妖精さんの勧めで提督になりました   作:TrueLight

9 / 60
9.さいしょはいきおいがだいじなのだー

 先に結果から言うと、この時行った建造では、四隻の駆逐艦と、一隻の軽巡洋艦を迎え入れることができた。

 

 一隻目の夕立に次いで建造に成功したのは、駆逐艦、雷。

 

「じゃーん! こんにちは、司令官! (いかずち)よ! かみなりじゃないわ! そこのとこもよろしく頼むわねっ!」

 

 茶髪に同色の瞳、体格は夕立よりやや小柄な少女だった。元気よくドックから立ち上がった雷は満面の笑みを僕に向け、八重歯をのぞかせた。

 

 次に着任したのは、同じく駆逐艦の時雨。

 

「こんにちは、提督。僕は白露型駆逐艦、時雨。これからよろしくね」

 

 黒い髪を三つ編みにし、眼は青みがかっている。金髪の夕立、茶髪の雷と続いたので、日本人らしい黒髪の姿は少しだけ僕の心を落ち着かせたが、()いだ水面のような瞳に少したじろいでしまった。

 

 時雨はそんな僕の態度に気付いた様子はなく、おや、と傍らに控えていた夕立と雷に目をやった。

 

「夕立も居るんだね、嬉しいな。あっ、雷もよろしくね?」

「っぽーい! 一緒に頑張るっぽい!!」

「ついでみたいにひどーい! ……なんてね! 姉妹艦が居ると嬉しいものね! 良かったわね二人とも!」

 

 どうやら夕立と時雨は姉妹艦というやつらしい。作戦に直接関係はないからか、座学では深く掘り下げていなかったけど。

 

 でも悪いことでは無さそうだ。本人たちも嬉しそうだし、妖精さんたちも満足げに顔を見合わせている。姉妹のほうが意思疎通しやすいのかな。だとしたら作戦行動にも影響してくると思うんだけど……。

 

 それはひとまず置いておき、四隻目の建造に移った。

 すると、

 

「やあ、(ひびき)だよ。その活躍ぶりから不死鳥の通り名もあるんだ。信頼は裏切らないよ」

「やったわね司令官! 響よ! 私の姉妹艦なの!」

хорошо(ハラショー).雷じゃないか。これは嬉しいな」

 

 駆逐艦、響が着任した。夕立と時雨同様、雷と響は姉妹艦らしい。

 建造に成功した四隻のうち、二隻二組がそれぞれ姉妹だったわけだ。これはどれくらいの確率なんだろう? まぁまず、どれくらいの艦娘が存在するのかなんて、僕にはてんで分からないんだけど。

 

 着任を喜び、それぞれ親交を深めている四人を尻目に、僕は五隻目の建造に移った。

 

「はじめまして、五十鈴です。水雷戦隊の指揮ならお任せ。

 全力で提督を勝利に導くわ。よろしくね?」

 

 そしてついに、念願の軽巡洋艦の建造に成功した! いすず、というらしい。水雷戦隊の編成を目指そうと考えていた矢先、頼もしい言葉を放ってくれる。

 

 黒い長髪を二つに束ね、瞳は……すこし緑っぽいだろうか?

 とにかく軽巡洋艦だ。これで、当面の作戦に最低限必要な艦種は揃ったということかな。

 

 視線で妖精さんたちに建造を続行するか問うと、揃ってブンブンと首を横に振った。

 

「あんまりしざいによゆうないしー」

「ひとまずこれでよろし」

 

「あれ、ノートで推奨されてる投入資材数に比べると、かなり節約できたと思うんだけど……」

 

「はやめにくーぼつくりたいし」

「そのときめっちゃたりなくなるからー」

「ねじもこころもとのうございますー」

 

 建造するとき、ドックに直接投入したネジのことか。結局なんだったんだろう、あれ。

 

 ノートにそれらしい記述はなかったし、妖精さんに聞いてみても、にへらっ、と気の抜けた笑みを返されるだけだった。悪いことにはならないだろうし、かわいいから別にいいんだけどね。

 

 あと建造の工程でドックを燃やしていたけど、あれも別にしなくていいらしい。ただの時間短縮だそうだ。

 

「さいしょはいきおいがだいじなのだー」

「ばーなーはけっこーあるかんね」

「ねじにかえたい」

 

 とは妖精さんたちの弁である。とにかくこれで、最初にすべきことは終わったのだった。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。