汚い流派の子を拾ったので虐待することにした   作:てっちゃーん
<< 前の話 次の話 >>

7 / 9
実った

こんにちは、西住みほです。

 

いえ『西住』と言うのは違いますね。

もうあの苗字は捨てましたから。

 

今は別の苗字となり変わりました。

 

しかし変わったのは名前だけではありません。 歪んだあの世界を私を拾ってくれたあの人が変えてくれました。 今は澄んだ空気を肺にいっぱい詰め込みながら元気に茶畑でお仕事しています。 それと茶畑については私と親しいあの幸せ老人夫婦から一部を頂きました。 最初は困惑しましたが、今の歳では広すぎる畑を管理できるほど元気じゃないと言われ、私はその茶畑の一部を受け取ることしました。 このお茶を売りながらお小遣いを貯めています……ってのはもう五年前の話であり、今は幸せの家庭のために蓄えています。 でも彼の稼ぎは家計を支えるのに充分ですから、私が頑張ってお仕事する必要はありません。 でも茶葉を作るのは楽しいのでコレはやめようとも思いません。

 

もちろん茶葉弄り以外にもちょいちょいと他の趣味を開拓してます。 まず温泉巡りは生きてる中でのオアシスです。 あとのんびりとテレビを見ています。 その中でバレーは観ていて面白いです。 廃校寸前だったとある学園がバレーで全国大会に出場して廃校から逃れたストーリーは今でも覚えています。 ですが一年生であれだけ揺れるあの山はセコイと思います。 隣で一緒に観ていた彼もそのことを指摘していました。 つまり彼の視点はあの大きなお胸でしょう。 男性だからそれは仕方ないと思いますが…

 

腹たったので熱々のお茶を出してあげました。

苦いし、苦しめ。 「うげぇ!?あっつぅ!?」

 

 

あと山と言えば思い出しました。 一年に一回以上必ずやってる事があります。 それは世界遺産登録されてる山に登る事です。 とても楽しいです。 たまに彼も連れて行って頂上で記念撮影が一番の楽しみですね。 あ、これでも体力には自信がありますよ? 皮肉にも戦車道で鍛えられたからだと思います。 話を戻しましょう。 それでね、正直に言いますと熊本にいた頃の何倍も楽しくてたまらないです。

 

しかしほんっっっとに、戦車道をしてた頃のは私はどうかしてました。

 

流派に所属していたからだとか、母親の期待に応えなければならないとか、他所から指差される事に追われ、自分のやりたい何かを押し込めていました。

 

別に戦車道が悪いわけじゃないですが、頑張ろうにもあの環境が悪かった。 いま思えばあそこはどうにかしてます。 荒んだ心が落ち着いた数年前に芽生えてしまった殺意で言うならば狂ってるの一言です。 ちなみにこれは西住流家元に対しての感情です。 だが『狂ってる』と思えたのは戦車道から離れ、その世界とは何も関係無い人間の視点を得たからでしょう。 何というか……感覚麻痺でも起こしてたのかな? 私は相当危険な事をして、危険な目に合ってたんですね。 考えれば今でもゾッとします。

 

だから熊本から逃げて良かったと思ってます。

 

これについては反省も後悔もしてない。

 

まぁでも今の熊本は……いや、今の戦車道の世界は変わりました。 戦車道協会も私の失踪を引き金に戦車道の安全性について見直し、更にルールの再構成にも手をつけました。 ……遅すぎますね。 今頃何を言ってんだと世間は声を荒げてます。 これについては当然の結果です。

 

それよりも私の失踪から一年も満たない期間で死亡断定を下されたのは流石に茶畑を避けられませんでした。 もしかしなくとも西住流家元がそうさせたのでしょう。

 

 

でも今の私にとって戦車道は既に関係ない存在です。

 

 

だから私は彼の話をしましょう。

 

 

私が彼に拾われてからそれなりの年月が経ちました。 当時は依存していたと言われれば否定できませんが、そのくらいに追い込まれていた私は安全な居所を見つけ、そこに住まいました。 居心地も良く、私にとって最後の救いになりましたから感謝が尽きません。 それからあの騒動によって荒んでいた心が落ち着いた頃、私は当然戸籍や住民登録はどうなっていたのか気になりました。 この状態ではもし私がインフルエンザにかかった時に大変なことになるのは明らかであり不安でした。 でも彼は偽籍を作り上げ、私は西住の苗字が無くなりました。 そして表面は"孤児"として引き取られた形で落ち着きました。 ……まぁ、あの世界から逃げ、離れ、誰にも頼れなくなり、孤独を経て、そして倒れていた私は彼に拾い上げられたから孤児なのは多分間違ってはないでしょう。 突っ込みどころはありますが細けぇことはいいです。 話を戻しますが、偽籍を作るのは簡単ではありません。 かなりお金を払えば可能らしいですが、一年も掛けずに私の新たな戸籍を作り上げました。 これには流石に私も彼が何者か気になりました。 少しずつ調べた結果、まず彼は西住流と対立する【島田流】に一噛みしてる人間であることが判明しました。 広げて言うならば島田流の関係者です。 しかし戦車道に直接関わる事はせず、島田流の名を広めるためのお仕事をしていました。 例えばグッズや宣伝などを利用して世間全体に知ってもらえるように活動する人間です。 一見地味で必要性が薄く思えますが、元西住流の私としてはこの活動がどれだけ重要なのか理解しています。 何がどうとか色々と説明を省きますが、結論からするとまずスポンサーなどについてもらうことが大事です。 例え有名な流派だろうが、そうじゃなかろうが、その組織が活動するにはまずお金が必要ですからその発生源を確保するのは大事です。 さて、その方向から島田流を支える彼は九州で役目を終えると次の勤務先へ移動を命じられ、熊本から離れました。

 

 

その時に私が拾い上げられた感じです。

 

 

それから彼は島田流に『ミリタリーのジャケットを着た女性を拾った』と報告しました。 連絡先の島田流と情報を交換しながら彼が拾った子供は西住流の娘である事を知ると、しばらく様子見を命じられる。 そしてそれほど時間が経たないうちに後に次は"保護"を義務付けられました。

 

西住流に"報告"するのでは無く"保護"してあげるように島田流が命じたのです。

 

 

 

『いま西住流を含んだ戦車道は良くない状態です。 その子が回復するまでは絶対に世間に晒してはなりません』

 

 

 

彼は命じられるままに私をしばらく側に置き、ある程度回復するまで保護に働きました。

 

 

『もしその子が元の場所に戻ると言うなら止めずに放ちなさい。 そしてその子とは二度と関わら無いように何も言わず、あなたは熊本から去りなさい』

 

 

とても寂しい話になるがそれは島田流家元直々の判断であり、何か意味があってのことなんだと思ってます。 理由は幾らか思いつきますが私のせいで彼の動きを制限されるような事を島田流は嫌がったからこのように話したと考えてます。

 

正直それは仕方ない事です。

 

ですが彼は熊本から移動する日が間近に迫って来た時、わざわざ私に『引っ越す』と言い『熊本から離れる』と加えて『あとは君がどうするかだ』と告げました。 この時『出て行け』とも『置いていく』とも言わずに『私がこの先どうするか』を委ねました。

 

 

私は"元の場所"を考えました。

 

 

思い浮かぶのは決勝戦…

 

だが次の瞬間、不意に吐き気が伴い、あの出来事がフラッシュバックする。 脳が涙を流させ、苦しみを紛らわそうとする。 激しく鼓動する心拍数はこれ以上思い出してはならないと警告していた。

 

これ以上は苦しみたくない。

ここじゃないどこかに逃げたい。

何もかも投げ捨ててしまいたい。

 

 

私はなりふり構わず縋る気持ちでお願いした。

 

 

 

 

『私を連れて行ってくださいッッ!』

 

 

 

必死な声と目で訴えると彼は『わかった』と短く頷いてくれた。 その後、ホッとした私は不安と緊張の糸が切れ、いつもより早く眠り込んだ。 そのタイミングで彼は島田流に連絡して『この子を連れて行きます』と言い、了承を得ました。 お陰で私は行方を眩ましながら熊本から逃げることが出来たのです。

 

それから私は偽籍も手に入れました。 短時間で作成された私の新たな住民票。 これも島田流の力を借りたからこそ彼は用意出来たのです。

 

 

だからこそ気になりました。

 

 

なぜ私にそこまでしてくれるのか?

 

 

当然の疑問を抱きながら私は聞きました。

 

 

救われてから数年越し。

島田流家元である本人に電話をしたのです。

 

突然の電話は失礼でしたが大して怒ることもありませんでした。

 

そして

 

返って来た答えはこうでした。

 

 

 

 

『戦車道で掲げて来た礼節を潰した西住流を見切ったからです』と、冷たく言い放ちました。

 

『ちょうど良いでしょう。 もう戦車道界の流派とは関係ないあなたになったからこそ教えましょう』と、聞くことが許されました。 普通の口調でしたが何処か嘲笑う感情が伺えました。 それは残念そうにも聞こえました。 そしてこれは何に対しての感情なのか察しましたが私はノータッチで耳を傾けました。

 

『戦車道は礼節のある、淑やかで慎ましく、凛々しい婦女子を育成することを目指した武芸とされています。 ご存知ですよね? 色々と戦車道の理念に反してる人間もいますが、どう受け取るかは人それぞれ。 ですが私はこの武道は素晴らしいものと捉えています。 しかしそれをあの人は理念に反するどころか、無惨に壊してしまいました。 許されざる行為に私はひどく悲しみましたし、その分怒りで溢れています。 そして、あの人と同じ世界に立ち会う者として残念極まりない気持ちでいっぱいでした……』

 

 

本当に、本当に、残念そうに言っていました…

 

電話越しからいろんな感情が見え隠れする島田流家元は一旦会話を止め、一呼吸置いて落ち着きます。 それほどに怒りが伴っていたのだと思います。

 

 

『西住流が地に堕ちたそんな中、あなたがあの人に保護された事を聞いたときは驚きました。 そしてとりあえずそのまま面倒を見ることにさせました。 なにせこれは一つのチャンスだと思ったのですから』

 

 

この意味は考えれば簡単でした。

 

世間から西住みほを消したままにすれば、後に周りの人々が西住流が『この世から消した』と騒ぎ出す展開を想定していた。 実際に私と同学年のあの人がこの事実を明かしてしまい、結果的に西住流は立場を大きく失った。 島田流家元の予想通りに事は進み、西住流は批難され、苦しみ続けることになっていった。

 

『本音を言えば、こうする事で西住流に対しての報いになると思ったからです』

 

 

報いが終わった今も島田流家元は思い出す様に冷たく言い放ちました。 裁かれるところに、裁きが下されるのを望み、たまたま拾った私を利用する形で西住流を鉄槌を下す。 誰に頼まれた訳でもないが、それは島田流家元も第三者の目として、戦車道の世界に関わる重要人として西住流に怒りを持ったからそう行動した。 ただそれだけ。 たまたま拾い上げた私を利用した、それだけなんです。

 

 

『ですが私があなたを利用したのは確かです。 善悪を決めるなら悪に近い話ですが……戦車道界の事を考えると致し方ない犠牲と考えて踏み切りました。 何せ私も西住流と同じ流派を背負う者であり、首を傾げる選択技だって選ぶ事を躊躇いません』

 

 

島田流家元もほんの少し負い目を感じていましたが『間違った選択はしたつもりはない』と割り切りました。 大きな組織を持つ者として歩み、私は分からないことは無いです(※?)。

 

だって西住流家元もまた、私を緩衝地帯として扱う選択技を躊躇無く選び取ったのですから。

 

だから島田流も私を利用する選択肢も迷うことなく選んだのでしょう。

 

 

 

でもね?

 

 

今の私からしたら利用されたなどはどうでもいい事です。

 

 

利用され過ぎてる人生なのはなんとも言い難いですが、私はむしろ今を考えます。 これは彼に教わったこと。

 

彼に拾われ、今はこんなにも幸せなんです。

 

問題はありません。

 

だから私は気にしていませんでした。

 

そんな風に裏で扱われてたとは知りもしなかったけど、私にとって悪い事じゃありませんから。

 

 

『いま戦車道は見直され、過去よりは比較的安全な形で競技が行われるでしょう。 人を討つために戦争で扱われていた兵器を扱う時点で可笑しな話ですが、不可能ではありません。 肉を裂き、命を刈り取る劔だって剣道やフェンシングに形を変え、生命の奪い合いを無くしましたから。 と、まぁ、かくいう私も可愛い娘に戦車道をやらせていますのでそこら辺は西住流と変わりませんけどね………ですが私はーーー』

 

 

『島田"流"だからですよね?』

 

 

 

それ以上の長い話は終え、最後に『元兵士よ、あとは幸せになりなさい』と変に格好つけたセリフを残した島田流家元は通話を終えました。

 

改めて流派は大変だと考えました。

後継は必要不可欠ですから。

 

 

でもね?

 

正直言うと面倒くさいですね、コレ。

 

 

青春時代を殺してまで苦労しなければならない子供は大変です。 そこに生まれたら不幸と思われても仕方ないでしょう。

 

ですが人の上に立つ人間は必要です。

 

そのための人間は育てられなければならないから、間違ってるとは言えません。 ですがそこに生まれなければもっと楽しい世界があった筈だと考えました。 それは私の性格故かも知れませんが……………いえ、もうこの話は止めにしましょう。

 

ここから先は希望論と結果論の渦。

 

必要ない思考です。

 

どうせ考えるなら此の先にある楽しい将来。

 

さっきも言いましたが、私は彼の元でそう学びましたから。

 

 

 

あ、そうです。

 

学ぶと言えば合格した高卒認定試験もそうですが、過去数年前の何倍も上達した料理の話です。 実はココに引っ越してからそれほど時間が経ってない時期ですが、とても良い人に出会いました。

 

その人は料理が盛んな学校に通っているのでとてもお上手です。

 

その方はグルグルのツインテールが印象的でした。

 

その方からお料理を学びました。

 

まず最初に学園艦の母港で出会いました。

 

その方はアンツィオ高校と言われる学園に通っており、学園艦は静岡の母港を使っています。 その時の私は静岡の温泉巡りにハマっていました。 あ、今も好きですよ? それでたまたまその方と出会いました。 そして西住みほである事がバレました。 あれだけ警戒してたのにこれです。 私のドジさ加減に呆れながらも、見つかったことに恐れていましたがその不安はすぐに拭われました。 理由は彼女に物凄く心配されたからです。 彼女はすごく他人思いな方で、肩を揺らし、初対面にも関わらずほっぺをペタペタとして間近で安否を確認してました。 この行動はアンツィオ高校特有なのかはわかりませんが安斎さんは自分の事のように泣いてくれました。

 

それから幸せ老人夫婦の如く、これまでのことを聞き、西住みほが静岡で生きてる事を黙って貰いました。 拾った彼については少し警戒しましたが、彼の事を話すと恋愛小説が好きな彼女は『王子様って奴か!』と言って茶化してきました。 1回目の対面でも彼女の親しみやすさに時間を奪われながら楽しく話を弾ませました。 そこから交流が続き、たまに遊んでいます。 本当に良い人です。 後輩を筆頭に皆から愛される事がよくわかる人間でした。

 

たまに私が収穫した緑茶を味見して貰ったりと良き関係は今も続いてます。

 

そのうち先の未来、お互いに命を育んだ子供を会わせてみたいです。

 

 

え? 子供ですか?

 

作る気満々ですよ。

 

え? お相手?

 

そりゃ当然彼以外いませんね。

 

 

でも今は彼と同じ苗字になってますからある意味結ばれてるようなものですよね。でも本当の意味でしっかりと結ばれたいです。

 

 

もっともっと私を幸せにしてください。

 

 

いつの日か指輪が装填される時が巡るまで…

 

 

 

 

「私は待ってますから」

 

 

「どうした当然?」

 

 

「いえ、なんでもないです。 ……それよりも私は一つ考えました、あなたにお返しできる人生の中で最大の"虐待"を」

 

 

「!! …………くっくっ、どんな虐待かな?」

 

 

 

時折彼が見せる口元ギラギラとした笑み。

 

それは私にしか見えない嬉しい笑み。

 

 

 

「それはですね…」

 

 

 

 

そんな彼に私もニコニコと笑みを浮かべる。

 

 

 

 

「これから先、死ぬまであなたのお側に寄添い続ける事です。 だからあなたは、此の先、永遠と、止める事なく、死ぬまで、私に、残酷極まりない、虐待の人生を私に施し続けなければならない…そんな最大の虐待をあなたにプレゼントしますね」

 

 

 

言い切った私はどんな顔をしてるかな?

 

 

普通の笑顔をしてるのかな?

 

 

もしくは悪い顔をしてるかな?

 

 

または彼のように口元がギラギラとしてるかな?

 

 

この時どんな表情で話していたのかわからないけど、人生最大の宣戦布告、不可侵条約すら存在しない永遠の虐待、逃げることも許されない人生だ。

 

 

だけど目の前の彼は今、ものすごく笑いながら震えていました。

 

 

ふふ、良い震えです。

 

 

笑いが出るほど震えが止まらないんでしょう。

 

 

だからこの虐待は私の勝ちです。

 

 

でもね?

 

まだまだこれからです。

 

 

足りません。

 

 

もっともっとください。

 

 

 

彼から刻まれる『虐待 / 幸福 』の傷跡を沢山…

 

 

 

 

「えへへ」

 

 

「くっくっく」

 

 

 

 

そう思うとこれからも楽しみで仕方ない。

 

 

 

 

 

おわり

 

 




はい、これにて本編は終了します。

なんども言いますが、こんな感じの小説はめちゃくちゃ大変ですね。 今まで脳みそパーにして勢いで書いてたオリ主系なんかよりも苦労しましたが、書き終えたこの小説を見て『ああ、これは良い』と思いました。

ありがとうネコ虐待コピペ。
あなたスゲー良いツンデレだよ。


さて、書いてて思ったことがまず【島田流】の事ですね。 話の中で島田流を扱いましたが便利な存在ですね。 『主人公は島田流と繋がってる』なんて強力なネットワークの設定を持ってきて正直「やっちまった…」と思いました。

学生が大砲ぶっ放して合法なガルパンの世界だから死亡断定が一年未満とか、戸籍は簡単に作れるだろうとか、御都合主義なんだろうやり方に対し、知識浅い自分からすると島田流の単語は救いでしたね。 ……未熟過ぎません? なんかごめんね。

もっともっと頑張れたら良いけど

これは『西住みほが戦車道の世界から姿を消した先で残酷極まりない虐待で幸せになる』の内容で「あぁ〜^」ってなるだけの話だからあまり気にしないでくれると助かる。

まぁそれでも最大の後悔と言ったら主人公が【オルガ】疑惑広める事でしょう(汗)

感想欄を舐めてたわ…
おそらく小説の中でこれが一番の反省だよね?

もう勝手にしてくれ
これについては自分が悪いです。


あと誤字と脱字。
そして適正な文章と単語の修正。
大変ありがとうございます。
感謝してます。 本当に助かりました。


さて、ここまで反省点を話しましたが

いかがだったかな?

多少打ち切りエンドっぽいけどこれ以上本編を書く必要無いと思いました。

続編望まれる声もありますが自分としてはこの形が良いと思ってます。 そりゃ当然、まほやエリカ、元凶のしほはどうなったか気になりますが、これはみほと虐待主をメインにした話なので裏側は勘弁してください。 まぁ、後継のまほさんが頑張ってるから西住流は地に堕ちたけどそのうち取り戻すかもね? 島田流家元も「堕ちた」と言ったが「滅びた」とは一言も言ってないからね? エリカはまほさんの助けになってると思います。 その内どこかで幸せに虐待受けてるみほを見かけたりしてね?

しほさんはしほりました、以上。 舞台から降りた人間にスポットライトを当てるほど私は優しく無い(ここワラキア風)


ともまぁ、残りのツッコミ所はそれぞれの脳内で保管してください。 それが一番です。


では


これにて本編『は』終了します。


ではまた。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。