幻想郷でほのぼの暮らしていくお話し   作:ドンだ~

90 / 387
大丈夫かな…。明らかにストーリーとかおかしいし、駄文だからな…。これが嫌な人は目を瞑ってみるかブラウザバックですね。


決着

(じん)「さあ!決着をつけよう!」

 

……父さんの力を使うのはしゃくに障るが……仕方がない。それにどうやら、完全に封じたわけではなく俺にかかるあの力をなくし、再度あの技にかからないようにした…というだけだそうだ。

 

永徳「クソッ!なんで…!?力が……いや、使える。じゃあなんで…。まあいいや。力が使えることだけは分かったんだ。なら惜しみなく使うまで!!神風『元寇の神風』!!」

 

(じん)「げ、元寇!!?」

 

元寇……。いや、生きててもおかしくはないのだが…。神風を巻き起こした…?だとすればあのスペルが使えてもおかしくはないな…。

 

(じん)「お前が神風ならこっちは獄嵐だ。獄嵐『ヘルテンペスト』!!」

 

二つのとても激しい嵐が炸裂する。一つは神々しく見えるが、禍々しさを感じる嵐。もう一つは見た目妖力共に禍禍しい嵐だ。

 

永徳「もっと!!!もっとだ!!神風『ゴッドタイフーン』!!」

 

先程のスペルの強化版なのだろうか。もっと激しくなった。……どうしたものか。コイツの風は強い。しかも神風だ。魔神族の俺には相性が悪すぎる。仕方がないことなのだがな。それに、この神風を凌いだ所でコイツは不老不死。コイツが戦意喪失するまで永遠に戦い続ける可能性がある。1番良いのは外の世界に送り戻すことだが……どうしたものか。

 

永徳「神嵐『風神、雷神の怒号』!!」

 

(じん)「うぐ…っ!!さすがに耐えきれねえ……。俺も秘策を使おう…。付与『全極暗黒力』!!」

 

俺は全部の闇の力を暗黒桜楼剣に溜める。とはいえ、簡単に溜められるものではなく、時間がかかる。だから…

 

(じん)「妖夢!!悪いが一分!!一分だけ時間を稼いでくれ!!」

 

妖夢「わ、分かった!!」

 

妖夢には悪いが力を溜めなければならない。……それにまだあの()()()の正体が掴めていない。そこが気になるのだ。俺が繰り出した初手……。何か違和感があった。その後もだ。思ったように力が出せない。……いや、力が出せないわけじゃないが思ったようにダメージが与えられないのだ。あの勇儀でさえ本気になるほどの力。それにいくら不老不死といえど、耐えられないはずはない。なのに、再生する素振りさえも見せない。ならアイツは一度も死んでいないのだが…じゃあなんで…?

 

妖夢「がふ……。ま、まだ…?」

 

妖夢はとても疲労している。嵐の中、立ち向かってアイツを斬り続けたらしい。俺も充分……とはいかないが9割力が溜まった。

 

(じん)「どけッ!妖夢!」

 

妖夢「みょ、みょん!!」

 

永徳「な、何をするつも……」

 

………違和感…。何も掴めなかったが撃たねばならぬ。

 

(じん)「ハアアアアアアッ!!!」ザシュ!!

 

永徳「ク、クソッ!!守れ!神風!!」

 

永徳はそう言い放ったが、俺が放った斬撃はその神風おも斬り裂く。勇儀さんでさえギリギリだったのだ。守れきれるわけないだろう?

 

永徳「グワアアアアアア!!!」

 

ん……?守…れ?そうか!!分かった!!アイツは自身に神風を纏わせ、力を軽減してたのか!!それもただの風じゃない。神風!俺とは()()()()()。つまりとても軽減されるわけだ。ふっ…。なるほどな。これが違和感の正体だったのか。だが、もう力が残っていない。1割程度…。アサルトモードはおろか、『魔神化』すら出来るか分からない。

 

永徳「うっ……、ふぅ……。久しぶりだよ。死んだのは。前に殺されたのは…御劔か…。」シュウウウウウ

 

(じん)「あはは…。やっぱり不老不死か…。どうやって倒すんだよ…。」

 

もう『魔人化』程度の力しか残っていない。それでも強いんだが…、神風て軽減されると、大してダメージが与えられないのは分かっている…。

 

永徳「これで終わりだ…。『破滅を呼ぶ神風』」

 

不老不死…。妹紅やコイツの場合は心臓が一つしか無いため全回復するが、俺の場合、心臓が一つしか再生しない。闇の力も再生に持ってかれるため、1割程度しか闇の力が残らない。おそらく、蓬莱の薬の力の限界なのだろう。つまり、妹紅たちみたいな『死ねば回復できる』というわけでなく、『死んでも回復できない』というのが現在の俺だ。もう勝敗は決まったな…。

 

紫「はいそこまで。さすがにめちゃくちゃし過ぎよ。あなたは別の所へ行って頂戴。」

 

……えっ?紫さん?どゆこと?

俺が疑問を持った時、紫さんはスキマを使いどこかへ奴を飛ばしたらしい。

……俺の努力は何だったの?

 

(じん)「あはは…。何すかそれ…。」

 

紫「ごめんなさいね。でも、これ以上やったら、さすがに人里が滅ぶわ。これは賢者として止めなければならないの。あ、安心して。もう彼はこっちどころが地球にすら戻って来られないから。」

 

(じん)「……えっ?どこまで飛ばしたんですか…?」

 

紫「少なくとも、太陽系よりも外に飛ばしたわね。不老不死でもここまで来ることは出来ないでしょう。」

 

(じん)「は、はぁ……。」

 

何だよ……。でも…まあいっか…。

 

(じん)「うっ…」ドサッ…

 

俺は倒れた。おそらく力の使いすぎだ。1割…とはいってもさすがにきつい…。だから俺は倒れた。まあ、そんなに大事にはならないだろうが…。

 

紫「さすがに疲れちゃったのかしら…。妖夢ちゃんも倒れてるし…。一旦白玉楼に戻りましょうか。」

 

こうして、俺が割と苦戦した永徳戦は紫さんによってあっさりと終わってしまったのだった…。




いつか設定を書こうかなと思います。100話にいくまでには書きますよ。だって前回の設定が33話ですからね。てなわけで嫌な人は見なくても良いよ。まあ、次回ではないんですけどね。

追記…アンケートで、一つ抜けてました。ごめんなさい。もう一つは他のキャラ(例、星蓮船組など)です。こちらのみ投票は活動報告で受け付けております。大変申し訳ございません。
一応、新キャラ、オリキャラ以外は一応全員だす予定ではありますけどね。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。