HoneyWorks ~恋を結ぶ物語~   作:立花祐也
<< 前の話 次の話 >>

17 / 18
16:私、アイドル宣言!Part6

周りの街より少し高い位置にあるこの場所で見る夕焼けはいつも見る以上に輝いて見える。

 

「いきなり連れてきてごめんね、でも君を少しでも元気にするためにここが1番最適だと思ってさ」

 

「永井君………」

 

 

「なーんだ、先客か…せっかく帰ってきたからいいと思ったんだけどな」

 

「いいじゃん、春輝くん、それにこの人たちに用があってきたんだしさ」

 

「まぁーな……」

 

私のためにここに連れてきてくれた永井君に何を答えればいいのかわからなくて困っていると私たちの後ろに背の高めな男の人とちょっと低めの女の人が立っていた。

 

「とりあえず説明もめんどくせーしそっちの女の子、ちょっとこっち来てくれ」

 

「あ、私………?」

 

背の高めな男の人が私を指名して永井君と女の人を残して少し離れた場所に移動した。

 

 

 

「いきなり悪かったな、こんな乱雑な感じで。俺は《芹沢春輝》、って言えばわかると思うけど…映画監督やってる」

 

芹沢春輝さんって確か海外で新人監督賞とか取った人だよね?

でも確かあの人って海外に行ってるはず……

 

 

「実はさっきさ、君のライブを見てたんだよ、俺の親友にLIP×LIP好きなやつがいてそいつと一緒に……その時に君の歌を聴いた」

 

「私の……歌を……?」

 

「そう、君の歌を聞いた……正直な感想を言わせてもらうけど、君の歌は……いや、君の歌声はダメだった」

 

あまりに正直なことを言われてしまった。

それも私の()()がダメだ、と……

 

「歌詞は良かったんだよ、すごく心に響く歌詞だった、でも君がの歌声はそれを無駄にしてる。別に貶してるとか馬鹿にしてる訳じゃない、だけど少し気になったんだよ………()()()()目を歌ってる時、そして今の君はしている」

 

私の歌声が歌を無駄にしてる……?

それに芹沢さんと同じ目をしてるってどういうこと…?

 

 

「俺の話になるんだけどさ、俺は高3の時、もっと言うとガキの頃から夢を持ってた、もちろん映画監督っていうバカでかい夢をな……でも、その夢はガキの頃に死んだ兄貴のやっていたことを真似ているだけ、そんなことを思うようになっちまった……けど、ある奴に言われて気づいたんだ、俺の夢は俺の夢、兄貴の夢は兄貴の夢だってな」

 

「そんなことが………」

 

「それで今はその言葉のおかげで映画監督を続けられてる………なんてことはどうでもいいんだけどよ……まぁ、昔俺が夢を諦めてた時にしてた目とお前が今してた目が同じように見えたんだよ」

 

私が芹沢さんと同じような目を…?

 

「お前さ、俺が言うことじゃねぇけどそう簡単に夢を諦めるんじゃねぇよ」

 

「夢………」

 

「それに、お前は気づいてねぇと思うけどお前のことを大切だと、好きだと思ってる奴もいるし、な………ま、そういう事だ、俺はもう行かなきゃいけねぇから帰る、じゃあ……アイドルとして頑張れよ、まだ先は長ぇから」

 

「………はい!」

 

この後、芹沢さんは一緒に来た女の人と一緒に帰って行った。

そういえば好きだと思ってる人ってまさか……ね?

 

 

「……あ、戻ってきたんだ!」

 

「うん、遅くなってごめん……暗くなっちゃったね」

 

「僕は全然大丈夫……それで、気持ちは変わった?」

 

永井君は女の人に何を言われたのかわからないけど私の心に変化があると思って聞いてきてくれた。

 

「……続けようと思う、アイドル」

 

「やっぱり続けてくれると思った!……今日はもう暗いし帰ろう、それでまた明日から暦さんはアイドルとして活動しよう!」

 

春輝さんに言われて心が変わった、はず。

そして1つ、永井君には謝らないと……

 

 

「永井君!」

 

「は、はい?」

 

アイドルがどんなに辛くてもまだ私は新米だ。

ライブで失敗しても諦めない。

迷った時は歌を歌って迷いを無くせばいい、それでも無理なら蒼真君や永井君に相談すればいい

私は、アイドルなんだから

笑顔を守らないと行けない

もう諦めたりなんかしない

 

きっと、いつか歌がみんなに届くから

 

 

「アイドルに……恋愛は禁止だよっ!」

 

私はアイドル、そしてそれをみんなに教える……

 

 

《宣言》するんだ。

 

 

私はそれから数年後、高校一年生の文化祭のステージで輝く───

 

 

 

のは少し先の話

 

 

────

高校一年生

《成海》蒼真

 

バンド結成と照れ隠し兄妹の物語──




お久しぶりです

今回でアイドル編は一旦終了


そして次回は高校生の蒼真、椛達の軽音部の話、さらにそれと同時に兄妹の話が描かれる!?


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。