ダイアモンドホース、夢の舞台へ! (whiteカプチーノ)
しおりを挟む

1 マザーベースにて

【セーシェル近海 マザーベース】

 

 

ピピピピッ

 

スネーク「あぁ、朝か...」

 

 

高らかに鳴る目覚まし時計を止め、着慣れた戦闘服を着る

今まで共に戦ってきた愛銃の調子を確かめ、ホルスターに入れる

 

スネーク「今日はなにするか...」

 

 

最近は平和になって.....いや平和になることは良い事なのだが、する事がない

俺たちのする事といえば、警備と他国の軍隊と合同訓練をするぐらいだ

 

ダダダダダダッ!

 

そんな事を考えてると、廊下を爆走する音が聞こえる、この足音はカズだな....朝っぱらから...

 

 

カズ「スネーク!」

 

スネーク「どうしたカズ、騒がしい」

 

カズ「そんな事よりD-ホースの所に早く来てくれ!早く!」

 

スネーク「!...分かった!」

 

 

 

***

 

 

 

ザワザワ....ザワザワ....

 

カズに言われた通り、急いでD-ホースの厩舎へ向かうとスタッフ達が集まっていた

 

 

スタッフ「おはようございます、ボス!」

 

スネーク「ああ、何が起こったんだ?」

 

スタッフ「え、えっと...その」

 

 

スタッフは言葉を詰まらせる、余程の事があったのだろうか

 

 

オセロット「スネーク!カズ!こっちだ!」

 

 

オセロットが俺たちを呼ぶ、厩舎の中から呼んでいるようだ

 

 

スネーク「一体どうしたんだ!?」

 

オセロット「D-ホースが...」

 

 

オセロットがD-ホースに目を向ける、俺もD-ホースに目を向けるがそこに居たのは...

 

 

???「....うぅ」

 

 

裸の少女だった

 

 

スネーク「誰だこいつ!?」

 

オセロット&カズ「「俺にも分からねぇよ!!」」

 

スネーク「おい」

 

???「...ふぇ?」

 

 

呼び掛けると裸の少女は起き上がりこちらを見る

 

 

スネーク「名前は分かるか?」

 

D-ホース「...ダイアモンドホース」

 

 

D-ホース、もといダイアモンドホースは名前を答える、どうやら腹が減っているようだ

 

 

スネーク「腹が減ったのか?」

 

D-ホース「...うん」

 

 

食堂に連れて行きたいが、この少女を裸で連れていくのはかわいそうだ

 

 

スネーク「カズ、D-ホースに服を、おいお前達食堂に戻って朝食を摂れ」

 

スタッフ達「「はっ!」」

 

カズ「服って言っても女性用の戦闘服しか無いぞ?」

 

スネーク「それで良い」

 

 

しばらくしてスタッフが服を持ってきて、D-ホースがそれを着る

 

 

スネ―ク「調子はどうだ?」

 

D-ホース「大丈夫...」

 

スネーク「そうか、良かった...こうなった原因は?」

 

オセロット「わからない、第一発見者もD-ホースに餌をやりに来たそうだ、その時にはすでにこの状態だったそうだ」

 

スネーク「不思議な事が起こるもんだ、取り敢えず食堂に行こう」

 

 

そう言い、俺たちは不思議なD-ホースと共に食堂へ向かった




とりあえず書いた、続きどうしよう


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

2 ウマ娘・ダイアモンドホース

とりあえずダイアモンドホースの設定は

銀髪って事で


【マザーベース 司令プラットフォーム 食堂】

 

-スネーク視点-

 

ガラララ

 

食堂のドアを開ける、と同時にさっきまで朝食を取っていたスタッフ達が一斉にこちら...ダイアモンドホースの方を見る、もちろん朝食を取っているその手は止まってない

 

 

スネーク「まず席に着くか」

 

D-ホース「うん」

 

 

手頃な空いてる席を探し、そこに座る

 

 

スネーク「ここの食堂はバイキング制だ、好きなだけ取り、好きなだけ食って良いぞ」

 

カズ「支援班が調達した新鮮な食材ばかりだ!美味いぞぉ~!」

 

オセロット「勝手にバーガー開発してた事、忘れないからな」

 

D-ホース「うん!」

 

 

飯があると聞いて、ダイアモンドホースが笑った気がした

その時、俺はダイアモンドホースはそんなに取って来ないと思っていた

 

 

D-ホース「よしこのくらいかな?」

 

スネーク&カズ&オセロット「「「多すぎる!!!」」」

 

 

ダイアモンドホースはとんでもない量をとってきた、尋常では無い、いくら鍛えた軍人女性でもこの量は無理だ

 

 

D-ホース「~~~♪」

 

 

ダイアモンドホースは幸せそうな顔でとってきた食い物を食っている

 

 

スネーク「一体なんなんだ...D-ホースが人間になったと思ったら飛んでもない量を平らげるし...」

 

オセロット「さぁ....医療班も諜報班も分からないと言ってるからな」

 

カズ「それにしても可愛いなぁ...うへへ」

 

スネーク&オセロット「「おい」」

 

 

ダダダダダダダ!!

 

バァン!!

 

 

スタッフ「ボス!原因が分かりました!」

 

スネーク「何!?」

 

 

***

 

 

スネーク「...ウマ娘?」

 

スタッフ「はい...ウマ娘と言うのは別世界において偉業を納めた馬の名前と共に生まれ、その魂を受け継いで走る――。それがウマ娘の運命だとか、ウマ娘は日本の娯楽らしいです」

 

スネーク「ふむ...別世界という所が引っ掛かるな...」

 

オセロット「パラレルワールド、という奴じゃないか?」

 

カズ「パラレルワールド?」

 

オセロット「簡単に言うと、誰かが死ぬ世界線もあるし誰かが生き残る世界線もあるという事だ」

 

スネーク「そういう事か」

 

スタッフ「あ、それとウマ娘はある学校に転入するらしいです」

 

D-ホース「食べた食べた~♪」

 

スネーク「学校?」

 

スタッフ「日本ウマ娘トレーニングセンター学園、と言う所です」

 

スネーク「学校か....行きたいか?」

 

D-ホース「...うん」

 

 

家族のためにしかたない、ここはひと肌脱いで

 

 

スネーク「よし!日本政府に連絡しろ!」

 

 

==========================================

 

【日本 首脳官邸】

 

 

総理「....それで遠路はるばる日本へ参られたと」

 

スネーク「はい、急にすみません」

 

総理「その子が例の?」

 

D-ホース「はい、ダイアモンドホースと言います」

 

総理「はは!これは元気が良い!」

 

スネーク「うちは軍人しかいないむさ苦しい場所、この子の教育には悪いと思いまして、是非トレセン学園で...」

 

総理「なるほどそういう事ですか、では他ならぬ貴方の頼み、この私が理事長に直接言いましょう」

 

スネーク「感謝します」

 

D-ホース「ありがとうございます」

 

総理「トレセン学園まで送って行きましょうか?」

 

スネーク「いえ、ジープで直接」

 

総理「そうですか....あの~」

 

スネーク「はい?」

 

総理「街中で小銃を携帯するのは...ちょっと」

 

スネーク「も、申し訳ありません!」

 

D-ホース「....ぷぷっ」

 

スネーク「今、笑ったな!?」

 

D-ホース「笑ってない」

 

スネーク「いーや!笑った!」

 

 

***

 

 

ジープでトレセン学園へ向かっていると、ダイアモンドホースが喋りかけてくる

 

D-ホース「ねぇ、ボス」

 

スネーク「どうした?」

 

D-ホース「急にこんな事してごめん、私なんかのために」

 

スネーク「気にするな、家族のためならなんだってするさ」

 

D-ホース「....カッコいい」

 

 

警察「あー、そこのジープ止まりなさい」

 

スネーク「えっ」

 

 

警官A「この車、ナンバープレート付いてないね、ダメだよ」

 

スネーク「すいません」

 

警官B「貴方、外国人?」

 

スネーク「アメリカ人です」

 

警官B「パスポートは?」

 

スネーク「持ってません」

 

警官A「はい、じゃあパトカー乗って」

 

スネーク「はい...すいません」

 

 

 

D-ホース「......カッコ悪い」




※この後スネークは無事に解放されました


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

3 いざ、トレセン学園へ!

【トレセン学園】

 

 

ザワザワ....

 

秋川「静粛ッ!今からあるお方がここ、トレセン学園へ参られる!」

 

トレーナー「あるお方?」

 

秋川「うむ!『世界の警察』と呼ばれる組織を知っているか?」

 

トレーナー「たしか...ダイアモンドなんちゃら?」

 

秋川「ダイアモンド・ドッグズ....と言う」

 

トレーナー「まさか!」

 

秋川「そのまさか!ダイアモンド・ドッグズの総司令官殿が今から参られる!」

 

全員「「ええっ!?」」

 

秋川「絶対に粗相の無いように!...そ・こ・で!!学園内の緊急大掃除を実行する!」

 

全員「「おおおーーー!!」」

 

 

===========================================

 

【トレセン学園 校門前】

 

-スネーク視点-

 

 

スネーク「どうなるかと思った」

 

D-ホース「ちゃんとしてよね...こっちが恥ずかしいんだから」

 

スネーク「すまん!」

 

 

などとD-ホースと談笑していると、急に左側から叫び声がしてくる

 

 

???「うおおおーーー!!!」ビュン!

 

スネーク「うおっ」ガシッ

 

謎の少女が飛び蹴りをして来たので、思わず足を鷲掴みにした

衝撃が腹まで来る、これは相当訓練しているな

 

???「なっ!片手で!?」

 

スネーク「気を付けるんだぞ、俺でなければ死んでいたかもしれない、君の名前は?」

 

ゴルシ「ゴ、ゴールドシップ....」

 

スネーク「ゴールドシップちゃん?トレセン学園の案内を...」

 

???「何してるゴールドシップ!」

 

ゴルシ「おぉ...トレーナーぁ、この男の人怖ぇよ...」

 

スネーク「君がここのトレーナーか?」

 

トレーナー「は、はひっ、そうです私が...」

 

 

どうもこのトレーナーは緊張している様子だが、何かあったのだろうか?

 

 

スネーク「ここは良い所だな」

 

トレーナー「はい!大変恐縮でございます!」

 

スネーク「?...ここの案内を頼みたい」

 

トレーナー「はい!」

 

 

***

 

-ダイアモンドホース視点-

 

 

たづな「ではこちら書類を」

 

スネーク「おいD-ホース!」

 

D-ホース「何~?」

 

スネーク「俺は書類を書いてくる!その間そこらへんで時間をつぶしてくれ!」

 

D-ホース「は~い」

 

 

さて、どんな事して時間を潰そうか...なんてもう私は気付いてる

あそこの影から誰かが覗いてることを

 

 

D-ホース「誰?」

 

スぺ「うわわっ!!あの私!スペシャルウィークって言います!」

 

D-ホース「私はダイアモンドホースって言います」

 

 

すると物陰からウマ娘が次々と出てくる

 

 

ダイワ「貴方、ダイアモンドホースって言うのね!わたしはダイワスカーレットよ!」

 

ウオッカ「俺はウオッカだ!」

 

スズカ「私はサイレンススズカ....」

 

ゴルシ「しっかしお前の親父は本当に人間なのか?ウマ娘の蹴りを片手で止めるなんてな」

 

D-ホース「たしか伝説の傭兵とかBIG BOSSとか呼ばれてたはず」

 

ゴルシ「かっけーー!!」

 

 

***

 

 

それから私達は少しの間ではあるもののたくさん話をした

 

スぺ「何か特技とかあるんですか?」

 

D-ホース「ロシア語とか」

 

ダイワ「すごい!ちょっと喋ってみてよ」

 

D-ホース「Моя семья самая лучшая」

 

五人「「??」」

 

スぺ「何て言う意味なんですか?」

 

D-ホース「えーっと」

 

 

スネーク「おーい!D-ホース!」

 

 

D-ホース「ごめんまた後で!」

 

五人「「えー意味はー?」」

 

D-ホース「本当にごめん!」

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

4 トレセン学園見学任務

-スネーク視点-

 

 

書類事が終わったので、D-ホースを呼びに行くと周りに知らないウマ娘が居た

 

 

スネーク「もう友達が出来たのか?」

 

D-ホース「まぁね」

 

スぺ「わ、私はスペシャルウィークって言います!よよ、よろしくお願いします!」

 

スズカ「...私はサイレンススズカ」

 

ウオッカ「俺はウオッカだ!!」

 

ダイワ「私はダイワスカーレットよ!」

 

 

どの子も元気な子達だ、D-ホースがここの学園に入っても良くしてくれるだろう

 

 

ゴルシ「さっきははすいませんでした!!」

 

スネーク「はは!気にしてないから大丈夫だぞ」

 

D-ホース「もう手続きは終わったの?」

 

スネーク「ああ、お前は今日からここの一員だ」

 

スぺ「えっ!?D-ホースちゃん、ここに来るの!?」

 

D-ホース「うん!」

 

スぺ「やった!」

 

ダイワ「これは新しいライバルの誕生かしら」

 

スズカ「...楽しみ」

 

 

***

 

 

スネーク「....さて、俺は帰ろうかなぁ」

 

D-ホース「え、もう?」

 

スぺ「えー、そんなもったいないですよ!」

 

ゴルシ「学園内を見学とかどうだ!?」

 

スズカ「もう少しで授業始まるからそれも」

 

 

そんなに帰って欲しくないのか、怒涛の質問攻めを喰らう、ちょっと怖いぞこの子達

 

 

スネーク「それなら少し見ていくか、理事長殿への挨拶もあるし」

 

 

スペシャルウィークちゃん達に案内され玄関へ来た、やはりデカい威厳がある学校だ

 

ギイイ...

 

 

秋川「歓迎ッ!!トレセン学園へ!!」

 

スネーク「むっ!貴方がこの学園の理事長殿ですか!?」

 

秋川「いかにもッ!わたしが此処の理事長!!」

 

スネーク「これは!うちの娘をよろしく頼みます!」

 

秋川「うむ」

 

 

 

 

 

D-ホース「なんかボス、今日はしっかりしてる?」

 

スネーク「当たり前だ、理事長殿に無礼があっては...」

 

 

ゴルシ「理事長なんか今日は大人しくないか?」

 

秋川「当然ッ!司令官殿に粗相があっては...」

 

 

 

スネーク「(DDの信用に...)」

 

秋川「(学園の信用に...)」

 

 

 

スネーク&秋川「「(関わるッ!!)」」

 

 

 

たづな「で、では案内します」

 

スネーク「頼みます!」

 

 

 

=========================================

 

【トレセン学園 プール】

 

 

たづな「ここがプール場です。主にスタミナを鍛えるために使用します」

 

スネーク「ふむ....可愛い子が結構いるな」

 

 

その女の子たちは全員スク水姿で、各々色んな形で泳いでいる

 

 

D-ホース「ちょっと、変な事考えてるんじゃないでしょうね」

 

スネーク「いや、カズを連れて来なくて良かったなぁー...って」

 

 

===

==

 

 

 

-およそ2週間前 マザーベース甲板-

 

 

ピークォド「副指令!いい加減にヘリから手を放してください!!」

 

D-ホース「ははは...」

 

カズ「全国からウマ娘が集まるんだろ!?俺も連れてってくれ!」

 

スネーク「アホの女ったらしめ!連れてくわけがないだろう!!」

 

オセロット「そもそもお前が行ったらボスが居ない間の指揮はどうすんだ」

 

カズ「行きたいー!!」

 

オセロット「お前達!」

 

スタッフA&B「「はっ」」

 

ガシッ

 

カズ「あっ、何する!」

 

スネーク「ピークォド今だ!」

 

ピークォド「はい!」

 

バババババババ!!

 

カズ「スネーク!!スネェェェェェク!!!!」

 

 

 

==

===

 

 

D-ホース「確かにそうね...カズさんは優しいけど下心がね....」

 

 

もし連れて来ていたら、少なからずこの子達に迷惑を掛けていただろう

最悪の場合、プールに飛び込んで猥褻な行為に及ぶかも知れない

 

 

スネーク「ああ、本当に連れて来なくて良かった」

 

たづな「? では次に行きましょう」

 

 

***

 

 

たづな「ここがトレーニングルームです、様々な道具があり、日々ウマ娘さん達が特訓に励んでいます」

 

スネーク「すごいな....ここまでとは」

 

 

広大な敷地に数多の道具、これは素晴らしい

DDにも欲しいが狭いな...筋トレ専用プラットフォームを作るか?

 

 

D- ホース「また変な事考えてるでしょ」

 

スネーク「い、いや」

 

 

その後もトレセン学園を回り、様々な人、物、施設を見た

 

 

 

 

 

 

D- ホース「もう行くの?」

 

スネーク「長い間開けとく訳にはいかないからな」

 

スペ「大丈夫だよ!D- ホースちゃん!」

 

スズカ「これから一緒に頑張りましょう」

 

スネーク「“娘„の事をよろしく頼むぞ」

 

スペ&スズカ「「任せてください!」」

 




この後D- ホースはスペとスズカと同室になった


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

5 初日

この小説のトレーナーはアニメの人です


ーD- ホース視点ー

 

ピピピピッ

 

D- ホース「あぁ、朝かぁ」

 

 

高らかに鳴る目覚まし時計を止め、学園から支給された制服を着る

 

 

スズカ「早いのね」

 

 

右側に寝ていたスズカちゃんが私に声を掛ける

 

私は右側にスズカちゃん左側にスペちゃんの真ん中で寝ている、昨日も寝る前にいっぱいお話をした

 

 

D- ホース「うん、私の家はそういう所だったから」

 

スズカ「今日から学校だけど大丈夫?」

 

D- ホース「大丈夫!大丈夫!勉強は出来るから!」

 

スズカ「そう、良かった」

 

 

本当に心配してくれたのだろう、私がそう答えるとホッとした表情をした

 

 

D- ホース「スペちゃんは起きないの?」

 

スズカ「この子はいつもこうなの」

 

 

 

この後、寝ているスペちゃんを起こして学園へ向かった

 

 

 

==========================

 

午前の授業はグラウンドであった、各ウマ娘の技量を図るためである

 

 

トーレナー「よーし!皆!一回走ってみようか!」

 

ウマ娘達「「はいっ!!」」

 

 

 

トレーナー「よーい、スタート!」パンッ!

 

 

ウマ娘が一斉に走り出す、その遥か前方に一つの影があった

 

ダイアモンドホースである

 

 

ウォッカ「凄い!」

 

ダイワ「これが世界の警察のウマ娘の力!」

 

 

負けじと他のウマ娘も食いついていく

 

結果はダイアモンドホースが一着、サイレンススズカが二着、トウカイテイオーが三着であった

 

まだ練習ではあるがこれは幸先がいい

 

 

ー4時間後ー

 

 

トーレナー「流石だな」

 

D- ホース「ありがとうございます」

 

トレーナー「スピードもスタミナもパワーも根性も最高だな、これは鍛えたら化けるなぁ」

 

ゴルシ「面白くなってきたぜ!」

 

トレーナー「よし!午前はこれで終わりだ!」

 

 

ウマ娘達は腹を空かせて食堂へ向かった

 

 

 

***

 

 

いつも賑やかな食堂だが今日はいつも以上に賑やかだった、我こそはとウマ娘達がダイアモンドホースに質問をしまくっているためである

 

 

ウマ娘A「D- ホースちゃんのお父さんってどんな人!?」

 

ウマ娘B「どこから来たの!?」

 

怒涛の質問だ、一人では捌けない

 

D- ホース「え、えっと・・・」

 

スペ「うふふ」

 

ゴルシ「ほらほらお前達D- ホースが困ってるじゃねぇか、質問は後だ後」

 

ウマ娘達「えーっ!」

 

 

ダイアモンドホースに質問攻めをしていたウマ娘達はゴールドシップに少々文句を言いながら散っていった

 

 

D- ホース「ありがとう」

 

ゴルシ「どうってことねぇ!それよりメシ食べようぜ!」

 

 

机には色とりどりの食事があり、とても美味しそうである、だが一つ問題があった

 

 

D- ホース「・・・少ない?」

 

ウオッカ「こ、これでか!?」

 

ダイワ「かなり多めじゃない!?」

 

ゴルシ「スペと同じパターンか?」

 

スペ「何でですか!」

 

スズカ「ダイアモンドドッグスってどんな所なの?」

 

 

皆がダイアモンドホースの大食いで盛り上がっている中、スズカが質問をする

 

 

ウオッカ「俺も気になるなぁ」

 

D- ホース「えっと、簡単に言えば規模が大きい国際的な警備会社みたいものだよ、確かこの前日本の企業に雇われたはず」

 

ゴルシ「(もしかしてこの前のイベントにいた変な覆面集団か?)」

 

スペ「すごい!」

 

ダイワ「そのスタッフさん?達はどういう人たちなの?」

 

D- ホース「ちょっと変でおバカで少し抜けてる所はあるけど皆優しい、最高の家族だよ」

 

スズカ「あなたは家族が大好きなのね」

 

D- ホース「もちろん!」

 

 

それからダイアモンドホース達は談笑しながら食事を摂った

 

 

 

***

 

 

ーD- ホース視点ー

 

午後の授業は教室であった、学校でするような勉強や、ウマ娘のことなど様々な事を学ぶ

 

教師「ここは2xで・・・」

 

バババババ・・・

 

授業を聞いていると遠くからヘリコプターの音が聞こえる、ヘリの音は好きだ、ふと窓を見ると

 

D- ホース「うえっ!?」

 

教師「どうしました!?」

 

D- ホース「い、いえ何でもありません」

 

スペ「大丈夫?」

 

D- ホース「大丈夫だよ、気にしないで」

 

 

さて、私がヘリを見て驚いたが唯のヘリでは驚かない、ヘリは色々な事に使われる消防隊やテレビ局などだ、では何故驚いたか、それはそのヘリの体にダイアモンドドッグスのエンブレムが描かれていたからだ

 

 

D- ホース「(まさかここに来るつもり!?)」

 

 

いや、そんなことは無いだろう、きっと自衛隊との合同訓練で近くを飛んでいるだけだ、絶対に

 

 

教師「ここの問題ですが・・・」

 

ババババババババババ!

 

 

やっぱり来ている!あのバカ家族ぅ~!

 

 

D- ホース「先生、あの家族が・・・」

 

その時教師の顔がギョッとしたのを私は一生忘れないだろう

 

 

***

 

 

スタッフ「理事長さん!ヘリはどこに降ろせば良いですか!?」

 

秋川「ここに頼む!」

 

 

そう聞いたスタッフ達はヘリを降ろし、荷物を運び出す

 

 

D- ホース「ちょっとスタッフさん達!何でこんな所に居るの!?」

 

スタッフA「おお!D- ホースちゃん久しぶり!」

 

スタッフB「ボスから聞いてなかった?俺達D- ホースちゃんの生活用品を持って来たんだよ」

 

 

建物の陰に隠れて他のウマ娘がスタッフ達を見る

 

 

ダイワ「確かに優しい?人達ね」

 

スペ「何で皆さん覆面をしているのでしょうか・・・」

 

スズカ「さぁ・・・」

 

 

 

スタッフA「あっ、そうだ!D- ホースちゃんこれ!」

 

D- ホース「これは?」

 

スタッフB 「スマホだよ!都会じゃあこれがないと!」

 

D- ホース「ありがとう」

 

スタッフB「それにしても制服姿のD-ホースちゃんはかわいいなぁ 」

 

D- ホース「あ!スタッフさん前!」

 

スタッフB「へ?うわぁーーー!!」

 

ドンカラガッシャーン!

 

D- ホース「ああもう!」 

 

 

 

 

ゴルシ「確かに変な人達だ・・・」

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。