怪獣娘~ウルトラ戦士徴兵指令~短文エッダ篇   作:白き翼のヘルパー

3 / 3
先に『怪獣娘~ウルトラ戦士徴兵指令~』より「エレキング もっと大切な人」を読んでくださることを推奨します。


第3歌 誰を守るために

「明日いよいよ夢魔のファーストライブかぁ」

店が定休日で幸運だった、と父親ながら思いながら、店長は自室の戸を閉める。

娘は今夜眠れるだろうか?緊張していないだろうか?上階の寝室にいるであろう愛娘を想う。

「一番眠れねえのは俺だわ」

いくら明日が休みとはいえ、こうも目が冴えては手持無沙汰だ。

「漫画でも読もっと」

暇つぶしにPCを立ち上げ、電子書籍を開いた。

冷やしたてのレモンサワーが、プシュッ、と小気味良い歌声を奏でる。

電子書籍の購入履歴には、『老害地獄』『老人抹殺担当大臣』『地球最後の老人』『老即斬』という漫画のタイトルが。

シャドウ事件以前から、これら4冊の嫌老漫画はあった。それだけ世間は老人への憎しみを募らせていた証拠だ。

老人が具体的にどんな実害をもたらしているかを語り、老人による凶悪殺人で志半ば倒れた少年の短命を悲劇的に描いた老害地獄。

増えすぎた老人に人生を奪われた人類を救うため、老人の首に懸賞金をかけた老人抹殺担当大臣。

老人が狩られ尽くし、残った老人が聖騎士団からの追手を逃れる地球最後の老人。

老人討伐ギルドの新米勇者が、老人を殺すことを躊躇う老即斬。

老人は敬う価値が無い、という雰囲気作りを浸透させるために漫画は有効だ。根気よく嫌老漫画を読ませ続ければ、読者たちも老人の古い価値観に疑問が芽生える。シルバーデモクラシーに抗う嫌老感情を広範に共有できる。いずれそれが民意になる。怒りの矛先を老人に集中することで、もっと美しい誰かが差別を免れる。たかが漫画などと侮ってはいけない力だ。こうして嫌老漫画を前面にプッシュする商法は有意義な試みであり、先陣を切った漫画家たちには敬意を表したい。彼らは英雄だ。

何かが物足りなかったことを除いては。

「従来のは95点ってトコロかねえ」

電子書籍を読みながら、店長はレモンサワーを呷る。

従来の嫌老漫画は、ただ老人憎しで殺しているだけに見えた。老人を減らしてまで誰を守りたいのかが不鮮明だ。未来人側の日常の笑顔にはあまり焦点が当たらず、誰を守るために戦っているのかが見えにくいのだ。中には己がなぜ老人を憎んでいるのかもわからず、このまま老人を殺し続けるのが正しいのかと逆に疑問を呈する展開すら少なくない。未来人が救われるハッピーエンドのほうが少ないのだ。

読者が求めるものは違う。

誰も最初から老人が憎いわけではない。人間界にはアイドルがいて、声優がいて、巨乳レイヤーがいて。こんな闇の時代でも、みんな光を求めて懸命に生きてる。守りたい誰かを守るには、老人の存在が障壁になるのが実態だ。

老人を抹殺することがゴールではない。それによって誰が犠牲を免れたかが読後感を左右する。漫画は娯楽だ。読者をハッピーにしなければ意味がない。読者は、誰を守りたい?どんな漫画も、最後に読者の心を打つのは恋だ。

そんな中、唯一シャドウ事件以後に描かれた漫画があった。

『天女だから無理して地球に順応しなくてもいいんだよ』

タイトルの長さからお察しがついたろう、ラノベからのコミカライズだ。挿絵を担当したOdinという絵師の天女図が美麗であり、その表紙の美しさに惹かれてラノベ版も同時購入した。むろんコミカライズ版も同じ絵師が天女の妖艶さをエロティックに描いている。そういった出自もあってか、従来のものとはタッチが違う。美少女を看板に立てて明るく華やかなのだ。

まず、全ページを通して美少女の肌色率が高い。天女の羽衣が普段から裸に近いのはもちろんのこと、随所随所に入浴や着替え、ラッキースケベなどのセクシーシーンが溢れている。しかもナイスバディで胸も異常に大きい。あくまでラノベ出身の萌え漫画という体裁をとっており、一見すると嫌老漫画だとは分かりにくい。当然だ、あくまでメインは前者なのだから。

だが読み進めると、地球の旧態依然としたシルバーデモクラシーの弊害が宇宙人目線で描写される。高齢者ドライバーに兄を殺された男。たむろした老人会に空気を汚されたカフェ。暴走老人が続出する鉄道無法地帯。そして、老人による万引き。

髭面の犯人を追いかけようと誤って雷を落としてしまった天女を、万引きGメンの男は優しく宥める。『天女だから無理して地球に順応しなくてもいいんだよ』と。

男にとっては、老人の命よりも天女が大切なのだ。

漫画を娯楽たらしめるもの、それは恋だったのだ。

次のページにはどんなセクシーシーンが輝くだろう。Odin先生が描いた天女の美しさに釘付けになり、夢中になって読み進めて時間を忘れた。

気がついたら、晴れやかな気分のまま読破していた。

時刻は1時を過ぎた。

「もう寝なきゃな、明日の晴れ舞台を見るために」

電子書籍を閉じ、最後にシュワ生のページを開く。

ライブチケットは倍率が高すぎて取れなかったが、俺は有料配信から見守っている。

シュワ生の待機画面には、夢魔が演じる人気Vtuber・デスフェイサーが微笑みかけた。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。