お気に入り小説 981件

何かがおかしい一夏さんの憑依録(作者:marityan)(原作:インフィニット・ストラトス

間抜けな死に方をした男が目覚めたら、そこは別の世界。
何やら見知った世界のようだが、男の記憶にある物とは何もかもが違っていて……?


――……


※タグにもある通り、基本的に日常がメインとなりますので、最初のうちは非常にIS要素が薄いです。ご注意ください。

※更新時間は朝の7時、もしくは夜の19時となります。

※注意事項に関してはタグを見てもらえればよいかと。

※私の書き方故か、それとも話の展開故か、誤解された方がいらっしゃったので一応明記しておきますが、ハーレム物ではありません。あくまでメインヒロインは1人です。

9月26日、タグに“非ハーレム”を追加しました。


更新日時:2017年02月24日(金) 07:00 自分も登録する

ダンジョンに天パ侍がいるのは間違っているのだろうか(作者:万事屋父ちゃん)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンまちの世界に宇宙一バカな侍がいる。それだけ。


更新日時:2017年02月24日(金) 06:34 自分も登録する

Fate/kaleid blade(作者:サバニア)(原作:Fate/

7人の魔術師と7騎のサーヴァントが繰り広げた戦い━━━━『聖杯戦争』を通して、衛宮士郎は自身の理想と語った人物と相対した。
その時、彼は“答え“を失って、同時に“答え“を得た。そうしてもなお、彼は理想を張り続けた。
しかし、その旅も終わろうとしていた。
薄れ行く意識の中、彼はある人物に出会った。そして、ある世界に送り出されることに。
そこは━━━━


更新日時:2017年02月24日(金) 04:40 自分も登録する

カルデア物語~10人の女神と1人の魔術師の物語~(作者:IKUSA)(原作:Fate/

”グランドオ―ダ―”……。人類史を遡り、未来を取り戻すために時代ごとの特異点を巡って歴史を元に戻して行く旅をしていた……。

そんな中、マスタ―である”鳴海 雅也”は新たなサ―ヴァントを召喚するために、『フェイト』を起動して新たなサ―ヴァントを召喚した。すると、『フェイト』から10人のサ―ヴァントが新たに召喚された……。

この10人との出会いが、”鳴海 雅也”の人生にとって大きな出会いになることになって行く……。

FGOのサ―ヴァントでそれぞれ恋愛物を書いてみたいと思い、書いてみました!!選んだサ―ヴァントについては、全て自分の独断で選ばせてもらいました!!申し訳ございません!!

また、この作品は原作のアプリであるFGOの設定からオリジナルの設定になっています。それでも大丈夫な方はよろしくお願いします。

尚、この小説は、俗に言う”ギャルゲー風”に書いて行こうと思っていますので、もしかしたら選択肢などを話中に出すこともあるかもしれませんが、もし、読みにくかった場合はコメントの方に書いてくだされば書き直しますので、よろしくお願いします!!

タイトルを一部編集しました。


更新日時:2017年02月24日(金) 01:20 自分も登録する

Vengeance For Pain(作者:てんぞー)(原作:Fate/

 久々の決戦だ、存分に燃え尽きようぜ。


更新日時:2017年02月24日(金) 00:01 自分も登録する

[2]魔法科高校の世界にチート転生者がきたようです(作者:かたゆぅ)(原作:魔法科高校の劣等生

ノーゲーム・ノーライフの世界を終えて、
ジブリールとともに戻ってきた佑馬。

今度は『魔法科高校の劣等生』の世界へ。

また新たな物語が始まる。






感想は非ログインユーザーからも可能にしてあります。
訂正や、意見などを待っています。

活動報告にて、何時に小説投稿をしてほしいかをアンケートしていますので、是非コメントをください。


更新日時:2017年02月24日(金) 00:00 自分も登録する

この世界の片隅で(作者:トメィト)(原作:Fate/Grand Order

人理継続保障機関・カルデア
魔術だけでは見えない世界、科学だけでは計れない世界を観測し、人類の決定的な絶滅を以下略。

そのカルデアに呼ばれた素人枠(笑)のマスター候補、樫原仁慈。
なんだかんだあって人類の未来を担うことになる。不本意ながらも人類のために戦うことになった仁慈はこの先生き残れるのか?


シリアス?知らない子ですね。
マスター?あぁ、知ってる武術を極めて最前線で戦う人のことでしょ?
英霊?元人間だからなんとかなるんじゃないの?

そんな感じのお話です。


更新日時:2017年02月23日(木) 23:26 自分も登録する

女難な赤い弓兵の日常inカルデア(作者:お茶マニア)(原作:Fate/Grand Order

ぐだ男のイベントを肩代りでき、且つぐだ子を攻略可能な人物
EXTRA CCC無銘∈エミヤ
これでいこう。(短絡的思考)で書きました。
つまり、ドンファンなエミヤさんによる、よくあるカルデアの日常です。

また、イベントやストーリーの詳細部分を変更している場合があり、FGO本編と性格が少し異なるサーヴァントもいます。男サーヴァントはエミヤしか出ません。

サーヴァント一人につき一話完結が基本方針です。

以上の要素が受け入れられない方は読まないことをお勧めいたします。

原作名変更しました。念のためR指定付けました。

誤字脱字、口調のミスなどありましたら、ご指摘ください。

設定変更をまとめたので、疑問に思ったことがあればそちらをお読みください。


更新日時:2017年02月23日(木) 22:38 自分も登録する

fate/blade order(作者:ブルーアイ)(原作:fate/grand order

人理継続保証機関・カルデア
そこでは、人類絶滅の未来を防ぐため、前人未到の過去の時間旅行という計画が行われ、48人の魔術師が集められていた。
しかし、その中で異質とも言える存在がいた。それは48人目であり記憶を失っていた。自らの名前とその在り方以外を…
名は衛宮士郎。彼は導かれるように、戦場に身を投じる。彼が経験したかつての聖杯戦争のように
今、未来を取り戻す為の戦いが始まる。


更新日時:2017年02月23日(木) 21:23 自分も登録する

山の翁の暗殺譚(アサシネイト)(作者:ザイグ)(原作:落第騎士の英雄譚

暗殺者カッコイイよね? 闇に潜む者、死を告げる者、忍び寄る影………そんな暗殺者は剣士なんかよりずっと強いと僕は思う。
だから、神様に転生特典を貰えると言われた時、僕は迷わず最強アサシン・キングハサンの能力を欲しいと頼んだ。
これで僕もカッコイイ暗殺者になれる!


………と、舞い上がっていた時期がありました。


暗殺者? ただの犯罪者です。
気配遮断? 影が薄いだけだろ。
即死能力? 人殺しのなんてしたくない。
それなのにこの口は、この体はキングハサンの在り方を再現してしまう。
ーーーどうしてこんな特典にした生前の僕⁉︎

これは中二病から目覚めた一般人が、キングハサンの力で紡ぐ英雄譚である。


更新日時:2017年02月23日(木) 21:16 自分も登録する