小説版 刃野博士と真倉助手のガイアメモリ研究所   作:バリー

1 / 1
始まりはA/禁断の果実

ここは、ミュージアムのガイアメモリ研究所。今日も悪の科学者たちが、恐怖のメモリ実験を繰り広げている。

 

「出来たぞ、真倉(まくら)くん!また一つ、新たなメモリを開発した!」

 

白衣を着たお笑い芸人にいそうな顔つきの男性――『刃野(じんの)』博士が、メモリが入った袋を得意気に見せる。

 

「本当ですか、博士!」

 

同じく白衣を着ており、激しく感心をしている男性は、彼の助手である真倉(まくら)である。

 

ちなみに、風都でガイアメモリ犯罪の解決に勤しんでいる『超常犯罪捜査課』に彼らと同じ顔と名前の刑事がいるが、彼らとは全くの別人である。

 

別人である。

 

「そうだ。しかもこれを使えば、あのウェザードーパントに勝てるかもしれないのだ!」

「ええっ!?そんなに強力なメモリなんですか!?」

「その通り!それがこれだ!」

 

そう言うと刃野は、袋からメモリを取り出して真倉に見せた。

 

色は赤で全体に化石の骨の様な装飾があり、内部には三角形の穴が林檎になっている『A』が描かれている。

 

「これぞ、私が開発した『アップル』メモリだ!」

「『アップル』ッ!?それでどうやって勝つんですか?」

 

真倉がこう聞いたのも無理はなかった。どう見ても、雑魚っぽい感じがするメモリだったからだ。

 

それを聞いた刃野は、得意気にこんなことを聞き始めた。

 

「真倉くん、『一日一個のリンゴは医者を遠ざける』という言葉は知っているな?」

「え?あ、はい。知ってますけど……。」

「『アップル』は日本語で何という意味かな?」

「『リンゴ』ですけど。」

「ウェザードーパントに変身する『井坂(いさか)深紅郎(しんくろう)』の職業は?」

「『医者』ですけど。」

 

 

 

 

 

「つまりそういうことだ。」

「なるほど!」

 

何が『なるほど』なのだろうか。謎の納得の後、テンションが上がった真倉は刃野に言った。

 

「じゃあ早速、変身してみましょうか!」

「よし、来~い!」

「『レッツメモリトライ』!」

アップル!」

 

真倉はメモリを起動すると、刃野の右腕に挿した。

 

これが彼らの悪い癖である。メモリが出来上がるとすぐに自分や他人の体に挿し、効果を試したがるのだ。しかも生体コネクタを打ちこまずに。

 

普通ならば、挿した部位がメモリの毒素に直に汚染され爛れた痕が残り、その痛みに苦しむことになるのだ。にも関わらず、何故か誰もその様な状態に陥っていない。

 

直挿しダメ、ゼッタイ。

 

メモリを挿された刃野は光に包まれた。

 

 

 

 

 

 

 

数秒後、刃野は『アップルドーパント』へと変身していた。

 

といっても、その姿は怪人というより『全身黒タイツを着て、リンゴの被り物した刃野』以外に言い表せない姿であった。ご丁寧に顔面まで、リンゴと同じ赤で塗り潰されている。

 

正直言って、ライアードーパントをおびき寄せるために翔太郎が着た『電波塔の道化師』コスチュームよりも質が劣っている。

 

ハッキリ言って、弱そう。

 

にも関わらず、真倉が持ってきた鏡を見た刃野は

 

「おおっ、これは中々強そうな姿だね~!」

 

とコメントした。ガイアメモリに精通している者の感性は、常人とは異なるのだろうか。

 

「博士!早速、ウェザーのところに行ってコテンパンにしちゃいましょうよ!」

「よ~し、真倉君!いざ、『井坂内科医院』へReady go!

 

やたらとやる気満々で、二人は研究所を出ていった。

 

しかし、彼らは知らなかった。いや、知らなすぎた。

 

『井坂深紅郎』という男が、どれほど恐ろしい人間なのかを……

 

 

 

 

 

 

 

風都にある『井坂内科医院』。

 

ここは表向きは人間の体を診る施設だが、裏ではなんとドーパントの診察を行っているのだ。

 

そこで働くのは、医者である『井坂深紅郎』。

 

シルバーメモリの『ウェザー』の持ち主であり、仮面ライダーアクセルこと照井竜にとっては家族の仇でもある。

 

「次の方、どうぞ。」

 

彼がこう呼ぶと、診察室の扉が開いた。

 

次の瞬間、

 

「さあ、覚悟しろ!井坂深紅郎!」

 

刃野が変身したアップルドーパントと、付き添いの真倉が入ってきた。

 

「な、何ということだ……。」

 

井坂は恐怖のあまりか、刃野の姿を見て体を震わせている。

 

「フッフッフッ、驚いたかね?医者であるお前が最も苦手とする『リンゴ』の力を俺は手にしたのだ!これでお前をなぎ倒してやる!」

「降参するなら、今の内だぞー!」

 

得意満面に言う刃野と、煽る真倉。

 

そんな彼らを見る井坂の体は、まだ震えが止まっていなかった。

 

それを見て二人は勝利を確信した。

 

だが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「素晴らしいっ!!」

「「……へ?」」

 

なんと井坂は満面の笑みで、刃野の下へと駆け寄ってきたのだ。

 

「なんて、珍しいフォルムなんだ!特にこのリンゴの皮の艶やかな赤!まさに『禁断の果実』だ!」

「は、え、ちょっと?」

 

彼は刃野の頭部のリンゴの被り物を撫でたり、頬ずりをし続ける。

 

その姿に、二人は戸惑いを隠せなかった。

 

言い忘れていたが、彼はドーパントの肉体に目がない変態である。

 

どうやら先程体が震えていたのは、恐怖ではなく感激のためだったようだ。

 

「貴方の様なドーパントは、見たことがありませんねぇ。実に興味深い。その体にはどんな秘密が隠されているのか

 

 

 

 

 

是非とも、私が診察してあげましょう。」

 

ヂィロリッと高速で舌舐めずりをし、刃野に野獣(ビースト)の様な眼光を放つ井坂。

 

それを見た二人の背筋に悪寒が走る。

 

「ま、真倉君。これは、結構マズいんじゃないか?」

「そ、そうですね、博士。逃げましょうわああああっ!!」

 

慌てて彼らは逃げ出そうとするが、動揺していたのか、つんのめって転んでしまう。

 

「さあ……おいで。大丈夫……痛くしないから……。」

 

ジリジリと迫ってくる井坂を見て、後ずさることしか出来ない刃野と真倉。

 

「ああ~!やめてやめてやめてやめてやめてやめて!」

PAUSE(ポーズ)PAUSE(ポーズ)PAUSE(ポーズ)PAU(ポー)……」

 

 

 

 

 

 

(A)ッーーーーーーーー♂!」

 

ここは、ミュージアムのガイアメモリ研究所。今日も悪の科学者たちが、恐怖のメモリ実験を繰り広げている。

 

「暴れるな!暴れるなって!」

「離せ、コラッ!離せええええええっ、コラーーーーーーッ!」

「博士えええええええええっ!!」




『今日のガイアメモリ』
・アップル (APPLE)
文字デザイン:三角の穴がリンゴになっている『A』
詳細:霧彦が持っていたスーツケースの中に入っていたメモリの一本。後にコンセレで商品化された。

『今日のドーパント』
・アップルドーパント
外見:全身黒タイツを着て、リンゴの被り物した刃野。
能力:医者に対して深刻なダメージを与える(はずだった)

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。