日本(原作にとっての絶望)がやって来る。   作:第2戦闘団

16 / 27

本作の日本は「國」

召喚世界の日本は「国」で差別化を図ったゾ


すいません許してください!?(命乞い



日本国召喚編
十六「日本國召喚」


 安部「どう言うことなの……?」

 

 山本「全国規模で震度3強の地震が発生して複数の衛星がいきなり大気圏内に存在して墜落したり、生き残った衛星からは確認されない大陸群と日本列島が確認されたようだ。尚、その他世界に繋がるジャンプ装置は使用可能状態」

 

 板垣「又我々の自治領国も転移してきており、国境要塞の駐屯軍からは見たことのない陸地と陸続きになったと報告がある」

 

 山下「他にも外交チャンネルらから、例の日本列島から南西に存在する大陸のクイラ又クワ・トイネという2カ国と列強の恩恵を受けた大国の様な中規模国家ロウリアがある。多分要塞線が接してる国がロウリアで、我々ともう一方の日本政府に救いを求めてきているのがクイラ・トイネの両国だ。既に外交官と大使館設置の案件も進んでいる」

 

 小沢「そんでもってこのクイラとクワ・トイネ、食糧生産と石油資源が桁違いらしい。しかし、それを知ってから知らずかロウリアはこの2カ国に対して軍事的圧力をかけまくっているとかなんとか」

 

 永野「一応、その2国へは外務省が向かってるけど……これ向こうの日本へ送ったら面倒くさくない?」

 

 南雲「面倒くさいのは確実だが、会っておかないと今後のことに響くから国交は結んでおくべき」

 

 山口「衛星から確認できた情報だが、在日米軍基地が確認されている。横須賀には原子力空母の存在も確認できている。艦橋の配置から見てミニッツ級。ただ燃料棒や弾薬の補充は日本政府に依存している模様」

 

 安部「そう、ですねぇ…(考え中)ロウリアが援助受けてる列強ってのが気にならない?」

 

 板垣「パーパルディア皇国とか言う啓蒙文明レベルの大国で、突き詰めると亜人が居ない人間だけの多民族国家。商人の話ではフリントロック式のマスケット銃を主装備にし、ワイバーンの上位互換のワイバーンロードを主な航空戦力としているらしい。あと海上戦力は巡洋艦サイズとサンティシマ・トリニダー並みの戦列艦が主力のようだ。あと魔導士大隊とかいう兵種も存在しており、主に劣化ゴブリンやオーク、ゴーレムなど、生物兵器を扱うNBC兵も思ったほうが早い」

 

 山本「魔導士大隊が存在するようにこの世界にも魔法がある。フリントロック式といったがあれば火薬を使わず、炸裂系の魔法を点火点にする事で火薬を使うものと遜色ないものになる。強みはリロードが速い。弱点は変わらず雨天決行すると撃てない」

 

 山下「銃だけにとどまらず、射石砲やカノン砲程度の武装も仕組みは魔術回路を使っているらしい。戦術もワイバーンが制空機と攻撃機の役割で、規模も啓蒙にしちゃあ桁外れに多い」

 

 南雲「確認が取れた情報が確かならロウリアは海軍に関しては4500弱が存在しているが、陣容は旧式の帆船から帆船の形をした鉄鋼艦。陸軍はそうでもないが空に関しても多く見積もっても200機はいる」

 

 安部「弾足ります?」

 

 山下「あっちが攻めようものならミサイルと鉛玉の雨を降らせるまでよ」

 

 山本「しかも海軍は規模がでかいといっても所詮は木造船やぱちもん鉄鋼艦だけで、正直ミサイル艇と警備艇と攻撃ヘリが少々あれば殲滅は無理でも足止めか追い払う事は難しくないのが何とも」

 

 小沢「正直言ってこれくらいなら空軍でも何とかなります」

 

 山口「ただ陸に関しては圧倒的な差があるから、何かしら派遣しなきゃならんな。ただ、向こうの日本政府がそう簡単に技術を渡すとは思えないな」

 

 安部「じゃあ陸海軍派遣しますか。山下は取り敢えず旧式の武器弾薬を積んでクイラ王国に。山本はトイネ公国へ、あの国は海軍を持っているらしい。戦中の駆逐艦やら重巡を提供する予定だからそれぞれ教練よろしく」

 

 

 

 

 ___________________________

 

 

 

 

 

 安部が早速手をつけたのはクイラ王国とトイネ公国の近代化だった。

 

 

 安部曰く「米軍みたいにあちこちに派遣して基地作るのが怠いから自衛戦力くらい整えなきゃ(使命感」らしい。この為、多くの技術を輸出した。

 まずインフラを整え、環境に配慮(マジでやらないとタイタン的な神様にキレられる)しながら工場と浄水・処理場を建設。医療技術と衛生管理を伝え、最後に軍事技術を与えた。

 民生品はって?そこは向こうの日本国に譲りました。

 

 これにより、王国と公国は急速に発展した。

 馬や牛が農機に、砂利道がアスファルトに、掲示板が新聞やラジオに、鍛冶場が工場に、井戸が水道に、馬車が車や鉄道に、金貨や銅貨が紙幣や貨幣に、弓が銃に、バリスタが野戦砲に、騎士が戦車に、帆船が動力船に、ワイバーンが上位種かそれ以上の戦闘機に、と言う形に。

 クワ・トイネ公国の街並みはオランダっぽい感じでビルとか高層マンションはあまり立ち並んではいない。ギムの監視塔や城壁に建設した砲台を除けば港に新しく立てた灯台が最大である。

 ギム周辺には野戦砲陣地や対空施設が建設され、常に砲口はロウリア方面を向いている

 

 クイラ王国はアルバニアの山岳都市みたいな感じで、絶壁の上に街があったりする。ロウリアとの国境線には山の中をくり抜いた要塞が無数にあり、突破されないことを条件にそれぞれを地下鉄で繋いでいる。因みに全部山下の申し出である。

 要塞もただ山をくり抜くのではなくコンクリートで補強し、バリスタを要塞砲なり海岸砲なりに置き換え、無数の偽装トーチカと機関銃陣地も置いた。

 多分パーパルディア程度なら攻めてきても余裕で潰せる程頑丈である。

 

 クワ・トイネ公国は日本國・国からもたらされた農機や輸送・冷蔵技術の元、年間食糧生産が2倍近い1億1000万トンに登り、海運業も造船技術の発展に伴い活発になってきている。クイラ王国は砂漠の地下深くから石油やレアアースなどの希少資源の発掘とそれらを採掘・輸送・管理する方法を学び、現在もっとも日本國と日本国をお得意様にしている国でもある。

 しかし未だ現地の工場等で働く人間は日本國・日本国籍の人間がほとんどであり、自立ができる様になるのには後数年の歳月が必要とされる。

 

 しかし流石に日本国のマスゴミやら野党やら平和主義団体()やらに目をつけられた。何やら、あっちの日本では『新世界技術流出防止法』が成立されたが、なんで向こうの政府で決めたことなのにこっちが批判されなきゃならんのかコレガワカラナイ

 

 その為政府の見解は「我々は全ての面倒を見るつもりはない。彼らの国は彼ら自身に守ってもらう為、その下準備をしているに過ぎない」としている。

 

 尚、日本國内でテレ番に出演した国会議員からは「ぶっちゃければ一々軍派遣して守るのが面倒だから」や「総理が面倒くさがって考えた結果」と絶対に國外(特に日本国)に流したら左翼・右翼も顔真っ赤になること必然な内容が垂れ流されている。

 

 新たに新設された国家戦略局によるとロウリアとクワ・トイネ及びクイラ両国との開戦は高いものであり、防衛だけなら現在の数だけでも事足りるが攻めるには少な過ぎるとし、日本國はクワ・トイネ公国とクイラ王国の間に独立保証と安保条約を締結。

 ロウリア側からクワ・トイネとクイラ王国に民間人ではなく軍人と砲弾が入ってきた場合。日本國はクワ・トイネ、クイラ両国側に立って参戦する事になった。

 

 

 

 

 

 ________________________

 

 

 

 

 

 安部「これは日本国大じょばない可能性が微レ存?」

 

 山本「じゃない?日本国には未だ9条ある上に自分から負担を増やしていく「新世界技術流出防止法」を作っちゃった訳だし」

 

 山下「俺らの観点から見たらそうだけど、向こうは漏れちゃいけない物ばかりだから」

 

 板垣「それよりもだ。ロウリア戦はまだ序章だろう。問題は表の列強たちだ」

 

 永野「ムーとミリシアルは近代文明らしく礼儀が通るが、パーパルディアとレイフォルはもはや例外だな。自分達こそが文明人と言わんばかりだ。転移してきたのが日本以外の先進国だったら真っ先に潰されて植民地真っ逆さまだな」

 

 山下「近代民主主義って大体奪うことから始まるし、多少はね?」

 

 山本「そうやそうや。資源があっても手付かずのままじゃ利益は生まれない。開発してくれてて大金になる状態の鉱山やらを奪う方がずっと楽だって産業時代のイギリスが証明してるから」

 

 安部「ともあれ、防衛はできるだろうが攻めるにはちと手数が足りないだろう。そこで山下よ、この前戻ってきた戦ヴァル派遣軍を預けるからロウリア潰してきて」

 

 山本「アレ?海軍の出番は?」

 

 安部「アルタラス王国から亡命者を引き取りに行ってきてくれない?第1護衛艦隊と・第3打撃艦隊預けるから。もしパーパルディアが邪魔してきたら相手してもいいけど証拠残すなよ」

 





陛下「1ヶ月弱もほったらかすとは…見上げた根性やな」

作者「あっあざっす…」

安部「理由は最近「日本国召喚」がタグ登録されたから意欲が湧いたゾ」




 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。