいに扱うようになるわけではないが。

 

「とまあこんな感じだ。さて、質問はあるかな?」

 

 一気に喋りきったアマノが一息つく。トヒはずっと思っていた疑問を口にした。

 

「では一ついいですか」

「いいよ、何かな」

「なぜ説明会の参加条件が二人以上なんでしょうか」

「え?それは登録時に書いてあったろう?」

「登録時?」

「説明会参加申し込みのときに色々と個人情報の入力があったと思うんだけど」

「えーと…それは私がトヒの分も登録したのでトヒは知らないんです。説明もしてませんでしたし」

「あー、あれだ。アイドルの書類審査に姉や友達が勝手に出しちゃうやつだ。自分の分もってのはなかなか聞かないけど」

「勝手にじゃないですよ…?トヒの親にはちゃんと許可は頂いてますし…まあ、トヒは私にとっては妹みたいなものですけどね!」

「こちらとしては経緯がどうであれ正式な手順を踏んでもらってるから問題はないんだけど…一応説明しておこうか。参加人数が二人以上なのは、一人は神としての役目を、他の者はその神に仕える巫女の役目があるんだ。巫女は何人でもいいから以上ってことにしてあるんだけど」

「は?」

「は??」

 

 予想だにしなかった事実に素でアマノに返事をするトヒ。

 

「アマノさん、ちょっと席を外しますね?」

「え、あ、うん」

 

 トヒの全く笑っていない笑顔に圧倒され頷くアマノ。

 

「ミワさん、こっちに」

「は、はいぃ…」

 

 トヒに肩をガシッと掴まれ為す術なく引きずられるミワ。

 

「ミワさん」

「な、何でしょう…?」

「先に言っておくことがあれば」

「よろしくね?」

「それだけでいいか?」

「えーと…」

「よし、わかった」

「わかってくれたの?」

「ああ」

「よかった…あれ、どうしてほっぺを引っ張るの?」

「どうしてお前に仕えなきゃならないんだよ!!」

「だって、だって、他に頼めるなんていないし…トヒは本物の巫女さんだから大丈夫かなって…」

 

 そう、トヒの仕事は地元の神社の巫女である。アルバイトではない、本職の。トヒの母も、その母も巫女であった。今はトヒとその姉の二人である。

 

「それにウチの神社で巫女してるんだったら私に仕えるのも大差ないかなって…」

 

 そう、ミワの実家は地元の神社である。祀られているのはミワの家系の先祖だと言われている。ミワの父はそこで神主をしている。

 

「いやいやいやいや、神社の巫女するのとお前の巫女するのとは大差だぞ!お前は神でも何でもないただのニートじゃないか?」

「いやいやいやいや、私のご先祖様が神様なんだからそれはもう私は神様ってことにならない?」

「ならねえよ!」

「あれ?じゃあ分家のトヒも神様?」

「違うだろ…」

「でもトヒのお母さんなんて二つ返事でOKしてくれたわよ?」

「ええ…」

 

 いやしかし、まだミワが神になったわけではない。まだ説明会の段階だし、ミワがせっかく働く気になったのは惜しいが今回はなかったことにしてもらおう。そもそもこれは働くことになるんだろうか。

 

「アマノさん、お待たせしました」

「仲が良いねぇ」

「いえ、ただの腐れ縁です。ところで今回の話はなかったことに出来ませんか?」

「え?」

「え?」

「まだ説明会ですし、ここから辞退ということで」

「何言ってるのよトヒ!」

「いや付き合ってられんし」

「私の神様ライフはどうなるのよ!」

「知ったことか。普通に働け」

「えーと、こちらとしても初めての応募者をみすみす逃すわけにもいかないんだ。ぶっちゃけた話だけど、結構無理して予算を通した手前、何の成果も得られませんでしたってのは…もう一度考え直してもらえないだろうか?」

「と言われましても…」

「トヒ、私がニートになってもいいの?」

「もう立派なニートだろうが…」

「だからこうして職探ししてるんじゃない!」

「もっと地に足をつけてだな…」

「よし、じゃあ、お昼にしようか。そろそろ良い時間だろう。トヒ君の好きなものを用意しよう。続きはそれからだ。トヒ君、何か食べたいものはあるかい?」

 

 空気を変えるためかアマノが手を打った。トヒとしては昼を食べる前に退散したかったのだが先手を取られた。

 

「いえ、そんな」

「トヒは冷たいお蕎麦が好きですよ」

「ミワ!」

「ようしわかった。少し待っていてくれ給え!」

 

 アマノは部屋を飛び出していった。

 

「何勝手に…」

「トヒのことだから『悪いから昼を食べる前に退散しよう』とか思ってたんでしょ」

「それがわかってるなら」

「神都の、それも高天原で食事する機会を逃してたまるもんですか」

「お前なあ…」

 

 椅子に座り天井を仰ぐ。少し頭の整理をする。ミワも話しかけてはこない。暫しの沈黙の末、口を開く。

 

「取り敢えず、もう一度よく考えよう」

「何を?」

「何をって…今回のこと全部だ。流石にすぐに受け入れられるようなもんじゃない」

「まあね」

「何よりミワが神様になるなんて考えられない」

「そりゃあ私も考えたことないわよ。でもね、こんなことが出来るのも若い内だけなのよ。今はこうして毎日自由気ままに生活を送っているけれど、10年後…いいえ、もっと早くかも。私は自由に生きていけないかもしれないんだから」

「そうなったらそれがミワの生きる道なんだよ。それを支えるのがうちの家の役目だ」

「そんなことないわよ。そんなので良いわけないじゃない」

「今みたいなミワの我が儘が通ってるのも、せめて今のうちはってことで大目に見られてるんだ。それくらいわかってるだろう」

「トヒはそれでいいの?」

「…何が」

「私が行ったこともないところの神社の見たこともない跡継ぎのところに行っちゃってもいいの?」

「…それは一介の巫女の分際で口出しすることじゃない」

「じゃあ、友達として…いえ、姉妹同然に生きてきた一人の人間としてのトヒならどうなの?」

「……」

 

 トヒの家は神社が出来た頃からずっと巫女の家系である。初代の神主の娘、二代目の姉が初代の巫女であるとされている。当時は一族の中ではそれなりの権威があったそうだ。トヒはそんな家系の次女として生を受けた。一方、ミワはトヒが生まれた数日後、本家である神主の家系の長女として生まれた。既に一族の繋がりを重要視する時代でもなくかなりの遠戚だったが、神主の家系と巫女の家系ということもあり普段から付き合いのあった両家。当然、双方が双方の遊び相手としてあてがわれた。それこそ生まれた頃からの付き合いで、親よりも、それぞれの本当のきょうだいよりも互いのことはよくわかっている。

 

「行くなとは言わない」

「えっ…」

「当然だ。どんな立場であってもミワの人生に口出しするつもりはない」

「そう…」

「でもな、今までずっと同じ道を歩んできたんだ。言ったろ、ミワの生きる道を支える。それはこれからも変わらんよ」

「どういう…」

「もしお前が嫁に行ったら追っかけてそこで巫女をやるさ。幸いうちには優秀な姉がいる。跡継ぎには困らんだろう」

「トヒ…」

「思えば二人でこんな話したことなかったな」

「そうね」

「まあ、それと今回のことはまた別だが」

「今そんな流れじゃなかったわよね?」

 

 顔を見合わせ二人で笑う。最近忙しかったのもありこうやって二人で笑うこともあまりなかった気がする。

 

「じゃあ、改めて…というか、まだ、1回も言ってなかったわね。私の生きる道はトヒの生きる道。同時にトヒの生きる道は私の生きる道。絶対に後悔はさせないわ。今更だけどトヒには迷惑かもしれない。でも今回は、いえ、今回も私に付き合ってくれないかしら」

「わかったよ」

「ホントに?」

「ああ、ミワに振り回されるのには慣れている」

「ありがと~トヒ!」

 

 ミワが首に巻き付いてくる。

 

「あ、それと一ついいか?」

「何かしら?何でも言って」

「お前の妹になった覚えはないぞ」

「え?」

「年齢的にはミワが妹だ」

「同い年じゃないの」

「いーや、違うね。双子ですら序列があるんだ。数日の差を急に追い越すな」

「でもトヒはお姉ちゃんって感じしないんだけど」

「実際に妹やってるからだろう」

「じゃあ姉が一人増えたくらいいいじゃないの」

「同じ存在は二人もいらないんだよ」

「何よそれ~」

 

 余計にミワがじゃれついてくる。こんな絡みも昔からのことだ。

 しばらくしてアマノが帰ってきた。何やら全身白い粉まみれだ。

 

「待たせたね!」

「アマノさん?どうしてそんなに真っ白に…?」

「いやなに、ちょっと蕎麦をね」

「え?」

「手打ちですか?」

「いやあ、出前でも良かったんだけどね。ここはこちらの誠意というものを見てもらおうと思ってね。うちの食堂を借りてイチから作ってきた」

「はあ…」

「さ!遠慮せずにいっぱいお食べ。好みがわからなかったから薬味は色々持ってきたよ」

 

 露骨にミワが残念そうな顔をする。あれだけ神都の、高天原の食事を楽しみにしていたのだから仕方ないだろう。一方のトヒは食べれりゃ美味しいというスタンスなのでそこまで高級品への執着はない。ミワの様子を察してか否か、アマノがミワに声をかける。

 

「安心してくれていいよ、ミワ君。食後のデザートはこの辺りでも有名な店のものを用意してある」

「本当ですか!?」

 

 露骨にミワが喜ぶ。流石に失礼だろう。

 

「トヒ、頂きましょう?」

「そうだな」

「どうぞどうぞ」

「「いただきます」」

「じゃあご相伴に与ろうかな」

 

ズルズルズルズル…ちゅるん!

 

 初対面の人との食事で緊張するミワ。食事中は基本的に喋らないトヒ。二人が全く喋らないので気を遣って喋らないアマノ。蕎麦を啜る音だけが部屋に響いていた。

 

「ふう…私はこのくらいにしとこうかしら」

「全然食べてないじゃないか」

「一人前もあれば十分よ。あんまり食べてデザートを美味しく食べれなかったらいやじゃない」

「そうだね、そろそろデザートも届く頃かな。期待してくれていいよ」

「わあ!ありがとうございます!」

 

ズルズルズルズル…ちゅるん!

 

 届いたデザートを頬張るミワ。まだ蕎麦を食べているトヒ。この蕎麦は経費で落ちるのか考えているアマノ。蕎麦を啜る音だけが部屋に響いていた。

 

「トヒ、それ、かなり美味しいわよ」

「ん?なんだ、欲しいのか?」

「いや、別に…」

「いいよ、食べなよ」

「本当!?」

「そんなに気に入ったならこれも食べるといい」

「そんな…アマノさんの分まで…」

「いいよいいよ、せっかく遠くから来てくれたんだし」

「では遠慮なく…」

 

ズルズルズルズル…ちゅるん!

 

 更に二つ目、三つ目のデザートを頬張るミワ。相変わらず蕎麦を食べるトヒ。二人の、特にトヒの食べっぷりに嬉しそうなアマノ。蕎麦を啜る音だけが部屋に響いていた。

 

「「ごちそうさまでした!」」

「はい、お粗末様でした」

「美味しかったです。すごく」

「いやあ良かったよ。まさか全部食べきるとは」

「すみません、つい…」

「相変わらず麺類になると見境がなんだから…」

「いやいや、いいんだよ。調子に乗って作りすぎてしまったから数日のうちの食事が蕎麦になるを覚悟してたんだけどね。全部食べてくれたから堂々と経費で…いや、気にしないでくれ」

「?」

「はは…」

 

 三人で食器の片付けを済ませ少しの食後休憩を挟むと、それなりに真剣な表情でアマノが口を開いた。

 

「じゃあ、早速ですまないがさっきの続きなんだけど」

「ミワと少し話をしました。ミワのやりたいようにやらせたいと思います」

「そうか!ありがとう。では全員の…といっても二人だけど、承諾を得たところで次のステップに移ろう。君たちが神に、そしてそれを支える巫女たるに相応しいかを試させてもらいたい」

「えっ、すぐになれるんじゃないんですか?」

「雇う側に選ぶ権利はあるってことですね」

「まあ、そうだね。権利というか義務に近いかもしれない。中途半端なものを神にしてしまっては我々の威信にも関わってくるからね。いや、別に君達がそうだと言っているわけじゃないからそこは分かって欲しい」

「大丈夫です。分かります」

「まあ、当然と言えば当然なのかしら」

「まあ民間企業でいうところの適性検査のようなものと思ってくれるといい」

「どんなことをするんですか?」

「まず大前提として、神としてやっていくには信仰を集める必要がある。忘れ去られ信仰を失ってしまった神はその力を失ってしまうからね」

「うちみたいに神社があるのもそういう理由なんですか?」

「そうそう。神社の祭祀対象は主に二つにわかれていてね。自然やモノを祀るところとヒトを祀るところ…ミワ君のところは基本的には前者だね。でもあそこはそれだけじゃないんだけど…それは君達の方がよく知ってるか」

「なるほどお…」

「なるほどって…お前なあ…」

「で、だ。君達には軽く世界を救って貰おうと思う」




毎週金曜の0時(木曜の24時)に投稿していきたいと思います。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

説明会弐


寒いですねえ。



「世界を救う?」

 

 アマノがとんでもないことを言い出した。世界を救うだなんて小娘二人に出来るわけがない。

 

「いやなに、実際にこの世界を救ってくれと言ってるんじゃない。そんなことは今の君達には到底不可能だし、それは我々の仕事だ。でもね、神になれば話は別だ。有事の際には最前線で働いて貰うことになるかもしれない。まあそんなことは滅多にないし新米を最前線に出すほど我々も落ちぶれてはいないがね。そのシミュレーションとしてこちらが用意した仮想世界のために、今君達が出来ることを見せてもらいたいと思っている」

「つまりアレですね!異世界転生モノですね!」

「何で嬉しそうなだよ」

「当たらずとも遠からず、かな。実際のところゲームみたいなものだよ」

「みたいなもの?」

「まだ非公開の技術なんだけどね。それで向こうの世界に意識を飛ばすんだ」

「へえ…」

「でも、向こうで火に触れば熱いし、何か食べないとお腹が空く。怪我をすれば痛いと感じるしすぐに治ることもない…世界が実世界と違うだけで世界の原理そのものは実世界と何も変らないよ」

「仮想とはいえ随分とリアルなんですね」

「これよ…こういうのを私は求めていたのよ…!」

「ミワ、ちょっと黙ろうか」

「向こうで出来たのにこっちでは出来ない…なんてことがあったら意味がないからね。出来るだけ状況を寄せているんだよ」

 

 妙に興奮しているミワを余所に話を進めていく。実際に試験をするのは後日、今日は仮想世界を体験するということになった。ミワはというと「チュートリアルね!」と言って相変わらず一人はしゃいでいた。

 アマノに連れられ別室へ移動する。先ほどまでいた部屋と大きさは殆ど変らない。中にはベッドが二台とモニターが一台あるだけだった。

 

「そのままでいいからここに寝てくれるかな」

「ベッドなんて久しぶりねえ」

「ウチにはないからな」

「途中で落ちないかしら…」

「前までどうやってたんだよ…」

「早速だけど向こうに飛ばすよ。今回は5分だけだ。評価には良くも悪くも影響しないから気軽にね。色々試してみるといいよ」

「はい」

「わかりました」

「じゃあ目を閉じて…100、93、86、79、72…」

 

 スウッと全身の力が抜け、アマノの声が遠くなっていく。心地よい子守歌を聴いているような感覚だ。

 

「65、58、51…」

 

 そこで意識が途切れた。

 

「10、3…あれ?どこで間違えたんだろう?まあ、二人とも向こうに行ったみたいだし大丈夫か」

 

 アマノがさっきまでは何も写っていなかったモニターに目を向ける。そこには何もない空間で倒れているミワとトヒが写っていた。

 

 ひんやりとした感覚。眼を開けると、白い天井、白い壁に白い床。窓や扉すら何一つない空間だった。宇宙飛行士の訓練みたいだ。

 

 少し離れたところに転がっているミワを見つける。

 

「ミワ、起きなよ」

「うーん…?」

「5分しかないんだ。さっさと起きな」

「ここが異世界?」

「アマノさんの言う仮想世界ってとこだろう。何もないただの空間って感じだけど」

「ほえぇ…本当に来ちゃったのねえ…実は寝てる間にどこかに運ばれただけってことないかしら」

「いや、それはないんじゃないか?まず出入り口が見当たらない」

「凄いわねえ…」

「取り敢えず身体が思うように動くか試してみよう。それで気になったことを共有し合う感じで」

「わかったわ。フォーメーションXで行きましょう」

「なんだそれ」

 

 ミワが立ち上がり適当な方向に走っていった。ミワと同じことをしても仕方ないのでその場で跳ねてみたり、屈伸したりと細部に異常、違和感はないかを確かめる。そうこうしてる間にミワが帰ってきた。

 

「どう?トヒ」

「特に何もないな。いつも通りといったところか。ミワは?」

「私も別に変なとこはなかったわね…強いて言えば服が軽いってくらいかしら」

「そうか?…いつもと変らんがなあ」

「私の持ってみてよ」

「ん…いや普通だが?」

「そんな…でもほら、私の軽やかな走りを見たでしょ?この服、結構重いはずなのに…まるで全裸で走ってる感覚だったわ」

「全裸で走ったことあるのかよ」

 

 ミワの服…勝負服などと言っていたが、この服は本来ならミワが公の場で着る装束なのだ。だがミワが堅苦しいのは嫌だと言って着なかったり、そもそも参加しなかったりで一度も披露されることがなかったもの。恐らくこの装束を着ているミワを見たことがあるのは仕上がりを試着したときに居たミワの母親と、何故かミワに呼び出され着るのを手伝わされたトヒくらいである。確かに相当な重さであったし、走るなんてとんでもないことだ。

 

「なあミワ。ちょっとだっこしてくれないか?」

「え…急にどうしたのよ…デレ気?」

「いや、ちょっと気になったことが」

「もう…トヒの甘えん坊さん」

「やかまっしゃい」

「いくわよ…よっと!」

「うわぁ!」

「あれ、トヒってこんなに軽かったっけ?ダイエットしてるの?ってレベルじゃないわね…それ!たかいたかーい!」

「ひやああ!」

 

 ミワが突然真上にトヒを放り投げる。天井の高い家でないと出来ないたかいたかいである。流石に頭をぶつけるところまではいかなかったが。

 

「ほい!お帰り」

「なんてことしやがる…」

「ちょっと気になってね」

「もう降ろしてくれていいぞ」

「しっかし、ホント軽いわねえ」

「いいから降ろせ」

「バタバタするトヒも可愛いわよ?」

「怒るぞ」

「ごめんごめん。じゃあ今度は私の番ね!トヒ~だっこ~」

「なんで…よいしょ!」

「…」

「…」

「トヒのことだから真面目なんでしょうけど…」

「おもい」

「重くないわよ!重いったってトヒよりりんご一個分くらいじゃない!」

「いや、二個+αだと思う」

「どうしてよ…トヒはあんなに軽かったのに…」

「別に軽くなった気はしないんだが…ミワの力が強くなっただけじゃないか?だからその服でも走れたんだと思う」

 

 不服そうなミワだがなんとなく気付いていたらしい。

 

「まあそうかもねぇ…じゃあトヒ。手、貸して」

「え?はい」

「しっぺ!」

「いった!!」

「なるほど…痛覚はあるのね」

「そりゃあるって話なんだからあるだろうよ!」

「一応確認したまでよ」

「先に言えよ…もう赤くなってるし」

「身構えちゃ意味ないじゃない。フーフーしてあげましょうか?」

「いらんわ。そろそろ5分経つだろうしやり残したことはないか?」

「あ、最後にやってみたいことがあるの」

「えー…」

「そんな顔しなくても…トヒに被害はないわ、多分」

「何するんだ…」

「異世界転生と言えばあれよ。転生特典!」

「別に異世界でも転生でもないんだが」

「んなぁこまけぇこたぁいいんですよ。こういうことは浪漫よ」

「そういうもんかね」

「一度やってみたかったのよ。まあ見てなさい」

「手早くなー」

「じゃあちょっと下がってくれる?その辺でいいわ。『墾田永年私財砲』!」

「は?」

「ばきゅん!!」

「ばきゅんてお前な…」

 

 親指を立て、人差し指をこちらに向け、かけ声とともに斜め上に跳ね上げる。絶対に死んだフリなんてしてやるもんかと思いながらミワの奇行をたしなめようとしたそのとき、陽炎のような揺らぎが近づいてきた。腹部に何か温かいものが当たる感覚がありそのまま後ろに吹っ飛ばされた。

 

「え、ちょ、」

「え、うそ…」

「うわあぁあぁあぁあぁあ!」

「トヒ!だいじょ」

 

 遠くなっていくミワが急にポテッと倒れる。服が消え、髪が消え、床に転がる時には白いマネキンのような姿に成り果てていた。時間か。そう思った途端、意識が途切れた。

 次に眼が覚めたときには既にベッドの上だった。ミワの寝ているベッドに顔を向けるとアマノが空いたスペースに座って足をブラブラさせて帰還を待っていた。

 

「帰ってきたのか…」

「お、やっぱトヒ君の方が早かったね。お帰り。気分はどうだい?」

「何とも言えない気分です」

「はは、じゃあミワ君も起こそうか」

 

 ギシギシとベッドを揺らすアマノ。少しうめき声を上げたミワがゆっくりと起き上がる。

 

「おはようミワ君」

「あ、アマノさん…おはようございます」

「気分はどうかな?」

「うーん…何かフワフワした感じですね」

「まあ最初はそんなもんだよ」

「でも何だか良い夢を見ていた気がします」

「そうかい、それは良かった。何か聞きたいことはあるかい」

「今は…特にないですかね…」

 

 何か質問はありますか、と言われて急に質問が出来るものではない。特にミワはまだ覚醒したところだ。当然だろう。

 

「トヒ君も、何かあれば」

「いくつかいいですか」

「ああ、どうぞ」

「まず一つなんですが、アマノさん、意識を持っていくって仰っていたじゃないですか」

「そうだね」

「なら、身に付けていたものや向こうでの身体はどういう都合になってるんでしょう」

「うーん、いきなり鋭い質問だねえ」

「そんなこと全く考えなかったわ…」

 

 トヒは向こうに行く前からの疑問をぶつけてみた。向こうに行って更に深まった疑問でもある。

 

「うーん、これを説明して良いものか悪いものか…ま、いいか。まず、君達の身体に関してはね、向こうに人形のようなものを用意してあるんだ」

 

 意識が途切れる前に見たミワの姿のことだろう。真っ白の、あのマネキン。

 

「そこに意識を吹き込むような形だね。そして意識の持っている自我を利用して自分というものを形成している。神降ろしとでも言ったらわかりやすいかなあ。服の方はそこまで難しい話でもなくてね、このベッドが凄いんだ。我が技術部の努力の結晶だよ。意識の転送時にこの上にあるものをスキャンしてそのコピーを一緒に転送しているんだ」

「なるほど」

「ということは、異世界に持って行きたいものがあれば一緒にベッドに載せておけばいいんですね」

「ああ、身に付けてなければならない、ということはないしね。簡素に見えるけど本当に凄いんだよね、コレ」

 

 ミワがぺたぺたと触りながら「もう少し寝心地がよければなあ」と呟く。それを聞いて苦笑いのアマノ。

 

「次に二つ目ですが」

「何だろう」

「これはただの報告になるんですけど、視覚、聴覚、嗅覚、触覚は正常でした。味覚は試してないのでわかりません」

「うんうん」

 

 想定通りらしく満足げに頷くアマノ。

 

「嗅覚?何かにおうものあったかしら」

「え」

「確かにそうだね、あそこの空間は文字通り何もないところだから」

「何のにおい嗅いだの?」

「えっと…痛覚も正常でした」

「え、何よそれ」

「後、熱さと言うか温かみも感じました」

「あ、そうなんだ、なるほどね、うん」

「そして三つ目ですが」

「トヒさーん?」

 

 ミワの追究を無視して次に進む。

 

「ミワの力が強くなってる気がするんですが」

「うーん?そうなのかい?」

「え、まあ、はい。トヒを軽くたかいたかい出来るくらいには」

「そうか…今のところ個人差としか言えないかなあ…トヒ君にそういうのはなかったかい?」

「特にこれといったものは…」

「これはちょっと持ち帰らせて貰うよ。今度までに説明出来るようにしておく」

「わかりました」

「まあ持ち帰ると言っても帰る場所はここなんだけど」

「え」

「流してくれていいよ」

 

 そして最後に最も気になること。

 

「最後に」

「ミワ君のアレかい?」

「そうです」

「アレ?」

「覚えてないのかよ」

「うーん、トヒにしっぺしたとこまではキチンと覚えてるんだけどね。そっからはあやふやなのよねえ。それこそ夢みたいな感じよ」

「じゃあ、これを見てみようか」

 

 アマノがモニターのスイッチを入れる。するとさっき居た白い空間が写っていた。画面の中心には二つのマネキン…意識を吹き込む人形のようなもの…が転がっている。

 

「ここには君達の意識を向こうに転送させた時点からの映像が映し出される。残念なことにそれ以前もそれ以降も記録されていない」

「へー、この白いマネキンが私達の身体なのねえ」

「これはね、どこから撮影しているというものではなくてね。常に君達の中心からある程度の距離までの映像が記録されていて、見たいところが見れる優れものだ。勿論プライバシーには十分配慮しているから安心してくれ。じゃ、再生していくよ」

「あ、私が寝てる」

「そんなに気にならないんだけどちょっとラグがあるんだよね」

「トヒも出てきた」

「同時に送ってるハズなんだけど、どうもミワ君に比べてトヒ君は肉体と意識の分離に時間がかかるようでね」

「トヒが起きたわ」

「逆に肉体と意識の融合はミワ君よりもトヒ君の方が早くてね。まあ、個人差だよね」

「寝付きの良さと寝起きの悪さみたいな感じですかね」

「はは、その例えはなかなか的を射ているかもね。じゃ、件の時間までスキップしようか」

「しっぺ!」

「この借りは必ず返す」

「お手柔らかに…」

「ここだね」

 

 アマノが止めたのはちょうどトヒが吹っ飛ばされるところだった。

 

「絵に描いたような吹っ飛び方ね…」

「いやあ驚いたよ。正直なところ想定外だ」

「何が起こったんですか?これは」

「まあ何がどうなったかを正確には説明出来ないんだけど…数フレーム前に戻すよ。で、ここを拡大して…これが見えるかい?」

「あ…」

 

 一瞬見えた揺らぎである。

 

「恐らくこれは何かしらのエネルギーの塊でミワ君から発されたものだろう。それがトヒ君に当たった衝撃で爆発。モロに食らったトヒ君が吹っ飛んだってとこかな」

「そんなことしてたの?私。全く覚えがないわ…」

「どうしてそんなことが…まさか、本当に転生特典…」

「転生特典とやらではないにしろ似たようなものだ。言ったろう?ゲームみたいなものだって。作った世界とは言え既に文明があり我々の介入を受け入れないレベルに発展している世界なんだ。そんなところに非力な民間人を徒手空拳で送り込むわけにはいかないからね。だからまあ、スキルと言えば聞こえがいいか。そういったものを使えるようにしてある」

「スキル、ですか」

「勿論、向こうの世界でだけだ。こっちであんなもの連発されちゃあたまったもんじゃない」

「確かに」

「本番前に説明するつもりではいたんだけどまさか今回見つけてしまうとはね。想定外と言ったのはこのことだ」

「隠し要素を正規ルート以外で攻略出来ちゃうってのは運営側に落ち度があるわね…」

「まさかだよ。今後の参考にさせて貰おう。まあ、ベータ版ではよくあることだ」

「これがユーザデバッグ…」

「ぐうの音も出ないね」

 

 何故かミワの食いつきが良い。

 

「トヒのスキルは何なんでしょうか」

「わからない」

「わからない?」

「我々が設定するものではないからね。君達のイメージが具現化したようなものだから決めるのは君達自身だ」

「イメージですか」

「ま、その辺はミワ君に聞いた方がいいかもしれないね」

「え?」

 

 そんなこんなで今日は終わりということになった。一応、他言無用の念を押されたのでそれなりに機密性の高いものなのだろう。二人ともこれ以上続ける気力もないので早々にお暇させてもらった。

 

「何か…どっと疲れたわね」

「そうだな」

「そういえばトヒ」

「ん」

「痛覚はちゃんとあったのよね。吹っ飛んだとき痛くはなかったの?」

「まあ、多少何か当たった感覚はあったがそこまでだったかな。床とか壁に打ち付けられる前に意識も戻ってきたし」

「ならいいんだけど…」

「気にすることないさ。そうだミワ、ちょっとこっち向いてみ」

「え、どうしたの」

「ていや!」

「て!」

「しっぺの仕返しだ」

「鼻がツーンて…鼻血出る直前みたいな、山葵の塊にあたったみたいな…」

「これで許してやるから元気出しな」

「くー!不意打ちとは卑怯なり!」

 

 鼻を押さえて大袈裟に悶えるミワ。この調子だと帰ったころには気にもしてないだろうし、多分明日には忘れているだろう。




投稿前と他エディタから写すときの2回推敲誤字脱字確認しているのですが何かありましたらお知らせください。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

木薯奶茶


1週間早いですね。最近バタバタしてます。
今回は特に進みません。



 そうして地元の転移装置へとまっすぐ帰ってきた二人。再び行きのときにも居た係員と顔を合わせた。

 

「おっ、帰ってきたか!」

「ただいま~」

「どうだ?神都は」

「だいたいいつも通りねえ。最近はお芋が入ったお茶が流行ってるそうよ」

「芋が入ったお茶だあ?うめえのかよ、そんなの」

「さあ。ずらーっと人が並んでて並ぶ気にもならなかったわ。私はお味噌汁で十分よ」

「ちげえねえ!はっはっは!」

「今日は疲れたからもう帰るわね。おっちゃんもお疲れ様」

「おう!ゆっくり休め」

「ばいば~い」

「じゃ、また宜しく」

「お?トヒも居たのか」

「最初から居たさ。またね」

「気ぃ付けてな」

「うん、ありがとう」

 

 家に帰ってきた二人は今日アマノから貰った資料を見ながら今後どうするかの計画を練るハズだったのだが、ミワが帰ってくるなり靴も脱がずに玄関に倒れ込んだ。

 

「シワになるぞ」

「どうせもうなってるわよ…それよりももう一ミリも動きたくないわ」

「久しぶりに外に出たらこれだよ、全く」

「うーん、言い返せないわね」

 

 倒れているミワの靴を脱がせ、右へ左へと転がしながら服を脱がせていく。服を脱がせると言うよりかは服から取り出していくと言った方が正しいかもしれない。ミワの服をシワにならないよう衣紋掛けに掛けると、半裸のミワをそのまま放っておいて再び外に出る。今日のお礼参りでる。お礼参りと言ってもあっちの方。巫女的に相応しいかはともかくあっちの方の意味である。今日は行く予定のなかった職場…神社へと向かう。

 社務所ではまだ数人が作業をしていた。急に休んだ奴がひょっこりと顔を出すことに若干気が引けたが、意を決して中に入る。

 

「こんにちは」

「あれ、トヒじゃん。どったの?今日休みだったじゃん」

「ちょっと所用があって…巫女長様はもう帰られましたか?」

「そうね…もう結構前かな」

「そうですか。ありがとうございます。では、お疲れ様です」

「あ、うん、ばいばい」

 

 巫女長様とはトヒの母である。巫女を引退はしたがトヒと姉の指導係としてまだまだ権威を振りまいている。その巫女長が帰ったところといえば当然、トヒの実家である。

 

「おかーーーん!」

「久しぶりに帰ったと思えばなんなのよ大声で…ただいまくらい言ったら?」

「やかまっしゃい!ただいま!早く結婚しろ!」

「グサッ!」

 

 玄関を開けると不運にもちょうど玄関に居た姉、トヨに八つ当たりをするとそのままずんずんと奥に入っていく。別にトヨに問題があるわけではない。顔立ちがよく、すらっとしてスタイルもいい。性格も真面目でこれといった欠点もない。妹目線から見ても別段悪くない。しかし家が家だけになかなか相手が寄りつかないだけなのだ。台所では巫女長…トヒの母がつまらなそうに夕方の情報番組を見ていた。

 

「おかん!」

「あらお帰り。あんまりお姉ちゃんをいじめちゃダメよ?で、神都はどうだった?」

「いつも通り人がゴミのようでしたよ。ところでそのことでお話があるのですが」

「良いじゃないの別に」

「は?」

 

 どうやら何のために来たのか分かっているらしい。

 

「いや良くないでしょうに」

「あんたの分の仕事は私とトヨでやっとくから」

「何言ってんですか…二人ともいつも手一杯でしょう」

「トヨとトヒの指導時間を使えばどうとでもなるんじゃない?今日もあんたの指導時間の間、暇で暇で仕方なかったわ」

「だからってトヨ姉の指導時間まで削ることないでしょう」

「もう教えることないのよ。最近は二人でお茶飲んでるだけだし」

「仕事して下さい」

「後は結婚さえしてくれたらねえ…」

「グサッ!!」

 

 トヒの八つ当たりから漸く回復し母屋に入ってきたトヨを母の悪意ない言葉が襲った。いや、多少の悪意はあったかもしれないが。

 

「ウチかて…ウチかてええ人がおったら今すぐにでも結婚しとるわ…」

「おかん…あまりトヨ姉をいじめないで下さい。心を病んでしまうと厄介です」

「あらあら、そんなつもりはなかったのだけど」

「グレてやる~!」

「トヨ姉も。そんな歳じゃないだろう」

「トヒが角度を変えて正確に急所を突いてくる」

「話が進まないからあっち行っててくれ」

「最近うちの妹が冷たいんだが」

「シッシッ」

 

 ブツブツと何か口走りながらテレビの前に寝転ぶトヨを放っておいて再び母に向き直る。母もそれなりに真面目に話す気になったようでテレビから視線をこちらに向ける。

 

「ミワちゃんが神様になってあんたがその巫女になるんでしょう?血筋的にも何の問題もないじゃないの。どうせあんたのことだから勝手に進めたこと怒りに来たんでしょう?」

「分かってるなら何でやるんですか」

「ミワちゃんが時間がないのにトヒが全然帰ってこない~って言うんだもの。どうせ断れないんだから私がOKしといたのよ」

「そうは言ってもあんなに怪しい話にホイホイと乗る人がいますか。今回は良かったものの本当に詐欺だったらどうするんです」

「やあねえ、まだそこまで耄碌してないわよ。それに今回は出来レースみたいなものだし」

「は?出来レース?」

「あれはね、ミワちゃんとこのお父さんから頼まれたのよ。今日聞いてきたでしょうけど高天原で神様募集してるじゃない?まずは神の系譜からってことで本家の方にも案内が届いたらしいわ」

「本家に届いたなら何でうちの郵便受けに入ってるんですか」

「ああ、それはね」

「昨日、指導時間にウチがトヒんとこに持ってった」

「お前も共犯か!」

 

 マジで仕事しろよ。

 

「因みに昨日、トヒに残業してもらったのもこのため」

「あの仕事量は流石におかしいと思ったわ!」

 

 人の弱みにつけ込んで…どうやら知らなかったのは自分達だけらしい。まんまと大人達の手の上で踊らされていたという訳だ。今まで波風を立てないように、普通をモットーにやってきた。それがミワの就活に巻き込まれるのは甚だ遺憾だが、こうなったのなら仕方がない。ミワを神に祀りあげ、その巫女として左団扇の生活を送ってやろうじゃないか。

 

「はあ、わかりましたよ」

「やけに素直ね」

「今更どうしようもないですからね。どうせあちらもダメ元で頼んできたんでしょう?直ぐに面倒臭がって帰ってくるだろうなんて思っているんでしょうがそうはさせませんよ。何がなんでもミワを神にしてやります。後で文句言っても聞きませんからね!帰ります!」

「あら、もう帰るの?」

「ご飯くらい食べてったら?」

「お昼ご馳走になったからまだ要らない」

「え、高天原でご飯食べたの?何?何食べた?」

「手打ち蕎麦です。じゃあ、ミワ放置してるんで」

「ふーん、お蕎麦」

「……手打ち?」

 

 啖呵を切って家を飛び出しそのまま真っ直ぐに自宅へ向かう。あのダメダメな神候補をどうにかして神にしなくてはならない。大前提として自分の所為でミワがアマノらに認められなかったなんてことはあってはならない。評価方法も評価基準もなかなかパッとしないのが難点だが、出来うる限りの対策を講じて万全の体制で臨まなければ。

 自宅に着いた頃には既に日が暮れかかっていた。山に囲まれた地形なので日没は必然的に早くなる。玄関を開けるとそこに転がっていたミワの姿はなく、うっすらと風呂の匂いが漂っていた。流石に冷えたのだろう。

 

「ただいま」

「おかえり~どこ行ってたの?」

「実家」

「ふーん」

「入るぞ」

「え?」

 

 扉を開けて中に入る。そこにはミワが一糸まとわぬ姿で湯船に身を沈めていた。風呂なので当然ではあるが。

 

「きゃ、きゃー。トヒさんのえっちー」

「何がきゃーだ」

「私まだ入ってるんだけど…」

「自分ん家の風呂に自分の好きなタイミングで入って何が悪い。嫌ならお前が出ろ」

「なんて横暴な…」

 

 ぶぅぶぅ文句を垂れるミワを無視してシャワーを浴びる。ミワもそれ以上は何も言わず再び肩まで身を沈める。

 

「ねえ、トヒ」

「なんだ」

「今日はありがとね」

「ああ」

「巫女長様にもトヨ姉様にも、他の人にも一杯迷惑掛けちゃったわ」

「そうだな」

「呆れられたかしら?」

「別に」

「ならいいんだけど」

 

 ミワは知らないのだ。自分達が実家の親に踊らされていることなど。知らぬが仏。いや、神か。まだなってないけど。

 

「洗ったげるわ」

「いらん」

「もう、照れちゃってー」

「一ミリも動けないんだろ。無理しようとするな」

「えへへ…」

 

 口はいつも通り達者だが身体の方は相当キているようだ。普段のミワなら有無を言わさず全身どころか浴室中泡だらけにしていてもおかしくはない。

 洗い終わって立ち上がるとミワが少し横にズレる。空いた隙間に入り込むと身を沈める。

 

「で、どうしたの?」

「何が」

「何か言いたいことがあるんでしょ。言いなさいよ」

「後でいい」

「なになに~だったらどうしてわざわざ一緒にお風呂に入ってるのよ~いつもだったら私が入ろうとすると鍵掛けちゃうくせに~デレ気か?デレ気なのか?」

「別に。疲れたからすぐ入りたかっただけさ」

「も~素直じゃないわねえ…」

 

 ミワが身体を反転させ、背をこちらに預けてきた。ミワの頭の上に顎を乗せる形になる。リンスの香りがフッと鼻をくすぐる。使ってるのは同じものだが。

 

「うーん…」

「なんだよ」

「当社比マイナス70%」

「御社の命運は弊社が握っておりますれば」

「冗談よ…数値はあながち冗談でもないけど…」

「言いたいことはそれだけか?」

「あ、ちょ、ま…あれ?」

 

 てっきりサブミッションを極められるか湯船に沈められるかと思っていたらしいミワ。予想に反し優しく抱きしめただけだったことに理解が追いついていないようだ。

 

「これは…油断したところを一気にってやつですか?」

「して欲しいのか?」

「待っていた訳ではないけど、なかったらなかったでなんだか拍子抜けね」

「そうか」

「…今の…何かえっちぃわね」

 

 ミワを抱きしめたままの状態で背中を滑らせ頭まで潜る。突然水中に引きずり込まれたミワは息の準備が出来ていなかったのか割と必死に抵抗する。水面下の争いである。

 

「ハア…ハア…死ぬかと思ったわ…」

「ここで死んでもらっちゃ困る…ハア…」

「ハア…ハア…」

「ハア…ハア…」

「はいぼくs「言わせねえよ!」

 

 二人して息を整える。

 

「何でミワまで息が上がってるのよ…」

「息を溜めたらバレるだろう?」

「バカねえ」

「互いにな」

 

 ミワが暴れたせいでお湯が減ってしまったので更に深く身を沈める。既に脚は湯船の外だ。

 

「なあ、ミワ」

「何かしら」

「本当に神になりたいのか?」

「うーん…」

「神になったら今までの生活なんて到底送れないぞ」

「別にね、絶対に神様になりたいってわけじゃないの。ただ、今のままでは変らない未来を変えられるなら何でも良かったのよ。それがたまたま神様だっただけよ」

「そうか」

「酷い理由でしょ。こんな下らない理由でトヒを巻き込んじゃった。ごめんね」

「謝らなくていいさ。ミワにとっては全く下らなくなんかないんだろう。自分のやることをそんなに卑下するな」

「そうね。ありがと」

「そろそろ上がるか」

「うん」

「あ、出たとこにあるタオルは使うなよ。お前は自分で自分の分取ってこい」

「今そんな流れじゃなかったわよね??」

 

 風呂から上がるとミワがお腹が空いたと言うので晩ご飯にすることになった。蕎麦一人前とあの小さいデザート3つではそんなに満たされなかったのだろう。個人的には大分満たされたのだが。

 

「という訳でカップ麺だ」

「また麺…」

「いいじゃないか、麺。美味しいぞ」

「昼も麺だったじゃない」

「仕方ないだろう。何もないんだから」

「トヒは良いかもしれないけど私はそこまで食に寛容じゃないのよ」

「そういえば今朝方、唯一の食料を炭にしたやつが居てな。それがあれば今頃は…」

「うう…それは悪かったわよ…」

「じゃあ今から食料調達行くか」

「まるで一狩り行くみたいな言い方ね」

「動けるならミワも行くか?」

「お買い物なら行くけど」

「普通に買い物だよ」

 

 田舎の夜は早い。街灯が少ないので日が落ちると一気に辺りは真っ暗になる。街の中心部ともなるとそれほどでもないが、トヒの実家の辺りなどは田畑に囲まれているため家々の灯りすら殆ど見当たらない。

 個人商店が多いこの街ではスーパーマーケットなるものが一つしかない。その店もこの時間帯になると人はまばらで、客と言えばトヒのような単身の若者くらいである。

 

「見てトヒ!このお惣菜3割引よ!」

「まだ残ってたか!運が良いな!」

「コロッケ!コロッケが5つで100円ですって!」

「買いだ!おいミワ!蕎麦が一家族3玉限定で10円だ!行ってこい!」

「心得たわ!」

「100円渡すからお釣りで好きなもの買って良いぞ!」

「もう一声!」

「150円!」

「ありがとうございます!」

 

 そして単身の若者は基本食費にあまりお金をかけない。元来貧乏性であるトヒも例外ではなく、割引と聞いたらつい買ってしまう。割引で浮いた分はミワのお菓子代に消えていくのだが。

 精算を済ませ外に出ると一台の屋台が出ていた。トヒは買ったことはないが、一年中季節感のない何かしらの食べ物を売ってるというこの辺りではそれなりに有名な屋台だ。勿論お腹を空かせたミワがそれに食いつかないハズがない。

 

「トヒ!屋台が出てるわ!」

「そうだな。今は何やってるんだろうな」

「お腹空いたわね…」

「今いっぱい買ったじゃないか」

「帰るまで待てないわよ」

「仕方ないなあ…」

「やったあ!!」

 

 ミワをダメ人間にしているのは自分にも原因の一端があるかもしれない。

 

「こんばんは~」

「お?ミワか!さっき振りだな!」

 

 屋台の店主は転移装置の係員だった。屋台自体はよく見かけていたが誰がやってるかまでは知らなかった。

 

「あれ、転移装置の…制服と帽子がなかったら別人みたいねえ」

「はっはっは!確かにタンクトップとタオルじゃ想像がつかんわなあ!」

「あの仕事、副業OKなんだ」

「ん?トヒも居たのか」

「最初から居たぞ」

「今は何売ってるの?」

「簡単に言えばキャッサバと黒砂糖を混ぜて粒にしたものをミルクティーにぶち込んだ飲み物だな。普通より太いストローを使ってその粒ごと飲むんだが、モチモチとした食感を味わえる」

「ん?」

「何それ美味しそう!」

「え?」

 

 神都で流行っているという例のやつをカタカナを交えて何となくそれっぽくしただけで完全にソレである。夕方は二人してあんなに言っていたのにどういう風の吹き回しなのだろうか。そもそもこの店主、この短時間でよく用意したものだ。フッ軽というやつである。

 

「そうだろうそうだろう?ほれ、飲んでいかねえか?」

「下さい!」

「Sサイズ450円、Mサイズ600円、Lサイズ800円だ」

「いや高いわ」

「トヒ!お願い!」

「何言ってやがる。適正価格だぞ」

「適正かどうかは知らないけど金額そのものだよ。どれだけ頑張って食費抑えてると思ってるんだ。飲み物にそんなに払えるか。そもそもお前はお腹が空いてるんだろう」

「でも、でも、モチモチしてるのよ?」

「ダメ」

「分かったわよ。トヒにも半分あげるわ」

「何も分かってねえ…」

「じゃあSでいいから!」

「どのサイズ頼もうとしてたんだ??」

「の~み~た~い~」

「小学生でもあるまいし聞き分けのないことを言うんじゃない」

「今なら私、小学生にでもなれるわ!」

「こんな小学生が居てたまるか!」

「合法ロリよ!」

「アウトだよ!」

 

 スーパーの出入り口で騒いでいるので買い物客や店員までもが集まり始めていた。また地元の掲示板に書き込まれてしまう。これ以上痴態を晒すわけにもいかない。

 

「あーもう!わかった!ただし、一つ条件がある」

「何でも呑むわ!飲み物だけに!」

「上手くないわ」

「で、何をすればいいの?」

「今後、自分のお菓子は自分で稼いだ金で買うこと」

「な…なんですって…」

「どうしてお前の脇腹まで育てにゃならんのだ」

「でも、いや、でも…」

「どうした?呑めないならこれは飲めないぞ?」

「呑もうじゃないの…そして私はこのモチモチミルクティーも飲む!」

「よーし言ったな?忘れるなよ。ほれ500円だ。釣りは返せよ」

「おじさん!S一つ下さい!」

「50円でハチミツ追加できるぞ」

「お願い!」

「おいお前…」

「出来れば多めに!」

「よし、ちょっと待ってろ」

 

 商売上手なおっちゃんである。

 

「100円でクリームチーズも追加できるぞ」

「お願いします!」

「は?もう出さないぞ?」

「フフフ…私にはこれがある…刮目せよ!この御方を誰と心得る!!この100円玉が眼に入らぬかぁ!!」

「その100円は…まさか!」

「さっきのお釣りよ…私が貰ったお金全部使ったとでも思っていて?」

「…負けたよ。好きにしな」

「おまちどお!600円な」

「ちょうどよ!」

「毎度ありぃ!」

 

 緊張した面持ちで受け取るミワ。そしてゆっくりとストローを吸う。ミルクティーと一緒に黒い粒が何個もストローを通ってミワの口の中へと消えていく。そしてそれを何度も噛みしめる。

 

「ちょっと混ぜてみろ」

 

 言われたとおり少し混ぜるミワ。そしてもう一度ゆっくりとストローを吸う。ハチミツが混ざったミルクティーとともに黒い粒がミワの口の中へ流れていく。そしてそれを何度も噛みしめる。

 

「クリームチーズを巻き込むように混ぜてみろ」

 

 大きくストローで撹拌するミワ。何かもう、色々混ざってしまっている。そしてもう一度ストローを吸う。

 

「どうだ」

 

 何度も噛みしめ、そして飲み込むミワ。

 

「美味いだろう」

「…おいしい」

「え」

「これ、すんごく美味しいわ!混ぜるたんびに味が変わるし、何よりこのモチモチがたまらないの!」

「そうだろうそうだろう!美味いだろう!」

「これ流行るわよ!いや、私が流行らせる!」

「ええ…」

「はっはっは!何よりだな!」

「私、絶対また飲みにくるから!自分で稼いだお金で好きなサイズの好きなオプションをたんまりつけるわ!それまで待っててよね!」

「保証は出来んぜ?いつまでやってるかも次やってるかもわかんねえからな」

「ふふん、そう遠くない未来だから問題ないわ」

「あまり期待せずに待っといてやるよ」

「言ったわね?見てなさい!トヒ、帰るわよ。私がまたここに来るために!」

「なんかもうつかれた」

 

 野次馬達の間を突っ切ってその場を後にする。その後、屋台には野次馬が殺到し、列を為したことなど知る由もなかった。この小さな田舎にも都会のトレンドが流行り始めた。





いつも5分目安に設定してるのですがいつもより1000字ほど多くなってしまいました。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

山葵麺汁


投稿を始めてひと月が経ちました。まだ色々ブレブレです。



 買い物から帰ってくると漸く晩ご飯にありつけた。ミワも流石に落ち着いたのか普通に箸を進めている。あれだけの高カロリーを摂取したのにも関わらずいつも通りの量の食事を食べているのだ。容器は可愛いから取っておくらしく洗って乾かしてある。

 

「ごちそうさまでした」

「ごちそうさま」

「寝るにはまだ早いわね」

「食べて直ぐ寝るなよ」

「じゃあ作戦会議しましょう」

「作戦会議?何の」

「トヒのスキルよ。私にあってトヒにないわけないのよ。アマノさんも言ってたじゃない」

「あー」

「せめて私のスキルを受けられるくらいのものを考えないとね」

 

 アマノの説明が終わったあともう一度映像を見直したのだが、これがもうなかなかのもので、画面を操作すると見たいところが見たい距離で見たい角度から見れるのだ。巷には360度カメラというものがあるらしいが、カメラの映像を見ているというよりも自分の手の上で掌サイズの物を観察しているような気分だった。そこで見たミワのスキル…指から放たれた見えないエネルギーの塊。アマノはイメージだと言っていたが、どんなイメージをしたらあんなのが出せるんだ。取り敢えず食事の後片付けをする。その間にミワが布団を敷いてノートと鉛筆を用意する。やる気があるのは結構なことだが、熱しやすく冷めやすい性格のミワ。飽きが早くに回ってこないかが心配だ。

 

「それでは、第一回『トヒの必殺技を考える作戦会議』を始めます。拍手」

「必殺なのか」

「拍手!」

「わーぱちぱち」

「はあい!という訳なんだけど、何かない?」

「丸投げかよ」

「私が考えてもいいんだけど、それじゃあトヒのものにならないでしょ。それにイメージが大事だってアマノさん言ってたじゃない。自分で考えないとイメージもしにくいでしょ」

「んー、道理だな」

「まあいきなり何もなしでやれっていうのも無茶な話だと思ったからこそ、これがこうしてある訳で」

「お絵描きでもするのか?」

「中らずと雖も遠からずね。文字を書くのよ」

「普通だった」

「そりゃ筆記用具なんだから…」

「まあそうか。で、何を書くんだ?」

「思いついた必殺技の技名、効果を書いていくの。イメージ図なんてのもあるといいわね。後はイメージを固めていって練習あるのみよ」

「ふーん…ミワもやるのか?」

「あ、いや、私は」

「ん?」

 

 急に尻込みをするミワ。これは何かあるやつだ。少し遊んでやろう。

 

「人にやらせといて自分はしないのか?」

「なんと言うか…ほら、私は既にあるし」

「何もスキルは一つしか使えないって決まったもんじゃないだろう?一緒に考えようじゃないか」

「それは…それはトヒ用のやつだから、私はいいのよ」

「ミワ用のがあるのか」

「え?いや、まあ、うん…」

「見せて欲しいなあ。参考になるだろうなあ」

「そんな…他人様に見せるようなものじゃ…」

「えーと…『こんでんえいねんしざいほう?』だっけ」

「やっぱりそれだったのね…」

 

 どうやらミワ。前々からこういうことを考えてノートにまとめていたらしい。14歳の少年少女の罹患率100%の病に今も尚侵されているようだ。

 

「親にも見せたことないのに…」

「親が見たら泣くだろ。さ、もうバレてるんだから見せろよ」

「いや…まだよ…まだ全部がバレたわけじゃないわ!絶対に見つからないところに隠してあるもん!」

「めんどくさいなあ…」

 

 この後に及んで何を言っているのか。隠すも何も家主を差し置いてそんなことができるわけがない。内見の際に全ての部屋は細かく確認しているし、家具も実家で使っていたものをそのまま持ち込んだ。この勝負、負ける気がしない。

 

「取り敢えずここからいくか…」

 

 木を隠すならということで、文庫本なら縦三段奥二列入れることができる本棚と雑誌系が縦に二段入る本棚。B5のノートを文庫本に紛れ込ませることは難しいだろう。雑誌は殆ど買わないが昔に使っていた大きさバラバラの教科書が並んでいるので、隠すならこっちは隠しがいがありそうだ。まあ、ノートがB5ではない可能性もあるが、さっきミワが持ってきたノートはB5だしそのときはそのときだ。

 

「一応提案なんだが、時間かかるし無かったら無いって先に言ってくれないか?」

「言うわけないでしょ」

「だよな」

 

 結果はハズレ。一冊一冊取り出して中も調べたがそれらしいものはなかった。ミワも「懐かしいわねー」なんて言いながら一緒に見ていたのでそんな気はしていたが。

 

「諦めなさいよ。見つかりっこないんだから」

「いやなに、この際断捨離でもしようと思ってな。全部ひっくり返す覚悟だ」

「そこまでのものでもないでしょ…」

「まあ言う気がないなら黙って見てろ。今日中に片を付ける」

「ま、精々頑張りなさい」

 

 クローゼットに食器棚、お飾りの鏡台、風呂場の天井裏に至るまで全てを調べたが見つからない。風呂場に行ったときなどミワから「流石にそこには隠さないわよ」と言ってきた。

 

「もういいでしょ?無理よ。私しか知らないところに隠したんだから」

「あ、わかったぞ」

「え?」

「ここだな」

「化粧台はさっき見たじゃない」

「ちょっと忘れてるところがあってな」

 

 一番下の引き出しを全開。途中で止まるので全部出すことはできないが、構造的にちょっとした空間ができる部分がある。それこそちょうどノート一冊分くらいの。

 

「あった」

「…」

「普通のノートだな。もっと禍々しいと思ってた」

「なんでわかったの…」

「わざわざ教えてくれたんじゃないか」

「何も言って…あ」

 

 この鏡台も実家から持ってきたものだ。幼い頃は化粧などしないのでただの小物入れとして使っていた。聞いた話だと誕生祝いに遠戚がくれたものだとか。因みにその人とは会ったことはない。

 

「昔、誰にも見つからないところがあるのって得意げに教えてくれたよなあ?」

「数年前に掘った穴に今更はまるとは思わなかったわ…いいわよ、煮るなり焼くなり好きにしなさい」

「そんなことしたら読めないだろ。ほら、自分で見せれるとこだけ見せろ」

「え?見ないの?」

「人の黒歴史なんか見たくないわ」

「くっ…これが蛇の生殺しってやつなのね…わかったわよ…」

 

 とうとう観念したのか素直にページをめくりこちらに向ける。

 

「技名『墾田永年私財砲』効果『何か響きがかっこいい。相手は死ぬ』こんなの人に向けて撃ってたのか」

「その節はよくぞご無事で…」

「技名『大火の海神』効果『海で大火事って何か面白い。相手は死ぬ』どちらかと言えば火事場に海神が居そうだけど」

「冷静に考察しないでくれるかしら」

「技名『十七乗拳法』効果『君が!泣くまで!殴るのを!やめない!』高橋名人もびっくりだ」

「久しぶりに聞いたわよその名前」

「一番何するかわかりやすい技だったと思います」

「だから冷静に講評するのやめなさいよ」

「相手は死なないんだな」

「あ、多分書き忘れね…ちょっと貸して」

「死ぬんだ」

「必殺技だもの」

 

 そういうものなのだろうか。

 

「じゃあ1つずつ披露してもらおうか」

「へ?」

「何呆けた顔してんだ」

「なんでそうなるのよ」

「イメージが大事なんだろう?実際に見たらイメージも湧くだろうなあ」

「胸元を見やがって…」

「足だろ」

「仕方ないわね。毒を食らわば、よ」

「なんか悪いことしたのか…?」

 

 ミワのこうげき!

 

「『墾田永年私財砲』!!」

 

 しかし なにもおこらない

 

「『大火の海神』!!」

 

 しかし なにもおこらない

 

「『十七乗拳法』!!」

 

 しかし なにもおこらない

 

「もうお嫁にいけないわ…」

「なんの参考にもならんな」

「酷い!」

「まあぼちぼちと考えとくよ」

「今日はもう寝るわ…おやすみ…」

「見られたくなかったらそのノートどっかにしまっとけよ」

「どこにしまえってのよ…」

「んなもん知るか。見えなきゃわざわざ探さんさ」

「お腹入れとこ…」

 

 寝間着をまくってノートを腹にあて裾をパンツに入れるミワ。小学生の体操着みたいな格好で布団に入ると頭まですっぽり被ってしまった。明日の用意をして隣に寝転んだころには既に寝息をたてて寝てしまっていたのだが。

 翌朝、いつもの時間に起きて隣を見るとミワは腹を出して寝ていた。なかなか残念なやつだとは思いつつもノートには触れず布団から抜け出す。今日は特に何も聞いていないので仕事に行くつもりだ。支度をして昨日買っておいた朝御飯を食べていると匂いにつられたのかミワも起き出してきた。

 

「おはよ…ごはん…」

「まず顔を洗ってこい」

「どうせまたすぐ寝るし…あれ?トヒ仕事行くの?」

「なんかあったか?」

「別に。行ってらっしゃい、気を付けてね」

「ああ、そういえば、お前も気を付けろよ、それ」

「それ?……あれ、なんで…」

「寝てる間に足でも生えたんだろう」

「…見た?」

「見んわ」

 

「じゃあ、行ってくる」

「……」

「はあ」

 

 久しぶりの出勤。いや、一昨日は夜遅くまで居たし昨日も一応来ているので大して久しぶりでもないのだが、昨日一日が濃すぎた。社務所に荷物を放り込むと裏手に回って物置からホウキを取り出す。巫女の仕事といえば境内の落ち葉掃きである。毎日掃除はしているのでそこまでゴミは落ちていないが、この季節、山に囲まれた境内には一晩で小さな山ができる程度は葉っぱが落ちている。ある程度ブロックにわけて山を作りチリトリで回収していく。掃き掃除が終わる頃には他の職員も続々と出勤してくる。その中には当然同僚の巫女も居るわけで。

 

「おはよう、我が妹よ」

「おはようございます、トヨ様」

「おはよう、我が妹よ」

「おはようございます、トヨ様」

「おはよう、我が妹よ」

「おはようございます、トヨ様」

「なんでトヨ姉って言ってくれんのよ!」

 

 この姉、いつまでも妹にベッタリなのだ。

 

「奉職中ですので」

「ウチはまだ違うもん」

「こちらは1時間ほど前から既に」

「もう!昨日のトヒの仕事、誰がやったと思ってるのよ!」

「はて…思い当たる節が…」

「ウチよ、ウチ」

「ホウキを逆さまに仕舞う人なんて全く思い当たりませんね」

「え、またやってた?」

「はあ…やってましたよ」

「マジか〜」

「まあ、忙しいトヨ様のお手を煩わせてしまったのは確かです。ありがとうございました」

「その種を撒いたのはウチらやけどね」

「全くですよ…そろそろ朝礼です。行きましょう」

「いっけなーい、遅刻遅刻~」

「そのパン何処から出てきたんですか!パンくずが溢れてるので咥えるだけにして下さい!」

 

 普段は普通の人なのだが、家族の前ではどうしてもこういった残念キャラになってしまう、難儀な人なのである。

 朝礼といっても1日の流れを確認する程度なので5分もかからない。朝礼が終わると各自それぞれの仕事を始める。巫女にもそれぞれの仕事があり、トヨは拝殿で神主の補助をしている。巫女とはいえ所詮は雇われの身。しっかり働かなければならない。

 午前中は石段を登りきったところにある小さな小屋で参拝客の相手をするのが主な仕事である。案内はもちろん、おみくじ御守り、御朱印の授与や祈祷の受付をしたりと色々ある。しかし繁忙期でもなければ朝早くから来る参拝客も稀である。というわけでこの時間はもっぱら内職の時間である。来るべきときに備えて御守りや関連アクセサリを用意せねばならないのだ。巫女になる前からやっていたのでこれくらいは眼を瞑っていてもできる。

 

「いった!」

 

 流石に眼は開けていないと危ない。

 昼前になるとトヨが詰めていた拝殿からご飯を食べにやってくる。

 

「つっかれた〜お腹空いた~疲れた…」

「まだ半日ですよ。しっかりして下さい」

「いやあ…体力はまだまだ大丈夫やねんけど、精神力がもたんわ…ウチもまだまだよ…」

「お昼、しっかり食べて下さいよ。指導中に体力まで尽きてしまっては元も子もないですからね」

「何言われるかわかんないかんな…」

 

 トヨは昼ごはんを一緒に食べるために来たのではない。昼時といっても来る参拝客はいるかもしれない。受付を閉めるわけにもいかないため時間をずらしているのだ。トヨが食べ終わったので受付を交代する。お昼の時間だ。

 

「なにそれ」

「何って…昼ごはんだが」

 

 トヨたっての希望で休憩時間は姉妹の関係での会話になる。家を出てからは姉妹でゆっくり話せるのも今となってはこの時間のみになってしまった。

 

「そういうことじゃなくて」

「笊蕎麦だよ」

「それもわかるけどさ」

「昨日、安かったんだよ」

「何玉買ったのさ」

「6玉」

「相変わらず好きやな…でもそれだけでどうやって食べんのよ」

「職場の冷蔵庫に弁当と飲みものしか入っていないとでも?」

「麺つゆ…麦茶じゃなかったんねそれ」

「薬味もあるぞ」

「まあここはほぼウチらしか使わんからいいけど。音立てて食べんといてよ」

「心得ているさ」

 

 受付に座ったトヨも慣れた手つきで内職を始める。期日までにノルマをクリア出来なければ家族総出で夜を徹して作ることになるのでここでサボろうとは思わない。

 

「いやーでもさ、ミワちゃんが神様になっちゃったらトヒもどっか行っちゃうんでしょ?1人でここに座って1人でご飯食べて…なんかさみしなあー」

「仕方ないだろ。今まで何年も巫女がやってきたことを急に別の誰かがやるってわけにもいかないんだ」

「そりゃそうなんやろうけど」

「それに今日明日ってわけでもないんだ。そもそもミワが神様になるってわけじゃない」

「昨日あんだけ言っといて…」

「今思うと何もできることがないんだよな。おかんにまんまと乗せられたよ。若気の至りってやつだ」

「あの頃は若かった…」

「そう言わなくていいように努力するさ」

 

 最後の一口を飲み込むとつゆを一気に飲み干す。ワサビのツンとしたのが鼻を通る。これがいいのだがトヨはそれを見て顔をしかめる。七味などは山盛りかけるくせにワサビの辛さは無理らしい。あまりそういうのは使わずに料理そのものの味を楽しむのだがワサビは別である。薬味と追加調味料を一緒にしてはいけない。





投稿開始時点で数本用意していたんですがストックが切れていました。投稿しようと思ったら半分くらいしか文字数がなくて急いで転記しました……果たしてこのままのペースで大丈夫なのか。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

家庭訪問


調子乗りました。



 食後しばらくして休憩時間が終わった。間もなく巫女長もやってきたあめトヨは指導を受けに行った。トヨの指導が終わったら自分の番なのだがそれまでは午前の続きをする。今日はもう午後に祈祷の予約も入っていないので一般参拝者が来ればそのとき対応すればいい。狭い受付よりかは広い、先程食事していた場所でそのまま作業に入る。

 黙々と作業をしていると視界の隅にひょこひょことする何かを捉えた。家族連れの参拝客で子供だけ先に来たのだろうか。ここは子供の期待に応えるべく最高の巫女スマイルで…。

 

「アマノさん?」

「やあ、トヒ君」

「どうしてここに?」

「ちょっと伝えたいことがあってね」

「よくここがわかりましたね」

「いや最初はね、ミワ君の自宅に行ったんだけどね、今はトヒ君と暮らしてるって言うじゃないか。だからトヒ君の家まで行ったんだよ。でも留守みたいでね。そこで、トヒ君が巫女をしてるって言ってたからここまで来たのさ」

「なるほど」

 

 ミワが外出しているとも思わないが居留守を使う必要もないのでおそらく寝てたのだろう。いつまで寝てやがる。

 

「まあここらで神社っていえばここくらいですからね。でも、メールか何かで良かったのでは?」

「最近、神都から出てなかったからね。見聞を兼ねた出張さ。そうすると昼食代も経費で落とせる」

「我々の税金はこうして消費されるわけですか…」

「あ、いや、まあ、そう、なのかな…ハハ…でもね、メールだと一方向の伝達になっちゃうからね!なるべく会って話したかったのさ」

「はあ…窓越しもなんですし取り敢えずお入りください。裏に扉がありますので」

「失礼するよ」

 

 内側からオートロックを外しアマノを招き入れる。普通は客を迎え入れるところではないため勿論客用のスペースなどない。受付と食事する場所しかないので一旦受付を閉め、アマノを向かいに座らせる。

 

「それで…どのようなお話でしょうか」

「適性検査…もとい採用試験の詳細をね。昨日あれから色々と調整していてね。まあ、やること自体に変更はないから一足先に説明しておこうと思ったんだ」

「なるほど」

「まず日程なんだが、トヒ君がまとめて休みを取れる日はあるかい?出来るだけ融通しようと思っている」

「急には難しいと思いますが調整は可能かと」

「よし。そちらは決まったら教えてくれ。次にこれを渡しておこう」

「これは?」

 

 アマノがそれなりの厚さの紙の束を取り出す。一番上には設定資料集と書かれている。ゲームか何かの特典みたいだ。

 

「向こうの世界での君たち立ち位置やら、こういう設定ですよということが書いてある。もちろん向こうの住民には既に刷り込まれている」

「なるほど」

「ぶっちゃけるとあまりにも突拍子がないことをされて世界が変な方向に進まないようにある程度の方針を示したようなものだね」

「ぶっちゃけましたね」

「もう一度創り直すのも大変なんだよ」

「はあ…」

「ただでさえ少ない予算の中でやりくりしているのに周りからは無駄金なんて言われてるんだから」

「大変ですね…」

「そもそも彼らが我儘を言わないで新しいモノも担当してくれれば何の問題もないのに。そこについては誰も何も言わないんだよ?どうしろって言うんだよ」

「疲れてます?」

「はっ…すまない。忘れてくれたまえ」

「善処しますけど」

 

 昨日も聞いた嘆きの文言なのであまり深くは突っ込まないようにする。アマノも切り替えて口を開く。

 

「一応おおまかに説明しておくよ。君達には向こうの世界では"神見習い"と"巫女見習い"として振舞ってもらう。向こうでは若者がそうやって旅をするものがいるということは当たり前、つまり常識となっている。そういう設定になっていると思ってもらって構わない。そこで君達がやることは各地を回って都合良く降り掛かってくる問題を解決していくことだ。つまりそれが試練ということになる。それらへの対処の仕方を我々が見て判断する。評価基準は当然教えられないがね」

「はあ…」

「そして今回一番重要なのがこれだ」

 

 そう言ってアマノが二枚の紙を新たに取り出す。別にファイリングされているのでそこそこ重要な書類なのだろう。

 

「誓約書ですか?」

「そう。しかしこれを書くこと自体は正直そこまで重要じゃない。問題は中身だ。こんなものは免罪符でしかない」

「同意を得てやったことなんだから後から文句を言うなよ?っていうことですか」

「そういうこと。そして別紙同意書がこれだ」

「秘密保持ですか。思ったより普通ですね」

「ここが肝でね。意識転送に関わること全てが対象になっている。向こうの世界で起きたことなんかも全てね」

「まあ理解出来ますね…しかしそこまで問題ではないような気がしますけど」

「まだ言ってないことがあるからね」

「え?」

「言ってもトヒ君からミワ君に伝えることが出来ないだろう。今さっきの同意書と誓約書があるからね。そしてまだ書いてもらってないトヒ君に言うわけにもいかないのさ」

「なるほど」

「因みに昨日帰ってから誰かに話したかい?」

「まさか」

「なら良かった」

 

 やはり高天原の仕事だから一筋縄ではいかないのだろうな、と適当に理解したトヒ。

 

「という訳で実際に来なければならなかったというところがある。それだけで来てもらうのも悪いからね」

「そうならそうと…」

「うん、忘れてた。いやー、ここの前の定食屋で食べたそうめんとテンプラが美味しくてね。すっかり観光気分になってたよ」

「ええ…」

 

 というかこの人、昨日蕎麦を食べて今日はそうめんを食べてるのか。二日連続蕎麦を食べている自分を棚に上げてアマノを見る。

 

「こんなところかな?質問はあるかい?」

「最初のまとまった休みは何故必要なんですか?」

「うーん…そうだね。トヒ君はRPG系のゲームはしたことあるかい?」

「少しですが」

 

 ミワが協力プレイとやらをしたいからやってくれというのでやったくらいだが。

 

「いくつもあるクエストを一日で終わらせられると思うかい?」

「ああ、なるほど」

「期間中の宿泊施設はこちらで用意するし、その間の補償もしっかりさせてもらうつもりだ」

「えらく高待遇ですね」

「昨日も言ったようにこちらもみすみす君達を逃す訳にはいかないんだよ」

「大変ですね…」

「大変だよ…」

 

 目が遠くなるアマノ。2回も学習したのでこの目がアマノのストレス放出モードになったと悟り話題を無理矢理かえる。さっきみたいに危ない愚痴を垂れ流されても困る。

 

「ミワにはいつ話を?」

「今日するつもりだよ」

「では今からもう一度?」

「いや、トヒ君が終わるまでここで待ってるよ」

「え?」

「ミワ君がまた留守だったら待ってる場所がないじゃないか。またこっちに戻ってくるのも面倒だし」

「ああ…ではこちらではなく来客用の部屋に」

「いやいや、気を遣わなくていいよ。それに社殿に近付くと面倒だ」

 

 こちらが気を遣うのになと思ったが、向こうでアマノの相手をしているとこちらに誰も居なくなる。だからと言って他のものに自分の客を放っておいて仕事をするのも気が引ける。

 

「そういうならまあ…」

「トヒ君も気にしないで仕事を続けて貰って構わないよ」

「そうします」

「じゃあ失礼して…」

 

 おもむろにゲーム機を取り出して普通に遊び始めるアマノ。職務怠慢ではなかろうか?気にしても仕方ないので再び受付を開けて作業を続ける。

 しばらくするとトヨが戻ってきた。指導が終わったのだろう。

 

「ただいま〜あれ?トヒの友達?」

「失礼ですよ。お客様です。アマノさん、こちら巫女のトヨです」

「あ、失礼しました…トヨです…巫女やってます…」

「アマノです。トヒ君のお姉さんかな?」

「はい、そうです…ま、まあごゆっくり…トヒ、ちょっと」

 

 アマノを置いて二人で外に出る。

 

「まさかお客さんがゲームやってると思わんでしょ!誰よあれ」

「アマノさんですよ」

「そりゃ聞いたわ。そこじゃないんよ」

「高天原から来た今回の件の担当者の方ですよ」

「高天原?マジで?」

「マジです」

「なんでこんなとこに…」

「ミワが居なかったらしいです」

「そんでわざわざここに来たって…高天原の人って暇なんか?」

「失礼ですよ」

「せやかて」

 

 コメカミを軽く押さえるトヨ。いやこっちも思ってない訳では無い。

 

「せや。トヒ、今日から指導は無しってさ。巫女長が伝えといてって」

「え?」

「トヒがいない間は私がトヒの代わりをしなくちゃねえ…とか言うてたし、そろそろこっちくるんとちゃうかな」

「そんなカオスなこと…」

「ウチもそう思う」

 

 トヨだけでもめんどくさいことになっているのに巫女長まで来てしまっては更にめんどくさいことになりかねない。そもそも4人も居れるスペースがない。

 

「巫女長様が来る前にこちらが先手を打ちましょう」

「どないすんの」

「帰ります」

「は?」

「この後の指導がないのなら最悪帰ってしまっても差程問題はありませんからね。夕方の掃除はトヨ様にお願いします」

「なんでウチが…」

「取り敢えず巫女長様に話を付けてくるのでトヨ様はアマノさんに事情を説明して先に出ていてもらって下さい」

「事情って…なんて言えばええんよ」

「トヒは今荷物を取りに行ってるから先に行って待ってて下さいとでも言えばいいですよ。どうせ社務所へ行くのですから嘘ではないです」

「まあええやろ。任しとけ」

「では本日は早退させて頂きます」

「行ってよし」

 

 アマノをトヨに託し、巫女長を抑えるため社務所へ走る。

 

「巫女長はいらっしゃいますか!」

「あれ、デジャヴ?」

「ちょっと今日は早退します。後のことはトヨ様にお願いしてあります」

「あ、うん。えっと、まだ戻られてはないかな」

「そうですか!ありがとうございます!ではお疲れ様でした!」

「ばいば〜い」

 

 業務内容が殆ど違うので特に迷惑がかかることはないが一応社務所に詰めている職員にも早退の旨を伝えると、荷物を持って社殿へ向かう。そしてノロノロとこちらに歩いてくる巫女長を捕らえた。

 

「あらトヒ。トヨから聞いてない?今日から指導は無しよ」

「聞いてます!ですので!お客様が来られてるので!今日は早退させて頂きます!では!」

「え?あ、うん。気を付けてね?」

 

 後はアマノと合流して家に帰るだけである。我ながら中々上手くいったものである。受付をチラ見するとトヨが手を振っていたので手を振り返した。こちらも上手くいったようだ。

 アマノはのんびりと石段の半分程を降りていた。後ろから見ると小柄なアマノがリュックサックを背負っているので遠足か何かの小学生にしか見えなかった。

 

「アマノさん。失礼しました…急にこんなこと」

「いやいや、こちらもここの巫女長と会うと面倒なことになりそうだからね…」

「母をご存じなんですか?」

「まあそれなりにね。伊達に長く高天原で働いてないよ」

「そうなんですか」

「じゃあ帰ろうか。いや、私が帰ると言うのもおかしいかな」

「そう言えば歩いて来られたんですか?」

「え、うん」

「結構な距離なのに…」

「その、経費がね…」

「あー…すみません」

「いや、いいんだ。いいんだよ…」

 

 地雷を踏んだようだ。昔は実家と神社の往復は辛かったのだが、何年も歩いていると次第に慣れてきた。今の家は少し街の中心部よりにあるので更に少し遠いところにある。自転車もありなのだが神社には残念ながら駐輪場がない。駐車場はあるのに。

 

「ミワ君はトヒ君と暮らしてるんだね。住所通りに家に言ったらお母上がお出になってね」

「そうなんですよ。包み隠さずに言いますと今ミワは勘当一歩手前です」

「あらま。それじゃあ、こちらが送付した案内はどうやって?」

「ミワの父がうたの母に頼んだようで、それを姉がうちに投函したようです。何も知らないミワはまんまと引っかかったわけですが。それを知ったのも昨日帰ってからの話です」

「だからトヒ君は全く知らなかったんだ」

「そうですね。その案内というのも見せられたのはポスター一枚だったので詐欺じゃないかと思いましたよ…それすら見たのは既に申し込みをされた後ですが」

「はは、詐欺か。説明も無しにあれを見たらそう思うのかな。考えようだね」

 

 アマノが手帳にちょこちょことメモを取る。帰ってから指示でも出すんだろう。

 

「そういえばトヒ君はどうして一人暮らしを?」

「姉がそろそろ結婚の時期でして」

「うん」

「代々巫女の家系なので長女は外から婿を取るんですよ。その人用の部屋がないとかで」

「なるほど」

「まあそれは建前で姉の他に若い娘が居ては何かと都合が悪いんですよ」

「ない話ではないねえ」

「今は悠々と暮らしているのでそっちの方が良かったのかも知れませんけどね」

 

 家に近づくとアマノに少し片付けをするからと言って先に家に戻った。流石に生活感丸出しの部屋に客をあげるわけにもいかないし、何より居るであろうミワのだらけきった姿をアマノに見せるわけにいかなかった。

 

「ただいま。ミワ、起きてるか?」

「あれ、トヒ?早いわね。おかえり」

 

 まずは起きていて良かった。しかし寝巻きのまま布団に寝転がって本を呼んでいる。こいつ起きてからご飯も食べずにいるな。

 

「居たんなら居留守なんてするなよ…」

「居留守?昼まで寝てたから知らないわね」

「取り敢えず着替えてくれ。アマノさんがいらっしゃるんだ」

「え、急ね…いつ来られるの?」

「もうそこまで来てる。早くしろ」

「え!無理よそんなの。これ着るのにどれだけ掛かると思ってるのよ」

「綺麗めの部屋着くらいあるだろう!片付けはやるからお前は自分だけに集中しろ!」

 

 一方のアマノは既に玄関先まで来ていたのだが、扉の向こうからの叫びを聞いて一旦引き返したのだった。相手を気遣うのもまたアマノの仕事である。

 

「お待たせしました…」

「いやいや、急に押しかけたのはこちらだからね」

「どうぞお上がりください」

「お邪魔するよ」

「こんにちは、アマノさん」

「ミワ君、昨日ぶりだね」

「わざわざ来ていただいてありがとうございます。どうぞお座りください」

「何、こっちの都合さ。今日は少し会って話したいことがあってね」

「そうなんですね」

「粗茶ですが…」

「ありがとう」

 

 ちゃぶ台を囲んで三人で膝を突き合わせた。椅子とテーブルもあるが椅子が二脚しかないのだ。

 

「それでどういったお話でしょう?」

「トヒ君に大体は話してあるからその辺はトヒ君から聞いてくれ。一応、ミワ君にもこれを渡しておくよ」

 

 例の設定資料集を出すアマノ。

 

「そしていきなりだが本題だ。まずはこれを二人に書いて欲しい」

 

 そして誓約書と同意書を取り出し二人に渡す。トヒはボールペンを持ってきた。

 

「同意書ですか。それと誓約書…結構しっかりしてるんですね…」

「まあね」

「じゃあトヒ、ペン貸して」

「待て待て待て待て」

「何よ?」

「何よじゃない。何に対して同意するか聞いてないだろ」

「え?どういうこと?」

「相手を疑うことを知らな過ぎやしないかい?」

「え、私騙されてるんですか?」

「いや違う違う」

 

 怪しい書類でも名前を書いてくれと言われたらホイホイ書いてしまいそうなミワ。アマノが来たとき寝ていてくれて良かったと心底思う。

 

「ちゃんと話を聞いてからサインしないと」

「でもどうせサインするんだから同じことじゃないんですか?」

「そんなことしたら後からどんな条件吹っ掛けられても文句言えないぞ?」

「まあ今回はそんなことはないんだけどね。これから生きていく上でそこはちゃんとした方がいいよ」

「うーん…」

「いつか詐欺に引っ掛かりそうだな」

「そうだねー」

 

 理解していないようなミワを見て半ば諦めた様子のアマノ。箱入り娘はこうして社会の荒波に揉まれていくのだろう。因みにミワは自由奔放に育てられたのでただ常識が足りないだけであるが。

 

「という訳だから先に話を聞いてもらうよ」

「はい」

「お願いします」

「トヒ君にはもう言ったんだけど、今回はいくつか試練を用意している。当然これを一日でクリアすることは不可能だろう。そこで君達には数日間、こちらの用意した施設で生活してもらう」

「はあ」

 

 ここまではトヒも既に聞いている内容である。おそらくアマノはこの先が秘密保持の秘密の部分になるのだろう。

 

「しかしだ。昨日君達も体験したように向こうではこちらと同じように時間が流れている。そして試練というものは各地でおこる。東奔西走南船北馬、移動の手段は問わないがこちらの実世界のような転移装置などはないし、車のような超高速に移動出来る手段なんかもない。つまり、非常に時間がかかる」

「そのためにまとまった期間を用意するのでは?」

「この国を北から南まで歩いて移動しようとしたら何日かかるか知ってるかい?」

「一ヶ月くらいかしら…?」

「100日だ」

「そんなに…」

「それも食べて寝る以外は歩き続けての日数だ。移動というものは思ったより時間のかかるものなんだよ」

「流石にそれだけの休みを取るのは難しいかもしれませんね…もし受からなかった場合のリスクが大き過ぎます」

「私は別に構わないけど…」

「鼻からミワの都合は気にしてない」

「酷い!」

 

 流石に3ヶ月も留守にするのは気が引ける。いや実際3ヶ月もかかるかどうかはわからないが、アマノの口振りではそれ以上かかることを予想しているのだろう。

 

「そこでだ。我々の研究の成果と言うべきものが、向こうでの時の流れを操作することなんだ」

「時の流れ?」

「そう。ミワ君、一日は何時間だい?」

「24時間ですよね?」

「そう。これがこの世界での時の流れだ。そして昨日君達が体験したあちらの世界での5分間。それもこちらの世界での5分間と同じだ」

「それを操作するんですか」

「そういうこと。あちらの5分をこちらの1分、つまり5倍の速さの流れにしたとすればどうだろう。こちらのでの一日はあちらでの五日分。逆にあちらでの一ヶ月はこちらでは一週間足らずで過ぎていくんだ」

「そうすることで試練の期間を減らすことなくこちらでの時間を節約出来るということですか」

「まあそうかな」

「どういうこと??」

 

 なんとなく…なんとなくだが理解は出来た。ゲーム内時間とリアルタイムが違うのはよくある事だ。

 

「ミワが一日中ゴロゴロしながらゲームをしていたとしよう」

「例えが現実的ね」

「ミワのやっているゲームは宿屋に泊まると一つ日が進むとしよう」

「どこかで聞いた事あるわね」

「ミワはゲームしている間に何回宿屋に泊まるだろう?」

「そりゃ街に入る度宿屋に泊まるわよ」

「そんな感じだ」

「益々わかんないわね…」

 

 個人的には言い得て妙なのだが。

 

「でも、確かに出来ればすごいですけど誓約書まで書くほどものなんですか?あちらの世界に行かなければそんなに関係ないものだと思うんですが」

「そう。向こうに行っていない者にはなんの影響もないし関係のない話だ。しかし行った者にとっては結構重大なことでね」

「そんなにですか?」

「転送するのは意識だけだ。肉体の方は依然としてこちら側にある。向こうの世界で過ごし得た情報は意識をこちらに戻したときに肉体の方へ共有される。そんな中、時の流れを操作した世界で通常の何倍もの情報量を持った意識が戻ってくることになる。脳からしたら1日の仕事を終えて寝てるのに起きたら数日分の仕事が溜まってたようなもんだ。私も似たような経験がないわけでもないけどね」

「脳がパンクする…ってことですか?」

「私は既にパンクしそうよ」

「我々の見解ではその程度であれば十分耐えうるという判断なのだけどね。ヒトの脳の機能は200年以上持つとも言われている。まあ、200年生きた人間がいないから真相は定かではないけどね。200年生きる前に身体の方が限界を迎えてしまうから誰も試しようがない」

「一応安全ではあるが何かあったときの責任は負わない。文句があっても秘密保持の同意と誓約があるから外部に訴えることも出来ない…ということですか」

「そうだね。そしてこうして説明した上で君達に今回受けてもらうかの判断を委ねている」

「実用の前に検証はしなかったんですか?」

「まあ、一応したよ。でも人間で実験する訳にもいかなくてね」

「じゃあ、何で…」

「我々が被検体となったよ。15倍までは何の問題もなかった。20倍くらいから少し酔った気がすると言うものが出てきたくらいかな」

「え!アマノさんって人間じゃないんですか?」

「え、うん。言ってなかったかな?」

「言ってた?」

「聞いてないが…なんとなくそんな気はしてた」

「高天原にいるのは全て神だよ。それは私も例外じゃないさ」

「工エェェェエ工」

 

 愚痴をこぼすアマノの言葉の節々から有力な神々と対等な力関係にあるとは思っていたが、本人…本神?から直接聞くまでは人間のエラい人かもしれないと思っていたりしていた。見るからに子供のなりをしているのに高天原にいる時点で気づいても良かったのかもしれないが。

 

「ね、ねえ、トヒ。私、何か失礼なことしてないかしら…」

「ん?さあ?胸に手を当ててみればいいだろう?」

「覚えはないけど何かある気がするわ!」

「こちらは何もないがな」

 

 自分で地雷を踏んでしまった。

 

「まあまあ、こちらとしては今まで通りに接してくれるとありがたいかな。ほら、広い意味で遠い親戚って感じだし」

「え、えぇ…」

「流石にそれは無茶なのでは…」

 

 完全に恐縮してしまっているミワ。目の前に居るのが神様だと聞いてしまってはそうなるのも仕方ない。驚きはしたがアマノの行動を見ているとそれなら都合がつくなあ程度の感想しか持たなかった。しかし、もっと敬うべきなのだろうか?実感が湧かない。

 

「ほらミワ。お前も神様になるんだから。今まで普通に接してた人に急に接し方を変えられると落ち込むだろう」

「そうだよミワ君。神様になったら先輩後輩だ。仲良くやろうよ」

「そ、そんな…わ、私はただの人間ですぅ…この歳にもなって何の生産性のないクズですぅ…」

「それは間違ってないが自覚があるならもう少し努力してくれ」

「うーん、今日は進まなそうだし、粗方話も終わったし帰るとするよ。同意書と誓約書についてはよく考えた上でサインしてくれ。もしやめる場合も気兼ねなく連絡をしてくれるといいよ。我々も若者の未来を邪魔することは出来ないからね。トヒ君、日程についてはメールで宜しく頼むよ」

「わかりました」

「じゃあミワ君。次会うのを楽しみにしているよ」

「はいぃ…」

「すみません…アマノさん」

「はは…じゃあお暇させてもらうよ。またね」

「はい、今日はわざわざありがとうございました」

「ましたぁ…」

 

 声を振り絞ってアマノを見送るミワ。これはしばらく戻りそうにないな。動かないミワを取り敢えず椅子に座らせアマノから貰った書類をまとめる。今までの話からすると意識の転送は神の御業というところなのだろう。何倍もの時の流れに神々が平気なのは脳に該当する部分がヒトのそれとは全く違っているからだろう。ただの人間であるミワと自分に耐えきれるのだろうか?命を落とすことは流石にないだろうが、ネジの一本や二本飛んでしまうかもしれない。うーん。

 

「なあミワ」

「……なにかしら」

「晩ごはんにするか」

「……そうね」

 

 考えても埒が明かない。取り敢えずごはんにしよう。ミワも朝から何も食べていないのだから腹が減っているだろう。

 

「何がいい?言ってもそんなにないが」

「……なんでもいいわ」

「じゃあ蕎麦で」

「…出来ればそれ以外がいいわね」

「カップ麺」

「麺類は外せないかしら」

「春雨」

「ほぼ麺じゃない!」

「こんにゃく」

「こんにゃくは…あったかしら?」

「糸こんにゃくを麺つゆで食べると美味しいぞ」

「却下よ!!」

「お腹にもいいのに」

「あーもう!私が用意するからトヒは待ってて!」

 

 おちおちへこんでもいられないミワが台所に立つ。そうして出来た晩ごはんは冷凍食品を三ツ星レストラン並の盛り付けで豪華にしたものだった。

 

「買い溜めしたやつ全部開けやがったな」

「私は悪くないもん」





切れ目がね、悪かったんですよね…


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

準備段階

なんと第1部終了です。最早第0部ですね。



 晩ごはんを終えると実家に電話をする。ミワは先に風呂に入っている。

 

『はいもしもし〜巫女の家です』

「あ、もしもし、トヨ姉か。おかんいるか?」

『トヒか。チョイ待ち。おかーん!トヒから電話!』

「悪いな」

『アマノさんはもう帰ったん?』

「ああ、とっくに帰ったよ」

『早かったんな。あ、おかん。代わるで』

『もしもし?トヒ?どうしたのよ』

「おかん、まとまった休みが欲しいのですがどれくらい貰えますか」

『何よ急に…旅行でも行くの?』

「んなわけないでしょう。最低でも一ヶ月は欲しいのですが」

『まあいいわよ』

「いいんですか?」

『トヨの婚期が遅れるだけだしね』

『はうっ!』

「今後ろで何かがダメージを受けたような気が」

『そもそも遅れる婚期すらないのよねぇ』

『くはぁっ!』

「いつから貰えますか?」

『そうねぇ…決まりでは休みの申請は二週間前だけど』

「じゃあ二週間後から一ヶ月いただきます。延びるようでしたらその都度申請します」

『こっちのことはあまり気にしなくていいわよ。トヒのやってることは他の人にあんまり迷惑かかんないから』

「そう言われると何か釈然としませんが今はありがたく甘えさせてもらいます。では」

『は〜い』

 

 二週間、いつも以上に頑張らねばならない。あとはミワと相談してアマノさんに日程を伝えなければ。

 

「トヒ〜、お風呂空いたわよ〜」

「わかった」

「何なら今日も一緒に入ったげよっか?」

「水ぶっかけられたくなきゃ今すぐ出ろ」

「つれないわねえ」

 

 すっかり元の調子に戻ったミワである。

 風呂から上がるとミワが設定資料集を読んでいた。

 

「ねえトヒ〜」

「なんだ?」

「トヒは巫女見習いなのね」

「らしいな」

「巫女が巫女見習いってランクダウンしてない?」

「それに引き換え、お前はニートから神見習いだもんな。二階級以上特進だ」

「まだ死んでないわよ。何よ以上って」

 

 少し気にはなっていたが神でもないミワに巫女がつくのもおかしいだろう。いや、別にプライドとか自尊心とか、そういうのではない。決して。

 

「あ、後」

「なんだ?」

「どちらかが向こうで死んだらそこで終了だって」

「さらっと言ってくれるな」

「現実世界の肉体に影響はないらしいから取り敢えずは安心ね」

「肉体は、だろ。記憶は残るんだ。痛みも苦しみも恐怖も全部覚えてるんだぞ」

「じゃあ死ぬかもしれないって時はあっさりと死ぬようにしましょう」

「出来れば死にたくないんだが」

「まあそれに越したことはないわね」

 

 夜遅くまで資料集を熟読。次の休みにでも持っていけそうなものを買いに行くことになった。

 それからの二週間は毎晩資料集とにらめっこしながら必要なものを用意したり、必要な技術を身に付けたりの日々だった。ミワに至っては昼間も何やらやっているようで夜はぐっすりと寝ている。ついでにスキルとやらも一応毎日考えてはいる。

 そして遂に始まった長期休暇の一日目。再び神都にやって来た。大量の荷物を持って。

 

「準備はいいわね?」

「うむ」

「よし!」

 

 高天原につくとアマノが出迎えてくれた。二週間ぶりである。

 

「アマノさん、お久しぶりです」

「うん…久しぶり…その荷物は?」

「これからの旅に必要なものです」

「いや旅行じゃないんだから。それに全部持っていけるわけでもないんだよ?」

「ダメで元々ですよ」

「まあいいや…取り敢えず入ろうか。改めて説明することもあるしね」

 

 諦め半分のアマノに連れられ中に入る。以前アマノに高天原にいるのは全員神だということを聞かされているのでミワの様子が気になったが、当の本人はそこまで気にしていないようである。そしてこの前とは別の部屋に案内された。寝心地が良さそうなベッドや風呂とトイレが完全に別になっていたりと、高級なホテルさながらの設備だった。

 

「ここがしばらく君達に滞在してもらう部屋だよ。と言っても殆ど寝るだけなんだけどね」

「凄いですね」

「下手なホテルより全然いいわね…」

「本来は地方からの役人が泊まっていたり、我々が泊まり込みで仕事をするときに使う部屋だね。一度作ってしまえば外に宿をとるよりも安く抑えられる。経費だと思ったらどんどん使われちゃうからね。無駄な税金を使わずに済む。ルームサービスもある程度は使えるよ。今度試してみるといい」

「発案はアマノさんですか?」

「そうだよ。よくわかったね」

「まあ、なんとなく」

 

 相変わらず予算の方面で苦労しているらしい。大量の荷物を置いてこの前も使った会議室に移動する。新しい話と事前説明といったところだろう。

 

「まず前回からの進捗だが、ミワ君のスキルの修正…まあミワ君に限らずだが、所謂スキルというもの全てに何かしらの制限を掛けた。ミワ君ので言えば火力の制限だ。あの時のミワ君の記憶があやふやなのも膨大な力の消費によるものが原因と見ている」

「慣れないことするから…ってやつですね」

「そして二週間前君達と話してから我々でも検討してね。脳の負担軽減措置として仮想世界六日間につき一日間の休養日を設けることにした。休養日の間はこちらに戻ってきてもらい、出来るだけ外部からの情報を遮断して脳を休めてもらう。目安だから前後しても構わないし慣れてきたら周期を変えてくれてもいい。ただこちらにいる間も向こうの時間は流れているからそこは気をつけて欲しい」

「私達の存在が向こうの世界で一日消失するのね…」

「その間だけ時の流れを操作することは出来ないんですか?」

「それなんだけどね。参加者が君達だけならそれで構わないんだけど」

「つまり他に誰か居るんですか」

「この二週間で数組応募してきた。一般公募もしたからね。ああ、その際はトヒ君の意見を参考にあまり怪しくないようなやつにしたよ」

「はあ」

「という訳でね。いつになるかわからないけど準備が出来次第順に送っていくから、君達が居ない時だけ時の流れを操作するなんてことは出来ない」

「向こうで出会う可能性は?」

「十分、いや、十二分に有り得るね」

「なるほど」

 

 予想はしていた。アマノの言動からこんな大掛かりなことを何回もするはずはないのでやるなら同時だろうとは思っていたのだ。しかしライバルと鉢合わせしたとき……今はいいか。

 

「最後に我々との連絡手段だが、こちらの世界に戻りたいときはこれを使ってくれ」

「ネックレス?」

「現代的にいうとそうだね。これは装身具。五つの勾玉のうち真ん中の翡翠の勾玉に手を当てて念じると次の瞬間にはこちらの世界だ」

「綺麗ねえ…」

「あまり外から見えないものの方がいいんですが」

「一応他のもあるけど、装身具だからねぇ。基本は見せるためのものだから全く見えないというのは難しいが、指輪なんかだと目立ちにくいし、腕輪なら服装によっては見えないかもね」

「私はネックレスがいいんだけど…」

「一人一つですか?」

「え、まあ欲しかったらあげるよ。大したものでもないからね」

「では腕輪にします」

「別にいいけど…重いよ?」

「ま、まあ何とかします…」

「これは左右の腕輪をチンとつけて念じるとあら不思議、元の世界に戻って来ます」

 

 神楽鈴で手首は割と鍛えているつもりなのである程度なら大丈夫だろう。

 

「とまあこんな感じだ。質問はあるかい?」

「時の流れは実世界に比べて何倍なんでしょうか」

「8倍くらいが妥当じゃないかと考えている」

「一日3時間、六日で18時間ですか。実世界一日に一回は帰って来なきゃだめなんですね」

「初めのうちはね。こちらも君達の健康を気遣う義務があるから」

「あ、大丈夫ですよ」

「あの〜」

「どうしたミワ君。何でも聞いてくれていいよ」

「あの、向こうの世界にいる間の私達の、その、ごはんと…御不浄の方は…」

「あ」

 

 そういえば全く気にしていなかった。いくら寝ているだけといっても水分は要るし、寝てる間も催すことはあるわけで。

 

「え?神がトイレに行くわけないじゃないか」

「え?」

「え?」

 

 真顔でいうアマノ。健康を気遣う義務とは。

 

「冗談だよ」

「冗談ですかーははははは…ってなるかい!もしものことがあればお嫁に行けないじゃないですか!」

「普通にトイレありましたもんね」

「まああながち冗談でもなくてね。実際問題、別に行かなくても平気なんだよね。我慢してるとかじゃなくてさ」

「どういうことです?」

「ほら、御不浄ってミワ君も言ってただろう?神の内に不浄なものがあったりしたらいやじゃないか。その辺はいい感じになってるんだよね」

「でも、私たちは一介の人間ですよ?」

「だからね、転送時には一時的に君達を神に近いものにまでしているよ」

「そんなことが出来るんですね」

「今回合格したら神になるんだから。その途中みたいな感じかな」

「あれ、じゃあ、なんでここにトイレがあるんですか?」

「そりゃ我々だって腹を壊すときもある」

「ああ…」

「とまあそんな訳で大丈夫だ。気にしなくていいよ」

 

 アマノがそう言うなら大丈夫なんだろう。非常に納得し難いがこれ以上聞いたところで答えてくれないのは目に見えている。

 

「他に何かあるかい?」

「私は特に…トヒは?」

「大丈夫です」

「じゃあ、これらを踏まえた上で同意書と誓約書にサインしてもらえるかな?」

「はい」

「私のやつ、ちゃんと持ってる?」

「ほらよ」

「ハンコハンコ…」

「内側のポケットだ」

「ありがと」

 

 二人の様子を見たアマノがやれやれという顔をしたのには全く気付かないミワであった。

 

「さてと、昼食はどうする?」

「今食べた分もいい感じになるんでしょうか…」

「大丈夫だ、問題ない」

「頂きます!」

「現金だな…」

「はは…何がいい?しばらくこっちの食べ物は食べられなくなるからね」

「やっぱり回らないお寿司かしら…サイコロなお肉も捨てがたいわね…うーん」

「別に何でもいいじゃないか」

「私は、神都っぽいご飯が食べたいのよ!」

「アマノさんが打って下さった蕎麦なんかまさに神都のごはんだぞ」

「それはそうだけどそうじゃないの!何でもいいんだったらトヒは黙っててちょーだい!」

「へいへい」

 

 前回は食事の選択権を譲ったが今回は絶対に自分が食べたいものを食べようとするミワ。選択した覚えは全くもってないのだが。

 

「決めました」

「お?意外と早かったね。出来るだけ用意させてもらうよ」

「白いご飯とみそ汁と焼き魚とお豆腐とお漬物」

「朝ごはんの代表格だな」

「それとプリンが食べたいです」

「神都っぽいのはどこいった」

「それでいいのかい?」

「はい、やっぱり向こうでは食べられないかもしれないので、慣れ親しんだ味を…と思って」

「わかった。待っていたまえ」

「お願いします」

 

 アマノが部屋を出ていく。また自分で作ってくるのだろうか。以外にもミワがあまりがめついことを言わなかったのには驚いた。下手すればアマノの胃に穴が空いていたかもしれなかったのだが。

 

「良かったのか?それで」

「いいのよ。神様になれば美味しいもの食べ放題なんだし。庶民の味を味わいたかったのよ」

「もうなった気でいるのか」

「なれないかもしれないなんて思ってても仕方ないでしょう?それに私ならなれるに決まってるもの」

「そうだろうか」

「そうなのよ。トヒだって私に神様になって欲しいでしょう?」

「出来れば堅実に働いて欲しかった」

「もう、またそんなこと言って…」

「まあなってくれるならそれに越したことはないとは思ってるよ」

「素直じゃないわね」

「ここ数ヶ月の生活費を請求出来るからな」

「トヒはトヒだったわ…」

「出世払いするんだろう。早めに出世出来て良かったじゃないか」

「ま、まあ、任しときなさい」

 

 しばらくするとアマノがどこぞのレストランのような台車に乗せて持ってきた。

 

「待たせたね」

「いい匂い…」

「ここの食堂で提供される焼き魚定食の品を少しかえたものだ。まあ、神都っぽさはないかもしれないけどね」

「高天原の食堂ってだけで神都っぽさMAXですよ…」

「まあゆっくり味わってくれたまえ」

「「いただきます」」

 

 懐かしい感じである。一人暮らしを始めてから朝ごはんをきっちり食べることはなかった。何か泣けてくる。実家でも朝に焼き魚なんてなかったのに、何故か懐かしく感じる。遺伝子レベルで懐かしさが身に付いているのだろう。ミワも理想の朝ごはんを前にして少し感動していた。今は昼なのだが。

 

「これはあれね…実家のような安心感ってやつね…」

「実家じゃ絶対に食べれないけどな…」

「美味しいわね…」

「美味しいな…」

「ま、まあ、気に入ってもらえたようで良かったよ」

 

 それからは二人とも静かに一口一口を噛み締め、味わいながら食事を進めていった。プリンはしっとり系の焼きプリンだった。焦げたカラメルのほろ苦さも相まって絶妙な味に仕上がっている。美味い。

 

「そのプリンは神都では有名な店のものでね。なんでも一種類しか販売していないそうだよ」

「拘りの一品ってやつですね!」

「ごちそうさまでした」

「さて、少し休憩したらいよいよ本番だ。向こうの時間を考えて転送するからタイミングを逃すと3時間待ちぼうけだからね。次は…ちょうど1時間後。君達の部屋に迎えに行くよ」

「はい、わかりました」

「じゃあ、頼んだよ」

 

 食器を片付け台車を押して部屋を出るアマノに続いて二人も外に出る。初めに通された二人がこれからしばらく滞在する部屋へ戻ると荷物を解く。勿論全部持っていくことなどは出来ないので、必要最低限、持ち運べる程度の荷物にまとめなければいけない。

 

「うーん、取り敢えずこんなものか」

「随分少ないわね。トヒは何を持っていくの?」

「向こうでは揃えられそうになくて、あると便利なものと、ないとダメなやつを中心にいろいろと」

「ふーん」

 

 持っていく荷物は二人で相談して決めたものと、各自で持っていきたいものをそれぞれが持っていくことにした。こちらは相手には内緒である。

 

「ミワも考えて用意しろよ。あんまり欲張っても重いだけだし、これは持っていけたけどこれがないから使えませんでしたみたいなことがあったら悲惨だぞ」

「私がこの二週間何をしていたと思うのよ。抜かりはないわ」

「ならいいんだが」

「なんだか待ちきれないわね」

「旅行じゃないんだぞ」

「それは朝アマノさんから聞いたわよ」

「焦らなくてもあと15分くらいだ。行く前から怪我なんかしてもつまらないだろう」

「それまでイメージトレーニングしておくわ」

「そうか。じゃあ、ちょっと出てくる」

「貴様…逃げる気か?」

「なんだそれ…すぐ戻ってくるよ」

 

 ミワにとやかく言われる前にさっさと部屋を出た。ミワではないが正直落ち着いて居られない。ただ黙って待っていることも出来なかったので建物の中を少し見て回ることにした。あまりあちこち行くのも良くない気がしたので非常口を確認してロビーまでの経路の確認する程度だが。ロビーの受付にはこの間部屋まで案内してくれたお姉さんが立っていた。ここにいるということはやはり神なのだろうか。食堂にも寄ってみた。既に営業時間は終わったのかそもそも利用者が少ないのか誰も居なかった。メニューもそこまで多くない。数日で制覇出来そうなので、余裕があればやってみたい。そろそろ時間だろう。

 部屋に戻るとちょうどアマノが迎えに来ていた。少し早めに来て待っていたのか入ろうとはしていなかった。

 

「やあ、トヒ君。落ち着かないのかい?」

「ええ、まあ」

「そうだろうね。落ち着けという方が無茶な話かもしれない。そんなに気負うことなく楽しんでやってくれればいいよ」

「楽しんで世界を救うってのも難しい話ですけどね」

「はは、そうかもしれない」

「そろそろ時間ですか?」

「そうだね、ミワ君も呼んできてくれるかい」

「わかりました」

 

 部屋に入るとミワがイメージトレーニングという名のスキル発動練習をしていた。興奮のあまり恥ずかしさもないらしい。

 

「ミワ、そろそろ時間だ。アマノさんも来られてる」

「もうそんな時間?もうワンセットやっておきたいんだけど」

「向こうで実践練習でもしておけ」

「遂になのね…遂に異世界転生できるのね…」

「異世界でも転生でもないって…」

「細かいことはいいのよ!さあ行くわよ」

 

 アマノに連れられたのは前に使った部屋ではなく、もう少し大きめの部屋で、既に先客がいた。

 

「彼女は今回、君達の行動をモニターする者だ。まあ仲良くね」

「よろしくお願いしますわ」

「よろしくお願いします。私がミワで、こちらがトヒです」

「よろしくお願いします」

「じゃあ顔合わせも済んだところで早速そこに寝てもらおうか」

 

 ベッドが二つ…柵付きでそれなりにフカフカの布団が使われていた。前回ミワが文句を言ったので替えてくれたのだろうか。前のが診察室のベッドだとすると今回は入院用のベッドだ。うーん、例えを間違えたか。

 

「じゃあトヒ。また向こうでね」

「ああ」

「それでは意識の転送を始める。今回の転送先にはこちらの世界の者が待っている。向こうでのことはその者の指示に従ってくれ。はい、じゃあ3.141592…」

 

 ふわふわとした感覚になる。眠気とは少し違った不思議な感覚。

 

「3238462…」

 

 そういえばどうして数字の羅列なんだろう。今度聞いてみるか。

 

「9502…なんだっけ?」

「88ですわ」

「そうだっけ?まあいいか」

 

 モニターには既に二人の姿が映し出されていた。




一週間毎にアクセス情報みてるんですがどうも目次だけで終わってしまうらしいですね。最新話毎回?見て下さってる御三方ありがとうございます。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

試験開始


2部です。



 

 眼を開けるとそこには見たことのない天井が広がっていた。一先ず身体が動くか確認する。右手、左手、首は回る。身体を起こして右足、左足。特に異常はなさそうだ。身にまとっているものにも問題はない。ここで躓いていてはこの先お話にならないのだが、取り敢えずそんなことはなさそうだ。傍らには用意していた荷物も一緒に送り込まれている。見た感じだいたいは持ってこれているようなのでまあ、大丈夫だろう。立ち上がり、全身を使って軽く動く。違和感はない。少し離れたところに転がっているミワを起こしにかかる。ミワの身に付けているものも転送前に見たものと変わりはなさそうなので、問題なく転送されているのだろう。

 

「ミワ、ミワ」

「……」

「ミ〜〜〜ワ〜〜〜」

「むにゃ?」

「いつまで寝てるつもりなんだ。早く起きろ」

「うーん…ここは…あー」

「毎回こうなるのは少し考えようだな」

「着いたのね…」

「ああ。ここがお前の言う異世界ってやつだよ」

「なんか…いつも通りね」

 

 確かに、起きてから気にはなっていたのだが、ミワの言う通り、天井も、床も、壁も、とても現代っぽい作りをしているのだ。

 

「まあ、ここを出れば違ってくるかもしれないし、出ましょうか」

「そうだな」

「それで…出口はどこかしら?」

「そうだな…」

 

 この部屋、四方に壁はあるが扉らしきものはどこにもない。床も開きそうなところはないし、天井は結構高い。

 

「最初から不具合かしら?」

「そんな訳ないだろう」

「でもねぇ…」

「転送先で誰か待ってるってアマノさん言ってたし、その人から何かしらアクションがあるんじゃないか」

「しばらく待ちましょうか」

 

 その間、ミワが身体の動きや荷物の確認をしたり、互いに相手に変わったところがないかを見たりしていたが、外部からの接触はなかった。

 

「そろそろ10分くらいか」

「トヒ、それは?」

「時計だ。電池じゃなくて手で巻くやつだけど」

「ふーん…考えもしなかったわ」

「こっちに時間の感覚があるか分からなかったからな。まあ、季節と太陽の位置がわかればだいたいの時間はわかるだろうけど、季節があるとも限らないし、太陽があるかもわからないだろう」

「ちょっと言ってることがわかんないわね…」

「なんでだよ」

「まあこれでカップ麺の食べ頃は見逃さないわね」

「そういや持ってこれたのか」

「無理だったわ」

「無理なのかよ」

「缶詰とか乾パンとか食べ物系は全部ダメだったみたいね」

「やっぱりかあ」

 

 長旅になるだろうということは最初から分かっていたので非常食を持ってきていたのだが、どうやらそれは弾かれたらしい。食糧の確保も考えなくてはならない。

 

「まあ、軽くなったしいいんじゃないか?」

「それで納得するしかないわね…おやつはちゃんと200円までにしたのに…」

「それは残念だったな」

「今度戻った時にでも食べるしかないわね…」

「実は結構落ち込んでるな」

 

 兎にも角にもこのままでは埒が明かないので、手分けして部屋を調べることにした。壁を叩いて音を聞き向こう側に空間がないか確認する。床も同様に隠し通路や仕掛けがないか叩きまわって確認する。ところがそういったものは全く見つからなかった。

 

「どうしようもないな」

「後は天井だけね…」

「と言っても届く高さじゃないぞ」

「届かなければ届くところまでいけばいいのよ」

「え?」

「トヒ、こっち来て」

「いや待て、早まるな」

 

 先程の身体検査でやはりミワの力が増大していることは把握している。だからと言ってまた投げられてはたまったもんじゃない。

 

「ここから出るためよ。私は心を鬼にしてトヒを投げるの」

「待て待て待て!この広さだぞ?何回やるつもりなんだ」

「仕方ないわね…じゃあアイテムお披露目と行きましょうか」

「あるんなら最初から出せよ…」

「てってれえ!てにすぼおるう!」

「毎回やるのか?ミワヱもん」

「嫌よ恥ずかしい」

「しかしなんでまたボールなんか持ってきたんだ」

「暇つぶしにキャッチボールでもと思って…テニスボールなら素手でも出来るでしょう?」

「痛いと思うけど」

「まあ見てなさい。この秘密アイテムの使い方はそれだけじゃないのよ」

 

 ミワが頭上に向けてボールを投げる。ボールは天井に当たってそのまま跳ね返ってきた。

 

「今の音、覚えておきなさいよ?私は動いてて細かな違いはわからないから」

「なるほど。物を投げてさっきと同じことをするんだな」

 

 数分後、ある程度の間隔でボールを投げ続けたミワだったが、聞いていた限り反対側に空間があるような音はしなかった。

 

「肩痛い…」

「アップもせずに投げるからだ」

「でもこのままじゃあ外に出られないわね。やっぱりアマノさんの手違いなんじゃない?」

「なあミワ。これが最初の試練ということはないか」

「え、まさか…でもねぇ…」

 

 こちらに来た時点で試練は始まっているのだ。初めに転送された場所が試練の場なんてことも有り得なくはない。試練とは乗り越えるものだ。乗り越えなければ、先に進めない。そして今、先に進めていないのだ。

 

「もしそうだとしたらタラタラしてる訳にもいかないわねえ…」

「試練での対処の仕方を見るってアマノさん言ってたしな」

「なら力ずくで突破するわよ!」

「どうしてそうなるんだ」

 

 ツッコミをいれるトヒだが、現状それしか方法がない。あるかもしれないが思いつきそうにもなかった。荷物をまとめ、衝撃に備えてミワの足元で姿勢を低くする。

 

「いいぞ」

「じゃあいくわよ」

「うむ」

「(イメージ…そう、イメージが大事よ…出来るだけ高火力で…でも何発も撃てるように控えめに…指先に集中させた力を一気に解き放つように…よし!)『墾田永年私財砲』!!ばっきゅーん!!」

「やっぱ聞いてて恥ずかしいな…」

 

 ミワの指から高エネルギーな何かが一直線に壁の方へ向かって解き放たれた刹那、凄まじい爆音と爆風が起こった。

 

「ばっきゅーん!ばっきゅーん!ばっきゅーん!」

 

 残りの三方に向けても同じように撃っていく。そして仕事を終え膝から崩れ落ちたミワを受け止める。次はこちらの番である。

 

「(爆圧から身を守るために耐圧ガラスを展開。その内側にも耐圧ガラスを展開して外側の圧力に耐えられるようにガラスの間を高圧の層にするため中心から拡げていくように。出来れば爆風に飛ばされないように重めにして…)『十枚の窓Windows 10』!!」

 

 周囲に十枚の窓、というかガラスを展開する。外に五枚、内に五枚の二重構造だ。閉鎖空間で爆発が起こると、熱によって急激に膨張した空気が部屋に充満する。すると行き場のない空気は外に出ようとして脆弱な部分を吹っ飛ばす。部屋の中で火事が起こった時、不用意に外から扉を開けてはいけない所以である。後は、窓から火の手が!にならないよう祈るだけだ。火は出てないが。

 

「しかし暑いな…」

「何よこれ…聞いてないわよ…」

「今は黙ってな」

 

 勿論ミワには何一つ教えていない。言ったら以前の仕返しとばかりに実演を強要されるのは分かっていたからだ。実演といっても特に動きは考えていないので見ても面白くないと思うのだが。

 スキルを考える際、イメージとして最も重きをおいたのは如何にして身を守るかだった。火力はミワに任せて問題ないだろう。ならばそのミワを守る役に徹すればいい。そもそも想定していたのはこんな使い方ではなく、崖崩れによる落石程度だったので上手くいくかは正直わからなかったが。

 しばらく待っていると外の空気の流れが変わった気がした。恐らく穴が空いたか出入口が開いたのだろう。成功だ。後はこの隔離空間の酸素がなくなる前に外の空気が入れ替わってくれればいいのだが。どこからともなくピコーンとやや高めの音が鳴った。

 

 その頃、実世界にて8倍速でこの光景を見守っていたアマノは絶句していた。こちらではミワとトヒを送り出してからまだ5分も経っていない。

 

「いやいや」

「あらあら」

「いやいやいやいやいや、度が過ぎるよ。いくら何でもやり過ぎじゃないか?正気の沙汰ではないね」

「模範解答はなんだったのです?」

「そりゃあ『外にいる誰かに外から開けてもらう』だよ。試練とはいえ誰かに助けて貰うこともときには必要だと言うことを伝えたかったんだけど。閉じ込められたらまずはそうするだろう」

「あの二人ならこの先も面白いものを見せてくれる気がします。楽しみですわ」

「君も仕事なんだから…」

 

 いきなり突拍子もないことをしでかした二人とそれを楽しんでいる部下に頭が痛くなりそうなアマノだった。それでも初めの試練をクリアした二人を見届けると次の仕事へ向かう。次の採用希望者が待っている。

 

 『十枚の窓Windows 10』を解除すると濃い新鮮な空気が肺に流れ込んできた。ただでさえ狭い空間を引き延ばして薄くなった空気を吸っていたのだ。数回深呼吸をして肺の中の空気を一新する。そして大きく穴の空いた壁のひとつに向かって二人分の荷物と力の抜けたミワを担いで歩き出す。部屋から出るともう一段と広い空間が広がっていた。今までいた部屋はこの大きなホールのようなところに作られていたようだ。こちらは先程の部屋に比べると現代感はなく、それ相応…異世界らしいのものだった。

 

「一つ目の試練クリアおめでとうございます」

 

 かつて壁だった瓦礫の上から声がする。顔を上げると人らしき姿があった。

 

「あなたがアマノさんの言っていた方ですか?」

「あまの…?ああ、そういう…そういうことになりますか。あなた方の初めの一歩を示す役を仰せつかっております。アナイとお呼び下さい」

「ミワとトヒです。アナイさん、よろしくお願いします」

「まずは…そうですね。先に身体をお休めになった方がよろしいかと。話はそれからに致しましょう」

「そ、そうさせてもらいます」

 

 出来るなら今すぐにでも布団に倒れ込みたい程度には疲れたし、ミワに至ってはいきなり特大弾を4発も放って自立もできない。慣れないことはするもんじゃないのだ。

 アナイに連れられて案内されたのは執務室のようなところであった。おそらく普段から使っている部屋なのだろう。荷物を置きミワを椅子に座らせる。多少の失礼には眼を瞑ってもらおう。

 

「あなたがトヒ様ですね。そしてそちらにおられるのがミワ様」

「はい、このような状態で申し訳ないです」

「いえ、こちらも想定外だったので。まさか扉が飛んでくるとは思いませんでしたよ」

「扉があったんですね…一通り調べた筈なんですが…」

「ま、まあ、お座り下さい」

「失礼します」

 

 トヒがミワの隣に座るとアナイも向かいに座る。上座には座らないのか。

 

「お疲れのところ申し訳ないのですが、まあ聞いていただくだけでも結構ですので。まずあなた方にはこちらの世界の住民登録をしてもらいます。と言いましてもどこかの台帳に記載するとかいうものではなく、単に個人を証明するためのものです。こちら、お受け取りください」

「ステータスカードね」

「ありがとうございます」

「そちらは身に付けておくことで使用者の情報を蓄積していきます。今は何も書かれていませんが、数分後には完成しているでしょう」

「わかりました」

「そしてこちらの世界のお金です。二人であれば三日は宿に泊まっての食事が出来るでしょう。あちらの換算すると三万円程です。因みにこの世界ではキャッシュレスを推進していますので、双方の合意があれば金銭情報を数字の移動のみで完了させることが出来るものもありますので、こちらもお試し下さい」

「冒険の最初から3万ゴールド…破格ね」

「仮想世界にもキャッシュレスの波が…」

「この世界を作っているのがあちらの世界の方々ですからね。やはり普及は難しく地方にはまだまだ浸透していません」

「現金主義まで再現されているとは…」

「チャージや現金化はここの受付で出来ます。他国の大都市にも出張所がございますので、道中は必要最小限の現金をお持ちになって後はこちらにチャージしておくとよろしいでしょう」

「現金化出来るのはいいわね」

「キャッシュレス推進の営業さんみたいですね…」

「すみません。普段の生業がそちらでして」

「ああ、なるほど」

 

 スルーしていたが、ときどき横から聞こえる少し逸れた反応。身体が動かないだけで頭はシャッキリとしているらしく一応話は聞いているらしい。

 

「こちらからはこれくらいです。何かご質問は?」

「では、失礼ですが、アナイさんは神であられるんでしょうか?」

「そうですね。あちらでは、はい。ここではただの営業ですがね」

「ああ、やっぱり…」

「神といっても新興の神でしてね。若手だからとこちらに飛ばされたようなものです」

「ちなみに何の神様なんですか?」

「……プリペイドカードの神を」

「て、適任ですね…」

「時代はコード決済です…」

「は、はは」

「ははは…」

 

 力なく笑うアナイ。どうも上司と似たような空気を感じる。実世界でもかなり苦労したとみえる。電気やネットがないこの世界では神の御業で金銭情報のデータ移しが限界なのだろうが、便利そうといえば便利そうである。

 

「ではごゆっくりどうぞ。機を見てご出立なさって下さい」

「あ、今何時くらいでしょう?」

「こちらに時刻という概念がないので正確な時間は把握しておりませんが13時くらいでしょうか」

「ありがとうございます」

「では。旅の成功をお祈り致しております」

 

 アナイが部屋から出ていく。営業の仕事に戻るのだろうか。まだ動けない様子のミワを椅子に寝転ばせてやると、トヒはさっきまでアナイがいた側の椅子に移動する。時計を取り出し時間を確認する。ぴったし13時。こちらに来て一時間、実世界ではまだ十分も経っていない。不思議な感覚である。





先週は一応区切りということでお休みさせて頂きました。編集が間に合わなかったとかというのではないです。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

作戦会議


今回の移動距離50mないですね。



「ねえ、トヒ。これからどうするの?」

「まずはミワが動けるようになるまではここで待機だなあ。それからは街を回るも良し、街を出るのも良しだ」

「街を出るって…行く宛てはあるの?」

「ない」

「どうするのよ」

「試練は都合良く降り掛かってくるものらしい。歩いてたら降ってくるんじゃないか」

「雨じゃないんだから…」

「まあまずはこの世界に知るために情報収集だな。今貰ったお金も数日で無くなるから以降は自分で稼がないといけないし」

「お金ねえ…街の外にスライムでも居ないかしら」

「キチンと働いてその対価としてお金を貰うのを覚えた方がいいぞ?ああいう世界はいずれハイパーインフレになるのがオチだ。スライムだけだと食ってけないぞ」

「普通に働くのが嫌だから今ここにいるんでしょ」

「そうだった」

 

 目的を見失いかけているが、本来の目的はミワの自立である。神になるのはその手段であって目的ではないし、今回の試練はその手段のための前準備といったところだ。

 

「暇だったらこの建物を探検してみたらどう?ついでにアナイさんイチオシのチャージもしてきてよ。そんな量のお金、持ち歩くだけで気疲れするわよ」

「そうだな。そうするよ」

「私も色々考えてみるわ」

「じゃあ、しばらく歩いてくる」

「行ってらっしゃ〜い」

 

 キャッシュレス決済の札とお金が入っているという小袋を持って部屋を出る。金額はそうでもないのだが何せ嵩張る。まずはここの受付とやらに行ってみよう。ついでに受付の人と話をして情報を得られるといいのだが。

 部屋の外に出ると恐らく入口であろう方向へ歩いていく。さっきは建物の奥からここまでやってきたのでその反対側へ行けばいいだろう。廊下を歩きながら壁や床、天井をキョロキョロと見渡す。正直、思っていたよりもずっと近代的だ。実家も大分と古かったがよりほんの少し前世代のような感じである。そもそもさっきの部屋が現代的過ぎたのだ。まあアナイさんも急に昔の暮らしをしろと言われてもやりにくいだろう。

 受付には直ぐに着いた。階段を降りるとそこがすでに出入口で受付はすぐ横だった。取り敢えずこの世界でのチャージを体験してみよう。

 

「これの2/3チャージお願いします」

「わかりました。数えるので少し待って下さいね」

「はい」

「銀15ですね。2/3ですと銀貨10になりますのでチャージ分は1割増の銀11になります」

「え、増えるんですか」

「はい、反面現金化の際は1割引となります」

「あ、減るんですか」

「交換手数料という形になります。ですのでチャージした分はキャッシュレスで使い切ることをおすすめ致します」

「なるほど…」

「それでは札をこちらに」

 

 先程貰ったばかりの札を差し出す。受付のおねーさんも同じように札を差し出してきた。よく見ると短辺の片方に札の厚み程の切れ込みが入っている。なるほど、相手の札と組むのか。

 

「それではこちらから銀11の送信を行います。送信中は放さないでくださいね」

「おおお…」

「はい、完了しました」

 

 赤外線通信ばりの感動である。手元の札に銀11と刻印される。

 

「因みにこの辺でこれが使えるとこってあります?」

「そうですね…国都に限りますけど比較的高額な取引を中心に普及してますので、一般以上の宿はだいたいが使えますね」

「だいたい一泊幾らぐらいなんでしょう」

「銀2が相場でしょうか。上宿になると銅50程高くなります。あまりおすすめはしませんが木賃宿だと安いところでは銅30なんてところもあります」

「普通の宿でも結構するんですね…」

「この街は少々物価が高いですから」

「今全財産がここにあるだけなんですけど、隣の国まではどれくらいあれば行けますか」

「西の国境までであれば徒歩で丸三日はかかるので、宿に銀2と食費交通費でこちらも銀2ですかね。北の国境ですと四日程ですのでもう少しかかりますね。国境の街の宿は銀1と銅50くらいだったと思います。また国境を越えるには通行許可証を発行しなければならないのでそちらで銅50必要になります」

「国境を越えるだけで銀6ですか…」

「なので全財産がこれだけとなると少し心許ないですかね…国境を越えてからはお答え致しかねますが、同じくらいは必要かと」

「この国都や国境までで出来る仕事の紹介とかってどこかでやっています?」

「紹介所がありますが単発となると難しいですね。特に女性ですといいものは聞きません」

「そうですか…色々とありがとうございます」

「とんでもない。良い旅を」

 

 受付を離れて元来た道を戻る。アナイの言う通り国都で過ごすなら三日は持つだろうが、各地を回るとなると少々どころか全くと言っていいほど足りない。今日の一日はいいとしても明日からは稼いでいかないと早々に飢えでゲームオーバーになってしまう。冒険初期はお金が足りなくて装備もまともに揃えられず宿屋にすらまともに泊まれない、レベル調整の出来てないRPGと同じ結末は嫌だ。ミワにこのことを伝えるべくアナイの部屋に急ぐ。

 

 ようやく肩と首が回るようになってきたわね…相変わらず下半身が動かないけど…寝転んだままでも見渡せる範囲内のものは観察しておきましょうか。とても高価なものはないけど全体的に統一されていて落ち着き感のある部屋ねえ。本棚には本が、壁には地図が。地図?え、ちょっと待ってよ何なのよこれ。

 

「ミワ、戻ったぞ」

「ちょっとトヒ、大変よ」

「どうした?こっちもちょっと困ったことになっていてな」

「困ったこと?何よ」

「金が足りない」

「3万ゴールドもあるのよ?初期レベルなら何回宿屋に泊まれると思ってるのよ」

「どうやら現実は厳しいようでな。今日の宿代で1/4が吹っ飛ぶ」

「え…」

「そして明日ここを発ったとしても三日後国境で金がなくなる」

「何よそれ…いきなりゲームオーバーじゃない」

「そうだ。『これで装備を整えるとよい』程度の金額しかないということだ」

「そう考えると王様もケチよね。国を救ってくれる勇者に端金よ?」

「王様からすれば何人にも声を掛けてるだろうし、その内の一人だけを優遇とかはしないだろう。そいつが本当に国を救ってくれるのかもわからない上に大金を持ってドロンなんてことも有り得るわけだしさ」

「世知辛いわね…」

「で、ミワの方は何があったんだ?」

「そうなよ、ちょっとこっちに来てちょうだい」

「来た」

「私が向いている方を見てちょうだい」

「見た」

「地図があるでしょ?」

「勝った、ホントだ…なんだこれ」

 

 そこにあった地図にはよく知っている国をカタツムリのように大きく丸めたような形をした地形が描かれていた。地球は円盤状で端まで行くと落ちそうな感じだ。

 

「アマノさん、考えるの面倒だったのかな」

「いやそこじゃないわよ」

「この時代にしてはよく出来た地図だな」

「そこでもないわよ」

「真ん中がでっかいどーだろ」

「そうじゃなくて!いやこれはカスってるのかしら」

「どうしたんだよ」

「異世界転生した感が薄れちゃうじゃない!」

「どうでもいい」

 

 アナイの部屋にかけられていた地図はまさにあちらの世界の国である。ただ、ひとつの大きな島を長い島が海老反りのように囲んでいるような円形状ではあったが。

 

「ん?じゃあ、さっき受付のおねーさんが言ってた国境ってどこになるんだ?まさか都道府県でわけたわけじゃないだろう」

「近付いてよく見てみてよ。地図なら普通境の線が引いてあるはずよ」

「ふむ」

 

 本の虫は地図も守備範囲なようだ。いや、地図の見方くらい知っているが、見ればわかるのと見ずともその知識を使えるとのでは大違いだ。この世界に通ずるかはまた別の問題だが。

 

「あーこれはあれだ、地方で国を分けてる」

「まあこんな狭い土地に47も国があっちゃやってられないでしょうからそこそこ妥当なところね。因みにここはどこかわかった?」

「国都って言ってたしどこかの中心都市だろうな」

「どうせ神都でしょうねえ…ということは恐らく西の国境は箱根かしらね」

「温泉の?」

「そう」

「そりゃ宿も高くなるか」

「北は那須の辺かしら…どのみち山だし何か乗り物ないかしらね…」

「馬とか」

「世話しなきゃダメじゃない」

「いつも世話されてるくせによく言うよ」

「これからは私がトヒを養うのよ」

「なんだ?求婚か?」

「この際いいかもしれないわね…」

「んー保留で」

「断りなさいよ」

 

 しかしこの世界の全体像がいきなり掴めたのはラッキーだった。地図なんて海岸線を歩いてみようと思った暇な人が副産物程度に作ったのだろうとしか思っていたが、そんな人がここにも居たのだろうか。それに一国一試練じゃないとわかった今、急いで隣国へ行く必要もない。暫くはこの国に滞在して資金稼ぎとあわよくば試練との邂逅を目標にしよう。

 

「という訳で明日からは職探しだ」

「えー」

「生きるってのはそれなりに金が要るんだよ。知らなかったろ?」

「生まれてこの方働いたことがない私がまともに働けるわけないじゃないすかやだー」

「おお、ミワよ!死んでしまうとはなさけない!死因は…何?栄養失調による衰弱死?」

「最近分かったそうなんだけど働かずに死ぬより働いて死ぬ人の方が多いらしわよ」

「最近聞いたんだが変死の半分は自殺で処理されるそうだぞ」

「……」

「……」

「どこでそんなこと聞くのよ…」

「ネットニュース」

「ガセでしょ」

「わからんぞ。そもそもここは治外法権だから実世界に戻ってしまえば捕まることもない」

「下手人はお前か!」

「まあ冗談はさておき」

「そもそも仕事なんてあるのかしらね」

「そうなんだよな」

 

 さっきおねーさんから聞いたように一時滞在するだけのような者に仕事の紹介をしてくれるようなところはないだろう。ましてや小娘二人だ。どこに連れてかれるかわかったもんじゃない。

 

「ねえ、トヒ」

「ん、どうした」

「もしも私が神になったら人々からの信仰が必要になるのよね」

「そうだな」

「知らない神様を信仰しようとする人がいるかしら」

「まあ、せめて名前と何の神様でどんな恩恵があるのかハッキリとしないと崇めようがないな」

「そこでよ。まずは名前を売るの」

「ほう」

「神見習いと巫女見習いが各地を回るのはこの世界では常識なんでしょう?だったら堂々と名前を振り撒いて歩けばいいのよ」

「理屈はわかるが、この世界で神になるわけじゃないだろう。こっちで信仰を得ても仕方ないだろう」

「……戻って辛くなったらこっちで暮らすことも考えておかないとね。住民登録もしてあるし…アナイさんの部下として生きていくわ…」

「別にアナイさんは辛くてこっちに居るわけじゃないと思うぞ…」

「トヒも来てくれる?」

「やだよ」

「そんなあ」

「それよりどうやって名前を売るんだ?タスキに名前書いて手振るのか?」

「まあ似たようなものね。路上でライブみたいなことをするのよ。名前は売れるし、運が良ければ日銭も稼げるし」

「なるほど。で、何をするんだ」

「何をするかは全くノープランよ」

「話の根幹から崩れ去ったな」

 

 悪くない話ではある。神見習いとしてのミワの存在を認識してもらい、有名になれば一種の偶像崇拝にもなるだろう。ただ身分を公にすることへの抵抗感が拭いきれない。神ではなくただの神見習い。一般人である。そのくせに神の真似事をしていると受け取られれば各方面からお叱りを受けるかもしれない。しかしやらなければ変わらない。やるか、すぐやるか、だ。

 

「ミワは何か出来るのか?」

「ソーラン節」

「ライブでソーラン節って…なんかこう、もっと芸的なやつはないのか?」

「マジックなら道具があれば出来るわよ」

「あるのか?」

「もちろんないわ」

「だめじゃないか」

「コインマジックは地味だし…やるなら鳩とか出したいじゃない?」

「鳩くらいなら居そうだけどな」

「まあ鳩は出せないんだけどね」

「色々だめだな」

 

 案としては良かったのだが肝心の内容が詰まっていなかった。後出来ることといえば、技術の遅れているこの世界に技術革新をもたらすことだが、流石に怒られそうな気がする。そもそもそんな技術は残念ながら持ち合わせていない。精々日常で使えるライフハック程度だ。

 

「スキルを使った芸なんてどうかしら」

「爆発芸でもするのか?一回で周囲数メートルが吹っ飛ぶぞ」

「その辺は火力の調整次第ね」

「まあそれが出来るなら元手もゼロだし上手くいくかもしれんな」

「でしょでしょ」

「スキルの練習にもなるしいいんじゃないか?必要なものがあるなら揃えるぞ」

「そういえば聞きそびれてたけど、トヒさんのあれば何なのかしら?全然聞いてなかったんだけど?」

「あれこれ考えた結果だ。中々上手くいったと思ってる」

「私としては相談の一つでもして欲しかったんだけど」

「いやなんかミワに話すとめんどくさそうだったし」

「酷い!」

 

 あれを思いついたのは窓をバールのようなもので叩いて割る動画を見ていたときだ。やる予定があるとかそういうのではなく、単に長期間自宅を不在にすることが心配だったからである。見たところで余計に心配になっただけであるが。

 

「とにかく、今日はライブのプログラムを考えよう。明日の午前に練習して午後は本番だ」

「えー、急に忙しいわね…」

「当たり前だ。我々は今、三日間生きるだけの資金しか持ち合わせていない」

「ここにいても国境を目指しても三日なのね」

「滞在して仕事を探すなら金の入りもまだ見込めるが移動してる間は減る一方だしな」

「じゃあ取り敢えずは滞在の方向かしらね…」

「そうだな。そうとなれば当面の拠点探しをしなきゃならんのだが…まだ動けないか?」

「欲を言えばまだ寝てたいけど、そろそろ動きたい欲が勝ってるわね」

「なら出発しようか」

「ここの寝心地も中々よ。宿が取れなかったら今夜はここにしてもいいくらいだわ」

「普通に迷惑だからやめろ」

 

 ミワがノロノロと起き上がっている間にある程度地図を持ってきたノートに写しておく。ノートと鉛筆は弾かれなかったが、消しゴムは弾かれた。割と不便である。因みにこのノート、ミワにどうしても持っていけと言われたスキルノートである。何も書いていないのだが、さっきミワには見せたので書いてもいいかもしれない。こうして黒歴史は生産されるのだろう。

 

「忘れ物はないか?」

「ここでもらったのステータスカードくらいだしお金とチャージする札はトヒが持ってるでしょう?」

「ああ」

「じゃあ大丈夫なんじゃない?そういえばステータスカードはどうなってるのかしら」

「数分で刻印されるって話だからな。見てみろよ」

「どこいれたっけ…」

「左胸の辺りだ」

「トヒが入れてくれたんだっけ…これね」

 

 ミワが胸の内ポケットからトランプくらいの大きさのカードを取り出した。先程アナイから貰った住民登録、もとい個人を証明するカード。

 

「結構しっかりしてるわね」

「再発行とかどこでするんだろうな」

「何も書いてないわね」

「じゃあまだなんだろうな」

「トヒのは?どうなってる?」

「こっちも何も書いてないな…ん?指紋みたいなマークがあるぞ」

「まさかの指紋認証…」

「ふむ」

 

 適当に人差し指を乗せてみる。すると文字が浮かび上がってきた。科学の勝利…ではなく神の御業だろう。

 

「当たりね。何が書いてあるの?」

「名前性別年齢出身…後は発行ナンバーくらいか」

「裏は?」

「裏は…身分?」

「はっきりしてるわね…士農工商ってやつかしら」

「その括りに神官や巫女は入らんぞ。その他枠だ」

「まさかその他って書いてるわけじゃないでしょ」

「その他って書いてある」

「ええ…」

「備考欄に巫女見習いとは書いてある」

「そのまんまね」

「ミワは神見習いか?」

「そうなるのかしらね…指紋認証はここかしら?」

「どうだ?」

「神見習いね」

「そのまんまだな」

「まあこれで身分は保証されたわ。大手を振って歩けるわね」

「逆に変なのに絡まれないといいけどな」

 

 神見習いと巫女見習いが各地を旅をする。アマノらがどういう世界を作ったかは知らないが、これが常識となっているならばそれを狙う輩もいないとは限らない。人攫いなどからすれば格好の餌食だ。

 荷物を背負うと部屋の外に出る。

 

「アナイさん、お世話になりました」

「じゃあまずは宿探しだな」

「そうねえ…出来れば綺麗なところがいいけれど」

「贅沢は言えんがな」

「相場はどれくらいなの?」

「銀2、だいたい4000円くらいだそうだ。上宿になれば銀2と銅50、5000円だ」

「全財産3万円よね?王様よりケチなんじゃない?」

「装備は揃えないんだからいいだろう」

「試練割とかないかしら…」

「交渉次第だな」

 

 受付のおねーさんと目が合ったので軽く会釈をして受付前を通る。これで漸くこちらの世界の土を踏むのだ。

 

「地球は青かった…地球に国境はなかった…」

「早よ行け。実際には青みがかってた程度だし、後から実はあったんだよねって言っちゃってるぞ」

「もう!人類の感動の一歩なのよ」

「はいはい」

「という訳で異世界初上陸よ!」

「なんと言うか…割と発展してるんだな」

 

 行き交う人々、街並みを見ての感想である。部屋から外は見えなかったので内装から推測するしかなかったのだが、ここまでとは思っていなかった。





先程サブタイトル見て驚きました。2週連続同じって…直しておきます


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

市街観光

そろそろメインに入っていきたいと思いま…した。



「モデリングミスってないか」

「あれね、和洋中折衷三段重のいい所をふんだんに無視した感じがするわね」

「ただでさえ浮く装束がより浮くな…」

「歩くだけで人目を引きそうね」

 

 伝統衣装と巫女装束を来た二人が洋服の中を歩くのだ。目立たない訳が無い。

 

「履いてるのは草履なのね…」

「違和感しかない」

「これが普通だと誰もおかしいとは思わないのよ。おかしいと思ってる私たちがおかしいの」

「なんで…受付のおねーさんは小袖じゃないか」

「あれはきっと仕事着よ」

「カルチャーショックがヤバイ」

「私は脳が処理し切れずに既に受け入れたわ。トヒも諦めなさい」

「これが最大の試練かもしれない」

 

 ぐるりと見渡すと近くに恐らくこの国で一番偉い人が住んでいるであろう城がそびえていた。城というよりキャッスル感が強いが。広い通りを目指して街を歩いて回る。急に道がなくなったり、曲がり角が多いのは市街戦対策なのだろう。

 外へ外へと向かっていって漸く外周に辿り着いた。門を跨ぐとそこは色々な店が建ち並ぶ広い道だった。そこから何本も細い道が伸びている。細い道の奥は街の人々が暮らす民家だろうか。

 

「この中から宿を探すの…?」

「多分街の構造的にこんな感じの通りが何本かあるだろうな」

「その中から宿を探すの…?」

「探すより聞いた方が早いかもしれないな」

「パンはパン屋ってやつね」

「いやその道の人よりもその辺の人に聞いた方が贔屓目がなくていいんじゃないか?」

「ボケをスルーしないで」

「肉は肉屋だろ」

「ボケをボケで返さないで!」

「雑貨屋はどこかな」

「私を無視しないで!!」

 

 ただ話を聞くだけだと取り合って貰えないかもしれないので店に入り品物を買ってから情報を聞き出す。夕飯には早く、そこまで高価な物を買うつもりもないので何かいい道具があれば儲けものと近くの雑貨屋、つまるところ100均に入る。

 

「いらっしゃ……何かお探しで?」

「ちょっとね」

「はあ」

 

 そりゃ見慣れない者が二人、見慣れない服装をして入ってきたら客商売とはいえ動揺するだろう。

 

「何か騒がしいわね」

「気の所為」

「人増えてない?」

「気の所為」

「すごく見られてない?」

「気の所為」

「あ、これ、化粧品っぽいわね!」

「何か実用的なのないか?」

「アクセサリーなんかもあるのね!」

「油や炭みたいな燃料もあるんだな」

「……」

「……」

 

 非常に気まずい。まさかこれ程とは思わなかった。急にそこら辺の人に話しかけなくて本当に良かった。

 

「出るか」

「そうね」

 

 入り口の方を振り向くと隙間という隙間からこちらを覗く眼があった。背筋がゾクゾクする嫌な気分を抑えながらさっさと外へ出る。そして一切振り向かずに店を離れた。

 

「こりゃ当分人の眼を見て話せないな」

「私もしばらく部屋の中じゃ寝られる気がしないわ」

「宿は諦めて野宿にしよう。そうすれば出費も抑えられるし、変に目立つこともない」

「そうね…そうしましょう」

 

 速足ついでにそのまま街の外へと進む。出来ればもう少し街を見て回りたかったが、それは市民権を得てからにしよう。行く先々で毎回あんなことになるのはごめん蒙りたい。

 街を出るとさっきまでの喧騒が嘘だったかのように静かになった。田畑が広がる長閑な田舎といったところか。田は既に稲刈りが終わり稲が三角にずらっと干してある。はぜ掛けというやつだ。この世界は今、秋真っ只中のようだ。だとするとこれからの季節色々と厳しくなるかもしれない。

 暫く進むとそこまで大きくない川に差し掛かった。

 

「なあミワ」

「何」

「走れるか」

「ええ」

「橋の手前まで行ったら一気に上流の方へ走るぞ」

「わかったわ」

 

 つけられている。それに気が付いたのは街を出てからだった。街中では人が多かったしそもそも精神状態が終わっていたので全く気付かなかったが恐らく先程小間物屋を出た時からなのだろう。一定の距離を保っているので同じ方向でしたなんてことはない。

 

「今!」

 

 土手を駆け下り河原を全力で走る。後ろで何やら叫び声が上がったが知ったことではない。振り向くことなく走り続ける。

 

「トヒ!荷物貸しなさい!」

「わかった」

 

 歩くのにはそうでもなかったが走るとなると少し重たい。背負っていた荷物をミワに放り投げると幾分か走るのが楽になった。

 段々と石が大きく角張ってくる。この頃には既に全力とは言えないスピードになっていたが取り敢えず走る。追手も最初の間は叫びながら走っていたが今ではだいぶ大人しくなった。疲れたなら帰ってくれればいいのに。

 

「トヒ。ハア…もういいんじゃない?」

「何が目的か分からないんだ。そう容易く捕まってられん。ハア…」

「いや…何も…捕まえに来たとは…限らないじゃない…ハアハア…」

「じゃあ何が目的で…ハア…こんなに追いかけてくるんだ…ハア…」

「そんなの…ハアハア…知らないわよ…ハア…」

「じゃあ…ハア…ちょっと話してみるか…ハアハア…(人が乗っても割れないような)ハア…(強化ガラスを向こう岸まで)ハアハア…(展開後初めの衝撃から十秒後に)ハア…(消滅)『十枚の窓(Windows 10)』…ハア…ミワ、よく下見てついてこいよ…ハア…」

「わかったわ…ハア…」

 

 窓を使って即興の橋を作る。余り他の人間がいるところで使いたくはないが、このまま逃げていても埒が明かない。体力も限界に近づいている。ガラスはトヒ一人分の体重だと十分耐えた。ミワも荷物を二つ持ってるとは言え大丈夫だろう。

 

「これ…ホントに…ハア…大丈夫なんでしょうね…」

「乗ってすぐ割れることはないだろう…ハア…」

「えーい…ままよ…ハア…」

 

 問題なかった。足袋で良かったとつくづく思う。割と上流の方まで来ていたので川幅もそこまで広くなく、十枚もあると難無く向こう岸へ辿り着くことが出来た。その分流れもそこそこ強くなっているのでふらふらの追っ手が川を歩いて渡ってくることもあるまい。

 

「ハアハア…」

「ハアハア…」

「「ハアーーーー」」

「便利ね…」

「何でもアリな気がしてきた」

 

 まだ息は整っていないが、先程までいた対岸に追っ手が追い付いてきた。やはり川に足を入れようとはしない。

 

「何か用かしらー?」

「おめーら…ぜえ…どうやって…はあ…渡ったんだ…」

「聞こえないから!息を整えて!話はそれからー!」

「別に逃げたりしないわよー!」

「十分逃げ回ったろうが…ぜえ…」

 

 何やら悪態をついてるようだが聞こえないので聞かなかったことにした。それから暫く双方共に息を整える時間を取った。向こうの追っ手は男が三人。何れも街中でよく見かけた町人のような恰好をしている。やはりあの頭に洋服は似合わない。

 

「喉乾いたんだけど…」

「眼の前に水があるだろう」

「飲んでも大丈夫なのかしら、これ…」

「心配ならあれがあるぞ。荷物貸してくれ」

「はい」

 

 トヒは荷物の中から水筒を出してミワに渡す。受け取ったミワが微妙な顔をする。

 

「飲む前に綺麗にしてくれる便利なウォーターボトルだぞ?何処でも美味しい水が飲めるってのに」

「いや、それ水道水の話でしょ。自然に川に流れてる水にも効果あるの?」

「ある程度は大丈夫だろ。そんなこと言ってたら何も口に出来ないぞ。あくまでも気休めだ」

「せめて煮沸して蒸留水にしたいところね」

「んな時間があるか」

「仕方ないわね…」

 

 向こうに眼をやると普通に顔からいっている。流石にそんな真似は出来ないが掬って飲む程度なら大丈夫だろう。

 

「自然って感じが否めないわ」

「流石に真水とまでは無理なんだな」

「お腹壊さないかしら…」

「そんときはそんときだ」

「一応満タンまで入れとくわ」

 

 そんなこんなしてる間に追っ手の男達も大分と息が整ってきたようなので本題に入る。

 

「どうして追ってきたんです?」

「どうしても何も逃げるからに決まってるだろう!」

「追うから逃げるんじゃない!」

「そもそもなんでついて来たんです?」

「お前らみたいな恰好をしてる奴らは大抵遊郭から逃げ出した娘って相場が決まってんだよ!」

「な!和服を馬鹿にするんじゃないわよ!」

「誰に言われて来たんです?」

「言うわけねーだろ!」

「つまり誰かに言われて来たんですね?」

「……」

「黙ったわね」

「わかりやすい…」

 

 何やら暫くコソコソと相談している三人。コソコソしなくても聞こえないのだが。

 

「とにかく!悪いことは言わねえからさっさとこっちへ来い!」

「行くわけないでしょう!そもそも私達は遊女じゃないわよ!」

「うるせえ!逃げ出した遊女は皆そう言うんだよ!」

「逃げるのに目立つ服着る訳ないでしょう!」

「他に服がねーんだろ!」

「あーいえばこーいうわね!」

「こーいえばあーいうな!」

 

 ミワが一人の男と舌戦を繰り広げている。大方彼らは遊郭の門近くに詰めているやつらだろう。もしかすれば逃げ出した遊女目当てのロクデナシかもしれないが。川を挟んで言い合っている仲間を見ている他の二人に合図して少し離れた場所で話をする。

 

「それで、捕まえてどうするんです?いやらしいことでもするんですかね?」

「しねーよ!そんなことしたら店の連中に何されるかわかったもんじゃねえ」

「じゃあ遊郭から逃げ出したんじゃないって分かったらどうです?」

「いや、そりゃあ、まあ。何もしねーよ?」

 

 その気があったとしてもせめて言い切って欲しい。いや、あってもらっては困るのだが。

 

「いやするでしょ。そもそも誰か逃げたとかいう話があったんです?」

「そう言われると…どうなんだ?」

「あいつが遊女が逃げたから捕まえるぞって言ってたからてっきりそうなのかと」

「ん?どうしました?」

「ちょっと待ってくれ!」

 

 トヒと話していた男の方が今もミワと怒鳴りあっている男へ駆け寄り、何やら話をしている。ミワは次の戦いに備えてかがぶがぶ水を飲んでいる。あれだけ文句言ってたくせに。

 

「待たせたな!」

「どうです?」

「こいつが聞いたのは!『遊女みたいな服を着た娘が街を歩いているからちょっと見てこい』だけで!遊女が逃げたという話はないそうだ!」

「早とちりし過ぎでしょう」

「悪かったな!とはいえただで帰るわけにもいかんのだ!個人証明を見せてくれ!」

「これかしら?」

「遠くて見えん!こっちに戻って来てくれないか?」

「はあ?あなた達、小娘二人にこの川を渡れって言うの?無理に決まってるじゃない!」

「お前らそっちに行けたじゃねえかよ!」

「無理なものは無理なのよ!そっちの誰かがこっちに来なさいよ!」

「こんなの男でも下手すりゃ流されちまうよ!」

「じゃあ諦めるのね!そうやすやすと見せてたまるもんですか!」

「いやしかしなあ…」

 

 このままでは平行線である。その内三人で固まって渡ってくるかもしれない。渡っている間に逃げればそれで済むのだが、そうすれば次から街に入りづらくなる。だからと言って眼の前でスキルを使って見せるわけにもいかない。

 

「仕方ないわね…」

「どうするんだ?」

「秘密アイテムの二つ目よ」

 

 ミワが荷物をゴソゴソと漁る。

 

「ろおぷう〜」

「やるんだな」

「トヒ、その辺の岩に取れないように括りつけてきてちょうだい」

「わかった」

 

 出来るだけ大きくて引っかかりの良さそうな岩を選んでロープの端を括り付ける。試しに二週間で習得したサバイバルで役立つロープの結び方というのをやってみた。

 

「結べたぞー」

「じゃあいくわよ!」

 

 ミワが反対側の端を輪っかにしてクルクル回している。カウボーイならぬカウガールか。ひょいと投げたように見えるがミワの力で投げられたロープは対岸にいる三人を大きく越えて着地した。

 

「二人で引っ張って一人こっちに寄越しなさい!」

 

 向こうもミワの意図を理解したらしく二人がロープを引っ張り、一人が服を脱ぎ始めた。

 

「ちょっ!何脱いでんのよ!」

「脱がなきゃ濡れるだろうが!」

 

 完全に理解はしていなかったようだ。よりにもよってこちらに派遣されるのはミワと言い合いをしていた男だった。

 

「んなもん乾かせばいいでしょうが!乙女の眼に変なもの見せるんじゃないわよ!」

「一張羅なんだよ!嫌なら眼ぇ瞑ってろ!」

「見てないと何しでかすかわかんないじゃないの!」

「もう一人が見てればいいだろ!」

「はあー?この子にそんなもの見せるわけないじゃないの!そんなの私が許さない!」

 

 また言い合いが始まってしまった。川を挟んで怒鳴り合う。川中島みたいだ。流石に向こうも考えたのか人選を替えてきた。先程トヒと話していた男で、ズボンの裾を限界まで上げて水に足を入れた。

 

「しっかり引っ張りなさいよ〜」

 

 こちらは岩に括りつけているので引っ張る必要はないが、あちらはサボるとロープが弛んで支えの意味がなくなってしまう。

 

「なあミワ、このロープどうしたんだ?結構しっかりとしてるじゃないか」

「そりゃ登山用だもの。時には命を預けるものなんだから簡単に切れちゃったら困るわ」

「高かったろ?幾らしたんだ?」

「いや〜色んなものも一緒に買ったから一つ一つの値段はわかんないわね〜」

「たくさん買ったのか。よくそんな金持ってたな」

「ま、まあ、一応お嬢様だからね…」

「ほーん」

「知らない方がいいこともあるわよ…」

「三通りほど予想したが聞くか?」

「遠慮しとくわ」

「実家から借りた」

「聞きなさいよ」

「ヘソクリを使った」

「……」

「うちの実家から借りた」

「うっ…」

「図星か」

「だってトヒも私のせいで生活がギリギリなんでしょう?今更実家に頭下げる訳にもいかないし…トヨ姉様にトヒのためだから!って言ったら貸してくださったのよ…」

「うわ、トヨ姉にそれ言うか…あのシスコン泣きながら大金用意しそうだ」

「実際トヒのためにもなるじゃない?」

「あのなあ、今更なんだから遠慮しなくていいんだ。変に遠慮されると逆に寂しい」

「悪かったわよ…」

「それに出世払いで返してくれるんだろう?だったら今のうちにじゃんじゃん貸し付けてやるよ」

「闇金よりタチが悪そうね」

 

 川を渡っていた男がそろそろこちらに辿り着く。人畜無害そうな顔をしているが数えきれないほどの人間を殺しているかもしれない。取り敢えずミワが構えトヒはその後ろに下がる。

 

「よくここまで辿り着いたな勇者よ!」

「は?」

「気にしないで下さい」

「じゃあまずはあなたのステータスカードを見せてもらおうかしら?」

「ステータスカード?」

「個人証明です」

「まあ仕方ねえな」

「ものわかりがいいわね…」

「あんたに何言っても通んねえことくらいわかる」

「確かに」

「失礼な…」

「ほらよ」

 

 個人証明を見るのは三枚目だが二人のものと何ら変わりはない。それに今日貰った二人のものと同じくらい輝きを保っていた。

 

「随分綺麗ね。最近作ったパチモンじゃないの?」

「んなわけあるか!ここじゃあ偽造は奉行所通り越してお上行きだぜ?そんなやつ聞いた事もねえが」

「ふーん」

「平次さんというんですね。身分は…町民ですか」

「あの二人は?」

「うるさいのが助六で、もう一人のが弥助だ」

「寿司か」

「寿司ね」

「寿司?」

「こっちの話よ」

「そんじゃあんたらのも見せてもらおうか」

「どっちのが見たい?」

「は?」

「いや、こっちは一人分しか見てないのに二人分見せろっていうのは虫のいい話じゃない?」

「また何か言い出しやがったな…」

「おい」

「冗談よ」

「ったくなんだよ…」

「はい。私のはこれよ」

「確かに。そっちのも」

「ほい」

「ミワとトヒか。どこかは知らんが遠くから来たんだな」

「まあね」

「んじゃ裏を見せろ」

「やっぱ裏も見たいわよねえ」

「まあ裏を見ないと見た意味ないもんな」

「仕方ないわね…」

 

 同時に2枚のカードをひっくり返す。裏に書かれているのは当然身分欄。そこに書かれている二人の身分はその他。そして備考欄には…

 

「神見習いと巫女見習い…?」

「どう?わかった?」

「いや、でも、うーん」

 

 黙り込んでしまった。じっとカードを見つめて微動だにしない。この世界では常識じゃなかったのか?しびれを切らしたミワが口を開く。もっと大きなリアクションが欲しかったのだろう。

 

「どうしたのよ?」

「偽造なんてことないよな?」

「ないわよ」

「でもなあ…」

「何か腑に落ちないところでも?」

「いや、本物なのはわかったんだが、それをどう報告したものかと思ってなあ。信じるわけがねえし実際俺も完全に信じてるわけじゃねえ」

「実物を前によくそんなこと言えるわね」

「仕方ねえだろ。そういうのがあることすら噂でしかなかったんだぞ?そんなのを信じろって言う方が無茶な話だ」

「常識じゃなかったのかしら」

「そのハズだが」

「あんたらの国じゃそうかもしれないがよお」

 

 この男も社会のヒエラルキーに属している一人の人間である。上司くらいいるだろう。帰って報告しても適当に報告したと思われるのが関の山。

 

「うちのアニキに見せてもらうってことはできねえよなあ」

「出来ないわね。今から連れてくるわけ?」

「自分達が戻るって選択肢はねえんだな…」

「当たり前でしょ」

「せめてちゃんと個人証明を見たってことがわかればいいんだが」

「そうねえ」

「紙に名前を書いたやつを見せるってのはどうですかね?」

「俺、自分の字と簡単な字くらいしか知らないんだ。適当に書かれても判断のしようがねえ」

「きちんと書けばいいんでしょう。トヒ、紙とペンを」

 

 荷物の中からノートと鉛筆を取り出して大きな文字で名前を書いてミワに渡す。ミワも少し考えてから名前を書いた。

 

「何だこれ」

「似顔絵よ」

「誰の」

「トヒの」

「デフォルメされ過ぎて全く元がわからん」

「トヒも何か別に書いときなさいよ。名前だけじゃ味気ないでしょ」

「うーん…」

 

 特に書くこともないので普段から書いている御朱印の墨書部分を書いておいた。鉛筆だが。そして綺麗にページを破り平次に渡す。

 

「これでどうです?」

「まあ無いよりはマシだな…」

「こっちがミワでこっちがトヒって書いてあるわ」

「何だこの顔みたいなのは」

「トヒの顔よ」

「ヘッタクソだな…」

「あんたらの見てる長い顔よりは可愛いわよ」

「こっちは?」

「うちの実家の神社の御朱印よ。ありがたく受け取りなさい」

「お、おう…」

「わかったらもう行きなさい。心配なら明日も街には出るから何かあったら来ればいいでしょ」

「あ、ああ、手間かけたな」

 

 平次は紙をしまうと来た時と同じようにロープを支えに対岸まで戻っていった。平次が岸に上がると渡していたロープを回収していく。

 

「こりゃちゃんと乾かさないとね…」

「今日はこの辺にするか」

「そうね」

 

 ロープを片付けている間に追っ手の三人も早々に引き上げていった。街を出てから相当な時間が経っているだろうし、街に着く頃にはもう日が暮れているだろう。




ua/pvともに前話が0だったんですよね。最早ここは独り言の欄と化したのだ。まあ自分で考えてるところまではやりますよ。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

野外演習


そろそろ話が進みます。



「今、何時くらいかしら」

「16時過ぎだな」

「1時間もやり合ってたのね…」

「取り敢えず食材探しだな」

「一狩り行く?」

「いや、採取系クエストだ」

 

 少し上流の方へ移動し、川の中にある岩場に仕掛けをセットする。ついでにもう少し上流からバシャバシャと水面を叩いて音を出し魚を追い立てる。仕掛けは川沿いに生えていた竹を拝借した。そこまで本格的なものは作れなかったが入っていれば儲けもんと言ったところだ。

 そして少し川から離れたところに入りスペースが取れそうな所を探し荷物を降ろす。

 

「ここをキャンプ地とする!」

「じゃあミワは河原でなるべく大きさの揃った石を何個か運んできてくれ」

「えーなんで私が」

「適材適所ってやつだ」

 

 ミワが石を運んでいる間、地面を掘って掘り出した土を盛って5センチ程の深さの窪みを作る。盛り土の内側には大きめの端材。中心には枯れた竹や葉っぱを集める。これで消えにくく燃え広がりにくい焚き火台の完成である。台は無いが。

 

「こんなもんかしら」

「うん、ちょうどいいな」

「暗くなる前に汗流してくるわ」

「そうだな。火、起こして待ってるよ。ついでに食べれそうな魚が居たら捕まえてきてくれ」

「無茶言わないでよ」

 

 火を付ける道具は一応色々と準備していたのだが、ライターがはじかれてしまったのでどれを使おうにも一手間以上かかってしまう。一番楽なのはマッチだがライターが無い今、緊急用に取っておきたい。どうしたものか。

 

「そうだ…『十枚の窓(Windows 10)』」

 

 太陽光を一点に集めるような凹面のミラーリングガラスを作り出す。以前、ビルの窓のせいでぼや騒ぎになったというのをニュースで見た気がする。そんな感じで出来たりしないだろうかと思ったのだが割と上手くいってしまった。ホント何でもありである。とは言えほぼ日が沈みかけているこの時間では大した光量は取り込めないだろう。10個の凹面鏡を焦点が着火剤に合わさるように配置する。するとすぐに煙が登り始めた。上手いこといきすぎである。しばらくは大事な種火を生まれたての赤子のように大事に育てて大きくする。葉っぱから竹に燃え移ると竹で息を吹き風を送り、更に大きな火にしていく。竹は一本あればだいたいのことに使えるので便利だ、と、本に書いてあった。

 

「あら、ひょっとこが居るわね」

 

 火が安定したころにミワが帰ってきた。

 

「湯加減はどうだった?」

「水に湯加減も何もないわよ、冷え冷えよ。それより誰かに見られないかヒヤヒヤしたわ」

「上手いこと言うなあ」

「うるさいわよ」

「じゃあもう一仕事だ」

「先に言ってよ…また汗かくじゃない」

「なに、ミワにとっちゃ大したことないさ」

 

 薪拾いのときに見つけておいた良い感じの倒木をミワに運ばせる。枯れているので多少は軽くなっているのだろうがそれでもそれなりに重かった。なのでミワに運ばせようと思ったのだが、軽々と持ち上げるので少し引いてしまった。それを見たミワも微妙な表情をする。ごめんて。

 拠点に戻って木を縦に半分。椅子の出来上がりである。横になれば寝ることもできるのでこれで地面に直に寝ることはなくなった。後は、まだ軽かった木を3本交差させて三脚を作る。もう1つ同じものを作って最後に横に木を渡す。物干しが出来上がる。まあ急ごしらえならこんなもんだろう。

 

「いやあ、いい仕事したな」

「トヒも水浴びして来なさいよ。真っ暗になるわよ」

「そうだな。じゃあ火の番頼んだ」

「頼まれたわ」

 

 タオルと替えの服を持って川へ向かう。死水域、わんどというらしい流れが淀んだ場所があることは確認している。周辺が濡れているのでミワも恐らくここを使ったのだろう。流石に野外で服を脱ぐのは気が引けるが誰も見てないだろう。多分。着ていたものは綺麗に畳んで濡れないように少し離れたところにタオルと一緒に置いておく。入水。やはり冷たかった。肩まで浸かる気にもなれないのでさっと水を掬って身体を軽く撫でる。ついでに下着や襦袢を揉み洗いしておく。明日の朝には乾いているだろう。濡れた身体をタオルで素早く拭き取ると用意しておいた服を着て急いで戻って暖を取る。

 

「随分と早かったわね」

「流石に寒いな」

「まああったまりなさいよ…てかなんでジャージなのよ」

「野宿もあるかもしれないと思ったからな。長袖長ズボンは基本だ」

「秋も深いからまだいいけど真夏だったらどうするのよ」

「虫にさされないから夏もいいぞ。真冬だとやばかったけど」

「真冬だったら野宿なんてしないわよ」

「まあね」

「じゃあ仕掛け見に行くか」

「待ってたわよ!」

 

 さっき仕掛けておいたポイントへ向かう。ダメ押しにもう一度上流を荒らして仕掛けに追い立てる。

 

「どうかしら」

「当たりだな」

「やったわね」

「それなりの大きさだからお腹いっぱいになるぞ」

 

 他の仕掛けにも運良く同じくらいの大きさの魚が掛かっていた。上出来ではなかろうか。

 

「こりゃいいな。もう一度仕掛けておいて明日の朝また来よう」

「そうね。こんなに簡単にとれるなら食料には困らないものね。街で売れるかもしれないし」

「他の食料にも交換できるかもしれないな」

「早く戻りましょうよ。さっきからお腹が空いて仕方ないのよ」

「まあ焦るな。魚は逃げん」

 

 とった魚は他に材料もないので丸焼きにして食べる。こちらにきて初めての食事である。

 

「ん〜〜!凄く美味しいというわけでもないけど普通に美味しいわね」

「まあただの焼き魚だしな。塩か醤油があればなあ」

「ごはんが欲しいわね」

「明日は米を買うか」

「甘いものも欲しいわね」

「一瞬ですっからかんになるぞ」

「そういえば結局今日はお金使わなかったわね」

「使ってる暇がなかったからな…手元に銀5、こっちに銀11だ」

「2人で32,000円ね…神都だったら一泊が限界ってとこかしら。キャンプ最高ね」

「ずっとここに居るわけじゃないんだ。隣の国に行くまでに銀50は貯めたい」

「銀50…ひいふう…10万?」

「という訳で明日の計画を立てるぞ」

「すっかり忘れてたわ」

「遊びに来たんじゃないんだぞ」

 

 ミワのスキルを使った芸。まだ指鉄砲しか見たことないがそれをどう使うかを考えなければならない。あんな爆発をどう使えというんだ。

 

「なあミワ。あのばきゅんてやつ、どこまで火力を抑えられるんだ」

「さあ…やったことないしねぇ…」

「気軽にポンポンと撃てるもんでもないしな。下手すりゃ山が一個消えそうだ」

「じゃ、取り敢えずやってみましょうか。上向けて撃てば大丈夫でしょう」

「ふむ」

「最小出力!『墾田永年私財砲』!ばきゅん!」

「……」

「……」

「わからん」

「見た目ではわかんないわねぇ」

 

 ミワの放つエネルギー弾は不可視なので何かに当てない限り強弱がわからない。重力で落ちてこないだろうか。

 

「でも反動からすると相当弱くなってるはずよ」

「と言われても信用できん」

「と言われても反論できないのよね」

「地下数百メートルの場所で1人で試して来てくれないか」

「人口地震でも起こさせる気なの」

「じゃあ他のやつはどうなんだ」

「それこそやったことないからわかんないわ。最悪の場合死人が出るわよ」

「変な文言を付けるからだ」

「だって必殺技なんだもん」

「それは聞いたよ」

 

 必殺技以外のものも考えればいいのではないだろうか。『十枚の窓』だって別に相手を傷つける効果は付与されていないのだから。それでミワが納得するかは別だが。

 

「ねえ、ミワの窓ってどこまで耐えれるの?」

「さあ…やりようだろうな。窓にだって色々あるんだし」

「じゃあ一番頑丈なやつ出してよ。私が最小出力から少しずつ火力上げて撃ってくから」

「なるほど」

 

 ついでに『十枚の窓』の耐久性も確かめるのもありかもしれない。ミワの最弱弾で貫かれるようなら防御壁として使えたもんじゃない。

 

「受けて立とうじゃないか。限界を知っておくのも悪くないだろう」

「じゃあ早速やりましょうか。10枚全部出してよ」

「よし来た」

 

 んー…なんの耐性にしようか…エネルギー弾だし防弾でいいか。

 

「(取り敢えずミワの撃つエネルギー弾を止めきれるような防弾のガラスを一直線に)『十枚の窓(Windows 10)』」

「それじゃ行くわよ。『墾田永年私財砲』!最小出力!ばきゅん!」

「順番違うけどいいのか」

 

 ミワが遠慮なく最小出力のエネルギー弾を撃ち込む。

 

「あら」

「ふむ」

 

 ミワの指から放たれたエネルギー弾はちゃんとガラスに当たった、気がするのだがガラスには傷一つ付いていない。

 

「このガラス、どれくらい硬いの?」

「さあ…」

「そっちが強過ぎたら比較にならないじゃない」

「そんなこと言われてもなあ」

「私から破壊を奪ったら何が残ると思ってるのよ」

「サイコパスだったか」

「血が破壊を求めているの」

 

 なんかこう、ど真ん中に綺麗な穴が空いて全てを貫ていく、というのを想像していたのだが、貫くどころかヒビすら入っていない。

 

「こりゃ普通のガラスでも大丈夫なんじゃないか?」

「はっー!あったま来たわね!あんまり舐めてると痛い目会うわよ!」

「人に銃を向けてはいけません」

「意地でもこのガラスを粉々にしてやろうじゃない」

「ほどほどになー」

 

 少しずつ火力を上げて数発撃ってみる。がしかし、最大火力を撃ち込んでもミワの努力虚しくガラスの方はビクともしない。流石にミワもヘコむ。

 

「なんでよ…昼間はあんなにすごかったじゃない…」

「なあ、ミワ」

「何よ、笑いたかったら笑いなさいよ。あんだけ大口を叩いておいて傷一つ付けられなかった無様な私を笑いなさいよ」

「はは」

「笑うんじゃないわよ!」

「どうしろと」

「もっと気遣いなさいよ!」

「めんどくさ…」

 

 最早聞き分けのないガキである。

 

「多分なんだがな、ミワのばきゅんは直接物を破壊することは難しいんじゃないか?」

「トヒも見たじゃない。あの分厚い壁のガレキを」

「あれはミワのばきゅんでなったんじゃなくて密閉空間で圧力が上昇したからああなったんだろうな」

「どういうこと?」

「鉄砲からなんで弾が跳ぶかしってるか?」

「そりゃ引き金を引くからで…あれ?そんな引いただけで飛んでくわきゃないわね…」

「火縄銃とかなら分かりやすいんじゃないか?銃口から火薬を詰めて、弾を込める。引き金をカチッすると火が火薬について爆発する」

「その衝撃で?」

「実際には急激な熱膨張なんだがまあ大雑把だがそんなとこだ」

「つまり私は火薬に火を付けただけなのね」

「言いたかったのはそんなとこだ。物を飛ばす力はあっても壊す力はないってとこだな」

「そういえばトヒも爆発しなかったものね」

「そういえばそうだな」

 

 初めて仮想空間に飛ばされたときにミワに撃ち込まれた腹の感覚を思い出す。衝撃は凄かったが優しい温かみだった…気もしなくもない。

 

「つまりあれね。弾を用意すればいいのよね?」

「そういうことになるな。あくまでも一案だが」

「物は試しよ」

 

 ミワが足元に転がっていた小指くらいの小石を拾い上げる。

 

「じゃ、行くわよ」

 

 コイントスのように親指で上に弾く。

 

「ん?」

「ばきゅん!」

 

 そして落ちてきた小石に向かってエネルギー弾を撃ち込む。小石は軌道を変えてまっすぐ10枚ならんだガラスに向かい、一番手前のガラスに当たって下に落ちた。

 

「そのフォームは大丈夫なのか?」

「まあ大丈夫でしょ。で、どう?」

「前の車が跳ね上げた小石がフロントに当たった感じだ」

「どうなのよそれ」

「ちょっと傷が入った」

「大成功ね」

「まあ普通の石が防弾ガラスに傷を付けたんだから大したもんだよ」

「次は普通のガラスでやってみましょう!」

「ほい」

 

 新たに『十枚の窓』を展開する。普通の窓ガラスが10枚並んだ。

 

「それじゃ行くわよ!『墾田永年私有砲』!ばきゅん!」

 

 放たれた小石はガラスの中心を一直線に通り抜け、10枚全てを貫通した。

 

「なんか変わったか?」

「名前を変えてイチからイメージし直したのよ」

「ほー」

「これなら使えそうでしょ?」

「何に?」

「何って…お金稼ぐんでしょ?」

「……目的を見失ってた」

「あんたねぇ…」

「如何にしてミワの機嫌を取るかを第一に考えていたからな」

「今はすこぶるいいけどなんか癪ね」

 

 火力調整が出来ることがわかったのだがそれをどうするかという課題が残っている。今のままだとただの射的だもんなあ。

 

「じゃあ演目を決めましょうか」

「そうだな」

 

 こういったことはミワに任せた方がいい。神社のイベントでも何かするとなれば皆がミワにアイデアを求めるしミワもそれに喜んで答えている。そういった仕事につけばいいのにとは思うのだが少し厳しいか。神社のイベントは街のイベント。あの街のイベントプロデューサーは元々ミワだったのだ。そりゃ求人がある訳が無い。

 一通りのプログラムを決めるとミワはさっさと寝てしまった。こっちに来ていきなり力を使い果たし、回復仕切る前に河原を駆け、さっきも躍起になって撃ちまくったのだ。疲れていて当然だろう。人のこともあまり言えないので明日に備えてさっさと寝よう。

 

 

 ミワとトヒが眠りについた頃、アマノが部屋に戻っていた。そろそろ向こうでは日が変わるころだ。彼女らの睡眠時間はモニターを任せていた部下にも束の間の休息が与えられる。初日の様子を聞きたかった。

 

「やあ、どうだい」

「またおいでになったのですか?暇でして?」

「面倒見がいいと言ってくれないかな…」

「度が過ぎると過保護になりますわよ。先程、お二人共ご就寝されましたわ」

「そうかい。何か気になった点は?」

「いえ、特には」

「へえ」

「そう心配なさることもありませんわ」

「別に心配というわけじゃないんだけどなあ。ただ初めての一般人の転送だから気になってるだけで」

「それを心配していると言うのですわ」

「そうなのかな」

「はいはい、わかったならさっさと仕事してきて下さいまし。私の休憩時間を邪魔しないで頂きたいんですの」

「あれ?一応上司なんだけどな?」

 

 いい部下を持ったアマノであった。





今回は少し短めです。書き写しの際に削ったらここまで…まあ6000前後が目標なので少なめの回があってもいいでしょう。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

初回公演


('ε' )く('ㅂ' )り('□' )ま('ε' )す('□' )が
('ロ' )こ('ロ' )と('ㅂ' )し('ロ' )も
('□' )やーっ('ㅂ' )て('ㅂ' )き('□' )たー



 翌日。朝日が昇る前に目が覚めてしまった。なんと言っても寒過ぎる。焚き火の火を大きくして暖をとる。昨日の朝目が覚めたときは暖かい自宅の布団の上だったのに今日は冷たい知らない世界の丸太の上である。

 昨日は色々と金稼ぎの術を考えたのだが、ミワが暴走して大半がここでは実現出来なさそうなことばかりであった。形にはなったがショーの中身だけでなく他にも重要なとこがある。客引きだ。服装だけでも十分に目立つのだが、客引きはやはり声、耳に訴えかけるものである。そこで一応持ってきていた神楽笛を奏でより多くの人を集める。巫女になってからほぼ毎日、巫女長のもとで練習してきた。ここ二週間はご無沙汰だったがそう簡単に忘れるものではない。荷物から笛を取り出し軽く吹いてみる。静かな森の奥に笛の音色が吸い込まれていく。

 

「…あら?練習?」

「ああ。おはよう」

「おはよ〜お腹空いたわねぇ…」

 

 ミワも起きたので昨日の仕掛けを見に行く。一晩置いておいたのでそれなりに期待が出来るだろう。例のごとくバシャバシャと水面を叩いてから仕掛けを確認する。

 

「大漁だな」

「こんな仕掛けでよく採れるわよねえ」

「この川自体が結構ないいとこなんだろう。これだけあれば保存食も作れるな」

「おやつね!」

「非常食だ」

 

 血抜きや内臓の処理はその場でしておく。拠点に戻ると早速朝ごはんである。と言っても昨日と同じく丸焼きにするだけなのだが。

 

「魚ね」

「魚だからな」

「炭水化物が食べたい」

「今日の稼ぎ次第だ」

「甘いものが食べたい」

「それは当分お預けだな」

「養蜂の技術を身に付けておくべきだったわ」

「害虫駆除の方がいいんじゃないか」

 

 どちらにせよ防護服がなければ痛い目に合うのは間違いないが。朝ごはんも早々に済ませ、昼の本番へ向けて練習を始める。『十枚の窓(Windows 10)』で的を設置して『墾田永世私有砲』で撃ち抜いていく。やるのは基本それだけだが、色々なパフォーマンスを昨日考えたのだ。

 

「まずはシンプルに一枚から始めましょう」

 

 初めは一枚を破る。破った後の石が飛んでいってしまうと危ないので、強化ガラスとセットである。つまり二枚のガラスを使う。

 

「ばきゅん!」

「ヒット」

「次!二枚!」

 

 二枚の通常ガラスと一枚の強化ガラスの三枚を消費する。

 

「ばきゅん!」

「ヒット」

「次!三枚!」

 

 三枚の通常ガラスと一枚の強化ガラスの四枚を消費する。

 

「ばきゅん!」

「ヒット」

「次!強化ガラス四枚!」

 

 先程の強化ガラス三枚と残りの十枚目を使う。先程使った強化ガラスには撃った石がまだ埋まったままである。それを並べて少し強い火力で新たな石を撃つ。新たに撃たれた石が埋まっている石に当たるとその石はガラスを通り抜け次のガラスへ向かう。それを三度繰り返し最後は十枚目で受け止める。十枚目は他の三枚よりは強くしてあるので通り抜けることはないはずだ。

 

「ばきゅーん!」

「うん、成功だ」

「まあこんなものよ」

「よし、次だ」

 

 やってみてわかったが、このガラス、展開してからもそれなりに自由に動かせるらしい。大きいものはまだ未検証だが出来るならそれに越したことはない。色んなところで使えそうだ。

 一枚の通常ガラスと一枚の強化ガラスのセットを五つ用意し平面のように並べると、速射で五連続で撃ち抜いていく。

 

「ばきゅん!ばきゅん!ばきゅん!ばきゅん!ばきゅん!」

「オールヒット」

「上々ね!」

 

 次に四枚の通常ガラスと一枚の強化ガラスの二セットを二連射で。

 

「ばきゅん!ばきゅん!」

「よし」

「ラストよ!」

 

 最後は九枚の通常ガラスと一枚の強化ガラスを一直線に並べる。

 

「ばきゅん!」

「オールクリア」

「チョロいもんね」

 

 合計四十枚ものガラスを使ったショウであるがスキルで適当に並べるだけなので思ったより時間がかからない。しかし余りにも短時間では少々あっけない。せめて10分はもたせたいところだ。

 

「結構考えたのにね」

「大半はボツだからなあ」

「一回目だしガッチリと掴みは入れたいのよね」

「観客参加型にするか?」

「どこで参加するのよ」

「ガラスの目の前に立って迫り来る小石を体感」

「貫いたら目も当てられないわ…」

「痛いかな」

「痛いでしょ」

 

 一先ず休憩ということにしてそれぞれ自由時間にする。ミワは拠点で本を読んでいるという事なので少し周囲を見て回ることにした。昨日は薄暗い中での探索だった上、必要なものを中心に探していたのであまり観察が出来ていなかった。自分の今居る場所を把握するのは大事なことである。

 川沿いから離れ奥の方へ行くと人の立ち入った形跡が極端に減った。獣道のようなものもあるので野生動物との遭遇もあるかもしれない。ところどころ大きな木の幹に印を付けながら奥へ奥へと入っていく。

 

「お、いいものあるじゃないか」

 

 自生しているツバキを見つけた。ツバキの実から採れる種は搾るといい油が採れる。既に弾けている実もあるので木の周囲で種を探す。今回は時間も入れるものもないので手持ちの小袋に入るだけ拾ったが、今度大きな袋やかごを持ってきて大量に拾おう。帰りがけにはクリの木を見つけた。案の定下にはイガイガが沢山転がっている。これはミワの土産にと、数個取り出しポケットに入れ持ち帰る。甘さは約束出来ないがいいおやつになるだろう。

 拠点ではミワが本に顔を突っ込んで眠っていた。今日起きたのはかなり早かった上に、朝からスキルを使用したのだから仕方ない。下火になった焚き火の隅に切り込みを入れたクリを放り込むと拾ってきたツバキの種の皮を剥いていく。これがなかなか硬くて骨が折れる。河原から石を拾ってくると遠慮なく叩く。ガツンガツンやっているとミワが目を覚ました。

 

「あら…戻ってたの」

「ああ、また起こしたか」

「何やってるの?」

「ツバキを見つけたんだ。これで油を採ろうと思ってな」

「へー」

「ついでにクリも拾ってきたんだ。そろそろいい具合だと思うぞ」

「焼き栗ね!いいわねえ」

「さあ火中の栗を拾って見せろ」

「どんな拷問よ。猿じゃないんだから」

 

 あっついあっついと言いながら殻を剥きパクリと一口、そしてまたあっついあっついと言いながら口の中で転がす。

 

「美味いか?」

「こっちに来て魚しか食べてないから涙が出るくらい美味しいわ」

「そりゃよかった」

「トヒにも剥いたげるわ。探せば焼き芋も出来そうね…あっつ」

「流石に自生はしてないんじゃないか」

「はい、トヒ」

「ありがと…うん、クリだ」

「クリだもの」

 

 しばらく二人で焼きたてのクリを食べる。

 

「この作業が終わったら街へ出るぞ。昼ごはんはどうする?向こうで食べるか?」

「街で食べたいのは山々なんだけど…昨日のアレがあるからなんとも言えないわね…」

「あー…」

 

 昨日はいたたまれなさ過ぎて逃げてきたようなものだ。しかし今日は稼がねばならないのだ。その前に逃げてしまってはどうしようもない。

 

「街の外れにある屋台とかなら大丈夫じゃないか?」

「そうであることを願うわ…なかったらお昼はこれだけよ」

「最後の飯になるかもしれん。よく味わって食え」

「教官殿!自分…自分は幸せでした…!」

 

 茶番もそこそこにツバキの種の皮を剥いていく。ミワも途中から参加し、全ての種の中身を取り出すことが出来た。これはしばらく乾燥させておく。

 街に出るために正装に着替える。正直寝巻きは洗濯して干しておきたいのだが、長時間この場を離れることになるのでそのまま畳んで荷物にまとめる。蚊帳やロープも一旦外してしまう。

 

「毎回毎回セットして外してってするの面倒じゃないかしら」

「この世界では珍しい素材が使われてるから狙う輩もいるかもしれないだろう」

「まあそうね…」

「パンツなんか持ってかれてみろ。一日中スースーしたまま過ごすことになるぞ」

「全部持っていきましょう」

「小屋っぽいのでもあればまだましなんだろうがな…」

 

 文句を言っていても仕方がないのでさっさと荷物をまとめる。焚き火は上から石を置いて一時的に火を鎮めておく。これで燃え広がることはない、と思う。

 

「そろそろ行くか」

「そうね」

 

 昨日の昼にこの世界に来てからもう丸一日になる。やったことは街から逃げ出したくらいだが、そもそもどうして逃げる必要があるのだろうか。本来の目的は数々の試練をクリアしつつこの世界を救うことなのである。まあ、試練はそんなにホイホイとやってくるものではないだろうからいいのだが、今やろうとしていることと言えば生きるための金稼ぎである。その辺はもう少しイージーにして欲しかった。それに旅のために付け焼き刃で習得したアウトドアスキルだが、まさか街を目の前に見ながら使うとこになろうとは思わなかった。せめて初日くらいはゆっくりと過ごしてこれから頑張ろう!みたいな流れを期待していたのに。

 

「どうしてこうなった」

「ホントに、どうしてこんなに街が遠いのよ!」

 

 拠点を発ってから数十分。しかしミ未だに河原を歩いている。昨日は疲労を気にせず思い切り走ったものだから相当川の上流まで来ていたようだ。昨日の三人組も散々である。知ったことではないが。

 

「あの橋が多分街から続く道にあったやつだろう。あこまで行けば楽になる。もう少しだ」

「昨日はこんなとこよく走れたわね…」

「必死だったからな。コケずグネらずよくやったもんだよ」

「全くよもう」

 

 土手を登るとある程度舗装された道になり歩きやすくなった。昨日来た道を戻って街へ向かう。ここからでも中心部にあるキャッスルっぽい城がよく見える。

 

「さて」

「着いたわね」

「とにかく人通りのあるところまでは行かないとな」

「出来ればそれまでに屋台があると嬉しいわね」

 

 目算が外れ小一時間は歩いたので昼時は過ぎてしまっているが、果たしてまだやっている店はあるだろうか。この辺りは中心部から結構離れているので人も少なく店も並んでいない。街道沿いであればまた違ったのだろうが今たどってきた道は残念ながら農村からの道だ。誰も店は出さないだろう。結局例の小間物屋に至るまで食べ物屋すらなかった。その頃には人も増えており既に周りからの好奇な目に晒されていた。昨日は耐えきれず逃げ出したが今日はそういうわけにもいかない。今日の飯を食うためにも。

 街の中心部を囲む塀までくると塀沿いに少し歩いてみる。やはり少しでも活気があるところの方が人の集まりもいいだろう。そして少しでも羽振りの良さそうなところがいい。

 

「この辺がいいんじゃない?」

「そうだな」

「大きな看板を出してるお店が沢山あるし人もいっぱいよ」

「じゃあ準備するか」

 

 準備と言ってもミワは小石を入れた竹筒を出すだけだし、こちらも笛を出すだけである。予め上の方に入れてあるので大した苦労はない。

 

「じゃあミワ。笑顔でな」

「任せなさい。愛想笑いなら得意よ」

 

 にっこりととびきりの営業スマイルをして道に顔を向けるミワ。その少し下がったところで仰々しく笛を吹く。本来なら神事の際に姉が舞っているときに奏でる曲なのであるが、一度もその機会がなく今日まで来てしまった。今回は人を集めるために吹かせてもらう。響きも荘厳なので神を目立たせるにもちょうどいいだろう。ただの見習いだが。

 一曲終える頃には小さなひとだかりが出来ていたのでミワに合図を送る。

 

「ようこそお集まり下さいました。私は与えられた試練を乗り越えるため各地を回って旅をしております、神見習いのミワと申します。そしてこちらは私と共に旅をしている巫女見習いのトヒ」

 

 個人証明を取り出し、ぺこりとお辞儀をする。ミワの口上、各地を回っていると言ったがこれからやる予定なので嘘ではない。突っ込まれると言い訳できないが。

 

「この度このような場を設けさせていただいたのは皆様のご支援を頂くためです。遠方より旅をして来た我ら、この街に着いたのは良いのですが、正直申しまして次の街までの路銀が心許ないのです」

 

 アナイから貰った小袋をひっくり返し、銀2をポトリポトリと手の上に出す。まあここは芝居のしようである。ミワの口上、実際は昨日この街に転送されてホヤホヤなのだが、個人証明の出身的に嘘ではない。実際かなり遠いところからやってきた。昨日もなんとなく納得してもらえたし。

 

「さしあたって、ただ無心するのは心苦しく思い、本日は一つ、私の披露致します芸を見て頂きたく思います。それを見てご支援頂ける方は少しで構いませんのでこちらにどうかお願い致します」

 

 竹を切って作った筒をミワと観衆の間に置くトヒ。何回もやっているように見せかけるため枯れた竹を使い切り口もいい感じに汚してある。ミワの口上、短時間で終わってしまう芸をフォローするために長ったらしいものを考えた、苦肉の策である。

 

「尚こちらの札をお使いになっている方は、チャージの割増分の一部だけでも構いませんので何卒宜しくお願い申し上げます」

 

 銀11が入っている札ではなく何も入っていないミワの札を掲げる。ここには確かに銅1すら入っていないので金がないことは確かである。キャッシュレスの普及しているこの街では持っている者も多いであろうこの札。ただで転がり込んできた分くらいならいいだろうと思う人がいるかもしれないと言う淡い期待を抱いてのことだ。神になろうとしてる者が色々とせこい手を使っているが、そもそも今からやろうとしてること自体かなりチートなのだ。大目に見て欲しい。

 

「それでは始めたいと思います。トヒ、準備を」

「はい」

「今からお見せ致しますのは先程拾い集めました、この小石を使った芸で御座います。まずはご覧下さい」

 

 通しでやった練習は一回だがプログラムは何回も反復して覚えているのでやることの動きはスムーズである。

 

「『十枚の窓(Windows 10)』!」

 

 十枚のガラスを展開する。途端に観衆がざわつき始める。急にガラスが出てきたのだからそりゃ驚きもするだろうが、本番はここからである。

 

「行きます!『墾田永世私有砲』!ばきゅん!」

 

 小石を弾き上げ落ちてきたのを撃つ。まずは一枚のガラスを貫いた。あまり反応は良くない。

 

「次は二枚!ばきゅん!」

 

 続いて二枚のガラスを撃ち抜く。先程よりは反応があった。

 

「三枚行きます!ばきゅん!」

 

 三枚のガラスを撃ち抜く。いい感じの反応が返ってくる。

 

「そしてこの小石が埋まった三枚を…ばきゅーん!」

 

 初めの掴みの大技である。新たに撃った小石が埋まった小石を弾き出し次のガラスに埋まった小石を弾く。その小石もまた次のガラスに埋まった小石を弾き出し最後の十枚目を穿つ。見る人によっては新たに撃った小石が三つを通り抜けたようにも見えているだろう。ここで大きな歓声があがる。

 

「ありがとうございます。ありがとうございます」

 

 投げ入れられるお金。少しだが一つ一つに礼を言うミワ。

 

「続いて参ります。トヒ」

「『十枚の窓(Windows 10)』!」

 

 観衆から見て正面にガラスを展開し、ちょうど正五角形のように配置する。

 

「行きます!ばきゅん!ばきゅん!ばきゅん!ばきゅん!ばきゅん!」

 

 五連続で小石を撃ち出す。小石はちょうど五芒星を描くようにガラスを撃ち抜いていく。

 

「次!」

「『十枚の窓(Windows 10)』!」

 

 続いてもう一回五角形の右上と左上の位置にガラスを展開する。

 

「ばきゅんばきゅん!」

 

 一度に二つの小石を弾き上げ間髪入れずに二連射。八枚のガラスが綺麗に撃ち抜かれていく。ミワは振り向きわざとらしくお辞儀する。先程よりも大きな歓声が上がり、先程よりも多くの人からお金が投げ込まれる。それに対しても一つ一つ丁寧に礼を言うミワ。気が付くと始めの倍ほどの人が集まっていた。

 

「それでは最後の大技です。成功致しましたらより大きな声をお願い致します」

「『十枚の窓(Windows 10)』!」

 

 十枚のガラスを長く一直線に並べる。ここでもまた少し歓声があがる。ステンドグラスのように一枚ずつ色を少しかえてみたのだ。当事者にはあまりわからないが離れたところから見るとそれなりに綺麗なのだろう。

 

「届け!『墾田永世私有砲』!ばっきゅーん!!」

 

 派手目に叫び小石を撃ち出す。そんなに気合いを入れなくても十分届くのだがその場のノリである。撃ち出された小石は様々な色のガラスを突き破り、最後のガラスを叩いた。一番大きな歓声があがる。

 

「ありがとうございました!」

「ありがとうございましたー」

 

 竹筒をかかえお金を受け取って回る。ミワは札で数値の授受をする。初めての割には大成功だったのではないだろうか。人だかりが無くなると物珍しさから寄ってきた子供らをいなしつつ片付けをする。片付けと言っても散らばったガラス片はスキルを解除するだけで消失するのでミワが散々撃ち尽くした小石を拾い集めるくらいだが。

 

「じゃあ行きましょうか」

「うむ」

「なんかお肉が食べたいわね」

「店探すか」

「あるといいわねー」

 

 意外にもこの世界では肉食は一般的なようで普通にあちこちで肉を取り入れた料理が出されていた。霊鳥を扱う店もあったが流石に胡散臭過ぎて入らなかった。

 

「肉うどん!」

「鴨南蛮蕎麦」

 

 結局麺である。





今年最後の投稿となります。この調子だといつ話が動くんでしょうね。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

露天風呂

おいおいおい2020年終わっちゃったよ



 近くの麺屋で肉が入っているものを注文する。昨日の小間物屋とは違って皆忙しいのか、大半の者はチラリと眼を向けるものの大した反応は見せず食べ終わるとさっさと店を出ていく。理は直ぐに運ばれてきた。少しお高めの銅25だが結構ボリューミィである。

 

「それでは…全てのものに感謝して…いただきます」

「いただきます」

「で、これは何のお肉かしら」

「さあ、食べりゃわかるだろう」

「そうね、見た目で豚と牛の区別がつかないトヒに聞いても無駄よね」

「まあそうだが…それがそのどちらでもないのはわかるぞ?」

「ドヤる程のものじゃないわよ」

 

 こちらは鶏肉である。鶏肉か否かくらいはわかる。今回は名前から判断しただけだが。

 

「しかしあれだな、出汁が濃いな」

「麺に絡める分にはちょうどいいんだけどね」

「こんなとこまで再現しなくていいのに」

「それにしてもこれ何の肉なのかしら…」

 

 先に食べ終わったので先程集めた金を計算する。ほとんどが銅だったが少し銀も交ざっている。流石に金はなかった。

 

「どう?いくら集まった?」

「銀が4と…銅が…ざっと50といったところか」

「まあまあね」

「ミワの方はどうだったんだ?」

「割と太っ腹な人が多かったわよ銀2とか3とか」

「いいじゃないか。やっぱり札で持ち歩いてる人は金持ちなんだなあ」

「私の営業スマイルのお陰よ」

「それはそうかもしれないな」

「トヒの方に全部移しとく?」

「いや、もし落としたりしたら怖いから出来るだけ分散させておこう」

「落とす気しかしないわ…」

「そのときは落とした分稼ぐまで飯抜きだな」

「ヒェッ…」

「冗談だ」

「よかった…ごちそうさまでした。それにしても何の肉だったのかしら」

 

 二人で合わせて銅50を支払って店を出る。

 秋のつるべ落とし。そろそろ日が傾き始めている。暗くなる前には拠点に戻りたい。今日の稼ぎは上々なので米や塩などを買いに問屋を訪れる。

 

「どうも」

「邪魔するわよ」

「邪魔するなら帰りな」

「邪魔したわね」

「おお…これが」

「じゃないわよ!」

「あんた達この辺の人じゃないね」

「貴方こそこの辺の人じゃないでしょ」

「ははは」

「ふふふ」

「「ふはははは!!」」

 

 取り敢えずこの人がこの国ではなく同郷相当の出身ということはわかった。

 

「いいですか?」

「おっと失礼。何用ですかな」

「米を下さい」

「如何程」

「いくらから売ってくれますか?」

「銀1からだな」

「銀1でどれくらいでしょう」

「最近は一升半くらいが相場だ」

「うーん、値段はともかく量が多いな」

「どれくらいなの?」

「お茶碗30杯ぐらいだ」

「ひと月もつわね…」

「もう少し小売出来ないですかね」

「同郷のよしみだ。一升ならいいぞ」

「ありがとうございます。おいくらですか」

「銅60までまけてやろう」

 

 その場で量り売りをしてもらい、きっちり現金で銅60を支払う。

 

「ありがとうございました。ではこれで…」

「そういや、あんたらどうしてこんなとこまで来たんだ」

「私達、神見習いと巫女見習いなのよ」

「ほう?だからそんな突飛な格好をしているのか」

「ま、まあそんなとこね」

「俺もこっちに来てから長いからな…あっちのことはほとんど知らんのだ。最近どうだ?」

「最近ねえ…」

 

 答えに詰まるミワ。当然である。昨日ここに来たばかりなのだ。隣国どころか隣町のことすら知らない。

 

「西から回って来たので最近のことはあまり知らないんですよ。すみません」

「いいんだいいんだ。久しぶりに故郷のノリを思い出せただけでもよかったさ。まあ、頑張れよ」

「悪いわね」

「では」

「おおきに!」

 

 店から大きな声で放たれる聞き慣れないフレーズに街ゆく人々がビクッとしていた。

 

「故郷話は危険ね」

「この世界では故郷でもなんでもないからな」

 

 同郷の者とはあまり仲良くなってはいけないと思った二人だった。

 その後、しょうゆと塩を一升ずつ購入すると拠点へと戻る。その頃には空が紅く染まっていた。

 

「しょうゆが高い」

「何より持ち運びが面倒ね」

「その点塩は安い」

「運ぶのも楽ね」

 

 金を管理する者、荷を運ぶ者、それぞれにそれぞれの思惑があった。

 拠点は昼に出たままの状態だった。取り敢えず着替えるとたき火を生き返らせる。その間にミワは新しい青竹を一本切ってくる。今晩はこれで米を炊くのだ。

 

「こんなのでどうかしら?」

「節の間隔もいい感じだな」

「火はついた?」

「悪戦苦闘している」

「ライターとかあればねえ」

「ミワは飯盒の準備をしといてくれ」

「わかったわ」

 

 その後なんとか火を再生し料理が出来る程度に大きくする。竹の飯盒には米と水を同じくらいの分量を入れておいてしばらく水を吸わせてから火にかける。その間、川の仕掛けを見に行ったり、追加の燃料を拾ってきたり色々と忙しかった。

 

「ねえ、トヒ」

「なんだ」

「お風呂、どうしましょうか」

「あっ…」

 

 まだ周りが見えるうちにとあれこれやっている間にすっかり日が落ちてしまっていた。流石に今から川で行水は冷たすぎる。

 

「忘れてたな」

「忘れてたわねぇ」

「今日は結構ホコリ被ったからなあ」

「そうなのよね」

「川縁に穴掘ってそこに水を引き込んで焼いた石を放り込むか」

「今からすることじゃないわね。それに動く度に泥が舞いそうよ」

「焼け石に水とは言え水の中に焼け石じゃちょっと無理があるだろうしな」

「ドラム缶とか転がってないかしら…」

「ドラム缶なあ」

 

 庶民にとっては鍋ですら高級品なのにドラム缶が転がっている訳がない。五右衛門風呂のような大釜の上に大桶を被せるくらいが関の山だ。どちらにせよそんなに大量の水を運ぶ術がない。

 

「そうだわ!トヒ、水槽みたいなの作れない?」

「水槽?魚の?」

「ええ、人が入れるくらいのやつ。やってみたいことがあるのよ」

「普通のでいいか?」

「出来れば耐熱で」

「わかった(耐熱のガラスで人が入れるくらいの水槽…うーん、こんな感じか)『十枚の窓』…五枚余った」

「あーそうそうこんな感じ。後はもう少し浮かせて。同じ感じのやつを残りの五枚で高さ5センチくらいで二回りくらい小さく作ってちょうだい」

「注文が多いな。イメージしやすいからいいんだけどさ(同じのを少し浮かせて、同じ感じのやつを少し小さめに)『十枚の窓』」

「まあ、こんな感じかしら。じゃあちょっと離れててちょうだい」

「ん」

「もうちょっと」

「ほい」

 

 ミワに言われた通り水槽から数メートル離れる。

 

「上は洪水、下は大火事、これなーんだ?『大火の海神』!」

「なんだそれは」

 

 答えは風呂である。パンはパンでもに並ぶ有名ななぞなぞなので考える余地もない。そしてミワの宣言が終わると水槽は水で満たされ、水槽の下には炎が燃え盛った。見たまんま、風呂である。

 

「おぉぉ…」

「成功ね!」

「風呂だあ…」

「お風呂よ」

「水だあ…」

「海水になるかもって思ってたけど大丈夫なようね」

「火だ」

「なんでテンション下がるのよ」

「いや、あれだけ灰を被って火を起こしてるのに、こうも簡単に火を出されるとな。テンションを下げざるを得ない」

「いやでも、ほら、料理とか焚き火にしては強過ぎるし、ね?」

「そうだな」

「ほら、そろそろご飯が炊き上がるころじゃない?お風呂を沸かしてる間に晩ごはんにしましょう?」

 

 竹飯盒を火から外して魚を焼く。魚を焼いている間にご飯は蒸らしておく。

 

「ほら、お箸も作ったの。凄いでしょ」

「器用だな」

「そんでもってこれはお皿よ」

「これは割っただけだな」

「スプーンよ」

「いい曲線美だ」

「コップ」

「切っただけじゃないか」

「全部名前入りよ」

 

 ミワ作の竹細工とは言い難い食器が並んでいく。細かい作業は得意なくせに細かいことは気にしない。

 

「今日はお塩もしょうゆもあるから贅沢よね」

「塩はともかくしょうゆは無駄遣い出来ないけどな。まあ今日はいいけど」

「レモン汁とかもあればいいのにね」

「相変わらず何でもかけたがるな」

「素材の味は調味料をかけてこそ際立つのよ」

「相容れない」

「互いにね」

 

 いい感じに魚も焼けてきたので竹飯盒を開けて竹皿に盛り付ける。竹の香りも相まっていい匂いである。

 

「それでは」

「「いただきます」」

 

 まずはご飯を口にいれる。たった一日食べていないだけだがすごく懐かしく感じる。その場の雰囲気も相まってか炊飯器で炊いたものよりも美味しく感じる。

 

「なあミワ」

「何かしら」

「アマノさんにご馳走になるときに、向こうでは食べられないかも知れない、みたいなこと言ってたよな」

「そういえばそうね」

「食べれたな」

「……そういえばそうね」

「さて、塩焼きした魚もいただくとするか」

「三ツ星レストランとかにしとくべきだったかしら…」

「うん、美味い美味い」

「和食は和食でも普段食べないものにしとけば…」

 

 ミワがブツブツ言い始めたが気にせず食事を進めていく。朝まではただ焼いただけだったが、塩で下処理をしてから焼いた魚は格段に美味しさがアップしている。

 

「大根おろしとかあればいいな」

「分厚いステーキ食べたい」

「しょうゆも掛けてみるか…うん、まあ、これはこれでいいな」

「今度戻ったときにアマノさんにお願いしてみようかしら」

「後はお茶だなあ」

「デザートもとびきりのものを用意してもらって」

「ごちそうさまでした」

「えっ!早くない?」

「食べるのに集中してたからな」

「にしても早すぎるわよ」

「さて、風呂にするかー」

 

 大量の水もミワの出した炎によってすっかりお湯にかわっている。サイズも人一人に対して十分すぎるくらいだ。

 

「ところで洗い場はどこだ?」

「後先考えてなかったわ」

「そもそもこんな目の前で風呂に入るのか?」

「まあ私は気にしないけど」

「そういう問題じゃない」

「川で洗ってから浸かり直したらいいんじゃない?」

「露天風呂的なそれか」

 

 普通は逆だが。そもそも全裸でここから川まで往復しなくてはならない。しかしこんなところで掛け湯したりなんかすれば水浸しになる。

 

「仕方ないな…上手くいかなかった時のためにスキル解除の用意をしておいてくれ」

「スキル解除?ナニソレオイシイノ?」

「スキルで出したものはスキルを解除するとなくなるんじゃないのか?」

「トヒのガラスがどうかは知らないけど、私は出したら出しっぱなしよ?解除も何もねえ」

 

 そういえばミワのスキルはそういった系統のものばかりかもしれない。かくいう窓の方も解除しているというよりかは、用途が終わればなくなるように、というイメージをしているに過ぎなかった。

 

「じゃあまあ、失敗したら大惨事ということで覚悟しておいてくれ」

「何するつもりなのよ」

「『八枚の窓(Windows 8)』!」

 

 既に展開している『十枚の窓』に加えて新しいガラスを展開してみた。スキルの同時発動が出来なければ『十枚の窓』で展開したガラスが消滅し、辺りが水浸しになるところだったが大丈夫なようだ。新たに発動した『八枚の窓』で空の水槽を作り、余った三枚で正四面体の洗面器のようなものを作った。三面しかないが。

 

「これでまあなんとかなるだろう」

「おおー」

 

 パチパチと手を叩くミワ。

 

「じゃあ一番風呂は頂くぞ」

「ええ、どうぞ」

 

 さっさと服を脱ぐ。空の水槽に入ってまずは一杯湯をすくい掛け湯をする。丁度いい温度だ。

 

「あ、入る時は小さいやつを底を上にして沈めてから入りなさいよ」

「フタじゃないのか」

「どこの膝栗毛よ」

 

 ミワに言われた通りしてから湯船に入る。肩まで浸かれて足が伸ばせる。自宅の風呂でもここまで快適に入ることは出来ないだろう。

 

「お湯加減はいかが?」

「いい感じだ。身体全体を包み込むこの温かさが堪らんな」

「それは良かったわ」

 

 水はともかく燃料代が全くかからないこの風呂。本業の人が見れば発狂モノだろう。そもそも今の生活自体にあまりお金がかかっていない。ある程度の道具は実世界から持ってきたとは言え、買ったものといえば米としょうゆと塩くらいだ。え…ウチのエンゲル係数高過ぎ…?

 

「いやー…トヒさんええカラダしとるのお…これだけで飯が三杯はいけそうじゃ…」

「どこのエロおやじか」

「もし人魚の水族館があれば実際こんな感じなんでしょうねえ」

「人魚も服くらい着てるだろう」

 

 客観的に見れば全裸で水槽に入っているのだ。当然ガラスなので外側からは丸見えである。ミワ相手では今更なので特に何とも思わないが、この状況、一般的にはかなりの羞恥プレイなのかもしれない、そう考えるとどこか小っ恥ずかしい。ひとしきり温まったので水槽を移り、上から下まで全身を洗う。流石にこのときばかりは肌寒い。

 

「ごちそうさまでした。さて、私も一緒にお風呂入ろうかしら」

「何かあったとき二人とも全裸だと困るだろう。少し待て」

「えー私も早く入りたいー」

「わかった、わかったから、もう一度浸かったら代わるからもう少し待て」

 

 服を脱ぎ始めるミワをなだめて急いで湯船に入る。さっきよりも熱い気がする。

 

「寒いから早くしてよ!」

「脱ぐのが悪いんだろう。すぐ出るから」

「何秒?」

「え?じゃあ、10秒」

「20log√10!」

「風情も何も無い数え方だな」

 

 風邪を引かれても困るので渋々あがる。この身体は風邪を引くのだろうか?タオルで水気をとって着替えている間にもミワの肌面積が段々と広くなっていく。

 

「じゃあ二番風呂よ!」

「待て待て待て待て」

 

 既に生まれたままの姿になったミワが湯船に飛び込んだ。

 

「あっっっつい!」

 

 が、すぐに飛び出て水槽のヘリを掴み四つん這いになっている。あれだ、絶対押すなよ、のやつだ。

 

「どうした?水も滴るいい女ってやつか?」

「熱すぎるんだけど…」

「そりゃずっと沸かし続けてるからな」

「ちょっと!わかってたんならこの火どうにかしてよ!」

「どうにかする前に飛び込んだんだろう」

「仕方ないじゃない!待ちきれなかったんだもの」

「しかしなあ。どうにかするにもこんな大きな火どうすればいいんだ?」

「どうやってもいいから早くどうにかしてよ!」

「まずはそこから降りればいいだろう?」

「いや、なんか、この体勢、どう動いても落ちそうなのよ」

「じゃあさっさと落ちろよ。楽になるぞ。火が消えたとしても冷めるまで時間がかかるんだ。それまでそうしてるつもりか?」

「助けてくれるって選択肢はなさそうね」

「やだよ、濡れるじゃないか」

 

 必死の試行錯誤の末ようやく立つことの出来たミワに火にかけてない方の水槽を近づけてなんとか救出する。これからは沸かした湯を移してから入る方が良さそうである。

 

「この火って物理的に消せるのか?」

「さあ」

「さあって無責任な」

「取り敢えず水かけてみたら?」

「水ならそこにたくさんあるだろ。お湯だけど」

「私がやるの…?」

「安心しろ、骨は拾ってやる」

「私死ぬの?」

 

 ミワが四面体洗面器でお湯をすくうと水槽を盾にしてバシャッとかける…がしかし、全く火の勢いは弱まらず、お湯は地面にたどり着く前に蒸発してしまった。

 

「……まずくない?」

「……まずいな」

「燃える三条件ってなんだっけ」

「酸素と熱と燃えるものだ」

「これ何が燃えてるのよ」

「何を燃やしたんだよ」

「さあ…何も燃えてないんじゃない?」

「じゃあ他の二条件を潰すか」

「どうするの?」

「うーん」

 

 取り敢えず水槽を地面まで下ろしていく。発火点が分からないのでこれで火が消えるかはわからないが。

 

「消えてるの?これ」

「そもそも燃えてるのか怪しいところだ」

「そうねえ」

「さらに煮立ってきてるな」

「ねえ、トヒ」

「なんだ?」

「それ、動かせるんだったら別のとこにどかしてよ」

「それでもいいが根本的な解決にはなってないぞ」

「これ以上沸かされたらたまったもんじゃないわよ」

「それもそうか」

 

 ミワの希望通り浴槽の方は脇にのける。

 

「これを上に被せたらいいんじゃない?」

「なるほど」

 

 水槽の方を逆さにして燃えている炎の上に被せる。直ぐには収まらないだろうが、酸素を使って燃えているならこれで鎮火するはずだ。

 

「私、お風呂どうすればいいの?」

「川行ってこい」

「そんなぁ…」

 

 川から戻るとある程度まで冷めていた風呂に入っているミワの隣で洗濯をする。せっかくお湯があるのだから有効活用したいものだ。

 

「襦袢って夏は暑いし冬は寒いわよね」

「まあそうだな…でも夏は我慢するしかないが冬は上から着込んでたりするぞ」

「夏なんだから我慢せずに浴衣でも着ればいいのに」

「布一枚で人前に出れるか」

「あら、トヒは浴衣は下着何も付けない派なのね」

「派も何も浴衣は本来そういうものだろう…第一浴衣なんか着たことがない」

「そうだったかしら…まあ夏祭りなんて私たちにはなかったから当然かもね…誰と間違えたのかしら」

「迷子保護のテントにいたちびっ子とかだろう。もう痴呆が始まったのか?」

「トヒだったと思うんだけどねえ…まあいいわ」

 

 ミワの実家の神社で毎年行われている夏祭り。ミワとトヒ、そして昔はトヨも迷子の相手をさせられていたのだ。彼奴ら、始めは泣いているくせに、優しくしてやると調子にのってあんなことやこんなことを…耐えかねたトヒがキレそうになるとミワとトヨが必死に止めるのが毎年の光景であった。

 

「こっちの祭りは二人で楽しみましょうか」

「ああ。でも、神見習いのくせに別の神様の祭りになんか行ってていいのか?」

「いいのよ。私たちはまだ一般人なんだし参詣もちゃんとするわよ。そうすれば後ろ盾になってくれるかもしれないじゃない」

「そうかもな」

 

 自分が神になると信じて疑わないミワ。呑気なのか余程の自信があるのか。

 ミワが風呂から上がり、トヒが洗濯を終えた頃には既に二人ともお眠の時間が来ていた。今日は色々あったのだ。蚊帳を吊るすと焚き火を囲んで直ぐに深い眠りに落ちていった。

 

 二人が眠りにつき、長い一日が終わった。実際にはミワとトヒが起きてから寝るまで二時間も経っていないのだが、脳には朝から晩までの映像が記録されている。今日は色々あった、ありすぎた。二日目にして発生イベントが多過ぎて、この先何も怒らずにつまらない旅を続けるのではないかと思うほどだ。個人的には今日のような日が毎日続いてくれると退屈せずに済むのだが。寝ている間にも何か起こってくれないだろうか。さて、そろそろ時間だろう。

 

「やあ、調子はどうだい」

「私は至って普通ですわ」

「そりゃ君はそうだろう」

 

 今回の仕事の上司であるアマノ。小さくて男神とも女神とも言いがたい中性的な容姿をしていて少々仕事運がない神である。知り合いに貧乏神でもいるのだろうか。

 

「彼女らの調子だよ」

「てっきり部下である私をお気遣い下さっているのかと」

「思ってもいないことを」

「あら、お酷い」

 

 冗談もそこそこに、上司から求められたなら現状報告くらいはしなくてはならない。

 

「二日目の彼女らの様子ですが、向こうでの生活を楽しんでいるようですわね」

「楽しんでる?」

「例えるなら…遠足を明日に控え中々寝つけずにいる小学生…といったところでしょうか」

「いまいちピンと来ない」

「遠足の行きのバスではしゃいでいる小学生…といったところでしょうか」

「うん?」

「並んだアトラクションにもう少しで乗れる小学生…といったところでしょうか」

「遠足は遊園地だったのかな」

「お弁当の中身はなんだろうと想像している小学生…といったところでしょうか」

「デザートはバナナだね」

「この日のために頑張って貯めたお小遣いで…」

「もういいよ、どうして例えが全部小学生なんだ」

「他意はありませんわ」

「悪意はありそうだけど」

 

 さて、そろそろ今日の分の報告書を書かなければならない。受け取り先が目の前にいるので二度手間もいいところだが、この通りまともに応えていないので報告書はきちんと書かなくてはならない。

 

「それでは私は報告書を作成致しますので」

「まあ、詳細はそちらで把握するよ…」

「先程も申し上げましたが少々過保護ですわよ?そう毎回来られましてもお応え出来ることはありませんのに」

「いや、そうだろうけどね。気になって」

「小学校に行き始めた子を持つ親ですわね」

「それはなんとなくわかる。そんな感じだ」

 

 アマノからすれば彼女らはこれから羽ばたき飛び立つか地に落ちるかわからない雛鳥のようなのだろう。自ら足を運んで話をしに行ったと聞くから入れ込みは相当なもののようだ。

 

「ご安心くださいませ。彼女らは大丈夫ですわ」

 

 部屋を出るアマノの小さな背中に声を掛ける。アマノはこちらを振り向くことなく手だけあげて出ていった。




新年一発目が正月って…


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

熊子見隠


1日23時間くらいコタツで生活してます。



 今日も早くに目が覚めてしまった。時計を見るとまだ5時である。空にはまだ星が輝いている。もう一度寝ようとしても目が冴えてしまって仕方がないので火をいじり焚き火を大きくする。今はまだいいがこれから先、外での寝泊まりはキツイかもしれない。壁と屋根があるというのは幸せなのだ。

 

「本当に小屋くらいは作った方がいいかもな…」

 

 しかしここに根を下ろすならともかく、数日後には別の街へ向かわなければならないのだ。ここへは非日常な生活を体験しに来たのではなく、神になるための試練を受けに来たのだ。とはいえ数日中に雨でも降ろうものなら街の宿泊施設を利用せざるを得ない。この二日は天候に恵まれてはいたが、いつ崩れるかわかったものではない。この季節に雨の中の野宿は流石に良くないだろう。だが小屋を一つ作るのにも色々なものが必要になる。壁や屋根になる木材はもちろんそれらを加工する道具も要るのだ。ボタン一つで採取、製材などが出来ないのが現実である。いっその事そういうスキルを考えてみるのも一つの手かもしれない。

 スキルといえば、昨日のミワの『大火の海神』では酷い目にあったのだった。今日は街に出る予定もないので、ミワにはかなり適当なスキルの修正をしてもらおう。当の本人はまだスヤスヤ眠っている。

 ようやく空が白ばんで来て辺りが薄らと見えてくるようになった。荷物からノートを取り出すとなんとなくで想像しながら部屋の間取りを書いていく。実際に作るかどうかは別にしてあったらいいな程度のものである。

 

「まずは…やっぱり二階建て以上だな…」

 

 今まで二階建ての建物に住んだことがない。今の自宅は単身アパートであるし、実家は古い平屋建てなのだ。昔からミワの家の様な二階建ての家に住むことがささやかな夢だったりする。

 まずは玄関。アパートの玄関はそれはそれは狭かった。何せ靴を置く場所もなく三和土も二人の靴を置いてしまえば言葉通り足の踏み場がなかった。二人並んで腰掛けられるスペースと欲を言えば段差も欲しい。

 玄関を上がると目の前に広がるのは廊下やちょっとしたホールがありそこから各部屋に通ずる、というのが一般的な家だろう。二階建てなら階段もあるかもしれない。別に普通でもいいのだがそれでは面白くない。せっかく自分で考えるなら理想を追求したいのだ。幼い頃は家にたまに配られてくるる物件の間取り図を見ながら、この家がいい、いやこっちがいいとトヨと言い合ったものである。古い、懐かしい記憶を引っ張り出して書き込んでいく。

 

「何書いてるのよ」

「うわ」

「人の顔を見て驚くんじゃないわよ」

「後ろから急に話しかけるんじゃないよ」

「いやだってすっごく真剣に何か書いてたから」

 

 既に辺りは明るくなっておりそろそろ日も出てくるころだった。結構時間が経っていたようだ。

 

「で、何書いてるの」

「間取り」

「は?」

「家の間取り図だ」

「なんで?」

「なんとなく、家欲しいなーって」

「え?」

「安心しろ、ミワのことも考えてあるから」

「いや別に落ち込んでないわよ?」

 

 ミワも起きたので朝ごはんにする。と言っても今から準備なので実際食べる時間はまだ先になるが。昨日と同じように竹飯盒に米と水を入れて火にかける。その間に川の仕掛けから魚を入手し、塩で下処理をしてから同じく火にかける。後は待つだけである。待ってる間に先程の続きをする。

 

「ねえねえ、どんな感じの家なの?」

「どんな感じか…普通の家だな」

「ここが玄関よね」

「うむ」

「ここは?」

「作業場」

「玄関開けたら作業場って」

「外にあるより中にあった方がいいだろう」

「何するのよ」

「特に決まってない」

「この先は?」

「第二の玄関」

「なんでよ」

「実質外だし」

「じゃあこの小さいのは?」

「風呂」

「実質外とお風呂が直結してるの?」

「帰ってきたらすぐに風呂だ。便利だろ」

「家の中からはどうするのよ」

「中は中で別に風呂がある」

「ブルジョワね」

「そしてこっちが第三の玄関」

「なんで…」

「普通に出入りする用」

「なるほど?」

「これが第四の玄関」

「……」

「裏口とも言う」

「そう…」

「第五の玄関は二階にある」

「普通って何なのかしら」

「第六の玄関は地下に…」

「いえ、もういいわ。私が悪かったわ」

「?」

 

 ご飯が炊けて魚も焼けたのでようやく朝ごはんである。昨日の晩御飯と同じメニューだがミワも文句は言わない。言ったところで何もないのだ。

 

「流石に魚ばっかりは飽きたわね」

「見た感じ違う種類だし別だろ」

「魚は魚よね」

「それより野菜が食べたい」

「こんこんがいいわ」

「葉っぱの部分だけでもなあ」

 

 文句はないが、愚痴の二つや三つは出てくる。こうして朝から食にありつけているだけでも幸せなことなのだろうが、食が豊富にあるのが普通の生活を送っていた身としては物足りなさを感じざるを得ない。数百年の内に贅沢になったものだ。

 

「ミワ、今日は昨日の反省を活かしてスキルの内容を精査してもらうぞ」

「え?うーん…そうね…」

「出したら直す、小さい頃から教えられてきたろ。水はともかくあんな火を毎回残されちゃかなわんよ」

「まあやってみるわ」

「それが終わったら山歩きしよう。昨日見つけたツバキがもっと欲しいんだ」

「えー要は山登りでしょう?足痛くなるししんどいし面倒だし…」

「近くにはクリが落ちてるぞ」

「行かなくもないわね」

 

 朝ごはんの片付けをした後、ミワがスキルの修正をしている間に間取り図の続きを考える。既に一階部分は大体完成しているので、残る二階部分と地下部分を詰めていく。実際に地下部分を作ろうものなら地面を大きく掘り下げなければならないが考える分にはタダである。地下は物置として使おう。居住スペースは一階部分で足りているので二階部分はおいおい考えよう。

 

「出来たわ」

「早いな」

「取り敢えずやってみるわね。水槽出してくれないかしら?」

「わかった」

 

 『十枚の窓』で水槽を出してやる。こちらも中々扱いに慣れてきた。

 

「行くわよ…『大火の海神』!」

 

 同じ宣言だ。同じ現象が起こる。

 

「同じじゃないか」

「まあ見てなさい…『海神の詔』!」

 

 すると水槽の下にあった炎が水の球に包まれ、暫くの後、炎と水が相殺され跡形もなく消え去った。

 

「どうよ」

「おお…」

「効果を見直すよりも消したいものを後から消せばいいんじゃないかって思ったのよ」

「発想の転換だな」

 

 とまれこれで火の処理の心配はなくなった。今日からは安心して風呂に入ることが出来る。

 

「じゃあ山歩きだ。すぐ帰ってくるつもりだし身軽な格好で行こう」

「今度は焼き栗じゃなくて茹でて食べたいわね」

「今はそれだけのものが揃ってるからな。出来なくはないだろう」

「よーし、行くわよ〜」

 

 今日は昨日見つけた場所まで最短距離で進む。木が動かない限りは目印の通りに進めば目的地に確実に辿り着く。途中のクリの木でミワが止まりかけたが先にツバキの方を片付ける。

 

「着いたぞ」

「クリ…」

「帰りに拾えばいいだろう…」

「そうなんだけどね、目の前にあるのを見逃すのはなんとなく辛いのよ」

「わからいでもない」

 

 取り敢えずツバキの実を採取する。三割程残して置けば生態系にも影響はないだろう…多分。これも殻を取って乾かす。中身を絞れば貴重な油が手に入る。これだけあればその作業も大変だろう。

 

「これくらいにしておこう」

「え?まだあるわよ?」

「全部取っちゃうとこの木にも悪いだろ」

「なるほど」

「この辺を少し回ったら戻ろうか」

「クリね!」

「山菜も狙えれば狙いたいな」

 

 秋の山は色々と食料が転がってそうなのだが、意外とそうでもない。実りの秋の名が泣きそうだ。

 

「なーんにもないわねぇ」

「今年が不作なのか元々この山がそういうところなのか…」

「そういえば動物も全然見かけないわね。冬眠前のクマとか居るんじゃないかと思ってたんだけど」

「見つけたら逆に捕まえて鍋にしてやる」

 

 仕方がないので踵を返して拠点に戻る。途中、しっかりとクリを回収したミワだった。

 拠点に戻るとクリを茹でる。鍋は『十枚の窓』で小さめの箱を作った。拾ってきたクリを洗って鍋に入れると浸るまで鍋に水を入れ塩を少々加える。そこから沸騰するまで待つ。沸騰したら火から遠ざけていい感じに柔らかくなるまで気長に待つ。後は少し冷ましてからそのままパクリといく。冷蔵庫で寝かすと甘くなるらしいがそんなものはここにはない。

 茹で栗が出来上がるまで二人でツバキの殻を剥がしていく。昨日少しやっているので既に慣れたものである。今日は昨日剥いた実を搾ってみようか。

 

「まだダメかしら」

「そうだな…一個切ってみるか」

 

 ツバキの実の殻を剥き終わるとミワが待ちきれないといった様子で聞いてくるので、鍋から一つ取り出しナイフで切ってみる。スっといったので充分柔らかくなっている。食べ頃だろう。

 

「ほら、食べてみろ。熱いぞ」

「わーい」

「どうだ?」

「ほいひい」

「そうか」

「残ったクリは栗ご飯にしましょう」

「竹飯盒で出来るのか…?」

 

 さっきと似た要領でクリを茹でる。外皮を剥いたら取り敢えず水槽に放り込んでおく。食べる時に渋皮を剥けばいいだろう。

 

「それでは本日のメインイベントです」

「どうしたのよ急に」

「椿油を搾ってみましょう」

「嫌な予感しかしないわ」

 

 昨日殻を剥いたツバキの実を砕いていく。ミキサーなどがあればいいのだが当然そんなものはないので手作業である。そしてそんな力仕事をするのはミワの仕事である。

 

「やっぱりこうなるのね」

「棲み分けは大事だ」

 

 砕いた実を少しの間だけ蒸していく。そして冷めきる前に竹と『八枚の窓』で作った搾油機を使って搾っていく。そしてそんな力仕事をするのはやはりミワの仕事なのである。

 

「やっぱりこうなるのよね…」

「食い分けは大事だ」

 

 ちゃんとした搾油機ならもう少し搾れたかもしれないが、上から押し付けただけでは残ってる感じが否めない。搾れた分はきちんと保存しておく。搾りカスはとっておいてシャンプー替わりにする。

 

「お疲れ様」

「ほんと疲れたわよ」

「でも見てみろよ。こんなに透き通った綺麗な色もなかなかないぞ」

「花は食べられないのよ」

「じゃあそろそろご飯にするか」

 

 あれこれしている内にいい時間になったのでお昼ごはんである。今回もご飯に魚の塩焼きといった何の変わり映えのない食卓だった。人というものは少し贅沢になると更に上を目指したがるようだ。

 

「流石に飽きたわ」

「晩は煮付けにしよう」

「そういう問題じゃないのよね」

「どうしろと言うんだ」

「知らないわよ」

「なんだそれ…」

「せめてもう一品増えないかしら」

「どっちも大した料理が出来ないんだから、ある材料で出来ることをするしかないだろう」

「お惣菜と冷凍食品は偉大だわ…」

「それは否定しない」

 

 割引の惣菜とセールの冷凍食品を軸に食卓を回してきた者にとって、この世界で品数の少なさをカバーすることはほぼ無理なのであった。かくいうミワも料理が得意というわけでもない。そもそも材料がないのでどうしようもないのであるが。

 

「味噌があれば味噌汁でも出来るんだけどな。具無しだけど」

「お豆腐くらいは欲しいわね」

「それなら冷奴で食べたいな」

「私は嵩増し出来る方がおなかいっぱいになるからいいけどね」

「具無しの味噌汁と冷奴で解決だな」

「新しい問題が浮上してるわよ」

 

 今後の食卓事情が喫緊の課題となった。

 食事も終わり特にすることがないので川べりをぶらぶら歩いてみた。この辺りは上流に近い中流域なのでそれなりに大きな石がゴロゴロ転がっている。ひっくり返すと川に棲む水生昆虫なんかがいたりするのでいつか釣りをする用の餌として捕まえておく。針がないので当分活躍しないだろうが、使う機会がなくても撒き餌にすれば仕掛けに掛かる魚も増えるだろう、多分。そこまでしなくても十分かかっているのだが。因みにこれを持って帰ってミワに見せると苦虫を噛み潰したような顔をする。またこれが見物なのだ。

 拠点がある側は街への往復時に通ったり、仕掛けを設置したりしているのでだいたい把握したが、対岸は初日に脇目も振らずダッシュしてこちらに渡って来たので殆ど何があるかわかっていない。そこまで広い川ではないので生態系に差は無いだろうが一応確認しておきたい。

 

「はいミワ、お土産」

「いらない」

「えー」

「えーじゃないわよ」

 

 拠点で本を読んでいたミワに例の虫が入った竹筒を渡すも受け取ってくれなかった。流石にそう何度も上手くはいかない。

 

「川の向こう側を少し探索しようと思うんだが…行くか?」

「また山歩きするの?」

「拠点の周辺を把握しておくことは大事だろ」

「朝もやったじゃない」

「今度は川向こうだ」

「えー」

「えーじゃない」

 

 実世界では数ヶ月ニートだったミワ。出不精なのは仕方がない。外に居るのに出不精とはこれ如何に。

 

「トヒ一人で行ってきなさいよ。私は留守番しておくわ」

「まあダメ元だったからな。そうするよ」

 

 しつこく誘ったところで動かないのは分かっているので素直に引き下がる。最低限の荷物を持って川へ向かう。そして初めて川を渡ったのときのように『十枚の窓』を展開して川を渡り対岸へ降り立ち、特に宛もないのでそのまま真っ直ぐに木々を分け入り進んでいく。

 しばらく進んでもこれといってめぼしいものは何も無く、強いて言う程のものもない。冬前の山がこんなでは山に住む動物達もたまったもんじゃないだろう。木の実を集めて冬の食料を確保するものだったり、冬眠前にひと冬分の食料を食べるものだったり……。

 

「……」

 

 目の前に大きい黒いやつが現れた。そしてその近くには小さい黒いやつもいる。あれである。熊である。しかも子連れである。控えめに言ってこれはヤバイのではないだろうか。

 

「ぅゎぁ…」

 

 逃げようにも既に向こうもこちらに気付いている。というかガン見している。下手に動けば確実に殺られる。こちらで死んだとしても実世界に影響は無いということなので、万が一殺られたとしても貴重な体験が出来たということで終わりである。が、人生において死ぬのは一度きりで十分であるし、こっちの世界で死ぬわけにはいかない。

 さて、こういうときの正解はなんだろうか。一つ、死んだフリをする。これは一番アウトなやつだ。例え死肉に興味はないと言われていても目の前で急に倒れたりしたらツンツンくらいしてくるだろう。てか普通に食べるからな。人間だって普段食べてるのは死肉なんだから。その辺は割り切って考えよう。その為のいただきます、だ。二つ、決死の覚悟で相手の胸に飛びつく。いやいやいやいや、無理があるだろう。腕が短く胸まで手が届かないので安全なんて言われているがまずもって近づくことが出来ない。近付けたとしてもいい感じにダイブ出来ないし、出来たとしても腕力と握力がもたない。もったとしても結局逃げられないしそのままボディプレスされるかもしれない。全ての分岐でバッドエンドである。そもそもこの熊、立ってないじゃん。三つ、熊スプレー。ない。

 巷では空手家の人が熊を撃退しただの、一般人が背負い投げしただの真偽が定かでない情報が出回ってはいるが、やるとしてもそういう担当はミワだろう。出来ればここは平和的解決に持っていきたい。

 

「『十枚の窓(Windows 10)』」

 

 という訳で籠城である。興味がなくなったら勝手にどこかへ行ってくれるだろうからそれまで安全地帯でのんびりしておこう。一人将棋でもするか。

 一人将棋とは一人二役で将棋を指すことである。相手の指す手が手に取るようにわかるので読み合いも何もない。また、知識の乏しい者がやると結構序盤で沼る。

 地面に縦と横に10本づつ線を引き盤を作る。そして合わせて40の駒を書き込んでいく。後は消して書いて消して書いてを繰り返す。

 

「えーと、これが居飛車?でこれは穴熊だっけか…」

 

 将棋を指すなんて言っているがその実情、詳しい訳ではなく、動かし方とちょっとした陣の名前くらいしか知らないのだ。

 

「うーむ……動かすところがない」

 

 当然、沼った。

 件の熊さんは防壁の周りをグルグル回ったり揺らしたりしてきたが、二重構造の内側にいるトヒにはなんの影響もなく、暫くすると子を連れてどこかへ行ってしまった。暴れられても困るのだがなかなか呆気ないものであった。まだ近くにいるかもしれないのでもう少ししてからにしよう。取り敢えずこの対局の雌雄を決さなければならない。

 勝利した。まあ、敗けもしたので実際のところは引き分けだろう。終局したのに引き分けなんて聞いたことがないが。長時間地面に座っていたので立ち上がり伸びをする。そして、周囲に危険がないことを確認してから『十枚の窓』を解除する。しかし、これ以上進んだところで多分何も無いだろうし、彼奴等と再び相見えることになるかもしれないので今回の探索は切り上げることにする。ただ来た道をそのまま引き返すのでは何かもったいない気がするので少し斜面に逆らいながら歩いていくことにした。

 

「ミワがいなくて良かったな…無理に連れてきてこんなザマだと文句しか言わなさそうだ」

 

 

「ペプシっ!!冷えてきたのかしら…少し火を大きくしましょう…」

 

 

 結局、川に至るまでにめぼしい物は何もなく収穫は堂々のゼロだった。拠点に戻るとミワは相変わらず本を読んでいた。そこまで分厚いものでもないのにずっと読んでいる。

 

「おかえり、何かあった?」

「強いて言うなら熊に会った」

「ふーん」

「反応が薄いな」

「いやだって、大丈夫だった?って聞かずもと大丈夫そうだし」

「いやまあそうだが」

「にしてもこの山、大丈夫かしら?」

「何がだ?」

「食料のない山に熊が居るならその先は自ずと知れたものよ」

「あーそうかもなあ」

「ここも他人事じゃあないでしょうけどね」

 

 そう、山のふもとどころか山の中で料理をし、食事をしているのだ。突然ひょっこり現れてもおかしくはない。

 

「まあいざとなればミワの出番ってことで」

「絶対に嫌よ。朝鍋にしてやるって言ってたの誰よ」

 

 まだ日は高いのだがやることもない。街に出るには遅いので焚き火周りでぼーっとするしかなかった。こちらの世界に来るまでは朝から晩までずっと神社で詰めていたし、休みの日もミワの職探しをしていたので何もすることがないというのはとても久しぶりだった。いままでこういう時は何をしていたのだろうか……。

 

「なあ、ミワ」

「何?」

「何読んでるんだ?」

「…知りたい?」

「まあ」

「本よ」

「そうだろうな」

「これよ」

「『人類滅亡-はじまりの物語-』なんだこれ」

「どういう訳か突然人間だけがこの世から消滅してしまったことに困った神様が二人の人間を作り出して生き延びる術を伝えていく話よ」

「アダムとイヴみたいだな」

「ところがどっこいどっちも女の子なのよ」

「二度目の人類滅亡も遠くないな」

「百合は世界を救うのよ」

「真顔でそういうこと言うんじゃない」

「まあストーリーはともかく内容は現代技術に頼らない生き方を伝えるものだから中々勉強になるわよ」

「へえ」

 

 いわゆるところのサバイバル本だろうか。それならばこちらに来る前に何度か本屋で立ち読みしたが。

 

「トヒは何か持ってきてないの?」

「娯楽的なものはさっぱりだな」

「そういえばずっと一緒にいるのにトヒの趣味知らないわね。家では暇さえあれば御守り作ってるし」

「趣味か…趣味なあ」

「アクセサリーも興味ないし、食べ物なんか全く興味ないじゃない。オタクみたいなところもないし」

「ほんとだ…何を楽しみに生きてきたんだろ…」

「元気出しなさいよ」

「これから何を楽しみに生きていけばいいんだろ…」

「元気出しなさいよ…ほら、これを機に何か探してみましょう?」

「巫女になるのに履歴書がなくてよかったよ…いや、あればもう少し早く気付けてたかもしれない」

「次の世代からは巫女にも履歴書は要ることにしましょう」

 

 これまで時間に余裕がなかったので考える暇すらなかったが、いざ問題となるとかなりの難題だった。小さい頃は日の高いうちはずっとミワに振り回されていた。家に帰ると姉とともに母の内職の手伝いをしていた。無理に手伝わされていたという訳ではなく、母と姉がやっているのを見て自分もやりたいと思ったのである。最近は朝から晩まで神社に詰めて帰って寝るだけの生活をしているし、休みの日にはミワを連れ出して職探しである。そんなこんなで自分の趣味の時間が今まで殆どなかった。

 

「生きてることが趣味なのかもしれない」

「え?」

「これからは『趣味は生きること』でやっていこうと思う」

「人生舐めてるって思われそうね」

「総合的に見た結果だ」

「まあ無いもの捻り出しても仕方ないものね」

「そういうことだ。気楽にいこう」

 

 若干強引に現実逃避をする。ミワも本の続きを読み始めたので朝書いていた間取り図を取り出す。地下や二階よりもまず一階部分をもっと詰めていきたい。このままでは作業場に休憩スペースが付いているだけだ。理想のマイホームを完成させなければ。

 気が付くと大分と日が落ちていた。そろそろ晩ご飯の準備をしなくてはならない。ミワはまだ本を読んでいるので一人で川へ行って仕掛けを確認する。山の実りと比べるとこちらはいささか恵まれすぎており、今回も二人では充分過ぎるほどの魚がかかっていた。下流に迷惑が掛かってないだろうか?

 

「おかえりー」

「ただいま」

「お米は準備しておいたわよ」

「助かる」

「いっぱい獲れた?」

「ああ。塩もあるし本格的に干物が作れるぞ」

「いいわね。さっきも本を読んでる時に少し口が寂しかったのよねえ」

「食べ過ぎると塩分摂取量が凄いことになるぞ?じゃあ、そろそろ風呂も沸かすか」

「よしきた」

 

 昨日の大惨事を教訓に初めから『十枚の窓』と『八枚の窓』を同時に展開しておく。そしてそこにミワの『大火の海神』で水を満たし火にかける。後はそこそこの温度になるまで放置である。

 

「これ、最初からお湯は出ないのか?」

「あのねえ、40℃の海なんて聞いたことある?」

「なくはない気が」

「どのみち私が入ったことないからイメージ出来ないわよ」

「なるほど」

 

 能力には限界があるということか。しかし、イメージさえ出来ればいいのであれば、詳細にイメージすればなんでも可能なのではないだろうか。明日にでも試してみよう。





PVUAが伸びないですねぇ…1話→2話の時点で1/3程になるので1話に難ありといったところでしょうか、、、


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

頭皮按摩


一日が長い。



「さて、まだ水のうちに干物に使う分だけ確保しておくか。ミワは竹を魚が入るくらいの長さカットしてくれ」

「了解したわ」

 

 先程その場で下処理だけは済ませておいた魚を開きにしていく。干物にしてしまえば骨も食べられるので小骨も気にすることがない。とはいえ普段も鯛の背骨以外は気にしながら食べているが。

 

「どれくらいの濃度がいいんだろうか」

「10%くらいでいいんじゃない?最初は試行錯誤よ」

「そうだな…ミワ、水100に対して塩はいくらで10%になるだろう?」

「え?何よ急に……普通に10じゃないの?」

「まあミワならそんなもんだよな」

「何なのよ……」

「溶質/溶液が濃度だからな。溶液は溶質+溶媒。塩が10なら水は90でないと10%にはならないぞ」

「あーそんなんだった気もしないでもないわね…今それがどうしたのよ…」

「別に聞いてみただけだ。期待に応えてくれてありがとう。礼を言うよ」

「ものすごくバカにされた気がするわ」

「まあわかったところで測る術がないんだがな」

「海水より3倍しょっぱいぐらいでいいのよ」

「海に行ったこともないくせに」

「トヒもないでしょう」

「だから分かるわけがないんだな」

 

 結局なんとなく醤油よりは辛くない程度の塩水を用意すると開いた魚を浸すように並べる。これを暫く置いたあと水気を落としてしっかりと干せば一応干物の完成である。

 今夜食べる分の魚を焼きつつ米が炊きあがるのを待つ。どうしても魚を焼くとまたかという思いが出てきてしまう。

 

「明日は街に出て食材を仕入れるか…」

「街に行くのも遠いのよねえ…荷物を全部ってのも手間だし、トヒだけで行ってきてよ」

「んな他力本願な」

「昨日私は米も醤油も色々運ばされたのよ?他の荷物は見といてあげるからその分軽くなるしいいじゃないの」

「んまあ…そろそろこの服も洗濯したいしなあ…干してる間はアレを着るしかないし」

「そうでしょそうでしょ」

「ミワはその服どうするんだよ」

「私は替えの服があるからそっち着るけど?」

「あー…そう…」

 

 荷物になると思って最小限の物しか持ってこなかったのだが次の転送時には今回のことを踏まえて荷物の準備をしよう。

 魚が焼け、米もそろそろいい頃合だろう。ミワが用意してくれた竹に手を伸ばすとミワが止めてきた。

 

「あ、それ、もうちょっとかかると思うわ」

「そうか?川から戻って相当経つと思うが」

「まあ待ちなさい。ご飯は逃げないわよ?」

「まあ待てと言うなら待つが」

 

 言われた通り竹飯盒はそのままに、焼けた魚だけを火から皿に移す。魚だけで食べる気にもならないのでじーっと炊きあがるのを、ミワのGOサインを待つ。

 

「そうだ。さっきの本の話をして上げましょうか」

「ああ、アダムとイヴの」

「そうそう…服は着てるんだけどね。二人はまずその日を生きるために食べ物を探すのよ。トヒならどこを探す?」

「世界から人だけが消えたならスーパーとかコンビニはそのまま残ってるだろう。そこから拝借すればいいんじゃないか?」

「そうね。二人であちこちの建物を調べて何件か見つけたの。でも、神様が人類滅亡に気がついたのが結構経った後だったのよ。それで大半は消費期限が過ぎちゃってたのよね」

「目も当てられない惨状だろうなあ…どうして気付かなかったんだ」

「何か、忙しかったんだって」

「神様って忙しいんだな」

「やってらんないわね」

「お前は今何をしているんだ…」

「で、缶詰とかそういう期間の長い物を中心に探してね。数日はそれで良かったんだけど」

「飽きたんだな」

「そう、今の私たちのようにね」

「じゃあ…次はそうだな…周辺の農家に行くかな」

「正解。缶詰をお弁当に少し遠出するのよ。でもね…」

「何かあったのか?」

「世界から人類だけが急に居なくなったって話だったわよね」

「そうだな」

「それまで人間によって飼育されていた動物が野生に帰っていたの」

「あらま」

「そこには弱肉強食の世界が広がっていたのよ」

「おお…」

「とまあ、こんなとこね。続きはまた今度にしましょう。ご飯もそろそろいいと思うわよ」

「ん、そうか」

 

 竹飯盒を火から外し蓋を開ける。するといい香りがする湯気が立ち上る。

 

「ん?何か違うな」

「今日は特別よ」

「特別?」

「栗ご飯です!」

「おおー」

 

 湯気に隠れて見えていなかったご飯が白い姿を現すとところどころ黄色い栗が輝いていた。竹飯盒でもうまい具合にいったようだ。

 

「一人五個よ」

「結構入れたな…底栗ばっかなんじゃないか…」

「さ、食べましょう食べましょう」

「焦るな、ご飯は逃げないぞ。スプーン貸してくれ」

 

 一人分をよそってミワに渡す。残りを自分の皿に掻き出す。

 

「それでは」

「「いただきます」」

 

 栗の甘み、しょうゆの香ばしさ、ほんのりとした塩味。全てがいい感じにまとまっている。これはかなり美味しい。

 

「美味しいでしょ」

「うん、美味い。栗ご飯もいいもんだな」

「またたくさん拾ってきましょう」

「そうだな」

「その時は私もまたついていくから」

「欲望に忠実で何よりだよ」

 

  その後は二人して一言も発することなく夢中で箸を進めた。久しぶりに家庭的な味だったのだから仕方ないだろう。

 先に食べ終えたので風呂の準備を始める。今日は一番風呂はミワに譲ってやるつもりだったのだが、まだ食べているので先に入ってやる。

 

「ちょっと!今日は私が先よ!」

「ちぇー、まだ食べてるじゃないか」

「トヒが早いのよ!もっとゆっくり食べなさいっていつも言ってるじゃない」

「と言われてもな…」

 

 特にすることもないので片付けをしながらミワの食べているところを見る。仮にもいいとこのお嬢様なので作法はしっかりとしている。厳しく教えられたのだろうがどうして常識は教わらなかったのだろう。昔のミワはおてんば娘では通らないようなことを数々やってのけたのだ。それを毎回フォローする方の気持ちも考えて欲しい。

 

「…何よ」

「いや、綺麗な箸使いだなと」

「え、まあ、普通よ。トヒも別に変なところはないでしょう」

「箸だけじゃなくて食べ方とかもそうだよ」

「確かに魚をしっぽからがぶりといく食べ方と比べれば相当綺麗でしょうね。どこで覚えたのよ」

「効率的な食べ方を模索した結果だ。人前では普通に食べれる…と思う」

「普通じゃないことが分かってるだけでもよかったわよ」

「骨にしろ皮にしろ、残すとどうしても勿体なく思っちゃうんだよ。だからせめて身内のときくらいはさ」

「捨てられない性格も難儀なものね」

 

 食べ終わったミワが風呂の準備をする。まずは『海神の詔』で火を消す。こうしないと次入るころには熱湯風呂に様変わりしているだろうことは学習済みである。元々熱いのは苦手なので少し冷めたくらいがちょうど良い。

 

「トヒ〜洗面器は?」

「その辺にあるだろう」

「その辺その辺…あ、あった…けど」

「どうした?」

「微妙に届かない」

 

 洗面器は二つ並べた浴槽の湯が入った方の角に置いてあるのだが、ミワがいる空の水槽とは反対側の角にあった。水槽から身を乗り出し腕をいっぱいに伸ばしているのだが後数センチ届かない。胸部装甲が浴槽の淵につっかえてムニュっと変形している。

 

「」

「トヒ〜取ってよ」

「ムニュってどんな感覚なんだろうか…」

「むにゅ?」

「いや別に、ちょっと待ってろ」

 

 ついでにミワを座らせて頭から一気にお湯を掛けてやる。ミワの長い髪が先までピタリと身体に沿って張り付く。おまけにもう一回バシャリと掛ける。

 

「いきなり頭からはどうなのよ」

「まあまあ、ちょっとあっち向いてろ」

「何する気よ…」

 

 ブツブツ言いながらもトヒに背中を見せるミワ。髪を後ろにまとめると椿の搾りかすを包んだハンカチを湯に浸けてからミワの髪をスーッと撫でる。何度か撫でるうちにヌルッとした感覚になってくる。

 

「あら?シャンプー?」

「天然の椿油シャンプーです。痒いところは御座いませんか?」

「いえ、気持ちいいです」

「そりゃよかった」

「いやー昨日はお湯だけで洗うの大変だったのよね。なんかガシガシするし乾いた後もボサボサだし」

「頑張って油搾ったからな、ご褒美だ」

「贅沢ねえ…」

「全くだ」

 

 根元から毛先までスーッと指が通るくらいになるともう一度お湯をバシャリと掛ける。ミワの綺麗な長い髪がツヤを取り戻した。

 

「さて、こんなもんだろう」

「ありがと、トヒ」

「じゃあさっと温まったらさっと出てくれ」

「えーこんなに広いんだし一緒に入りましょうよ。トヒの髪も洗ったげるわよ?」

「だから二人して全裸で何かあったときどうするんだよ」

「照れちゃって〜かわい、ぶへぇ!」

「はいはいわかったわかった」

 

 喋っているミワの顔目がけてお湯をぶちまける。贅沢な使い方が出来るものだ。これもミワのスキルのお陰なのだが。

 ミワが身体を洗っている間に食事前に塩水に浸けておいた魚の開きを引き上げる。なんとなく締まった感じがしなくもない。表面を軽く真水で洗い流すとしっかりと水分を取る。これを一晩干しておけば一夜干しの完成である。

 

「そろそろ上がるわね〜」

「うーい」

 

 ミワが身体を拭く用のタオルを用意してやり、自分の分の下着の替えとタオルを取り出す。服はまだこれを着るしかない。

 

「いや〜いい加減だったわよ。熱過ぎずぬる過ぎず。トヒにもちょうどいい具合だと思うわ」

「いい加減ってのも使いようだなと思った」

「へ?」

「何でもない。早く服着てくれ」

「はいはい…でもこれ、文句を言うつもりじゃないんだけど…湯冷めしちゃうのがちょっとね」

「まあ、外だし仕方ない」

「そうね、仕方ないわね」

「妥協は大事だからな」

「今日だけで何回妥協したかしら」

 

 ミワが服を着始めたのを見て服を脱ぐ。

 

「トヒも髪、洗ったげる」

「そうか?じゃあお願いするよ」

 

 ミワほど長くないので大した手間ではないのだが善意は受け取っておく。何かされる気かしないでもないが。

 

「これを髪に当てて流すだけだ」

「わかったわ。さ、入った入った」

「急かすな」

 

 水槽に入るとミワに背を向ける。ザバーっと頭からお湯がかけられる。いい温かさだ。

 

「じゃあ失礼して…」

 

 ちょんと頭のてっぺんに感触があり、そして毛先まで降りていく。うん、中々気持ちいいなこれは。

 

「おー上手い上手い」

「まあこんなもんよ」

「美容院ってこんな感じなんだな」

「トヒはいっつも自分で切っちゃうもんね。私は時々行ってたけど」

「ここんとこは全然行ってないもんな。さっきも思ったが長過ぎやしないか?」

「流石に居候の身で床屋代までくれなんて言えないわよ。ましてや本人が自分で切ってるんだから」

「どうして自覚があるのに働かないんだろう…」

「それは言わない約束でしょ!」

 

 ミワの指が髪をスーッと通っていく。いい感じに髪が引っ張られるのもまた気持ちよくなってくる。

 

「あーいい感じだ…」

「蕩けてそうなトヒの顔が見てみたいわね」

「多分相当緩んでるだろうなあ…」

「ふーん…じゃあ頭皮マッサージもしちゃおうかしら」

「よろしく頼む…」

「もみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみもみ」

「あ゛ーーーーーーーー…」

「ふに」

「あ…?」

「ふにふに…」

「はあ…」

「ふにふにふに…んーやっぱ控えめねえ…」

 

 せっかく快楽に浸っていたのにタダでは済ませないのがミワなのだ。多少警戒はしていたのだが気持ち良さが勝ってしまっていた。

 

「そりゃ実際の肉体と同じなんだから急に変わらんだろう…」

「夢見てもいいのよ?」

「人の見る夢は儚いんだよ…」

「あの…ちょっとくらい怒ってくれないと調子狂うんだけど」

「んー今はそんな気分になれないくらいふわふわしてるんだよな…」

「後が怖いわね」

 

 ミワに泡を落としてもらうと浴槽に移りだらっと足を伸ばして肩まで浸かる。ここで寝られるなら最高に気持ちが良いだろうなとふと思い目を瞑る。

 

「寝ちゃダメよ?」

「わかってる…」

「そんな今にも寝そうな声で言われても説得力全くないんだけど」

「うーん…」

「ちょ、風呂で溺死してゲームオーバーなんてやめてよ?」

「ん……」

 

 ミワの声が遠くから聞こえてくる。これは本格的に寝るやつだ。起きなきゃいけないのはわかるが自分ではどうしようもない。

 

「トヒさん?」

「……」

「おーい」

「ぐう…」

「いやいやいや」

 

 そのまま沈んでいくのをミワが脇を抱えて支える。このまま沈んでいれば、ミワが掴んだのが首や頭だったならば目が覚めたかもしれないが。ふわふわぽかぽかしたままストンと落ちた。

 目を覚ますとそこは、風呂の中だった。

 

「んあ?」

「…起きた?」

「ん、ああ、起きた。おはよう」

「おはようじゃないわよ…」

「なんで風呂で寝てるんだろう」

「んなの私が聞きたいわよ。取り敢えず身体を起こしなさい」

「あ、ああ」

「あーもう、袖がびしょびしょよ…」

 

 ご飯を食べた後、ミワが上がってから頭を洗ってもらって、その後マッサージを…

 

「あー何となく思い出したぞ」

「そう」

「どれくらい寝てたんだ?」

「そんなによ、10分もないんじゃない?」

「起こしてくれれば良かったのに」

「気持ちよく寝てる邪魔される鬱陶しさはよく知ってるから。私、寝てる人は起こさない主義なの」

「雪山じゃなくて良かったよ」

「さ、そろそろ上がりなさい。風邪ひくわよ」

「あ、うん」

 

 のっそりと立ち上がり水槽の方へ移る。用意しておいたタオルで身体を拭き服を着る。段々意識がハッキリとしてきた。

 

「どうしたんだ?」

「どうしたも何も、ずっと支えてたから手が痺れたのよ。文字通り何も手につかないわ」

「そりゃすまないことをしたな。こんな時の対処法があるんだ。お詫びにやってやろう」

「あら、そうなの?」

「ほれ」

「ひやあ!」

 

 ミワの手を取ると無造作に指で弾く。当然、効果などあるはずもなく、ただ単に痺れるだけである。

 

「な、何を…」

「いや何、お詫びだよ」

「普通に痺れるんですけど…」

「そりゃそうだ」

「ええ…」

「さっきのセクハラはこれで許してやる。ほれ」

「はへえ!なんかお腹にくるう!」

「ほれほれほれほれ」

「ひゃふ、ひゃ、ひえ、にょほ!」

「こんなとこか」

「も、もう許して…」

「さて、洗濯するか。ミワも洗うもん出しとけよ」

「そこに置いてるわ…今ちょっと諸事情で手が離せなくて…」

「なんでだろう」

「なんでかしら…」

 

 今日は取り敢えずタオルと下着だけを洗う。今着てる服は明日の朝もう一度お湯を沸かしてミワに洗っておいてもらう。

 

「ねえ、トヒ」

「ん?なんだ?」

「ちゃんと休まなきゃダメよ?」

「うん?どうしたんだ?」

「いくらなんでも風呂入って寝るなんて。疲れてるのよ、きっと」

「あれはただ気持ちよかったから」

「まあ、それもあるかもしれないけど。でもあなた、こっちきてから眠り浅いんじゃないの?」

「言われてみれば普段より少し早く起きてるな」

「それなのに山登りばっかしてるんだから…身体もたないわよ。私はお昼寝してるけど」

「そうだな、今日はゆっくり寝るよ」

「そう、早く寝て、明日はお日様が昇ってくるまで起きちゃダメだからね」

「ま、まあ、わかった」

「私より早く起きてるの見つけたら昼まで添い寝するから」

「ご飯どうするんだ…」

 

 洗濯物を洗い終えると後は特にすることがない。寝るには早過ぎるのだがミワに早く寝ると宣言した手前今から何かするわけにもいかない。仕方なく横になるとミワも横に寝転がった。

 

「いや、狭いな」

「トヒが寝るまで一緒に寝てあげるわ」

「ええ…」

「文句言わない」

「はいはい…」

 

 とは言ってもさっき少し寝てしまったのでまだまだ寝られる気がしない。どうせミワは寝つきが良いのですぐに寝てしまうんだろうが。

 明日は本格的に別行動になる。街に行ってる間、ミワに何かあっても助けることは出来ないし、勿論自分に何かあったときミワに助けてもらうことは出来ない。知らない世界の知らない土地で独りになるということはここまで心細いものなのか。ミワの方に首を回すと既に寝息を立てて寝てしまっている。今までに何回も見てきた寝顔をぼーっと眺めながら今日までのことを振り返り、明日からのことを考える。この顔は何を考えているのだろう。どんな夢を見ているのだろう。多分、今考えているようなことは考えもしていないだろうし、花畑を走り回ってる夢でも見ているんだろう。ミワはミワ、自分は自分。わかってる。

 

 トヒがようやく寝始めたのを確認すると、モニターから離れてグッと伸びをする。睡眠時間の短いコなので自分の休憩時間が相当少ない。休憩時間というより報告書を書く時間なのだが。今回は割と早めに寝てくれたので少し時間に余裕が出来た。今のうちに軽食でもとっておこう。

 二人が寝ているベッドには向こうへ持って行けなかったものが散らばったままになっている。見たところ食料が大半だ。彼女らが朝大きな荷物を持って高天原に来たのは上から見ていたのだが、こんなに持ってきていたのか。恐らく部屋の方にもまだまだあるのだろう。その中でも気になっているのが、ミワのベッドに散乱している缶詰。一般的によく見る鯖や秋刀魚の缶詰は勿論、焼き鳥や果物なんかの缶詰がある。特に異彩を放っているのがチーズケーキである。どこかの皇帝もまさかこんなことになるとは思っていなかっただろう。勝手に食べる訳にもいかないのでルームサービスで適当に何か頼むしかない。この部屋を離れるわけにはいかないのだ。

 メニューを見ながら食堂に連絡をしようとすると、部屋の扉が開きいい匂いがしてきた。

 

「や」

「あら、お疲れ様ですわ」

「おや?ルームサービスかい?」

「ええ、まだ頼んでいませんけれど」

「そりゃちょうど良かった。差し入れだよ」

「なんと気の利いた…ありがとうございます」

「食べながら話を聞いてたら追い出されることもないと思ってね」

「なるほど、考えましたわね」

「やっぱり追い出されていたんだ」

「いえいえそんな、滅相もない」

「まあいいや。で、調子はどうだい?」

「三日目は二人とも早く寝てしまいましたわ。お陰でこのような時間を持てているのですが」

「へえ。まあ、疲れが出てきたんだろうねえ」

「人間とは斯くも儚いものなのですね」

「まだ死んでないよね??」

 

 食事の間アマノが時折モニターも見ながら二人の様子を訊ねてきた。別段言うこともないのだが、目の前で食べているので適当にあしらうことも出来ず当たり障りのないことを話す。大事なことは報告書で、という前提を崩す気は無い。

 

「そろそろ試練が降ってきても良さそうなんだけどなあ…何かありそうかい?」

「どんなものがあるのかを把握しておりませんので何とも」

「全てにはきっかけがあるからね。そろそろ伏線を回収していってくれるだろう。君も目星はついているんだろう?」

「さて…どうでしょうか」

「まあいいさ。そうそう、明日、新しい候補を送り込むことになったよ」

「明日ですか。かなり急ですわね」

「一般公募は応募が多かったからね。ぶっちゃけた話になるんだけど、ミワ君とトヒ君は一般枠じゃないからある程度の都合は聞いたんだ。一般枠の一人ひとりの都合を聞いてたらこのプロジェクトが機能しなくなる」

「かなりぶっちゃけましたわね」

「ある程度ふるいはかけないとね。興味本位の応募はこれで弾けるだろう」

「それで、私はどうすれば?」

「送り込む候補者の顔を覚えてくれたらいいよ。もし見かけたら対象者との絡みを注視していく感じで。それ以外は何もしなくていいよ。そちらはそちらで観測者を立てているから」

「承知致しました」

「二人が戻ってきたときにでも写真を持ってくるよ。向こうにも二人の写真は見せるつもりだし」

「では、そろそろ」

「ああ、うん。邪魔したね」

「今回はそうでもないですわよ?お食事ご馳走様ですわ。ありがとうございます」

「なんだ飯効果か」

 

 アマノはぶつくさ文句をいいながら片付けると今回はさっさと引き上げていった。少し彼女らの様子を聞いて安心したのか、明日の用意が忙しいのかはわからない。大方、これ以上踏み入っても何も得られないと思っているのだろう。大正解である。知りたければ今から書く報告書で把握して欲しい。少しアマノとの時間を取りすぎたせいか予定時刻を過ぎてしまっているので早目に終わらせなければならない。あのコが起きてしまう。





週に出す量を1とした場合の週に書く量が0.4くらいなのでストックがゴリゴリ減っていく…


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

熊邂逅再


「ねえ、トヒは犬派?猫派?」
「なんだ急に」
「いいから」
「どちらかといえば猫だろうか」
「ふうん」
「ミワは?」
「私はね…狐よ!」
「ネコ目イヌ科…」



「起きてしまった……」

 

 何とか早めに寝ることは成功したものの、その分、いやその分以上早起きをしてしまった。多分、まだ深夜。テレビだと放送時間外やショッピングチャンネルの時間。荷物にしまってある時計を見ようと身体を起こそうとしたが身体が動かない。草木も眠ると言われる時間、魑魅魍魎が跋扈する時間。金縛りにでもあったか…ん?あったかいな?

 

「なんだお前か…」

 

 どういう寝相をすればこうなるのかわからないがミワに四肢をがっちりとホールドされていた。逃がさないという意思が強過ぎてこのまま寝続けると逆に疲労が溜まりそうだ。ひとまず腕を解いて脱出を試みる。

 上半身を起こし辺りを見渡す。月の明かりはなく、焚き火の火が辛うじて周囲を薄暗く照らしているだけだった。トヒの実家周辺も夜になると結構暗くはなったのだが、遠くには光が見えたし所々に街灯も立っていたのでここまで暗いのは初めてだった。もしこの焚き火の火が落ちてしまったら本当に真っ暗なのだろう。ふと空を見上げると満天の星が煌めいていた。これぞ満点の星空である。

 

「ちょっと!トヒぃ〜」

「んあ」

 

 急にミワが覆いかぶさってきた。起きてるのがバレたか?

 

「寝てやがる…」

 

 妙に都合のいい寝言を言うものだ。起きていたと後から言われても納得できる。試行錯誤の末なんとかミワから逃れると木っ端を投げ入れ焚き火の火を大きくする。これからもっと寒くなることを考えると、やはり壁と屋根は欲しい。かと言って作るわけにもいかないし、街へ降りて宿屋に泊まるのも癪だ。新たな能力でも開花しないだろうか。ぱちぱちと音を立て揺らめく炎を見ながらぼーっとそんなことを考える。

 

 煙に混じって別の匂いが鼻腔をくすぐる。うっすらと眼を開けると既に辺りは明るくなっていた。いつの間にか落ちてしまっていたようだ。変な体勢で寝ていたので首や腰が痛い。

 

「おはよう、トヒ。私の方が早かったみたいね」

「ああ、おはようミワ。アタタタ…」

「そんなとこで寝るからよ。昨日寝る時は普通にそこで寝てたのに起きたら居ないんだもの。これは私より先に起きてたことになるのかしら?」

「あのまま寝続けた方が身体に悪いわ。なんで固められながら寝なきゃならんのだ」

「まあ私が起きたときには寝てたのでヨシとしましょうか…ちぇ」

「なんか言ったか?」

「いいえ?」

 

 ミワの用意してくれた朝御飯を食べながら今日の予定を確認する。大きな目的は魚以外の主菜となるものを仕入れること。出来れば精肉されてパックに詰められた肉があればいいのだが、そんなものは到底期待できない。せめて各部位まで分かれていて欲しいがそれも難しいだろう。後は情報収集。いつまでもこの街付近に居る訳にもいかない。犬だって歩かないと棒に当たることはないのだ。しかしそろそろ試練も降ってきてもいい頃である。挑戦資格などがあるのだろうか。残ったミワにやってもらうことは洗濯くらいなので暇なら勝手に時間を潰しているだろう。

 

「じゃあ行ってくるよ。暗くなる前には帰ってくると思う」

「え、何処に行くの?」

「昨日話しただろう?買い出しだ」

「あーそんなことも言ってたかしらね。そうねえ…何か甘いものでも買ってきてちょうだい」

「コンビニ行くわけじゃないんだが」

「じゃあ今週のじゃんp」

「ねえよ。そもそも読んでないだろ」

「と言ってもねえ…何があるかもわかんないし」

「別に要らないのに買う必要ないんだよ。この先どれくらいの金が必要になってくるかわからないんだから計画的にいかないと」

「まあそうね。じゃちょっと待ってなさい」

 

 そう言うとミワが竹飯盒に残ったご飯を取り出し握り始める。小ぶりのおにぎり2つを竹の葉で包むと差し出してきた。

 

「持っていきなさいよ。私は適当にあるもので食べとくから」

「ああ、ありがとう」

「そうだわ。梅干しとか欲しいわね。保存も利くし、やっぱりおにぎりには梅干しよね」

「わかった。探してみよう」

「さて…私は何してようかしら…本ばかり読んでるのも退屈だし」

「取り敢えずは洗濯だな。この天気なら昼には乾くだろうし」

「そうだったわね、じゃあ水槽置いてってくれる?」

「わかった」

 

 洗濯用に『十枚の窓』を展開するとミワの作ってくれたおにぎりをかばんに詰め込んで街へ向けて出発する。今回は1人なので何かあっても自分で対処しなければならない。例えば変なやつに絡まれたり、変なやつに絡まれたり……

 

「おっ、ねーちゃん。俺たちと遊んでかない?」

 

 街道に出て少ししたところで数人の男たちに声をかけられた。正直ナンパは初めてだが嬉しくもなんともない。

 

「あれれ?聞こえてないのかなあ?おーい」

 

 無視して歩を進めるがそれでも後ろからある程度の距離を保って付いてくる。このまま街まで行けば人の目もあるだろうし自然と離れていくものだが、まだ結構距離がある上にここは周囲に人もいない。

 

「無視しないでよー。傷付くなあ」

「おい、無理やり引っ張り込めばいいだろう。どうしてこんなめんどうなことするんだ」

「うるせえ黙ってろ。そんなことして大声出されたらどうするんだ」

「誰もいねーよこんなとこ」

「適当に布切れでも咥えさせればいいだろう」

「おいおい穏やかじゃないな」

 

 痺れを切らした者たちが声をかける男に対して文句を言い始めた。内輪揉めなら余所でやって欲しい。

 街までそろそろ半分となったところで過激派組が行動に出た。肩を掴まれくるっと反転させられる。その隙に他の2人が後ろに回りこみ退路を防ぐ。そしてそのまま腕を引っ張られ道端の茂みに連れ込まれる。

 

「なんだ全然抵抗しねえじゃねえか」

「ずっと待ってたんだろ」

「お前は最後だからな。このチキン野郎」

「…チッ…好きにしろよ」

 

 いや好きにするなよ。何の順番か知らないがこちらにはいそうですかと享受するいわれはない。

 

「ねーちゃん、名前はなんていうんだ?」

「まだ子供じゃないか。こりゃ上玉だぞ」

「肉付きも悪くないしどこぞの金持ちの娘か何かじゃないか?」

 

 治安もへったくれもないところだ。これが完全自立型の作られた世界というんだから面白い。仕方ない。

 

「ふぇぇ…」

 

 ふぇぇとか言ってしまった。今ので残機が4くらい減った気がする。

 

「は?」

「お?」

「ん?」

 

 が、効果はバッチリ。取り囲む3人の間の抜けた顔に笑いを堪えつつ外野の穏健派の男を見る。

 

「怖いよぉ…」

 

 助けて、と訴えかけるような目線を送る。そもそもこいつが声をかけてきたのがきっかけなのだが、今この状況で一番面白くないのはこの男だろう。何の順番か知らないが最後に回されたのだから。何の順番かは知らないが。

 しかし目線の先の男は非常に怯えた表情で固まっていた。なんだよ、そんなに引くなよ。やりたくてやったんじゃないよ。

 

「く、く、」

「く?」

「そんな顔してどうしたんだおめえ」

「く、ま、く」

「なんだよ、はっきり言えよ」

「熊が、後ろに、」

「え?」

「え?」

「え?」

「おお…」

 

 一斉に茂みの奥へ振り向くと、じっとこちらを見ている熊がいた。なんか昨日も似たようなことがあった気がする。

 

「うわあああ!」

「バカ!大声出すんじゃねえ!」

「ひっ…」

 

 取り囲んでいた3人がそれぞれの反応を見せる。

 

「お前!早く言えよ!」

「気付いたときにはもうそこに居たんだ…仕方ないだろう…」

「ひっ…たすけて…」

「早く立て!逃げるぞ!」

「うわあああ!」

「落ち着け!」

 

 4人の中でも一番年長者っぽい男がどうにかして状況を収めようとするが、1人は顔面蒼白、1人は腰が抜け、1人は錯乱している中でかなり苦心している。熊はというと目の前でわたわたと繰り広げられている状況をじっと眺めていた。

 

「おい、お前も死にたくなけりゃ早く逃げるんだ!」

「え?」

「畜生め!あっち行きやがれ!」

「いや、逃げたら追っかけられるし、多分、大丈夫」

「は?」

 

 急なキャラの変わりように驚いたのか、熊を前に大丈夫と言っている子供が理解に苦しむのか、男は何がどうなっているのかわからないといった様子だ。

 

「死にたくない?」

「当たり前だろ!」

「死にたくない…」

「たすけて…」

「うわあああ!」

「あ、そう。助けて欲しい?」

「お前に何ができるってんだ!」

「おい…助けてくれるって言うんだから…」

「たすけてください…」

「うわあああ!」

「助けるとは言ってないんだが…まあ、いいか」

 

 男たちに指示して熊を刺激しないように少し広めの場所まで移動する。熊も一定の距離を保ちながらついてくる。

 

「『八枚の窓(Windows 8)』」

 

 自分と男たち4人を囲むガラスを展開する。強度は昨日と同じくらいの。

 

「何をしたんだ…?」

 

 ガラスを知らないと、何かある気がするのに向こうが見える、という不思議な現象だろう。この前、街でやったショーのときも思ったがまだそこまでの技術はないらしい。

 

「最近、神見習いと巫女見習いの話、聞いたことないか?」

「…街で噂が立っている。神見習いのねーちゃんと巫女見習いの子供が突然芸を始めて、その子供の方が透き通った何かを空中に並べていたっていうのなら聞いたことが…まさかお前…」

「子供って年齢同じなんだが…そう、その巫女の方」

「神様…仏様…」

「巫女なんだが」

「」

「こいつ…飛んでやがる」

 

 ごちゃごちゃしてると熊が展開しているガラスに近づいてきた。

 

「ヒィィィ!」

「これ、本当に大丈夫なのかよ…」

「こんなとこで死にたくねぇよぉ」

「」

 

 五月蝿い奴らである。1人はとても静かだが。ついにガラス1枚を挟んだ正面まで熊がやってきた。何をするでもなくじっとこちらを見つめている。

 

「ん?なんだお前。昨日のやつじゃないか」

 

 よく見るとなんとなく見覚えがある。

 

「昨日のやつって…昨日も熊と出くわしてるのか?」

「え、まあ、うん」

「よく生きていたな…いや、この状況でこんなに落ち着いていられるのも納得だな…」

「昨日はただただこいつがどこかに行くのを待ってたんだが、今日は街の方に用事があるからな…出来れば早目にお暇して欲しいところなんだが。お前らがあんなことしなければこんなことにはならなかったんだぞ。どうしてくれるんだ」

「今そんなこと言ったってしょうがないだろう!それで言うならお前が最初からこっちの話を聞いてりゃこうなってないだろう!」

「聞いてたらどうなってたのさ」

「そりゃ…まあ…」

「はあ」

 

 よくよく考えるとこの状況、かなり危ないのではないだろうか。外部からの侵入を許さない空間内でさっきまで自分にあんなことやこんなことをしようとしていた連中と一緒にいるのだ。既に『十枚の窓』を展開している今、更に引きこもることもできない。理性を保ってくれていることを期待しよう。

 

「そういえば、最近こんなことはよくあるのか?」

「こんなこと?」

「熊だよ。こいつらがこんな街道近くの茂みに住んでるわけがないだろう」

「ああ…それもそうだな…お前、何か知らねえか?」

 

 比較的まともに話が出来る穏健派の男に話を振るリーダー格。自分は知らないんだろう。

 

「いや、知らないな。そもそもこの辺で熊を見かけたって話なんぞは聞いたことがない」

「だ、そうだ」

「へえ」

 

 じゃあ昨日と今日がたまたまラッキーな日だったのだろうか…いや、アンラッキーか。

 

「穏健派はこの辺に住んでるのか?」

「おんけん…?俺のことか?」

「名前を知らないからな。勝手にそう呼ばさせてもらった。ああ、言わなくていいぞ。知りたくもない」

「いや悪かったと思ってる。この通りだ、許してくれ」

「謝罪はいいさ、べつに。で、どうなんだ?」

「いや、住んでるのは街の中だが、仕事でこの辺りに来るってだけだ」

「街の人間が街の外で何の仕事してるんだ」

「野菜を仕入れるのさ。この季節だと芋なんかも多い」

「ほう…」

 

 いいことを聞いた。これで食卓に緑が入る。芋も使いようによっては甘味になりそうだ。

 

「穏健派、お前、運が良いぞ」

「は?」

「後で話をしよう」

「え?ん?」

 

 卸売から直接買えば安く済ませられるだろうし、取引先に赴いて何か干物とかと交換出来れば金を使わずに済む。あわよくば今回のことをネタにかなり値切れるかもしれないが、それは評判に関わるのでやめておこう。

 ガラスに囲まれたこの空間がそれなりに安全だと分かったのか3人の男達も少しずつ落ち着いてきた。

 

「さて、この熊さんをどうするかだが…ここにいると負けはしないが勝ちもしないんだよな…取り敢えずそろそろそいつ起こしてやったらどうだ?」

「あ、そうだな…」

「神見習いのねーちゃんはどうしたんだ?神見習いなんだから熊退治くらいお手の物だろ?」

「神見習いを何だと思ってるんだ。熊と喧嘩するのなんか金太郎だけでいい。キャラが被っちゃうだろ」

「キャラ…?」

「こっちの話だ」

 

 薪をしょって本を読む必要も犬猿雉を餌付けして鬼退治する必要も無い。ミワにはミワらしくやってもらわないと。

 

「じゃあ他に手があるのかよ」

「無いからこうやってぼっーとお見合いしてるんじゃないか。あったらとうにやってるさ」

「なんだ、巫女見習いも大したことねぇなあ…」

「あ?今すぐこれを解除してお前らをほっぽり出してもいいんだぞ?」

「あ、いや、そういうつもりじゃ…」

「全く…」

 

 とはいえ良い方策がないのは確かである。おそらく一番正しい対処法である、ゆっくり後ずさる、という行動は自らの手で封じてしまっているのだから。やはり無理にでもミワを連れてくるべきだったろうか。

 

「は!俺は何を…そうだ…熊は!熊はどうなった!」

 

 気を失っていた男が起きたらしい。急に大声を出すんじゃないよ。

 

「静かにしろ!今この巫女さんが熊との間に壁を出してくれたからひとまずは安全だ」

「壁?何も無いじゃないか…って熊!目の前に!熊!」

「だから静かにしろ!」

 

 起こさない方がよかったか…一応こいつにも聞いておくか。

 

「起きたか。早速だがこの状況を打破する方法はないか?」

「そんなこと言ってる場合じゃ…」

「あーもう…五月蝿いなあ…ちょっとこっち来てみ」

「でも…」

「いいから。はい、立って。はーいそのまままっすぐーまっすぐーまっすぐー」

「まっすぐ…まっすぐ…まっすいで!なんだこれ…」

「壁だよ。ちょっとやそっとじゃ壊れないから安心しろ」

「ああ…うん…」

「で、何かないか?」

「そうだな…」

 

 しばらく腕を組んで考える男。安全の担保があればそれなりに論理的な思考ができるだろう。

 

「俺のじいさんの知り合いが若い頃に山の中で熊に出くわしたことがあったらしい。その時は持ってた鎌を振り回しながら大声で叫びまくったら向こうから離れていったってのを聞かされたことがある」

「なるほど」

「ただそのじいさんの知り合いが帰ってきて話をしても誰も信じなかったそうだ。熊に会って生きて帰れるわけがないってな」

「返り討ちにしたならともかく必死の抵抗で生き延びたって話なんだから盛ってる要素はなさそうだけどな…まあ取り敢えずやってみるか」

 

 声に関しては男4人に任せれば大丈夫だろう。断末魔の代わりと思って盛大に叫んでもらおう。となると問題は武器の方だが、当然物騒なものは持ち歩いてないので殺傷能力には期待できないがあるものを利用するしかない。

 

「準備はいいかね?」

「なんで肩組まされてるんだ…」

「音ってのは空気の振動だ。当然声も音だから空気の振動が相手の耳に届かないことにはどれだけ大きな声を出そうとも聞こえることはない。ということで壁、もとい窓を解除する」

「なんだって?」

「この壁をとっぱらうのか!?」

「ああ、より大きな声を届けるためだ」

「もし効果がなくて近づいてきたからどうするんだよ…」

「そこでこれを使う」

「なんだこれは…」

「使ったことくらいあるだろう。傘だよ」

「傘ってこう…もっと長いだろう?」

「まあ見てろ」

 

 留め具を外し柄の部分を伸ばす。おおっと少し感嘆の声が漏れる。そして傘の笠をバッと広げる。

 

「……」

「なんだ?なんで黙ってるんだよ」

「いや…」

「なんというか…」

「思ったより凄くないな」

「言っちゃったよ…」

「いや、傘ってこんなもんだろ」

「でもなあ」

「と、取り敢えずこれを振り回す。無理だった場合はまた考える」

「誤魔化したな」

「悪いか」

「また考えるって人の命をなんだと思ってるんだ」

「乙女の貞操をなんだと思ってるんだ?」

「ぐぅ…」

「ぐうの音を出すな」

 

 そして実際にやってみる。

 

「「「「オーオーオオオーオオオーオオオー」」」」

「アフリカンシンフォニーかよ」

「「「「オーオーオオオーオオオーオオオー」」」」

「高校野球なんてやってんのか」

「「「「オーオー!オーオー!オーオー!!」」」」

「まあこんな感じでいいか」

 

 熊に向かって吼える4人の前に立ち、傘を構える。

 

「解除するぞ!」

 

 目の前のガラスが消え去る。これで熊との間には何もない。突進されたらひとたまりもないだろう。熊は少しビクッとしたようにも見えたがまだこちらをじっと見ているのみだ。

 

「そい!」

 

 傘を振り回す。あまり無理にやって使い物にならなくなるのも困るので遠心力にまかせて大きく、それでも速く回す。

 

「一歩ずつ前に進んで圧をかけるぞ!」

 

 一歩踏み出す。熊が一歩下がる。もう一歩踏み出す。熊がもう一歩下がる。

 

「もう一息!」

 

 大きく一歩、前に出る。熊は少し身を引くと後ろを向いて駆け出して行った。

 

「……行ったか?」

 

 熊が消え去った方向をじっと観察するが何かの影を捉えることもない。恐らくもう何も居ないだろう。

 

「お前ら、もういいぞ」

「……」

「ん?どうしたんだ?」

「良かった…」

「死ぬかと思った…」

「んな大袈裟な…って訳でもないんだろうなあ」

 

 へなへなと座り込む男達。気丈に振舞っていたリーダー格の男もすっかり魂が抜けてしまった顔をしている。

 

「取り敢えず道に出るぞ。奴さん、また帰ってこないとも限らない」

「あ、ああ…そうだな…」

 

「さてと…今回無傷で熊から逃れることが出来たが…貴重な時間をだいたい1時間程浪費してしまった。どうしてくれようか」

「どうすれば…出来ることはなんでもするが…」

「ん?なんでもするって言ったか?」

「え、いや、出来ることならなんでも…」

「そうか、なんでもしてくれるか」

「なんでもします……」

「いや〜なんか悪いなぁ〜」

 

 ここぞとばかりに上からものを言う。なんと思われようがこれくらいはしてもいいだろう。気分はまあ、悪くない。

 

「お前…」

「やめとけ、余計に何か吹っかけられるだけだぞ」

「でもよ何言われるか…」

 

 そんな無理難題を押し付けるつもりはないが。

 

「取り敢えず穏健派、お前は野菜を仕入れてこい。出来れば葉物がいい」

「いや、今日の仕入れはもう…」

「ん?」

「いえ、何も…」

「銀1もあれば足りるか?」

「やらせて頂きます!」

「現金なヤツめ…どれくらいかかる?」

「もうすぐにでも!」

「いやすぐ持ってこられても今から街に行くんだが…しなびちゃうだろ」

「ご自宅にお届け致します!」

「うーん…じゃあ日暮れ前にこの先の橋に持ってきてくれ」

「了解しました!」

 

 行ってしまった。まだお金渡してないんだけどな。

 

「…俺達は何をさせられるんだ?」

「うーん…特に何もないんだよな…」

「なんだそれ」

「基本的に自分で済ませちゃうからなあ…そうだ、今回のこと、街で言いふらしてくれよ。巫女見習いの不思議な力で熊に襲われても助かった、ってな」

「それだけでいいのか?」

「3人で真面目にやりゃそれなりに広まるだろう。今絶賛名売り中でな。宜しく頼むぞ」

「お、おう…」

「よし、じゃ、解散」

 

 少々寄り道してしまったが、野菜は手に入ったし名前も広めることが出来た。本来ならミワの名前を売り出す方が良いのだがそこに居なかった人物を登場人物に加えるわけにもいかない。神見習いの加護があったということにでもしておこう。





なぜか最新話だけPV増えてました。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
一言
0文字 ~500文字
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。