コーラちゃんに貢ぎ隊   作:へか帝
次の話 >>

1 / 2
だらだら日常系が読みたい


こたつのある基地

 

 我が基地の指揮室には、こたつが配備されている。というか俺が私物を持ち込んだ。これを配備言い張るのもちょっと違うかもしれない。

 こたつはいい。寒いのは嫌いだが、こたつの快感を堪能するためのスパイスとしては寒さという概念を認めてやってもいいと俺は思っている。この指揮室には他にも冷蔵庫とか給湯器とかボードゲームとか過ごしやすい空間にするためにいろんなものを持ち込んである。

 

 指揮室をこんな大胆なレイアウトにしていることが上の人にバレたらもちろん大目玉だ。首が飛ぶ。でも大丈夫。だって当基地は視察とは無縁のクソ辺境零細弱小アジトですからね。気楽でいいや。俺としては人手不足と懐事情だけがネック。

 

 そういうわけなので、だらだら仕事できる最高の環境を作った。なんてったって監視の目がないのだから。やりたい放題やらない手はない。

 ただ、たまに明らかに処分に困った人形を左遷的なサムシングでうちに動員されるケースがちょくちょくあるので、実際はこの基地の現状を上の人は把握してるのかもしれない。手ごろな三角コーナーとでも思っているのだろうか。個人的には三角コーナーでも何でもいいのでこのままお目こぼししてくれることだけを祈る。

 ま、こんな僻地にぶち込まれた奴からしたらたまったものではないだろうな。刺激も変化もない生殺しのような環境だし、まさに生き地獄になるのかもしれん。

 

「指揮官、手止まってますよ」

「働きたくないでござる」

 

 こたつのぬくもりにまどろむ俺をたしなめたのは、こたつの向かいに座るスプリングフィールドだった。栗色の長髪と柔和な笑みの似合う美人さんだ。そのまま呼ぶと横文字で長いので、春田さんと呼ばせてもらっている。

 春田さんはまさに優しいお姉さんの権化とでもいうべき存在で、常識的だし仕事もできるしなんと戦場に出ても強いと至れり尽くせりの無敵の存在である。そんな春田さんだが、一体全体どうしてうちのような弱小基地なんぞに在籍しているのか。これが本当に謎で、この基地の七不思議のひとつに数えられている。

 

「たっだいまぁー!」

「お。おつかれー」

「あら、おかえりなさいませ」

 

 勢いよく扉を開けてやってきたのはコルトSAA。出撃から帰投してきたようだ。いくら地方の僻地とはいっても、こんなご時世なので物騒なやつらが辺りをうろちょろしている。とはいれ、どれもごく小規模なものだ。十分に武装して対応すれば万が一もない。俺たちはこうして毎日『特に緊急性はないし危険視するほどのものでもないけど、ほっといて何かあったら困るから』程度の脅威を対象にせっせと排除して回るのが我々に任された任務なわけだな。そこ、しょぼいとか言わない。使ったあとの雑巾とか、水ですすぎ洗いしないとどんどん汚れが増えてっちゃうだろ、そういうことだよ。

 え、雑巾なんざ汚れたら捨てるって?ごもっとも。

 

「コーラ各種冷えてるぞ、好きなのをもっていくがいい。あ、報告書はそこ置いといて」

「はーい!」

 

 彼女は当基地における貴重な戦力だ。常に人手不足に苛まれている我が支部としてはぞんざいな扱いなど言語道断、アフターケアを欠いてはならないのだ。方法が俗っぽいのは目をつぶってください。

 

「出撃して帰ってきたら、冷えたコーラが私を迎えてくれる! 本当に最高の職場だわ!」

 

 聞くや否や、コルトSAAは部屋に備え付けられた冷蔵庫に飛びついて中のコーラを物色し始めた。ご覧の通りコルトSAAは重度のコーラマニアで、うちではコーラちゃんのあだ名で通っている。ちなみにそれに関しては本人も満更でもなさそうにしている。

 

 彼女はまさにコーラの為に生きているといっても過言ではないほどのコーラ好きで、ひょっとしたら給料の代わりにコーラ渡しても許されるかもしれない。否定しきれないのが彼女の怖いところ。実をいうと彼女はまさに先ほど左遷的なサムシングでここでやってきた人形の一人だったりする。まあ十中八九コーラ関係でやらかしたんだろうなぁ。うん、想像に難くない。

 しかし常にコーラを中心にものを考えている問題児待ったなしのコーラちゃんだが、適切にコーラを与えているうちはいたって大人しい。彼女の為に馬鹿にならない額がコーラ代に吸い込まれているが、背に腹は代えられぬのだ。うちに人を選べるほどの余裕はないからな、今いる人員でやりくりするしかないのだ。

 

「ここはほんっとうに最高の職場よ、愛してるわ指揮官!」

「はいはい、修復施設の使用許可出しといたからはよ行ってきな」

「はーい!」

 

 腕いっぱいにコーラを抱えたコーラちゃんは、満面の笑みを浮かべて返事をして部屋を出て行った。

 ふむ。

 

「……行った?」

「ええ」

 

 

 

 

「「͢҉҉b̷̢͘͞ ̛̀͘͢͝c̡͜҉ ̀͟͠ ̶̡͘͜ ͞҉͜͏ ̷͜͏ ̡́́͠ ̢ ̀͏ ̕͜ ̵̷͘ ̶̴̴̵ę̷̷͜ ̴̸҉̀Í͡ ̸͘͞ ̨͢͜͡͡ ́͢͏͢ ̢̡́́͞ ̷̶̸̀͝ ̸͠ ̶̷̧̀̀ ̵̵̵̢́ 」

「あら指揮官、また感極まって人間の言葉を忘れてますよ」

「うぅ……コーラちゃん……好きだぁ……」

 

 コーラちゃんの手前、全力で抑えていた反動が出てしまった。

 何を隠そうこの俺は、コーラちゃん全推し勢だ。コーラちゃんを想うだけで心が洗われ、コーラちゃんが視界に入るだけで魂が浄化される。この世に存在してくれてありがとう。

 

「もう、仕事してください」

「コーラちゃんがいてくれて本当に良かった……。彼女が俺を生きる希望だ……」

「まだちょっと言葉不安定ですよ」

 

 いかんいかん、早く自我を取り戻さなくはな。仕事はしっかりこなさなくてはいかん。一応うちは問題児をたくさん抱えているので、その辺りの報告をぬかって上に目を付けられたらたまってものではない。早速コーラちゃんの提出した作戦報告書を手に取って目を通す。特に内容に異常はない。いつも通りだ。今回も何事もなく終えられたようだ。

 

「しかし、当然のように撃破報告の中に装甲人形が混じってるんだよな……」

「いつものことでしょう?」

「いやでも、まあ、うん」

 

 おかしいな、彼女の銃種ってハンドガンなんだけどな。破甲用の装備とか搭載してないはずなんだけどな……。

 コーラちゃんは一見すると単なるコーラキt……コーラ愛好家だが、銃の歴史の古さも相まってか同じくハンドガンを取り扱う人形にとっては尊敬される大先輩らしく、わざわざこの基地まで話を聞きに来るやつもいる。前にちらっとその時の会話が耳に入った。確か火力不足に関する相談だったと思うんだが、「死ぬまで撃ち続けるだけ」と男前オブ男前な返答をしていた。そら後輩に人気出るわ。

 ところで彼女の使うColt SAAという銃はリボルバーでしてね。六発しか装填できない上に、リロードの際には一発ずつ排莢して、また一発ずつ弾を込め直さないといけないんですよ。撃って撃って撃ちまくるには最悪の相性の銃ですが。しかしどういう訳か彼女は硬きこと山の如しでお馴染みの鉄血装甲兵を毎日ばったばったと薙ぎ倒しております。

 仮にリロードの問題をどうにかして、装甲兵を通常弾でごり押ししていると考えても、彼女の提出した報告書を見ると更に謎が増える。まず弾薬の消費量がそれほど多くないし、作戦時間も完了までが早すぎる。俺は実際に出撃に同行している訳ではないので、戦闘するコーラちゃんをこの目で見たことはないのだが、一体どんな手品を使っているのだろうか。

 これもまたこの基地における七不思議のひとつである。

 まあそんなに追求することも無い。別に虚偽の戦闘報告をしているわけでもあるまいし。コーラちゃんカッケーで済む話だからな。

 

 コーラちゃんカッケー!

 

「さて、コーラさんも帰投したことですし、今日はもう来客はなさそうですね」

「ん? そうだな……おっとまちたまえ春田くん」

 

 ふと嫌な予感がしたので、こたつから出てドアの方へ向かう春田さんを呼び止める。

 

「どうされました?」

 

 足を止め、不思議そうにこちらを振り返る春田さん。

 

「そうやって二人きりになるとすぐ部屋の内鍵を閉めようとするのはやめなさい」

「チッ」  

 

 あぶないところだった。

 




指揮官:コーラちゃんが最大の良薬であり最悪の猛毒。
コーラちゃん:コーラを惜しみなく提供してくる指揮官が大好き。
春田さん:コーラちゃんに狂いがちな指揮官をたしなめるのが主な業務。
 指揮官と二人きりになると不審な動きをするので危険視されている。





感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。