緑の楽園 - 学生と紀州犬が見た不思議な世界 -   作:どっぐす
<< 前の話 次の話 >>

56 / 59
第52話 黒い火

 兵士たちは全員起こすことに成功した。
 しかし逃げ道がない。
 唯一の退路であった階段は、既に火炎地獄と化している。

 映画や漫画だと、登場人物は炎の中を気合で突破できることになっているが……。
 実際にはとても無理だった。
 燃え盛る炎は、人が近寄ることすら許してはくれない。

 そして、炎の勢いは秒単位で増しているようにも感じる。
 熱風は手足をあぶり、煙は目を傷めつけてくる。
 呼吸も少し苦しくなってきた。

「どうしましょう……」

 焦ってしまって頭が回転しない。
 いや、一生懸命回してはいるのだが、軸だけ空回りしている。
 汗が垂れてくる。もちろん暑いからという理由だけではない。

「火の回りが早すぎるな。階段は無理だ……飛び降りるしかない」

 兵士の一人――恐らくこの中ではリーダーと思われる――は落ち着いた様子で、飛び降りが唯一の手段であることを示した。
 そして片手で俺の肩をがっしりと掴んだあと、背後の方向に歩いていった。

 人の手というのは不思議な力があると思うことがたまにある。
 この一掴みで、なぜか一気に落ち着いた。
 兵士の行き先を見る。

 なるほど……窓か。
 各個室に備えられている窓は、ほんの申し訳程度の正方形の小窓だ。人が出られるほど大きくはない。
 しかし、階段と反対側の突き当りにある採光窓……そこなら大きさは十分だ。
 開かないタイプの窓だが、あれを破ればここから――

 そう思ったら、カイルが既にどこからか木の椅子を持ってきていた。それを鈍器にして窓を叩き始める。
 さすが。動きが早い。

 ――あ、そうだ。

「ベッドの敷布団をマットにして、その上に飛び降りましょう」

 俺は一番近い部屋に入り、ベッドの上に敷かれていた藁布団を取った。
 シーツは無いので脱出用ロープなどを作ることはできないが、これなら緩衝材として使えるだろう。

 二階から飛び降りたとしても死ぬ可能性は高くないだろうが、下はやや硬めの地面だったはず。怪我をする可能性がある。
 今ここに居る彼らは、首都から一週間以上かけて来てくれた兵士たちだ。こんなところで怪我をして首都へ送還されようものなら、一体何のために来たのかわからない。

 そして何よりも――クロだ。
 ここで骨折させることがあってはならない。

「窓壊れたよ!」

 藁布団を取ってきたら、窓の破壊はちょうど終わっていた。
 地面に向けて藁布団を落とした。

 他の兵士も、近くの部屋からまだ燃えていない藁布団を取ってきていた。それを次々と下に落としていく。
 あっという間に即席の衝撃吸収マットが出来上がった。

「考えたな」

 リーダーの兵士が破壊された窓の下を見ながら、満足そうに言う。

「よし! 時間がない。一人ずつどんどん降りていけ!」

 それを合図に、窓の近くの兵士から次々と飛び降りていく。

 カイルが俺の尻を叩いてくる。行けということだ。

 振り返ってクロの前でしゃがむ。
 嫌でも目に入ってくるクロの背後の景色は、すでに兵舎のものではなかった。
 ただただ燃え盛る、火の海。

「クロ、俺が抱えて降りる。覚悟はいいか?」
「すまない。頼む」

 俺はクロを抱えた。
 正しい犬の抱え方などはわからない。ゆっくり考える暇もない。
 適当に前足と後ろ足の付け根あたりを包むようにして持ち上げ、手前に寄せて体に密着させた。

「あのさ。こんな時だけど」
「何だ」
「抱えるのは初めて、かな」
「……そうだな」
「抱え方、わからないから……苦しかったらごめんな」
「大丈夫だ」

 すでに散々あぶられて自分の体は全体が火照っていたが、クロの体温はしっかり感じた。

 そのまま窓に向かい、下にダイブした。



 ***



「そこに座って頭を出せ」

 国王がこの城に滞在中使っている部屋。
 俺は事件を知った国王に呼び出されて来たのだが、入るなりそんなことを言われた。

「え? あ、はい。こうですか」

 正座で座ったら国王に頭をポカっと叩かれた。

「痛っ……」
「バーカ」
「あの。前にも同じようなことを言ったかもしれませんが、国王が国民に『バーカ』はいかがなものかと――」
「バカに『バーカ』と言って何が悪い」
「……」

 国王は背後に回ると、後ろから抱き付くような形で俺の首に手を回してきた。
 そしてすぐ耳元に顔を近づけてきて、小声で話し始めた。

「何か異変があればまず報告が基本だろ。一人だけ変なところに入れられたのであれば、まずその時点で言いに来るべきだったはずだ。仕事は報告、連絡、相談だ。違うか?」
「いやあ、違わないです……」

 国王がわざわざ小声で話し始めた意味には、何とか気づいた。俺も小声で返す。
 一応、部屋の外にはヤマモトや女将軍などが控えているため大丈夫だとは思うが、万一ということもある。
 そう。聞き耳を立てている領主側の人間が居るかもしれないためだ。

「またお前の考えていたことを当ててやろう」
「はあ」
「会談間近の余に余計なことを考えさせまいとして言わなかったのだな」
「……相変わらず正確なことで」
「気遣いは有り難いが、今回はすぐ言うべきだったな。お前が廃屋の兵舎に入らなかったら、今回の事件は起きなかったかもしれぬぞ」
「どういうことですか?」

 国王がさらに声を潜めた気がした。

「わざわざお前が引き離されたタイミングで、しかも兵舎の周りは城側の警備の者が見回りをしているはずなのに、火事ときた。あまりにも不自然すぎる……。恐らくお前を殺すための放火だ」
「やっぱりそうなんですかね。でも二階で逃げ遅れて死ぬ確率って、そんなに高いように思えないんですが……。現に俺、助かってますし。暗殺にそんな不確かな手段を使うもんですか?」

 国王は首を巻いていた腕を右だけ外し、俺の頭をポカリと叩いた。

「お前は火の怖さも知らぬのか……。寝ているときの火事は、熱さで起きたときにはもう手遅れのことがほとんどなのだ。燃え広がり過ぎていて逃げ道が無かったり、毒ガスを吸い込んでしまって体が動かなくなったりしてな」
「えっ、そうなんですか?」
「そうだ。今回全員無傷で助かったのは奇跡だぞ」
「ひえー……」

 それは初めて知ることだった。
 たまに火事で二階に居て逃げ遅れたというニュースが流れるたびに、「何で二階で逃げ遅れるんだろう?」とは思っていたが。そういうことだったのだ。
 俺は実際に火災現場を見たことなどはないし、身内に経験者も居ない。
 火を舐めていた。

 では俺や兵士たちが助かったのは、もしや――

「どうせクロが早めに気づいてお前を起こしたのだろう。礼を言っておけよ」
「――やはりそういうことですか。わかりました。クロ、ありがとう」

 目の前で体を巻くように座っていたクロは、少しだけこちらに目線を合わせると「ああ……」とだけ言って、また目線を外した。
 この照れ屋さんは、正面から感謝されるのは苦手なのだろう。

「でも俺を暗殺って意味不明なんですけど」

 そう疑問を言うと、国王はまた腕を右だけ外し、俺の髪の毛をぐしゃぐしゃと掻き回した。

「犯人にとってはお前を暗殺する価値があるのだろう。少しは自覚しろ……お前はこの時代の普通の人間ではないのだぞ? 真相はまだ分からぬが、領主のオドネルに何かあるのだと思う」

 そう言われれば確かに、単に「気に入らないから」という理由だけで他の兵士ごと焼き殺すということはあり得ないだろう。
 何か他の理由があることになる。
 もちろん今すぐに思い当たるものはない。

「この件についてはファーナに極秘調査を依頼した。どのみち証拠が挙がらないと処分も出来ぬ。最悪、証拠が見つからなくてもお前を勝手に兵舎に閉じ込めたという理由で罰するつもりではあるが、当面はただの火事として扱うしかない。
 お前に対する警備の手配などはこちらでやる。だからお前は余計なことを考えるな。今日の打ち合わせと明日の会談に集中しろ。いいな」
「はい。わかりました」

 気を遣うつもりが、逆に気を遣われた。
 なぜ俺はやることが裏目に出てしまうのだろう。

 国王は俺の背中から離れると、また頭をポカリと一回叩いた。



 ***



「どうだった?」

 部屋をあとにして廊下に出ると、女将軍ファーナが寄ってきて声をかけてきた。

「陛下に頭を叩かれました」
「そうなのか? リクが無事だという知らせがあったときは陛下はずいぶん喜んでいたが……」
「……」
「うむ、愛のムチというやつだな。そうか、なるほど」

 よくわからないが、勝手に納得して去っていった。

 そしてヤマモトがやってきて「打ち合わせの時間までは、子供たちが寝ていた大部屋で待機するように」と伝えられた。
 子供たちは今それぞれの仕事があって不在のようで、タケルとカイルだけその部屋で待機中らしい。

 ――さて。

「クロ、ありがとな」

 歩きながらあらためて礼を言う。

「何か褒美が欲しくなったりはしないのか? 希望があれば用意するぞ。俺が用意できるものであれば」

 クロは目を伏せたまま、少しだけそのまま歩いた。
 そして俺のほうを見上げて答えた。

「……いや、要らない」
「そうか。相変わらず欲が無いな」
「私はあれで十分だ」

 ――『あれ』?
 何かあげたっけ?

 そう思いながら、部屋に向かった。