ラブライブ!サンシャイン 黒澤家長男の日常   作:アドミラルΔ

33 / 77
【バレンタイン】saint snow ver.

運営さん後生ですからsaint snowにバレンタインボイスを追加してくださいお願いします

 

 

──────

鹿角聖良ver

 

 

「あ、あの良かったらでいいのですがこのチョコレートを受け取っていただけませんか?その…私も男の子にこういったことをするのは初めてで上手くできているかは分からないのですが…いつも仲良くしていただいているお礼や日頃の感謝の気持ちをこの袋の中精一杯に詰め込みましたから…思いの詰まったチョコレートはどんなに値段の張るものよりもきっと美味しいと思うんです。」

 

 

「ふと思えばあなたとこうして出会うことができて私は世界が広がった気がします」

 

 

「最高の仲間でありライバルとなったAqoursと出会えたこと…伝えたかった想いについて理亞と真剣に向き合えたこと…そしてスクールアイドルの行き着く先についても。正直に言って理亞と私ならどこへでも行ける自信がありました。でもイマになってみるとそれは違うと気づいたんです。だってあなたが共にいなければきっとこの素晴らしい世界にはあと一歩届いていなかったと思うんです。あなたがいて良かった。あなたと出会えて良かった。あなたが私たちと並んで歩いてくれて本当によかった。だからこそ私はあなたのことをこんなにも好きになってしまったんですから。それが私の精一杯の気持ちです!」

 

 

 

 

 

──────

鹿角理亞ver

 

 

「ねぇちょっとこれバレンタインのチョコレートだから…って何そのニヤついた顔は…可愛いラッピングとかしてるけどお前にはお菓子作りなんて出来ないと思ってたって…私だって家が茶房なんだからこのくらいのお菓子程度なら簡単に出来る。これでも一応趣味はお菓子作ることだし…あとラッピングはお店のやつ参考にしただけだから別に凝ってるわけでもない。別にそんなに馬鹿にするんだったらもうこれあげなくてもいいんだけど?」

 

「いやそんな死にそうな顔してしゅんとしなくても…ちゃんとこれはあなたにあげるから」

 

「…って受け取った瞬間満面の笑みになるならあんな魂の抜けたような顔しないでよね。私だって一応勇気を振り絞ってこのチョコを渡してるわけだしその…渡す相手だって1人だけだし…言っとくけどそれは友チョコとか姉様にあげる親愛のチョコとかじゃなくて特別な人にあげる特別なチョコレートなんだからね!いい?1回しか言わないから死んでも聞きなさいよ…わ、私はあなたのことがだ、大好きって何言わせんのよ!バカ!」


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。