妖精さんの勧めで提督になりました   作:TrueLight

10 / 59
10.げろっちまうしかないねー

「それじゃあ、説明してもらおうかしら? 提督。……いえ、海原さん?」

 

 工廠にて夕立・雷・時雨・響・五十鈴の計五隻の建造に成功した僕は、提督室に戻っていた。

 大淀ノートに書いてある通り、次は遠征に取り組む……はずだったんだけど。

 

 (くだん)の大淀ノートをひらひらと顔の横で遊ばせつつ、不信感を(あら)わにした五十鈴に僕は詰問されていた。

 

 工廠から提督室までの道中、今日の予定を確認するためにノートを開きながら歩いていた僕は、うっかり(つまず)きそうになり、ノートを放り投げてしまったのだ。

 

 僕の後ろでは五十鈴を先頭に、五隻が並んで着いて来ていたんだけど……ノートは五十鈴の足元に滑って行った。

 当然、五十鈴はノートを拾い上げる。言うなれば上司が落とし物をしたんだ、大抵の人は善意から拾い上げるんじゃないかと思う。

 

「やだっ、危ないじゃない! ていと、く……」

 

 ただ問題なのは、僕が何度も開いたために、ノートは同じページを開きやすくなっていたこと。

 そして、そこに書いてあるのは提督どころか艦娘にだって分かるような、鎮守府で行うべき最低限の活動内容だったこと。

 

 それは懇切丁寧に記され、誰が読んでも分かるような素晴らしいマニュアルだ。

 提督本人が、初心を忘れないよう自ら書き起こすような手記とは違う、初心者を手引きするようなものだったんだ。

 

 五十鈴が不信感を覚えるのはごく自然な流れだった。目の前の男は、本当に提督なのか? と。

 

 そして現在に至る。五十鈴の後ろでは同様に怪訝な表情を浮かべている時雨。さらに、不安そうに成り行きを見守る夕立と雷の姿があった。

 

 響はよく分らない。思慮深いような……あるいは何も考えていないような、感情が希薄な表情で僕を見つめている。

 

「げろっちまうしかないねー」

「ばれてももんだいなし」

「むしろおしえてあげたほうがいいかも?」

 

 良いんだ。誤魔化す方法を思いついている訳じゃないけど、随分あっさりだね、妖精さん。

 でも、隠し事をしなくていいならありがたい。なるべく人と関わらないよう生きてきた。化かしあいなんてしたくても出来ないんだから。

 

「説明って言われてもな。察しはついてるんじゃないのか?」

 

 僕の皮肉ったような返答がお気に召さなかったようで、五十鈴はノートを提督机に叩きつける。

 

「っ、じゃあ何? あなたはこんなノート開きながらじゃないと動けないようなド素人って訳!?」

 

「分かってるじゃないか」

「ふざけないで!!」

 

 ……心臓が跳ねた。自分でも信じられないほど、五十鈴の怒鳴り声に驚いてしまった。

 

 そして、なんで……こんなにも胸がムカムカするんだろう。怒りを向けられて、イラついている?

 

 ……違う。それくらいなら今までにいくらでもあった。(いわ)れのない罪で糾弾された記憶なんて両手で数えきれない程ある。教室を汚した、なんて小さなことから、同級生に怪我をさせた、なんて大袈裟なことまで。

 

 そんな時でも、相手の言葉を耳に入れないようにして、考えないようにして。その場が収まるのを待ち続けた。そして、それで大抵は何とかなってきた。……処罰は受けてきたのだから、何とかなったとは言わないのかもしれないけど。

 

 でも、そんな僕が、なんで五十鈴に対しては。問い詰められて、こんなに心が揺さぶられるんだろうか。

 

 これは……罪悪感? なぜ? 何に対して?

 

「かいー、だいじょうぶー?」

「きぶんわるそう」

「おみず、おみずもってくるから」

「もうもってきたー」

「たいぎである」

 

 妖精さんが二人がかりで持ってきてくれたコップを受け取り、ありがたく飲み下す。

 いつのまにかカラカラに乾いていた口の中が冷水で潤うとともに、幾分か気持ちが落ち着いた。

 

 やはり、あまり見ない光景なのか。僕が妖精さんから水を受け取る様子を見て、五十鈴も少し気が抜けたようだった。

 

「……分かった、詳しく説明する。期待に沿った答えかは知らん。各自で判断してくれ」

 

 そもそもおっさんや大淀に隠せ、なんて言われてない。不都合があったらそっちの責任だ。そう考え、僕はこの三日間の出来事を、今日出会った艦娘たちに説明した。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。