お気に入り小説 216件

艦これ がんばれ鯉住くん(作者:tamino)(原作:艦隊これくしょん

技術屋の鯉住(こいずみ)君が、艦これの世界で頑張るお話です。
大筋は決まってますが、落としどころは探り探りなので、
大目に見ていただけたらと思います。

投稿ペースも中身も基本のんびりです。

オリジナル設定が許せん!
活躍できないキャラが出ることが許せん!

という方は、ブラウザバック推奨です!

10/2
なんとデイリーランキングで15位……!
いつもコメントしてくださる皆様、高評価してくれてる皆様、お気に入り登録してくれてる皆様、しおりをはさんでくれてる皆様、本当にありがとうございます。
すべてが励みとなって、続けられています。
これからも暖かい目で見てくだされば、そんなに嬉しいことはありません。

5/5
デイリーランキングでまさかの6位!
だいぶ荒削りな文章や表現なのにここまでいくとは、正直思ってなかったです!
これもひとえにキャラ人気のおかげですね!ありがてぇありがてぇ。


更新日時:2020年08月10日(月) 01:08 自分も登録する

呉鎮守府より(作者:流星彗)(原作:艦隊これくしょん

その日、彼は大本営より呉鎮守府へと配属を命じられる。
あまり乗り気はしないが、上からの命令とあっては仕方がない。

それは先代提督による失態により空いた席。
いなくなってしまった艦娘と大淀。
新たに配属された彼を出迎えたのは、新しい大淀と生き残った二人の艦娘だった。

本編時期・13春スタート~現在14夏
一部ゲームと流れに違いあり

※気ままに書いていきます。
どこまでいけるかはわかりませんが、お付き合いいただければ。


更新日時:2020年08月10日(月) 00:00 自分も登録する

慎ましやかな人生を願ったんですが(作者:annwfn666)(原作:ドールズフロントライン

貞操観念逆転小説が、公式のネタバレ等により続けることが困難になったため、設定等を変えて新編として再出発です、本当に申し訳ありません。

今回は神様などハッキリ出てきますので、そういうの嫌な方は3話飛ばして4話からどうぞ、人形が出始めるのが其処からです。

今回は男女人口比率や男性蔑視を抜きました、此れがまずかった…安定して進めていけると思います

ただ、矛盾点が出てきた場合は「そういう世界線だ」と思って頂ければ幸いです、未完作品を扱う性ですね


ストーリーとしては神のミスで死んだ主人公、怒らせないように慎まやかにしてたら逆に気に入られて…貞操観念だけは逆になったドルフロ世界で派閥問わず、人形と仲良くいちゃつこうと尽力する話です


3/31 主人公、もしくは味方キャラが精神、肉体問わず痛めつけられる、そんなシーンが有る場合は話数末尾に「▼」此方を付けることにしました、参考にしてください。念のため、「残酷な描写」タグも付加しておきます。

4/19 性的表現がある?と思われる話の末尾に「♥」を付けておきます。


更新日時:2020年08月09日(日) 23:36 自分も登録する

魔法日本皇国召喚(作者:たむろする猫)(原作:日本国召喚

その日本は魔法を持つ国だった。

その地球は1910年代、第1次世界大戦も終結しようかという頃。
世界は【魔力】の発見を皮切りに【魔法】の力を手に入れ、それまでの科学をベースにしつつ【魔法]を進化させる事によって発展してきた。
日本皇国はイギリスとの魔法同盟を強化し発展してきた国家で、科学の地球の日本と違う歴史を歩んで来た国家だった。

ーーーーーーーーーーー

そう言えば科学チートな日本の話はあれど、
魔法チートの日本の話しは見ないな(見つけられて無いだけの可能性も)と思って書いてみた。


更新日時:2020年08月09日(日) 23:32 自分も登録する

龍の国 日本(作者:カキフライW)(原作:日本国召喚

第二次大戦、世界中に巨大生物が現れ、大混乱が発生した。

 日本でも巨大な龍が現れるも、古来対話をしていた天皇家が存続していたため、戦いにはならず対話と融和によって数ヶ月とかからず平穏を取り戻した。

その日本が中央暦1639年よりも5年早く転移した。






注意事項。
とても駆け足だったり停滞して進みます。
また外人部隊で出来なかったネタを使います。
更新頻度は適当です。


更新日時:2020年08月09日(日) 19:01 自分も登録する

うちの脳内コンピューターが俺を勝たせようとしてくる(作者:味噌汁大好き)(原作:りゅうおうのおしごと!

転生したら頭の中の居候が色々と助言してくるので大丈夫かと思いながら将棋を指し続ける人のお話


更新日時:2020年08月09日(日) 18:00 自分も登録する

提督はコックだった(作者:YuzuremonEP3)(原作:艦隊これくしょん

若くして英雄と呼ばれた提督がいた。しかし、その提督はいつしか世間に忘れ去られて今は大本営でコックをやっていた
ある日、司令長官に呼び出された彼は「もう一度提督になってくれないか」と頼まれる。そこは絶望しかない地獄のような元ブラック鎮守府であった。彼はこの地獄を救うことを決意する。職業「元コック」の提督は絶望の底にいる艦娘を救えるのか?
元コックな提督と艦娘たちの新たなる伝説が幕を開けようとにしていた

ご注意。当小説はブラック鎮守府を立て直し、他のブラック鎮守府等からの艦娘も救ったり、仲間になって戦っていく物語です。さらにオリジナル要素(提督や一部の艦娘が特殊な能力持ち)が在りますので、気になる方、苦手な人はブラウザバックをどうぞ。

轟沈描写や痛々しい、鬱々した話が多いですので気分が悪くなったり、胸糞が悪くなりましたら一度読むのを中止し、お気に入りのほんわかした小説を読んで気分を紛らわせることを激しくオススメします


更新日時:2020年08月08日(土) 10:11 自分も登録する

転生者は平穏を望む(作者:白山葵)(原作:ガールズ&パンツァー

無駄な正義感の為、失敗し続け挙句過労死を迎えた悲惨なオッサン転生者のお話
転生先の家庭が、仕事の転勤にて熊本へ引っ越した先より物語は始まります

原作を追っていく形となりますが、オリジナル設定要素が多々含まれてきます
というか、オリジナル話と並行していきます。
オリ主嫌い・原作キャラとの絡み・恋愛要素・戦車戦闘描写少ないので期待をする方、
オリジナル展開が間によく挟まります。ご都合主義や、キャラ崩壊が、嫌いな方はブラウザバックでお願いします。
後、気が向いたら絵書きます(★付き)
ルートPINK有り・作者名からドウゾ(✩付き)

★TV原作 本編終了★

※処女作の為、生暖かい目でご覧頂けると幸いです※
感想を頂いておりますが、本当に励みになり更新意欲も湧いてきます
楽しんで頂いてありがとうございます。

ただ誤字脱字が結構ひどい場合がありますが修正してきます すいません




更新日時:2020年08月07日(金) 17:18 自分も登録する

艦隊これくしょん ー誰ガ為ノ戦争カー(作者:霧雨鴉)(原作:艦隊これくしょん

『深海棲艦』

8年前、突如として海上にて確認された正体不明の怪物達
軍艦並みの装甲と火力を兼ね備え、そして人並みの機動力を誇る
奴等は海に近付くもの達を何者であろうと滅ぼし続け人類は成すすべがなかった



『艦娘』


対深海棲艦用に開発された、人形(ひとがた)兵器
深海棲艦と唯一対等に戦い、人の心を持つ者達
これらの開発により、人類は一方的とされるこの戦いのスタートラインにやっと立つことが出来た
これは同時に艦娘と深海棲艦による大戦争の始まりを意味する


深海棲艦は日に日に手強くなり、人類はまだ確実な勝利を納めることが出来ず、戦争は劣勢を強いられていた




そして、ここにもある鎮守府に配属されたある戦争嫌いの男と二人の艦娘が居た


この物語は、この三人とこれから鎮守府に来る艦娘達との戦争と日常が交錯する、ゆるい提督の鎮守府でのお話にしたいです






ーーーーーーーーー  
初投稿です!
戦闘シーンが多かったりしますが良ければ見てください!




更新日時:2020年08月06日(木) 20:04 自分も登録する

少女のつくり方 〜艦隊これくしょん〜(作者:山田太郎)(原作:艦隊これくしょん

とある一流企業の人事課長として働く時雨。
日々社会のルールと会社のシステムに則って、落伍者たる者に自主退職を勧める仕事を黙々とこなしていたところ、逆恨みされて電車の前に突き飛ばされることに。

全てが静止した世界で自らを創造主だと名乗る頭のおかしな存在Xとの問答の末、どうやら戦争最中の、しかも魔法とやらが存在する世界へと転生させられてしまう。
海上で戦う艦娘として生まれ変わった時雨は、無事に安穏とした生活を手に入れることができるのか?

「どうしてこうなったぁぁああ!」


〜 ここまで嘘 〜

【 作品について 】
各話読み切り文量なので、話数ほどには文字数ありません。
気軽に合間の時間で読んでいけると思います。

※各話間がいきなり飛びます。
※地図を用意してご覧ください。
※轟沈あります。
※パンツあります。


最近のワタクシ
「みんはや」っていうクイズアプリで海軍モノのクイズを公開するも、夜間以外は人が集まらず忍び泣く。

上下巻で発表されるこの物語(妄想)の表紙を描こうと思っているが、なかなかやる気がでない。
とりあえずイメージをカタチにするかと唐突に思い立ったのが出先。手元に筆ペンしかないことに震える。

せっかくなので下巻『彼岸の花弁』の表紙イメージを描いてみた。


【挿絵表示】


8/2更新
筆ペン1発描きとは思えない出来栄え(自画自賛)。
それをパソコンに飛ばしてバランスだけ調整してみたのが上の画像。

霞の後ろには提督の胸までが描かれる予定。男を描く気力がないので完成する気はまったくしない。

もちろん上巻である『此岸の果実』表紙は時雨(妄)。
今のところ鈴蘭や白百合を持つ意味ありげな時雨と、背中を向けている提督図ってのを思い浮かべてはいるが、こちらも完成目処はまったくない。


更新日時:2020年08月06日(木) 19:30 自分も登録する