LoveLive MoonLight   作:KatoGato
<< 前の話 次の話 >>

11 / 14
Ep10. 敗北を認める

2年生を代表する学生たちの合奏がある日、学校のイベントの中でとても大きな方だった。校内で最も大きな公演場、全校生徒が集まり、外部からも来た。今日、滿月(みつき)は期待していた。


「2年生のレベルを知ることができる。」


後輩たちの実力が気になった。現在、3年生は歴代最高の学生という評価だった。秋菜(あいな)、滿月はもちろん、トリオの心音(ここね)と星羽(ほしは)も有名だった。その他の学生も平均的に歴代雲の明学院の学生の中で最もレベルが高かった。

だが後輩たちが命脈をつなぐことができない場合、面汚しだった。滿月が恥だと思っている人のうち、代表的な人は、やはりアイドル部の平里であった。一方、平里はここでもアイドル部の考えだけだった。


「大変だよ。誰も連絡がない。」


広報の効果がまだなかった。ただ一人、創設に必要な最小の人員はただ一人だけだ。しかし、ひかるが言った通り実力が足りないかもしれなかった。


「もっと練習しなさい!」

「…やっぱりだめなの?」


しかし、平里は、今日の主人公がなかったのでアイドル部の存在を知らせることができなかった。
今日の主人公は他でもない2年生の代表たち、平里が心配している間、ひかるは、控えの間で心を安定させた。ピアノ、打楽器、管楽器、弦楽器の代表が集まって衣装を着てメーキャップを完了した。


「よし」


明るく微笑んで2年生の代表生徒たちは舞台の上に向かった。照明が彼女たちに照らしたし、彼女たちに観客は拍手をしてくれた。
そして2年生の代表たちの合奏は始まった。音楽の名門運雲の明学院の合奏らしく高校生としてはかなりレベルが高いメロディーだった。優れた教育を通じて育成された学生たちは、聴衆に誤差のない音を聞かせた。ひかるは気分が非常に良かった。


「練習した通りよ」


演奏が終了するまで、2年生の代表者たちは幸せだった。すべてが練習の通り、ただ一度のミスもなかった。演奏終わって挨拶し、観客たちも拍手を送った。特に1年生、2年生の反応が非常に良かった。
しかし、その以外は形式的な拍手で聞こえた。特に3年生の反応は冷ややかだった。秋菜はポーカーフェイスを維持し心音と星羽は笑顔に慣れていたので大丈夫だった。だが滿月、彼女は拍手もしなかった。


………………………………………………


一方、ひかるは、満足していた。すべてが思い通り、観客の拍手も受けた。


「このままでは私は最高になる。」


2年生の代表者たちは話しながら楽しかった。しかし、ひかるは一人でいて妄想していた。しばらく幸せだったひかるは、急いで制服に着替えた。


「茂木先輩と真鍋先輩は?」


挨拶もせずにひかるはここから行った。この時は、まだ秋菜はいると思った。

やはり会場の外に秋菜がいた。今は空が暗かったが、よく見えた。さらに秋菜は滿月と話していた。ひかるは一気に二人に会うされて嬉しいだ。


「先輩たち?」


ひかるはじっと近づいて二人の話を盗み聞きした。2年生の舞台を賞賛する内容を期待した。しかし、考えとは異なりひかるの表情が悪くなった。


「だから、これから2年の舞台を続けるの?」

「学校の伝統だ。仕方ない。」

「このままでは恥だ。レベルが低すぎる」

「同意するよ。しかし、生徒会長として、仕方ない」

「私たちの時とは、ぜんぜん違う。歴代最悪だよ。学校の評判を… 」

「いたい何のことですか?!」


二人の話にいきなり割り込むひかるであった。ひかるは切羽詰った。


「すべてが練習の通りになりました。ミスもなかっでしょう?」


滿月は言いたいことが多かった。秋菜も滿月と同じ考えだったから、彼女を防がなかった。


「本当によくやったと思う?」

「ミスがありませんでした。拍手も受けました。私は熱心に準備しました!」

「ちゃんと聞きなさい。」


滿月はひかるの心を苦しめた。断固としてひかるの問題を言ってひかるは硬直した。


「今日、あなたが最悪だった。スキルも雲の明で最も優れているとするには不足だね。そして心構えは最初から問題よ。」

「そんな…」

「音楽が一人でうまくすればいいと分かっている?あなたは観客はもちろん、一緒に公演する人々も一緒にしていなかった。そんな態度でどうして音楽をするつもりかよ?」

「…」

「よくわかるだろう?今日は恥だった。もっと練習しなさい」


この言葉を最後に滿月は秋菜ととこがに行ってしまった。ひかるは座り込んでしまった。悔しくて涙まで流してしまった。


………………………………………………


数日の間にひかるは静かだった。その中に一人でいたので、事情を教えてくれる人もいなかった。先生たちが関心を時々見えたが嘘で聞こえた。


「膳部嘘よ。」


生まれて初めてそばに誰かいたらと思った。
しかし、今日の放課後も、彼女は一人であった。一人で教室に残って、その日に学んだことを復習するのが日常だったが今回だけは違った。ため息だけが出てノートを覆った。


「はぁ…」


外に出た彼女はじっと学校の中のベンチに座った。そこで、他の生徒が下校するのを眺めた。


「音楽が一人でうまくすればいいと分かっている?」

「しかし、すでに遅かった。」


滿月の言葉が思い出した。しかし、今になって友達に出会うことは遅れた。彼女は絶望した。
そんな渦中、アイドル部の創設のために集まった4人が現れた。彼らは全力を尽くしてチラシを配た。


「アイドル部です!」


ひかるはそれを見た。4人の女の子たちが見せてくれたステージ、ひかるは確かに感動した。今まで否定していたが、その理由を今になって気づいた。

チラシを配る4人の女の子たち、そうながら平里は声に力がますます消えた。


「ア…アイドル部…」


涙を流す平里、残りの3人が集まって、彼女を慰めた。しかし、一人がついに入らないという事実が変わらなかったから平里は悲しかった。


「なぜ…なぜ…」


悲しい平里の涙、結果が変わることを切願した。
そんな平里の願いが行なわれるか、彼女たちの前に誰かが来た。靑綠色の髪の高慢だった女の子、ひかるは心の中で敗北を認めた。


「黒田」

「平井?」

「私が負けた。」

ひかるの言葉にどんな意味があるのか​​分からない4人、ひかるは平里が持っていたチラシを手に取った。


「だから、だから!」


声が震えた。しかし、ひかるは言った。


「君たちのステージ、私も一緒ににしてくれ!」


ひかるは我慢して泣かなかった。何が起こったのか実感していない4人の女の子たち、彼女たちはひかるの叫びに嬉しかった。平里は笑って答えた。


「うん!」