仮面ライダーオリス SECOND 2068 〜Re:EPISODE〜   作:himagin ss

6 / 15
とりあえずリメイク前にはなかったウィザード編です

⚠ 今回レイは不在です






MAGIC SHOW TIME 2018

寂れたマジックハウス【キノシタ】、その裏方である早瀬と契約したウールはアナザーウィザードを誕生させる

そこにツァイトが来た

 

「ッ!?なんだお前、なんで停止した時間に来れる!?」

「さあ?あとそこの()()()()()……まだ遠いわね、王にしたいのならもう一段階上げなきゃ……」

 

舌なめずりをしたツァイトはさらにアナザーウォッチを埋め込んだ

 

『グァァァァ!?』

「さ、ドラゴンさん。目覚めなさい♪」

FLAME DRAGON……!

 

ツァイトの埋め込んだウォッチによりアナザーウィザードは姿をさらに変えた

ウールはその様子を見て困惑する

 

「お前……何者だ?」

「ツァイト……ただのスーパータイムジャッカーよ」

「……?」

 

彼にはただの、の先が聞こえなかった

それを見たツァイトは少し呆れながらキノシタを後にした

 

 


 

 

2018年、常磐順一郎から話を聞いてキノシタへと向かいらマジックショーを見たがショーを見てマジックと言うより魔法に近いと違和感を感じ、ゲイツが仮面ライダーウィザードのことを思い出しタイムジャッカーが彼にウィザードの力を与えているなら魔法が使えてもおかしくないと考え、3人はショーが終わった早瀬の元へと向かう。

早瀬ははぐらかして早速さと立ち去ろうとするも、彼を突き飛ばしたゲイツが変身した仮面ライダーゲイツに攻撃され、アナザーウィザード フレイムドラゴンに変身する

基本的な姿はアナザーウィザードに似ているがマントは赤黒く染まり胸には悪魔と龍が合体したようなものが出てきていて、マントには【WIZARD FLAME DRAGON】、背中には【2012】の文字がある

 

「なるほど、意地でも語らないつもりか……なら」

クローズ!

アーマータイム!

WAKE UP BURNING!クローズ!

 

クローズアーマーを装着し、蒼い炎を纏った拳で腹に叩き込みアナザーウィザードから力ずくで力の事を聞き出そうとする

 

「な、なんなんだよ!」

グラビティ…プリーズ……

 

アナザーウィザードの魔法で土の壁や重力操作による使うがクローズは蒼い龍型のエネルギーである【クローズドラゴン・G(ゲイツ)ブレイズ】で無力化、さらにジカンザックスで追い詰めるもソウゴがジオウになり止め、アナザーウィザードは逃亡した

 

 


 

 

その後、自宅に逃げ帰って「自分の正体が知られた」と怯えていると、いつの間にか部屋に忍び込んでいたオーラから「もっと深い傷を負ってもらわないとね」と、言われた後、早瀬の部屋のチャイムが鳴りソウゴとゲイツが自宅まで嗅ぎつけて来たかと思い、恐る恐る様子を伺うと、訪れてきたのは長山だった

今は舞台を早瀬に譲って逆に裏方に回っていた長山は【キノシタ】を閉めること、そして自分が香織と結婚することを告げた

『裏切られた』そう思った早瀬は激昴のままにアナザーウィザードに変身、長山を攻撃し始める

 

長山の悲鳴を聞き付けゲイツが駆けつけ、ゲイツに変身、さらにブレイブアーマーになる

 

「ハァァッ!」

『グゥッ!』

 

2本の剣を振るうもアナザーウィザードは憎しみの力で素の力も魔法も、さらに強くなっていた

 

バインド……プリーズ…

 

ゲイツの足元に魔法陣が展開され数本の鎖が現れる、そして鎖はゲイツを縛り宙へと持ち上げる

 

「なっ、クソッ!」

スペシャル……さいこー……

 

妙に棒読みなアナザーウィザードのベルトの声とは裏腹にアナザーウィザードの繰り出した魔法はゲイツの周囲に大量の魔法陣を展開、そこから黒い炎を放ち焼き尽くすという技だった

 

「ぐぁぁぁぁぁぁっ!!!」

 

アナザーウィザードの魔法によりブレイブアーマーは解除され、地面に倒れてしまう

 

「ならっ!」

 

ゲイツは新たに手に入れたライドウォッチを起動し、アーマーを展開する

 

ファイズ!

アーマータイム!

COMPLETE!ファイズ!

 

『なっ、ぐぁぁっ!?』

 

アナザーウィザードの攻撃を素早く回避しファイズショットに似たギア555を展開し腹へと叩き込み、怯んだ所を畳み掛けるようにライドウォッチのボタンを押す

 

フィニッシュタイム!ファイズ!

EXCEED!タイムバースト!

 

イクシードタイムバーストで倒したが完全な撃破には至らず駆けつけたジオウと戦闘になりかけた時オーラがアナザーウィザードを復活させる

 

「その力、今度は憎しみと共に使ってみなさい」

 

そう言われ、自身の行く手を阻んだツクヨミにスリープの魔法を使用し昏睡状態に陥らせた後、その場から逃げ去った

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。