稀代の暗殺者は、大いなる凡人を目指す   作:てるる@結構亀更新

2 / 20
おっけーぐーぐる、念とは?

この世界に生を受けてから約1週間。しばらくずっと、あたりに聞き耳を立てては、情報を集めていた。

この一週間でかなりの収穫を得ることができたと思う。

まずはこの家の家族構成。

 

現在の当主は私の父、シルバって人。なんかすごく怖そうで、威圧感のある人だった。あのおじいさんはその一代前の父方の祖父にあたる人物。でもおばあさんに当たる人は今の所見たことがない。そして私の母はゴーグルをかけたよくわからない人。声が高くて妙にヒステリック。で、3人とも現役の暗殺者。

そして兄弟。これは上に4人いるみたい。特に一番上のイルミって人はなんか目に色がなくてすっごく怖い。変な鋲みたいなのいっぱい持ってた。あれで暗殺するのかな?

次男に当たるのがミルキって人。この人はなんだかもう、丸い。とても丸い。でも、すごい技術があるっぽい。なんかおじいさんに爆弾渡してた。

そしてちらちら名前をよく聞くキルアって子。この子はなんか唯一明るい。変な影背負ってない。で、次期当主候補。なんて三男が?って感じはするけど、まあ複雑な事情でもあるんでしょう。

この3人は私を見に来たりとかよく会う。でも最後の四人目はとても謎。

その子の名前は、アルカ。この家で唯一暗殺に携わっていない子。どうやらどこかの部屋に閉じ込められているらしく、見たこともない。使用人がその子について話すときは、すごくヒソヒソしてて、あんまり耳に入れたくないのかも。忌み児みたいな。やだねー。

そして最後に生まれたのが私、カルト。性別は女。前世と同じ性別なのはラッキーというべきか。

そして、入ってきた情報でいちばん重要で、一番恐ろしいもの。

それが、どうやら今日から始まるらしい。

 

そう思うと同時に、扉が開く。

 

「カルト、時間だよ。行こうか。」

 

そう言いながら私をベットから降ろして立ち上がらせるのは、長男イルミ。

相変わらずの声の抑揚のなさ。本当にこの子感情あるんだろうか。すごく心配になってきた。

でもまあ、今は自分の心配が優先事項だけど。

 

そう、この家は暗殺者にするために、子供に世にも恐ろしい拷問を課しているのだそう。

いや、確かに強くさせてもらうのはありがたいよ?今後生きていくために力は必要だけどね?この世界では武力にどのくらいウェイトがのってるかわかんないけど。

でもさあ、電撃食らわせるとか、毒飲ませるとか、もはや虐待とかそう言う領域超えてるよね?家庭裁判所行きからの全国ネット総叩きが始まっちゃうよ。

0歳の赤ん坊に何させようとしてんだか。本当に何考えてるかわけわかんないジジイ達だ。でも本人たちの前でそんなこと言ったら多分殺される。やめとこ。

 

そんなことをうだうだと考えていると、イルミに軽く手を引かれる。

恐る恐る足を前に進めると…………うん、歩ける。ベットの上でちょこちょこ練習してたから、歩行はできるようになった。相変わらず、足がすっごい疲れるけど。まあそれは仕方ない。

 

「……カルトはゼノ爺さんの目にかなったのかな。キルアに劣らない才だって言ってたよ。」

 

おそらく私が内容を理解できているとは思っていない声。自分に言い聞かせているような。

その声を聞いて、ちくりと胸が痛む。

どんな事情か知らないけれど、この子は長男にも関わらず家を継ぐことを期待されていない。だから、心がまるでないかのように、機械的にまで押し殺していた。そして、それを続けすぎたせいで、感情の出し方がわからなくなってしまった。そんな感じじゃないだろうか。

家を継ぐ条件、それはこの家では多分生まれてきた順番とはあまり関係がない。

才能。後天的な強さ。

それのみで判断している。

だからこそ、イルミのように感情がないかのように振舞ったり、ミルキのように捻くれたり、そんな歪んだ事態が起きてしまう。

 

なんて。なんてそれは悲しいことなんだろう。

 

ならばせめて、ほんの少しでもこれがこの子の心を取り戻す一助になればいいと思って。

繋いだ手をぎゅっと握って、イルミに向かって、赤ちゃん特有の天真爛漫な笑みを浮かべた。

 

「カルト………」

 

おうおう、これはあれか?泣いて感謝しちゃう展開か?いやあ、いいですよ。思う存分来ちゃってくださいよ。

そんなことを思って、浮かびそうになっているニヤニヤを押しとどめていると、小さな体がイルミの筋肉に覆われる。

 

「カルトのその力は、キルのために使うためにあるんだよ。全てはキルアを最高の刃に仕立て上げるためにね。そうだ、まずはそれを妨げようとするやつを殺ろう。キルに仇なす奴は全て生きている価値もないゴミ屑に等しいからね。この世の全てはキルを中心に回っている。いや、俺たちが回らせる。そのためにカルトは生まれた。そこ、理解してる?あんなに可愛くて、愛おしいキルは誰にも傷つけられちゃダメなんだよ。最高の暗殺者になるためには。キルに触れていいのは俺たち家族だけだ。そのためにはキルに近づこうとする全てを排除しないといけないんだよね。周りの人間なんて、不純物だから。最高の刃は混ざり気なんてない、純粋なものであるべきだと思うだろ?…………」

 

急に変なスイッチが入ったかのように、キルアのことを語りだすイルミ。

なにこれ、この子想定と違う歪み方してるぞ。おい。さっきまでの私いい人モードはどこへ去っていった。このシリアスブレーカーめ。

うん、これはあれだな。家庭環境云々もあるだろうけど、この子自身にそもそもそういう性格なところあったんだろうな。

生まれながらのヤンデレブラコン。なにそれ怖。よかった、標的キルアに向かってて。

うん!ほら!あの子強そうだし!きっと大丈夫だよ!

………あれか、やっぱこの体が多少成長したら、様子見てあげたほうがいいかな。これで精神崩壊とかされたら、私の人生フリータイムが失われるから。

そうです、あくまで私のためです。慈善活動とかじゃないです。違うったら違う。

私が利益を得るためにそうする必要があるだけですよー、そうだって言ったらそうなんじゃオラ。

 

そんな一ミリの利益のない言い訳をひたすら積み重ねていると、今度こそ本当にイルミに手を引かれて部屋を出る。

初めての部屋の外。そこはまるで………

 

なんじゃこの大豪邸!ていうか家っていう領域超えてるでしょ!RPGの後半に出てくるダンジョンかなんかか!

うわー、部屋の感じからして金はありそうだったけどまさかここまでだったとは。

廊下の広さ異常だし。ちょこちょこ変なもの飾ってあるし。なんか趣味悪いな。

 

ごほん。それはともかくとしてだ。

この家はおそらくこの世界基準で見ても、相当な豪邸に値するはずだ。というかそうじゃないと困る。

この世界が地球と同じ資源量に対する人口比であれば、確実にそうだと言える。

まあその辺を現在考える術はないので、置いておいてだ。重要案件が一つ。

 

この家はどこにあるのか。

 

暗殺っていうのは、やっぱ犯罪行為ではあるんだろう。賞金首って言ってたし。

なのにそんな奴らの住居がこんなでっかかったら目立って仕方ないと思う。

まあ常識的に考えて、人目のつかない場所にあるんだろうな。地下とか、山奥とか。

まあどっちにしても、ある程度成長したら家出するっていう計画はかなりキツそう。

 

いや、ちょっと一瞬思ったのよ。おじいさん、あ、ゼノさんって言うんだっけ、たちもまだ子供で逃げる力なんてないって思っている時期だったら、逃げたりできないかなって。具体的には生後1年経たないうち。

でもそれは、この家が通常の街とかにある想定じゃないと不可能だ。

だって家でたらすごい秘境の森だったとか、確実に死ぬし。地下とかだった日には、そもそも出れない可能性高そうだし。

約束の20年、無視するのは無理そうだなあ。諦めよ。

 

はあ、と赤ちゃんらしくないため息をつきつつ、手を引かれながら廊下をとぼとぼと歩く。

しかも今から拷問受けに行くとか。私、ドMじゃないんですけど。

やだなあ、すっごくやだな。ものすごく逃げたいな。

そんなことを脳内で唱えても、イルミの歩くスピードは変わらない。まあ当たり前か。

 

軽く体を動かして、イヤイヤしてみる。

すると、今まで前へつかつか歩いていたイルミの足が一瞬止まり、それから………

 

「カルト、これは全てキルのためなんだ。もし今これにカルトが抗うというなら、それはキルに仇なすものと変わらないよね。そしたら俺、カルト殺すしか選択肢なくなるんだけど。キルを守るためには俺たちが強くないと話にならないだろ。カルトはキルを守る………」

 

あー、はいはい。わかりましたよ。要はやらないと殺すってことですよね。

うん、それはわかったんだけどさ。後半のキルア語りってなんの意味があるの?ブラコンでしかないよね。

前門のイルミ、後門のゼノ。はい私詰んだー。

やらなかったらここで今半殺しぐらいになって、そのあと残り半分をゼノさんにやられるんだろう。結局死にますね。

まあ結局のところ、生き残るためには教育という名の拷問を受けなきゃいけないわけだ。

 

そうこうしているうちに、イルミの足がとある部屋の前で止まる。

うわ、ここが例の。

イルミが扉に触れると、音もなく重そうな扉がスライドする。

え、何今の。指紋認証?それとも何か別の技術?うわー、気になる。

 

部屋に恐る恐る入ると、中で父さんが待ち構えていた。

 

「カルト、来たか。それでは始める。それからイルミ、お前はオヤジのところに行け。新しい仕事が入った。」

「了解。」

 

業務連絡のような、全く一切の感情が入っていない声。

いや、まあ一種の業務連絡ではあるんだろうけど。てか、仕事って………。暗殺の依頼ってことだろうか。

 

イルミの手が離されて、部屋から出て行く。つまり、何考えてるかよくわかんない父さんとサシってことだ。

うわあ、なにこの状況。

部屋をぐるりと見渡すと、壁についている手錠とその近くに置いてある鞭。結構マジのやつ。

そして床にある血の跡。何したんだよ、全く。

でもそんな他人事じゃないからなあ。何せ、おそらくあの血の跡を今から作るのは私だから。

いや、結構本気でこの赤ちゃん柔肌にあんな鞭受けたら死ぬんじゃない?どうするの、私死にたくないんだけど。

 

怯えたように鞭を見ているのに気づいたのか、父さんが近寄ってくる。しかもその見ていた鞭を持って。

え、なになに。児童虐待反対だー。まだ死にたくなーい。

 

「安心しろ、さすがにお前のその状態でこれを使うのは死ぬリスクが大きすぎる。今日はその前段階だ。」

 

そう言いながら、手に持った鞭を遠くに投げる。

よかったー、生まれてすぐ死ぬはめにならなくて。

って、前段階って何?もうちょっと柔めの武器で慣れさせるとか?

 

と、思った矢先、父さんが謎のナイフを取り出す。

え、は?何考えてんのこの人。バカじゃん、今自分で言ってたでしょ。死ぬって。

うわあ、この家アホしかいない。

 

「まあ見ていろ。」

 

まるで考えていたことを読んだかのようにそういった父さんは。

自分の手にナイフを突き刺した。

 

ぬあー!何してるのこの人!バッカじゃないの!

次の瞬間、手から血が噴き出すことを幻視して、顔を背けると。

 

パキン、と音がした。

カラカラと、金属が床を転がる音がした。

 

まさか、うそでしょ。

そう思って振り返ると。

 

無傷のまま平然と立っている父さんと、刃が折れたナイフ。

意味がわからない。ありえない。

だって人間の皮膚は、金属より圧倒的にもろいはずだ。そして父さんも筋肉いっぱいとはいえ、ナイフを勢いよく振り下ろして無事なはずがない。それが物理法則に従った当然の結果だ。

なのに、どうして。

これではまるで、まるで………

 

ナイフより、父さんの手の方が数段硬いから。だから折れた。そんな解釈が一番しっくりくるような状況。

 

口をパクパクとさせることしかできない。

これが、この強さが。

 

プロの暗殺者の、力。

 

「今のが、念という力だ。」

 

ねん?

不思議そうに首をかしげると、近くの紙に何かをかく父さん。

 

「念とは、簡単に言えば生命エネルギーを思いのままに利用することだ。通常の人間は内包したまま使えていないエネルギーを鍛錬によって様々な力として利用する。これを習得すれば、さっきのナイフぐらいで傷つくことはまずない。」

 

そう言いながら見せられた紙には、四つの漢字が書かれていた。

『纏』、『絶』、『練』、『発』

纏い、絶ち、練り、発する。うん、訓読みにしてもちょっとよくわかんない。

 

「これは、四大行。念、生命エネルギーを自由に扱うための基礎だ。カルトにはまずこれを取得してもらう。それから通常の訓練に移る。これだったら生半可な攻撃で死ぬことはないだろうから、より効率的に訓練が行える。」

「あう。」

 

わかったという代わりに、首をブンブンと縦にふる。

死亡リスクは低ければ低いほどいいに決まってる。だって私は死にたくないから。

それに………なんだか魔法みたいでちょっと面白そうだし。異能力とか。

 

あー、でもなんか雰囲気的に武道の一環って感じするなあ。でもそこに、物理法則を捩じ曲げるほどの何かがあるわけで。

まあ早い話が気になるってことだ。

実際に自分でやってみればわかるだろ。うん、我ながら適当な終着点。

 

「では、まずは精孔を開く。これは生命エネルギー、オーラと呼ばれるものを発する孔だ。どの人間にも存在し、全身の至る所にある。

だが、普通の才能のない人間が迂闊に開くと、そのまま全身のエネルギーが出るといった事故が起きる。まあそもそも大多数の人間は、開ける際に死亡するがな。」

 

そんなおっそろしいものを娘にしようとする父とか。なにそれ。こわ。

放っておくと全身からエネルギーが出てしまう。でも内側に入れたままだと操作できない。あ、だから。

纏、纏う。エネルギーを体に纏う。そういうこと?

 

「そうだ、それがわかっているならいい。始めるぞ。」

 

はーい、っと上機嫌に言いそうになって。

とてつもない違和感に気づく。

 

いま父さん、私の心を読んだ?

 

いや、そもそも子供というか赤ちゃんにこんな話をするなんて、おかしい。理解できるはずがないって普通思う。

まるでこれじゃあ………私の心の中が最初から見えてて、それで話してたみたい。

 

じいっと父さんの顔を見つめる。

しばらくそうすると、父さんがふっと笑って。

 

「そうだ、キキョウの能力でな。キキョウは電波系の能力者で脳波を読んで、考えていることを見れる。それを俺の脳にも送ってもらっている。」

 

はあ、なにそれ?キキョウって母さんのことだよね。能力ってどういうこと?てか機械もなしに脳波読み取って送るなんて、できるはずがない。どういうこと?

 

「それが念だ。身にまとったオーラを自由自在に動かし、かつそれを個人個人の能力として利用できる。その能力を特殊技といい、一人一人違うものを持っている。カルトの才能ならば無理せずとも2年あれば取得できるだろう。無理をすれば1年かからずにできるようになると思うが。」

 

そう言いながら、ニヤリと笑う父さん。

あ、なんかすごく嫌な予感。

 

「悪いがカルトには無理をしてもらう。念能力の成長期は第一次成長と重なっている。その時期に取得すれば、成長スピードも最終能力値も跳ね上がるはずだ。」

 

はい出たー、この家特有の合理主義極めすぎたせいで、無茶しまくる謎の性質ー。

うん、でもまあそれが強くなるための近道ならば、まあ受け入れられない話じゃない。

この世界は前の世界より多分に力のウェイトが大きい。

それだったら、キルアが当主になってからの私の人生フリータイムをよりフリーにするためには力はあったほうがいい。

 

そう自分の中で意見をまとめると、こくりと父さんに向かって頷く。

オッケー、覚悟はできてる。いつでもこいや。

 

「なかなかの度胸だな。……では行くぞ!」

 

父さんがそう発したとともに、部屋の空気が急激に変わる。

部屋の電気がチカチカと点滅して、部屋の調度品がガタガタと揺れる。

まるで荒れ狂う嵐の最中にいるような。そんな感覚。

 

だけど、それは一瞬だった。

部屋中に漂っていた『なにか』が勢いよく父さんに向かって収束する。

 

「開いたな。………あとはお前次第だ。」

 

父さんにそう言われて慌てて全身を見ると。

何か白いものが体からゆらゆらと立ち上っている。

その状態で父さんをみると、その白い何かが体の表面を循環するように流れている。

 

その様子は大河を思わせるような、力強さと美しさに溢れていた。

 

これが、父さんの強さ。

当たり前だ。実力を伴わない暗殺者とか、なんの役にも立たないし。

っと、今はそれどころじゃない。

 

自分から流れ出ている白いオーラを見つめる。

体の内側から湧き出るエネルギー。それを、外側で循環させる。

 

目を閉じて、ゆっくりと深呼吸する。

オーラの流れだけを。ただ、それだけを意識する。

 

真っ暗な世界に、私とオーラだけ。

私の体から逃げようとするオーラにそっと呼びかける。

頭頂部から顔を下に降りて、心臓を通過して、足を下って、もう一度上に上がって。

それを流れるように。いつまでも繰り返す。

 

だんだんと逃げようとしていたオーラがいうことを聞くようになる。

私のために、私の指令下で、ぐるぐると体を回る。

力が、みなぎってくる。

 

そこまで感じると、そっと目を開いた。

体を見ると、オーラがどうにか纏えている。

父さんに比べれば、薄くて、弱くて、乱れていて、全然綺麗じゃない。

それでも、どうにか纏えた。力を利用できた。

 

父さん、これで正解?

そう尋ねるように父さんを見やると、とてつもない威圧感に息を飲む。

 

空いたからわかった。実際に纏ったからわかった。

父さんは、強い。

とてつもなく、化け物のように強い。あんなナイフなんて、かすりもさせないぐらい強い。

 

これが私やキルアやイルミに求められている領域。その強さ。

それを感じて、私は知った。

 

私って、弱いじゃん、と。

 

ほら、だってやっぱり記憶持って転生とかチートが定番の世界じゃん。そう言うもんじゃん。

でもこの感じ、私普通の子だよね。だって父さんのこの圧倒的強さからして、そうとしか考えられない。

いや、むしろこの家に生まれたのがチートなのかも。

だってここにいたらいやでも強くなるしかないし。しかも前世の思考能力つきだったら、効率よく強くなれるじゃろ。うん、そうだよ。

 

てか、そう言うことにしとかないと、既に心折れそうだよ。

 




イルミは真性ヤンデレであるべき。慈悲はない。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。