多くの力を借りて僕は英雄〈勇者〉を目指す(ゼルダの伝説×僕のヒーローアカデミア)   作:シンプルなカバン
<< 前の話 次の話 >>

185 / 191
スミマセンー昨日、間違えて、編集中のをUPしてしまいました


2学期

アライアンスーリンクの部屋

 

リンクは朝寝坊をしていた。

 

「あまあまを出すです!」グイグイ!

 

「もう朝でありますよ!」ぴょんぴょん

 

ケミィがリンクの髪を引っ張ったり、シィも胸の上に乗ってジャンプしたりして起こそうとしている

 

 

「……後20分」

 

「それだと遅刻するであります!!」ぴょんぴょん

 

全く起きる気の無いリンク

 

 

「こうなったらアルテマウエポンです…ナビィねいさん開けてです」

 

「仕方ガナイワネ…」

 

ケミィが、ナビィと協力して[どこでもキッチン]のナビィの部屋より、ケミィ達でも捕まえられる[てのりコッコ]を持って来て、リンクの耳元で鳴かす

 

 

コッケコッコーーー!!

 

「うおお!!」ビク!

 

「やっと起きたです…」

 

リンクが時計を見ると7:45…ナビィ達の朝ごはんを作るとギリギリだった

 

「…久し振りにコッコでおきたな」

 

ケミィ達のご飯を用意して、着替えるリンクだった

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アライアンスーエントランス

 

何故か包帯を巻いている緑谷と爆豪が掃除機を掛けていた

 

「…なんで掃除機掛けてるの?」

 

リンクは近くにいた尾白に聞いてみた

 

「何でも、喧嘩したらしいよ、無断で個性を使って喧嘩して謹慎だって」

 

…あれま

 

「緑谷…何があったの?」

 

「い…いや、ちょっとね…あ、相澤先生から個性で治すなって言われてるから…」

 

緑谷はそそくさと行ってしまった。

 

…大分派手にやったんだな

 

「そうか…じゃ!頑張れ~…」

 

そのまま学校に向かう事にした

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通学途中

 

リンクは歩きながらナビィに聞いてみた

 

「ねぇナビィ…」

 

リンクの右上を飛んでいるナビィが返事をする

 

「ドウシタノ?」

 

「いや…携帯やシーカーストーン以外で遠い所と、お話出来る方法無いかなって…」

 

 

「?アルワヨ」

 

「そっか…あるのか…え?」

 

リンクはナビィを見る

 

「[森の試練]ヲ突破シテ[妖精のオカリナ]ヲ、スタイルキッドカラ貰ウト出来ルワヨ」

 

ズル!

 

「妖精のオカリナにそんな機能が!?」

 

「ソモソモ…突破シタ人…イル?」

 

「…いなかった!」

 

迷いの森を8才迄に最深部に到達する事が森の試練…

 

「仕方ない…諦めるか」

 

リンクは歩みを進める…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1ーA教室内

 

「おはよ~」

 

みんな、思い思いにすごしている

 

飯田が元気だ

 

「おはよう!遅いぞ牧場君!ヒーローたる者、15分前行動を心掛けよう!」

 

…謹慎者が出て、悪いイメージを払拭しようと頑張ってるんだろう

 

切島も諦めている

 

 

「オッス、いきなりやらかしたからな…そろそろ校庭に行こうぜ」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雄英高校ー下駄箱前

 

「「あ」」

 

丁度B組と一緒になった

 

物間がまた煽ってくる

 

「聞いたよ…A組~…2名!!仮免に落ちたんだってえぇ!?」

 

切島がツッコミを入れる

 

「B組物間!相変わらず気い触れてやがる!…さてはまたお前だけ落ちたな」

 

「ハッハッハッハッハッハ!!」

 

?少し戻って…

 

「こっちは全員合格したよぉ!水が空いたねA組」

 

轟が気まずそうだ

 

「…………悪い、みんな……」

 

「いやいや!勝手に向こうが競ってるだけだから気にするなよ!」

 

…切島が轟を慰めてる

 

物間の奴、またパウチの刑にしてやろうか(怒)

 

 

「ブラドティーチャーによゥると、後期ィはクラストゥゲザージュギョーあるミタイデス、楽シミしてマス!」

 

「へぇ!そりゃ腕が鳴るぜ!」

 

「B組の留学生さんなのね、可愛い!」

 

切島は気合いを入れている

 

上鳴が鼻の下伸ばしている…

 

「ボコボコニ?ブチノメシテヤン…ヨ?」

 

「「な゛…」」

 

おいおい…

 

「今の日本語は覚えなくていいぞ…角取さん」

 

リンクは、思わず突っ込んでしまった。

 

「オウ!マキーバ!ヒサシぶりぃデス!」

 

リンクに近づく角取さん

 

「合宿以来だからな、アメリカには帰ったの?」

 

「少しダケ、ターンデス!またドォルヤキをクッキングゥねがいまスカ?」

 

「どるやき?…あ!どら焼き!アップルの方?」

 

「YES!ソイよりぃ、アップォオがァ、おミヤにグッドでーす!」

 

「…わかった、リンゴが手に入ったら休みの日に届けるよ、冷凍した方がいい?」

 

「センキュ!マダァにサイドラゲェジできマァス!」

 

「OK、次の休みでも、作っとくよ」

 

「またデェス」(^_^)/~~

 

…いってしまった

 

「「ま~き~ば~…」」

 

後ろから上鳴にネックロックされる…

 

「なんなんだよ!いま会話!?いつの間に仲がいいんだぁぁぁ!」ギリギリギリ…

 

ドンドン締めていく上鳴

 

「ギブ!綺麗に…入って…息が…」ベシ!ベシ!

 

 

「うるせぇ!日頃の恨み晴らしてヤルゼェ!!」

 

峰田も同調してきやがった

 

「おい!後ろ詰まってるぞ…」

 

「あ…すみません」

 

 

こうして、解放され、校庭に並ぶのだった

 





感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。