TS賢者ハルの異世界放浪紀   作:AJITAMA5

6 / 12
投稿遅れてすみません………

まさか執筆完了した直後にデータが吹っ飛ぶとは、、、

正直内心ではリスカ案件です。
まあ家で飼っている猫に手首を引っ掻かれて今似たようなことになっているんですが


第5話『冒険者ギルド』

 ここは冒険者の街『スタリスト』。富と名声を欲する者達が集う街。その街の冒険者ギルドでは毎日のように人が行き交い、出会いと別れが繰り返されていく。

 

 そしてその街の冒険者ギルドの前に僕、神城晴輝もといハル·カミシロは立っている。

 

「これが…冒険者ギルド…」

 

 冒険者ギルドの見た目は僕が思っていたよりも質素でかつ機能的な感じだった。そして何より、

 

「凄く…大きいです…」

 

 とにかくでかかった。

 

「まあ、考えてても仕方がないしさっさと入ろう」

 

 両頬を叩き気を取り直して、中に入ることにした。

 

 

 

─────────────────────────────────────────

 

 

 

「なあなあそこの君、今度ゴブリン討伐行かねえ?」

 

「ゴブリン…良いわね、ヤりましょう(イケボ)」

 

「アーッ!」

 

「オークコロスオークコロスオークコロスオークコロスオークコロスオークコロスオークコロスオークコロス………」

 

「軽くBランク昇格試験RTAしてきたんだけど…どうだろうこのタイム」

 

「ガバガバじゃねえか(チャートが)」

 

 入ってみたらなんだこれ、すごい人だかり。奥にある酒場コーナーらしきところでたくさんの人たちが飲み食いをしつつ会話を繰り広げているみたいだ。

 

 元々の目的が冒険者登録なのでそっちには行かないで受付嬢のいるカウンターまで行く。…どうやらここには踏み台がしっかりあるみたいだ。いちいち《浮遊》を使うのは面倒なので凄く助かる。

 

「いらっしゃいませー………」

 

 と受付嬢に声をかけられたが、僕を見た途端に驚いたのか固まってしまった。

 

「あのー?」

 

 こちらから声をかけると肩をビクリと震わせて、意識が戻ってきた。

 

「はっ…!?すみません!見とれてしまいました!つい可愛らしかったのでっ!………すみません、取り乱しました!私、アストレアと申します!新人受付嬢です!此方に来られたのは依頼の申請ですか?」

 

 可愛らしいって…、元男の僕には全然嬉しくない言葉だよ…。そう思いつつも表情には出さずに用件を告げる。

 

「いえ、冒険者登録の方です」

 

「えぇっ!?」

 

 受付嬢…アストレアさんが驚きでまた固まってしまった。

 

「あのー?」

 

「はっ…!?あの、失礼ですが年齢は?」

 

「登録に年齢制限があるんですか?」

 

「いえ…ないです。しかし万が一のことを考えてですね、一応聞く規則なんです」

 

「そうですか…、分かりました。私は今8歳です」

 

「8歳ですね。それでは登録に3000ファルスです。ありますね?」

 

「はい。銀貨30枚、丁度です」

 

「確認しました。ではこの針を使って血を一滴こちらのカードに垂らしてください」

 

「分かりました」

 

 アストレアさんに言われた通りに針で血を一滴垂らしカードに落とすと、カードが光輝きだした。

 

「出来ましたね、………その状態になったカードの端を両手で持って、《登録》と念じてください」

 

「分かりました」

 

 アストレアさんに言われた通りにし《登録》と念ずると、カードの光が弾けるように無くなり、灰色のカードが姿を表した。

 

「これにて登録完了です。…次に初期ランクを決めてもらうために模擬戦をしていただきます。30分後に開始致しますのでそれまでに準備をしておいて下さいね?」

 

「はい!」

 

 受付嬢に言われたことを胸に刻みつつ、少し離れてからギルドカードを確認してみる。

 

─────────────────────────────────────────

ギルドカード(表面)

 

 

名称:ハル·カミシロ

 

二つ名:無し

 

ランク:G

 

年齢:8歳

 

基礎Lv.:Lv.12

 

職業Lv.:賢者Lv.12

 

基礎ステータス

 

 HP 230/230

 

 MP 2840/2840

 

 STR 56

 

 INT 890

 

 VIT 43

 

 WIS 450

 

 DEX 60

 

 MIN 325

 

 AGI 57

 

 LUC 44

 

 

ギルドカード(裏面)

 

 

スキル

 

 火魔法Lv.3 水魔法Lv.2 風魔法Lv.3 土魔法Lv.2 雷魔法Lv.1 氷魔法Lv.1 龍魔法Lv.1

 

 木魔法Lv.1 幻魔法Lv.1 光魔法Lv.1 闇魔法Lv.1 無魔法Lv.1 空間魔法Lv.3

 

 スペルブレイク

 

 無詠唱

 

 鑑定

 

パッシブスキル

 

 絶対神の加護Ⅹ…基礎ステータス上昇率、取得経験値量が150%増加

 

 魔法使いの秘術Ⅹ…基礎MP、INT、WIS、MINを10倍加

 

 異世界言語翻訳

 

装備

 

 武器(右):刃こぼれしたナイフ 効果STR+5

 

 武器(左):無し

 

 頭:リボン(水色) 効果無し

 

 胴:ワンピース(水色) 効果無し

 

 右腕:無し

 

 左腕:無し

 

 腰:スパッツ(黒) 効果無し

 

 足:ニーソ(白) 効果無し

 

 靴:皮のサンダル 効果無し

 

所持金:9000ファルス

 

 

 

─────────────────────────────────────────

 

 

 

 ………意識はしていたけど村人Aの初期装備かな?と言いたくなるような貧弱装備だった。

 これは模擬戦前にすることが多そうだ………。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ついでに今まで触れていなかった装備ステータスを追加しておきました。

※追記 ………靴の存在忘れてたんで追加しておきました。分かりました

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。