除霊師・安倍あやめの非日常的日常譚   作:ゆうと00

11 / 18
迷惑な人々(4/5)

 そして、その日の昼休み。

 一緒に昼食を摂ることがもはや日常となったあやめと清音と春は、春が自分の椅子を2人の席に持ち寄る形で集まり、それぞれ弁当を広げていた。

 

「ねぇ、そのおかず、昨日も見た気がするんだけど」

 

 あやめの弁当を横から覗き込んでいた清音がそう問い掛けると、あやめは何でも無いかのように頷いた。

 

「はい、昨日と同じですよ。スーパーで安売りしていたのを大量に買ったんで、後1週間はこれが続くと思います」

「……安倍さん、そのおかずとこれ、交換しよ?」

「ありがとうございます」

 

 そんな遣り取りで始まった昼食は、いつものように清音が喋り倒し、それに春が突っ込み、あやめが黙ってそれを聞いている、という図式になっていった。

 そして3人の弁当の中身が半分にまで減った頃、

 

「あ、そういえば」

「どうしたの、清音?」

 

 何かを思い出したように唐突に声をあげた清音に、春が問い掛けた。

 しかし清音は彼女にではなく、あやめに対してニヤニヤと気味の悪い笑みを向けた。彼女の言葉を無視して弁当を食べようとしていたあやめも、さすがにそこまでされて無視することはできない。

 あやめが清音へと視線を向けたのを見計らって、清音は口を開いた。

 

「佐久間くん、早退したんだって」

「……へぇ、そうですか」

 

 それを聞いて、あやめは先程の彼との会話を思い出した。

 術を教えてほしいという明に、それを拒否するあやめ。その代わりにあやめが与えた、術を成功させるためのヒント。

 そして、その直後の明の早退。

 もしも彼の早退の原因に、先程の会話が関係するならば、

 

「どうしたの、あやめ? 気になる?」

 

 清音の質問にあやめは答えず、いそいそと弁当を片づけ始めた。弁当をいつもの巾着袋に入れると、席を立って教室を出ていこうとする。

 清音と春は慌てて自分の弁当を持つと、彼女の後を追い掛けていった。

 

「どうしたの、安倍さん?」

「いえ、たまには気分を変えて、屋上で食べようかと思いまして」

「屋上?」

 

 確かにこの中学校は屋上に鍵が掛かっておらず、弁当は教室で食べなければいけないという校則があるわけでもない。なので屋上で昼食を摂る生徒の姿もよく見掛けるが、今日は何だか空模様が怪しくいつ雨が降るか分からないため、わざわざ屋上へ行こうとする者はいなかった。

 そしてあやめは、たとえ雲1つ無い快晴の日でさえ、わざわざ屋上まで足を運んで昼食を摂るようなタイプではなかった。

 

「ねぇねぇあやめ、私達も一緒に来て良いかな?」

 

 清音の申し出に、あやめは少しだけ考える素振りを見せて、

 

「別に、構いませんよ」

 

 それを聞いて満面の笑みを浮かべて礼を言う清音に、不思議そうに首をかしげる春。

 そんな2人を後ろに引き連れて、あやめは屋上へ続く階段を昇っていった。

 

 

 *         *         *

 

 

 学校から歩いて30分ほどの場所にある、ごくごく平凡な住宅街。平日の昼間という時間帯もあり、小学生以上の子供の姿はほとんど無く、せいぜい母親に手を引かれたりベビーカーに乗るほどに幼い子供しか見掛けない。

 ところが或る電柱の根本にて、Tシャツに短パンというラフな格好をした小学校低学年くらいの少年がひっそりと佇んでいた。それだけでも珍しいというのに、あろう事か彼の頭から真っ赤な血が滲んでいた。

 そんな少年を見掛けたとなれば、何かあったのか事情を訊いたり救急車を呼ぼうとするだろう。しかし先程から彼の前を何人もの大人が通り掛かっているというのに、誰1人彼の方へ視線を向けることすらせず、何事も無かったかのようにその場を去っていく。

 

 しかし、けっして彼らを冷たい人間だと責めてはいけない。

 なぜならその少年は、普通の人間には見えないからである。

 

 その少年が死んだのは、今から1週間ほど前。家族と車で出掛けたときに事故に遭い、そして全員が死んでしまった。それとほぼ同時に家族達はあの世へと旅立っていったのだが、どういう手違いがあったのか、その少年だけが取り残されてしまったのである。

 つまり彼は、死して尚この世に留まったままの幽霊である。既に死んでいるので痛覚は無く、見るからに痛々しい頭の怪我を本人がまったく気にしていないことがせめてもの救いだった。

 そんな少年の幽霊は、暇そうにあくびをしながらボーッと遠くを眺めていた。目の前を通行人が横切ったとしても、こちらの存在に気づかずに通り過ぎる彼らに意趣返しでもするかのように、少年が彼らに目を向けることは一切無い。

 

 そんな彼の耳に、こちらへと近づく足音が聞こえてきた。

 すると今まで散々通行人を無視してきたはずの彼が、途端にハッとしたように生気を取り戻し、頻りに辺りをキョロキョロと見渡した。

 そして彼の目が、1人の少年を捉えた。中学生くらいのその少年は、まっすぐこちらを見つめながら、まっすぐこちらへと歩いてきていた。普通の人間には絶対に見えない、幽霊である少年に向かって。

 その瞬間、少年の顔にはち切れんばかりの笑みが浮かんだ。

 

「明兄ちゃん!」

 

 そしてその少年の名前を叫ぶと、喜びを体で表すように彼の下へと駆け寄った。そんな彼を明は笑顔で出迎え、彼の頭を優しく撫でてあげた。普通の人間ならばまず触れることなどできない幽霊の頭を、である。

 

「兄ちゃん、最近全然来てくれなかったじゃん!」

「ごめんごめん、ちょっとやることがあってね」

「兄ちゃんが来てくれないから、オレ退屈で死にそうだったんだからな!」

「いや、もう死んでるじゃんか」

 

 ワシャワシャと髪を掻き混ぜられながら満面の笑みではしゃぐ少年に、そんな彼を見て優しく微笑む明。傍から見たら、とても仲の良い兄弟のようである。もっともそれは幽霊の見える者がその光景を見たらの話であり、普通の人間からしたら何も無い空間に手をかざして1人笑みを浮かべる怪しい中学生が立っているだけだ。

 元々人通りは少ない方だったが、周りの通行人は彼に対する奇異の目を隠すことなく、露骨に彼と距離を取って通り過ぎていく。そのせいもあって、彼らのいる道路には人っ子1人いなくなってしまった。

 

「それで兄ちゃん、除霊師の姉ちゃんから何か教えてもらえたの?」

 

 明の服の裾を掴んでそう尋ねてくる少年に、明はピタリと少年を撫でる手を止めると、先程まで浮かべていた笑みを消して小さく首を横に振った。

 

「そっか……。で、でもオレ、兄ちゃんと話すの結構楽しいからさ! 別にこのままでも構わねぇぜ!」

 

 そう言ってニカッと笑ってみせる少年だったが、ハの字になった眉が残念だと思う彼の本心を何よりも物語っていた。

 しかし、そんな少年の頭を、明は今までで一番強い力で撫でた。

 

「大丈夫だって。俺が、家族の所まで送ってってやるから」

「……できるの?」

「おう。俺を信じろ!」

 

 明は自分の胸をドンと叩いて、高らかに宣言した。そのあまりにも自信たっぷりな態度に、少年は思わず吹き出した。

 少年の顔に、笑顔が戻った。

 

「じゃあ、お願いね」

「あぁ、任せとけ」

 

 明のその言葉に、少年は静かに顔を俯かせて目を閉じた。明は少年の額の辺りに、そっと右手をかざす。

 目を閉じて、集中する。

 

 ――「除霊師の術など学んでいないはずの彼女が、なぜそれを使えたのでしょうか?」

 

 頭の中で、あやめの言葉を思い起こす。

 

 ――「それだけ、彼女の“想い”が強かったんですよ」

 

 想い。

 今からやることが成功するかどうかは、自分がどれだけ“想い”を強く持っていられるかに掛かっている。もちろん、除霊師としての鍛錬を積んできたあやめとは比べるまでもなく未熟ではあるが、不可能すらも可能にする力が自分にはあるのだと強く信じた。

 

 故に、明は想った。

 この子を家族のもとへ送りたい、と。

 この子を助けたい、と。

 

「おっ」

 

 すると明の右腕に、青白い光がポッと宿った。それはじわじわと輝きを増していき、やがて少年の体を包み込んでいく。明は知る由も無いが、その様子はあやめが『葬』を行ったときのそれと酷似していた。もっとも、スピードは向こうの方が段違いに速いのだが。

 上手くいっていることを手応えで感じ取った明は、さらに意識を集中させた。彼の右手から生まれた光はさらにその輝きを増し、少年の姿を曖昧にしていった。青白い光に溶け込み、そのまま消えていきそうな少年の姿に、明は「ひょっとしたら成功するかもしれない」と淡い期待を抱き始めた。

 

「よし、この調子なら――」

 

 

「ガアアア――」

 

 

 *         *         *

 

 

「来ましたか」

 

 学校の屋上(職員室から鍵を借りなければいけないため、生徒の姿はほとんど無い)で清音や春と弁当をつついていたあやめが、突然そう呟いて箸を置いた。

 

「来た? 何が?」

「?」

 

 スッと立ち上がったあやめに、おにぎりを頬張っていた清音が尋ねた。ウィンナーを咀嚼している春も、不思議そうに首をかしげている。

 

「もしかしたらと思って、念のために警戒してたんですが……。まったく、悪い予感というのは当たるものですね」

 

 あやめは若干不機嫌そうにブツブツ呟きながら、足早に屋上の柵へと歩み寄った。その柵に手を遣ってその向こう側に顔を向けるその姿は、屋上からの景色を眺めているように見える。学校の近くには大きな建物も無く、学校自体も小高い丘の上にあるため、かなり見晴らしは良い。

 

「あのとき、下手にアドバイスしなければ良かったですね……」

 

 しかしあやめはその景色を眺めている訳ではなく、むしろ目を瞑っていた。それでも彼女は目を瞑ったまま、グルリと辺りを見渡すように首を横に動かしている。

 その様子を、清音と春が後ろから眺めていた。

 

「何かまた面白そうなことが起こりそうな予感がする。これはついていかなくちゃ!」

「止めた方が良いんじゃない? なんか深刻そう」

 

 あやめの邪魔をしないように、2人がヒソヒソとそんなことを話していたそのとき、

 

「見つけた」

 

 あやめはそう呟くと、突然屋上の出入口に向かって走り出した。

 

「あ、待って! 私達もついてって良い?」

「駄目です。死にたくないでしょ?」

 

 あやめの後をついていこうとした清音だったが、彼女のその一言でその足をピタリと止めた。

 その隙にあやめは出入口へ駆け込み、その姿を消した。

 

 

 *         *         *

 

 

「ん? 明兄ちゃん、何か言った?」

「え? ――あぁ!」

 

 突然の少年の問い掛けに集中力を切らしたのか、少年を包み込んでいた青白い光が一瞬揺らめいたかと思うと、そのままスゥッと跡形も無く消えてしまった。

 

「せっかく上手くいってたのに……」

「でも、確かに聞こえたんだよ。何かの動物の鳴き声みたいな……」

「動物?」

 

 明は訝しげな声をあげるが、ビクビクと怯える少年の只ならぬ雰囲気に、明も真剣な表情で周囲を見渡した。

 と、そのとき、

 

「ガアアアア――」

「――――!」

「――――!」

 

 今度は明の耳にも、ハッキリと聞こえた。

 それと同時に、明は頭上から何かがいる気配を感じ取った。それは大きな手で上から押さえつけられていると錯覚しそうなほどに大きなもので、明の背中に今まで感じたことのない寒気が走るほどに不気味なものだった。

 明は恐る恐る、顔を上げた。

 

「な――!」

 

 少年の背後にある家の屋根に、そいつはいた。

 体高は明の2倍以上で、筋肉の盛り上がった蒼い体にライオンのようなたてがみ、そしてこめかみの辺りからグニャリと曲がった2本の太い角が生えている。四つん這いでいるそいつの手足はどれも太く、明の胴回りの何倍もあった。

 そして何より明の目を惹いたのが、その顔である。そいつのそれは、能などでよく見る般若の面によく似ていた。明らかに普通の生物ではない、まさに“バケモノ”という言葉がピッタリな風貌である。

 そいつは血のように赤い目(人間でいうところの黒目の部分が、どこにも見当たらない)で2人を睨みつけると、

 

「ウゴアアアアアアアアアアアァァァァ!」

 

 空に向かって高らかに吠えた。たったそれだけのことで、明の体がビリビリと震えた。

 

「――――」

 

 明は一目見て、そいつが幽霊の類であることを感じ取った。それと同時に、幽霊などとは比べるまでもなく危険な存在であることを、明の第六感が必死に告げていた。

 

 ――逃げなきゃ、まずい。

 

 本能的にそう思った明は、少年を小脇に抱えると全速力で走りだした。

 

「ウガアアアアアアアアアアアァァァァ!」

 

 バケモノは再び空に吠えると、その巨大な体躯からは想像できない軽やかな動きで屋根から飛び降り、どしいいいぃぃん! と大きな音をたてて着地した。幽霊であるはずなのに、アスファルトの道路にはバケモノを起点とした亀裂が放射状に深々と刻まれている。

 そしてそのまま、ドシドシと地響きをあげながら2人を追い掛け始めた。バケモノが1歩1歩踏みしめる度に、まるで地震のように明の足元を揺らしていく。

 それでも明は、その揺れに足元を取られそうになりながらも、少年を抱えて必死に逃げていた。

 

「明兄ちゃん! 何かあいつ、追いかけてきたよ! ねぇ、あいつ何なの!」

「んなの、俺が知るわけねぇだろ!」

 

 バケモノの動きは意外に素早く、2人と1頭の差は一向に縮まらなかった。それどころか少しでも気を抜くと、あっという間に追いつかれてしまいそうな勢いですらある。

 明は息も絶え絶えになりながら、近くの公園に逃げ込んだ。赤いシーソーや黄色い滑り台などがある極めて平凡なその公園には、幸いなことに人の姿は無かった。

 そのことに明がホッと息を吐いた、まさにそのとき、

 

「ガアアアアアアアアアアア!」

 

 想像以上に近くから聞こえてきたバケモノの雄叫びに、明はサッと顔を青ざめて後ろを振り返った。

 いつの間にかすぐ近くまで迫っていたバケモノが、力任せに腕を振り下ろそうとしている真っ最中だった。

 

 ずどおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉん!

 

「うわっ!」

 

 腕自体は明を逸れて地面にぶち当たるだけだったが、まるで爆発でも起きたかのような音と衝撃が2人に襲い掛かった。明は紙くずのようにあっさりと吹っ飛ばされ、数メートルほど宙を舞った後、背中を強かに打ちつけた。

 一瞬意識が遠のきかける明だったが、何とか気合いでそれを押し留めると、すぐさま体を起こして少年の行方を探した。

 

「明兄ちゃん!」

 

 声のした方へ顔を向けると、少年はすぐに見つかった。

 少年は、バケモノのすぐ足元に転がっていた。

 そしてバケモノは、その少年に向けて今にも腕を振り下ろそうとしていた。

 

「危ない!」

 

 明が叫ぶが、腰を抜かしてしまったのか、少年はバケモノを見上げて震えるだけで動けそうになかった。

 

「た、助け――!」

「ウガアアアアァァァァ!」

 

 バケモノの雄叫びと共に、樹齢数百年もある大木のような腕が、少年へと襲い掛かった。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。