我流のスキル使いとデスゲーム   作:AJITAMA5

2 / 2
Begining the β-test

 アインクラッド第一層始まりの街北部の平原にて

 

「よっしゃ倒せた!お前のレクチャーのお蔭だぜ!ありがとな、《ヤマト》!」

 

「どういたしましてだ。《キリト》……ただ今の猪型モンスターは某RPGゲームで言うスライム相当だぞ?」

 

「マジかよ!?俺はてっきり中ボスかと…」

 

「最序盤で中ボスが出てきてたまるかど阿呆。これが中ボスだったらすぐにゲームが終わっちまうぞ」

 

「あ……確かに……」

 

 俺は街を出るなり勇者風のアバターの青年《キリト》に捕まり、一緒に最初のレベリングをしていた。

 

「さて、じゃあ俺も殺ってみようかね。ちゃんとバランス調整ができてるか気になるし」

 

「おう、頑張れよ。…何のバランス調整だ?」

 

「何でも良いだろ…と言いたいがそれはあとに話すわ」

 

「お、おう。なんかすまん」

 

 その言葉を最後に俺は目の前にポップした猪型モンスター、『フレンジー・ボア』の脇腹に先程買った片手剣《スチールブレード》で一撃を加える。

 

《Pugiiiiiyyyyy !?》

 

 その一撃で怒り狂った猪が俺に向かって突進してくる。

 

「よっと」

 

 俺はその突進を左へ跳ぶことで避け、すれ違い様に回転切りで脇腹を切り裂いた。

 

《Pugooooooo!?》

 

 猪はその一撃で怯み、一瞬の隙を生み出した。

 

「ほっ」

 

 俺はその一瞬の隙を見逃さず、猪に向かって飛びかかり、猪の背中に騎乗した。

 

 これは俺が晶兄に渡したメモに書いてあったものの1つ、《ライド》状態。この状態は敵mobに騎乗した時に起こり、ダメージ倍率、クリティカル発生率が50%も上昇する状態だ。ただしモンスターは行動パターンに乗っ取りプレイヤーを振り落とそうとする。そのため攻撃は出来て一、二回程度だ。

 

「せりゃっ!」

 

 俺は《ライド》状態になったことを確認次第、その猪の脳天に向かって片手剣を降り下ろした。

 

《Goooooo…》

 

 軽快な音と共に砕け散った猪はポリゴンの欠片となり、ライトエフェクトと共に消えていった。

 

「ふう、まあ、こんなもんかね」

 

「………」

 

「?……キリト…どうした?」

 

「す……」

 

「……す?」

 

「すげぇ!なんだその動き!初めてだよな!?」

 

「あー、落ち着け。今話すから。」

 

 俺はキリトにカーディナルの事、茅場晶彦と知り合いだということを話した。

 

「お前がカーディナルシステム作ったってそれマジ?」

 

「マジマジ、GMに連絡しても良いぞ」

 

「マジなのかー…」

 

「え、そこ信じるか?」

 

「信じるよ、そっちの方が面白そうだし」

 

「おお…良い奴だな、お前」

 

「まあ大穴狙いだけど」

 

「おい」

 

 これは話しちゃまずい奴だったか?口が軽い訳じゃなさそうなんだが何故か嫌な予感がする。

 

「ってこんなことしてる場合じゃないな…さっさとレベル上げないと」

 

「?……なんでや、別にβだから急ぐ必要もないやろ」

 

「何故急に似非関西弁が……まあ良いか。簡単に言えばゲーマーの性だよ。時間の限りでどこまで行けるか知りたいんだ」

 

「なんだそういうことか……なら俺も一緒に行って良いか?」

 

「別に良いぞ。こっちからも誘おうと思ってたし」

 

「おう、じゃあよろしくな」

 

「ああ、よろしく」

 

 こうしてキリトとβテスト中パーティーを組む事となった。

 

 

 ◇

 

 

 予想以上だ。今の気持ちを一言にするならば予想以上、この言葉に限限る。

 何故か、それはキリトがVR空間への異様な適応力を見せ、一週間も掛からずにVR空間内での運動をマスターしてしまったからだ。

 

「しかし凄いもんだな、一週間も掛からずにLv.12なんてさ。軽く常軌を逸してるぜ?」

 

「まあ俺の手にかかれば大体のゲームはこんなものさ」

 

 …調子乗ってんな、コイツ。正式サービスの難易度爆上げして泣かせてやろうか。

 

「猪を中ボスと間違えたとは思えない(ボソッ」

 

「ヴッ!………そ、それは忘れろ!」

 

「嫌だ、お前を弄るのにいいネタを忘れるのは死にも等しい」

 

「そこまでかよッ!」

 

 キリトは頭を抱え「ぬあああああ!」等と悶えている。

 

「ほらさっさと立ち上がれ。今日中にボス戦済ますんだからな。Lvは出来るだけ上げろ」

 

「慈悲も無ェ!?」

 

 慈悲?知らない子ですね()

 

 

 




不定期投稿+亀更新になりそう…

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。