混血のカレコレ~黒い獣~ (黒い幻想)
しおりを挟む

始まり

混血のカレコレにハマっているので書きたくなりました。


「お、おい!あのマンティコアを一瞬で・・・」

「予想以上の逸材だぞ・・・これが獄狼の力か・・・」

 

戦い。それが俺の生きる理由だった。だから、俺はそれに委ねた。いや、俺にはそれしかなかったから。

 

~~

 

「これで良し、と。」

「エース君、何してるの?」

「ホノカか。少し看板作りをな・・・」

「そっか、今日からだったね。何でも屋開くの。」

 

ここは俺達の家で、仕事場でもある。そしてこの家には俺とホノカの他にも二人の住人がいる。

 

「本当にいいのか?嫌なら手伝わなくたって構わないが・・・」

「ううん、ホノカもエース君を手伝いたいしね。」

「そうか・・・ん?」

 

階段から足音が聞こえる、先ほど言った二人の住人であるコトリとウミが降りてきた。

 

「エース君?ポスター作り終わったよ?」

「コトリ、エースは忙しいんですからあまり」

「いや、気にしなくていい。」

「でもエース・・・」

「そんな事より、早く開こうよ!」

 

ウミの言葉を遮ってホノカが早く開店するよう急かした。

 

「そんなに急かすな、まだ時間はたっぷりある。」

「ちぇ~。」

 

だが、慌てる必要はない。奴らを探すのが目的だが何も急ぎでする事ではない。

 

「そうは言いましたけど、どのようにすればいいのか・・・」 

「それについては問題ない、同業者に聞いておいてある。」

「同業者?」 

「ああ、今日も同業者との約束があるから行ってくる。」

「「いってらっしゃ~い」」

「遅くならないようにしてくださいね?」

 

三人の少女に見送られて俺は家を出た。

 

~~

 

「すまない、遅れた。」

「良いって!俺達も着いたところだから。」

「それで、今日から開くんだよね?」

「ああ、お前達からは色々教えてもらった。感謝する。」

 

約束のカフェにいたのはカゲチヨとヒサメ、数少ない友達だ。そして、俺達と同じトッププレデターに体を作り替えられた混血児でもある。

 

「良いって、俺達はダチなんだからさ。」

「カゲがそんな事言うなんて、珍しいね。」

「うるせえ!」

 

軽口をたたき合う2人、正直これで付き合っていない事に驚いている。

 

「お礼にこちらからも色々情報提供させてもらう。」

「おう。」

「でも、無茶だけはしないでね?」

「分かっている、それより何か食べたい物はあるか?よければ奢るぞ?」

「え、いいの?」

「ああ。」

 

ヒサメの表情がパッと明るくなる。

 

「ヒサ、食べすぎんなよ。」

「一言多い!」

「痛い痛い!悪かったって!」

「それでは行くぞ。」

 

こうして、俺は楽しい一時を過ごした。なお、帰ってホノカ達に遅くなった事を怒られたのは言うまでもない。

 

 

 

 

 




因みにホノカ達も混血児という設定です。

持っているDNAは
エース ケルベロス×狼男
ホノカ ガルム×八咫烏
コトリ 一旦木綿×ワイバーン
ウミ  玉兎×ウンディーネ


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。