手取り14万で気弱い私が傲慢系皇女VTuberを演じて,成りあがって行く予定です (もそ動画配信者)
しおりを挟む

ねじ曲がった願いによって生まれたV

YOUTUBEの厳しさを少し書いています。

実際、それくらいの投資額をかけても伸びないVはけっこういます。


実際にVになるのは10~15万かかりますから・・・


私はロングケープアイランド王国の第3皇女~スタンフォード・アリア~。

――女子中学生のような体型で金髪のカールがかかっており、目はサファイア色で鋭いキツネ目である。白いゴージャスなドレスを着ており、わがままだと執事たちを悩まされる傲慢な皇女

 

これは私が演じる予定のVの設定であり、こういう人物になりたいという願いである。

 

ファンタジー物の作品をあまり読まない私にとって、

皇女は高貴で輝かしく、人々から羨望の目で見られている存在と思っている。

いわゆる女性なら一度は夢を見たいステータスだ。

 

リアルでは・・・

カースト制度の下の方にいる。

どんなに理不尽な指示、見下される目線なども気が弱いため覆すことはできずにいる私。

――ステータスが低めの私は自己肯定もあまり行えておらず、気が弱いからそれを望むのだ。

だから、その願いは私が一番強く持っていると思う。

 

願いを少しでも叶えるために、

ネット上だけでもカースト制度で一番上の皇女を演じてみたい。

特にわがまま皇女を選んだのは、わがままなやつに理不尽な絡みをされて、ねじ曲がってしまったのだ。

気の弱くて、ねじ曲がった自分を忘れたかった・・・

 

――しかし、そんなにひねくれた願望のみでVになろうと思うのだろうか。と正しくあろうとする自分もいる。

もしかするとそういった需要を持った人を救いたいという思いもかすかにあるのかもしれない。歪んだ経験を歩んだ私ならやりきれる自信はあった。

 

まさかね。私の場合はそんな善意なんてなくて、ねじ曲がった願いの方が強いと思うんだ。

 

その願いの強さの証明として、

Vデビューには普通10万から15万くらいで行うが、

私の場合は狂ったような大金である100万をかけている。

 

~Vになるための内訳~

〇イラスト:18万

イラストに関してはわがままさと可愛さの両立にこだわっており、自分の好きなツイッターフォロワー5万の絵師さんに依頼しており、リテイクを10回ほど出している。

 

〇Live2Dモデル:7万

笑顔のモーションよりも見下すモーションに力を入れてすぎて、モデラーさんに少し引かれてしまった。一連のモーション+見下すモーションで、表情は豊か。

 

〇ゲーミングPC:25万

 

〇マイクなどの機材台:10万

ASMRの配信も行っていきたいから、高級なマイクなどの音声機材は一通りそろえている。

 

〇防音関係:13万

もちろん、騒音問題対策である。

小型の電話ボックスみたいなだんぼっちの中で配信を行う予定だ。

念のために、だんぼっちの壁には吸音材を張り付けている。

 

〇ボイトレ系:7万

3か月間、ボイトレトレーナーに訓練法・歌・演技の指導や声質の評価を行ってもらっていた。

時たま、有名な役者・歌手にも指導をしていただく機会も作っている。

今も、だんぼっちの中でボイトレを毎日行っている。

 

〇歌ってみた系のMV(ミュージックビデオ) 5本:20万

ツイッターや生配信で気に入ってもらった視聴者を引き留めるため、自分のチャンネルの動画のトップにかなり力を入れたMVを置いてある。

普通は自己紹介を置くだろうと突っ込まれそうだが、自己紹介動画は自分が編集しており、クオリティーは高くないためである。ちなみに自己紹介は凝った編集を加えたくなく、素朴な傲慢な皇女を見せたいと思っている。

自己紹介動画はMV欄の一つ下に置いてあり、

MVを気に入った猛者がさらに中毒にさせるための物にしている。

プロの絵師や動画師さんに依頼しており、有名歌い手のMVと変わらないクオリティーである。私の歌唱力は皆無だが、MVの凄さに騙されるだろうと私は思っている。

 

 

100万という資金をかければ、チャンネル登録者数1万超えるだろうと考える人も多くいるだろう。

結論から言うと、V以外の効率的な方法なら1万人なんて簡単に超えると思う。

YOUTUBEの個人勢Vは下降トレンドであり、顔出し系や考察系の方が伸びるのである。

しかし、私はわがままな皇女を演じたいと非効率的で傲慢な願いを持ってしまったせいで、

上記の動画をあげたいと思えない。

 

先ほども述べたように個人勢Vに対して、YOUTUBEという世界は甘くはないのだ・・・

上位10%のVが93%の視聴者を独占しているという驚愕な事実がある。

その上位10パーセントの正体は2大大手事務所のVであり、個人勢がそこに入る余地はないのだ。つまり、世間一般的なイメージのVは個人勢ではなく企業勢である。

大手事務所はVの投資額は100万なんて軽く越しているし、Vとしての実力・努力量も私より圧倒的に上だと思う。

 

強者に優しく、弱者に厳しいというYOUTUBEのシステム上しょうがない問題である。

YOUTUBEで検索機能を使って動画を見つける作業はほとんど行わず、YOUTUBEのトップのおすすめ欄に載っている動画へ視聴者は流れている。

トップのおすすめ欄はチャンネル登録者数1万人越えの人がほとんどで、5000人ぐらいの人がちらっと載っているくらいである。

私みたいな駆け出しがおすすめに乗ることなんて滅多にないわけ。

だから、底辺Vは使いもされない検索機能で見つけてもらうように願うしかないのだ。

ほかのVと同じであると、奇跡的にも検索で見つけてもらっても離れてしまうため、100万をかけると暴挙にでているわけだ。

 

Vの初期投資を100万かけており、私はお金持ちだと勘違いされていそうだけど。

実際の私は、デイサービスに勤めている手取り14万の薄給介護福祉士であり、お金はVにほとんど使っており、貯金も10万とギリギリの状態・・・

幸い借金を作っていないだけましであるが。

 

そのため、贅沢のある生活を送れていないのだ。

晩御飯は、うまい棒―とんかつ味―を潰した物をふりかけにしたご飯である。

―――なんだろうか。涙で味がしょっぱくなってしまう。

ちなみに、うまい棒の1本で3回分のふりかけ・・・

こんな貧乏飯なんて食べたくないよ。

 

そんな虚しい晩御飯を食べながら、MVの再生数を確認していた。

5本とも全て1000再生超えており、一番再生されているのは4000再生と思っていたより再生されていた。安堵により涙は出ておらず、ご飯の味はいつもよりしょっぱくなかった。

 

チャンネル登録者数とツイッターのフォロワーは見たら、涙でしょっぱくなりそうだったから見ぬふりをしている。

 

1時間前に確認したら、チャンネル登録者数は303人・ツイッターのフォロワーは512人で底辺Vと自覚してしまう数字である。

 

そう、今は我慢する時期なんだ。

自己紹介動画も上げたばかりで、まだ初配信すらやっていない。

実際、初配信も滑ると思うが・・・

最初の配信はおそらく0人だろうが、一か月後には1人くらいは常連になってくれるよ。

底辺の時は、じっくりと数字を伸ばしていこう。

1000人超えたらおすすめに少し載り始めて、視聴者数も雪玉方式で増えていく。

 

そんなに数字ばかり追い求めていたら、精神がおかしくなると思った。

そして、MVに書かれているコメントを見てみた。

 

水饅頭声が素晴らしくて、ドMの私に刺さりますね。曲もダークな感じでいいですね。

 

かずやいい声ですね。くぎゅ見たいですね。

 

水饅頭今回もかわいい声で歌っていますね

 

かずやいい声ですね。くぎゅ見たいですね。

 

直哉声が素晴らしいです。AMSRを出してほしいです。

 

水饅頭歌唱力がすばらしい。

この曲のサビは難しいんですけど、これを傲慢な皇女を演じつつ歌うのはすごいですね。

 

 

 

お褒めのコメントばかりで思わず口角が上がってしまう。

視聴者数をたくさん稼ぎたいけど、こういうコアなファンに太鼓持ちしてもらうのも悪くないと思えて来た。

まるで地下アイドルになった気分になって、ちやほやされているのではないかと筋違いしてしまい気分が高揚してくる。

特に水饅頭さんからの応援コメントがすごいわ。すべての動画にコメントしてくれるし、ありがたい。

少数精鋭の褒めてくれる視聴者が集まった国を作っていくと魂である田中瞳は無理やり奮起している。

 

初めての生配信を今からやるためには、気分は高めておかないといけない。

 




上位10%のVが、93%の視聴者を独占しているという驚愕な事実のソースですね。
https://www.youtube.com/watch?v=5VVrjBbD3Cs


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

スタンフォード・アリアとしての世界観を見せてあげるわ!!

フォントはいじっています。
理由としては、vとしての声質を私の文章力で再現できないからです。

特殊な声なので、フォントはできればいじりたい。

皆様の反応次第でフォントはそのままにすることも検討します。


第3皇女~スタンフォード・アリア~@Aria₋Stanford

下民ども、ごきげんよう♡

初配信は楽天堂から発売されているあの名作をプレイするわ★

 

https://www.youtube.com/watch?v=wdsVV

 

♲3     ❤10

 

 

私の初配信は楽天堂から発売されているマリモ64を行う。

―――今まで2Dであったマリモが初めて3Dになり、アクション性が格段に上がった名作である。ちなみにアクション性の高さや人口が多いため、RTAなども盛んに行われている。

 

まぁ~、私はプレイしたことがあるが。

なんとかピンキー姫を救えたところまでプレイしており、完全にやりこんでいない。

でも、このゲームで一時間話せる自信はあった。

だから、小さい頃の私が苦戦しながら攻略したステージで遊べると思うとワクワクしている。

 

実際、底辺Vの初配信で視聴者が来るとは思えないが、仮想の自分を演じながらあの名作をプレイできるだけでも楽しいと思える。

 

楽しいという思いが先行しつつ、配信を開始した。

 

――――――――――――

 

「おっほほほ、ごきげんよう。ロングケープアイランド王国の第3皇女~スタンフォード・アリア~ですわ。下民どもと過去の名作をプレイさせてもらうわ。ちなみに、その時生まれていないから初見プレイしてきますわよ。」

 

リアルで憧れていた傲慢のロリ系お嬢様に成り切っており、正直気持ちよくなっている。

―――今の私は、

認知症の高齢者にへこへこしない弱い私ではないし

米をうまい棒でかけて食べる貧乏な私でもない。

 

こんな解放感は自分しか味わえないだろう。

なぜなら、底辺Vであるから視聴者は0人で見てくれる人がいないからだ。

がっかりしながらコメント欄を覗くと

 

水饅頭生歌とツイッターしか見れていないけど、こんな素晴らしい声をなさっているんですね。アリアお嬢様~

 

あの有名な私の追っかけファンである水饅頭さんのコメントが1つ湧いているのである。

コメント数ゼロを想定していた私にとってうれしさでのたうち回れる。

 

しかも、声に関してのお褒めのコメントであり

声と演技高額なお金3か月間払って磨いたことが初めて報われた気がして。

涙が出そう。

「水饅頭よ。わたくしがツイッターで初配信を行うと告知したのに、配信開始前からコメントがないのは何事か。」

 

ずっと追いかけてくれた水饅頭さんのために、

沈黙を破ってくれたコメントに対してわがまま皇女を演じる私は罵った。

特殊な性癖にターゲットをしぼった配信者としての唯一無二のファンサービスである。

 

 

水饅頭さんごめんね。

私さ、演技の才能はないから。

うまくできないと思うんだ。

でも、必死に追いかけてくれた水饅頭さんのために演じ切ってみせるから。

 

わざわざ来ていただいた水饅頭さんに感謝と謝罪の気持ちが織り交ざってしまい、

いつもの弱い自分が出てきた。

忘れたかった自分がなんで出てきたんだよ!!

Vになって弱い自分を捨てたいんでしょう。

と弱弱しい自分をアリアは否定しているようだ。

 

―――いや、この態度こそ失礼だ。

気が弱い自分じゃなくて、高貴でわがままなアリアに期待してくれているんだ。

 

自分の中で熱い思いが全身に回り、脳内のスイッチが切り替わったような音が聞こえた。

弱い自分が完全に消えきって、アリアの魂に転生したような感覚になった。

スタンフォード・アリアとしての世界観を見せてあげるわ!!

 

この時からスタンフォード・アリアは私に憑依し、私の魂は肉体の近くで配信を見持っている。

 

 

水饅頭アリア皇女申し訳ないです。次は早く来ますから。

 

 

「本来なら極刑だけど。いいわ。それよりゲームをしましょう。」

アリアは配信の進行を気にして怒る気にもならないのだろう。

これ以上いじってもグダグダになるだけと察し、ゲームをすぐに開始したようだ。

 

ゲームの起動音、マリモがピンキー城に向かう姿、子守唄のような穏やかなBGMは懐古厨である私の涙腺にくる。

アリアはこのゲームの発売日の10年前に生まれており触れる機会はない。

だから、アリアは初見プレイである事実が正しいのだ。

アリアでは懐かしむことができないことは、懐古厨であるもう一人の私にとってきついお仕置きだ。

また、魂の私が憑依してしまいそうで怖い。

 

 

ようやく操作できるようになっており、ピンキー城へとマリモは走っている。

 

「このお城は、以前住んでいた所みたいね。懐かしいわ。」

アリアは、懐かしむようにしみじみしながら言った。

魂である私の懐古心を紛らわすためにわけの分からない設定を投げるようにアリアに指示を出している。

こうでもしないと、懐古厨の私が暴走しそうで怖いからだ。

 

 

水饅頭アリア皇女はやはりお金持ちなんですね。

 

 

「そうでもないわよ。おほほほほほ。城の2つくらい。当り前ですわ。」

お嬢様が庶民に自慢する嫌味な笑いをアリアは行った。

アリアちゃんの魅力を引き出すためにその笑い声の練習は1日20回はやっている。

――まるで、教育熱心な親みたい。

アリアちゃんのその嫌味な自慢は、魂である自分にもぶっささるわけだ。

 

魂である私の住んでいるところは・・・

坂と階段しかない長崎県のとあるど田舎の中にあり、

長い坂を上った後、路地裏を入り込んで階段40段上った所にあるアパート

―――月4万の激安ボロアパート

お城とは、正反対の所に住んでいるわけだ・・・

 

 

ゲームは進んでおり、マリモは城の扉を開いた。

「ここから伝説の開始ね。」

アリアは堂々と言っており、何かを伝説を残そうと奮起しているのだろう。

 

アリアちゃんと私にとって初配信であり、これから新しい幕開けだ。

だから、胸が躍る気持ちとずっと続けられるのであろうかと不安の気持ちが交ざっており、凄く複雑な気持ちになっている。

 

―――城に入った瞬間。

ピンキー姫はゴンザレスというカメ型怪獣にどうやら攫われたといつもの流れを執事に説明された。

 

「毎回、さらわれてるなんて。お粗末なセキュリティーなの?私の兵士を10人くらい渡しましょうか?」

 

アリアは見下した笑いを出しながら、いつもの流れにツッコミを入れていた

 

魂である私は気が弱くて、こんな上の身分の人にこんなツッコミはできない。

アリアちゃんはやっぱりすごいわ。

 

 

水饅頭ツッコミが面白すぎて草です。

玉ねぎ戦士見下すモーションが凄すぎて草なんだ。

 

 

アリアはこのツッコミが滑るのではないかと少し不安に思っているが、うけたみたいでうれしかったようだ。

 

「ふふん~、城の中を探索よ。」

ツッコミをほめられたことにアリアの声から喜んでいることは、魂である私も分かる。

親心からか、魂の私もうれしいです。

 

設定ではアリアは初見プレイなので、城の中を探索させていた。

―――アリアちゃんに早くステージを見せたいという気持ちは抑えている。

全てが懐かしい風景で魂の私は心が震えており、魂が暴走してしまい懐古話が出そうで怖い。

 

アリアは城を探索していると。

ところどころ入れない扉があり、それらの扉を開くにはパワーストーンが必要だと分かった。

 

「なるほど。パワーストーンを集めないと扉が開かないのね。唯一手掛かりがありそうな部屋と言ったら、ここしかないね。」

考え込みながらアリアは、緑の葉っぱが生い茂る山が書かれている大きな絵画が1枚ある部屋に入った。

 

絵画からステージに行けるわけだが、アリアちゃんがどんな反応をとるかは楽しみである。

 

魂である私の予想通り、ゲーム的に最も怪しそうな絵画に考え込みながら近づいていた。

 

アリアの操作するマリモが違づくことにより絵画の表面が波紋を起きたように動いた。

まるで異世界へ誘っているようで、ワクワク感が半端ない。

 

「えっ、なにこれ。凄いわ。まるで魔法の世界ね。」

アリアは初めての光景で期待通り驚いた。

 

 

水饅頭ここの絵の揺らぎは興奮するよね。まるで異世界転移するみたいだもんね。

にゃんにゃん丸最初は、ここで感動するんだよね

 

 

視聴者の皆様もここで興奮したみたいだ。

魂である私と話が合いそうで、私も少しにっこりしている。

 

「絵に飛び込めってことなの?

絵の中の世界にいくって面白いわ!!

早速行かせていただくわ。」

子どものように目を輝かせてながらアリアは絵の中に飛び込んでいった。

 

絵画に入った瞬間

―――緑が生い茂っており、小鳥たちが歌っているのどかな山の中にマリモは存在していた。

 

「すごい。これが現代風の転移魔法を受けた感じね。噂に聞いていたけど、ゲームって素晴らしいわ。」

アリアは初めての体験に、宝石のように目を輝かしており胸躍っていた。

 

 

にゃんにゃん丸転移魔法か。面白いなw

水饅頭 アリア様のプレイを見ていると、初見の気持ちを思い出せていいですね。

 

 

本当に転移魔法っていうVも珍しいね。

設定を遵守する系のVはいないし、珍しがるのも分かるわ。

ただ、アリアちゃんの場合は設定とか言いたくないのだけど・・・

―――アリアちゃんは目の前にいるのだから。

 

山の頂上にいるボールキングが山を支配しているとNPCから情報をもらい、山を登っていった。

最初のステージともあり、敵キャラは一度踏めば倒せるし激しい攻撃はしてこないし、目立ったギミックもみられていない。

正直言って、初見でも楽勝な山登りである。

 

「さすがに、最初のステージね。簡単すぎて、ピクニックとほとんど同じね。ここは、軽快なbgmでも楽しみながら登りましょう。」

さくさくプレイにご満悦なアリアは黙々と山を登っていった。

 

たくわんここの音楽好きだわ。

水饅頭すごいですね。ここまでノーミスじゃないですか。

 

ここの視聴者はアンチコメントを一つも打たずに、黙々と見守ってくれてありがたい。

少ししかコメントはないけど、アリアちゃんもうれしいんじゃないのかな。

 

そうこうしているうちに、黒い球に短い手足がついているボールキングが支配している山頂にたどり着いた。

 

「おやおや、山頂にたどり着いたみたいだね。

背中以外は無敵であり、どんな攻撃を受け止められるぞ」

ボールキングが偉そうに言っているが、弱点は丸出しである。

 

「おほほほほ、弱点を丸出しね。ここはサクッとクリアしてきましょう。」

 

にゃんにゃん丸弱点丸出しで草

水饅頭アリア様やっちゃいましょう。

 

アリアは簡単に背後に回り、攻撃を行った。

そして、最初のボスということもあり、すぐに撃破した。

 

「ごめん、パワーストーン1枚しか取れていないけど、初配信で疲れちゃった。だから、配信をやめるね。」

疲れ切ったアリアは配信を切ってしまった。

 

 

たくわんお疲れ様です

水饅頭次も楽しみにしています。 お疲れ様です。

にゃんにゃん丸お疲れ様~~

 

 

配信が終わったせいか。

アリアちゃんはここにおらず、気が弱い私はここにいる。

私は、アリアちゃんの状態を整理している。

 

ゲームはサクサクと進んでいるが30分ほど時間はかかっており、初配信でいろんな刺激が多くアリアちゃんにとってきつい物だ。

刺激の中で一番つらいのはコメント対応だろう。

―――コメントを拾う集中力・この場を盛り上げる判断能力が必要。

アリアちゃんは声真似配信を3年続けてきた私よりうまく視聴者とやり取りができており、初配信でここまでやり切れるのは素晴らしいことだ。

つまり、私のマネジメントがしっかりすれば大物配信者になれる逸材だと思う。

 

もちろん、常時接続者数5人と少ない過疎配信の結果を見てもその結論は変わらない。

 

 

 

 




これは、憑依ものですかね?
正直、ここの表現は難しい・・・


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

■ やはり、私はアリアちゃんではないのだ・・・

リアルパートを入れています。

理由としては、気が弱い私からの内面的な成り上がりを書くためです。


■はリアルパートという意味です。


私はアリアちゃんの配信でかなり疲労感が残っており、布団に横たわっている。

疲労感ですぐに寝たいと気持ちは確かに強いが、それよりも自分が思った以上に歪んでいないことに安堵している。

気が弱くて理不尽なことを覆すことができない弱い自分から逃げるために、

ネット上だけでもわがままな皇女を演じたかった。

歪んだ理由のみでV活動をしていると思っていた。

 

しかし、あの時の水饅頭さんのコメントで私の中で人を楽しませたいと気持ちが湧きだしてきた。

 

アリアちゃんの魂は、歪んだコンプレックスと楽しませたいという深層心理が交ざって誕生してくれたと思われる。

自分の深層心理に触れているためか。知らない自分を見つめている気分になっている。

実際に、演じているというよりか自分に憑依されたような感覚に落ちていた。

いや、バーチャルな自分を眺めている気分に近い気がする。

 

それにしても・・・

皆を楽しませたい気持ちがあったことを気付かせてくれたアリアちゃんには感謝したい。

それと同時に妬ましい気持ちも若干だが、高貴的にかつ自信をもって発言するアリアちゃんに対して嫉妬心もある。

それでも、感謝の気持ちの方が強くある。

 

きっと、同時接続者数1000人超えられるだけのポテンシャルはあると思う。

アリアちゃんはわがままな皇女だから、視聴者数を稼いでいかないとね。

私のマネジメントを磨いていくしかないと決意を固めた。

 

その決意を固めている間に深い眠りに入っていた。

 

 

――――目覚まし時計が鳴り、朝になっていた。

今日も、疎ましいデイサービスの出勤日である。

昨晩のようにアリアちゃんのマネジメントをしていきたいと思うが。

それでは生きるための日銭を稼ぐことができずに共倒れになってしまう。

しょうがないと思う反面、YOUTUBEの収益化ができればいいと思ってしまう。

 

 

生きるためにデイサービスにしぶしぶ向かっている。

――――長い坂を下り、とある私立高校生たちの登校しているうるさい満員しているバスに押しつぶされながら乗っている。

やがて、少し大きめな洋風な家にたどり着いた。ここが私の疎ましくて憎たらしい職場である。

 

いつものように打刻機にタイムカード入れて更衣室に向かい、着替えようとしていた。

横からドスドスと大きな足音が聞こえている。

やはり、憎たらしい同期の茶髪で昔人をいじめていたと連想させるような目が鋭い山田が声かけられた。

正直、この油っぽい人間を見るとむかむかしてきて、気分が悪くなってきた。

 

「おはよう。田中。今日の体操変わってくれない?私さ、書類たまっているからさ。」

山田は、いつものように脅しかけてきた。

 

医療・福祉系の仕事は患者と付き切りになる場面が多くなり、書類業務のみ行う時間の確保は難しい。

書類業務の消化方法としては、

① 残業

② 利用者を遠位監視しつつ書類業務を2重に行うこと(認知症の利用者の場合は、勝手に動き回ることがあるため常に神経を研ぎ澄まさないといけないが、)、

③ 1人のスタッフが利用者全員とレクレーションをやっている隙に、書類業務を行うことである。

 

③が一番楽な方法で、残業時間を減らしたいためこの方法を取りたがる。

だから、山田は朝行う利用者全員との自分が行うべき体操という仕事を私に押し付けようとしている。

 

ふと、山田の様子を見ていると・・・

朝の時間がないため爪のネイルもあんまり塗れていない上に、目が充血していることから徹夜していることが想像される。

言葉の語尾がいつもより荒いことから、どうやら徹夜してソシャゲのガチャを外したと予想している。

こういう山田は、オークのように荒れ狂っているのだ。

 

そういう人間観察を行っていき、危機回避を行ってきた。

だから人間観察や分析などは人より得意と言われ続けており、尊敬されることが多い。

機嫌取りの気の弱い人間が生きる方法としての生存法であり、人に誇れるものではないのだ。

こんな気が荒いオークに対して、私は言い返すことができない。

気が弱い私は言い返すことができずに理不尽だとわかりつつ、受け止めてしまった。

 

「いいよ。」

気が弱い私はボソッと答えてしまった。

いつものことだが、少し泣きそうになっていた。

 

「ありがとう」

全く感謝の気持ちが籠っていない感謝をされてしまった。

山田は、ドスドスと音を立てて、更衣室を出ていった。

 

 

この弱弱しい姿をアリアちゃんに見られてしまった気がした。

「あんなオークみたいな女に負けるんじゃないわよ。

それでも私の創造主なの。情けなくて涙すら出ないわ。

もっと堂々としなさいよ。」

アリアは気が弱い私に説教してくれた気がする。

アリアちゃんは私なら変われるとどこかで思ってくれているが、私の長年付いた弱腰は取れないよとがっかりしながら答えた。

 

 

――――時間は流れて、疎ましくて憎たらしい労働は終わった。

山田とのやり取りで自分は強くないと自覚してしまい、弱い自分から逃げるために

だんぼっちの中に入り、配信の準備を行った。

 

やはり、私はアリアちゃんではないのだ・・・

 




こういういじめはあるあるかなと思います。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

もちろんよ。ここはヴァーチャルの世界なの。

第3皇女~スタンフォード・アリア~@Aria₋Stanford

下民ども、ごきげんよう♡

今夜も、マリモ64をプレイするわ★

来ないと、許さないからね。

https://www.youtube.com/watch?v=wdsVV

 

♲2     ❤6

 

昨日に引き続き、マリモ64をプレイしている。

なぜ、雑談配信を行わないかというと

リスナー0人状態だとコメントがない状態で話し続けてしまい、間が待たない。

ゲームだとコメントがなくとも画面が動いているため、とりあえず間はもつのだ。

雑談はゲームしながらでも可能であり、雑談単体でとる必要性は薄くなってしまうのだ。

声真似配信を行っていた時、雑談配信で全くコメント無い虚無配信を行った実体験から来る持論である。

 

アリアちゃんの配信スキルでは雑談配信を行えるだけの実力はないと考えている。

昨日の配信は視聴者が5人くらい来ており、コメントを常に打ってくれていたから間が持っただけだ。特に水饅頭さんには助けられている。

トークスキルもリスナー数も安定していない状態では、雑談配信をアリアちゃんに勧めることはできない。

 

いろいろと考えていると、配信の時間に入った。

 

 

――――――――――――――――――――――

 

 

「おっほほほ、ごきげんよう。ロングケープアイランド王国の第3皇女~スタンフォード・アリア~ですわ。

下民どもとマリモ64をプレイさせてもらうわ。」

アリアは今宵も高貴かつ自信をもって発言している。

 

水饅頭今日は、配信開始前から来ましたよ。

にゃんにゃん丸こんばんは!

 

配信開始ともに視聴者数2人と表示されて、コメントも少し出ている。

視聴者数0人ではないため、アリアは少し安堵した。

 

「おっほほほ、水饅頭とにゃんにゃん丸は私の配信を楽しみなさい。」

 

「それよりさ。ゲームのどう行動しましょうか?

山のステージを進める?それとも1枚のパワーストーンを持っているし、城を探索する?」

 

水饅頭私はどちらでも構いません。

にゃんにゃん丸城の探索すればいいんじゃないかな?あそこの山のステージは、積んだ時にパワーストーン稼ぎに来ると思うし。

 

「城を探索していくわ。

とりあえずは、パワーストーンが1枚あればいける扉があったからそこに向かいましょう。」

 

パワーストーンが1枚以上もっていないと開かない扉にマリモが手をかざすと心地の良い効果音が出て、扉が開いた。

 

「このゲームは、効果音とか演出が凝っていて、やっていて楽しいわ。」

 

水饅頭そうだよね。このゲームで楽天堂は世界の企業になったからね。

たくわん効果音がすばらしいよね。このゲームを参考にして効果音とか作っているって言っても過言ではないからね。

 

マリモは部屋に入ると、海底をイメージするような絵画が飾られていた。

 

「また、この絵で異世界転移されるのね。」

わくわくした感じでアリアは言いながら、絵画の中に入り込んだ。

暗い洞窟の中の入り江で、海賊の財宝などありそうな神秘的な雰囲気がでている。

 

「すごいわね。山の次は海か。」

入り江の神秘的な雰囲気に感動しているアリアは思わずうっとりしている。

 

水饅頭ここのステージの雰囲気は好きだわ。

たくわん海賊が好きな自分にとって、一番好きなステージです。

 

「そういえばさ、山と海のステージをしているけどさ。みんなどっちはなの?

私は海派ね。だって、私の国は海に面していて海の食べ物がおいしいから。」

 

ちなみに、魂である私も海派である。

長崎の遊ぶ場所は野母崎や脇岬などの海でよくあそんでいたからである。

 

 

 

水饅頭アリア様、すみません。ひきこもりなのでインドア派です。

たくわん山かな。昆虫とか好きだし。

にゃんにゃん丸海はトラウマがあるから山ですかね。

 

「にゃんにゃん丸さ。トラウマってなにかあったの?

言いたくなかったら、遠慮しなくていいわ」

アリアはにゃんにゃん丸のことを心配そうに気にかけていた。

ただの傲慢な皇女様としか思っていた私はこの心配しているアリアちゃんの姿にびっくりしてしまった。

 

にゃんにゃん丸ここなら言える気がしますから、言っていいですか?

 

魂である私は、にゃんにゃん丸さんはいつも敬語を使っていない印象がかなり強かったため。いきなり敬語を使うということは相当重いトラウマが持っているのではないかと考えている。

 

「もちろんよ。ここはヴァーチャルの世界なの。

リアルとは少し違った歪んでいるけど素敵な世界よ。

誰もいない世界だからさ、遠慮なく語りなさい。」

アリアはわたしなら受け止められると自信は丸出しである。

 

魂である私はその発想がでなかった。

リアルの世界とは違ったヴァーチャルな世界に来ており、みんなは現実から逃げたいという気持ちが少しはあるんだ。

私だけではなく、ここのリスナーもそうだったのか。

つまり、ただのネット配信だからではなく、そういうのを心の底では求めているのか。

一瞬、山田に体操を無理やり押し付けられたリアルを思い出した。

改めて、リアルは窮屈だなと魂の私も思ってしまった。

 

にゃんにゃん丸のトラウマを受け止める覚悟をアリアは作っていた。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

恐怖があるから、勇気という反対の言葉があるの。

アリアは、にゃんにゃん丸のトラウマを受ける準備を行っていた。

 

 

にゃんにゃん丸1か月前に付き合っていた彼女がいたんですけど、海のデートで振られたんですよね。この時の思いが忘れきれないです。

 

「なんで、振られたの?」

アリアはどこかたどたどしくなっており、傷を広げないように彼女なりに配慮しているのだろう。

このたどたどしさは、ここの洞窟内の入り江であるステージの虚しさとbgmの神秘でより引き立っている。

 

にゃんにゃん丸分からないです。突然言われてしまって、頭が真っ白になったんです。

 

「なるほどね。新しい女でも作りなさいというのも野暮かもしれないわ。

よりを戻したいとあなたは願っているのね。」

アリアは真剣になって考えており、解決案を探しているみたいだ。

 

にゃんにゃん丸そうです。自分でも分かっているつもりなんですけど、振られた理由が聞けないんですよ。

 

「いきなり聞けというのは難しいよね。

私は傍若無人ってことは認めているけど。臆病者なの。」

アリアは、声が震えていた。

どうやら、アリアは自分が臆病という事実を口に出していうことに

相当な勇気を出していたみたいだ。

 

魂である私はアリアちゃんが臆病者である事実に驚愕しているが・・・

それより、アリアちゃんがおそるおそる口を開いている姿に勇気付けられた。

弱い物が大きな恐怖に戦う姿は、ルサンチマン的な思考を持つ私に突き刺さる。

 

「常に恐怖と闘っているの。今日の配信もコメント0だったら、配信できるか不安だったし。

雑談配信で視聴者数0だったら虚無配信になっちゃうし、実際にゲーム配信にさせてもらっているしね。

恐怖があるから、勇気という反対の言葉があるの。」

アリアはおびえつつも大きな何かと闘おうとしている。

弱者の勇気を見ていると、魂である私も闘わないと自負してしまう。

 

にゃんにゃん丸ありがとうございます。私も恐怖と闘ってみますね。

明日、振られた理由を聞いてみようと思います。

 

「砕けたらここに来なさいよ。

ヴァーチャルの世界でなら、愚痴こぼしていいからさ。」

アリアは姉貴分になったつもりで笑っているつもりであるが、自信がないことからくるぎこちなさがでている。

そのぎこちなさは、魂である私にしか見えていないのだろうか。

これが、闘うということだ。

 

にゃんにゃん丸そうさせてくださいw

水饅頭人生相談の配信でいいですね。アリア様の心の強さが垣間見えていいですね。

 

「無駄話をしたわね。

マリモが棒立ちになっているのも、従順な犬みたいでいい感じだわ。」

アリアはマリモに対していつものように嘲笑っている。

人生相談で重くなった空気を変えようとし手の行動であり、アリアなりの配慮だろう。

 

たくわんいつもの空気にすぐになって草

水饅頭アリア様のS系のセリフはたまらないです。

 

「早速進めるわ。」

深淵につづいている神秘的な海水の中にマリモを泳がせた。

2分くらい泳がせていると、グロテスクな大きいウツボがくねくねと気持ち悪く泳いでいる。

 

「気持ち悪!!!」

アリアは血の気が引いた顔になっており、近づきたくなさそうです。

ちなみに、魂である私もこのウツボは苦手で、ウツボ関係のパワーストーンを取れていないわけだ。

 

 

玉ねぎ戦士女の子はここが苦手な人多いよね。

水饅頭確かに気持ち悪いですね。

 

よく見ると、ウツボのしっぽにパワーストーンが一枚くっついていた。

おそらく、しっぽに回り込めばクリアであろうとアリアは理解したが・・・

 

あのくねくねしている蛇みたいな泳ぎ。

あのどんよりとしている瞳。

触れただけでぬるっとしていそうな感覚。

それらの要素が、アリアをウツボから遠ざけようとしている。

ゲームと理解していても触りたくない。

 

放送画面上では、かなり嫌がっているアリアの表情が写っていた。

モーションにはほかのVより2倍くらい投資しており、より鮮明に嫌がる顔が映っている。

 

水饅頭ここから逃げて、別のパワーストーンを取っていきましょう。

 

「ばかじゃないの。目の前にパワーストーンあるし、すぐに取れるでしょう。

私が怖がっているように見えるの。そんなこと全然ないから。」

アリアは強がっており、ウツボのしっぽに向かいながら泳いでいる。

泣きべそを少し浮かべながら、ゆっくり泳いでいるウツボに勇気を振り絞って近づいていた。

 

魂である私は、アリアがそこまでする理由が分からなかった。

別の所で、パワーストーンを取ればいいと思っていた。

 

ふとあるコメントが見えた。

 

にゃんにゃん丸私のために苦手なウツボと闘っているのですか?

闘うことの見本を見せるために。

 

アリアはただパワーストーンがあるから全力で泳いでいるのではなく、にゃんにゃん丸さんに戦うという意味を教えるために泳いでいる。

 

これは、アリアにとって応援である。

 

 

アクション要素はかなり薄いため、パワーストーン自体は簡単に取れてしまった。

―――私ですら、とることができなかった。

 

これがアリアが見せたかったものなのか、



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

■私の魂としてしょうがないから認めてあげるわ

文才のない私が、文学的な表現しています。
理由は、魂である私の勇気はあるけど、不安な一面を引き出したいからです。

まだ表現しきれていませんが、描写力を上げるために頑張ります。


「今日は、配信やめるね。」

アリアはウツボで疲れ切っているためか。すぐに配信を切ろうとしている。

 

にゃんにゃん丸お疲れ様です。

水饅頭アリア様、お疲れ様です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

私は配信が終わって一息ついており、アリアちゃんについて考えていた。

アリアちゃんといっても、私が無理やり作った2重人格みたいなものだ。

昔できなかったウツボのところを、涙組みながらクリアできている。

それは小さな変化であるかもしれないが、トラウマにとりあえず打ち勝っている。

 

いや、ヴァーチャルの世界による自分の深層心理の暴走である。

つまり、アリアちゃんの必死なにゃんにゃん丸さんへの訴えだ。

にゃんにゃん丸さんのために頑張っているアリアちゃんは魂である私にも突き刺さり、恐怖に対して闘わないといけないと思った。

 

だから、気が弱い自分を消すように努力していきたい。

 

その決意を込めて、布団に入った。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――

目覚まし時計が鳴りやんでしまった。

今日も、疎ましくて憎たらしいデイサービスへの出勤の準備を行っている。

このネガティブな気持ちが昨日の決意を削り落としていき、現実世界へたたきつけてしまう。

長い坂や満員バスへのストレスで、昨日の決意はほとんどなくなってしまっている。

 

更衣室に着いていると、自分の意志の弱さに、「はっ~」とため息をついてしまう。

 

横からドスドスと大きな足音が聞こえている。

どうやら、山田がこちらへと向かってきているようだ。

 

「おはよう。田中。今日の朝の掃除やってくれない?」

山田は、昨日同様に脅しかけてきた。

 

いつもの臆病者の習慣で、山田の様子を観察・分析を行っている。

昨日と同様に、朝の時間がないため爪のネイルもあんまり塗れていない上に、目が充血していることから徹夜している。

言葉の語尾がいつもより荒いことから、どうやら徹夜してソシャゲのガチャを外しており、昨日と同様に機嫌が悪いみたいだ。

 

私は言い返す気力はなかったが・・・

 

山田の目が、徹夜でどんよりしており昨日のウツボの目にみえてきた。

この目をみていると昨日のアリアちゃんの勇姿を思い出した。

 

「恐怖があるから、勇気という反対の言葉があるの。」

アリアちゃんの言葉が心から蘇ってきた。

 

今まさに、恐怖にたたきつけられようしている。

だから、わずかな勇気を一滴しぼらないとアリアちゃんに顔を合わせないと思った。

その言葉で、私はちょっとだけ反抗していこうと思ってしまった。

 

「いやです。」

もぞもぞしている私は聞こえていないくらいの声で言い返した。

これこそ、気が弱い私による人生初の反論だ。

 

この一歩は、果てしなく小さいかもしれない。

でも、私の心の中では魂のこもった重さがある一歩だ。

この重さには意義があるかは分からないが、意味ならたくさんある。

――――気が弱くて重い脚から出た一歩。

――――弱者が後ろへ逃げず、地面にへばりつけるために重く踏むこんだ一歩。

――――アリアちゃんへの誇りを持ちたいと重い気持ちを持った一歩。

 

意味はあるため新しい自分に変わろうとしているが、意義は伴っていない可能性があるため私の人生の為であるかは分からない。

 

しかし、アリアちゃんが引き出した一歩だから、私が成り上がるための一歩にしたい。

 

「聞こえないんだけど?」

山田は、不機嫌そうに言っている。

 

「私は掃除をしたくありません。書類がたまっていますから。もし押し付けるなら、労組に訴えます。」

 

「分かったから、私がするから」

山田は少しびっくりしており、足がすくんでおり、膝が笑っている。

 

私はこの場を静かに去って、面倒くさい書類業務に取り掛かろうとしている。

書類業務を行っている時、誰かに肩を叩かれた気がした。

 

「やれば、できるじゃない。

私の魂としてしょうがないから認めてあげるわ。

マネジメントはミジンコレベルだし、面白い企画も立てきれないダメな魂よ。

でも、闘おうとしている弱いあんたが強いオークみたいな女と戦っている姿は、ちょっとだけど胸に響いたわ。」

リアルの世界なのに、アリアちゃんが褒めてくれた気がした。

 

高貴で自信を持ってくれたアリアちゃんに褒められることがうれしくて、その日の仕事が早く終わった。

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

にゃんにゃん丸さんはこの後の配信に来ており、魂である私は詳細を覚えていないが・・・

 

にゃんにゃん丸現実はクソですね。でも、吹っ切れた気がします。これからはアリアの下僕として頑張ります。

 

アリアは物寂しそうな顔になっていた。

しかし、にゃんにゃん丸には励ましではなく罵ってあげた。これが彼女の誠意である。

 

彼女はわがままで傲慢であるが、視聴者に何かを残したいという気持ちは人一番に強いと思う。

実際に、にゃんにゃん丸さんと私に勇気を残してくれて、リアルに踏ん切りをつけてくれた。

 

アリアちゃんの存在意義は、

きっとヴァーチャルの世界で視聴者のリアルの世界を変えるためだと錯覚してしまう。

 

だから、最初はアリアちゃんに逃げてもいいかもしれないが。

いずれ、アリアちゃんはリアルと闘うことを教えてくれるのだから。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

うるさい。うるさい。うるさい。

マリモ64を1か月間プレイしているがチャンネル登録者数・同時接続者数はわずかにしか増えていない。

 

チャンネル登録者数は303人→310人

同時接続者数5人→8人

 

これには、少しため息が出てしまう。

水饅頭さんは毎日来てくれているが、その他視聴者が毎回きてくれるわけではないのだ。

 

毎日配信しまくっても伸びないのは、過疎YOUTUBEあるあるである。

毎日配信は大手がやっており、過疎が後追いでやってもだれも見ないのだ。

私は過疎を脱却するために、大手YOUTUBERの一般応募企画を検索して探しており、売名できないかと考えていた。大手に売名するのは過疎が成り上がる一番いい方法である。

 

大手Vがそういった募集を行っていなかったかを探っているわけだ。

ふと気になるツイートを見つけた。

 

 

声真似主ピッケル@Pikkru-Voice

私の配信にて30人で声真似大会します。

そのためオーディションを行います。詳細は以下の動画にあります。

私もVTuberとして活動しているので、VTuberを積極的に採用します。

https://www.youtube.com/watch?v=wdsVa

#声真似 #VTuber

♲670     ❤1543

 

2年間声真似してきた私にとって、チャンスのある売名企画ではないかと思ってしまい、動画を見ていた。

そして、応募のやり方は理解したため声真似の応募配信を行う。

 

第3皇女~スタンフォード・アリア~@Aria₋Stanford

下民ども、ごきげんよう♡

声真似配信を行っていくわ。

https://www.youtube.com/watch?v=wdsadV

 

♲3     ❤8

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「今日は、ゲームではなくて声真似配信を行っていくわ。」

高貴かつ自信をもって挨拶をいつものようにしているアリア

―――1か月間でキャラクターとして確立できており、いつものようにという感覚を持ってるいうのに感動している魂の私。

 

にゃんにゃん丸マリモじゃないの。初めてじゃない?

水饅頭アリア様、麗しい声で声真似とかすばらしいです。

 

「声真似配信だけど、少し違うの。声真似企画があってね。オーディション用の音声を作っていこうかなと思ってね。」

アリアは今回の配信について説明を行っている。

 

たくわんそうだよね。ソロ配信ばかりでは伸びないもんね

水饅頭ほかの企画へ参加することは素晴らしいです。

 

チャンネル登録者数を増やすための売名行為を視聴者も賛成してくれていることは正直ありがたい。

過疎配信者の視聴者層には自分だけ見てほしいという自己主張の強い層も確実に存在している。

そういった視聴者層が邪魔してくることはかなりあるが、今回はそんなことはなさそうだ。

 

「まず、悪役令嬢だったけど土魔法を強化しまくった結果~ヒロインより目立ってしまった~のマリアやるわよ。」

 

ドラゴン先輩タイトルが長くて草です。

水饅頭アリア様、同じ皇女として決めてください。

 

「あらま~。このゴーレムに犯されるか?私の下僕として働くのどちらがよろしくて?」

 

水饅頭アリア様、ドS演技がすばらしいです。

たくわん本家より好きだけど。声真似としてはね・・・

にゃんにゃん丸本家は越えている。演技がうまいですね。

ドラゴン先輩演技はすばらしいです。声優交代で。

 

本家越えというコメントが埋め尽くされるのを見ていると、

魂の私はこういう演技に関して10時間くらい練習しており、努力が報われた気がした。

ちなみに、うれしいと魂の私ははしゃいでいます。

 

「うれしいこと言ってくれるじゃないの。

当たり前ね。新人声優では、私みたいに高貴な演技はできないからね。

しょうがないわ。

でも、声真似として使えないわね。」

かなりうれしかったのだろうか。アリアも声とモーションから照れが出ている。

魂の私も、アリアちゃんのリンゴのように赤くなった顔にかわいらしさが出ており、一生箱入り娘にしたいと思わせる。

 

 

水饅頭アリア様が初めて照れてくれた。

たくわん不覚にもかわいいと思ってしまった。

にゃんにゃん丸いつもつんつんしているから、照れている時がかわいくみえるね。

ドラゴン先輩照れているアリアちゃんもかわいいです。

 

「うるさい。うるさい。うるさい。

可愛いって当たり前ですからね。

そんなんで照れるわけないでしょう。」

照れているのを必死に隠そうとしてアリアが怒り散らかっている。

この可愛らしさは愛おしいと魂である私は愛でていました。

 

水饅頭今のうるさい。はシャルじゃない?

にゃんにゃん丸ツンツンしているのは炎柱のシャルでしょ。

たくややっぱり、釘木さんの声に似ていますね。

「炎柱のシャル?」

アリアは、知らない言葉に対してクエスチョンマークを浮かべていた。

 

炎柱のシャルは10年前に放映された神アニメ。

ツンデレというワードを流行らせた一世風靡した作品である。

 

ちなみに、魂である私はシャルの声真似生主を2年間やっていました。

この人たちはアラサー多くて話が合いそうだが、アリアは年齢的に10年前の作品は知らないのだ。

 

 

 




次回も声真似系を書き続けます。
いやでしたら、コメント残してください。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

アリアちゃんは応募の結果より大切な物を得られたと錯覚してしまった。

炎柱のシャルの声に似ているとアラサーであろう視聴者に意見を貰う。

 

「炎柱のシャルの声真似してみようかな。

まずは、うるさい。うるさい。をやるわ。」

アリアは炎柱のシャルを知らないため、YOUTUBEで炎柱のシャルの動画を検索し炎柱のシャルの動画を見ている。

 

水饅頭炎柱のシャルの名言ってうるさいくらいですかね。

たくわんシャルは懐かしいわ。

にゃんにゃん丸釘木さんの声は神だからね。

 

うるさい。うるさい。うるさいのシーンを見て、シャルの声質や演技を把握したアリア。

 

「よっし。分かった。やってみるわ。」

アリアは気合を入れて、声を整えていた。

 

水饅頭うるさい、うるさい、うるさいが楽しみです。

たくわん本気のうるさいが聞ける。

ドラゴン先輩楽しみです。

 

「うるさい。うるさい。うるさい。」

アリアは先ほど見た映像を思い出しながら、声真似をしてみた。

 

水饅頭釘木さんですね。すばらしいです。

にゃんにゃん丸本家じゃん凄い。

ドラゴン先輩すごいです。釘木さんの声真似をすこし掘り下げてみよう。

 

2年間釘木さんの声真似で生配信をやっていたおかげもあり、アリアちゃんの評価も爆上がりで助かった。

 

「釘木さんっていう人の声真似していこうか。」

アリアちゃんもうれしそうで、つぎつぎと声真似をしていきたいみたいだ。

 

 

水饅頭未来―ミク―のタコちゃんやってください。

にゃんにゃん丸あの漫画で麻雀始めたんだよね。

ドラゴン先輩同じだわ。けっこう、未来で麻雀始める人多いよね。

 

未来―ミク―は美少女麻雀漫画で、登場人物たちが全員百合という素晴らしい作品である。

この漫画がアニメ化された時は主人公のミクが嶺上開花を多発するため、ネット麻雀はカンで溢れていた。

ちなみに魂の私も未来―ミク―で麻雀をある程度覚えている。

暇なときは、ネット麻雀と時々行うくらいは好きだ。

 

「そのキャラはわからないから、ググるね。」

10年前のアニメを知らないアリアはアニメの動画を探していた。

 

魂である私としては炎柱のシャルも未来―ミク―も履修してほしい作品であるため、

この声真似配信は終わったら、一緒に見たいと思った。

 

アニメの切り抜きは、夏希という東風の速攻が強いおてんば娘が主人公のミクに挑戦している場面だ。

このキャラクターは口癖が強く、最後にだじぇ~ということが多い。

 

「このおてんばのキャラクターは、さっきのシャルと同じなの?

釘木さんって、演技の幅が広くてすごいね。」

アリアは、釘木さんの演技に感動している。

 

水饅頭私をアニオタに堕とした素晴らしい声優です。

たくわんこの人は20年間アニメ業界を支えている神声優だよ。

野田係長補佐の紋次郎ここは30歳を超えている人多そうだわw

 

「ちょっとまってね。声を整えさせてね。」

アリアは、小声で夏希のセリフを練習している。

 

水饅頭アリア様のおてんば娘の演技が聞けるとは楽しみです。

たくわんアリアは、こういう演技も触れておいた方がいいよ。

にゃんにゃん丸おてんば娘はかわいいよね。あと中学100年生もやってよ。

 

 

覚悟は決めたアリアはようやく口を開いた。

「東風は、ナツの得意分野だじぇ~。」

 

水饅頭タコちゃんですね。すばらしいです。

にゃんにゃん丸うまいわ。

ドラゴン先輩本家やんけ。

野田係長補佐の紋次郎アラサーだからチャンネル登録したよ。

 

こうやって、リスナーたちと声真似合戦をしながら、楽しく配信を過ごしていた。

アラサー世代は歓喜するような配信内容で、若い人はおそらくアリアちゃんみたいについていけないのだろう。

 

アリアちゃんもアニメを履修してくれると言ってくれてうれしかった。

 

―――――

魂の私は応募用の音声データをまとめており、応募先にメールを送ろうとしている。

ただ、魂の私は落ちてしまうと結果は理解している・・・

アリアちゃんが全力で視聴者と楽しんで取り上げた音声データであり、落ちたとしても意味はある経験だと自負している。

 

アリアちゃんにこういう企画の応募は、遊びでは通用しないことを理解してくれればいいし。

すぐに別の所に去るような視聴者よりも今を大切にしてくれる視聴者を大切にしていると、大きな結果につながると思っている。

 

 

アリアちゃんは応募の結果より大切な物を得られたと錯覚してしまった。

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

あんたら、バカね。卑怯だわ。むしろ怒りなさいよ

魂である私は声真似オーディションの結果を見に行っていた。

オーディションの結果は、”やはり”アリアちゃんの名前はどこにもないのだ。

 

・・・私はショックな気持ちなんてまったくなかった。

理由としては10年前のアニメの物まねばかりをしており、トレンドのアニメをしていたからだ。あそこの視聴者は流行り物が好きで、おそらく10年前のアニメに興味は持たないだろう。

 

魂である私はあの10年前のアニメたちが再度盛り上がっていた空気感を壊したくなかった。

だから、最近のトレンドのアニメの話題はわざと避けるようにアリアちゃんに指示を出していた。

 

魂の私にはインターネット老人会を盛り上がってくれた方がアリアちゃんにとってメリットがあると思っていた、だから、いいことだと割り切っている。

 

でも、むしゃくしゃした何とも言えない気持ちが自分を襲ってきたため。

ツイッターの告知とか行わず、いきなり枠を取ってしまった。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

配信を開始して数分間アリアは黙りこんでしまった。

結果にかなりのショックを受けてしまったのだろう。

 

水饅頭あれ、静かですね?アリア様。

にゃんにゃん丸どうしたん?

ドラゴン先輩いきなり、枠取っていたっけ?

 

いつもなら枠を取る時ツイッターで宣伝を行っているが、今回は行っていないことに視聴者は心配しているのだろう。

 

「え~とね。声真似のオーディション落ちたの。」

アリアはもじもじしているが、彼女なりに勇気を出して言っていた。

 

水饅頭残念です。でも、あの配信は好きでした。

野田係長補佐の紋次郎しょうがないね。そんなときもあるよ。

ドラゴン先輩流行りに勝てないしゃーないです。

 

「みんなありがとう。でもさ、悔しいんだよね。

落ちたこともショックなんだけどさ。

下僕どもと一緒になってさ、楽しく作った音声が認められなかった事実が胸にささるんだよね」

アリアは声が震えていた。

―――――アリアはかなりショックを受けているのだろうか。

 

魂の私はかなり意外だった。

アリアが視聴者との思い出を踏みいじられたことにショックを受けていること。

魂である私は、あの時は楽しい思い出でいいと半分諦めかけていたのに。

それを心の底から悔しがるのを。

 

野田係長補佐の紋次郎いいよ。俺らは、そんな小さいことなんて。

ドラゴン先輩俺らのことを気にしてくれるなんて嬉しいな。

水饅頭アリア様、次です。

 

励ましてくれる視聴者は、今のアリアにとって酷である。

むしろ、罵ってくれてほしかったアリア

 

「あんたら、バカね。卑怯だわ。むしろ怒りなさいよ。

ダメなご主人よ。」

泣くのを抑えているアリアは、それを隠そうと必死にして笑っている。

 

魂である私はこの感情むき出しになっているアリアちゃんを必死に抱きしめたいと同時に、

ネット老人会をバカにされて、悔しがるをの押しつぶそうとしている自分にグーで殴りたかった。

 

アリアちゃんは自分の深層心理であるため、心の底ではこんなに悔しがっていたのかと驚く反面。

感情を押し殺すことが得意になってしまい、気が弱いことをしっかりと受け入れてしまって残念であった。

 

水饅頭卑怯なのはお互い様でしょう。私たちを沼にはめちゃってですね。

野田係長補佐の紋次郎箱入り娘を怒るなんて、僕にはできないよ。

にゃんにゃん丸君こそ、卑怯だよ。

 

「あんたら、本当にバカね。私が大手になったら、構ってあげないかもしれないよ」

悪者顔になろうとして成り切れなないアリアは微笑んた。

このアリアちゃんは愛おしかった。

水饅頭いいですよ。

野田係長補佐の紋次郎量は減るかもしれないけど、質は落ちないよ。

にゃんにゃん丸その思いだけで十分だよ。

 

この視聴者たちは卑怯だが、それと同時に大切にしていきたい。

こんなにアリアちゃんをかばってくれるなんて。

 

「大手になっても私を支えなさい。これは命令よ。」

 

 

野田係長補佐の紋次郎こっちはそんなつもりだけど。

ドラゴン先輩かまってくれなかったら、俺らがもっとアピールしていくよ。

水饅頭アリア様、もちろんです。

 

 

 

こうして、アリアと視聴者との絆は確実にしていた。

そんな配信も悪くないと思った。

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

さっそくだけど、心理テストをいくわよ。

心理テストを一部乗せます。


第3皇女~スタンフォード・アリア~@Aria₋Stanford

下民ども、ごきげんよう♡

心理テスト行っていくわ★

https://www.youtube.com/watch?v=wgdVV

 

♲8     ❤13

 

マリモ配信ばかりだと飽きると思い、心理テストという実験なことを行ってみようと思った。

受けるかは分からないが・・・

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「ごきげんよう。下僕の皆様。第3皇女 スタンフォード・アリア様よ

さっそくだけど、心理テストをいくわよ。」

高貴で傲慢なアリアはいつものように挨拶をしている。

 

水饅頭アリア様。こんばんは今回も攻めている企画ですね。

野田係長補佐の紋次郎今日、凄いね。

にゃんにゃん丸心理テストって何するの。

 

「ここのサイトから、心理テストを見ていこうかなと思うわ。」

 

水饅頭ここサイト意外にみんな使いますよね

たくわんサイトを見てみると女性向けですね。

野田係長補佐の紋次郎これ見ていると女性のほうが心理テストって、好きそうですね。

 

 

「まず、一問目ね。」

 

たくわんわくわくです。

野田係長補佐の紋次郎たのしみです

 

■心理テスト

夢の中で軍人と出会いました。

軍人から、無理やり戦争に駆り出されそうとしています。

その時の軍人は誰をイメージしていますか?

 

「軍人というよりか、お母さまに無理やり駆り出されそうで怖いわ。」

 

ちなみに、魂である私は山田かな~。

仕事という戦争に似た嫌な物を無理やり押し付けてくるからな。

 

水饅頭親ですね。

たくわん

野田係長補佐の紋次郎係長

にゃんにゃん丸仕事の上司だね。

 

 

 

 

 

■心理テストの答え

思い浮かべた人は、一番恐れている人です。

 

「合っているわ。」

少し青ざめて声の覇気がなくなっているアリアは明らかにおびえている。

魂である私と言われなくて、少し安堵して待った。

 

水饅頭残酷なほどあっていますね。

たくわんあっているわ。

野田係長補佐の紋次郎あっているじゃん

にゃんにゃん丸嫌なくらいあっているわ。上司から電話来ないかドキドキだよ。

 

■心理テスト

夕方、友達とあなたは家に帰っています。

分かれ道で友達と別れました。

その友達は誰を思い出しました?

 

「いないわね。みんなとはお城で別れるからね。」

魂である私は高校生の時の演劇部で一緒に演技してくれた子かな~。

 

水饅頭そんな友達いないです。

たくわん

野田係長補佐の紋次郎4年間遊んでいた友達

にゃんにゃん丸前の彼女・・・

 

 

 

 

 

 

■心理テストの答え

二度と戻ってこない大切な人です。

 

「あれ~重いな。これは、次に行きましょう。」

アリアは重い空気を察しており、無理やり話題を変えようとしていた。

私の場合は、その友達は長崎から東京にいったため分かり切っているが。

嫁とか、彼女はきつすぎるよ。

視聴者の闇が深すぎて、魂の私も意気消沈してしまった。

 

水饅頭重いですね。

たくわん最近、嫁と関係が悪いんだよな。だからVに逃げちゃうんだよね。

野田係長補佐の紋次郎まぁ~、お互い環境が変わってしまっているから、納得できているし。

にゃんにゃん丸まだ、未練があるんだな・・・

 

 

■心理テスト

あなたは遺跡発掘に行こうとしています。

行く理由は?

 

「私の場合はお金があるからね。プライドかな。」

魂である私は貧乏人だから、お金のためだね。見栄とか言ってられないよ。

アリアちゃんレベルまでになると娯楽レベルになるのか。羨ましいな。

 

水饅頭羨ましいです。生活するためのお金ですね。

たくわんお金だわ。

野田係長補佐の紋次郎お金だね。人類貢献とか言ってみたいわ。

にゃんにゃん丸遺跡を探すことによってのスキル獲得ですかね。

 

 

■心理テストの答え

それは、あなたが勉強するためのモチベーションを上げる方法

 

 

 

「これは合っているわ。私のテスト勉強の理由はスタンフォード家のプライドを守るためね。」

魂である私も、給料を上げるためにケアマネの資格の勉強をしようと思った時期はあったけど、合格率20パーセントくらいと事実を聞いて諦めてしまった。

 

 

水饅頭資格のために勉強っていう人多いですよね。

たくわん資格とか、スキル獲得だよね。

野田係長補佐の紋次郎お金が一番ですね。

にゃんにゃん丸勉強は、スキルアップしている感じがあっていいですね。

 

■心理テスト

あなたは騎士です。

とあるお嬢様を守っています。

お姫様は誰ですか?

 

「これは即答ね。私以外ないわ。」

アリアは自信をもって話している。

 

魂である私も、アリアちゃんしないね。

 

水饅頭アリア皇女です

たくわんアリア様

野田係長補佐の紋次郎即答です。

にゃんにゃん丸アリアちゃんだね。

 

魂である私も安心しているアリアちゃんとたくさん回答があって。

 

 

 

 

 

■心理テストの答え

それは、理想の女性です。

 

 

魂である私も思わず、合っていると確信を持った。

 

「当然ね。」

 

水饅頭正解ですね

たくわん正解

野田係長補佐の紋次郎やっぱりね。

にゃんにゃん丸そうだね。

 

 

「少々ぬるいから、ハード目なやつを使用かしら。」

 




心理テストは私が作ったものです。
信ぴょう性は0です。


次の章は、一部お借りしている心理テストもありますので。
心理テストしながら読書をお願いします。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

こんな心理テストに振り回せるなんて、馬鹿らしくなってきた。

先ほどの心理テストがぬるめの為、ハードな心理テストを行っている。

 

「少しハード目なやつのページ開くから待ちなさいね」

 

水饅頭楽しみです。

たくわんハードってどんな感じなんだろうね。

野田係長補佐の紋次郎今までの小学生でもできる奴だったからね。

にゃんにゃん丸楽しみだわ。

 

「早速読むわね。」

 

 

□心理テスト

あなたは、長年大切にしているテレビがいきなり故障しました。

このテレビをどうしますか?

 

 

「前と変わらないじゃない。」

アリアは少しがっくりしている。

 

野田係長補佐の紋次郎少しやってみようか。

にゃんにゃん丸問題文は変わっていないかもしれないけど、答えがえぐいかもしれないよ。

 

「そうね。私、独占欲強いからね。

TVの原型がなくなるまで、ハンマーで潰して、二度と目に入らないようにするわ。」

 

魂である私もそうするかな。

 

水饅頭やりすぎしょうw 僕なら粗大ゴミに出しますね。

たくわんここまでサイコパスとは思わなかった。 ゴミ箱にポイですね。

野田係長補佐の紋次郎やりすぎて草。 リサイクルショップに売るね。

にゃんにゃん丸僕は、修理しますね。

 

 

 

□心理テストの答え

別れた時の恋人へ行う行為。

 

「ちょっと待ちなさいよ。

独占欲の強いサイコパスみたいじゃない。」

アリアは、自分がサイコパスと言われているのではないかと焦っている。

ちなみに魂の私も焦っている。

 

水饅頭アリア様、サイコパスの疑いありで草

たくわんやはり、ハードなやつだわ

野田係長補佐の紋次郎

にゃんにゃん丸なんか、自分がまともに思えてきたw

 

「もういいわ。

次に行きましょう。」

結果に不服なアリアはこどもみたいに拗ねている。

 

水饅頭アリア様、拗ねていても美しいですぞ。

たくわん拗ねている姿もやはりかわいいわ

 

□心理テスト

気持ちの良い青空が広がっています。

あなたはどんな気持ちになっていますか?

 

「あ~、今日も下僕たちをどうやっていじめてあげようかな

きっと待っているし。」

 

 

水饅頭まさにアリア様です。

たくわん答えみせて。この回答がどんな気持ちが気になって、回答する気にならない。

野田係長補佐の紋次郎どんな気持ちかわからないです。回答を

 

□心理テストの答え

キスしている時の気持ち

 

「これは、皆興奮したでしょう。」

アリアは自分の需要を理解しているためか、自信を持って聞いている。

 

 

水饅頭そうです

たくわんうん

野田係長補佐の紋次郎うん

にゃんにゃん丸うん

 

 

魂の私は、ここの視聴者はドMが多くて草生やしている。

 

 

 

 

□心理テスト

間違い電話をしてしまい、それに気づいて電話を切った後。

再度、間違い電話先の相手に電話がかかってきました。

あなたはどうしましたか?

 

「知らないわよ。と切れた後、着信拒否にするわ」

魂である私はすぐに謝るが、アリアちゃんの回答がサイコパス系の回答でびっくりしている。

 

水饅頭アリア様、サイコパスの疑いっぽいですね

たくわんこれもサイコパスって思わせる怪盗じゃん

野田係長補佐の紋次郎回答が草

にゃんにゃん丸まともじゃない件

 

 

「サイコパス、サイコパスってうるさいわよ。

あんたたちどうなのよ?」

少し怒りながらアリアは言っており、自分がサイコパスではないかと焦っている。

 

水饅頭すぐに謝ります。

たくわん謝るに決まっているじゃん

野田係長補佐の紋次郎謝るよ。普通は。

にゃんにゃん丸謝るかな

 

 

 

 

 

□心理テスト

浮気がばれた時のあなたの反応。

 

 

「私、本当にやばいみたいね

逆切れってなかなかきつい性格しているわね。

わがままでの認めているけどさ」

自分の性格の悪さにがっかりしているアリアは息をはっとしている。

 

水饅頭この性格の悪さも視聴者は受けとめます。

たくわんその性格の悪さも魅力じゃん

 

 

 

□心理テスト

あなたがバルコニーにいた時、外で殺人事件を目撃した。すると、あなたが見ていることに気づいた犯人がこちらを振り向き、指を一定方向に動かしている。この犯人の意図は何か?

「脅しているだけでしょう。」

考え込みながら、アリアは言っている。

 

魂である私も安心している。

これは有名なサイコパスの問題で、アリアの回答は一般人の回答である。

アリアちゃんは、サイコパスキャラがつかなくなったと思う。

 

 

野田係長補佐の紋次郎安心した。

にゃんにゃん丸よかった。

 

 

 

 

□心理テストの答え

サイコパスではない:お前だと指をさす、だれにも言うなどと脅すの意味

サイコパス:段数を数える

 

 

「よかったわ

性格が悪い上にサイコパスだったら、さすがの私でも立ち直れないよ。」

アリアは、はっと息を継いで安心した。

 

 

水饅頭どんな診断結果でもいいですよ。どんなアリアちゃんでも素晴らしいと思います。

たくわん所詮、こういうのってさ。お遊びじゃん。適当につくっているもんだよ。意外に視聴者思いなところが好きだよ。

にゃんにゃん丸アリア様、俺に生きる希望を与えてくれた。どんなにけがれていても好きだよ。

 

「あんたら、本当にバカ。

従順な犬すぎるのよ。もっとあがいて私を嫌いなさいよ」

コメントに照れてしまって思わず毒舌を吐いてしまうアリアはもぞもぞしている。

 

 

「こんな心理テストに振り回せるなんて、馬鹿らしくなってきた。

従順な犬なら、もっと私のこと好きになりなさい」

高貴で傲慢な皇女のアリアは従順な犬たちに命令した。

 

水饅頭もちろんです。付いていきます。

たくわんそのつもりだよ。

にゃんにゃん丸わがままな皇女様はしょうがないな。どんなに悪になろうともついていくよ。

 

アリアちゃんと視聴者の関係が深くなっており、魂である私は安心している。

きっとアリアちゃんなら、この輪を広くできる気がしてくる。

 

今回の配信で分かったことは、やはりマリモ64のみに頼るのはよろしくない。

こうやって、いろんなアリアちゃんを引き出していかないと。

 

でも、企画するのにお金がないんだよね・・・

手取り14万じゃどうにもならないよ。

 




アンケートの結果は次々回の話ですね


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

こんなしょぼい技術で冒険者になれねぇ!!!

ちなみにこれはアンケートの結果ではなく、アンケートを取る前から書こうとしていた話です。


手取り14万の私は、3000円を楽天堂ポイントに変えている。

3000円は1か月分の食費であり、とても重い価値があるのだ。

だから、有意義に使いたい!!

 

巷では、稲作をしながら2Dアクションを行うアクションゲームが流行っている。

ストーリーも、アリアみたいな傲慢なお姫様が成り上がっていく話で面白いと話題になっている。

このゲームをやるには流行りに少し乗り遅れているが。

安い3000ポイントで買えるのであれば、必要経費としては十分だ。

 

胸をルンルンしながら、3000円ポイントで買えるゲームを検索した。

私は胸が高まりすぎて、手が滑ってしまった。

コントローラーは地面に落ちて、ボタンはランダムに押している。

 

気が付くと、3000ポイントの変なゲームを買ってしまった。

 

私は、あまりの事実で・・・

目の前が立てなくなってしまった。

食費3000円分がこんなミスで飛んでしまって。と絶望している。

しょうがないから、このゲームで一時の配信を乗り切らないと気持ちを変えようとしている。

 

ゲームタイトルは、中世ヨーロッパ系の魔法とか剣がありそうなファンタジーものだ。

3000円クオリティーだが、ファンタジーものであればきっとクソゲーじゃない。

 

 

第3皇女~スタンフォード・アリア~@Aria₋Stanford

下民ども、ごきげんよう♡

今回は、稲作ゲーで有名なサクサクナ姫じゃなくて、

一風変わったファンタジー系作品に触れるわ。

ファンタジーソードはきっと名作ね。

名作じゃなかったら、手を滑らしたあいつを許さない、

https://www.youtube.com/watch?v=wdkkswV

 

♲5     ❤11

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「第3皇女~スタンフォード・アリアよ。今日は、ファンタジーソードを行っていくわ。

魂のあのバカが、手滑らせて、サクサクナ姫買えなかったの。

その埋め合わせで、このゲームをするわ。」

アリアは魂である私を怒りながら挨拶しており、少し不機嫌みたいだ。

 

愛しのアリアちゃんごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。と気が弱い魂である私は謝罪し続けた。

 

 

水饅頭アリア様。こんばんはです。今日の発売しているゲームっぽいですね。

たくわん新作ゲームは楽しみだわ。

にゃんにゃん丸この会社って、ゲームこれが初めて見たいね。

ドラゴン先輩ファンタジーの方が世界観あっていますし。これでいいと思いますよ。

 

「ゲームを起動するわ。新発売のゲームだから、楽しみだわ。」

アリアはわくわくしながら、ゲームを起動した。

 

ピコンと―――――――――――――――

画面が映り、見ようとすると・・・

ゲームのスタート画面が完全にどこかで見たことがあるような。

きっと、気のせいだよね。と魂の私は不安になっている。

 

水饅頭アルダですねw

野田係長補佐の紋次郎ちょっとまってw 公式のお膝元で、このパクリはないだろうよw

にゃんにゃん丸やばいわw パクりじゃんw

 

終わったわ・・・

クソゲー確定じゃん。まじで絶望しかないんだけど。

でも、パクリがすこしあるだけで、中身はきっとまともだ。と洗脳しないと心がきつすぎる。

 

「まぁ~、少しのボロぐらい見逃すわ。

とりあえず、オプションを見ましょうか。」

アリアの目は完全に死んでおり、放心状態になってしまっている。

 

オプションを開いたら、オプションの設定が3つしか見えなかった。

思わず、この事実を見ないためにすぐに閉じた。

もし仮に、オプションが3つなら、クソゲーの特徴だぞ。

 

 

野田係長補佐の紋次郎オプションが少ないw オプションが少ないことがクソゲー

ドラゴン先輩クソゲーの予感しかないw

 

 

「さっ、ゲームを始めましょう。

ここを押せば、開始になるのね。」

アリアは完全にクソゲーであろう事実を無視しようとしていた。

そのためだろうか。声が少し泣きそうである。

 

水饅頭涙を拭いてください。クソゲーであっても

野田係長補佐の紋次郎これ買った人は、可哀想だわw

 

ゲームのスタートを押すと、名前の入力画面が出てきた。

名前の入力欄がポップ体のダサいフォントになっており世界観がぶっ壊れている。

ここも、アリアと魂である私は事実から目を閉じている。

 

「名前は、アリアでいいよね

少し待ってね。」

ショックを受けているのを隠そうとしているアリアは淡々と話している。

 

収束した週末に終末した今北けど、クソゲーだ

水饅頭クソゲーです。やばいですね。

アリアと名前を入力し、ゲーム画面に映っていた。

―――――ゲームの世界に入ろうとした。

グラフィックレベルがマリモ64より少し低めで、BGMが無音である。

専門学生が作ったと言われても納得してしまう技術によって

中世の世界を表現しようとしても世界観はレトロ感が強く、どうしても中世ではなくゲームの世界観でしかないのだ。

 

あれ?令和のゲームですよね?昭和のゲームかな?

 

 

収束した週末に終末したwwwwwwww

水饅頭どんまいです

野田係長補佐の紋次郎wwwwwwwwwwwwww

にゃんにゃん丸wwwwwwwwwwwwwwwww

 

みんながあまりのクソさで、草しか生えない。

正直、私も視聴者側であれば草しか生やさないと思う・・・

 

 

 

こんなしょぼい技術で冒険者になれねぇ!!!

魂である私は突っ込んでしまった。

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

このゲームには慈悲なんてないのだ。

雑談枠取ります~
ただ、ファンタジーソード編長いかもです。
反応次第で。


中世ヨーロッパ風の剣と魔法のゲーム『ファンタジーソード』をプレイするも、

専門学生が作った言われてもおかしくない技術の出来のひどいゲームだ。

魂である私、アリアちゃんもゲーム開始前で心が折れている・・・

 

そんな気持ちなんて知らずゲームの主人公は自宅にいるみたい。

部屋も木造の作りになっており、キャンプの小屋と似ている構造。

主人公はベッドから起きて、父が待っている食卓へ向かった。

 

『おはよう。アリア。母を苦しめている病気を治すために危険な森に向かうのか。』

『そうか。止めても無価値なんだな。』

 

「えっ。

どういうことなの?

It is useless to stopをそのまま訳しちゃっているの。

ここは“止めても無駄なのか“だったら通じるけど・・・」

アリアは、ガバな和訳に対して苦言を呈している。

 

ちなみに、アリアちゃんのキャラ設定を守るために英語の勉強をすこしかじっているため、

介護福祉士の私でも、すぐに英語は出たわけだ。

勉強といっても高校生レベルの単語を覚えただけだが。

 

収束した週末に終末したwwwwwwwww

水饅頭アリア様、英語能力があってすばらしいです。

野田係長補佐の紋次郎wwwwwwwwwwwwww

にゃんにゃん丸wwwwwwwwwwwwwwwww

 

こんなガバな和訳は草しか出ないわ

もういやだ。このゲームは冒険に出すつもりなんてないのだろう。

 

『様々な病気に有効な秘薬であるエルフの秘薬は、落葉樹に奪われているから。

落葉樹を倒さないといけないぞ』

 

――――落葉樹!!!

ほかのところの役も若干怪しいが、この落葉樹強すぎてそこしか見れないのだ。

リアルオークである山田も、落葉樹みたいに止まってくればいいのだが・・・

オークという言葉を思い出したためか、ここの正式な和訳が分かった。

「落葉樹の一種にオークってあるんだけどさ。

そのオークを落葉樹って訳するなんて

スペルも若干違うし。どうすればこんな間違いするのよ

本当に落葉樹が敵で会ってほしいわ。早くクリアしたい。」

 

水饅頭漫才でも見ているんですかねw

野田係長補佐の紋次郎オークはいい木です。結構つかっているしね。

オークは強い確信

収束した週末に終末したwwwwwwwww

たくわんよく細かいところに込めるなw 普通のVなら分からないぞw

ドラゴン先輩早くクリアしたいという本音は草

 

『少ないお金だが、これで武器を買っていけ。』

 

会話文のガバガバすぎて、ほかの問題点を見ることができなかったが、

画面をふと見続けて、気付いてしまった。

主人公が父親と視線が1度も合っていない。

主人公の視点がおかしいことに気が付いてしまった。

「おい、主人公。

一度は、父親と顔合わせなさいよ。

父親と不仲を疑ってしまうから、もっと視線に気をつけなさいよ

 

 

そして、父親との子会話が終わり、主人公を自由に動かせるようになっている。

少しだけ動きがガタガタしており操作性は少し悪いが、このゲームにとっては些細なミスでしかないのだ。

これは流行りのオープンワールドのアクションRPGで、ローリングなどで攻撃は回避できるみたいだ。

 

「さっそく、武器を買ってくるわ。

オープンワールドのアクションRPGって時点で面白いわよ

今までの少しのガバは、大目に見ていくわ。」

和訳ガバ、専門学生レベルのCG、もたつく操作性などのクソ要素をすべて忘れようとアリアは必死である。

 

収束した週末に終末した無理やり、奮起しているところが面白い。

水饅頭健気なアリア様が美しい。

野田係長補佐の紋次郎wwwwwwww

にゃんにゃん丸wwwwwwwwwwwwwwwww

ドラゴン先輩wwwwwwwwwwwwwwww

 

草しか生やさない視聴者の気持ちが分かってしまうのが嫌な魂の私・・・

こういう系のゲームは、最初以外盛り上がらないんだよね。

 

村の中はやはり無音で、本当に寂しい気持ちになってしまう。

ゲームでのBGMの大切さを痛感させられる。

 

さっそく、店に入ると。

―――BGMが鳴り始めた。

なんとなくだが眠たくなりそうな耳心地のよいBGMで、今までのクソ要素を一つ忘れてしまいそうだ。

 

「ここのBGMがいいわね。

まるで、子守歌みたいを聞いてみたいだわ。」

 

アリアは、汚れた心をBGMで打ち消されたみたいだ。

 

収束した週末に終末したパクリwwwwwwwwww

水饅頭アルダの子守り歌のままですねw

野田係長補佐の紋次郎パクリというよりそのまま取ってきていているwwwwwwww

にゃんにゃん丸wwwwwwwwwwwwwwwww

ドラゴン先輩wwwwwwwwwwwwwwww

 

魂の私が小さいころに遊んでいたゲーム

『アルダの伝説~シンデラックス神々の神殿~』

のBGMをそのまま盗作されたのものと知らされた時、心が折れそうになった。

 

アルダの名曲を聞き逃す自分、このゲームがこの名曲を作れたと思えた自分が情けない。

 

アリアちゃんもコメントを見て、呆然として、突っ込む気が完全に失っている。

 

 

このゲームには慈悲なんてないのだ。

褒められる点が、パクリいや、盗作した部分しかないってやばすぎでしょ。

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

クソゲー板で盛り上がっており、視聴者数が伸びています。

次は雑談枠で。
アンケートは1度内容を修正しています。
すみません。最低2話書かないといけないので。



『アルダの伝説~シンデラックス神々の神殿~』の名曲であるアルダの子守りを盗作した店に入って、アリアと魂である私は意気消沈している。

 

「え~と、剣は10Gでちょうどみたいね

剣を買いましょう。」

ここのBGMについてあえて触れずに現実逃避をしようとするアリア

 

 

収束した週末に終末したこれは、楽天堂の法務部も許さない案件だろw

水饅頭そこは、触れないほうがいいですよ。

野田係長補佐の紋次郎パクリっていうよりか盗作レベルでやばすぎるw

にゃんにゃん丸wwwwwwwwwwwwwwwww

ドラゴン先輩wwwwwwwwwwwwwwww

 

剣を購入したアリアは、すぐにメニュー画面を開いた。

相変わらずのダサダサフォントにがっくりしてしまったが、それより装備をさせないと思っていた。

剣を装備し、よくみるとセーブ画面があった。

このクソゲーで何が起こるか分からないため、すぐにセーブした。

セーブがすぐにできることに安心してしまった。

 

「セーブは大切ね。

こまめにしていきましょう。特にこのゲーム」

 

収束した週末に終末したこのゲームなら特にwwwwwwww

水饅頭そうですね。こまめなセーブは大切です。

野田係長補佐の紋次郎wwwwwwwwwwwww

アルファwwwwwwwwwwwwww

クソゲーマニアwwwwwwwwwwww

ソードマスター大ちゃんwwwwwwwwwwww

メンタルブレイクサタンwwwwwwwwwwww

 

 

あれ?新規さん多くない?

視聴者数でも見てみようかな?

 

同時視聴者数:34人

えっ、多くない?いつもより多くない?いつもは10人だよ。

このクソゲーってそんなに有名なの?

 

「視聴者多くない?

このクソゲー有名なの?」

視聴者数に戸惑いを隠せないアリアは少しびっくりしながら、視聴者に語り掛けていた。

 

クソゲーマニアクソゲー板で盛り上がっています。もしかしたら、クソゲーイヤーのテッペンを取れますよw

ソードマスター大ちゃん今のアルダの子守り歌は有名なクソポイントで吹いていますw

野田係長補佐の紋次郎クソゲー板の民は狂っているからなw

水饅頭今日、発売日で話題性があるゲームを引いた時点で運がいいかもしれないですねw

アルファこのクソゲーしているのここしかないから、来ましたw

 

 

クソゲー板で盛り上がっているのか。

ここはせっかくの売名チャンスだ。

頑張っていきましょう。

 

相変わらず無音で、間が持たないのはつらい・・・

でも、村から出れば、きっとBGMがあるだろう。

 

「さっそく、村から出て、落葉樹を倒していきましょう。

私、頑張っていくわ。」

アリアは冒険に向き合おうと頑張っている。

 

収束した週末に終末した頑張れ!!

水饅頭アリア様、頑張ってください。

野田係長補佐の紋次郎頑張れ!!クソゲー攻略だ。

 

 

村から出て、新しいマップになろうとしてワクワクしている。

しかし、このクソゲーにはそんな期待しても無駄である。

明らかに一本道になっており、その先に秘薬のありそうな森がすぐに見えてしまう。

オープンワールドアクションRPGとして、出来はこの時点でクソであると言い切れる。

 

「くたばりなさいこのクソゲーが!!!

こんなに狭い世界でワクワクなんてできないのよ。」

オープンワールドアクションRPGの魅力である広い世界が完全になく、最後に楽しみにしていた要素すらも裏切られており、完全に怒ってしまったアリア

 

収束した週末に終末したwwwwwwww

水饅頭これは、ひどい・・・

野田係長補佐の紋次郎wwwwwwwwwwwww

アルファwwwwwwwwwwwwww

クソゲーマニアwwwwwwwwwwww

ソードマスター大ちゃんwwwwwwwwwwww

メンタルブレイクサタンwwwwwwwwwwww

 

 

皆はこのクソ加減で草を生やしている。

本当に逆の立場に立ちたい。

ここは戦闘して盛り上がっていきましょう。こう洗脳しないと気分が病むだけだ。

正直、きつすぎる・・・

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

だから、リセしましょう。

とりあえず、クソゲー編は3から4話しますね。
新しい刺激を入れるように工夫します。

何かあれば感想を


村から出てきて、狭い世界であることにびっくりしてしまった。

そんな絶望的な事実から目をそらすためにスライムを狩りに行く。

 

 

「少しレベルをあげてから、オークに臨むわ

まずはそこのスライムを倒していくわ。」

アリアは意気揚々とスライムの方へ向かった。

 

アリアはスライムに剣を2~3回振り、明らかにスライムに全て当たっている。

しかし、スライムへのダメージ判定が入っていない。

 

「これ、当たっているよね。

最初から積み?」

ゲームとして本当に成立しているのか考えているアリアは心配そうに聞いてくる。

 

収束した週末に終末した当たっている。

水饅頭これは、当たっていますね。

アルファ当たり判定がガバっていましてね。当たり判定は完全ランダムですね。

クソゲーマニア当たらないのは祈祷力不足です

ソードマスター大ちゃんスライムですら、このゲームは強いですよ。

メンタルブレイクサタンこのゲームは精神力が試されるゲームですね。

 

祈祷力が必要とかどんなクソゲーかよ。

でも、こういう理不尽感好きよ。

ゲーマーなら、困難な壁ほど燃えるじゃん。

登山家が山を登る理由も高い山があるからというシンプルな理由でしょう。

 

 

「このクソゲーに負けてられないわ。

スタンフォード・アリアがこのクソゲーに負けるなんて、

高貴な貴族として、負けを認めたのと一緒よ。」

クソゲーの理不尽さに対して、皇女としてプライドをかけ始めたアリアは堂々としている。

やはり、私の分身だよね。

こういうのって燃えてしまうよね。

 

収束した週末に終末した負けず嫌いだよねw

水饅頭ここで折れないの好きですw

アルファこの精神力がどこまで持つか楽しみだね。

クソゲーマニア当たらないのは祈祷力不足です

ソードマスター大ちゃん面白いです。このクソゲーを攻略していく感じが素晴らしい。

メンタルブレイクサタン面白い皇女だな。

 

やはり、アリアちゃんの困難に立ち向かう姿に感動したのであろう。

コメントも魂である私と同じで好印象だ。

 

新規リスナーさんを見ていると。

視聴者も多くいるし、張り切っていくしかないのだ。

おそらく、このチャンスは一時こないだろう。

ここで結果を残すしかないのだ。

そういったVとしての数字的なところの打算的な考えもあるわけだ。

 

スライムはガバガバ判定によりノーダメージであり、モーション上の隙も見せていない。

しかし、主人公は剣を3回振っており、スライムに攻撃の隙を与えてしまった。

スライムの攻撃は主人公に当たった。

 

HP:100→60

 

一発で、4割持っていくのか!!!

スライムの攻撃力半端ないぞ。

 

「なかなか、やるわね。

最初から、ヒットアンドアウェイ戦法を使うなんてね。

この難易度はクソではないって認めてあげるわ」

アリアは高々に笑っており楽しんでいる。

やはり、高難易度のゲームは燃えてしまう。

 

 

収束した週末に終末した頑張れ!

水饅頭アリア様ならやれる。

にゃんにゃん丸頑張れ

クソゲーマニア最初から、応援ムードってここの視聴者は質がいいなw

野田係長補佐の紋次郎頑張って

 

 

小ぶりの剣をスライムにかすらせていき、すぐに逃げる戦法。

スライムに攻撃される隙を作らず、何度も攻撃の試行回数を稼いでいく。

小ぶりの攻撃であるためか。なかなかダメージ判定が入らない・・・

カウンターで大ダメージを食らうため、この戦法しかできない。

 

――――7回のダメージ判定が入り、ようやくスライムを倒せた。

 

「やったわ。

初めて、このゲームで敵を倒したわ。」

 

収束した週末に終末した最初のスライムでハラハラするのは草

水饅頭これは、意外に盛り上がりそうですねw

アルファ主はセンスがいいねw

クソゲーマニアみんなスライムで殺されるのに、すごいねw

ソードマスター大ちゃんスライムを倒せたすごい。

たくわんスライムを倒せただけで、こんなに褒められるのはさすがに草。

野田係長補佐の紋次郎最初の敵で3分は草。

 

アリアちゃんと魂の私は、すぐに勝利報酬を確認した。

このダメージを何とかしないといけないため、薬草でも落ちてくれると助かるのだが。

 

□獲得

金:1G

経験値:1

 

いろいろと少ないなw。

細かいことは気にしない。

それより回復方法が気になっている。

 

「え~とさ。

ベッドとか、回復手段ないの?

このダメージはさすがにまずいわよ。」

アリアは冷静に状況を確認した。

 

クソゲーマニアそんなのないよ。30Gの薬草買う。敵を倒してランダムに落ちている薬草を拾うしかないよ。

 

「なるほどね。

ノーダメージで、スライムを倒さないといけないわけね。

だから、リセしましょう。」

アリアは、冷静に笑っていた。

 

薬草の価値がかなり高いためダメージを受けるということは、序盤の間をダメージを背負いながら戦うことだ。

だから、ノーダメージでレベルアップを行うことが序盤攻略のカギとなる。

ノーダメージで経験値集めろは理不尽すぎるだろw

最高かw

 

 

収束した週末に終末したあんなに苦しんで倒したスライムだったのに。すぐにリセっていうのはすごいw

水饅頭アリア様の思い切り好きですわ

アルファ主の分析力すごいなw

クソゲーマニアこのゲームの序盤の攻略法を理解する早いなw。

ソードマスター大ちゃんこのゲームのことを理解するなんてすごいなw

たくわん確かにこのゲームは回復方法がないからね。

野田係長補佐の紋次郎アリアちゃん、意外に賢いだよね。

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

地獄のノーダメスライム狩り兼アリアちゃんの曲で視聴者下僕化計画

クソゲー編が好評で草です


ダメージ回復が困難なクソゲーのため・・・

ノーダメージでレベル上げしていく予定だ。

ダメージを受けたら、リセという鬼畜なレベル上げである。

 

「無音でレベル上げはつらいわね

BGM持ってくるから、ちょっと待ちなさい。」

アリアは意気揚々とBGMを用意しようとしている。

 

 

収束した週末に終末したなんだろうw

水饅頭なんでしょうね。楽しみです。

アルファクソゲーだけだとつらいわ。BGMほしいわ

クソゲーマニアここ30分かかるからね。

ソードマスター大ちゃん雑談のみはつらいですよね。

メンタルブレイクサタン主のセンスが試される。

野田係長補佐の紋次郎レベル上げは、大変ですね。

 

「これよ。

下民ども、名曲だから聴きなさい。」

 

スタンフォード・アリアによる『じれったい夜はつらいよ』

再生数 5005

 

収束した週末に終末したいつも聞いている曲だわw

水饅頭これは名曲ですね。

アルファ主、歌うまいですね。

クソゲーマニア声いいですね。

ソードマスター大ちゃんレベル上げしながら、宣伝とはずる賢いw

メンタルブレイクサタン斬新な宣伝ではw。チャンネル登録しました。

野田係長補佐の紋次郎いつも聞いているわw

 

打算的なところも好きだよアリアちゃん。

やはり、売名はうまくやらないといけないね。

本日発売したファンタジーソードのバブルをしゃぶりつくさないと、今は伸びないから・・・

 

地獄のノーダメスライム狩り兼アリアちゃんの曲で視聴者下僕化計画が実行されてしまった。

 

アリアの5曲をランダム再生しながらスライムを狩って狩って狩りまくった。

30分間と長い時間をかけて、洗脳ソングは視聴者の思考を狂わせた。

 

 

収束した週末に終末したやばい。さらに好きになってしまったわ。

水饅頭この曲で、チャンネル登録したんですよね

クソゲーマニアアリア様、素敵です。

ソードマスター大ちゃんアリア様、罵ってください。

メンタルブレイクサタン1000人まで遠いですけど、1000人超えたら、スパチャ投げます。アリア様の国営のために。

ドラゴン先輩クソゲー板のみんながアリア様と言っているw

 

レベルは3も上がり、7発ぐらい攻撃が必要なスライムを確実に5発で倒せるくらいになっている。

ゴールドも溜まっており、30Gを所持している。

薬草を1枚買えるため、気晴らしに店へと向かった。

 

――店に入った瞬間

例のアルダの子守り歌が鳴り響いており、魂である私はちょいちょい吹き出したくなる。

このゲームに30分夢中になっていたが、クソゲーであることを再確認させられる。

 

薬草を買おうとしたが、今の剣より1ランク上の装備が22Gで売られていることに気付いてしまう。

 

「剣買っちゃうね。

このクソゲーが、新しい武器をポンポン出すとは思えないんだよね。

おそらく、この剣は長く使うと思うの。

それとさ。スライムで今でも苦戦しているし、攻撃力が上がるだけでレベル上げが効率化できると思う。」

アリアは1ランク上の剣を即購入し、セーブしてしまった。

こういう時に即断して、すぐに行動できるアリアはすごいと尊敬してしまう。

魂である私は神ゲーであろうサクサクナ姫を買うのに10時間ほど考えたのに。

 

ドラゴン先輩アリアちゃんって、意外と考えているからね。

クソゲーマニアアリア様、クソゲー板でもこれが効率的と話題になっています。さすがです。

ソードマスター大ちゃんこの剣は中盤までお世話になります。

野田係長補佐の紋次郎この難易度だから、レベル上げ必要は草。まだ、チュートリアルで1時間近くかかっているだよなw

 

「洗脳時間よ。

30分間、私の魅力を味わいなさいよ。」

アリアは、レベル上げをするからついてきなさいよとお願いしているみたいだ。

傲慢で高貴なアリアは、頭を下げてお願いなんてプライドが邪魔してできないのだ。

そんなアリアが魅力的で、魂である私は好きだ。

 

野田係長補佐の紋次郎分かったよ。このクソゲーは普通な状態でみれないからね。

収束した週末に終末した頑張ってね。

水饅頭裸で待っています。

アルファアリア様、分かりました。

クソゲーマニアアリア様、了解しました。

ソードマスター大ちゃん分かりました。

 

 

スライムも武器を変えた影響により4発で倒せるようになり、スライムの次に強い狼も5発で狩れる。

能力の明らかに向上されたためだろうか。

リセの回数がかなり激減されており、大量の雑魚敵を倒せるようになっている。

 

30分間、レベル上げを行ってきた。

もちろん、洗脳ソングをかけている。

ちなみに、魂である私も下僕になっている。

もうすでにかw

 

 

・レベル

3レベル→6レベル(総経験値 40→154)

・金

10 G→88G

 

「これ以上、経験値たまらないみたいね。

おそらく、ここは攻略勧めたほうがいいわね」

アリアは次のレベルまでの経験値が意外に多くて、あきらめたほうが良さそうと割り切っている。

 

 

野田係長補佐の紋次郎洗脳されていたいw

収束した週末に終末した頑張ってね。

水饅頭早いですねw

アルファもう~終わりですか。いやいやです

クソゲーマニアアリア様、了解しました。

ソードマスター大ちゃん早かったわw

ドラゴン先輩完全に毒されていて草。

 

「どうせ、次のエリアがボスなんでしょう。

このクソゲーは、悪い意味で信じているからね。」

アリアはクソ狭いオープンワールドに呆れながら、前へ進んでいる。

 

 

クソゲーマニアちなみに、正解です

ソードマスター大ちゃんクソゲーを完全に把握していて草

野田係長補佐の紋次郎正解なんだw

水饅頭さすがに狭すぎですよ。

 

このゲームに期待なんて持ったら駄目であるのだ。

理不尽な難易度で、ゲームのプレイ時間を稼いでいるクソ狭いオープンワールドのクソゲーだから。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。