狩柱。   作:新梁

1 / 1
アニメ見て書いたのでアニメ分しか知らないのですけどね。

今回のあらすじ

竹雄死す


月の男

「がアアアアアああッ!!!」

 

鬼の顎が頑丈な鬼殺隊の制服を物ともせずに食い千切り、それをされた隊員が悲鳴を上げる。すかさずにその鬼をもう一人の隊員が切り捨てるも、鬼は俊敏にそれを避け刀は下に居た哀れな隊員の腹を浅く裂いた。

 

「ッがああああっ……!」

「叫ぶ暇があるなら立てッ!食い殺されたいか!」

 

さらに寝転んだ隊員の肩を蹴り飛ばした隊員はその隊員に謝りもせずに周囲を警戒するが、周囲の木々に紛れた鬼の姿は見えない。キョロキョロと辺りを見回すその間隙を縫って飛んできた鬼が服の端を僅かに食い千切る。

 

深夜の森の中、こちらは既に多数の鬼を切り捨てたもののそれでも夜目の効く鬼が少なくとも、四。こちらは満身創痍で、片方は手負い。鬼がニヤニヤと笑うのが雰囲気で分かる。

 

死。その隊員がそれを意識した瞬間、木陰から「ぎゃあっ!」と汚い悲鳴が聞こえる。それと同時に手負いの隊員が「ぐぅ……っ!?」と鼻を押さえた。

 

その男は他者より僅かばかり優れた嗅覚を持っていた。そしてその男が戦いの最中に鼻を守る事を優先する程の悪臭を放つモノ……

 

「何だァてめえはァァァァッ!」

 

叫び声のあった反対側から鬼が飛び出し、二人を無視して木陰に飛び込む。だがその鬼の隙だらけな姿に二人は手を出さなかった。否、出せなかった。

 

訓練漬けの日々を二人並んで駆け抜けてきた、その二人に師がポツリと聞かせた言葉。そして初めて任務を受けた際、突発的な敵の増援──実際には通りすがっただけの強力な鬼だが──に追い詰められているその時来た『助っ人』。

 

──いいか、お前ら。

 

「……ゔぅ゙、゙ゔぉ゙え゙っ!」

 

鬼殺隊員の片割れがその余りにも濃密な血の臭いにえづく。そしてもう一人が、掠れる声で呟く。

 

「……か……『狩柱』……っ!」

 

──いいかお前ら。例え何があっても……狩柱の『狩り』には手を出すな。絶対だ。奴は……

 

ズドン、と銃声が鳴り響き、鬼が僅かたじろぐ。そしてその鬼のがら空きになった腹部に、ナニかの腕が突き刺さる。

 

──……奴は、人間じゃねえ。

 

 

 

町中。

 

 

 

「……今日の街は、何だか違う匂いがするなぁ……」

 

山に住む炭売りの少年、竈門炭治朗は街に来て一番にそう言った。それほどまでに、何やら奇妙な、嗅いだ事の無い匂いが街を漂っていた。

 

「おうい炭治朗、ちょっとこっちに来てくれ!」

「あ、はーい!」

 

街の人達に炭を買って貰う間にも炭治朗の思索は続く。

 

(何だろうこの匂い?)

 

(何処かで嗅いだ事のあるような匂いだけれど、絶対に嗅いだ事の無い匂いな気もする。曖昧で心が安定するような不安定になるような、変な匂いだ)

 

(嗅いだ事のある……見たことのある……嗅いだ事の無い……見たことの無い……?)

 

(……そう、見えるけれど手に入らない、妖しい匂い)

 

(…………まるで…月のような香り……)

 

「失礼、少年」

「あ、はい何で……」

 

篭を背負って商店の前を歩いていた炭治朗が振り返ったそこには、目元以外の顔全てを隠した洋装の男が立っていた。その異装(不審者)にガチリと身を固めた炭治朗を見て、自らの格好を思い出したのか男は明るく笑いながら帽子を取り顔半分を覆い隠すマントのボタンを開けた。

 

「……外人、さん……?」

「あぁー、いや、はっはっは。これは失礼。旅の間の砂埃や泥汚れを避けるためにこんな服装なんだが……これ便利だが不審者にしか見えないよな。いやいや驚かせてしまった。悪気は無いんだが。いやいやあっはっはっは」

 

昨日泊まった宿の方に注意されたばかりだったんだがね、と頭を掻くその男は高い鼻に青い瞳、くすんだ金髪をした海外の血を感じる美丈夫であった。背丈など今まで炭治朗が見てきたどのような人よりも大きい。その服装含め今まで見たことも無い人種に話しかけられアワアワと慌てた炭治朗だが、「それより……」と男が話を変えたのを察して次の言葉を待つ。

 

「よろず屋はどこかな?」

「ここです」

 

炭治朗は目の前の商店を指差した。

 

 

 

店内。

 

 

 

「はいよ。油と布と糸と皮と……」

「……うわあ」

 

商店の奥から出てくる出てくる物、物、物、物……それを全て大きな背負い袋に詰め込んで、男は店主に炭治朗のよく知る青銅貨や白銅貨ではなく鈍く輝く銀貨を渡した。そして帰って来た釣り銭から一枚の青銅貨を炭治朗に渡す。

 

「え、う、受け取れませんよ!僕は何も……」

「いーやぁ、助かったよ!君が居なきゃ何処が商店かも分からずにこの街を永遠にさ迷うところだ!君は僕の命の恩人さ!」

 

そう言ってもう一枚銭を上乗せする。

 

「だ、だから僕は大したことは……」

「やー助かった助かった!ありがとうな少年!」

 

そう言ってさらに一枚。

 

「う、受け取れ……」

「君がそれを返そうとする度に硬貨を上乗せしてやる。手を引っ込めれば服に突っ込んでやる」

「………………いただきます」

 

結局炭治朗はお使いと言うには多少多すぎる額を手に入れたばかりかその後茶屋でもちまでご馳走になってしまった。

 

「本当にすみません!本当に申し訳ありません!本当に有難うございます!」

「いいよ!さっきから思ってたけど君割と頭固いな!で、何で君みたいな年の子がどうして炭売りを?」

 

米を固めた五平もちを頬張りながら話し合う炭治朗と男──アルマ・カインハーストと名乗った──だったが、思いの外に話が弾み炭治朗は悪いと思いながらも男の独特な押しの強さに負け五平もちを二本お代わりしてしまった。

 

「……そうか。父さんを……頑張ってるなあ少年」

「いいえ、俺なんか……出来る事をしているだけです。まだ妹や弟なんかはまだ我慢なんて出来る年齢じゃないのに必死で今の生活に耐えて……その方が、よっぽど」

「はっは!強いな少年は!いや、家族のためにか!素敵ではないか!記憶を失った私にはどれ程のものか全く分からんが素晴らしい家族なのだろう!」

「え゛」

 

 

 

そして、暫く話し込んだ後アルマは炭治朗に別れを告げると旅を続けるためにさっさと街を出ていってしまったのだった。

 

『ではな、竈門少年!さっきの銭で兄弟達に旨いものでも買っていってやりなさい!じゃあね!』

 

そう言われた炭治朗は元々自分のために使うつもりはなかった事もあり、炭を全て売り終わってから先程アルマと話をした茶屋に赴き家族分の団子を買った。そして山に帰る途中、麓にある小さな小屋の住人、三郎爺さんに声を掛けられた。

 

曰く、夜になると鬼が出ると。

 

そうした理由で(炭治朗としては建前で)小屋に上がり飯を食わせてもらった炭治朗は、食器を片付け後は眠るだけとなっていた。

 

そして布団を捲ったその瞬間、炭治朗は『鼻から血を吸った』。

 

「……~~~ッ!!!?!?!?!!!!??」

「……うん?どうした炭治朗」

「……ッ!?」

 

炭治朗は愕然とした。今のこの空気にこの老人は気がついていない!

 

「……っぐ、がッはッ!」

「おい炭治朗?炭治朗!」

「……だ、大丈夫三郎爺さん……ちょっと外の空気を吸……!」

 

炭治朗がこの異様な状況から逃げようと玄関のつっかえ棒を外し引き戸を開けたその瞬間、家の中に『血が流れ込んできた』。

 

「~~~~!!!!!!!」

 

溜まらず炭治朗は茂みに駆け込みゲエゲエと先程食べたばかりの夕食を残らず吐き出す。そして未だ血を吸い続けている鼻をどうにかするため、即座に辺りで一番高い木に辺りを付けて登り始めた。足下で三郎爺さんが何かを叫ぶが、現状まともに息を出来ていない炭治朗にそれは聞こえなかった。

 

(何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?何だ!?一体何なんだ!?この『臭い』は!?そもそもこれは臭いなのか!?)

 

一足飛びに木を駆け上がり、新鮮な空気を胸一杯に吸い込む。

 

(臭いが『濃い』とか『薄い』とかそんなもんじゃない!とにかく……兎に角『異質』!『温度に手触りを感じる』ような!『音に色を見る』ような!今俺は、『臭い』に『溺れた』!明確に存在感を持つ臭い!そんなものが存在するのか!?)

 

『──おぉぃ!炭治朗ォー!何しとるんだ!』

「……はっ、三郎爺さん!す、すみません!今降ります!あと説……明……」

 

ブワ、と辺りを強風が駆け抜ける。そして、その風は炭治朗が吸ったものよりも『濃い』血をその鼻に運んできた。そして──

 

──風が吹いてきた方向には、炭治朗の家がある。それに気が付いた炭治朗は半ば落下するように木から降りた。

 

「炭治朗!」

「すみません三郎爺さん!家の方角から血の臭いがする!野生の……冬眠から目覚めてしまった熊でも出たのかも!俺、行かなきゃ!」

 

言うだけ言うと炭治朗は小屋に戻り荷物をひっ掴んだ。そして一度家を出て、偶々目に入った鉈を「借ります!後で必ず返しに来ます!」と叫んで家の方角に走り始めた。

 

(空気が……重い!いや、本当に重い訳じゃない!ただ……この臭いを嗅いだだけで今ここが『血の海の中』だと錯覚してしまう!無理矢理にでも息を吸わないと!身体がこの空気を肺に入れる事を拒否している!溺れたと勘違いする!)

 

「ップハッ!?ハァーッ!ハァーッ!ぐ、ゴボッ!?」

 

(血以外に何も感じられない!視界さえ赤く染まって見える!今この場に血なんて一滴もないのに何故ここまで!)

 

空気を上手く吸えずにクラクラとする頭を抱えて炭治朗は走り続ける。どれ程走ったろうか。先程まであれ程に自分を苛んだ血の臭いはある時すうっ、と薄れ、今はほとんどその臭いはしない。代わりに辺りに漂うのは、昼にも嗅いだ『月の香り』。その香りに誘われるように炭治朗は走り……

 

やがて、血に塗れた我が家に辿り着いた。

 

「……そんな……」

 

呆然と地面に膝を着く炭治朗。そんな彼に、横から声が掛けられた。

 

「竈門……少年?」

 

その声に炭治朗が勢いよく振り返ると、そこには歪な形をした大弓を手に持った……顔を隠したアルマが居た。そしてそのアルマの服装は、血に濡れていた。

 

「……アルマ、さん?」

「……君が今何を考えたのか、おおよその検討はつく。だが本格的な問答は後だ」

 

そう言ってアルマは弓を畳んで背中に差し炭治朗に背を向け座り込んだ。

 

「この子の治療が終わってから、いくらでも話をしよう」

 

アルマの座り込んだその先に居たのは……

 

「……ね、ずこ」

 

雪の上に敷いた白い何かの布に横たわった少女の身体についた傷を白い手袋で押さえ粛々と縫い合わせるアルマが、半ば答えを察しながらも「唯一の生き残りだ……知り合いかい」と問いかける。

 

「…………い、もうと、です」

「…………そうか……つまりここは少年の家か……何てこった……」

 

傍らに置いたランタンの火で針を炙り、細い糸で丁寧に肌を縫う。慣れた手つきでそれをしながら、アルマはブツブツと容態を説明する。

 

「……運が、良かった。内臓には届いていないし、奴を追い払ってからすぐに処置をした。出血量も少なかったから、あのまま朝まで放ったりしなきゃあ命に別状は無い怪我だった……ただ……傷は一生残る」

「そん……な」

 

炭治朗は肌に糸を通されている最中にも微動だにしない禰豆子の手を強く握った。

もしも自分が早く帰ってきていてもなんの意味も無かったろう。しかし一番辛くて怖いときに側に居てやれなかった、その事が余りにも無念だった。

 

「……アルマさん」

「何かな」

「……禰豆子を襲ったのは、熊ですか」

「私なのか、とは聞かないのか?」

「……アルマさんじゃ、無いですから」

 

炭治朗の真っ直ぐなその言葉に、アルマは肩を竦めた。

 

「全く君って奴はさ……まあ、いいや。君の家族を襲ったのは、熊じゃあ無い」

「……狼ですか」

「『鬼』」

 

プチン、と禰豆子の肌を接ぎ終わったアルマが糸を切る音が炭治朗の耳に、やけに大きく響いた。

 

「……そして私は……『狩人』だ。かつては獣を、そして……今はその鬼を狩っている」




Q.直系かよ
A.あんま深く考えてないです

完全に思い付きなので続かない可能性高いです。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。