この世界の結末は? (ありくい)
しおりを挟む

1つ目の結末と一回目のやり直し

 

人類と魔族の何年にも渡る大戦争。両者に尋常じゃない被害を出したこの戦争が、遂に終わりを迎えようとしていた。

 

「お前が魔王だな!人類の平和の為、ここで死んでもらう!」

「良く来たなあ勇者よ。本当なら少し話をするんだが…貴様らは我らが魔族を殺しすぎだ。後を追って、謝罪させてやる」

 

憎悪の篭った目で睨み合う両者は、互いの愛剣を抜き、一気に肉薄した。

 

勇者が持つ聖剣と魔王が持つ魔剣がぶつかり合った衝撃で周囲に甚大な被害を出しながら二人は殺し会う。戦いの舞台となった魔王城は崩壊を初め、瓦礫が降り注ぐもなお、彼らは互いに切り結ぶ。

 

「死ね!よくも仲間を、家族を殺してくれたなぁ!」

 

「貴様だって我らの同胞を何万人も、それに、私のリースはお前に…!」

 

二人は感情を爆発させて、それに答えるように二人の愛剣は力を増していく。

 

「「お前さえ居なければあああああああああああああああ!!!!!!」」

 

光と闇がぶつかり合い、星を揺るがす程の衝撃が発生し、魔王城は光と闇に飲み込まれた。

 

 

 

≪魔王視点≫

 

 

「魔王様」

 

懐かしい声に呼びかけられて、私は目を覚ました。私は、魔王の業務をするときに使用していた執務室にいた。そして、

 

「リース?」

 

目の前には、部下から勇者に討ち取られたと報告を受けたリース…私の、魔王の側近がいた。

 

「どうかなさいましたか?」

 

なんでリースがいる?というか、勇者はどこに?

 

「いや、なんでもない。勇者は?」

 

「勇者ですか?まだ何の情報もないはずですけど…。少し諜報部隊の方に掛け合ってみます」

 

そう言って、リースは私の執務室から出て行った。

 

どういうことだ?私は助かったのか…?

違う。あの勇者の攻撃はよくて相打ち。少なくとも、私が生き残る事は不可能と断言出来るほどの威力があった。それに、リースが生きている説明がつかない。彼女は確実に死んだ。確かに実際に見てはいないが、忠実な部下だったリースが一年間に渡り音信不通となっているのだ。死んでいるとしか考えられない。

 

そんな事を考えていると、足音が響いてきた。

 

「魔王様。流石です!たった今諜報部から勇者が生まれたという報告がありました!」

 

勇者が…生まれた?

 

「ちょ、ちょっと待て。それは本当に今すぐなのか?」

 

「え、あ、はい。ちょうど10分前、ココサ村で生まれた15歳となった少年が神殿にて勇者であることが確認されました。名前はライガ、家名はまだないそうです」

 

私が二年前に聞いた勇者についての報告と全くもって同じだ。それはつまり…。

 

ここは、二年前の魔王城?

 

 

 

≪勇者視点≫

 

「貴方の職業は…ん!?こ、これは…ゆ、勇者!?」

 

周囲の人の歓声のようなざわめきで俺の意識が覚醒した。

 

「勇者だって!凄いじゃんライガ!」

 

「え…」

 

俺に声をかけてくれたのは、リュア。俺の幼なじみであり、魔王軍との戦いで殺された少女だ。ついつい腕を伸ばして、彼女の肩に触ってしまう。

 

「わっ。どうしたの?」

 

突然の行動にあわてふためくリュア。手から伝わって来る体温も、リュアの反応も、全てが彼女が生きていることを伝えてくれる。

 

「ぁ…ごめん。ちょっとまってて…」

 

どうしても涙が出てくるのを防げなくて、俺は地面にうずくまってしまった。

 

「え、どうし…。わかった!そんなに嬉しかったの~?勇者になったこと~!」

 

調子のいいリュアの声を聞けたことが、俺にはとても嬉しかった。

 

人類は神によって十五歳になったとき、天職を教えられる。そして今日は、俺が天職を神によって告げられる日であり、魔王軍との戦いに巻き込まれる事が確定した日だ。

 

俺は今、二年前の教会にいる。

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

二回目の最初の行動

 

≪魔王視点≫

「魔王様。どうなさいますか?今すぐ軍を向かわせる事は可能です」

 

私は二年前、どうしていただろうか。確か勇者が生まれたという事は知っていたはずだ。だが、勇者が生きていた事から別の何かをしていたはず…。あっ。そうか。

 

「いや、いい。それよりも確かいくつかの村で食料不足という報告があったな。おそらく人類側の工作かなにかだろう。そちらの対策に軍を使え。勇者はまだ気にしなくていい」

 

食料不足等の民からの信頼を失う可能性のある事態の解決は急務だ。一揆が起こる可能性もあるし、人類の付け入る隙にもなる。それに勇者は人類の戦力となるまでまだ時間がかかるし、今もこれでいいだろう。

 

「ではそのように。ところでこの後の会食はどうなさいますか?」

 

うわ。そんなのあったな。確かあの時の会食はめんどくさい老人どもの昔話に付き合わされるだけだし、一回聞いているのだから無視でいいだろう。

 

「私は少し急用ができた。また後日とでも言っておいてくれ」

 

「承知致しました」

 

そう言って、一度礼をすると、リースは部屋を出て行った。それを確認し、服を着替えて帽子を深く被る。

 

さて、勇者の元へ行くとしよう。

 

「【転移 ココサ村】」

 

 

≪勇者視点≫

教会にいる人達から勇者についての説明を受ける。それも一度聞いたものなので適当に流しておき、リュアと共に家に帰った。

 

「いや~明日にはもうばいばいかぁ~。こんな早く学園にいっちゃうなんてねぇ」

 

「仕方ないよ。勇者の使命だからね」

 

勇者は戦い方を学ぶために学園に行くことが義務づけられている。本当は後からリュアも来るけど、今は黙っておいた方がいいだろう。

 

「もぉ~!私と離れるのは悲しくないわけ~?なんでそんなにあっさりしてるんだよ~」

 

「そりゃ寂しいけど、たった一年間だし、休暇だってちゃんとあるんだよ?一番近い休暇は一ヶ月後だしね」

 

「そうだけど~!」

 

納得いかない様子のリュアに苦笑しながら、俺は立ち上がった。

 

「リュア。俺はちょっと出てくるよ」

 

「え?どこに行くの?」

 

「う~ん。秘密!じゃあね!」

 

そうして、俺はリュアが到底追いつけない速度で飛び出した。

 

「ここらへんでいいかな?【転移 魔王】っと。いらないみたいだな」

 

ココサ村の転移ポイントに到達し、リュアがついて来ていない事を確認して魔法を唱えようとすると、目の前の空間が揺らいだ。俺の記憶の限り、ここに転移して来る奴なんてどこにもいない。つまり…

 

「よっ。魔王お前にも記憶が残っているようだな」

 

「ほう。勇者よ。この様子だと、貴様にも記憶が残っているのか」

 

この世界だと初めての、俺達にとっては二度目の、勇者と魔王の出会いだ。

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

魔王と勇者の作戦会議

ちょっと遅れました(7:00に出す予定だった)


 

魔王と勇者は互い腰に付けた剣に手をかけ、放り投げた。

 

「さあ。話し合おうか。テーブルと椅子は…ここにだそう」

 

「おう、助かる」

 

二人は苦笑しながら、椅子に座り、足を組んで向かい合った。

 

「私個人としては、この戦争は平和的に終わらせるつもりだ。たった二年で数えきれないほどの民が死んだ。捕虜として捕まり、奴隷となった者達もいた。それを繰り返すつもりは毛頭ない」

 

「それについては同意だ。こっちだって大量に人は死んでいる。それに奴隷だって「待て」なんだよ?」

 

「奴隷というのは本当か?私は一応奴隷とするのは辞めるよう言っていたはずだが…」 

 

「それはない。俺は奴隷となった人々をこの目でしっかりと見てきた。まあ、魔族の奴隷も見たがな」

 

「ふむ…。それはすまなかった。まあそれはこちらで何とかする。まあそれはそれとしてこの戦争をどうやって終わらせる?」

 

「そうだな…」

 

魔王も勇者もこの戦争が二年前のこの時点で出した被害を知っている。だからこそ、簡単に終戦とはいかないことを理解しているのだ。それゆえに生まれた沈黙だった。

 

その沈黙を最初に破ったのは…勇者でも、魔王でも無かった。

 

「いた~!ライガ。なんでどっかいっちゃうのさ!」

 

「リュア!?なんでここが…?」

 

「村中回ったんだよ~?ほんとに大変だったんだからぁ~!」

 

リュアが息を切らした様子で現れた。

 

「おい。勇者。その娘は確か…」

 

「すまん。ちょっと戻して来る」

 

「え~!ライガ酷い!」

 

「いや、待て」

 

ぎゃあぎゃあと騒ぎ立てるリュアの首根っこを引っつかみ連れていこうとする勇者を魔王が止めた。

 

「第三者の意見も必要だろう。居させてやれ」

 

「…感謝しろよ。リュア。この魔……えっと「将軍とかにでもしておけ」この将軍様にな」

 

「はいっ!ありがとうございます将軍様~!」

 

調子よく頭を下げるリュアを見て、二人は苦笑した。

 

「では…リュアと言ったな?貴方はこの戦争はどうすれば終わると考える?」

 

「えっ!私ですか?そんなの決まっています!魔族を滅ぼせばいいんです!」

 

「ちょっ!リュア!」

 

「いい。それは想定通りだ。さて、リュアよ。では、魔族を人族として考えてみろ。それでも滅ぼすか?」

 

「えっ。それは…どうにかして話し合います。で、どっちも一緒に謝って仲良くします」

 

「成程。まさに理想論だな。どうだ?勇者。可能か?」

 

「…可能では、あると思う。一年前…違うな。一年後は…ちょっとリュアを戻して来る」

 

「えっ」

 

「そうだな」

 

「ええっ!」

 

そのまま、問答無用でリュアを戻してきた勇者は口を開いた。

 

「一年後、俺がリュアを失ったとき、弱音を吐いた。もう戦争を辞めたい。戦いたくないってな。その時は、俺はもうかなりの有名人で、沢山の人を救っていたからな。共感してくれる人が多くて革命が起きる直前にまでいった」

 

「ほう?」

 

「まあ、その前にお前らが攻めてきて、そんなこと不可能だって事になってその計画は白紙になったよ」

 

「つまり、一年後に限らず、実績があればということか…。それはこちらとしては困る。革命無しではダメなのか?」

 

「無理だ。政治に深く入り込んでいる教会は人類至上主義を掲げているからな。何なら政治に参加している奴等はだいたい人類至上主義だ」

 

「…成程。それでは、少し提案があるのだが良いか?」

 

「なんだよ?」

 

「互いにガセを流すのはどうだ?」

 

「ガセ?」

 

「そうだ。人類には人類が滅亡間際だと。魔族には魔族が滅亡間際だと。そういった噂を流すのだ。そうすれば、互いに終戦を望むのではないか?」

 

「それはそうかも知れないけど…どうやって?」

 

「組織を作る。魔族と人類共同、代表は私と勇者だ。戦争終結のため、茶番をする」

 

「茶番…。国境近くの村でも取り合うのか?」

 

「そうだ。一度奪い取ったという事実を作り、その情報が流れたら元にもどす。それを繰り返せば、いやがおうでも、力が弱まっていると判断出来るだろう。奪い取っても守れない軍なんて、必要ないからな」

 

「人類と魔族共同の組織なんて作れるか分からないが…」

 

「勇者だろう?そのくらいやってみせろ」

 

「うーん。まあ考えてみるよ」

 

「では一定間隔で連絡を取り合う事にしよう。私はこの方向で進めて行く。良い返事を待っている」

 

「そうさせてもらう」

 

勇者と魔王は席を立ち、見つめ合う。

 

「最後に一つ」

 

「奇遇だな。俺もだ」

 

示し合わせたかのように、二人は同時に口を開いた。

 

「私は貴様を殺す」

「俺はお前を殺す」

 

「リースを殺したお前を許さない」

「リュアを殺したお前を許さない」

 

「「全てが終われば、殺し会おう」」

 

互いに剣を拾い、二人はその場を去った。

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

魔王と勇者の仲間探し①

誤字報告ありがとうございましたm(_ _)mまさか勇者と魔王を間違えるとはね…。二視点初めてなので勇者サイドと魔王サイドがごっちゃになっちゃう事が多分これからもあります。その時は、よろしく!


 

≪魔王視点≫

勇者との話し合いの後、執務室に行くと、リースがいた。

 

「お待ちしておりました。魔王様。ところで、本日はどちらに?」

 

「勇者と会ってきた」

 

簡潔にそう表すと、リースは時が止まったように固まり、目の前にまで距離を詰めてきた。

 

「どういうことですか!勇者なんて貴方様の天敵でしょう?お怪我をしたらどうするのですか!」

 

まくし立てるリースに苦笑しながら、

 

「勇者は心優しい者にしかなれないと言うだろう?今回の話し合いはそう物騒な物ではない。むしろ、勇者、いや、心優しい者になら協力したいはずの話だ」

 

「そんなの迷信かもしれないじゃないですか!魔王様は我々を纏めてくださるお方!そんな魔王様に傷一つでもついたら…」

 

「あーもうわかったわかった!悪かった!次からはリースを連れていくから!」

 

「分かれば良いのです」

 

帰ってきてそうそう、どっと疲れた体を椅子に預けながら、リースから報告を受ける事にした。

 

「今日の報告は?」

 

「魔王様のお考えの通り、少数ですが、入り込んでいる人類側の部隊を発見いたしました。殺すことも可能でしたが、一度捕らえ、現在、魔王城の拘置所に拘束しています」

 

少し意外な報告に目を見開く。以前は問答無用で殺していたはずだが…。

 

「殺さなかったのか?」

 

「はい。どうやら昨日までの魔王様とは別の魔王様のようですから、対応も保留とさせて頂きました」

 

固まる私を尻目に、リースは報告を続ける。

 

「また、勇者の力が現時点で歴代勇者の最盛期と並ぶほどの力を有しているという報告がありました。部下には遭遇したら即座に撤退しろと命令を出しています。本日の報告は以上です」

 

「そ、そうか。よくやった。捕虜については少し話し合いたい事があるから置いておけ。後は…人類を奴隷として扱っている者がいるらしい。それについての調査を頼む」

 

「承知致しました。失礼します」

 

リースが執務室から出て行って、私は頭を抱えた。

 

ばれてる!確かに私と勇者の力は以前と同じだ。とはいえ見た目は同じだから見た目では気付かれないと思っていたのだが…。違いといえば、リースがいなくなってから手に入れたこの魔剣だ。リースを失った恨みから戦場へ出るようになり、多くの人間を殺しているうちに手に入った魔剣。勇者の聖剣にも匹敵する。これが、二年後からついて来た。もしかしたら、リースにこれを見られたのかもしれないな。

 

「これをどうするか、か」

 

自身の体から一メートル以上離せないこの魔剣を見て、私はため息を吐いた。

 

まあでも、人類の駒は手に入りそうだし、終戦への道は見えてきた。リースにはばれてるみたいだが、あいつはどちらかというと終戦派だったはず。問題はないだろう。だから、勇者との密会に来ても…

 

大丈夫か?

 

 

 

 

≪勇者視点≫

魔王との話し合いの後、家に帰り、家族との別れの時間を過ごしていると、教会から使者が来た。確か聖剣を渡しに来る使者だったはずだが…俺もう持ってんだけど。

 

ぱっと教会で目を覚ました時、当時は素振りのための木の剣を入れていた鞘の中に、思いっきり聖剣が入っていた。適当な場所で素振りしてみると、魔族を殺して強化した二年後の聖剣と同じ性能だった。どうやらついて来たらしい。

 

「えーこちらが、勇者に与えられる聖剣でございます。後に、王によって授与式が学園で行われますが、学園までの道のりで襲撃があるかも知れません。そのため、今与えます。学園についたら、係のものを送ります故、そのものに預けて頂ければ」

 

「分かりました」

 

というわけで…増えちゃった。

 

目の前には二本の聖剣。性能は当然ついて来た聖剣の方…旧聖剣の方が強いが、新聖剣も育てれば同じくらいにはいく。

 

「二刀流にでもしようかな」

 

これまで聖剣一本で戦ってきたが、せっかく二本あるのだからそうしてもいいかもしれない。聖剣は魔族の血は付かないのだが、人類の血はこれ以上ないほどこびりつくので、少し黒くなっている。これでも必死に落としたんだけどね…。

 

まあつまり、見た目は結構違うから二本使っているのを見られても何も言われないだろう。学園では剣術の型を練習出来るので、そこで学ぶのもいい。

 

「そろそろか…」

 

馬車は明日の早朝に来るが、王都からこの村までの道中で人間側に紛れ込んだ魔族の家族との戦闘になったはずだ。馬車の護衛の人が一人犠牲になりながら、その家族を全滅させたと言っていたのを思い出す。

 

うまくいけば、魔族の協力者が手に入って、うまくいかなくても、護衛を助けたという名声が手に入る。

 

俺は、深夜にこっそりと家を出た。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

魔王と勇者の仲間探し②

べ、別に前回のタイトルつけ忘れてたとかじゃないんだからね!後このタイトルは考えるのが面倒くさくなったわけじゃないんだからね!


 

≪魔王視点≫

魔王城地下にある拘置所。罪を犯したという疑いのあるものを一時的に留めて置ける場所。簡易的なベッドとトイレがある牢屋の中には、手足は拘束され、猿ぐつわを嵌められている人間がいた。 

 

これが、リースの言っていた人類の部隊だろう。全部で20人。よくもまあ、こんなにも侵入されていたものだ。もう少し国境警備を念入りにしないといけないな。

 

牢屋の監視をしている看守に中にいる人を一カ所に集めて貰った。その時の反応は様々で、諦めて素直に従うもの、少しでもと力を振り絞って抵抗するもの、焦点のあっていない目で何かを見つめるもの。私はその中で、リーダー風の男の猿ぐつわを外すように命じた。

 

「さて、貴様がリーダーか?」

 

「……」

 

反抗的な目から察するに、情報を与えないよう黙っているという所だろう。それならばと、看守達に命令して、全ての人間を個室に分けさせた。そして、尋問するようにと命令する。

 

「お前は、仲間を信じているのか?」

 

「……」

 

「このくらいは答えたっていいだろう。私個人の見解としては、何人かは裏切りそうに見えたのだが。どう思う?」

 

「…言うわけがない。俺達は固い決意の元集まった同士だ。裏切りなんてあるわけがない」

 

その後、私も適当に尋問しながら一人、別の命令を出した看守を待つ。およそ10分ほど、その看守がやってきて耳打ちした。

 

「魔王様。ご命令の通り魔王城を一周しましたが、これでいったい何がしたかったのですか?」

 

どうやら、この看守はこんな変な命令を律儀に遂行してきたらしい。何も考えず指示に従ってくれる部下は部下として素晴らしいので、リースに給料アップを命じておこう。

 

「それは気にしなくていい。お前はまだ尋問を受けていない人間の尋問をしてこい」

 

「はっ!」

 

そうして去っていく看守を見送りながら、リーダー風の男の方に向き直った。

 

「さあ、裏切り者が一人出たな」

 

「っ!そんなわけがない!出鱈目を言うな!」

 

前回では殺してしまっていたため、尋問で吐くのかは分からなかった。しかし、前の世界の諜報部隊が得たこの人間の部隊に関する情報があるので、こういう手段を取ることが出来る。

 

「出鱈目かどうかは貴様に教えてもらおうと思ってな。商業都市トルサの自警団代表トーニックよ」

 

「な、何故それを…。そうか、吐いたのか…」

 

トーニックは全てを察したような表情になってうなだれる。

 

「ここでいいことを教えてやろう。ここで、正しい情報を吐けば全員処刑を無しにしてやる」

 

そういって、一枚の紙をトーニックの前に置いた。

 

「これは…」

 

「魔法契約書だ。そちらでも使われているだろう?商業都市なのだから知らないなんて事はないはずだ」

 

魔法契約書には契約書の内容を破ると死に至るというこれ以上なくシンプルな魔法がかかっている。ただ、死ぬときに走馬灯の代わりに地獄の苦しみを味わうと言われている。真偽は不明ではあるがだいたいが恐怖に染まった顔をして死ぬので正しいのだろう。

 

「腕の拘束を外してもらってもいいか?」

 

「ほう。いいだろう」

 

抵抗されても殺せばいいので許可を出す。

 

トーニックは契約書を隅々まで見て、そして、契約のため、血を一滴契約書に垂らした。

 

「契約成立だな」 

 

私も血を一滴契約書に垂らす。

 

「どこから話せばいい?」

 

トーニックは契約通りに話そうとしているが、私はそれを制止した。

 

「それは後でいい。それよりも、一つ。貴様はこの戦争を終わらせたいか?」

 

契約書には質問には答えるとあるので絶対に答えないといけない。だか、これについては差別主義者でもないかぎり、意見は一致するはずだ。

 

「…当然だ。これ以上被害を出したくない」

 

「ふむ。それは人類も魔族も等しく被害の中に入っているか?」

 

「当たり前だろう!戦争のおかげで利益は出ているが、魔族からの注文がなくなったのは一部産業において致命的なのだ!」

 

「そこまで聞ければ十分だ。後はそこで看守の質問に答えておけ」

 

「は?お前は看守じゃ…っておい!どこに行くんだよ!」

 

トーニックを置いて、私は出て行った。後は、勇者を連れていけば協力者になってくれるだろうと確信を持って、私は寝室に向かった。

 

≪勇者視点≫

夜の森を駆け抜ける馬車が不意に足を止めた。そして、護衛の騎士が外に出てきた。

 

「そこのやつ!何をしている!」

 

彼が声をかけたのは、馬車の前に立つ魔族の家族。

 

「お願いします。どうか、どうか食料を我等に恵んでください!」

 

「ん?魔族ではないか!そんな奴らの戯言に惑わされるな!どうせ襲撃者だ!殺せ!」

 

そうして、戦いが始まった。 

 

騎士は馬車に人を残しながら一人が突っ込み、魔法で援護する。それに対して、魔族は全員が魔法で迫って来る騎士を集中狙いする。

 

「小癪な!」

 

魔法を剣で掻き消しながら進もうとするが、魔法の数が多くて中々うまくいかない。そんな中、隠れていた子供の魔族が影から突っ込んでいる人間に向けて魔法を撃った。

 

「リュート!」

 

魔法を撃っていた騎士が、突っ込んでいる騎士の名前を叫ぶ。しかし、リュートと呼ばれた騎士はそれには気づけず、既に魔法は目前にまで迫っていた。

 

今だな。

 

俺は飛び出て、新聖剣を見せつけるように使い魔法を切った。

 

「な、なんだ!…もしや貴方は!?」

 

驚く騎士を見ながら、魔族の家族へと旧聖剣を振るう。新聖剣はまだ慣れていないからね。怪我をさせないのにはこれが一番だ。

 

旧聖剣は魔法を纏わせられる。風魔法を纏わせて、魔族を木の枝に引っ掛けるよう吹き飛ばした。ちゃんと膨大な光のエフェクトも忘れずに。

 

あの後、軽く言葉を交わして騎士の人達には村に行ってもらった。そして、木の枝に吊している魔族を回収する。

 

「おーい、大丈夫かー?」

 

「お願いします、どうか、どうか命だけは!勇者様!」

 

おや?騎士が言ってたこと覚えてたのかな?

 

「なんでここに来たの?」

 

「食料が無くなってしまって…。森に逃げてきました」

 

「ふーん。生きたい?」

 

「生きたいです!」

 

「何をしても?」

 

「はい!」

 

生きるためならなんでもしますって感じかぁー。これは…いいね。

 

「いいよ。じゃあちょっとだけ我慢してね!」

 

「へ?」

 

俺は、旧聖剣の中に魔族を閉じ込めた。

 

この聖剣にはアイテムボックスという機能がある。アイテムを聖剣の中に入れておけるっていう機能なのだが、進化するうちに弱い生き物なら入れられるようになってしまった。

 

これほんとに聖剣か?

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

働き者の魔王様と勇者様

 

≪魔王視点≫

すやぁ

 

ばんっ!

 

「おはようございます魔王様!」

 

「喧しい!」

 

気持ち良く寝ているところに煩い奴が入ってきた。

 

「そろそろお仕事のお時間です。さっさと起きてください」

 

「うん…?まだ一時間前だろう!リース!朝早いのにも程があるぞ!」

 

「逆にお尋ねするのですが、寝惚けた頭でお仕事をするつもりですか?」

 

リースの正論パンチ!魔王は20のダメージを受けた!

 

 

 

朝食を済まし、執務室に入ると書類の山が築き上げられていた。うん。いつも通りだ。

 

「リース。これで最後か?」

 

「いえ、まだ内容確認前の書類が多数あります」

 

「…分かった。じゃあさっさと済ませろ」

 

「承知しました」

 

積み上げられた書類を見る。

 

天井近くまで積み上げられているのだが、これでもリースのおかげで少なくなっているのだ。

 

「やるか…」

 

二年前の内容なんて覚えているわけがない。でも、やらなければこの国は回らないので、仕方なく私は書類を手に取った。

 

 

 

十二時間後。

 

終わった…。ベッド、ベッドが恋しい。早く寝たい。

 

「魔王様。会食のご予定が入っています」

 

「は?いますぐ中止しろ!」

 

「出来ません。前回と違い、今回は人類との戦争の最前線の拠点となっている都市の権力者です。ここを蔑ろになされますと全体の指揮に悪影響が出ます」

 

…はぁ。  

 

勇者よ。済まない。私はしばらくそっちには行けなさそうだ。

 

 

≪勇者視点≫

魔族の家族を聖剣に閉じ込…保護した後、俺は馬車に乗って学園のある王都へと行った。

 

王都はこの国の中心なだけあってココサ村とは比べられないほど発展している。大通りには店が建ち並び、たくさんの人で賑わっていたので、昔は余りの雰囲気の違いに立ち尽くしたものだ。

 

「おや?勇者様は王都に来たことがあるのですか?」

 

「無いですけど…」

 

「そうですか。いやはや、王都に来たことが無いのにも関わらず、王都を見て驚かないとは。勇者様は肝が据わっておられるのですなぁ!ハッハッハ!」

 

あっ、成程。確かに田舎者が王都を見て驚かないなんて可笑しいか。

 

でもまあ、このおっさんが言ったように肝が据わってるって事でいっか!わざわざ昔の俺を演じる必要も無いだろうしね!

 

「えっと確か、すぐに聖剣の儀式でしたよね?」

 

「はい。その通りですぞ!しかし、勇者様もお疲れでしょう?どうしますか?予定通り今すぐ始めてもいいですし、明日でも構いませんよ!」

 

確か、前回はここでびびって明日にしたんだけど、今回はやりたい事もあるし、今日でいいだろう。

 

「おっ!ほんとに肝が据わってらっしゃる!ではでは、そうさせて貰いますね!」

 

 

 

「ここに、新たな勇者の誕生を宣言する!勇者よ!この聖剣と共に魔族から我等を守るのだ!」

 

王の宣言と共に、周囲の人々が立ち上がり、普段は厳粛な雰囲気の教会が歓声に包まれた。

 

聖剣を受け取り、教会を後にすると、さっきのおっさんが後からついて来た。

 

「勇者様、お疲れ様でした。ところで、この後はどうなさいますか?もしご予定が無いのでしたら、学園について教えてさせて頂こうと思っているのですが」

 

学園…。最後に通ったのは一年前だっけ?その後からすぐ戦場に出たからルールとか全部覚えているか不安だな。

 

「じゃあお願いします」

 

「よしきた!それではついて来てください!実際に見ながらご説明致しましょう!」

 

そうして俺は、おっさんの説明を受けることにした。

 

「それでは勇者様!ここが学園です!勇者様にはこれから一年間、この学園で戦い方を学んでもらいますぞ!」

 

おっさんは、一つの建物の前に降りると、それを指差した。

 

「こちらが基本的に勇者様がお学びになる校舎です!強くなるための施設は、全てこちらに揃っております!」

 

次に、その校舎の横に立っているマンション風の建物を指差す。

 

「そして、こちらが寮です!生活に必要な施設は全てここに揃っており、一人一人に部屋が与えられます!施設はこれで以上です!」

 

「成程…。ルールとかはありますか?」

 

「はい!校則の事ですね!それはもう単純!一つ。卒業まで、学園の敷地内から出ないこと!二つ。戦闘は校舎内の戦闘ルームのみ!それ以外での戦闘は禁止!」

 

「これにて、学園についてのご説明は以上となります!質問はありますか?」

 

「いや、いいです」

 

「そうですか!もし後からご不明な点ができましたら、誰でも良いので職員にお聞き下さい!寮は今日から入れますがどうなさいますか?もし入られなくても別の宿がありますが…」

 

「ほんとですか?ぜひお願いします!ちなみに、施設なんかも使えますよね?」

 

「ええ。ええ!入学式は明後日!私が伺いますので寮にてお待ち下さい!」

 

「はい。ありがとうございました」

 

さぁ!入学までに、やれることやってやるぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

冒険者の勇者様!

 

≪魔王視点≫

………仕事

 

 

≪勇者視点≫

さぁ!前はやれなかった事どんどんやってくぞー!

 

校則で学園に縛り付けられるせいで、学園では勉強と訓練漬け、外に出られるのは実習で戦場にだされる時だけ。でも、今は違う!【転移魔法】で自由に出られるのだ!

 

というわけで、外出時の変装用グッズをまず買おう。…金がねえ。まあ入学式までに手に入れられればいいから、今日稼ごう。そのためには、ここ、冒険者ギルドだ。

 

 

冒険者ギルドは世界中に溢れる人類と魔族の共通の敵、魔獣を対処する組織だ。魔獣は人も魔族も等しく襲い掛かるため、始めは人と魔族が手を取り合って作られた組織だったのだが、戦争によって分裂。今や人類のみ、魔族のみ、そして中立の三つに分かれてしまった。

 

そしてここは、当然の如く人類のみの冒険者ギルドである。

 

ちりんちりんと鈴がなるドアを開けると、中にいた数人の冒険者がこちらを一斉に見た。屈強な男が勢揃いでじっと見つめて来る。

 

俺はその視線を受けながら受付へと向かった。

 

「すいません。冒険者の登録をしたいんですけど」

 

「畏まりました。では、こちらをどうぞ。このくぼんでいるところに血を一滴、垂らしてください」

 

そうして渡された板はいわば冒険者という証明書である。血を垂らすことでこの銅板は俺を認識し、出てこいと念じれば、その時どこにあっても呼び出せる。また、俺が倒した魔獣の数によって色が変わり、それが冒険者のランクとなる。今は銅色だが、倒していく内に銀色、そして金色へと変化する。金色にまで行くと、人も魔族も尊敬の対象となるのだが、だいたいは銀でやめるか死ぬ。それほどまでに、この冒険者というのは危険なのだ。

 

「これにて登録は以上です。依頼を受けるときはそこの依頼ボードに貼ってある依頼の中から適当に選んで持ってきてください」

 

そうして俺が受付から離れると、俺をじっと見ていた冒険者達が立ち上がり、こっちに来た。

 

「おい兄ちゃん。ちょっといいか?」

 

ムッキムキのおじさんが低い声で話しかけてきた。

 

「はい?なんでしょう」

 

「あのなぁ。もし、依頼を受けるなら、俺達と一緒にいかねえか?」

 

それは、パーティーのお誘いだった。

 

「いや、申し訳ないのですが、今日は簡単な物を受けるだけなので…」

 

「ちょっと待て兄ちゃん!その様子だと初心者みたいだから教えてやるが、簡単な物なんてねぇ。どんな依頼にも死の危険性はあるんだ」

 

例えば…とおじさんは紙をちぎった。

 

「これを見ろ。薬草を取りに行くだけだが、この薬草は魔獣の生息する森に入らないといけねぇ。運が悪けりゃ囲まれてパクっ…となっちまう。一見簡単そうでも、万全の準備をしねえと死んじまうんだ。悪いことはねえ。一緒にいかねえか?」

 

このおじさん達はどうやら初心者である俺を気遣かってくれているらしい。俺は勇者だし、このおじさんよりは遥かに強いけど、冒険者としては完全な初心者だ。手伝って貰おう。

 

「分かりました。よろしくお願いします」

 

頭を下げた俺を見て、おじさん達はホッとしたような優しい顔を浮かべていた。

 

 

 

おじさん達に進められるがまま、依頼を受けて森へとやってきた。

 

「お前らぁ!警戒任せたぞぉ!」

 

あの誘ってきたおじさんはリーダーだったみたいで他のおじさん達に俺の周辺を守るように指示した。そして、そのリーダーおじさんは俺の横に着き、森について色々と教えてくれる。

 

魔獣の潜みやすい場所はどんなところか。薬草はどうやって見分けるのか。本当にたくさんの事を惜しみなく教えてくれる。

 

「あの、どうしてそんなにも詳しく教えてくれるのですか?」

 

「ん?ああ、この業界はな、入れ代わりが激しいんだ。ほんとに、朝いた奴が夜にはいなくなっているなんて当たり前だ。そのくらい、危険なんだ。でも、この仕事をする奴がいねえと魔獣にたくさんの人が殺されちまう。だからこそ、新人がすぐに死んじまう事が無いようにちゃんと教えてやってるんだよ」

 

何だこのイケおじ。かっこよすぎる。

 

「そうなんですね!ありがとうございます」

 

そうお礼を言った瞬間、周りのおじさんが険しい顔をした。

 

「おいリーダー!魔獣だ!多いぞ!」

 

「なに?この森は魔獣が少ないはずだが…。兄ちゃん、ちゃんと周り見とけよ」

 

そうしてすぐに、周囲の草ががさがさと揺れる。そして、大量の狼が飛び掛かってきた。

 

「全員!背中を他の奴に任せて正面の魔獣に集中しろ!絶対にここから離れるなよ!」

 

すぐにおじさん達は互いに背中を合わせて、剣を抜いた。

 

「魔法が使える奴はさっさと使っちまえ!少しでも数を減らすんだ!火は使うなよ!」

 

「【水魔法 ウォーターボール】」

 

おじさんの内の一人が水を生みだし、ぶつける。当たった狼は吹き飛び、木にたたき付けられる。

 

それからもおじさん達は魔法を撃ち、飛び掛かってくる狼を剣で切り落とし、少しずつ、だが安全に狼を倒していく。順調かと思えたその時、誰もが予想しなかった事が起きた。

 

「誰かたすけてえええ!」

 

子供の声。今、俺達はかなり森の奥深くまで入ってきている。それゆえに、森の外の声が聞こえるとは思えない。

 

「くっ!子供がいる!俺が助けに行く!」

 

「リーダー!?危ないぞ!」

 

リーダーおじさんは警告を無視して一人で声の方向へと飛び出す。そしてその横から、待ち構えていた狼が飛び出してきた。

 

「ぐっ!」

 

完全に隙をつかれ、横腹を少しえぐられる。そしてあふれた血がさらに狼を呼び寄せた。

 

行かないと、おじさんが死ぬ。

 

俺は旧聖剣を持って、おじさんに群がる魔獣へと突っ込んだ。

 

まず、一体の狼が俺に涎を垂らしながら飛びかかる。コースを予測し、通る場所へ旧聖剣を起き、なぞるように狼を両断する。

 

それを見て、今度は三体一気に飛びかかってくる。焦らず、旧聖剣で対処しようとしたとき、悪寒がした。

 

ばっと下がった途端、俺がさっきまでいた場所が大きくえぐれた。

 

「ちっ!魔法か!」

 

さらに飛んで来る魔法に近づく事ができなくなる。さらに、じりじりと忍び寄る狼が逃げ道を潰していく。

 

「でも、魔法はそっちだけのもんじゃねえんだよ!【雷魔法 ライトニング】」

 

紫電が木々の間を縫うように走り去り、魔法を撃っていた狼を丸焦げにした。即座に逃げ道を潰していた狼に旧聖剣を振るい、叩き切る。

 

休んでいる暇はない。まだおじさんの方にも狼はいるし、その奥の子供も助けなくてはならない。

 

「【雷魔法 ライトニング】」

 

さっきより威力を強めた紫電で直線上にいる全ての狼を一掃する。そうしてできた隙間に入り、横から狼を切り刻む。そうして、狼に囲まれて泣いている女の子と、おじさんを視界に入れることができた。

 

おじさんの方は木を背にしてなんとか持ちこたえているようだが、女の子の方は完全に囲まれている。俺はおじさんの方の狼に紫電を当ててから女の子の方に飛び込んだ。

 

「うえええええん!!たすけてえええ!っえ?」

 

囲い込んでいる狼を切り飛ばし、女の子を抱き寄せる。その間に大量の狼が逃げ道を塞いだ。

 

「だれ?」

 

「助けにきたぞ。もう大丈夫だ」

 

女の子を宥めている間に俺を脅威だと認識した狼が一斉に飛び掛かってくる。この場は開けていて、火を使っても引火する事はなさそうだ。

 

「【火魔法 ファイヤーボム】」

 

俺を中心に炎の爆発が発生し、近くにいた狼はすべて灰となった。

 

おじさんの方を見ると、ちょうど仲間によって助けられていた。怪我は負っているがそこまで酷そうでも無いし、多分大丈夫だろう。

 

「お兄ちゃんすごいね!バーンってかっこいい!」

 

涙が引っ込み、興奮した様子を見せる女の子とおじさん達で俺達は王都の冒険者ギルドへと戻った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

かわいそうな魔王様と楽しそうな勇者様

 

≪魔王視点≫

べ、ベッド…

 

「今日は軍の訓練の視察が入っています」

 

 

≪勇者視点≫

冒険者ギルドに到着して、依頼達成の報酬を貰った後、俺はおじさん達に食堂で奢ってもらう事になった。

 

「兄ちゃん。助かったよ。ありがとうな」

 

「どういたしまして。ところで、この子はどうしますか?」

 

冒険者ギルドに帰る途中、この子に家を聞いたのだが、分からないと言っていたため、どうすることもできずここまでついて来ていた。

 

「このこじゃない!みゅー!」

 

「みゅーちゃんはどうしますか?」

 

「そーだなぁ。そういうの、ギルドじゃ対応してくれねえんだよなぁ。懇意の孤児院があるから、そこに連れていってみるか」

 

「分かりました」

 

「みゅーはおむらいす!」

 

「ハッハッハ。いいぞ。今日は怖かったもんな。好きなもん食べな」

 

「ありがとー!」

 

やっぱりこのおじさん親切過ぎないか?前の世界だと、多分死んでいたんだろうな。

 

「おい兄ちゃん?どうした?そんな辛気臭い顔して」

 

「いえ、何でもないですよ。みゅーちゃん。お家に帰れるといいね」

 

「うん!」

 

 

 

 

 

「ここだ。この孤児院。たまに迷子の子供を探しに親が来たりするんだよ。おい!マール!」

 

「はーい。ってなんだ。カミルさんじゃないですか」

 

おじさんが孤児院の扉を叩くと女の人が中から出てきた。教会の服を纏っていて、大人びた雰囲気を醸し出している。この人がマールさんなんだろうけど、おじさんがカミルという名前だった事にもびっくりだ。

 

「おっ?また迷子かい?」

 

「そうなんだが…ちょっと耳貸してくれ」

 

カミルさんはマールさんの近くに行くと、俺達に聞こえないように事情を話した。まあ?俺には聞こえちゃうんですけどね!

 

「まあ迷子なんだけど…こいつ、森で魔獣に襲われてたんだよ。その様子だと親も来てねえんだろ?」

 

「まあそうですけど…あっ!なるほど、捨てられたか死んだかですね」

 

ほー。カミルさんはそこまで考えていたのか。流石だな~。

 

「ねー。なにはなしてるの~?」

 

「みゅーちゃんはこっちで遊んでよっか!」

 

近づきそうだったみゅーちゃんを抱き抱えて引き寄せる。喜ばせる方法なら昔練習したからね。親のいない子供なんてたくさん見てきたから、その子達のために…ね。

 

「ほらみゅーちゃん。【土魔法 クリエイトソイル】【風魔法 ウインドフライ】!」

 

土で作り上げた人形を風でいい感じのところに固定する。

 

「わぁー!おにんぎょうさんだー!」

 

みゅーちゃんが人形を捕まえようと追いかける。でも、人形はふらふらと揺れるのでなかなか捕まらない。

 

「まてー!」

 

みゅーちゃんは笑顔で追いかける。楽しんでくれてよかったよ。まだ遊びのストックは沢山あるから、滑っても大丈夫だけど、安心した。

 

そんなことをしていると、カミルさんとマールさんがやってきた。

 

「事情は分かりました。じゃあ、みゅーちゃんは一度、孤児院で預からせて頂きますね」

 

「はい。お願いします。あの、お金とかはいくら払えばいいですか?」

 

「代金は保護者が見つかればその方に払って頂きますので、今はいらないです」

 

「分かりました。みゅーちゃんをお願いしますね。みゅーちゃん!」

 

「みてみて!おにんぎょうさんつかまえた!」

 

みゅーちゃんは満面の笑みで人形を俺に見せびらかす。うーん、かわいい。

 

「お、すごいね。でね、みゅーちゃん。お兄ちゃんとはここでお別れなんだ。今日はマールさんと孤児院の子供達と一緒に過ごすんだ」

 

「…うぇ?」

 

こてっと首を傾げるみゅーちゃん。でも、俺は学園の寮に行くことが決まっているのでついて来ることはできない。

 

「じゃあみゅーちゃん?一緒にいこっか」

 

マールさんがみゅーちゃんに目線を合わせるように屈んで、手を出す。それをみゅーちゃんは…意外にも、ごねずに手を握った。

 

「おにいちゃん。あしたはきてくれる?」

 

「おお。来てやるぞ!」

 

「ほんと!?わかった、やくそくだよ!ゆびきり!」

 

みゅーちゃんが小指を出してくるので俺もそれに重ねてあげる。

 

「ゆーびきった!」

 

そうして、俺はみゅーちゃんと別れ、学園のおっさんの案内の元、寮に入った。

 

ふっかふかのベッドは俺をすぐに眠りに誘ってくれる。魔王はなんか来なかったので、そのまま眠りに入った。

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

呪いのアイテムの性能は良い(偏見)

 

≪魔王視点≫

「り、リース。や、休みはいつなんだ…」

 

「えー、少々お待ち下さい」

 

ぺらぺらと手持ちの手帳をめくり続けるリース。10分ほど経過して、やっと手が止まった。

 

「半年後ですね」

 

 

≪勇者視点≫

朝、寮から出てきた俺は一度みゅーちゃんとお話した後、冒険者ギルドに向かった。

 

「あれ。カミルさんはいないんですか?」

 

「えーっと、ライガ様ですね。カミル様から伝言を預かっています」

 

そうして、手紙を一枚渡された。

 

『よお兄ちゃん!いや、ほんとはな。今日もギルドにいるつもりだったんだが、新しい初心者冒険者がいたんでよ。そっちの手助けをすることにしたんだ。兄ちゃんは俺より強いみたいだからな。気をつけて頑張れよ!』

 

わお。約束なんてしてなかったのに、ここまでしてくれるとは。カミルさんやっぱ聖人だよ。

 

「じゃあえっと…。この依頼でよろしくお願いします」

 

「分かりました。その地域の資料はあちらにありますので、必ず目を通してから、ご依頼をお受け下さい」

 

今回も森での仕事であるが、その前に雑貨屋等色々な店を見て回った。冒険者用の装備を買うためだ。

 

「ふんふんふーん」

 

なるべく性能良し、見た目悪しくらいの装備を見繕う。勇者としっかりと区別できれば、学園から抜け出してもばれずにいられるはずだ。いやマジで学園で校則破ったときのペナルティー怖いしね。

 

「なあ。そこのお兄さん?」

 

ふらふらと歩いていると、路地裏からヒョッコリと顔を出した怪しげな男に声をかけられた。

 

「うわっ。怪しい」

 

「クククッ。んなこと言うなよ、お兄さん。ところでこれ、買ってかねえか?」

 

男は、なんかやけにまがまがしいペンダントを投げてきた。受け取り、眺めてみたが、触っただけじゃ何も起こらない。

 

「ほー。いくら?効果は?」

 

「クククッ。そうですねぇ。10ゴールドくらいでどうです?効果は着けてみれば分かりますよ。お兄さんなら呪いとか関係ないでしょ?」

 

「そーだけど」

 

いかにも呪いありそうな言い方だなー。いや確かに効かないけどさー。

 

「いいや。安いし、貰ってくよら、ほいっ10ゴールド」

 

「まいどありぃ。それでは」

 

そういうと、男はふらっと消えた。

 

「逃げやがった。えー?一応被害出ないように森の入口辺りで着けてみるか」

 

 

 

森に着いたので、ペンダントを取り付けてみる。

 

「ぐっ…!」

 

ペンダントから暗い闇があふれ出てくる。それは首元に纏わり付き、ゆっくりと首を絞めはじめた。

 

「あ、ががが…ぐっ…」

 

震える手で聖剣を引っ張り出す。それを首元に当てて、唱える。

 

「【聖魔法 ディスペル】」

 

息苦しさが消え、闇が晴れた。

 

「くっそが!騙された!」

 

やっぱり呪いの装備だったよ。もうマジふざけんなよ。ぜってえあいつ許さねえからな。いやでも、一般人の手に渡らなかっただけ万々歳か。

 

「さてさて、効果はどんなも…え、なにこのチート」

 

引っかけられたから期待してなかったけど、効果やばい。魔力無限回復とかダメでしょ。いくらか想像も着かないんだけど。

 

魔力は魔法にも魔道具の使用にも必要だから、こんなもん誰でも欲しがる。いろんなところで使われている魔道具を使い放題となれば、えぐいくらい生活が楽になる。魔道具なければ手動になるしな。特に家事。

 

「いい買い物した!よかったよかった」

 

ウキウキ気分で、俺は魔獣退治に乗り出した。惜しみなく魔法が使えたから、狩り尽くす勢いでやっちゃって、カードはもう端っこが銀色になっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

さあ!君も労働しよう!一日中ね!

 

≪魔王視点≫

あーおしごとたのしー。ワッハッハッ。

 

「魔王様。申し訳ありません!追加です!」

 

「え…」

 

 

≪勇者視点≫

朝、部屋でのんびりとお金を数えていると、扉がノックされた。

 

「勇者様。起きておられるでしょうか?入学式のお迎えに上がりました」

 

「あ、はーい」

 

扉を開けると、またあのおっさんがいた。

 

「それでは、こちらの学生証を首におかけ下さい!ご案内いたしましょう!」

 

おっさんの後をついていくと、個室に案内された。式と言うと、大掛かりなものを想像するが、学園は一人一人の入学時期がバラバラだ。いちいちそんなものはやっていられない。

 

そんな入学式はとても簡素で、書類を受け取り、学園長からのありがた~いお言葉(一分)を聞くだけである。とても呆気ない。ほんとに。

 

「お疲れ様です。勇者様。早速授業を受けましょう。授業はあちらの魔道具を操作すれば、その教室に転位できます!もし魔力が尽きているなら、あちらの地図に教室の位置が記されております!」

 

「分かりました。ありがとうございます」

 

「いえ!お礼を言われるような事ではありません!それでは、魔王討伐頑張って下さい!」

 

「はい!」

 

魔王は絶対倒すから、強くならないとね!

 

 

 

 

 

というわけで、二刀流を学びに剣術教室へと向かう。

 

「剣術っと!」

 

魔道具に表示されたボタンを押すと、視界が一瞬で切り替わる。剣術教室の扉を開けて、教室を見回すと、なぜかにこにこと微笑む教師が目に入った。

 

「ようこそ!勇者様!それでは模擬戦を始めましょう!」

 

「「「おおおおおおおおおおお!!!!!」」」

 

歓声を上げる生徒と思われる若い男女達。

 

これ、前もあったなぁ……。

 

 

 

 

「それでは、第三百五十八回目、始め!」

 

「やああああああああああ!!!!!」

 

盾を前に構え、距離を詰めてくる男子生徒。速度は遅いが、隙がなく、木刀じゃ手を出しづらい。

 

「でも、パワーがあれば関係ないっ!」

 

大きく振りかぶり男子生徒を横殴りにするように剣を振るう。即座に盾を合わせるが、力を流しきれず、吹き飛ばされた。

 

「うおおおおおおお!!!!!!」

 

歓声が上がり、吹き飛ばされた男子生徒の周りに人が集まる。

 

「そこまで!誰かそこの奴を保健室に連れていってやれー。はい次ーお前だ」

 

「はいっ!」

 

こ、これでやっと半分…。簡単に倒せる奴もいれば、普通に強い奴も紛れ込んでいるし、たまーに複数人で攻めてくるのもいるし、もうほんと疲れる。しかも休憩なしっていうね。前の俺はどうやって切り抜けたんだ…?

 

「オラアアアア!!!」

 

速度に任せて突っ込んでくる奴もいれば、

 

「……」

 

ガン待ちしてくる奴や、

 

「【火魔法 ファイヤーボム】」

 

魔法でチクチクと削り、ガン逃げする奴もいる。

 

多種多様な戦い方で強者に立ち向かえる。それは確かにいい経験となるだろう。でもさ…。俺の負担も考えてよ!聖剣なし、魔法なし、何なら木刀を装備のない場所に当てるのも禁止である。死ぬ可能性があるからね。ステータスあげすぎってのも考え物だね。

 

「はい次!」

 

「ちょ、休憩…」

 

「え、何ですか勇者様!聞こえませんなぁ!そんなことより、まだまだいますよ!」

 

「「「「「はい!」」」」」

 

「ちなみにですが…。勇者様は既にこれまでの勇者様と同じくらい強いご様子!一週間に一回はこのような機会を取らせて貰いますぞ!実戦じゃ学べないことなんて星の数ほどありますからな!」

 

これが、あの、伝説の社畜?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

魔王様と勇者様の大事なお休み①

 

≪魔王視点≫

「魔王様。今日はどうなさいますか?」

 

朝食を済ませて執務室に向かおうとすると、リースに奇妙な事を聞かれた。

 

「どうもなにも、仕事だろう」

 

なに言ってんだこいつ感を全力で醸し出しながら言うと、盛大にため息を吐かれた。

 

「今日はお休みですよ?」

 

お休み?なにそれ?え?

 

「あの、知らない言葉を聞いたような反応しないでください。言ってたでしょう?二ヶ月後が休みだと」

 

……。

 

……………。

 

「よ」

 

「よ?」

 

「ヨッシャアアアアア!!!」

 

「魔王様!?」

 

私は全力で自室へと戻りベッドに飛び込もうとして……止まった。

 

「あれ?私はせっかくの休みになにを…?」

 

この忙しさはなんなの?それは戦争のせい。で、あるならば、こんな時に普段できない事をしてこの戦争の終わりを加速させるべきなのでは?

 

いやでも、せっかくの休みなのに働くなんて…。

 

扉を開いて、待機しているリースの肩を持つ。

 

「リース」

 

「魔王様?どうなさったのですか?」

 

「リース!少し聞きたい事があるのだが、よいか?」

 

「なんなりと」

 

「お前は、どこまで知っている?」

 

「…魔王様が時折勇者を監視していること。夜、仕事が終わると勇者と会っていること。後は…捕らえた人間や魔族によって戦いを演じる組織を作っている事ですかね」

 

え、一つ目と二つ目はともかくとして、最後はいつ漏れた?まだなんの活動もしていないはず。いや、落ち着け、ばれたとしても組織は勇者と私で分けている。どうなっても壊滅はしない。

 

「あ、後その組織は人間側にもあることですね。他はー、いえ、以上です」

 

……。

 

「それについてなにか思うところは?」

 

「ありません。魔王様の意思に従うまでです」

 

「そうか…。なら、私がこの戦争の解決を望んでいることは分かるだろう。確か、お前は妹がいたな?」

 

「メルの事でしょうか。現在魔王城へ就職するために勉学に励んでおります」

 

なるほど、確か前の世界ではリースの後釜となっていたな。

 

「連れて来い。仕事を与える」

 

「承知しました」

 

 

≪勇者視点≫

あれから二ヶ月くらい経って、今日はなんとなんと休みの日なのだ。

 

この鬼畜学園にはちゃんと休みがある。一ヶ月に一回はある二日間に及ぶ休暇の他に、なんと申請すればいつでも休みを取れるのだ。10日だけ。ちなみに休みの時は学園の生徒とは見なされないので校則は適用されない。施設も使えない。

 

そんな貴重な休みを今日使ったのは他でもない。魔王から長い話があると言われたからだ。…夜に。

 

はい、うそでーす。ほんとは昨日交流授業かなんかでいつもとは三倍もの人数と戦わされたからでーす。ふざけないでくださーい。なにが時間ないから100対1なんですかー?俺は世界の敵かなんかですか?

 

「ライガー!!!」

 

寮の扉が勢いよく開けられて、リュアが入ってきた。

 

リュアは、最近この学園に入学した。少し前の誕生日で聖女とか言うどう考えても不釣り合いな職業を神から告げられたのだ。やはり、これからを考えてもリュアが聖女なのは疑問を感じざるを得ない。

 

「ねえねえライガ!早く食堂行こうよ!」

 

「いや、俺今日休みだから食堂使えないよ。お前は授業だろ。頑張れ」

 

「いやー!!頭痛くなるぅ~」

 

体を丸めていやいやとだだをこねるリュアの耳元で、呟く。

 

「じゃ、ペナルティー受けないといけないね」

 

「あっ」

 

一瞬リュアの表情が消えたが、すぐに立ち上がり、俺の部屋を出て行った。

 

「はぁ~。昨日はほんとに疲れた。時間はあるし、みゅーちゃんと話したら寝るか」

 

一度冒険者用の服に着替えて、みゅーちゃんと軽く話した後、俺はすぐにベッドに向かった。昼から寝るなんて、ほんと、いつぶりだろうなぁ。

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

魔王様と勇者様の大事なお休み②

 

夜、魔王城に二人の人間と三人の魔族が集められた。

 

「…えー。言われるがままに来たのはいいんだが…、これは?」

 

勇者の視線の先には姉妹であろう二人の魔族と、ベッドの上でパジャマ姿で爆睡する聖女がいる。

 

「私がばれたので、これを機に大きく動こうと思う」

 

「いやでも、リュアにはなにも言ってないんだけど…。しかも覚えているだろ?こいつ、普通に魔族殺せるぞ」

 

「ひっ!」

 

小さい方の魔族が軽く飛び跳ねる。

 

「その時は私か勇者が止めればいいだろう。というか、枕元に立って結構強引に連れてきたのに起きていないのはなんなんだ?」

 

「いや、学園結構きついから。この前なんて100対1させられたんだぜ…?ふへ、ふへへへへへ」

 

「え」

 

なぜか顔を真っ青にする小さい方の魔族。

 

「そ、そうか…。しかし、それは勇者だからだろう?安心するといい。メルよ」

 

そんなやり取りに、勇者は首を傾げている。聖女は寝ている。

 

「…勇者よ。食事はとったか?」

 

「ん、ああ。つっても四時間前くらいだけどな」

 

「そうか。ではそこの奴が起きるまでなにかつまむとしよう。そうだな…。少し待っていてくれ」

 

「いや、ちょっ」

 

魔王が立ち上がり、部屋を出ていく。

 

部屋には、勇者と聖女と魔王の側近1と2が取り残された。爆睡聖女はともかく、勇者も魔族姉妹も警戒をしないわけにはいかず、かといって協力するということだけはわかっているので黙るのも気まずいと言うことで、勇者が会話の口火を切った。

 

「俺は勇者。勇者ライガだ。よろしく」

 

しばしの沈黙の後、大きい方の魔族が立ち上がる。

 

「私はリースと申します。魔王様の側近をやらせて頂いているものです。…メル」

 

「ひゃいっ!え、えっと、リースの妹のメルと申しますす!よろしくおにゃがいします!」

 

「お、おう。別にとったりくったりしないから力抜け?な?」

 

「ひゃいっ!」

 

自己紹介が終わり、部屋が沈黙で包まれるも、魔王が帰ってくる様子はない。沈黙に耐え兼ねて、今度はメルが話しはじめる。

 

「え、えっと。勇者様は学園に行かれておられるのですよね。学園について教えてください!」

 

「お、おう。あー魔族側にあるかは知らないけど、簡単に言うと兵士育成施設だよ。戦争で、魔族に勝つためにいろいろな事を教えられるんだ。もし似たようなのがあるなら、人類に勝つためとかになるんだろうな」

 

「た、たいへんですか…?」

 

「そりゃ大変だけど…というかそんな事聞い「いぎゃあああああああああああああ」リュア!?」

 

メルと話していると、突如寝ていたリュアが絶叫をあげた。目をかっぴらいたかと思えば、すぐに倒れるようにベッドに戻り、苦しそうな顔をして唸っている。その横にはリースが立っていて、右手から紫色の光を出し、リュアの頭に当てている。

 

「何をしている!」

 

少し色が暗い聖剣を構えて、リュアとリースの間に勇者が割り込む。勇者が放出した殺意にメルは怯え、リースは涼しい顔で受け流し、口を開いた。

 

「別になにもしていませんよ。ただただ悪夢を見せただけです。こうすれば起きるでしょう」

 

「もっとあっただろう!揺さぶって起こすとか!というか、せめて俺には言え!」

 

リースと勇者の視線がぶつかり、いつちぎれてもおかしくない緊張の糸が張り詰める。そんな中、呑気な声が部屋に響く。

 

「ん~?らいがぁ?おはよ~おやすみぃ~zzz」

 

「「寝るな!」」

 

「うぇっ」

 

突然の大声に涙目になるメル。

 

「同じ事を言うな!そもそもお前は魔王の側近だろ!独断で動いてんじゃねえ!」

 

「勇者が仲間の管理をしっかりとしていないのが悪いのでしょう?というか、なんですぐに起こさないのですか?わざわざ魔王様に気を遣わせて。ふざけているのですか?」

 

ぎゃいぎゃいと言い合いをする魔王の側近と勇者二人。

 

「済まない。時間は少しかかってしまったが、これならメルも食べられるだろう」

 

選びに選び抜いたお菓子を持って戻ってきた魔王。

 

リースと勇者を止め、メルをお菓子でなだめ、起きたら起きたで騒ぎ暴れるリュアを椅子に拘束した時には全員が疲れきっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

魔王様と勇者様の大事なお休み③

なんていうか…ごめん。忙しかったの


 

「 …はぁ。それでは、やっと落ち着いたから始めよう」

 

魔王の疲れを滲ませたため息に勇者とリースは肩を小さくする。どちらも、やり過ぎたという自覚はあるらしい。ちなみにリュアは特に気にしている様子はない。

 

「まずは一つ目。そこのメルを学園に通わせようと思う」

 

「…どうやって入学するんだ?確かに肌色以外は人と変わらないとしても、顔を隠すのは無理だろ」

 

魔王はどこからかペンダントの様な物を取り出し、メルにつけさせるとメルの肌がぱっと肌色になった。

 

「なっ…」

 

「こういう魔道具を使えばどうとでもなる」

 

長年の戦争でこういった変装道具は魔族も人類も作りつづけている。肌の色以外で区別出来ないため、見た目を変えられればそれでいいのだ。

 

「そして、メルが学園に通うにあたって、頼みたい事がある」

 

「ん?なんだ?」

 

「メルは生粋の魔族至上主義の奴らに育てられている。だから人と関わるサポートをしてやってくれ」

 

「…?…分かった、けど」

 

「よ、よろしくお願いします!」

 

メルが前に出てきて、勇者にぺこりとお辞儀する。

 

「なあ魔王。やっぱりこいつほんとに魔族至上主義なのか?めちゃくちゃ礼儀正しいぞ?」

 

さっきから敬語は使うしこうやって容赦なく頭を下げられる。どうしても、見たことのある差別主義者の態度とは思えないメルに勇者は疑問を覚える。

 

「それは、魔族の教育界隈では単体で国の軍隊とやり合える魔王と勇者を同じ枠組みに入れるのはあきらかにおかしいという考えが最近広まっていてな。人と魔族と勇者と魔王で分けるべきだ!と思われているのだ。メルもそう教えられているからな、人と勇者が別物だという考えが染み付いているから、敬意を払う事も出来るのだ。まあ勇者はなによりも強大なる敵、魔王は尊敬すべき偉大なお方と言われているそうだがな」

 

「へぇ、まあそうか、こっちでも魔王は強大なる敵って感じだしな。というか、それならこの子が人の前だとどうなるのか気になるな…」

 

「少しイラッとしただけで命令を忘れて暴れるかも知れないからな。ちゃんと止めてやってくれ」

 

「あいよ。じゃあ他は?」

 

「あの組織の事だ。その進捗を確認しようと思ってな」

 

「魔王様。その組織というものの説明をして頂けませんか?」

 

「あっ!私も知りたい!」

 

それまで沈黙していたリースとリュアが声をあげた。

 

「まず、この組織の目標は戦争を終わらせること。それだけだ。基本的に戦争で不利益を受けている者達を人類も魔族も関係なく助け、人員を増やしている最中だ」

 

「あの、魔王様。経費は…」

 

「問題ない。私と勇者のポケットマネーだ」

 

「え、ライガ。なんでお金持ってるの?」

 

「実はこっそり夜に冒険者として働いているからね。その収入かな」

 

りはホッとしたような顔をして、リュアは秘密にされていたことにむーっと腹を立てている。

 

「じゃあ話を戻すけど、進捗と言っても俺に聞くより、トーニックに聞いた方がいいだろ。俺、あいつに全部丸投げしてるし」

 

トーニックとは魔王に捕らえられた人類のリーダーであり、あの尋問からしばらくたっての話し合いの時に、勇者に引き渡された。学園で忙しいからとその組織については丸投げして、お金だけ渡しているのが現状だ。

 

「そうか。こちらはちょっと最近魔獣に町が襲われてな。大量の孤児が出たため全員引き取った。正直使い道は限られているが、ちょっとした手当とか、炊き出しの仕方を教えている最中だ」

 

「ん…?」

 

勇者は一度席を立ち魔王に耳打ちする。

 

「予測出来なかったのか?」

 

「正直記憶が曖昧だが、この時期にそんなことはなかったはずだ。勇者の冒険者業など、違うところはいくらでもある。その中の一つが影響したのだろう」

 

「なるほどね。学園にずっといる俺よりも魔王の方がその影響は受けそうだな。気をつけろよ」

 

「言われなくても、分かっている」

 

小声でひそひそ話をして、勇者が元の席に戻ると、魔王が備え付けられている時計を見て立ち上がった。

 

「勇者よ、すまないがそろそろ私は寝なくてはならん。明日の業務に支障が出るからな」

 

既に時計はいつもの就寝時刻をゆうに超えていた。魔王は基本的に書類と睨めっこしており、眠気は最大の敵となる。

 

「む。そうだな。俺はともかく、リュアは寝ないとな。そうだ、魔王。いつから本格的に動き始めるんだ?」

 

「貴様が戦場に出始める頃だ。後10か月、互いに力を尽くそう。私も貴様も協力者が増えるのだからな」

 

魔王はリース、メル、リュアを見渡して、そう言った。

 

「おう。じゃあな【転移 学園】」

 

リュアを連れて勇者は消え、会議は終わった。

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

魔王様と勇者様の価値観

 

≪魔王視点≫

翌日、執務室で積み上げられた仕事をみて溜息をついているとリースに呼び止められた。

 

「魔王様。少しお聞きしたい事がるのですが」

 

「なんだ?珍しいな」

 

「えー。戦争についてはどのような方針で進めていくのでしょうか?これまで、勝つための動きを重視していたような気がするのですが」

 

リースが疑問に思うのも当然で、これまで私は過去を思い出しながら、悪い手を避け、良い成果をあげた指示ばかりしていた。お陰で以前よりかは優勢となっている。

 

「確かに、私の目的は戦争を終わらせることだ。しかし、それは魔族の為だ。人類なんてどうでもいいとまではいかなくても、私にとっては優先度は低い。故に、私は勇者との作戦が開始できるまでは、魔族の犠牲が少なくなるようにしている」

 

「畏まりました。それでは、どちらかというと守備を重視すると?」

 

当然攻めるよりかは守る方が被害が少ない。だからこその意見だろう。

 

「そうだな。そうしていくつもりだ。その方が人類の被害も少なく、魔族と人類の関係改善に繋がるかも知れないからな」

 

「では、最後に。もし圧倒的に有利な状況になり、攻めれば滅ぼせるという状況であれば、どうなさいますか?」

 

いつになく真剣な顔で、リースは言う。

 

「…攻めない」

 

「承知しました。お時間をとらせてしまい申し訳ありません。私はこれにて失礼します」

 

リースが出て行ったのを確認してから、私は書類に手を付けた。

 

 

≪勇者視点≫

「おいリュア。寝るなよ」 

 

「う~。でも~」

 

あの後あんまり眠れなかったのか、目を擦りながらリュアは教室へと移動する。

 

「今日は、俺はまた二刀流かな」

 

「私は打撃武器のやつだよ~。またね~!」

 

ぱっと消えたリュアを見送ってから俺も教室へと向かった。

 

 

 

 

「おはよう」

 

「やあおはよう」

 

教室の扉を開けると、先に教室へと来ていたニアとレイトが挨拶をしてきた。

 

二ヶ月も経てば、一人や二人は友達も出来ると言うもので、ニアとレイトは同じく二刀流を学ぶ仲間だ。二人とも剣の扱いは上手いが、レイトは特に上手い。レイトよりも圧倒的に高い身体能力を最大限活かしても、技術でいなされてしまう程だ。

 

「おはよう。レイト!今日は負けないからな!」

 

「ふふ。いいよ。全力で相手をしよう」

 

「待って。私が先。ライガ、倒す」

 

「っしゃあこいやぁ!」

 

いつものやり取りを終えて、先生を待つ。

 

数分経って、先生が血相を変えて扉を開けた。

 

「済まない皆!今月の実戦は私達のクラスが担当になってしまった!」

 

クラスが、ざわついた。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

魔王様と勇者様の価値観②

今日から頑張って毎日あげます(一段落ついたので)おまたせしてすいませんm(_ _)m


 

≪魔王視点≫

「これは…」

 

積み上げられた書類の一つが目に止まった。

 

内容は戦場にどの部隊を送るかという物であり、本来なら特別気にするような事ではない。しかし、それは違った。私は、それを覚えていた。

 

簡潔に言うと、この戦場では両部隊が壊滅した。初めは、かなり魔族側が押していたのだが、学園の生徒が参戦すると一気に押し返され、最後には魔族側の自爆魔法によって、全員死んだ。

 

生き残った魔族からの報告では、やけに強い学園の生徒と思われる人物が一人いたらしくその人物に殆どがやられたようだ。後からしてみれば、ここでその化け物と言えるような生徒を倒せたのはよかった。しかし、こちらも手痛い痛手を負ったのだ。

 

「どうするか…」

 

放っておけば、その人物はどこまでの戦力となるのか分からない。おそらく、これ以上ないくらいの不安要素となるはずだ。しかし、ここで犠牲が出ると分かっているのに軍を出すというのも気が引ける。

 

「…よし。リース。少しいいか?」

 

 

≪勇者視点≫

実戦は、学園の生徒が戦争に駆り出される事を言う。目的は戦場に慣れるというものだが、兵士の一人として扱われるので普通に死ぬ。それに、経験が足りないまま戦場に放り込まれるので他の兵士より死にやすい。一応、これをくぐり抜けた生徒は確かに強くなる。実力が大幅アップ!と、なるわけではないが判断やメンタルと言った様々な分野で成長が見られるのだ。とはいえ、死にたい人なんてこの学園にはいないので、最も嫌われている制度だ。

 

それが、二刀流のクラスに回って来たのである。

 

「本当にすまないが、いますぐ用意をしてくれ。明日の早朝出発だ。逃げようとしているものもいるかもしれないが、もう無理だ。どこにいても発見され、転移でここに集合させられる。だから、諦めて遺書とか諸々の準備をするように」

 

そんな、絶望的な事を教師は伝えると、教室を出て行った。

 

それを確認すると、ニアとレイトがこちらへとよって来た。

 

「大変な事に、なった」

 

「そうだね。これは、気合いを入れていかないとね」

 

「おう。じゃあ俺はちょっと準備してくるわ」

 

そう言って二人から離れ、部屋に戻り考えた。

 

「魔族を、殺すのか…」

 

参加は絶対であり、俺は勇者として、人類の希望として、活躍をしないといけない。でもそれは、友好への道を遠ざけてしまうのではないだろうか。

 

そして、今回の実戦で分かっていることが一つある。

 

何もしなければ、おそらくレイトは死ぬ。

 

初めからおかしいとは思っていたのだ。なぜ、俺よりも剣の使い方が上手いレイトを俺が知らなかったのか。こんなにも強いのなら知らないわけが無いはず。それはなぜか。簡単だ。俺が戦場に出る頃には、こいつはとっくに死んでいたのだ。

 

確か、この時期の学園にそんな話があった気がする。英雄が、魔族の将軍の一人を倒したとかなんとか。それが、レイトなのだろう。

 

多分、俺がやれば、レイトが死なない未来へと導ける。それは、本当に正しいのだろうか?

 

「…よし」

 

二本の聖剣を腰に下げて、俺は立ち上がった。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

二回目の最初の戦い

 

「点呼!」

 

「一!」

 

「二!」

 

学園の制服を着た若者が大声で点呼をあげている。生徒たちの表情はどれも険しく、恐怖をなんとか大声で誤魔化そうとしているようにも見える。

 

そんな生徒達の中で、一際目立つ存在がいた。

 

戦場に向かうと言うのに、やけに目立つ白い鎧を身に纏い、白く輝く剣を頭に掲げている。

 

「行くぞ!お前達には俺がついている!俺は!この聖剣に誓って!絶対に勝利してみせよう!」

 

勇者の声を聞き、恐怖にうちひしがれていた物達の目に光が灯る。立ち上がり、前を向いて、周囲の人に混ざり、歓声を上げはじめた。

 

しかし、ここは戦場である。

 

「【雷魔法 ライトニング】!」

 

勇者が突如空に向かって雷を解き放つ。そして、空中に突然現れた岩を粉々に砕いた。

 

パラパラと当たっても痛くないほどに小さな破片が降り注ぐ様子をみて、学園の生徒達は固まる。

 

「さあ!覚悟を決めろ!絶対に生きて帰るんだ!」

 

「「「う、うおおおおおおお!!!!!!」」」

 

百人にも満たない、練度の足りていない新兵が、勇者を先頭に、戦場へと放り込まれた。

 

 

 

多くの血が流れる戦場で、生徒たちは獅子奮迅の活躍を見せていた。

 

勇者が率先して敵を狩っているというのもあるが、なによりも大きいのは何度も繰り返した勇者との模擬戦だ。彼等は、強者との戦いに慣れていた。敵である魔族は、勇者よりも弱い。それは事実であり、生徒たちに勇気を与えた。

 

絶対に孤立せず、味方と死角をカバーしあうことで死なない事を優先する。しびれを切らした魔族を誘い込み、一気に叩く。

 

その動きは、これ以上ないくらいに完成されていた。安定した戦いを続け、徐々に戦況は人類側が有利に傾いていた。

 

 

 

そんな中、一人のローブを着た男が突如空に現れた。

 

音もなく、魔力の乱れも感じさせない転移に、気づけるものは誰もいない。たった一人、勇者を除いて。

 

「全員!退避ー!!!!」

 

「【炎魔法 煉獄】」

 

業火が、戦場を包み込んだ。それは、中にいる生物をすべて焼き付くさんと徐々に狭まっていく。中には魔族も人類もいて、このままではどちらも仲良く灰となり、肥料の一つとなるにちがいない。

 

「誰だお前!」

 

勇者が空中に浮かぶ男に向けて声を荒げた。しかし、男はなにも話さず、さらに空中に様々な色の球を出現させた。素人目にみても、一つ一つが人を跡形もなく消し去るほどの力を持っている事が分かる。

 

勇者は対話が出来なさそうだと諦め、聖剣を構えて、目を閉じた。

 

そんな勇者に向けて、大量の球が向かっていった。

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

二回目の最初の戦い②

 

二本の聖剣を淀みなく走らせる。

 

時間差で飛んで来た球も、同時に迫って来ていた球も、すべてが消失した。

 

「これが…勇者…」

 

魔族も、人類も、圧倒的な力を目の当たりにして、戦闘中という事すら忘れてしまっていた。ただただ、次元の違う戦いを眺めていることしかできなかった。

 

ありえない速度で交わされる魔法と剣の押収。気づいたときには、周囲を囲っていた炎は消え去り、誰もいない土地は跡形もない程に荒らされてしまっていた。

 

そんな中、突如として謎の男が止まった。数え切れないほどの魔法を撃つのをやめ、勇者を静かに見つめている。

 

「なんだ?」

 

勇者は、その様子に不信感を抱き、立ち止まって聖剣を構え直し、警戒する。すると、男は手を上に向けた。

 

「【炎魔法 ファイヤーボム】」

 

空が、爆発する。誰もが言葉を失うほどの威力で、太陽が落ちて来たかのようだ。そうして、そんな魔法を使った男は、消えた。

 

「ここは任せたぞ!」

 

勇者は即座に転移魔法だと判断し、追いかけるように転移する。勇者だけが、謎の男から目を逸らさなかったのだ。それゆえに、どこへ行ったのかなんて丸わかりだ。そしてそれは、勇者、いや、ライガにとって、なによりも阻止したい場所であった。

 

「【転移 ココサ村】!」

 

 

 

ココサ村に辿り着くと、待っていたかのように謎の男が手を広げた。フードに手をかけて、勇者に明るい声をかける。

 

「また会ったな。勇者よ」

 

「…は?魔王?」

 

フードの下には、世界一憎らしい協力者の顔があった。

 

「フン!」

 

「は?危ないだろ!」

 

勇者のさりげなく殺意を込めた聖剣を、魔王は必死に魔剣で受け止めた。

 

「友達の生死がかかってんだよ殺すぞ!」

 

勇者にとっては、一分一秒が惜しく、どうにかしてニアとレイトを守りに行きたかったのだ。そこを邪魔されたわけだから、軽くキレている。

 

「それを言うなら、貴様のせいで魔族側の犠牲者も増えるのだ。退かすことはなんらおかしくないだろう」

 

魔王にとっても、予想していなかった勇者参戦に予定変更を余儀なくされたので邪魔されたような物である。

 

「チッ!じゃあ俺もう戻るから。じゃあな【転移 】」

 

「ならこの村を滅ぼすぞ?」

 

詠唱をやめ、勇者は、じっとりとした目で魔王を見つめる。そして、聖剣をとんとんと、魔王に見せつけるように叩いて、言った。

 

「なら、ここに入れてる捕虜はどうなるかな?」

 

「は?」

 

「ここに、さっきの戦場で俺の手によって退場させられた魔族がギッシリと詰まっているんだよ。お前はなんだ?王ともあろう男が国民を見捨てるのか?」

 

「…なんでそんなことをしているんだ?」

 

「決まっているだろ。人が死なないからだよ」

 

勇者は、戦場へ出るにあたって、どうすれば後に垣根が残らないか考えていた。そうして、思いついたのがこの方法だ。

 

聖剣には、物を入れられる力がある。特に、勇者とともに戦い抜いた旧聖剣は魔族を倒しレベルが上がり、勇者より圧倒的に弱い生き物に限るが、生き物ですら入れることができる。ちなみに以前入った魔族の家族によると、なにも覚えていないらしい。というか、聖剣に吸い込まれたかと思ったら、次の瞬間には遠く離れた場所で外に出されていたらしい。

 

というわけで、今回はすべての魔族を倒すふりをして、収容しているのだ。流石に、学園や他の生徒が殺そうとしているのには割り込めないが、それでも大多数の魔族がここに入っている。

 

「分かった。それでは、一度話し合うとしようか」

 

「…そうだな」

 

魔王と勇者は、間をとって話し合いをすることにした。

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

二回目の最初の戦い③

 

「先に言っておくが、俺は退こうにも退けないんだよ。もしここで退いたら、逃げたと思われて信頼が地に落ちる」

 

勇者は事前に兵士の前以外でも、国民の前で演説をさせられている。国王によると、戦争へ協力的にさせるためらしい。そんな思惑のもと、繰り広げられた演説に対し、熱狂的に声を上げていた国民は、逃げることを許さないだろう。

 

「分かっている。私は仕事を抜け出して正体を隠しているから、最終的にはそちら側の勝利で終わらせてやる。ただし魔族の保護は絶対だ。少しでも犠牲者を少なくしてくれ」

 

魔王は、それに加えて魔道具もりもりで外からじゃ魔力すら分からないまでに変装している。襲撃したときも、魔族人類関係なしに囲ったので、魔族からしたらこの謎の男が魔王とは思わないだろう。

 

「はいよ」

 

勇者にとっても、それは初めから決めていた事だっので同意するのは容易いことだ。

 

「待て。それともう一つ」

 

「あ?」

 

立ち上がろうとした勇者に対して、魔王は引き止める。

 

「レイトという人間を、殺すか、こちら側へと引き寄せてほしい。もし出来なければ、私が殺しに行く」

 

その言葉を聞いて、せっかく緩み始めた空気が、再びピリッと引き締まる。

 

「…どういうことだ?」

 

「あの男は、一人で小隊を壊滅させるほどの化け物だ。味方であれば心強いだろうが、敵であれば厄介この上ない。味方とならないなら、敵となる前に殺すというだけだ」

 

沈黙が、辺りを支配した。互いに睨み合う時間が続く。

 

やがて、勇者が沈黙を破った。

 

「味方には引き入れる。もともとそのつもりだ。でも、失敗しても殺させない。その場合、俺は絶対抵抗するからな」

 

そういうと、勇者は一方的に転移で戻った。

 

「まあ、味方となることを祈るとしよう」

 

魔王もフードを深く被り直し、戦場に戻った。

 

 

そして、勇者と魔王は変わり果てた戦場を目にして絶句することになる。

 

魔族と人の殺し合いの舞台。本来あるはずの血にまみれた戦闘はなくなり、そこに立つものは誰もおらず、後に残るのは所々肉を食いちぎられた死体だけだった。人も魔族も誰が死んでいるのかすら判断できない。ただ一つ言えるのは、明らかに死体の数と総兵力があっていない。それ故に、何人かは無事逃げられた事と祈るばかりだ。

 

「おい、魔王」

 

「分かっている」

 

地面をよく見ると、何かの集団が駆け抜けた後がついている。ちりばめられた足跡は様々で、これは一つの事実を示していた。

 

魔王と勇者は、足跡が示す森へと走り出した。

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

イレギュラー

 

木々の隙間から差し込む僅かな光を当てにして、勇者と魔王は鬱蒼とした森を駆け回った。足場が悪いとか、木が多いとか、彼等には障害にすらならず、ここら一帯が住家であるはずの彼等を追い詰めるのに、さほど時間はかからなかった。崖に追い詰められた魔獣は、勇者と魔王の圧から逃れられず、震えるばかりだ。

 

「…妙だな」

 

「そうだな。余りにも数が少ない。この程度の数の魔獣に、あの場にいたもの達があんなにもやられるとは思えない」

 

ただでさえ戦場に残っていた死体は、人類魔族両軍を合わせた数の半分ほどだった。しかし、ここにいる魔獣はさらにその半分ほど。本来なら、有り得ないはずだった。

 

「もしかすると、魔獣が来ていても戦い続けてたのか?」

 

「それは…。いや、ともかく、この害獣共を始末しよう」

 

「そうだな」

 

難しい事は後回しにと魔王と勇者は魔獣を始末するため、魔法を構えた。そして────いざ魔法が放たれようとした瞬間、勇者の耳に聞こえるはずのない声が聞こえた。

 

「おにいちゃん!なにしてるの?」

 

その声は、魔王と勇者より前方…まさに、魔獣の群れの中から聞こえて来る。

 

「もー!どいてっ!」

 

幼さの残る可愛らしい声を張り上げると、水を割るように魔物の群れが端へ寄り、そして、その姿が明らかになった。

 

「みゅー、ちゃん」

 

「えへへ!おにいちゃん!撫でて~!!」

 

勇者は訳が分からないというようにぼーっとする。そんな勇者に向けて、みゅーちゃんは笑顔になり、小走りで勇者に飛びついた。

 

「とまれっ!」

 

それを、自身の魔剣を割り込ませ、魔王が妨げた。

 

「貴様はなんだっ!何物だ!」

 

死の気配は感じないが、腹の底から沸き上がる『嫌な予感』が魔王を襲う。

 

「んー?みゅー?みゅーはね」

 

そうして、一度目を閉じて一拍置いてから、黒かった目を真っ赤に染め上げて、みゅーちゃんは妖しく笑う。

 

「みゅーは世界で唯一の『人の魔獣』であり、世界の魔獣のクイーンだよ!」

 

「人の、魔獣…」

 

「魔獣のクイーン…」

 

勇者と魔王は、呆然と聞いた内容を繰り返す。

 

「あっ!そうだ!魔獣さん達を帰さないと!」

 

手を口に当てながら、魔獣のお尻を叩いて解散させる。そんな様子をぼーっと眺めていると、魔王ははっと気が付き、貯めていた魔法をぶっ放した。

 

「あっぶな~い!」

 

それを、みゅーちゃんはこちらを見ることなく、打ち消した。

 

「バイバ~イ!」

 

そして、何もなかったかのように、魔獣の見送りを再開する。勇者と魔王は、不思議と見ていることしか出来なかった。

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

イレギュラー②

 

「さてっと」

 

魔獣がいなくなり、みゅーちゃんはこちらへと振り返った。

 

「待ってくれてありがとうね!お礼に、何か知りたいことあったら教えてあげる!」

 

みゅーちゃんは、ニコニコと質問を待っている。先に口を開いたのは魔王だった。

 

「何故こんなことをする?」

 

「こんなことって?」

 

「何故人類と魔族を殺したのか聞いているのだ!」

 

笑顔を崩さないみゅーちゃんに、魔王は怒りを募らせる。

 

「えー?そんなの決まってるよ。生き残るためだね!」

 

「生き残りたいなら戦う必要なんてないだろう。森の隅で うずくまっていれば寿命まで容易に生き残れるはずだ」

 

「種としてだよ?魔獣さんが生き残るには、人類も魔族も敵!完全に手を組まれる前にできる限り数を減らさないと、本当に滅ぼされちゃう!」

 

芝居がかった口調で答えたみゅーちゃんは答えた。

 

次に口を開いたのは、勇者。

 

「君と俺が最初に出会った時、君は魔獣に襲われていて、助けを呼んでいた。あれは何だったんだ…?」

 

勇者は、狼に囲まれ、殺意を向けられているみゅーちゃんを見ていた。それが、魔獣の長であり、勇者と魔王に勝るとも劣らない力を持つと、誰が想像できるだろうか。

 

「だって、おかしかったもん」

 

「へ?」

 

「勇者はあそこには来ないはずだった。あのまま、あの冒険者を始末して、未来の英雄の誕生を防げるはずだった。それに、勇者と魔王が手を組むのも。人類と魔族の戦争が終われば、次に敵として狙われるのは私達魔獣。それだけは何としても防がないと。防げなくても、それまでに人類と魔族の勢力をなんとしてでも削らないと行けなかった」

 

突如として、まくし立てるようにみゅーちゃんは話しはじめる。

 

「だからね!狼さん達に犠牲になってもらって、人の世界に入り込んだの!勇者に連れられたのなら、誰も不信に思わないしね!」

 

そこで、勇者はある可能性に気付いた。

 

「まっ、まって!みゅーちゃんのいた孤児院は?」

 

「…。そろそろ終わりだね!最後に一つ良いこと教えてあげる!」

 

「質問に答えるんじゃなかったのか?」

 

「…。私達は、私達同士で殺し会っちゃダメ!そんなことをしたら、世界が滅んじゃからね!」

 

そう言い残して、みゅーちゃんは去って行った。

 

 

残された魔王と勇者は、それぞれ、みゅーちゃんの事について考えていた。頭が整理できたのか、魔王が口を開く。

 

「私は城に戻るとしよう。勇者よ。覚悟して戻れ」

 

「は?それってどういう…」

 

言い終わる前に、魔王は転移で帰ってしまった。

 

「帰るか…」

 

勇者は仲間の安全を祈りながら、一度、王都に帰ることにした。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

理不尽

m(_ _)m


 

≪魔王視点≫

執務室へ転移すると、リースが待っていた。

 

「魔王様。緊急の報告が」

 

「分かっている」

 

大方、予想通りだ。念のためリースに私の直属の部隊を預けておいたのが効いたことを祈っておこう。

 

「被害が最も甚大なのは?」

 

「それらの情報は既にまとめてあります」

 

リースが差し出して来た紙には、地図とともに被害と現状が記されている。当たり前だが、都市部より辺境の地の方が被害は大きい。

 

「リース。辺境の辺りはすべて私がなんとかする。リースは私の部隊を率いて都市部を中心に解除してくれ」

 

「かしこまりました」

 

リースが部屋に出て行くのを待たずに、私は転移した。

 

 

 

 

そこから、私はこの世界を飛び回った。場所によって優先順位をつけながら、その場にいた魔獣をすべて始末していく。

 

所々、過剰とも思えるような数の魔獣を相手している村もあった。たかが、数十人程度の村が都市部を落とすのに十分な程の魔獣と戦う。偶然…いや、あの娘の言い方的に必然なのだろうが、そんな村の半分は間に合わず、残り半分は壊滅は防げたが、ちょくちょくその村の英雄が殺されるなど、悲惨な結果となった。

 

多くの命を救えたが、同時に多くの命を見捨てた。すべてが終わった時、私は再度決意した。

 

必ず、魔獣を滅ぼしてやる。

 

 

≪勇者視点≫

学園への報告のため、一度俺は学園の前に転移した。

 

広大な敷地を持つ学園。その入口にはたくさんの木々が植樹されていて、緑あふれた芸術的な景観を作り出している。そんな王都の有名なスポットとなっている入口は、普段の景観を無くしていた。

 

「は?」

 

血の臭い。絶え間無く響く悲鳴と怒号。人類で最も発展していて、誰もが憧れを持つ王都は、地獄を表現しているかのような有様となっていた。

 

そこで、気がついた。

 

「時間稼ぎ…!」

 

わざわざゆっくりと魔獣を帰し、自らを敵と言っておきながら質問に答える。それは、俺達では取り返しのつかないようにするための時間稼ぎだったのだ。

 

そんなことを考えている間に、また一人、命が消えていく。

 

「落ち着け」

 

辺りを見渡すと、学園の制服を纏った少年少女が魔獣を一体一体削っている。

 

「おりゃゃゃゃゃゃあああ!!!!」

 

特に、あの体格に見合っていないハンマーを軽々しく振り回し、傷ついた人を癒す少女、リュアは最前線に立ち、複数の魔獣に対して善戦している。

 

仲間が稼いだ一分一秒を、無駄になんかできる訳がない。

 

聖剣を抜き、ペンダントを首につける。

 

「足を止めるな」

 

聖剣が光を纏い、それが腕を伝って全身に染み込む。

 

「一撃で仕留めろ」

 

代償と言うかのように、大量の魔力が消えていく。

 

「皆を守れ」

 

一つの思いから、頭に浮かんだ言葉を口にする。

 

「【限界突破】」

 

白い閃光が、世界を駆け巡った。それは、どうしようもないくらい理不尽に命を奪い、拾っていく。

 

まさに、勇者という名に相応しい、化け物の誕生だった。

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

番外編 部下の努力

なんかぁ。書きたくなったのでぇ


 

≪リース視点≫

魔王様が戦場へ出て行かれた。今日の分の仕事を終えているので、何の問題も無いのだが、それにしても護衛の一人や二人はつけてほしい。どれだけ頼んでも、唯一転移魔法を使える魔王様が認めて頂けなければ一緒に連れていってもらえないのだから意味は無いのだ。

 

粗方の書類を整理し終え、魔王様のスケジュールを調整しながらため息をつく。

 

「はぁ。それにしても突然どうして…」

 

これも、突如として魔王様が変わったことと何か変化があるのだろうか?あの日、突然強大な力を持ってから、勇者と協力したり、まるで未来を知っているように神の一手で戦況を有利に作り上げていったり、不思議な事がたくさんだ。

 

「…執務室へ書類を届けに行きましょう」

 

立ち上がり、自分の背丈よりも高く積み上がる書類を担ぐ。昔はげんなりとしていたものだが、慣れというのは恐ろしいもので何も感じなくなってしまった。

 

「失礼します」

 

誰もいないと知っているが、ノックを済ませて部屋に入る。いつもはここに頭を抱える魔王様がいるのだが、今日はいないので少し寂しさを覚える。

 

「よいしょっ…!【風魔法 ウインドフライ】」

 

書類を置いた瞬間、誰かに見られている気がし、反射的に魔法を放つ。そうして、机の影から風によって浮かび上がったのは一匹の鼠だった。

 

「なんだ。ただの鼠ですか。にしても、よく侵入出来ましたね。毎日掃除しているだけでなく、護衛や私、魔王様までいるのに」

 

魔王様は私よりも鋭い。だからこそ、不自然さを覚えてしまう。

 

「ヂュー!」

 

「キャッ!」

 

空中に拘束していたはずの鼠が、突然加速して噛み付いてきた。すぐに風で叩き潰したが、普通の鼠には有り得ない行動だ。

 

「魔獣」

 

魔法を使う動物。魔獣。彼等は、人も魔族も見境なく襲う。そんな彼等が私達に見つからないように気配を忍ばせる。おかしい。まるで監視でも任されていたのかと勘繰ってしまう。

 

「監視…」

 

嫌な予感がする。すぐに執務室を出て、多くの情報が飛び交う諜報部へ向かう。

 

「諜報部!」

 

「リース様!お探ししておりました!大変です!各地の集落、都市部で魔獣の襲撃が発生した模様です」

 

そういうことか…!魔王様不在を見計らって…!

 

「全権を託されている私が命じます!魔王様護衛部隊を除き、ここにいる部隊はすぐに各地へ散らばり各地の援護に入りなさい!魔王様護衛部隊はすぐに王都のパトロール!おそらく、ここにも来ます!」

 

「「「はっ!」」」

 

魔王様がお帰りなさるまで、なんとしてでもこの国を守らないといけない。

 

 

≪トーニック視点≫

商業都市トルサの自警団代表のトーニックは、頭を抱えていた。

 

「うおおお…!足りない!」

 

商業都市トルサは、面白いくらい簡単に寝返った。いや、寝返らざるを得なかった。それは仕方ない事と言える。なんせ、化け物二人に脅されて、頼りの勇者様はその化け物の一人である。それに、こちら側へ提示されたメリットは余りにも大きかった。今でも、涎が出そうな顔で電卓を打ち、魔王と勇者に笑顔で握手したこの都市の代表者の顔が脳にこびりついている。

 

そんなトルサの役割は、軍や難民を匿う事と魔族と人類を仲良くさせることだ。魔王から送られる人類と、勇者様から送られる魔族達に職を与え、訓練させ、できる限り交流を持たせることで結び付きを強くする。

 

その担当を押し付けられたトーニックは先述したとおり、頭を抱えていた。

 

なぜか。それは簡単だ。突然増えた人口の分の食料が足りなくなってきているのだ。ここしばらくは何とかなるが、正直、後一ヶ月立てば何人かに行き届かなくなることは明白だった。

 

「くっそ。買い出し班はちょい前に出て行ったばかりだからな。誰か早馬を…いや、再編成した方が安いか?」

 

電卓を叩いていると、ドアがノックされた。返事をすると、魔族の若者が一礼してから入ってきた。

 

「トーニック様!トルサの周辺に魔獣がいるとの報告が来ました!」

 

「なに?」

 

魔獣の襲撃。ここ数年なかったが、戦争前はよくあったそうだ。しかし、最近の実例が無さすぎて、どうすればいいのかわからない。

 

「冒険者ギルドに緊急依頼を出せ。ギルドの指示をよく聞いて対処してほしい」

 

「かしこまり…なんだ?新たな報告?トーニック様。また別の情報が出た様です」

 

そういって魔族の青年は下がり、代わりに今度は人間の若者が出てきた。

 

「失礼します。先ほどの魔獣の件ですが、ここだけではなく、周辺の村等でも確認されているそうです。また、冒険者ギルドのギルドマスターを名乗る男が軍を貸してほしいと言っています」

 

思ったより規模が大きい?いや、こんなものなのか?何にせよ、かなりまずい事態であるらしい。しかし、魔族の兵は外には出せない。そうなるとトルサの兵は戦争に出て行っている分も含めてかなり減ってしまう。

 

どうすればよいのだろうか。被害を減らすためには、魔族の兵を出すしかない。しかし、そうなってしまえ王都はもちろん、他の都市からも敵と判断されかねない。そうなってしまえば、もうトルサはおしまいだろう。

 

「…そのギルマスは軍といっているんだな?」

 

「はい」

 

「なら、魔族と人類を混ぜた軍を貸してやれ」

 

「しかし、それでは…」

 

「そのかわり、魔族の兵に優先的に周辺の村の人を助けさせろ。もし御礼を言えないような奴がいれば、容赦なく魔獣の餌にしてやればいい」

 

「流石にそれは…」

 

「冗談だ」

 

これなら、運が良ければ恩を売れて黙らせられるはずだ。もし無理なら、勇者様に泣きつくか。

 

「全責任は俺が持つ!お前らは気にせず、命令通りに動け!」

 

「「はっ!」」

 

この賭けがうまくいくことを願うとしよう。

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

一時の平和

 

勇者と魔王がいなくなった国への魔獣の襲撃は、多くの犠牲を出してしまった。

 

両者とも、魔獣の出る森付近の多くの村や集落は壊滅。都市部も、多くの被害を出した。また、戦場にいる多くの軍は、横からの魔獣の襲撃に対応出来ず、壊滅してしまった。

 

それでも、魔族ではリースという魔王の側近、人類ではトーニックと呼ばれる男の英断によって多くのものが助けられた。そして、満を持した勇者と魔王による攻勢で、襲撃を仕掛けた魔獣はほぼ壊滅した。

 

今回の魔獣の襲撃は魔獣にとっても、人類にとっても、魔族にとっても、手痛い被害を被り、痛み分けとなってしまったのだ。いや、もしかすると、魔獣にとっては失敗なのかも知れない。

 

「こちらの条件でどうでしょうか」

 

「ええ。良いでしょう」

 

魔族と人類の外交官が、一枚の契約書に署名した。それを確認した人類の王と魔王が立ち上がる。

 

「「これにて!この戦争は終わった!これにより我々は共通の敵である魔獣に対して、協力し、対処していく事になるだろう!」」

 

終戦の宣言に、おおきな歓声が上がった。

 

 

 

 

二人の王による国境付近で行われた終戦の宣言は、多くの魔族や人類が望んだものであった。この魔獣の襲撃によって多くの被害を受けた者の心が折れ、多くの反戦感情を持つものが現れたからだ。

 

そうして、人類魔族関係なく、復興が始まり、それを眺める二人の英雄がいた。

 

「なあ魔王。どう思う?」  

 

「…おそらくだが、被害だけでみれば前回の世界の方が酷かったはずだ。だが…」

 

「そうだな。めでたしめでたしとは言えないよな」

 

前回の世界の方が最終的には多かったとは言え、この時点ではこれほどの被害は出ていなかった。やろうと思っていた事と近しい事が襲撃によって発生したとはいえ、流石に喜ぶ事は出来ない。

 

「あの、レイトという奴はどうだった?」

 

「ん?あぁ。ピンピンしていたよ。地味に村一つ一人で守りきっていたし、笑っちゃったよ」

 

ハハハと勇者は笑う。

 

「すまなかった」

 

魔王が勇者に頭を下げた。

 

「どうしたんだよ」

 

「私が貴様を連れていかなければ、もっと被害を減らせただろう。すまない」

 

「ああ。そのことか。もしそれが無くても、どうせ意味なかったよ。結局、俺達はみゅーちゃんに嵌められたんだ」

 

実際、俺だって気づけたはずなのだ。傷一つ着いていないのは異常だと、冒険者として、前回より魔獣を頻繁に殺しているのに、魔族の方で本来は無かった魔獣の襲撃が起こるとか、気づける点はもっとたくさんあったはずなのだ。

 

「…勇者よ。もしやり直せるなら、どうする?」

 

「そうだな…。出来るならやり直したいけど、今すぐはしたくないな。まずは、この世界を一度しっかりと平和にしたい。前の俺達が出来なかったことをやり切りたいよ」

 

前回は、勇者と魔王の剣がぶつかり、爆発して終わった。あのあとどうなったのかは分からないが、少なくとも、いい結果になれたとは思えない。

 

「成程な。私も同意見だ」  

 

「しっかし、どうした?突然そんな事を言って」

 

「いや、おそらくだが、やり直しは可能だと思ったからな」

 

「あー、みゅーちゃんの発言からか?」

 

みゅーちゃんはこうなるはずがないとか、まるで何度も経験したかのような事を言っていた。

 

「そうだ。いや、今はそんなことは考えずに、魔獣と、あのみゅーちゃんという奴をどうするかに集中しよう」

 

「そうだな。ああそうだ。そういえば、結局あの軍はほぼ無駄になっちまったな」

 

戦争を終わらせるために、多くの金を費やして作った軍は、本来の役目を果たせず、そのまま目的が達成されてしまった。確かに、その点をみれば無駄になったと言える。

 

「いや、しかしな。終戦に一役買っているのだぞ?トーニックが独断で魔族の兵も使って周辺の村を守ったのだ。そんな話が出回り、魔族への悪感情が軽減されたのも、この話が上手く進んだ要因の一つだ」

 

「ほー。成程な。流石はトーニック。度胸のある男だな」

 

しばらく、これからについてのんびりと話し、勇者と魔王は自国の復興のために別れた。その様子を、この事態の元凶はじっと見ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

復興作業

 

≪魔王視点≫

一度、予定を確認するために私は執務室へ戻った。

 

「お待ちしておりました。魔王様」

 

戻ると、リースが出迎えてくれる。…大量の書類と共に。

 

「リース。気のせいかもしれんが、仕事、増えていないか?」

 

「…。今回の襲撃により、魔王城の役人も重傷を負ったり、家族の療養の為、実家に帰ったりで、ここしばらくはこのぐらいの量が限界です」

 

どこか光を失った目でそう告げられれば、私は書類に手を付けるしか無かった。

 

 

 

 

 

日はすっかり沈み、月が頂点を超えた頃、私の仕事はようやく一段落した。これが、しばらく続く。

 

「ふふ。ふふふ」

 

おかしくなりそうだ。

 

「お疲れ様です。魔王様」

 

そういいながら、リースは飲み物とちょっとしたお菓子を持ってきた。

 

「おお、気が利くな。頂こう」 

 

リフレッシュしながら、リースとともに予定のすり合わせを行った。

 

私達は、しばらくの間、復興と魔族至上主義者への対処をしなければならない。前者はともかく、後者は人類と協力する場面が増えるであろうこれからに、必要の無い者達だ。殺すまでは行かなくとも、無力化は必要だろう。

 

「さて、そろそろ休むとしよう。リースもすぐに休め」

 

「かしこまりました」

 

命令形にすることで、リースが残業することを防いでから、私は寝室へと戻った。

 

 

 

≪勇者視点≫

俺は、王都へと戻ると、一先ずリュアのいる怪我人が集められている仮設テントへ向かった。

 

リュアは今や王都では知らない人がいないほど有名になり、慕われている。それもそのはず。リュアは王都での魔獣への襲撃に対して、率先して前線に立ち、戦った。聖女でありながら持つ、類い稀なる戦闘センスを生かし、多くの魔獣を葬り、多くの人間の命を救ったのだ。

 

そんなリュアは、今も聖女としての力を使い、今だ減る気配の無い怪我人達へ回復魔法を使っていた。

 

「よう。リュア」

 

「あー!ライガ!もうどこ行ってたの!まだまだ仕事あるよ!」

 

リュアは、怪我人への処置の手を止めずに、紙を渡してきた。

 

「これが、王都の役人さんが言ってたやつ!頑張ってね!」

 

そういうと、リュアはまた仕事に戻りはじめた。いやはや、働き者だなぁ。

 

 

リュアに渡された紙には、基本的に被害が大きめの所の瓦礫を退かすといった、力仕事系が多くあった。うーん。よくわかってらっしゃる。

 

そんな俺が初めに向かったのは、孤児院だった。

 

この孤児院は、王都の数ある建物の中で、真っ先に襲われた。原因は、間違いなくみゅーちゃんが入っていた事であろう。ちなみに、みゅーちゃんの事については、一部の上層部には話しているが、民衆の混乱を防ぐために秘匿しいる。

 

瓦礫が散乱するもと孤児院の生き残りはゼロ。マールさんも、孤児院の子供達も、皆死んでしまった。それを悼んで、ちょっとしたお花がお供えされていたりする。

 

瓦礫を土魔法で造りだしたゴーレムとともに退かしていると、腐った腕が下敷きにされていた。これで、何度目だろうか。

 

前の世界でも似たような事はあったが、どうしても、こういうのは慣れないなと、肩を竦めた。

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

一時の平和②

べ、別にタイトルサボったわけじゃないよ?ほんとだよ?


 

≪魔王視点≫

「そういえば魔王様。メルについてはどうなさるのですか?」

 

「む。そうだな…」

 

執務の後、リースとまったりとしていると、思い出したかのようにリースはそう尋ねてきた。

 

メルは学園へと通わせる計画のために、様々な準備を進めていたが、なんか予想よりはるかにはやく人類と魔族が和解できたせいで、初めの目的そのものが無くなった。別にメル自体積極的に学園へ行きたいというわけではないだろうし、悩みどころだ。

 

「うーむ」

 

「魔王様。お困りのようでしたらメルに選ばせますか?もともとメル自身の人生なわけですし」

 

リースはそういうが、そういうわけにもいかない気がする。

 

「それはそうなのだが、私の命令によって、メルの生活は大きく変わってしまっただろう?それを突然変更してしまうと、さらにメルの負担になってしまわないか?無責任な気もしてしまうし」

 

「でしたらなおさらメルに選ばせるべきです。やりたく無いことを仕事だからと我慢するには、余りにも若いです」

 

ごもっともな事を言われてしまう。

 

「そ、うだな。じゃあ明日、このあたりの時間…は夜が遅すぎるな。朝早くに時間をとろう。リース。頼んだぞ」

 

「かしこまりました」

 

 

 

翌日、朝食へ向かうと、そこにメルがいた。

 

「魔王様のお仕事のお時間を少しでも確保するため、このような方式でどうでしょうか」

 

「あ、ああ。それでいい」

 

私は朝食は静かに取る派なのだが、まああの仕事量では、下手すればリースとのまったりとした時間も無くなってしまうし、まあいいだろう。

 

「じゃあメル。話しなさい」

 

「え、えっと…。私は人間世界との関わりは、余り持ちたくないです…」

 

消え入りそうな声で、メルはそう告げてきた。

 

「ほう?ということは、外交官とか、それすらも避けたいのか?」

 

「は、はい…」

 

「なぜだ?」

 

「え、えーっと、その、あの…」

 

口をもごもごさせながら、メルは言い淀んでる。それを見たリースが、ため息をつき、前に出た。

 

「これについては、私は正確な情報を掴めていないのですが、先日、ちょっとした問題を起こしてしまったらしいのです」

 

「ほう?」

 

「あ、それは…!」

 

止めようとするが、リースの口は動きつづける。

 

「えーどうやら、こちらの領で復興の手伝いをしている人間に対し、失礼な態度を取ってしまったみたいです。それに周りが食いつき、気がつけば無視できないような喧嘩になったそうで…。もうすでに、その場にいた兵士が解決したらしく、魔王様には報告は届かなかったと思われます」

 

「あ、えっと…ごめんなさいぃ」

 

おっとそう来たか。これは…。

 

「メル。詳細を話せるか?」

 

「はい…。えっと、手伝ってくれた人に対して、えと、労おうと思ったんですけど、テンパっちゃって、間違えて、よくやったって…。その、そして、周りが笑ってて、変なこと言っちゃったと思って、必死に反論してたら、皆私を睨んでて…」

 

「「あー」」

 

詳細を聞き、リースと一緒に頭を抱える。初めはまだ悪ふざけだと思われてそうだが、後から多分相当やばいことを言ったみたいだな…。

 

「リース。これは教育が必要そうだな」

 

「そうですね…。勇者に、いや、学園に協力を促してみましょうか」

 

真面目なはずのメルがこういうことを起こしてしまうとは…。差別意識というものを一刻も早く撤廃していかないとだな…。

 

 

≪勇者視点≫

「かんぱ~い!」

 

リュアの掛け声で、復興のために働いていたボランティア達が、一斉にジョッキを掲げた。今日は、しばらく終わりのこない復興作業の休みの日として、十日に一度開かれる飲み会の日だ。誰でも自由参加で、料理を持ち込んだり、屋台を開いたり、何をしてもオッケーである。そんな飲み会で、人気No.1のリュアが始まりの音頭を取ることになったのである。ちなみに未成年は水だ。つまり、俺とリュアは水だ。別に勇者である俺はなんともないし、リュアは魔法で簡単にアルコールを飛ばせるから別によくても、そこらへんは気をつけている。

 

「ねーねー!ライガ!一緒に食べよ~!」

 

「あいよ」  

 

元気いっぱいのリュアと一緒に、会場を見回りながら、ご飯を貰う。勇者とリュアであるので、皆こぞってわけてくれるので、とてもぽかぽかした気持ちになる。

 

「いや~。ライガすごいねぇ。まさか魔王と和解するなんてねぇ」

 

「いやいや、リュアの方がすごいよ。ここまで誰からも愛されるなんて、信じられないよ」

 

「えへへ~」

 

恥ずかしそうに、うりうりと頭を押し付けて来るリュア。前の世界でも良くやられていたが、やはり慣れない物で、軽く心拍数が上がってしまう。

 

「む~。でも、もうすぐ学園が再開しちゃうね」

 

「まあ、強くなるには学園が1番だしなによりまだまだ俺達は力をつけないといけないからな」

 

学園は魔族との戦争が無くなっても、存続することが決まった。しかし、目的は兵士の育成ではなく、魔獣の倒し方やマナーなど、冒険者育成施設となるようだ。あの、俺に冒険者のイロハを教えてくれたカミルさんが手紙でそう言っていた。

 

「あ!そうだ。気になってたたんだけど、ライガはどこでその剣を手に入れたの?」

 

そうしてリュアが指差すのは、少し黒が混じった旧聖剣だ。限界突破を使ったときは新聖剣の方だが、基本的に旧聖剣で魔獣を殺していた。やはりこっちの方が切れ味がいいしね。

 

「んー。道で拾った」

 

未来から持ってきたとか、馬鹿げた事と一蹴されるだろうから、適当に流す。

 

「へー!そんなもの落ちてるんだねぇ」  

 

マジか。信じやがった。

 

「まあそんなことより、今日は楽しむか!」

 

これ以上掘り下げられると、リュアでも気づけるような嘘をついてしまいそうなので、話を切り上げ、楽しむことにした。

 

「そうだね!」

 

貰ったご飯を片手に、リュアは笑っていた。

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

各種族の代表者

 

復興作業が一段落したという事で、魔王と勇者は久しぶりに集まり、のんびりと話していた。

 

「どうよ。そっちは」

 

「そうだな。今のところ復興は進んでいるが、一部の魔族の人類への態度の改善が難しいな」

 

「のを使いすぎだろ」

 

「…人類にも差別主義の輩がいるだろう?それはどうしているんだ?」

 

「あーどうなんだろ。あんまりわかんないけど、喧嘩はよく見るから特に改善とか考えている奴すらいねぇんじゃねぇかな」

 

「ほう。なら改善の為の活動を打診してみるとしよう」

 

「ま、いんじゃね」

 

そこから、どうでもいいことをぺらぺら話したかと思えば、突然勇者が言った。

 

「魔獣。どうするんだ」

 

「どうするとは?」

 

「どっちがみゅーちゃんを抑えて、どっちが魔獣を倒すんだ?」

 

「ああなるほど。私としては、あの人の魔獣を二人で抑えてるのが妥当だと思っている」

 

「?じゃあ魔獣は他に任せるのか?…それは、犠牲が出るんじゃ?」

 

「それを承知しての事だ。私や勇者が魔獣を壊滅させたように、おそらくだが、あの人の魔獣も似たようなことを人類や魔族に対してできるのだろう。だから、それを放置する方が犠牲は出る」

 

「それは分かってるよ。でも、なんで二人なんだ?」

 

「なにがあっても、あの人の魔獣を止めるためだ。あれを見逃してしまうのが、一番まずい。それに、人の魔獣を殺すことができれば、この戦いは終わる」

 

「無理だよ」

 

魔王がそう言ったとき、勇者でも、魔王でも無い声が響いた。すぐに振り返ると、みゅーちゃんは笑顔でニコニコとしている。無言で、魔王と勇者は戦闘体制に入った。

 

「わ~!待って待って。戦わないよ!今回は、やり直しについて教えてあげようってだけだよ。だからお兄ちゃんも魔王さんも落ち着いて!」

 

しばらくの睨み合いの後、魔王と勇者は剣を下ろした。

 

「うんうん。ありがと!」  

 

「そんなことより、どういうつもりだ」

 

「ふぇ?」

 

「やり直しについて教えて、そっちに何の得がある?」

 

「んー…」

 

みゅーちゃんは人差し指でほっぺを突き、首を傾げながら言った。

 

「お兄ちゃんと魔王さんが何も考えずにやり直ししたら、真実を知ったとき後悔するだろうからね!優しさだよっ!」

 

「「…」」

 

「簡単に言うとね。この世界をやり直すには、この中の三人の内、誰でもいいから死ねばいいんだよ!守るべき対象が生きている状態でね!」

 

「は?」

 

「ちょっと難しい話になるからよく聞いてね!私達、いや、魔王、勇者、人の魔獣はそれぞれ、魔族、人類、魔獣を守るために生まれた存在なの!その存在の核として、強大な力を世界より与えられ、守る。その強大な力の代償に、その役割を請け負う者が死ぬと、同時にその種族は崩壊する。そして、世界は滅びる」

 

「ん?話が飛び過ぎじゃ?」

 

「えっとね。じゃあ一つ一つ説明するとね。世界が私達へ力を与えようとしても、どうしても普通の人類や魔族、魔獣じゃ、器が足りない。暴走してしまうんだ。そこで、世界は人類という概念そのものに力を与え、実体化させた。それが勇者。だから、勇者が死ぬことは人類という概念を失ったことと同義であり、人類は滅ぶんだ」

 

「…え?」

 

「そしてもう一つ。世界が滅ぶっていう所だけど、魔力を持つ生物が死んだら世界に還るというのは常識だよね。私たちは、その魔力が余りにも多過ぎた。死んでしまうと、余りにも大量の魔力が世界に流れ込んで、魔力の暴走により天変地異が発生する」

 

「…だとしたら、私達の種の絶滅は、他の種への絶滅も意味するということか?」

 

「いや、魔王が死ぬ前に魔族が全員死ぬとかだと、そうはならないよ。守るべき者を失った私たちは役割を終えて、長い長い時間をかけてゆっくりと力が世界に還るから、世界に一度に大量の魔力が流れることはないんだよ。故に世界は滅ばない」

 

「世界が滅ぶ事とやり直しにはどんな関係が?」

 

「世界が滅んだ時、神様は新たに同じ世界を作る。思考も癖もなにもかも同じ存在を。理由なんて分からないけど、それは事実だからね!」

 

「というわけで!私はお兄ちゃんと魔王さんを殺せない!お兄ちゃんと魔王さんも私を殺せない!やり直しにはお兄ちゃんと魔王さんの大切を、すべて失わなければならない!これが言いたかったの!ばいばい!」

 

 

 

 

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

最後の戦いが近づいて

 

「どうする?」

 

「決まってる。やり直しなんてしない。できるはずも無い。お前もだろ?」

 

「そうだな」

 

もしやり直したとして、それはこの世界に生きるすべてを見捨てることになる。リースを、リュアを、仲間を大切にする彼らにとって、それは許容しがたい物であり、何なら一度やり直しが発動してしまった事に、ひどく心を痛めていた。

 

「魔王。俺は、いや、俺達は死ねない。向こうが俺達を殺しに来る事も無いだろうけど、俺達が殺しに行くことは出来ない」

 

「そうだな。つまり、私達がやるべき事は獣王の足止め。余裕が生まれれば、どちらか片方が、魔獣を殲滅する。これをベースに作戦を練る必要があるな」

 

「つまり、」

 

「人類魔族全体の力をあげないといけない」

 

魔王と勇者は目を合わせ、互いに使命を果たすため動き出した。

 

 

 

≪みゅーちゃん視点≫

行ける。私はそう確信した。

 

唯一の負け筋となる勇者と魔王は、きっと私にご執心になるだろう。それが狙いだし、ここまで上手く行ったのははじめてだ。

 

「集まって!」

  

ワラワラとそこら中から魔獣が集まる。それは、これまでの魔獣を知るものには想像も出来ない光景だった。軍隊のようにきれいに並び、ただただ、主人の言葉に耳を傾ける。

 

ああ、ここまで何回世界は崩壊したのだろうか。私が覚えていない時にも、滅んでいたのかも知れない。まあなんにせよ、遂に私の努力が報われるのだ。

 

 

 

 

 

 

私が自我を持ったとき、世界は崩壊を始めていた。原因は、私に突き刺さった一本の剣。

 

剣を刺した存在は歓声をあげて、私の周りにいた獣はすべて死に絶えている。そして、大きな揺れを感じながら、私の意識は途絶えていった。

 

そして、次に目を開けた時、私の周りには何もなかった。さっきまで何かを言っていた人も、動かなかった獣も、突き刺さっていた剣も。私は立ち上がって、ただただ歩き始めた。

 

何日も、何日も何日も何日も。体が怠くなっても、空腹を体が訴えても、歩けたから歩き続けた。そうして、また死んだ。

 

数多の世界を渡り歩いて、色々な経験をして、言語を、魔獣を、人間を、魔族を知った。そして、世界について理解した時、ずっと私を助けてくれた魔獣達に、恩返しをしようと思った。

 

私達魔獣は、だいたい殺される。理由は単純、邪魔だからだ。戦争するにしても、平和にいくとしても、結局、私達は彼らの敵だ。そりゃあ私達にとっても敵だが、それは私達の住家を荒らしたり、家族を殺したりするからだ。あいつらの言葉でいう正当防衛なのだから仕方ないだろう。

 

奴等が私達にしたように、私は奴等をどんな手段を使っても滅ぼして、未来永劫、魔獣が平和な世界を作らないといけない。そのために、人に紛れて魔族の偉い人を殺して、戦争へと誘導したり、時には同族を手に掛けたり色々した。そして─────

 

 

 

遂に、予想通りとは行かなかったが、理想に近い盤面が作り上げられた。魔獣の数は予想より減っているが、それでも、人間と魔族の数は減り、人間と魔族の魔獣への理解は浅くなり、勇者と魔王は私を殺せずに足止めを喰らうことになる。

 

後は地力勝負だが、実力は一部の人間を除けば、魔獣が圧倒している。タイマンならまず負けないし、そのうえで弱い魔獣には集団行動を徹底させている。また、数ある世界で私達を脅かした化け物の多くは幼少期の内に殺した。

 

少し前回の襲撃から時間は空いたが、準備は整った。

 

「行くよ。皆」

 

遠吠えが上がり、森がざわめく。

 

「私達の未来のために、この世界じゃない私達の仇討ちに」

 

「彼等には死んでもらおう」

 

                                                                                                                  

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。