聖女のヒーローアカデミア (日々廃)
しおりを挟む

聖女と物語の始まり

 ――――朝。

 窓の外から聞こえてくる喧噪が次第に大きくなっていく中、少女は目を覚ました。

 腰まで伸びた金の長髪を煩わしく思いながらも、手慣れた様子で梳いている様は、さながら絵画のように美しく幻想的であった。

 髪を梳き、大きく三つ編みにして纏めた後、おもむろにテレビのリモコンへと手を伸ばしその電源ボタンを押した。

 

 『本日出現した引ったくりを行った巨大な(ヴィラン)ですが、本日デビューとなったMt.(マウント)レディによって無力化されました。この事件における被害は――』

 

 

 まだ朝早いというのにはきはきとニュースを伝えるアナウンサーに尊敬の念を抱きつつ、ニュースの内容について考える。

 

 Mt.レディのデビュー。

 それは他の人間からすれば、「また新しいヒーローが出てきた」という感想しか出てこないだろう。

 事実、月に数人のペースでヒーローは誕生している。彼女も()()()()を知らない一般人であったなら、同様の感想を抱いていつも通りの日常を繰り返していたのだろう。

 しかし、彼女はこの世界のことを知っている。自身のいる世界が、週刊誌にて連載され、アニメ化を果たした有名作品である『僕のヒーローアカデミア』の世界であることを。

 

 

「とうとう、物語が始まるのですね……」

 

 

 彼女もその作品を愛読していた一人のファンであり、原作キャラと話すことができるかもしれないという高揚と、これからの戦いへの不安を感じながら、彼女は“個性”を発動させる。

 見る人によって解釈が変わってくるであろう絶妙なデザインのキャラクターが描かれたTシャツと、ゆったりとしたショートパンツというどこにでもいそうな少女の服装は瞬く間に甲冑を模した服装へと変化し、手元には長柄の旗が現れる。

 

 

「私の“個性”でどこまで通用するかはわかりません…………ですが、仲間となれたその時には…………」

 

 

 少女は立ち上がると、手に持っていた旗を回す。

 ただでさえ扱うのが難しい長柄の武器。しかも少女の持つそれの先端には旗までついているため、扱うのは相当難しいはずである。しかし、少女は慣れたように旗を回す。その様子から彼女が旗の扱いに熟練していることがわかる。

 その動作は彼女にとってはルーティンのようなものになっていた。

 彼女に“個性”があることが分かってから、彼女は自身の力を十分に扱えるように努力していた。

 そして、彼女の動作がまさに終わるその時――

 

 

 

 

 

「あっ」

 

 

 

 

 そうして、少女の一日は陶器の割れる音から始まった。

 

 

 

 

□ □ □ □ □ □

 

 

 

 

 床に落ちた花瓶の破片を片付けて、私は家を出た。

 やっぱり、室内で振り回すものじゃないな……。旗の扱いには慣れたつもりでいたけど、油断するとすぐにこれだ……。

 今朝のニュースを見てテンションが上がったせいでもあるな……。

 

「はあ……」

 

 予期せぬ出費に深くため息をつく。

 

 しかし、しかしだ。Mt.レディのデビューということは、今日オールマイトと緑谷出久の出会いがあるはずだ。

 

「ふふ……」

 

 思わず頬が緩んでしまう。

 何を隠そう私は転生者である。

 前世ではどこにでもいる普通の男子大学生だったが、『僕のヒーローアカデミア』という作品は愛読していた。アニメだって当然見ていたし、単行本だって出るたびに買っていた。最推しである葉隠れちゃんの顔が出てきたときはあまりのテンションの上りように友人から割とガチめの「気持ち悪い」をいただいたものだ。

 

 だが、いくつかの問題点もあった。

 一つ目は私というイレギュラーがいること。

 捕らぬ狸の皮算用と言えばそれまでだが、もし私が雄英に入学したとき、原作のキャラのだれかが弾かれてしまうのではないかということ。

 

 二つ目は私が女に生まれたことだ。

 これに関しては私が前世で性転換モノの作品や二次創作などを好んで読んでいたこともあり、早いうちに適応し、今ではすっかり女性らしい言葉遣いや仕草などもできていると思いたい。

 

 問題は三つ目である。

 私がこの世界に転生して得た“個性”の名は『裁定者(ルーラー):魔力変換』。

 魔力変換。これはその名の通りありとあらゆるものを魔力へと変換できる“個性”だ。ただし、生物は変換できない。

 私からすればぶっ壊れもいいところだが、その実この個性は単体では活かすことのできない個性である。災害救助や、その瓦礫の片づけに使うことができるかもしれないが、超常の力が一般的となったこの世界では、“個性”の台頭とともに魔術が廃れてしまったこの世界では、体に溜まった魔力を発散する手段がないため、すぐにキャパオーバーになってしまう。

 確かに、未だに魔術を使う者もいるようだが、その人が魔力変換の個性を持っていなければ意味がないのだ。

 しかし、もう一つの裁定者(ルーラー)に関しては頭痛の種である。

 ルーラー。

 それはFateシリーズにおける英霊のクラスの一つであり、今の私の元となっている英霊のことである。

 個性の能力は、英霊ジャンヌ・ダルクの力を得るというものである。英霊の力を持つ私にとって、魔力変換というもう一つの個性はまさに鬼に金棒と言わざるを得ない能力である。

 どうやら私は研究所で作られた実験体のようで、魔力を崇拝する教団によって、『魔力変換』という個性を有効活用するために作られたようだ。

 その実験の過程で個性の組み合わせによって『裁定者』という個性が完成し、魔力変換と結合されたようだ。

 

 これが狂戦士(バーサーカー)のような攻撃特化の英霊ならヴィラン予備軍待ったなしだが、ジャンヌ・ダルクという防御に重きを置いている英霊になったのは、おそらく世界によるバランス調整的なものが図られたのではないかと思う。多くの魔力を食らうが故に行動を制限させられるらしいバーサーカーが、魔力変換なんて力を得たら金棒なんてものでは済まないだろう。

 

 私がこの世界で目を覚ました時には既にジャンヌ・ダルクとしての肉体が完成しており、私は培養槽の中にいた。

 その時はまだ意識がはっきりとしておらず微睡んでおり、私の意識がはっきりする頃には既に私を作った組織はヒーローによって壊滅させられていて、私はヒーローによって保護された。

 

 その後、私に対する聴取や簡単な学力検査によって中学校までの学習は理解できていると認定され、私は今年の受験で高校生になることができるようになった。これはつい一年前のことで、受験まで10ヶ月をきったので、そろそろ勉強やら何やらを始めなければいけない。

 目指すのは雄英ヒーロー科一択だ。

 

 

 おっと、目的地に着いたようだ。

 確か足りない食材や調味料を買いに来たんだっけ。あと花瓶。

 今朝の出来事のせいか今日はやけに考え事が多いなぁ。

 

「ありがとござっしたー」

 

 やる気のない挨拶を聞いて私は店を後にする。

 そのまま特に何もないまま帰宅。

 

 

「……やることがないですね」

 

 受験勉強をしなければならないとはいえ、前世の私は大学生であり、高校受験程度の問題にそうそう躓くこともない。

 保護されたときに受けさせられた学力検査によって、中学校までの教育課程を終えたと認定されている私は、学校にも通っておらず、バイトをすることもできないのでかなり暇なのである。

 

「そうだ、サーヴァントを召喚しましょう」

 

 唐突にそう思い立った私は、床にテキトーにそれっぽい魔法陣を書き、触媒なんてものは当然持っていないため、盛りに盛った自撮り写真を触媒にして詠唱する。

 

()に銀と鉄。()に石と契約の大公。

 降り経つ風には壁を。

 四方の門は閉じ、王冠より出で、王国に至る三叉路は循環せよ。

 

 閉じよ(みたせ)閉じよ(みたせ)閉じよ(みたせ)閉じよ(みたせ)閉じよ(みたせ)

 

 繰り返すつどに五度。

 ただ、満たされる(とき)を破却する。

 

 

 ――――告げる。

 汝の身は我が下に、我が命運は汝の剣に。

 聖杯の寄るべに従い、この意、この理に従うならば応えよ。

 

 

 誓いを此処に。

 我は常世(すべ)ての善と成る者、

 我は常世総ての悪を敷く者。

 

 汝 三大の言霊を纏う七天、

 抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ――――!」

 

 

 ふっ、決まったぜ……!

 そもそも聖杯戦争でもなんでもないため、サーヴァントが召喚される心配もない。ただ私がやりたかっただけである。

 前世では家族が家にいたためにできなかったが、全力で詠唱するのは気持ちがいい。

 

 さて、片付けるか。

 私が魔法陣を片付けようと近づくと、魔法陣は光りだした。

 

「えっ、ちょっと待って、なんで――」

 

 思わず声を上げるも、魔法陣は構わず光りを放ち、光が視界を埋め尽くした。

 光が収まると、私の書いた魔法陣の上に一人の女性が立っていた。

 

 

「サーヴァント、アヴェンジャー。召喚に応じ参上しま…………は?なんでアンタが私を召喚してるのよ?」

 

  

 ……えぇ…?なんか召喚できちゃったんですけど…………



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

聖女と竜の魔女

「サーヴァント、アヴェンジャー。召喚に応じ参上しま…………は?なんでアンタが私を召喚してるのよ?」

 

 目の前で不機嫌そうに腕を組んでいる女性を、私は知っている。

 彼女の真名はジャンヌ・ダルク・オルタ。

 彼女は『Fate/Grand Order』というゲームに登場するサーヴァントである。

 私の元となったサーヴァント、ジャンヌ・ダルクとは異なり、復讐者(アヴェンジャー)のクラスで現れた彼女は、自らを殺したフランスへ憎悪を向け復讐しようとしていた。

 なんやかんやあって解決され、その後はFGO屈指の人気キャラとなったひねくれ少女だ。

 

「何か返事しなさいよ」

「あ、ああ……すみません、少し考え事を…」

「それで、なんで私を召喚したのよ?」

「あのぅ…その……その件についてなんですが……いくつか謝らなければならないことがありまして……」

「ふぅん……?言ってみなさい」

 

 腕を組み、早く続きを話すように言う彼女を見て、思わず背筋を伸ばしてしまう。

 正座をしたまま、私は話を続ける。

 

「今回の召喚なんですが……その……手違いと言いますか……」

「は?」

「ノリで魔法陣を書いて詠唱したら召喚できたと言いますか……」

「は?……っていうか、何その服装?アンタ、受肉してるの?」

「というか、私はジャンヌ・ダルクではないのです……」

 

 怪訝な表情になったジャンヌ・オルタに説明する。

 この世界が、彼女がいた世界とは異なる世界であること。

 私の個性について。

 

 私の話に腕を組んで数秒考えたジャンヌ・オルタは、軽くため息を吐き出して言った。

 

「…まあ、いいでしょう。召喚に応じた以上はあなたをマスターとして認めます。しかし、アンタの見た目でマスターと呼ぶのは嫌ね。アンタ、名前は?」

「さ、早乙女 聖(さおとめ ひじり)と申します……」

「そう、ならヒジリと呼ぶわ。私のことはアヴェンジャーと呼びなさい」

「わかりました」

 

 ある程度の情報を伝えひと段落したところで、私から視線を外したアヴェンジャーは何かに気が付いたかのように動きを止める。

 まさか、敵か……?

 

 

 

「ねえ」

「痛っ、痛たたたたたっ!?な、なんで急にアイアンクロー!?」

「アンタ、私を召喚するとき何を触媒にしたの?」

「あっ……!」

 

 

 盛りに盛った自撮り写真……!!

 

 

「オシオキが必要なようね?」

「あ、あの……ごめんなさい……」

「問答無用」

「嫌ァァァアアア!!」

 

 

 その後数時間は頭が痛かった。

 

 

□ □ □ □ □ □

 

 

「それで、アンタの言う受験まであと10ヶ月もあるのよね?どうするの?」

「その、サーヴァントとしての戦い方を教えて欲しいなあって」

 

 夜になり、ようやく頭の痛みが引いてきたころ、アヴェンジャーはおもむろに私に訊ねてきた。

 

 10ヶ月もあると言えば聞こえはいいが、逆に言えば、10ヶ月のうちに雄英に受かるレベルになっていなければならない。

 筆記試験に関しては特に問題はないが、実技試験に関して私のやったことと言えば部屋の中で旗を振り回すことだけである。

 せっかくサーヴァントが、しかも私と同じく長柄の旗を扱うジャンヌ・オルタがいるのだ。彼女にジャンヌ・ダルクの戦い方を教えてもらいたい。

 私の意見を聞いたアヴェンジャーは、少し考える素振りをしたあと、すぐに私に向き直った。

 

「ついて来なさい。人のいない開けた場所がこの近くにあるわ」

 

 そういうと、アヴェンジャーは窓から飛び降りて行った。

 私も個性を発動させてそれを追いかける。

 私とアヴェンジャーはなかなかの速度で走っているが、夜の住宅街を歩いている者はおらず、目撃されることはなさそうで一安心だ。

 

「ふぅん、肉体はあいつのものと遜色ないわね」

「私も、こんなに体力があるとは思いませんでした」

「なに?いつも走っているわけではないの?」

「ヒーローでもない者が個性を使用していると捕まるんです」

「へぇ、面倒ね」

 

 走りながら会話をする。

 サーヴァントだけあってかなりの速度だ。そしてそれについていける私の体力にも驚いた。

 

「なら私は普段霊体化しておけばいいのかしら?」

「いえ、服だけ変えとけば大丈夫ではないですか?いざとなれば武器を取り出すこともできるでしょう?」

「いや、私は高校に入学する気がないもの。でもアンタのそばにいるためには霊体化が一番手っ取り早いのよ」

「ああ、それもそうですね」

 

 サーヴァントって便利だなぁ。私も霊体化できないかな。できなか。

 アヴェンジャーはそのまま走り続け、開けた場所についてから立ち止まった。

 

「ここよ。使われなくなった採石場。ここでなら誰にも邪魔されることなく訓練ができるわ。ここまで走ってきてわかったけれど、アンタの体はサーヴァントのものととくに変わりないようだから基礎的な体力トレーニングみたいなのはしないわ。私が教えるのは旗を用いた戦闘と宝具の訓練ね」

「ほ、宝具……?」

「ええ、アンタの体はアイツと一緒のようだから宝具が使えるはずよ……………………たぶん」

「え、いまたぶん「さァ、行くわよ!!旗を出しなさい!!!」……ッ!今絶対に誤魔化したじゃないですかーッ!!!!」

 

 

 急に旗で殴り掛かってきたので、同じように旗で受ける。

 なんて重い一撃……!

 

 

 アヴェンジャーによって繰り出される一撃一撃をなんとか受け流しながら、彼女の動きを観察する。

 サーヴァントの身体能力故か、アヴェンジャーの動きがよく見えるが、体が思うように動かない。

 攻撃をしようにも、彼女が先に畳み掛けてくるので、なかなか攻撃に移れず防戦一方となってしまっている。

 

 一か八かでやってみるか……?

 

「……ふッ!!」

「ぐっ!?……このッ!!」

 

 アヴェンジャーの腹部へ蹴りを入れ、距離を離すが、すぐさまこちらへ向かってくる。

 私はさっき見たアヴェンジャーの動きをトレースするように彼女へと攻撃を繰り出す。

 

「あがっ!?」

 

 攻撃の隙をつかれ反撃を食らう。

 

 さっきのアヴェンジャーの攻撃よりも速さを上げて攻撃しているのに、すぐさま対応されて反撃まで……!?これが英霊……!

 

「お返し……よッ!!」

「え……ふぐっ!?」

 

 腹部に衝撃を受け、私は遥か後方へと吹き飛ばされる。

 

「正直ここまでやるとは思ってもみなかったわ。この様子なら宝具も大丈夫そうね。行くわよ、ヒジリ!!」

「はぁ……はぁ…………っ、……はいっ!!」

 

 私の返事を聞き、アヴェンジャーは言葉を紡ぐ。

 

「これは憎悪によって磨かれた我が魂の咆哮」

「我が旗よ、我が同胞を守りたまえ!」

 

吼え立てよ、我が憤怒(ラ・グロンドメント・デュヘイン)!!」

我が神はここにありて(リュミノジテ・エテルネッル)!!」

 

 

 アヴェンジャーによって放たれた炎を、私の結界が受け止める――――

 

□ □ □ □ □ □

 

「とりあえず、アンタが宝具を使えることは分かったわ。それで、受験は10ヶ月後だったかしら?」

「………………………………………………はい」

「……何拗ねてるのよ?宝具が使えるか試しただけでまだ訓練が終わったわけでもないのに油断したアンタが悪いんじゃない」

 

 ……ボコボコにされました。

 アヴェンジャーの宝具を防いで喜んでいたところを旗で横から殴られ、体勢を崩した私に対してそのまま殴りかかってきたよこの人。

 何度か反撃したけれど、私の反撃なんて気にも留めずに攻撃を続けてきた。この人絶対楽しんでた。神に誓って言えるわ。神信じてないけど。

 帰ってきた私達はとりあえず夕飯を食べた。

 アヴェンジャーが食べるかどうかわからなかったので出してみたが、食べてくれたので一安心だ。

 なんかお腹がいっぱいになったら眠気が……。

 

「まあいいわ。これから受験までの10ヶ月間、アンタに戦い方を教えてあげる」

「ありがとうございます…………」

「ふん。…………眠いの?ご飯を食べてすぐ眠くなるなんてまるで子供じゃない。早くお風呂に入って寝なさい」

「ふぁい……………………」

 

 あれ、足元が……。

 

「ああもう、手がかかるわね。私も一緒に入ってあげるから。ほら、行くわよ」

「ありがとーごじゃいましゅ…………」

 

□ □ □ □ □ □

 

 眠ってしまったマスターを見やる。

 湯舟で眠ってしまったマスターを運び、髪を乾かし、着替えさせ、ベッドで寝かせる。

 まるで本物の従者(サーヴァント)のような働きに思わず苦笑する。

 

「ねえ、いるんでしょう?起きなさい」

 

 眠っているマスターにそう声をかけると、穏やかな寝息はなくなり、その代わりにクスクスとからかうような笑いが聞こえてくる。

 

「気づいていましたか」

「おかしいと思ったのは宝具を使ったときかしらねぇ。あの子は見る限り神なんて信じていない。にもかかわらず天使の祝福による結界宝具を使用できるなんてどう考えてもアンタが働きかけているとしか思えないわ」

「まあ、この子は気づいていないようでしたが」

 

 せっかく私がかけてあげた布団をはがして起き上がったのは、マスターであるヒジリではなく、英霊のジャンヌ・ダルクだった。

 

「それで?アンタここで何をしているのよ?」 

「……この子が生まれた経緯は聞いていますか?」

 

 それは知っている。

 魔術を崇拝する教団の研究所でより強い存在を求めて作られたということを、本人から聞いたためだ。

 

「この子の意識がまだはっきりする前、いえ、それどころか、培養槽の中で、人の形すらとっていなかった頃、この子は無意識のうちに強い願いを発していました。ただ一つ、『生きたい』と。私はその願いに応えるために、この子の中に宿り、生命の維持に力を注いだんです。まあ、容姿が完全に私のものとなってしまったのは予想外でしたが」

「ええ、そこまではなんとなく予想できていたわ。疑問なのは、どうしてアンタだったのか、よ。世界すら違っているのに、なぜあの子とアンタの縁がつながっていたのかがわからないわ」

「それは私にもわかりません。どうやらこの世界にも私はいるようなのですが、残っている肖像画も、私の姿とはかけ離れた物。しかし、この子は正確に私の容姿を知っていて、貴女を召喚し、挙句の果てに宝具まで使用して見せた。もしかしたら、この子も、私達の世界からこちらの世界に迷い込んできてしまったのかもしれません。自分で言うのもなんですが、私、ジャンヌ・ダルクという名は広く知れ渡っています。ただ私のことを知っているだけでは、縁が結ばれたことにはなりません。しかし、声を知っていて、容姿を知っていて、私について正確に知っているということが一つの縁の形として認識されたのかもしれませんね」

 

 私はその答えに考え込む。

 しかし、思考に溺れる前に、また現実に引き戻される。

 

「ねえ、私」

「……なによ」

 

 少しからかうようなニヤけ顔に思わず後ずさってしまう。

 

「ヒジリちゃん、可愛いですよね」

「……は?」

「まるで、妹のようだと思いませんか?」

 

 ……今、私の顔はひどく歪んでいることだろう。

 だっておかしいだろう。今のコイツはルーラーであり、水着を着てはっちゃけているわけでもない。にもかかわらず、コイツは何を言っているのだ?ルーラーの時でさえ底抜けのお人よしで気持ち悪い精神性をしているのに、アーチャークラスの気持ち悪さも持ち合わせているというのか?

 

「ねえ、久しぶりにお姉ちゃんと一緒に寝ませんか?」

「……な、何が『久しぶり』よ。アンタと寝たことなんて一度もないでしょう?」

「ふふ、もしかして、忘れてしまったのですか?それとも、意識して思い出さないようにしているのですか?」

 

 そんなはずはない。

 私はコイツを姉と認めたことはないし、コイツの言うように一緒に寝たことなんてない。……本当にないのか?もしかしたら、私は――――

 

□ □ □ □ □ □ 

 

「――――す。おはようございます、アヴェンジャー」

 

 どうやら眠ってしまっていたようだ。

 頭が痛い。昨日何あったっけ……?

 

「やっぱりサーヴァントでも寝ちゃうんですね」

 

 声の主の方を見る。

 やはり、顔も声もアイツのもの。だが、中身は元のヒジリに戻っていた。

 昨日のアレは悪い夢だと思おう。 




ジャンヌ・ダルク:アーチャークラスでの姉ムーブに加え、胎児の状態から聖に付きっ切りだったためか母性まで獲得したモンスター。聖の中にいるために自由に動けないのが唯一の救い。

ジャンヌ・ダルク・オルタ:苦労人。聖の世話をするうちにジャンヌの言っていた「妹はかわいい」という言葉が少しだけわかるようになってしまい自己嫌悪に陥る。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。