(没作品集) 異世界転生譚-1st. World Trigger   作:無狼

28 / 58
((設定))−Raylamd

【HAYAO Julianus HUZIYA Rayland】

 

【PROFILE】

氏名  ・[速夫・ジュリアヌス・藤屋・レイランド]

POSITION・[スナイパー(狙撃手)、アーマー(弾手)]

年齢  ・[22歳]

身長  ・[185cm]

星座  ・[かえる座]

誕生日 ・[2月12日]

血液型 ・[AB型]/男性

職業  ・[本目支部 本目隊]

LIKE  ・[日本文化 女性 ワイン ミリタリー カメラ "God"]

―――

【FAMILY】

「父、母(アメリカ人)、従兄弟姉妹」

―――

【PARAMETER】

トリオン :7

攻撃   :10

防御・援護:15

機動   :5

技術   :10

射程   :11

指導   :9

特殊戦術 :8

[total75/トリオン総合能力:B級]

―――

【SIDE EFFECT】

・PSI [ランクS+級]

 

【God of Voice "ALECTO"】

トリオン :21

攻撃   :30

防御・援護:45

機動   :15

技術   :30

射程   :33

指導   :27

特殊戦術 :24

[total225/ERROR]

―――

【"HIGH END" TRIGGER SET】

MAIN/[イーグレット(AR改) シールド ステルス HG(ア)]

SUB /[閃光 バッグワーム スイッチボックス "BOMB"]

 

【UNIQUE TOOL】

[弾手【M16A4マガジン・マグポーチx4】]

["LAHTI X-RAY"トリガーホルダー]

―――

【COSTUME】

M16A4"イーグレット"に1点スリングと10倍率ACOGスコープ、 Mk.23 Mod0とガンホルダー、タクティカルナイフシース。

US Navyデジタル迷彩の装いで、背中に4つの20発兼用30発マグポーチ。

―――

・[PSI]

レイランドの持つ、サイドエフェクトの中でも一群を抜いたSE。 11の超能力を持つ彼は、「トリオンとは一切関係なく、使用可能」である。

神の慈愛で万人を治し、「GOD OF VOICE」時の彼はもはや、神のごとき偉容となる。

 

超能力<PSI>発揮時、右手に提げている純銀のロザリオが鈍く、白色に輝く。

 

心と思考を読み取る「TELEPATH」、

発焔現象「PYROKINESIS」、

零凍現象「CRYOKINESIS」、

電磁現象「ELECTROKINESIS」、

時間操作「CHRONOKINESIS」、

思念転写「THOUGHTOGRAPHY」、

瞬間置換「TELEPORTATION」、

念動力 「PSYCHOKINESIS」、

地球操作「TERRA KINESIS」、

神の慈愛「REGENERATION」、

神の預言「GOD OF VOICE」。

 

・[閃光]【アタッカートリガー】

高周波ブレードのナイフ。

 

簡易トリオン武器を、孤月やスコーピオンと同じように生成、 小型の「刃状トリオン武器」として出力させている。

様々な刃渡りや全長の中、M16A4"イーグレット"に取り付け可能なOKC-3Sを選択。

 

・[イーグレット(AR改)]【スナイパートリガー】 M16A4仕様にさせた「イーグレット」。

イーグレットと同等の性能でありながら、 ガンナーの突撃銃と同じ連射性能を持たせた、 トリオン消費が甚大なオーバーフローカスタムモデル。

 

・["BOMB"]【オプショントリガー】

文字通り『爆弾』。

メテオラと比較できないほど爆風範囲と威力を誇り、 最低でもメテオラ4発分のトリオン消費と規模レベルを持つ。

起爆方法が「接触」「誘爆」「時限」「トリオン感知」の4方式。

―――

・["LAHTI X-RAY"トリガーホルダー]【無許可改造】 ラハティ L-39対戦車銃とほぼ同一な形態を持つ、トリオン励起・レーザーカノン。

通称[魔砲ラハティ]は全トリオンと引き替えに、下界に存在する全てを破壊する。 通常なら黒トリガーにすらならない自爆攻撃だが、『神の慈愛』により、再度復活する。

 

ある意味で「死んでもコンテニュー」が出来るレイランドだからこそ扱える、チキンプレイも甚だしいチート級トリガー。

―――

・「藤屋速夫について」

総売上1000億近くの社長の息子で、現在会社員であり(速雷物流会社員)、ボーダー本部にも所属している。

 

プラチナブロンドと欧米系の顔立ちで、ナイスガイ。

体格も良く筋肉も太い。アメリカ英語に加え、日本語も話せるバイリンガルで、更にPSIで実質全ての言語で会話出来る。

民間人だがミリタリー仕込みの訓練を趣味で受け、PMCに一時期研修し最年少で最高記録を収めた。

 

母は白人系アメリカ人でピアニスト。

名を「Ashley Clara Rayland(アシュリー・クララ・レイランド)」。

 

これまで相手の心理状態を掌握して来たからこそ、成功し続ける自身の完璧さを求められ、相手の望む理想を演じ続ける「本当の自分」に悩む1人の男。

 

建悟・鬼塚・清水の1年下で、15歳で大学院を飛び級卒業したにも関わらず、弓手町駅から30分の海の街、波浜市の舞風学園にわざわざ入学した。

その理由は肉親ですら知らない。

 

第一次近界民侵攻の半年前に、旧ボーダーの拠点に訪れ、巧みな交渉と迅との駆け引きで現在に至る。

当時から現在も"ボーダーへの資金援助"を大々的に行なっている財閥スポンサーの一つで、実際に「レイランドが海外諸国と交渉し、得てきた資金源の余りで投資している」ため、元々寛容な父親は気にしていない。

 

 

 

 

「本当の対人戦っていうのは、

スナイパーがただ上手いだけではダメだ。

そこにいるって心理戦で上に立てなければ、

もう負けたようなものなんだ。」

 

「Hahaha,僕はいつだってSmart.な人間なのさ。」

ーーー


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。