東方片翼鬼(ネタ切れ)   作:氷華@ギャグを目指す
<< 前の話

2 / 2
吸血鬼は身体の成長は遅いけど、頭の成長は早いのよ!
Byレミリア




第二翼 片翼の吸血鬼の生活

 

前回から5年後

 

「お姉様、フェルト持ってない?」

 

「なんで?」

ちょっと前世でやってたことを……

「パペットを作りたくなって。綿もあると嬉しいな」

 

「そう」

 

パチンッ

おお……わたしは鳴らないのに……

 

「はい、これ」

 

「ありがと」

 

部屋に戻って、裁縫道具用意しよ。

2年前の誕生日の時、わたしが「裁縫道具が欲しい」って言った時、皆「大丈夫なの?」っていう目してたなぁ……

 

 

っと、ついたついた。

 

パタッっと、プレートを「作業中」にして、ガチャッ、カチャリと。鍵は閉めておこう。どうせ食事とか扉の前のワゴンに置くし。

お腹空いたら取りに行こう。

 

 

まずは2時間くらい作業しよ。

 

〜作業中〜

 

コンコン

 

「はーい。ちょっと待ってねー」

カチャ

 

……ハンバーグか。わたしはカレーが好きなんだけどなぁ……そもそも、この時代のヨーロッパにカレーってあるのか?

 

図書館があれば、そこで調べられるのに……って、原作ではパチュリーが図書館にいたよね。まだ流石に来ないか。

ドアを開けてから受け取るまでの数秒間、そんなことを考えていた。

「ありがとうね」

 

あれ、てか『今日は部屋で食べる』って一言も言ってない気がする。

もしかして部屋にいたら自動でそうなる系?

 

 

デミグラスソースうまぁ……

 

食べてる間にちょっと今の見た目説明。

 

髪の毛は紅で、下ろした部分は肩にかかってる。下ろしていない、ツインテールの部分は腰まで届くぐらいの長さ。

服装は……黄色がかった白いワンピース+紅リボン+ナイトキャップ。ツインテールの結び目?を入れてるよ。

 

今、わたし達スカーレット姉妹はどうなっているかというと……

お姉様……次期当主。まだ幼いのでメイドに任せている。

フラン(姉様)……能力をコントロールするために頑丈な地下で特訓中。

わたし……やりたいことをやって生きている。

 

うん、差が酷い。

 

ハンバーグも食べ終えたし、食器をワゴンに戻してこよ。

 

 

 

作業……あと1時間くらいかな。

 

〜作業中〜

 

ふう。

 

コンコン

「入るわよ」

 

「何作ってたの?」

 

「これ」

 

「ああ。名前は忘れたけど、中に手を入れて動かすおもちゃよね」

なんだっけ?

「で、なんでお姉様こっちに来たの?」

 

「いやぁ、最近あまり楽しいお喋りってしてないじゃない。だからよ」

 

「そっか。どこで話す?」

 

「ベットの上とかでどう?」

 

 

 

 

 

 

「でさー、この前さー、新しいメイド採用したんだけど、その大半がダメダメでさー、嫌になっちゃうよ。それとそれと、メイドの何人か、定年退職するのよね。今度新しいメイドを雇うように専属メイドに言ったんだ。そしたらね、……って、あれ?寝てる?」

 

「zzz」

 

「あらら。ふあぁぁぁ……もうそろそろ日も出るし、寝たほうがいいわね」

 

ふふ。おやすみ、お姉様

 

続く



感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。