同盟上院小咄 アルフォンス・ナヴァロの同盟美食行脚 (Kzhiro)
しおりを挟む

ハイネセンポリス特別区・三月兎亭のローストビーフディナー

「自由惑星同盟が帝国に勝る点はいくつか存在する。一つに人民の自由の確かな保障、一つは憲章による人権の保障、一つは政治プロセスとしての民主主義の保障、そして…多様な文化の保障による人類の宝、料理文化の保障だ。(とある美食家)」


立て込んでいた仕事がひと段落つき、私、アルフォンス・ナヴァロは久方ぶりにしっかりとした店で外食を取ろうと思い至った。

 

そこで同僚に「ハイネセンポリスでいい店はないか」とたずねてみたところ、三月兎亭(マーチ・ラビット)なる店を紹介してもらった。ゼリーサラダが絶品とのことである。食に目がないと自称する私にとっては久方ぶりに「当たり」の店であることを確信した。

 

職場から地下鉄と徒歩で20分ほど。民主共和政を掲げ、多彩な国からなる連邦である自由惑星同盟の首都に存在しているというには落ち着いた雰囲気を持つこの店は、高級軍人たちのお気に入りだという。あのグリーンヒル提督も家族を連れてよくここに来るという。

 

早速私は店に入る。内部の雰囲気もこれまた落ち着いた雰囲気で、家族連れやカップル、あるいはお一人様がちらほらと見える。私は窓際の席に腰掛け、メニューに手をかけた。

 

この時間帯はどうもディナーの時間帯であり、全地啓典民国風海鮮ディナーやハンバーグディナーといった趣向を凝らしたメニューがずらり、と並んでいた。

 

だが私はここは敢えて安いメニューを選ぶことにした。ローストビーフディナーである。意外とこういった安いメニューが当たりだったりするのだ。早速私はウェイターを呼び、ローストビーフディナーを注文した。久方ぶりの外食である。私は舌舐めずりをしたい衝動に駆られた。

 

大体10分あたりで食前酒が到着した。甘口のシードルである。甘いりんごのフレーバーと弾ける炭酸が胃をこれからの食事に向けて整える。使用しているりんごは…ガラティエ産だったりするのだろうか。私はあそこのシードルが好きなのだが。そうであったら嬉しいものだ。

 

続いて前菜が到着した。同僚が絶賛していたゼリーサラダだ。早速匙を入れ、つるんとした食感とゼラチンと野菜の相反する硬さ。そして野菜由来の新鮮な食感。確かにこれは同僚が絶賛する味わいだ。しっかりとこれを味わう。

 

食べ終わり、すぐさま次のメニューが来た。スープとパンである。コーンポタージュと石窯パンのセット。私は早速匙を手に取りスープを口に運ぶ。とうもろこしとコンソメが奏でる確かなハーモニー、優しい味わい。コーンポタージュはこうでなくてはいけない。本来スープにパンを浸すのは邪道だとか、マナー違反だと言われているが、ここは自由の国、自由の諸邦だ。そんなの知ったことか。第一、私は今一人で来ているのである。誰も咎めやしないだろう。私はパンを一欠片ちぎってスープに浸し、スプーンに乗せて口に放り込んだ。美味い。

 

そうしてコーンポタージュを楽しんでいたら、次の料理が来たようだ。メニューによれば魚料理、真鯛のソテータケミナカタ風である。シェフによればこの真鯛はハイネセンポリス近海で取れたそうだ。しかしタケミナカタ風とはここのシェフは意外と分かっているようだ。鯛はタケミナカタ風ソテーにすると意外にも美味かったりする。早速鯛を口につける。うん、やはり鯛は淡白だが美味い。しかし鯛、とりわけタケミナカタ風ともなるとサケ、とりわけ純米の奴が欲しくなってくる。

 

さて、いよいよメインディッシュ、主役の中の主役、肉料理、ローストビーフである。足取りも早く、その深い茶と赤のコントラストが美しいその牛肉の薄切りが乗った皿を、ウェイターが丁寧に机に置いた。私は早速フォークを手に取り、その輝く牛肉を突き刺し、口へと運ぶ。

私は自分の選択が正解であったことを確信した。噛めば噛むほど牛肉が持つジューシーな肉汁と共に旨味が溢れ出し、口内を潤していく。これまでの美食の道の中で牛肉は数多く食べてきたが、このローストビーフはそれに勝るとも劣らない料理であった。しっかりと噛み締めた後、嚥下した。

 

ここで私の脳髄に悪魔的な発想が迸った。私の視線の先にはこれからじっくりと味わおうと残しておいた石窯パンがまだ残っていたのである。

「石窯パンにこのローストビーフを乗せたらもっと上手くなるのではないか?」

単調な加法的発想ではあるが、私はそれを試さずにはいられなかった。パンに切れ込みを入れ、その切れ込みの中にローストビーフを何枚か突っ込み、出来た「それ」を思いっきり齧り付く。

美味い。石窯パンの芳香な風味と牛肉のジューシーな味わいが調和して、ただただ脳髄が美味いという情報で満たされる。もはや言葉など要らない。私はただただそれに齧り付き、ひとしきり肉料理を楽しんだ。

 

メインディッシュを楽しんだ後はデザートのジェラートとコーヒーで一息をつく。ジューシーな肉料理の後のジェラートは実に甘美な味わいで、清涼なひと時であった。

実に満たされたひと時であった。私はジェラートを食べ終わり、コーヒーを啜りながらそう思った。食というのはすなわち「満たす」至高のひと時であると言える。私はこのひと時がどの時間よりも大好きであった。

 

明日同僚に会ったらお礼を言ってやろう。私はカップをソーサーの上に置くと、勘定のためにゆっくりと立ち上がった。

 

三月兎亭のローストビーフディナー、評価をつけるとしたら5点中4.5点であろう。隠れた名店が、このハイネセンポリスの街に確かに存在した。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ガラティエ共和国・リストランテ・アピキウスのイタリア料理

「文化の多様性の最たるものを知りたくばガラティエに行け。そこで胃を満たしてしっかりと見物すればお前はもう文化人の雛鳥だ。(とある芸術家)」


溜まっていた有給休暇の許可が降りたため、久方ぶりにガラティエ共和国に足を運ぶことにした。

 

アーレ・ハイネセンの長征から離脱した集団が建国し、「ローマ共和国属州」という一風変わった看板を掲げるこのガラティエ共和国は「中間星域の盟主」「長征の次女」と称される程の影響力を誇る構成邦であり、またそれに伴って豊かな文化を誇る国として有名である。ハイネセンの美術館で名作と称えられる絵画や彫刻の類の殆どがガラティエで作られた作品であると言ってしまえば、その文化の豊かさが窺えるだろう。

 

また、当然ながら食文化も豊富であり、主要産品であるトマトやバジル、オリーブなどをふんだんに使用した豊富な地中海料理は自由惑星同盟に籍を置くものであれば一度は口にするほどメジャーな料理であり、美食家であれば一度はガラティエに足を運ぶほどのものである。

 

そして忘れてはならないのが酒である。ガラティエの豊かな第一次産業に支えられ、確かな酒造業によって作られた高品質な酒の数々はガラティエを「ジョージ・パームの愛した星」、「Planetes Bacchi(酒神の惑星)」と呼ばれる根拠であり、私の心の師たる美食家アンブローズ・ジェームズをして「ガラティエの酒は美食の友」「ガラティエの酒飲まなくして美食家は名乗るな」と謳われるほどの良品として有名である。とりわけガラティエワインはかなりの高級酒として有名であり、年代物であれば数百万はくだらないとされる。

 

さて、今回私はそんな素晴らしい料理と酒を出してくれる素晴らしい店の前に立っている。首都ルームの繁華街にこれ見よがしに立つ高級レストラン、「リストランテ・アピキウス」。ガラティエの精神たる古代ローマを代表する美食家の名を冠した、名店中の名店である。今回私はこの店に予約を入れたと言うわけである。

 

早速私は店内に足を踏み入れた。小綺麗な制服を纏ったウェイターが一通りの確認を行った後、速やかに席に案内した。流石は高級店であり、一片のシミもない白亜の壁やそこに飾られた美しい絵画、彫刻が、豪勢さを誇るシャンデリアに照らされてより美しく輝いて見えた。

 

そんな店内の様子を楽しみながら案内された席に着いた私はお手拭きで手を拭いた後、テーブルの脇に立てかけてあるメニューに目を通した。「リストランテ・アピキウス」は地中海料理の中でも有名なイタリア料理の専門店であり、メニューに書かれてあるラインナップも殆どがイタリア料理であった。私は一通りメニューを眺めた後、「アピキウスの贅沢セット」と呼ばれる少々お高めの料理が多めに出てくるらしいセットメニューを注文した。無論、ガラティエワインも込みである。

 

暫くメニューを眺めていると前菜が酒と共に到着した。サーモンのカルパッチョ、プロシュート、チーズ盛り合わせという豪華なラインナップである。

まずはワインのコルクを開け、並々とグラスに注いで香りを楽しんでみる。葡萄の芳香な香りが鼻腔を刺激する。一通り楽しんだ後、一口ほど口につけた。ほんのりフルーティーな味わいと微かな酸味と渋みのハーモニー。やはりガラティエのワインは酒の王とも言えるだろう。満足する味わいである。

 

カルパッチョに手をつける。玉ねぎのさっぱりとした味わいとサーモンの濃厚な味わい、そしてレモン汁由来の酸っぱさ。なるほどこれはワインによく合う代物である。ワインを一口含んだ。

 

続いてはプロシュートである。こちらは生ハム特有の脂っこい濃い味わいが口腔を支配した。なまじカルパッチョを食べた後だと味がよくわかるものである。思わずカルパッチョ、プロシュート、カルパッチョ、プロシュートの順に食べていった。チーズは言わずもがなである。ワインによく合う代物だ。

 

さて、次にやってきたのはパスタであった。キノコのクリームパスタとアーリオオーリオ・ペペロンチーノの二皿である。まず私はペペロンチーノの方に口をつけた。唐辛子の辛味とオリーブオイルの程よい肉油っこさ、そして良質の小麦から生まれるもちもちとした麺の食感。素晴らしいとしか言えない。

続いてはキノコのパスタに口をつけた。麺にまとわりつくクリームがキノコと麺を包み込み、優しい味わいを醸し出す。これも素晴らしい一品であった。一通り食べた後、ワインを喉に流し込む。

 

その次にやってきたのはピッツァであった。モッツァレラピザとプロシュートのピザ。パスタでこの美味しさであったのだから、次もまた期待できるだろう。一通り切り分けながら期待に胸を膨らました。

切り分け終わったらまずはプロシュートのピザから口をつける。良質の小麦から生まれるもちもちとした食感にトマトとバジルの旨味がのし掛かり、さらにプロシュートの重く、脂っこい旨みがこれを包む。ずっしりとした旨味、はまる美味しさとはまさしくこのことである。

次にモッツァレラピザに口をつけたのであるがまさしくこれは当たりであった。ワインに程よく合う美味しさのチーズがトマトとバジル、そして小麦の生地の旨味と共に高次元の味に昇華する。まさしく感極まる味であった。ワインを飲まずにはいられない。

 

メインディッシュの最後とも言える料理は海鮮料理であった。アクアパッツァとズッパディペッシュ。もうそろそろキツくはなってきたがシェフの技術の精髄たる料理を残すのは失礼というもの。まずはアクアパッツァに匙を入れた。先程の料理に比べるとそれほど主張が激しいわけではないが魚介の旨味とオリーブの香りがぎゅっと詰まったスープは膨れかけた腹でもなかなかいける。

続いてはズッパディペッシュ。こちらはブイヨンなどを使っているためか、なかなか味の主張が激しい代物であり、これはこれで美味い。前菜の時と同じく、交互にいただいた。

 

デザートが来るまでの間、ワインを並々と注ぎ、しっかりと味わうようにして飲んだ。ああ、個人がこのような贅沢を味わってもいいのだろうか。罰が当たりはしないのだろうか。いや、当たりはしないだろう。むしろこれだけ素晴らしいものを食べて罰が当たるのがおかしい。ここは帝国じゃあるまいし。やはりガラティエは美食家の天国とも言えるだろう。

 

ワインを一通り飲み終わると、デザートが来たようである。牛乳を使用した自家製のジェラートであり、さっぱりとした味わいであった。

 

アピキウスのフルコースを評価するのであれば5点中4.8点である。現時点での最高得点とも言える点数であり、それに相応しい料理であった。是非とも機会があればまた立ち寄りたい。



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。