そのお嬢様に龍神を!   作:盆助
<< 前の話 次の話 >>

10 / 17
龍と霊とお嬢様2

白「・・・で、今昼休みなわけですが、お嬢様。どうするんですか?あのあと噂を確かめようぜ!みたいな感じに一致団結してましたけど」

 

百合「いやいや!もしかして私が行くと思ってますか!?行きませんよ!怖いもん!」

 

白夜「えぇ・・・それはどうなんですか・・・。普通みんなとワイワイ騒ぐもんでしょう?高校生って」

 

百合「いやです!怖いんです!白さんは鬼ですか!?」

 

白夜「それは黒夜ですね。俺は龍ですよ?頭平気ですかお嬢様」

 

百合「まいかいひどいですよ!?私だって傷つくんですからね!?」

 

白夜「えぇ・・・?」

 

百合「なんでそんな不思議そうなんですか!?」

 

黒夜「お二人さん、ちょいといいかい?」

 

白夜「ん、噂をすれば影が差したな」

 

黒夜「おう、俺が影か。俺は闇のが近いんだが・・・」

 

白夜「まぁ気にすんなよ。将来禿るぞ」

 

黒夜「もう変わらねえよ俺たち!」

 

白夜「まぁまぁ・・・いいじゃねぇか」

 

百合「あ、あのー?ど、どうしたんですか」

 

黒夜「あぁ、俺もこいつと同じ仕事をするんで、その報告にきただけです」

 

実奏乃「え!?聞いてないんだけど!?」

 

黒夜「ちょっとお嬢・・・俺言いましたよ。今晩野暮用があるって」

 

実奏乃「え、それって一日中かかるものだったの!?」

 

白夜「おいおい・・・しっかり伝えろよな・・・」

 

百合「そ、そうですよ・・・。白さんもですからね!毎晩誰と会話してるんですか!」

 

黒夜「おいおい・・・お前の主はずいぶん踏み込んでくるな・・・」

 

白夜「まぁ、そこが長所なんだろうけどな」

 

百合「えぇ!?そこまで踏み込んでましたか!?」

 

白夜「普通、毎晩のことなんて気にしませんよ」

 

実奏乃「百合ちゃん、それは引くよ・・・」

 

百合「ひどい!?姉さんまで!」

 

白夜「フフフ・・・そういうことですよ」

 

百合「その笑いは何ですか!」ムキー!!

 

白夜「ハハハ・・・ま、いいじゃないですか。とりあえず、今晩は姉妹二人で過ごしてくださいな」

 

黒夜「お嬢、たまにゃ姉妹で過ごさにゃならんですよ」

 

実奏乃「ま、まぁ・・・いいよ?」

 

百合「姉さん!いいんですか!」

 

実奏乃「う、うん・・・幽霊とか、怖いしね?」

 

白夜「似たもの姉妹ですねぇ」

 

黒夜「仲がよろしいようで」

 

実奏乃「う、うるしゃい!はやめに帰ってきてよ?夜に一人はさみしいんだから」

 

黒夜「わかってますよ。俺は約束を守りますから」

 

白夜「お嬢様、言われなくても俺も守りますからね」

 

百合「ほ、本当ですか・・・?嘘だったらひどいですよ!?」

 

白夜「。。。」フフフ

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。