チートNPCは愛を知る   作:四季彩夜
<< 前の話 次の話 >>

139 / 177
131話(ユフィルとクレマンティーヌの気持ちの話)

ユフィル視点

 

モモンガ様が帰ってきた時点でこうなる気はしていたんだ。

しーちゃんはどうして俺とクレマンティーヌをくっつけたがるのか。

それも薄々は気づいている。

俺がクレマンティーヌを好きだと思っているんだ。

いや、嫌いではない。

当初厄介な奴だとは思ったが、よくよく話してみるとクレマンティーヌは俺によく似ていた。

親の愛情も知らず、世界が敵に見えて、そしてあの子に救われた。

その気持ちを共有できる奴なんていないと思っていたから、クレマンティーヌと自分を重ねているんだと思う。

ただ、それだけだ。

俺が恋をするのも、愛するのも妹の魂を持ったあの子だけ。

どんな手を使っても、あの子の側にいると誓ったのだから、もう1人なんて我儘は言ってはいけない。

 

「ユフィルさん、クレちゃん、嫌い?」

「・・・嫌いじゃない。でも、しーちゃんの方が100万倍大好き。」

「ちょっとムカつくけど、同意するわぁ。私もしーちゃんがだーい好きぃ。」

「むぅ・・・そうじゃ、ない、もん。」

 

俺とクレマンティーヌがふざけると不機嫌そうに頬っぺたを膨らませるのも可愛い。

前世ではずっと仏頂面だったくせに。

そしてそれを知っているのは自分だけ。

ニヤニヤしながらしーちゃんの頬っぺたをつついていると、背後からいくつかの殺気を感じた。

怖いなぁ、モモンガ様は普通に見守ってくれてるのに。

 

クレマンティーヌ視点

 

しーちゃん本当に同い年くらいなのかしら?

全然見えないわ。

ユフィルだってさっきからしーちゃんを見てニヤニヤしちゃって!

べ、別にヤキモチって訳でもないわ。

だって私は強くて、面白くて、私のことを理解して受け入れてくれる奴がタイプなんだもの!

あぁ、しーちゃんが男の子だったら良かったのに!

ユフィルなんてなよなよしてて、女装はするし、髪は長いし、糸目でたまに驚いた時とか蒼い瞳が見えて綺麗で、良く周りも見てて、私が人を殺したって笑って隠蔽してくれるし、さっきもデミウルゴスの尻尾から私を守ってくれたり・・・ん?割と私の好み?

確かにしーちゃんと2人きりの時にユフィルが来てもムカついたりしないけど、そういう事?

私はユフィルが好きな訳!?

私が考え事をしていると、急に体を揺すられた。

 

「クレちゃん、大丈夫!?百面、相?」

「え、あ、あぁ、ごめん、考え事してたぁ。」

「・・・そう?ユフィルさん、夫婦、やっぱり、嫌?」

「・・・別に、私はやってもいいよぉ?」

「本当!?」

「え、急に何言ってるの?本気?」

「えぇ、だってこの話の最後はしーちゃんと暮らせるんでしょ?別に悪くはないかなってぇ。」

 

そうだ。

ユフィルが夫じゃなくてもしーちゃんと一緒に暮らすなら悪い話ではない。

只の人形劇の配役だけど。

 

「それなら相手役はユフィル以外でもいいんじゃないか?ユフィルは嫌なんだろう?」

「・・・いや、ウルベルト様やりますよ!やればいいんでしょう。」

「ユフィル、無理にはしなくていいんですよ。演じるのはシエリア様ですし。」

「いや、俺やります。ね?しーちゃん。」

「う、うん?」

 

な、なんかユフィルも同意した。

これは、ちょっとは希望があるってことかな?

いや、しーちゃんの為に自分の中で折り合いをつけただけか?

 

「あー、取り敢えず全て解決で良いのか?それとも他にシエリアの人形劇で話し合う事はあるのか?」

「いや、もう良いんじゃないか?なぁ、デミウルゴス。」

「えぇ、台本の大筋や配役は以上で決定となりましたので。」

 

心なしかデミウルゴスの元気がない。

そんなにしーちゃんと夫婦役をしたかったのか。

いや、でもいくらしーちゃんでもデミウルゴスの声とか出せないだろう。

ん?まさかそれが狙いだったり?

デミウルゴスはしーちゃんが上手く声が出ないなら手伝いますとか言って一緒に人形劇をしようって魂胆か?

あり得そうで怖いな。

策士め!

そして話は進み、しーちゃんが実際に人形劇を操ってみることになった。

 

 

 

 




最後まで読んで頂きありがとうございます!

なんだかぼやっとした話になってしまいました。
そして自分でもいつまで人形劇の話が続くのか不安です・・・。
次回は木曜日に投稿しますので、是非ご覧ください!


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。