お気に入り小説 24件

呉鎮守府より(作者:流星彗)(原作:艦隊これくしょん

その日、彼は大本営より呉鎮守府へと配属を命じられる。
あまり乗り気はしないが、上からの命令とあっては仕方がない。

それは先代提督による失態により空いた席。
いなくなってしまった艦娘と大淀。
新たに配属された彼を出迎えたのは、新しい大淀と生き残った二人の艦娘だった。


※気ままに書いていきます。
どこまでいけるかはわかりませんが、お付き合いいただければ。


更新日時:2017年09月29日(金) 00:00 自分も登録する

艦隊これくしょん ~いつかまた、この場所で~(作者:哀餓え男)(原作:艦隊これくしょん

 
正化26年、大規模作戦のために艦娘の大半を呉鎮守府に出向させていた横須賀鎮守府に、
大規模作戦で呉鎮守府が相手取っているはずの敵艦隊が来襲。
 後に「横須賀事件」と呼ばれるこの襲撃は朝潮の犠牲で事なきを得る。

 正化29年、田舎の港町にある艦娘養成所に在籍して3年になる少女は、
次の艤装適合試験にパスしなければ出所させられることとなった。
それまで、訓練用の内火艇ユニットにすらまともに適合できてなかった少女は焦るが、
試験の前夜、謎の少女の夢を見る。
 夢の少女は言う、「司令官をどうかよろしくお願いします。」と。
夢から覚め、適合試験に臨んだ少女は初代朝潮以来、3年間適合者が一人もいなかった「駆逐艦 朝潮」の艤装と適合し、2代目朝潮として横須賀鎮守府に配属されることとなった。



 本作は、第二部『緋色の風』そして第三部、現在連載中の『ナデシコの咲く丘で』に繋がる第一部です。
 初めて書いた話だから。と言い訳するつもりはありませんが、顔から火が出そうなほど拙い文章です。
 それでも気に入っていただけると小躍りして喜びます。


更新日時:2017年09月17日(日) 20:02 自分も登録する

艦これ、始めました(作者:逸般ピーポー)(原作:艦隊これくしょん

暇だったからなんとなく提督業を始めた司令官。深海棲艦と戦う力を持った、かつての軍艦の生まれ変わりらしき艦娘たち。彼らのほのぼのストーリーが今、始まるっ!

(注:あらすじは執筆当初のものです。予告なく変更されることがあります。)


更新日時:2017年04月07日(金) 01:24 自分も登録する

提督夫妻が鎮守府に着任しました。(作者:珈琲と紅茶)(原作:艦隊これくしょん

訓練学校をギリギリの成績で卒業した提督(女)が着任前にその時の主席(男)と結婚。
着任先はかなりの問題児揃い。
夫婦揃って纏めきる事が出来るのか。
また重婚、修羅場も起きるのか!?

追記
R18版を別で出したので外しましたm(_ _)m
タグを追加しました


更新日時:2016年12月11日(日) 00:00 自分も登録する