トリコ世界から来たマリファナ大好きラッパーが遠月学園にマンチーを広める話 (ブーヤン)
しおりを挟む

1話

今日は空の上までぶっ飛ぼうぜ!!!!!!

 

マリファナをすいながらステージに立つおれは世界No.1のグルメラッパー!!

 

グルメ細胞のおかげで約1000年間ラッパーとして頂点に立っていた俺はそろそろ自分の死期をさとっていた。

 

これがラストライブになるそれがわかっていた俺は、今までの中で一番盛りあげることを決意していた!!

 

客は1000万人入ってるステージだ!!テレビで全国中継もされている!!

 

「CBJOEぶちかませーーーー!!!」

 

CBJOEというのは俺のmcネームcannabisjoeの略であるカンナビスとは喫煙用の大麻の英訳である!

joeは本名の波風ジョーからとってカンナビスジョーというのが由来だ!

まず一曲目はbabylon's fool !

 

クソミテェなバビロンに中指たてるような歌詞が特徴のこの世界なら老若男女みんなしってる最高にイカした曲だ!!

 

観客はブチ上がりcbウェーブという波のような乗り方をして楽しんでいる!!

 

「俺はこの曲に救われたんだ!!父親のクソミテェな虐待で死のうと思ってたときにこの曲を聴いて父親をぶん殴って家出したんだ!この曲がなけりゃ今ごろ父親にころされてたぜ」

 

観客は口々に救われたエピソードなどかたりながら盛り上がっていた!

 

そして曲がおわるとCBJOEが「きょうはお前らの全てを解放させてくれーーー!!!」

 

みんなブチあがりながら次々と曲をきいて行き盛り上がりすぎて過呼吸になったものや、全裸で踊るモノなどがいたがCBJOEのライブでは日常茶飯事である!!

 

「やっぱりすごいライブですね!トリコさん!!」

と小松シェフが言うと

「当たり前だ親父がガキの頃からのNo. 1だ!あまり曲を聞かねー俺ですらCBJOEのライブはこころがふるえるぜ!!!」とトリコが言う!

 

「その親父がいってたがこれがラストライブになるとは悲しいぜぇ!!」

と嘆くトリコに小松は

「しかも世界一のラッパーとしての顔だけでなく再生屋やスプレーアーティストやビジネス、など多種多様な顔をもってますしね!!それだけでなくマンチーの効いているときは節乃さんですらかなわないという料理の腕前もすごいですしね」と小松は目をキラキラさせながら言う!!

 

「それだけじゃねー美食屋としても一流だ!親父曰くあの八王を片手間でかったことがあるらしいぜ!!」

 

するとライブが終盤に差し掛かりCBJOEが「これが最後の曲だ!!聞いてくれDEARMYHOMIES!!」

 

皆号泣しだして涙が止まらなかったみんなを笑顔で見てステージから去っていったCBJOE!

そして爆音のアンコールの合唱が響いた「まだもってくれよ俺の身体!みんなが待ってんだ!!最高にぶっ放すぜ!」

 

といいながら一番大好きな品種のパイナップルエクスプレスを吸いながらアンコールへと答える!

 

身体はとっくに限界だが、気合いでステージに立つ!

「本当に本当の最後の曲だ!Reborn」

 

そして歌い終わると同時に息を引き取った

!「おいCBJOEが死んでるぞー!!」「なんだってーーー!!いやだぁあ」

 

と泣き崩れる世界中のファンの泣き声をレクイエムにしながらCBJOEは旅立った!

 

葬儀には数えきれないほどの参列者がいたがその中にはIGO会長やノッキングマスター次郎美食會のボスなど各界の著名人があつまった!

歌で世界を救った男として後世に語り継がれるであろう



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第2話

気がつくと真っ白な部屋にいた、、!

 

あぁここが天国か、後ろめたいことのないCBJOEは当たり前に天国に行けると思っている!

 

天国に葉っぱはあるかな??やはりまず最初に考えるのはマリファナのことである!

 

「目覚めたっすか??CBJOE??」と尋ねてきたのは15歳くらいの女の子であった!

 

「おう!バッチリなてか草ある??お嬢ちゃん」

 

すると「もちろんっす!サティバとインディカどっちがいいっすか??」

 

と聞く少女に「サティバだなぁ起きたてだし」と答えたCBJOE!

 

一服しながら「ところでお嬢ちゃんは天使かなにかかい?俺は死んだのは間違いないから天国ってことはわかるんだが、」

と尋ねる

 

「あっしは創造神です!ここは輪廻の狭間というところっすー!!実は神々の中でもCBJOEのファンは多くて、死ぬことを最後までくやまれてたんすよ!もちろんあっしも大ファンっす!」と答える少女

 

「そいつは光栄だねぇ!神にまで俺の名は届いてたのかい!!」

と嬉しそうな表情を浮かべながら笑うCBJOEに対して

 

「もちろんっす神にまで響く音楽を作れる人なんてそうそういないっすよ!そこでなんですけどもう一度人生楽しんでみないっすか??まぁ別の世界にはなっちゃうんですけど、、、」と伏し目がちに聞いてくる創造神の少女

 

すると「まだ歌えるのかそいつは嬉しいねぇ!」と目を輝かせながら微笑むCBJOE

 

「ただねぇ葉っぱがない世界には行きたくねぇなぁ!」とこぼすと

 

「安心してくださいその世界は本来法律で禁止されてるんですが、大麻の害と呼ばれる部分をなくしていいところだけを残すように改変したんで子供でも吸えるようになってます」と自信たっぷり答えた少女に

 

「最高だなぁそりゃ夢の国じゃねーかい」と嬉しそうに笑うと「その世界はどんな世界なんだい?」と尋ねると

 

「食戟のソーマという漫画の世界で、遠月学園という世界一の料理学校がある世界っす!!」と答える創造神

 

「料理か、マンチの時によく作ったな!これでも腕に自信あんだぜ!」

と答えるCBJOEに

 

「知ってます!あなたの作る料理はどれもおいしそうでみんなよだれ垂れてました!」と笑顔で答える創造神

 

「ふと思ったんだが俺はその世界でしなきゃいけないこととかあんのかい?」と聞くと

 

「何にもありませんあなたの歌や生き方を見せてもらうだけで神々は満足っすよ!」と答える

 

「任せな!とびきり面白い世界にしてやるよ!」と自信満々に答えるCBJOEは「それでよぉ俺の生まれるところはとびきりのスラムにしてくれ!」というCBJOEに

 

「何故ですか?いろんなところある中でスラムなんて」という創造神に対して

 

「這い上がるのがHIPHOPなんだよ」と答えるCBJOE

 

「流石です!了解しましたとびきりのスラムで!!二度目の人生お楽しみくださいっす!!この穴を通れば2度目の人生スタートです自我が芽生えるのが3歳のころになります!!楽しんでください」

 

という創造神の頭をなで「退屈はさせねーから安心してくれ!!またなお嬢ちゃん」とにかっと笑いながら穴を通っていったCBJOEに創造神が照れながら「あっしCBJOEに頭なでられたっす!みんなに自慢しよーと!!」うれしそうにはしゃいでいた!



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第3話

「おい!このガキさらっちまえ!!!」

 

その声で目覚めたCBJOEは状況を確認すると目の前で黒人の子供が拳銃を持った二人組に攫われそうになってるのが目に入る

 

「hey!薄汚れたドブネズミが、俺の前でなにしようとしてんだ?あ?」

 

と声をかけると男たちが

「もう1人いたか!こいつもうっぱらっちまおう!!」 

とこちらに卑しい視線をよこしいうと

 

「自分の身体見てみろよおっさん」と返す!

 

すると「うわあああうでが折れてやがるいてぇなにしやがった!!」

 

「おれは肩の関節が外されてるいてぇえよおおお」と叫ぶと

 

「おれはうすぎたねぇドブネズミに現実を教えてやっただけさ!」と答える

 

「まだやるか?」そうこたえると男達は睨みつけながら「覚えてろよ!!バケモンが!!」そういって逃げていった

 

「おい平気か??ボウズ」と聞くと

 

少年が「今、なにやったの??まぁ助けてくれてありがとう!!ボウズって君も同じくらいじゃないか!」とお礼を言うと

 

「そうだった俺ガキだったんだ!高速で動いてへし折っただけだ!みえなかったか?」と答えるCBJOEに

 

「んー全然!でもスーパーマンみたいだった!とてもかっこよかったよ!!ありがとう僕の名前はマイク!!君の名前は??」と言う少年に「俺はJOE !CBJOEだ!」と答えると

 

「ありがとうJOE!君のおかげで助かったよ」そう笑顔で答えた

 

「しかしなんで攫われたんだ?」と聞くと

 

「この街じゃ女は犯され子供はさらわれ力のない男は殺されるのは当たり前のことだろ?このブラックフットでは!」そう答える

 

「へぇここがとびきりスラムってわけね!それはそうとしてなんで1人でいたんだよ?」と聞くと

 

「母さんがヤク中でうごかないから、なにか食い物をさがしていたんだ!友達も信用できるやつはいないし!」という少年に

 

「ふーんじゃあ俺とくるか?」とてを差し出すと、

 

「え?いいの?邪魔にならないかな?」と弱気に答えるマイクに

 

「俺は多分この世界で1番つええから心配すんな!そうときまればおまえみてぇなやつ集めてクルーをつくるぞ!このスラムで最強のストリートチルドレン軍団をつくるんだ!!みんなで過ごせば大人も怖くねぇだろ?」とにかっ!と笑いながら言うJOEにマイクはこれからすごいことが起きる予感を感じていた!!

 

「今日から俺とお前はブラザーだ!!もう怖くない!よろしくな!相棒!!」

 

というJOEにマイクは感動して泣きながら「よろしく兄弟!!」マイクはJOEとならこの男とならどんなことがあっても怖くないとそう思った!!

 

「まずコンピュータかなんかに強いやつが、いてくれると助かるんだがなぁ」というJOEにマイクが

 

「それなら心当たりがあるよ!!案内するね!!」と胸を張ってこたえた!!



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第4話

「アメリカ人なんか大嫌いだ!!!!クソどもが!!アメリカ人なんか大嫌いだ!!皆殺しにしてやる!!」

 

と拳銃を持ちながら歩く男を見てCBJOEは「ありゃなんだ?」

 

とマイクに聞くと「あぁあれはブロックだよ!!ずっと訳わからないこと叫んでるブラックフットの名物さ!」と肩をすくめながら答える

 

「俺は◯ASAの最高司令官だ在籍番号は61580!現在宇宙と交信中!!俺の足にはICチップが埋められてるんだ!!」と叫ぶブロック

 

「気にしなくていいよ叫んでるだけで害はない!多分昔やったドラックで頭がいかれちまったんだよ!それに用があるのはあいつじゃない!ついてきて!!」とマンホールの中に入ってくマイクについてくと

 

そこには型は古いが沢山のコンピュータがあった!!「こんなとこにコンピュータが沢山あんのか」と感心するCBJOEは目の前の女の子に目が入った「やぁジェシー!レディオマンはいるかい??」と聞くマイク

 

「あらマイクじゃない!お母さん元気??いるわよ!奥の部屋に!」とこたえるジェシーに

 

マイクは「ブラッククロウを大量に注射器でうってヘロヘロさ!ありがとう!」とこたえる

 

すると奥にあるやけに頑丈なドアをあけると10歳くらいの1人の白衣の男の子でてきた

 

「やぁまっていたよふたりとも!ここに来るのはわかってたよ!監視カメラをハッキングして見てたからね!」と白衣の男はこたえると続けて

 

「やぁ君は初めましてだね!僕はアッシュ!みんなにはレディオマンて呼ばれてる!」と握手を求めてきた

 

「よろしく俺はJOE!CBJOEだ!」と握手を返すCBJOEに

 

レディオマンは興奮した様子で「君の身体能力はどうなっているんだい??カメラでもかろうじてみえたくらいの動きなんて地球上の生物ではあり得ない動きだよ!なぁ頼む君の身体を調べさせてくれないかい??」と興奮気味で答えるレディオマンにCBJOEは

 

「いいぜ!俺に協力してくれたらな!!」とにかっ!と笑いながら答えたCBJOEにレディオマンは

 

「もちろん!何をしたらいいんだ!!」と答える

 

「まず監視カメラを見せてくれ!迫害されそうなガキどもを救って仲間にする!そしてこのワンダフルな街をひっくり返すのさ!クズな大人どもを追い払いこの街をピースな街にかえるのさ!」とCBJOEは笑いながら答える!

 

「そんなことができるの??」と驚きながらきくマイク

 

「ああ!ガキたちを集めて最強の自警団をつくるのさ!」とCBJOEは答える!!

 

「面白いね!君の力があれば可能かもしれない!僕もこの街にはうんざりしてたんだ!!僕に協力できることならなんでもするよ!」

 

と答えるレディオマンにマイクは「僕もだよ!なんたって僕はブラザーなんだからね!!」と胸をはり言う

 

レディオマンは「まずこの街で蔓延しているドラック、ブラッククロウを流してる組織のボスクラプトンJr.をなんとかしなきゃいけないね!」

と答える

 

CBJOEは「ドラックなんかやんなくても草がありゃ十分だと思うけどなぁ」とこぼす!

 

レディオマンは「あいつらはこの街でマリファナを規制してる!ドラックを売るためにね!だからマリファナはこの街にはほとんど流れないんだ!」

 

というレディオマンに「じゃあなおさら潰すしかねぇな!」と目が本気になり不敵にわらうCBJOEにマイクは「僕の母さんも救ってみせる!!」と燃えていた!!

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第5話

「じゃあ早速監視カメラを見せてくれ!!」とCBJOEはいった!!

レディオマンは「任せて!」といって町中の写る監視カメラを見せてくれた!

 

「すごい!!ブラックフット中が毛穴まで丸見えだ!!」と驚くマイク

 

すると町中でドラックを打ってヘロヘロになるホームレスやナイフ同士で喧嘩するジャンキー達!そして相変わらず叫ぶブロックや!物乞いをするやつ!全裸で踊るやつなどやつなど多種多様な街がみえた!!

「とびきりスラムってのも伊達じゃねぇな」とCBJOEは笑いながら言う

 

「あっ!ここ見て!武装した男2人がストリートチルドレンの溜まり場に向かってるよ!!」とマイクは指を刺しながら言う!

 

「急ぐぞ!!」とCBJOEは言い「僕も行くよ!」っとレディオマンは言って準備を始めた

 

そして外に出てストリートチルドレンの溜まり場に向かおうと走り出すと「神を信じるかい??わたしゃはしんじてるよ!神々は救ってくれるこの街も」「あなた達も神を信じるならお布施を渡しな!わたし達が神々に話しといてあげる!」と汚い布を纏ったエセ信者達に捕まった!

 

「おい!そこをどけババア!!急いでんだよ!!」というCBJOEに

 

「神を冒涜するきかい???あなたたちには大きな天罰が、おこるであろーーう!!」

 

「神じゃねぇテメェらにいってんだよ!!どけ!!!」と殴りそうになるCBJOEに

 

「こいつら殴っても仕方ない!こいつらはただお布施が欲しいだけの寄生虫さ!」といいポケットから5ドルを出し信者に渡すレディオマン

 

「神はあなたたちを救うでしょう」と急に笑顔になり道を開ける信者達

 

「急ぐぞ!大分時間食っちまった!!」とはしりだす3人はしばらく走ると溜まり場についた!するとボロボロにされたストリートチルドレン達がいた「shit!!間に合わなかったか!!!!」と木を殴るCBJOEに木は木っ端微塵になった!!

 

するとストリートチルドレンのリーダーらしき12歳くらいの男の子が警戒した様子で「お前ら何の用だ??」と言ってきた

 

「ああ僕たちは監視カメラを見て武装した男達が来るのを見て助けに来たんだ!!」と言うマイクに

 

「まだこの街にそんなお人良しがいたのか!それを知れただけでいい」と少年は悲しそうな顔で言う

 

「助けに来てくれたのはいいが、はやくここから離れた方がいい!俺もこの場からみんなをにがすことにしたんだ!あいつらは1ヶ月後ここに来る!そして若い順から10人差し出せと言ってきた!じゃないと皆殺しだとな!」

 

すると2人組の少女が「リーダー戦おうにゃ!逃げるにしてもやつらは追ってくるここで一網打尽したほうがいいにゃ!」「そうですわよ!私達は戦えるでありんす!」といっていた!

 

「ダメだ!!子供の力で拳銃もった大人の集団に勝てる訳がない!!!

あいつらから隠れて過ごすしか俺らに道はないんだ!!!」と悲痛に叫ぶリーダーの少年に

 

「ああ自己紹介が遅れたな俺はJOE!CBJOEだ!俺たちはお前らに戦い方を教えにきたんだ」と笑うCBJOE

 

「戦い方??」と驚く少年達に

「ああ俺がお前らを1ヶ月で最強にしてやる!それともここで野垂れ死にてぇか?」とニヤリと笑いながら聞くCBJOE

 

「そんなことが、可能なのか??」というリーダーの少年に

レディオマンが「彼はここに来た時木を木っ端微塵にしただろ!彼はそう言う人間だ!信じて見てくれないか?」といい

「一緒に戦おう!!みんなで!!」とマイクが笑顔で言った

 

するとリーダーの少年が一瞬驚いたような目をして「みんなと話させてくれ」とそういって奥へといった!

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

第6話

リーダーの少年が奥から少女2人とでてきた

 

「あんたJOEだったか?頼むみんなを守るために戦い方を教えてくれ!!みんなでこの場所をまもるんだ!!たのむ!!」とリーダーの少年が頭を下げてきた!!

 

「ウチ達からもたのむにゃ!みんなの居場所をウチ達の力で守りたいにゃ!」

 

「よろしくお願いいたします!強くなりたいでありんす!」

 

と2人の少女も頭を下げてきた!

すると後ろから子供達が出てきて「よろしくお願いします」とみんなで頭を下げてきた

 

 

「当たり前だ!その為に来たんだ!!一緒に街をひっくりかえそうぜ!!で、おまえらの名前はなんてんだ?」とにかっ!と笑いながら

聞くCBJOE

 

「ありがとう!!俺はここのリーダーをしてるケビンという!よろしく頼む!」

 

「ウチはみんなからはポチってよばれてるにゃ!」

 

「わたくしはタマでありんす!お見知りおきを」

という少年達に

「僕はマイク!みんなでこの街を変えよう!」と笑いながら言うマイク

 

「僕はアッシュ!みんなにはレディオマンてよばれてる!機械のことなら任せて!」とレディオマンがいう

 

「じゃあ早速戦い方を教えてくれ!!」と言うケビンにたいして

 

「いや!まずは飯だ!!腹が減ってる状況じゃ!強くなれねぇ」というCBJOEに

 

ケビンが「でも食料はもうあまってないぞ!」というと

 

「じゃあ頂戴するしかねーよな?どっかから!」と笑いながら言うCBJOE

 

「でも街のスーパーは拳銃を持った警備員がいる!!うかつには手はだせないぞ!!」というケビンに

 

レディオマンが「隣の隣の街までいくしかないね!」という!

 

「それならいいものがあるにゃ!!」とポチが見せてきたのは中型くらいのトラックだった!

 

「昔便利かとおもっていただいたにゃ!まだガソリンはあるにゃ!」というポチにレディオマンが「あとは検問をどう突破するかだね!」と言った!

 

そうブラックフットにはその危険すぎる治安から出入り口に大きな柵があり街から勝手に出られないようになっていて外に出るには許可証が必要なのだ!!

 

「監視カメラで、許可証が写ってたことはあるか?」ときくCBJOE

 

「あるよ!何回も!」というレディオマン

 

「よし!許可証を偽造する!俺はそういうの得意なんだよ!」というCBJOE!

 

「あとは誰が行くかだな!俺は行くとして!」と聞くCBJOEに

 

「ウチとタマはいくにゃ!ぬすみならウチ達に任せて欲しいにゃ!」と

いうポチ

「完璧にこなしてみせるでありんす!」というタマ

 

「僕も行くよ!盗みはしたことないけどワクワクするからね!」とマイクがいった!

 

「よし決まりだな!行くメンツは決まりだな!あとはガキだと怪しまれるから変装していくぞ!早速行動開始だ!」というCBJOE

 

ケビンが「くれぐれも気をつけて!!無理だとおもったら食料は要らないから」という

 

「確実に取って来てやるよ!心配すんな!」というCBJOE

 

エンジンがかかることを確認し、変装もバッチリして、トラックは走っていった!

 

 



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。