仮面ライダーオリス SECOND 2068 〜Re:EPISODE〜   作:himagin ss

8 / 15
BODY SIDE 2018

ソウゴとレイは巨大なタワー…【風都タワー】が有名の街、【風都】に調査をしに来ていた

街にいた特殊な能力を持つ人間がぞろぞろと行方不明になっているらしくニュースでも話題になり、4人はこれはアナザーライダーの仕業だと思い、捜査をしている

 

「とは言ってもこの街広いなぁ……。レイは何か知ってるの?」

「11番目……仮面ライダーWの舞台となった街さ、この街でアナザーライダーが暴れてるとしたら間違いなくアナザーWだろうね」

 

そう喋りながら歩いていると1人の男が何かから逃げていて、ソウゴとぶつかる

 

「うわっ!大丈夫!?」

「だ、大丈夫じゃねぇ!あの怪物が!」

「え!?」

 

ソウゴが男がいた方向を見ると、左半分が黒、右半分が緑の怪物、アナザーWがいた

右半身はボロボロの包帯や破れた本のページのようなものがあり、左半身は肩にボロボロの帽子があり、身体には骸骨や骨のようなものがある、ベルトは2つに中心で分断されたWの文字のようなものがあり、右に歪んだ《C》、左に歪んだ《J》のドーパントガイアメモリが挿さっていて、頭部にはWの形をした触覚があり、右側に【W】、左側に【2010】とあった

 

『さぁ……お前の罪を数えろォ…!』

「アナザーライダー!」

「予想通り、アナザーWだったか」

KAMEN RIDER ZI-O!

KAMEN RIDER ORIS!

 

2人は同時に変身し、ジカンギレード ケンとジカンクラッシャー HAMMERを持ち攻撃を仕掛けるが右側が光ったかと思うとアナザーWは風になったからのように華麗に2人の攻撃を回避していく

 

「っ!?は、はやい!」

「ダメだ、速度で合わせるしかない!もしくはこれで!」

 

オリスはジョーカーライドウォッチを起動し、ジクウドライバーを回転させる

 

『アーマータイム!』

JOKER!ジョーカー!

 

そして現れたジョーカーアーマーを装着し、一気に至近距離に接近、腹を殴りつける

 

『グァッ!』

「ハァァッ!」

 

さらにアッパー、蹴り、ボディーを喰らわせ、追撃を仕掛けようとすると

 

『ならこいつだ……』

 

アナザーWはドーパントメモリの【Z】のメモリを起動する。同時にオリスはライドウォッチのボタンを押す

 

ZERO!

 

フィニッシュタイム!ジョーカー!

MAXIMUM!タイムラッシュ!

「ライダー…キック!」

 

紫のエネルギーが右足に集まり、オリスが跳躍し、蹴りを放う、そして蹴りが命中仕掛けたその時、アナザーWは右側のガイアメモリを入れるのであろうスロットにゼロメモリを入れ、スロットのボタンを押した

 

ZERO!MAXIMUM DRIVE!

 

そしてマキシマムタイムラッシュを掴んだかと思うと紫のエネルギーが霧散していく

 

「なっ!?」

 

動揺するオリスを投げて【R】と【G】のガイアメモリを起動する

 

REACTOR!

GATLING!

 

そしてベルトのスロットを縦に戻し、【C】…【CYCLONE】のガイアメモリと【J】…【JOKER】のガイアメモリを抜いて【REACTOR】と【GATLING】のメモリを差し込み、斜めに倒す

 

REACTOR GATLING!

 

すると右側が赤黒く、左側が青黒くなり、左腕にガトリングが装着されている

そして再度スロットを戻して開く

 

GATLING!MAXIMUM DRIVE!

 

そしてガトリングに赤黒いエネルギーが溜まり、発射した

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。