日本(原作にとっての絶望)がやって来る。   作:第2戦闘団

6 / 27
山本&永野「そろそろ海軍ぶん回したいんですが・・・」

安倍「開発費と予算増やしてるんだから我慢して♡(提案おじさん)」

山下「ブラスター・ライフルの著作権どうしたらいいですか?あれ外見スター・◯ーズの反乱軍装備なんですが」

安部「そんな事気にしなくていいから」

板垣「戦車開発しようぜ戦車」

安部「お前は誰だよ(ピナガキ並感)」

東条「地中から生えてきた」

山本&永野&安倍「えぇ・・・(困惑)」


六「やっぱ野党ってクソだわ」

  最高評議会(建前)

 

 

 

 安部「第二の日本に行きたいか〜!?」

 

 陛下「あっそれもう決まってるから」

 

 安部「ええ・・・(困惑)」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

  前から計画していた異世界日本への訪問はとある事情により参考人招致なる無駄な会議と同時進行することになった。

 

  さすが文民統制の議会(笑)、誰とは言わないが都合のいい時だけ税金無駄遣いしてまで開くんだから凄すぎて()言葉も出ない。

  しかし今の内閣や政党にするのにもそこそこの苦労が掛かったが、あれやこれやとで今に至る。

  正直与野党は自分達の過去を見て哀れに思っている。まあ安倍が人身チートだがらと言うのもあるが、本来の役割を果たしているのに対して真逆のような事をしていればそうもなるなと思っている。

 

  参考人招致参加者より早く東京の銀座に行き、時間がある事を理由にどこに施設を立てようかと思ったが、流石世界に名だたる人口密集地帯、パイプやら地下鉄やら下水道やらで地下はパンパンだぜ。

  あぁ、次は地上だと言いたいが都内に立てると何か言われそうだしという事であの自殺の名所です名高い富士の樹海・・・ではなく(流石に縁起も雰囲気を悪いから)仕方なく御前山の土地をあり得ない額で購入させてもらった。

  まあ37兆なんて額叩き出されたら流石に買うわな(少しずつ貯めた額の5分の1)、あとマスゴミにはマスコミをぶつけて対処している。

 

  「朝日(朝鮮売日)新聞」 「嘘の新聞(Google公認)」 「真実を伝える(笑)」と有名な朝日新聞本社は後にニコニコ本社並みに爆破ネタにされる模様。あと数日前から謎の爆破予告がよう届くようになったり元朝日社員や現役キャリアの汚職や犯罪履歴がポロポロ出てくるらしい。なんでだろ〜?(すっとぼけ)

 

  当然邪魔者は相応の報いを受けてもらう。アメリカは官僚汚職をぶちまけて、中国は民衆を煽って、ロシアではテロリストを活用して、イギリス及びEUは移民や貿易摩擦で揉めてもらったりと東条が死にそうになったが、全部やりきった事で追加の仕事発注はなかった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

  異世界日本 国会議事堂

 

  さあ始まりました!地獄の我慢比べゲーム!

 

  クソみたいな野党の質問責めにどれだけ我慢できるかというこのミニゲームだが当然本当にクソなので議員としてそれはどうなんだ?的な発言もズカズカと言うは、あろうかとか国辱まで言ってる勇者(笑)揃いなので、もう気が狂うほど叫びまくるんじゃ!!

 

 

 共産党「ふざけるな!」

 

 民主党「殺されてぇか?」

 

 社民党「クソがっ(直球)」

 

 自民党「Fuck You♂」

 

 公明党「(お前ら公務員として)恥ずかしくないのかよ?」

 

 陛下「アホくさ、辞めたら?この仕事ぉ?!」

 

 安部「えっ何これは・・・」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 訪日?最悪だったとだけ記録されている。結局のところ論戦になった時点で彼ら(野党とか言う反政府組織)に勝ち目などなかった。

 東条に調べさせた汚職リストと圧倒的ド正論でぐうの音も出ないほど叩き尽くされた。

 

 そして諦めの悪いアメリカとロシアと中国の工作員は明後日にも耳や鼻の塩漬けがそれぞれの官邸に届けられた。それを口実に批判してもお前らが当日どんな事をやっていたか2チャンネルで晒しまくるし、自分でまとめる事にもなるぞ?との脅し付きである。

 

 2チャンを甘く見てはいけない。あそこに一度流された情報は一瞬で処理が追いつかない速度で広がっていくし、C I Aよりも情報網が上だと言われている。

 

 アメリカとロシアはともかく、東条が煽った中国国民の怒りの矛先を反日に向けようとして公表したら物の見事に自爆した。ウイグルや北京を除いた沿岸省は反乱しだすわ、旧満州方面の軍閥が覇権打ちたてようと内戦起こすわで古き良き・・・でもない中国が戻ってきた。

 

 今のところ統治を任せても大丈夫な軍閥や省がないのでどっちにも支援して壮絶な泥沼になってもらう予定である。因みに中国進出してた企業は工場はともかく人員と書類の破棄か回収をし始めた始めたようだがどうせ国内に工場が少ない大手企業はどこも赤字らしい。そのため大手企業から中小企業へと人が増えたそうな。

 

 一波乱あったが土地を買い付けることは(無理やり)取り付けたのでまあ良しとした。

 後関係ないが各国の汚職者リストを2チャンにぶちまけた。冬の同人誌即売会に潜入し、一定の戦果を挙げ戦利品を得た。しかし自民が買い間に合った「なのは」によって帰国後抗争が起きたが陛下が「なのは焼くぞ?」と事態を収集した。

 

 

 

 




陛下「よく土地なんか買えたね」

安部「ただでさえ不景気なのに海外の工場が潰れたら資本が入ってこない→そこに37兆という国家予算の2分の1差し出せば簡単でしたよ」

陛下「邪魔入らんかったん?」

安部「壮絶な嫌がらせを展開してるので楽です。それより嫌がらせの準備をした東条が過労で倒れて死にそうです」

陛下「汚職ってどうやって調べたん?」

安部「10万ドルの金塊50をP☆O☆Nくれてやったぜ。そしたら役人の兄ちゃんがワシに、リストをドバーッ!(迫真)と出したんや」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


板垣 征四郎

元死体安置所があった場所から生えてきた。

陸軍切手の戦車厨。地中から転生してきた次の日に見た61式戦車(宇宙世紀)を見せ、その次の日に東条にガルパンを見せられたら一気に戦車厨の階段を駆け上がっていった。
そこそこの能力と時と場合を考えるので置いている。諜報や防諜、特に調略なんかは得意らしいので諜報部に置いたり、前線に置いといて全部任せるとか色々こき使う案を模索している。



追記

ちょっと修正しました。(誤字、ルビの調整等)


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。