幻想郷でほのぼの暮らしていくお話し   作:ドンだ~

125 / 394
やっっっっっっと春休みに入ったぁぁ!!
僕は学生なので嬉しいです!(来年は受験生だけど。)
まあ、1日1話……出来たら2話更新でがんばります。


天魔

(じん)「アレが最後の一軒か…。」

 

あれから、建っている豪華な家をしらみつぶしに探したのだが、天魔は見つからなかった。

そして俺の目の前にあるのは、他から見ると少し質素に見える家。………他よりは大きいが、それ以外は何の変哲もない普通の家だった。だから無視していたのだが…まさかここに居るとはな…。

俺は息を飲み、ガチャリとドアを開ける。

 

大天狗1「……ッ!!誰だ貴様は!!」

 

大天狗2「ここは部外者が入ってきては行けない場所だぞ!!」

 

そう言いながらいきなり斬りかかってくる。

天狗とはこうもワンパターンなのか…。白狼天狗から大天狗まで、行動パターンが一様だ。教えている奴が一人しかいないのか…?いや、もしかしたらワンパターンだけしか教えてない可能性もあるな…。ま、とりあえず雑魚なのには変わりない。

 

(じん)「うるさいな。せめてもっと強くなってから言え。それだと大して変わらんぞ。」

 

俺は二人の攻撃を軽くいなし、腹に蹴りを五発ずつ入れる。

 

大天狗1「ガハッ……、は、速い……。」バタリ…

 

そういうと大天狗二人は地面にバタリと倒れた。

 

?「ほほう…。No.1とNo.2を瞬時に倒すか…。妾たちも堕ちたものよのう…。」

 

奥の部屋から誰かが出てくる。女性だ。……身長は低いが、天魔として君臨している辺り、結構な年だろう。それなのに若さを保っている…。というかロリである。幾年と生きているだろうが、それでも若いというのはやはり妖怪故なのか…それとも鴉天狗故か…。まあどちらでも良い。

 

(じん)「貴様か?天魔とか言う奴は。」

 

?「いかにも。妾じゃ。」

 

(じん)「………一つ、お願いがある。“異種族間の交際の禁止”という決まりを撤廃してくれないか?」

 

天魔「…………この妖怪の山……いや、妖怪に絶対不変の決まりがある。それは何だと思うか…?」

 

(じん)「“弱肉強食”…か。」

 

天魔「その通りだ。そこまで分かっておるのなら妾と戦おうではないか。言っておくが、妾はそこら辺の天狗とは一味も二味も違うぞ?」

 

(じん)「ふん。大丈夫だ。それよりさっさと始めるぞ。」

 

天魔「の前にだ。ここではちと狭いからのう…。少し出たところに訓練場がある。そこまで来てくれんか?」

 

(じん)「分かった。」

 

そして俺は言われるがままに天魔についていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鴉天狗「なあ、天魔様と侵入者が試合するって本当かよ?」

 

鴉天狗「らしいぜ?つーかまた天魔様戦われるらしいぜ?今月二度目だよな…?」

 

鴉天狗「だよな…。おっ、来た来た。」

 

俺は訓練場へと足を踏みいれる。すると誰かからの視線を感じた。…あの時の白狼天狗くんである。(前話参照)

 

白狼天狗「頑張って下さーい!!」

 

大きく手を振り、こちら側を応援してくれている。そんな気持ちに俺は軽く手を振って答える。

 

(じん)「さて、そろそろ始めようか。」

 

天魔「ああ。そうじゃのう。」

 

そういうと俺は暗黒桜楼剣を、天魔は長刀を構える。

そして、会場のざわめきは静まり、緊迫した空気が訓練場一面に広がる。そして……

 

天魔「ハァァァァア!!!」

 

天魔は勢いよく俺に近づく。

本来、長刀なのだから近づかない方が良い。俺の暗黒桜楼剣よりもあの長刀の方が長いのだから。だが、近づいてきたということは……何かしらの作戦があるのか…あるいは無鉄砲なだけか…。とりあえず見極めよう。

 

天魔「ハアアアアア!!!」

 

………やはり突っ込んでくるだけのようだ。

長刀には間合いを詰めた方が良いと妖夢から学んだ。なのでそこを狙う…!

 

(じん)「ハァ!!」

 

俺は天魔の腹に大きな弾幕を当てた………()()()()()()

 

天魔「後ろじゃッ!!」

 

(じん)「ガハ…ッ…!」

 

後ろから痛みがする。ふと、後ろを見ると天魔が懐から短刀を取り出して、俺の背中を斬っている。

 

(じん)「隙アリッ!!」ガシッ…

 

俺は剣を持っていない左手で天魔の右手を持ち、地面に天魔を叩きつける。

勇義の本気にも匹敵する力…。それぐらいになると左手だけでも人一人投げられるらしい。

 

天魔「ゴホッ…ガハッ…!」

 

(じん)「もう一丁!!」

 

更に左手で天魔を振り回し、遠くへぶん投げる。

 

天魔「ゲホッ…ガハッ…」

 

どうだ…!!やはり所詮は……いって…。何だ…?左手が痛い…。

そう思い、左手を見ると先ほど、天魔が持っていた短刀が俺の左手の甲に突き刺さっていた。

痛い……だが楽しい!!普段はあまり戦闘は好きじゃないが……アサルトモードを使うとどうやら戦闘狂にでもなるらしい。これじゃあまるでサ〇ヤ人じゃないか!

 

(じん)「やってくれるなぁ…。」

 

天魔「お主こそ…。この前は全力を出す前に負けてしもうたが…今回は本気を出すぞ…!」

 

この前…?俺の他にコイツに挑んだ奴がいたのか…。ってそんなことはどうでもいい。

 

天魔「久しぶりじゃのう。この本気を出すのは…。確か鬼と戦って以来じゃったかのう…?……まあいい。どうする?降参するなら今のうちじゃぞ?」

 

(じん)「ふん。降参するのは貴様だろ?それともあれか?ガキだから怖いもの知らずってだけか…?」

 

天魔「ほう…。この妾をガキ扱い…。本気で怒ったぞ…。本気で怒ったぞ…!」

 

更に力を高めていく天魔。

 

天魔「その言葉、一生悔やむと良い!!」

 

そうして本気の天魔と俺との戦いが始まったのだった。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。