この力でヒーローを目指す物語   作:獲Re9
次の話 >>

1 / 3
非ログインユーザーからも感想の方受け付けております。よければ感想をお願いします。


1話 入学テスト

俺の名前は剣城 正義(まさよし)。個性はジエスモン。見た目もジエスモン。異形型の個性である。この姿で不便なことと言えばご飯が食べにくいことだろう。全身トゲトゲしており、手先すら尖っているのだから。俺は今雄英高校の入学試験にいる。この姿だから筆記は苦戦した。書きづらいからな。人間の身体が懐かしいよ。

「んじゃまスタート!」

周りの奴らは驚いている。しかし俺はその言葉とともに動き出した。

「早速ロボ発見。アト、ルネ、ポル。いつも通りいくぞ」

ジエスモンの能力の1つである三体の使い魔?的なのに指示を出す。個々がそれなりの強さのためロボット達は次々と倒されていく。

「この辺の敵は全て倒し終わった。次はっと!」

今度は自分で倒そうと空を飛び、ロボットのいる場所に向かう。

「轍剣成敗!」

高速で移動し、ロボットを瞬時に切り刻んで行く。やはりジエスモンの力はこの世界ではかなりチートのようだ。デジモンのロイヤルナイツという組織に属しているぐらいなのだ。それくらい同然ではあるが…

 

気づけば俺のポイントは100を超えていた。高速で飛び回ったりしていれば倒せてしまうのだ。仕方ない。

「そろそろゼロポイントロボがきてもおかしくない」

それすら倒せそうな予感がするがな。慢心はしないようにしないと…ヒーローは慢心しないからな。

「発見。カクゴシロ」

ゼロポイントが登場した上に俺を標的に決めたらしい。ここで逃げるのは賢い選択ではあるが、ヒーローならこいつを倒すよな?ヒーローは倒せなくても市民を守るために時間を稼ぐ、ヒーローはたとえどれだけやられようと何度でも立ちあがる。ならば!俺が取る行動は1つ!こいつを全力で攻略すること!

「サラバダ!」

考え事をしてるうちにどうやら攻撃されかけてるらしい。

「シュベルトガイスト!」

これもジエスモンが持つ第2の技。9つの剣とアト、ルネ、ポルでむかい打つ全方位のカウンター。

「危ないッ!」

誰かが俺の心配をしている。

「安心しろ!既にこのロボは破壊されている!」

技を打った時点で俺のカウンターは既に行われていた。そもそもアト、ルネ、ポルだけでも勝てた可能性はある。

「心配ありがとう。俺は剣城、剣城正義だ。君の名前は?」

心配をしてくれた人に話しかけてみたんだが、どうみても姿がサーナイトなんだよなぁ。もしかして俺と同じ感じの転生者か?

「私は 小田切 眞守(まもり)。受かったらよろしくね。ところでさっきのアレはなにをしたの?」

「普通にカウンターしたのさ。それよりいいのか?俺と話してないでロボ倒しに行かないで」

「終了だゼェ!これでテストは終わりだ!」

どうやら終わりみたいだ。落ちることはないと思うけど。心配だわ。

「終わりみたいね。剣城君の個性ってやっぱり異形系なの? だとしたら私と同じだね!」

「一応異形になるかな。受かってたらまた会おう」

俺は女の子?と話すのに慣れていないのでそそくさと退散した。

後日俺は主席で入学が決定した。




とりあえずこんな感じで進めていこうと思います。





※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。